島田紳助

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    出川、ただの噂でテレビから消える…

    n


    さすがにかわいそすぎる…

    所長見解:消えたか?・・・

    【【あの人は今】出川哲郎さん、あの噂でついにテレビから消えた模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    出川哲朗のマセキ、名誉棄損でマリエへ訴訟を検討か… 

    仕事に影響が出始め、全面対立へ  



    p


    「出川サイドが名誉棄損でマリエに訴訟を起こすことも視野に、具体的な対応の準備に入ったという話が上から下りてきました」(テレビ局関係者)

     
    モデルのマリエが4日、Instagramライブに動画を投稿し、約15年前の18歳の頃に、元タレントの島田紳助さんから枕営業を強要されたと告白してから2週間が経過した。


     
    マリエは動画内で、関係を持ちかけられた飲み会の場に同席していた出川哲郎と「やるせなす」について「18歳の私を帰さなかったの。(紳助さんを)ヨイショヨイショで」と語り、「出川さんがCMに出てるのも、マジで許せない」などと激しい批判を展開していた。


     
    これを受け出川の所属事務所、マセキ芸能社は9日、
    「出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております」とのコメントを発表し、マリエの発言を否定していた。

    「出川は自身の冠番組に加え、ワイモバイルや永谷園、フマキラーなど数多くの企業CMにも出演する“超売れっ子”ですが、マリエの告発動画が出た後、出川が起用されていた経済産業省の動画が削除されるなど、仕事にも影響が出始めている。

    訴訟など断固たる措置を取らなければ、出演番組やCMのスポンサーを納得させられないということでしょう。
    すでにマセキからキー局をはじめ主要マスコミには、内々に通達があった模様。
    これで、マスコミはこの件を扱うことは控えるでしょう。
    マリエとマセキが裁判にでもなれば、そのトバッチリを受けかねませんからね」(テレビ局関係者)


     
    もっとも、現時点でもテレビではほぼまったくといっていいほど、今回の騒動は扱われていない。

    別のテレビ局関係者はいう。


    「15年以上前の話ですし、紳助さんも今は一般人なので、内容が内容だけに、裏が取れない以上はどこの局も扱えません。
    さらに、マリエが所属するレプロエンタテインメントに、紳助の元所属事務所である吉本、そしてマセキ、(『やるせなす』が所属する)ワタナベエンタという有力芸能事務所4社がかかわってくる話であり、どこの事務所にとってもタッチされたくない話題。
    局としては、有力事務所との関係悪化というリスクを背負ってまでこのネタを今さらほじくり返したところで、なんのメリットもないですからね」(4月16日付当サイト記事より)


     
    気になるのはマリエの所属事務所、レプロエンタテインメントの対応だが――。


    「レプロは見解発表などもせず“完全黙秘”を貫き、メディアから問い合わせを受けても、無視をするか、事実上のノーコメント。
    何かアクションを取る気配はありません。
    マリエが当時レプロに相談したところ『金輪際、仕事来ないけどいい?』などと言われて、紳助と関係の深いテレビ制作会社へ一緒に謝罪に行かされたと証言しているだけに、レプロとしても動きにくいのだと思います。


    ただ、このままだと紳助の元所属事務所である吉本やマセキ、ワタナベエンタとの関係がこじれて、他の所属タレントの仕事にも影響が出かねず、頭が痛いところでしょう」(週刊誌記者)

     
    今回の騒動、果たしてどんな着地点を見せるのだろうか――。


     
    https://biz-journal.jp/2021/04/post_221487.html


    ▼画像
    https://biz-journal.jp/wp-content/uploads/2021/04/post_219259_20210410t-1.jpg

    所長見解:やれやれ・・・
    【【法廷対決へ】出川哲朗氏、名誉棄損でマリエ訴訟検討の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マリエさん 話が大きくなってビビりだすwwwwww

    「べ、別に告発じゃないの」



    m


    渦中のマリエ再びインスタライブ「告発ではない。ケンカするわけでもない」

    4日の配信で、約15年前に元タレントの島田紳助氏から関係を持ちかけられ、同席した出川らも止めなかったなどという趣旨のことを語ったことで騒動となっており、そのことを受けて、コメント欄には質問も飛んだ。


    マリエは「マリエちゃん、断ったんだ。
    断ってもいいんだ、というシチュエーションを伝えたかった。
    笑ったっていい、どれだけディスったっていい。
    私は強いから。
    もう2度と、同じ経験をする子たちが少しでもいなくなって欲しいと思って発言しています。
    それだけです」と語った。



