島田紳助

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ヘキサゴン終了から10年の昨日、ヘキサゴン同窓会が開催され豪華メンバーが集結


    s


    ヘキサゴン同窓会出席者

    神原P

    牧原アナ

    高原兄

    ラサール石井

    ダンディ坂野

    野久保直樹

    松岡卓也

    山田親太朗

    森公平

    崎本大海

    misono

    スザンヌ

    VTR出演

    上地雄介

    岡田

    庄司

    小島よしお


    ▼画像
    https://i.imgur.com/obTgCgh.jpg

    https://i.imgur.com/1STlUiJ.jpg

    https://i.imgur.com/TPyb2Nv.jpg

    https://i.imgur.com/seeF6Tx.jpg

    https://i.imgur.com/qedwqbH.jpg
    所長見解:懐かしな・・・

    【【これは豪華メンバー】ヘキサゴン同窓会がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    岡村隆史が島田紳助氏からの〝直電〟告白「200万貸してくれ」「金なくなるねん」


    sh


    お笑いコンビ「ナインティナイン」(岡村隆史、矢部浩之)が12日深夜放送のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」に出演。

    岡村が2011年に芸能界を引退した島田紳助氏から〝直電〟があったことを明かした。


     
    紳助氏が引退してから、収録現場に緊張感が足りなくなったというトークの流れで、岡村が「紳助さんから電話がかかってきた」と告白。


    「え!って。ビックリすんねん。『島田紳助』ってなって(電話の画面に出て)、うわ~!と思って。『もしもし』って言うたら『あ~岡村か。スピーカーにしてもかまへん?』って」と〝その瞬間〟を振り返った。

     
    その時、紳助氏は大平サブローと久々の再会を果たしていたという。

    サブローからは「また機会あったら、一緒にご飯でも食べながらその時(2人の全盛期)の話でもしようや」と伝えられたそうだ。


     
    その後、紳助氏とは以下のようなやりとりがあったという。


    「岡村、最後に申し訳ないねんけど、200万貸してくれ」

    「え? なんすかそれ? 持ってるでしょ200万」

    「あかんねん、あかんねん、200万貸してくれ。この先、200年後、金なくなるねん」

     
    もちろん、紳助氏一流のジョークだが、これを聞いた矢部は「まだ200年生きるつもりなんやな…」とビックリ。

    岡村も「200年は金あんねん。遊んでても。『また、ゴルフでもしようで』って言うてはったわ」と感慨深げだった。



    https://news.livedoor.com/article/detail/20694433/


    ▼画像
    https://i.imgur.com/rhg6Mq3.jpg
    所長見解:懐かしいな・・・


    【【あの人は今】岡村隆史、島田紳助氏から「200万貸してくれ」「金なくなるねん」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由


    y


    マリエさんの衝撃の告発から1カ月がすぎた。

    当初はSNSやウェブで取り上げられたものの、すぐに話題にのぼらなくなった。

    コラムニストの河崎環さんは、その理由の一つとして「日本人には『みんなが共感できる被害者を選ぶ』という、集団主義的な選択指向性がある」と指摘する――。



    ■「さもありなん」と誰も驚かなかった

    モデルで実業家のマリエさんが、かつて大物芸人から「枕営業」の誘いを受けたことをインスタグラム動画で告白、話題となった。

    雑誌モデルとして人気が出、まだそれほど芸能界に馴染みのない18歳当時、出演していたバラエティ番組のMCである大物芸人に収録前に挨拶できなかったことから呼び出された酒席で、「やらせろ」と迫られたのだという。


     
    その場に同席していた、当時中堅で、現在はベテランとして人気を博す芸人は大物芸人の言動を咎めることもなく「いいじゃんいいじゃん、やりなよ」と煽ったと、マリエさんは主張する。

    その芸人に対してもマリエさんは「許さない」と語気を強め、枕営業を断った結果として大物芸人と親しい制作会社へ出向いて謝罪し、その番組への出演がなくなったとの顛末までが大きな話題となった。


     
    悲しいことだが、世間はマリエさんが33歳の大人の女性になってようやく口にできたそんな15年越しの告発を聞いて、「ああ、あの黒い噂で引退した大物芸人ね、さもありなん」と誰も驚かなかった。

    枕営業、という言葉自体にも、「だって芸能界だものね」とすっかり耳が慣れてしまっていた。

    だが、あえて当事者たちの当時の年齢、つまりMC芸人50歳、中堅芸人42歳、そしてマリエさん18歳という具体性をもってあらためて状況を想像すれば、それが我々の住む一般世間であればどれだけ醜悪でひとりの女性の人生を深く傷つけるに十分な出来事か、わかるのではないだろうか。

    それなのに、SNSは決してマリエさんへの共感に溢れているとは言い難い。



    ■話題になったのは、たった1週間ほど

    さらに、本来ならいわゆる「#MeToo」運動の典型とも言える、エンタメ業界の古典的で構造的なハラスメントに対する告発のはずなのに、この件への注目は1週間程度ですっかり失われ、他のセンセーショナルなニュースに取って代わられた。

    引退した大物芸人は沈黙を守り、現在も活躍する芸人の事務所からは「事実ではない」と否定する声明が出され、材料が供給されないために報道が続かない。

    何より、週刊誌やウェブでいくつかの後追い報道はあっても、新聞やテレビで扱われることはなく、見事なスルーぶりに「むしろ変じゃない? 」と違和感を口にする人もいる。


     
    なぜマリエさんの告発は世間からも、マスコミからもスルーされるのか。

    考えるに、どうやら2つの理由がありそうなのである。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/488198fde6d5163265419f2a31a327324564f707

    所長見解:もうな・・・
    【【悲報】マリエの枕営業暴露が一瞬で消えた理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    マリエ「島田紳助枕暴露」から1か月――「大激怒している」!! 


    m


    モデルでタレントのマリエ(33)の衝撃の暴露をしてから、1か月が経とうとしている。
     
    4月4日、マリエはインスタグラムでライブ配信を行い、15年前の18歳当時、島田紳助氏(65)に枕営業を