    一方で「告発とかではないので…勝手にユーチューバーが、つけたので」と主張。

    生配信した動画を保存し、勝手に公開した人間が騒動を大きくしたという趣旨の発言をした。

    「誰が誰を…じゃないと思っている。
    でも、自分が見たおぞましい光景は、2度と誰にも見せたくない」とも語っており、誰か告発する意図はなく、あくまで自分が耐えられなかった経験を他の人にして欲しくなかったことが発言の意図だったと説明した。



    その上で「ネットニュース、炎上…これ以上、どうやってやるの? 
    結構、炎上させちゃったよ」と自身の発言が騒動に発展したことを俯瞰(ふかん)するように語った。

    その上で「炎上させて、喜んでいないから。
    炎上させるつもりもないし…させたのはユーチューバー。
    私は何もしていない。
    これ以上…嫌だよ、私も。
    面倒くさい」と複雑な心境をのぞかせた。



    そして配信の最後に「私は、いつまでも愛を伝え続けるわ…それだけ。
    未来への愛を、ずっとデザインし続けるわ。
    それだけです。
    誰ともケンカするわけでもないし、真実を伝え、問題をデザインしていくだけ」と語った。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0ca277abf3be8886e297459db002a965f9c77cc8




    所長見解:もうな・・・

    【【枕営業暴露】マリエさん 話が大きくなってビビりだした模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    島田紳助「マリエとは2人で酒を飲んだこともないし、電話番号すら知らん。
    誘ったことなんてない」と完全否定


    d



    古くから「枕営業」が存在しているとの噂が絶えなかった芸能界。

    SNSの発達により声なき声が波紋を広げた結果、その闇が少しずつ浮き彫りになっている──。

    「これマジだから! だから私はいまのバラエティーを見るのが嫌いなの!」。

    マリエ(33才)は、酒が入っているせいもあるのだろうが、かなり興奮した様子である。

    知人男性と4月4日に行ったライブ動画配信で、10代の頃の経験を語り始めたのだ。


    「芸人さんとアイドルがみんな並んで、半円みたいなソファに出川さん、やるせなすさんとかアイドルがいて、真ん中に紳助さんと私がいるの。
    それで、『ヤラせろ、ヤラせろ』と」

    「紳助さん」とは2011年に芸能界を引退した島田紳助(65才)のことだ。

    「そこにいた出川さんも、そこにいたやるせなすの人たちも、みんな18才の私を帰さなかったのよ。
    よいしょよいしょで。
    だから嫌なの。
    だからあの人たちは許せないし」

     
    大勢に囲まれた場で性接待を強要されたというこの“告発”は、瞬く間にネット上で大騒ぎになった。

    「実は、マリエさんの告発は2回目なんです。
    昨年9月にもライブ配信中に同じような話をしていましたが、一部にしか気づかれず、拡散しなかった。
    今回についても、本当ならば衝撃的ですが、10年以上前の話で、いまさら事実関係を確かめようがない状況です。
    なので周囲も対応しようがないのです」(芸能関係者)

     
    そうした中、名前を出された出川哲朗(57才)の所属事務所、マセキ芸能社の動きは早かった。

    事務所代表が《お騒がせしているような事実はないと申しております》というコメントを発表したのだ。

    「ここ何年かの#MeTooの動きもありますが、出川さんをCMに起用した企業がこの騒動に気づいて事務所に連絡を入れたんです。
    好感度が高くなってきた出川さんのイメージ低下を恐れた事務所が、早めに手を打とうとしたのでしょう」(テレビ局関係者)

     
    しかし、この声明に対し、マリエは即座にSNSで《私は嘘をつきません》と反論している。

    が、実名を挙げられ、否定に走ったのは出川だけではなかった。

    別のテレビ局関係者が語る。

    「紳助さんは関係者に『2人で酒を飲んだこともないし、電話番号すら知らん。
    誘ったことなんてない』と完全否定しているようです」

     
    結局、告発の真相は闇の中だが、こうした枕営業は長らく、芸能界とは切っても切り離せないとされてきた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b02ef5548fcc03f49aac785de4e0afc27808283e

    所長見解:どうなんよ・・・

    【【枕営業暴露問題】島田紳助さん「マリエとは2人で酒を飲んだこともないし、電話番号すら知らん。誘ったことなんてない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    島田紳助「喜び組」次の告発者は小林麻耶。

    芋づる式で出てくる“枕営業”タレント、大手メディアが報じない禁断の実名



    s


    モデルのマリエ(33)が自身のインスタライブで「18歳の時、島田紳助さんから枕を誘われた」と告白してから数日経つが、その反響は大きくさまざまな情報が飛び交っている。

    そんな中、枕営業を強要された女性タレントは複数存在し、追随する告発者が出てくる見通しが強くなってきた。

    マリエの暴露をきっかけに芋づる式に“枕タレント”が増えていきそうだ。




    島田紳助を囲った女性タレントたちの「喜び組」

    暴力団関係者と黒い交際があったこと理由に、島田紳助氏が芸能界を引退したのは2011年。

    当時、島田氏は売れっ子司会者として数多くの番組を担当。

    しかも、いずれも高視聴率を獲得するなど、芸能界で絶大な権力を持っていた。


    そんな島田氏が芸能界で絶好調だった頃、番組レギュラーを務めていたお抱えの女性タレントたちが複数いる。

    表では「ファミリー」と称されていたが、裏では島田紳助の「喜び組」と呼ばれていたという。



    芸能界の裏事情に詳しいライターは次のように語る。

    「反社がらみで大手では報じにくいようですが、当時から名前が挙がっていたのは熊田曜子さん、ほしのあきさん、ヨンアさん、森泉さん、小林麻耶さんなどですね。
    彼女たちは紳助さんがMCを務めていた番組によく出演するなどしていました」


    島田氏のお気に入りだとされる女性タレントは報じたメディアによって顔ぶれが少し異なる。

    2011年9月7日のアサヒ芸能では、「紳助愛人7人」と題し、熊田曜子、ほしのあき、藤原紀香、小林麻耶、上原美優(故人)、吉田真由子(鑑定団)、青木直子(鑑定団グラドル)の名前が挙がっている。

    また、同年9月8日付の東京スポーツには「喜び組疑惑7人の女」とされ、熊田曜子、ほしのあき、ヨンア、小林麻耶、伊東美咲、高橋みゆき(女子バレー)、大木優紀(テレビ朝日アナウンサー)が報じられた。

    一方、同年9月6日の女性自身は「愛した女、泣いた女 31人の黒い閻魔帳」とのタイトルで31人もの女性タレントの名前を列挙。

    上記2つにも載っていた熊田曜子、ほしのあき、小林麻耶以外にも、木下優樹菜、里田まい、スザンヌ、南明奈、山口もえなど、「ヘキサゴンファミリー」を中心とした女性の名前が挙がっていた。



    島田紳助を怒らせ“芸能界を去った”女性たち

    当時の島田氏に気に入られれば、芸能生活の安泰は約束されたも同然だった。

    生き残りをかけて繰り広げられる熾烈な争い。

    島田氏の“お誘い”に乗れば、レギュラー番組の座をゲットすることができた。


    しかし、それは相反する意味も持っていた。

    島田氏に嫌われれば、芸能界で生きていくことは不可能になるのだ。


    「たとえば、大のお気に入りだったほしのあきさんがそうです。
    愛人だったとも言われたほしのさんですが、2008年頃に“付き合いが悪い”として怒らせてしまったようです。
    それまで出演していた『クイズ!ヘキサゴン』にパタリと姿を見せなくなり、紳助さんとの共演はほぼなくなりました」(前出・芸能ライター)


    かつて島田氏はバラエティ番組の中で、「ほしのあきはいつ呼び出しても来る」と発言していたこともあり、どうやら“都合の良い女”となっていたようだ。

    「美人女優として大人気だった伊東美咲さんも紳助さんの愛人だったと言われています。
    しかし、紳助さんが暴力団員のW氏に送ったとされる携帯メールの中で、『伊東美咲はあばずれ』と書かれていました。
    同じメールの中で、女優の小沢真珠さんは『ランクがだいぶ下』とされていました」(前出・芸能ライター)


    2008年までは数々のテレビドラマで主演を務めていた伊東美咲(43)だが、2009年以降はパタリとその姿を見かけなくなってしまった。

    その裏には、島田氏との関係悪化があったとされている。


    その後、伊東は大手パチンコ機器メーカーの社長と結婚して芸能活動を休止するが、最近になってまた少しずつメディアに姿を見せるようになった。

    もしかしたら、島田氏がもう芸能界に復帰しないと確信したことで、芸能活動を再スタートさせようとしているのかもしれない。



    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.mag2.com/p/news/493264/amp%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAdTx26f6g5Tq2gGwASA%253D
    所長見解:そやろな・・・

    【【これはヤバい】島田紳助氏の「喜び組」大手メディアが報じない禁断の実名がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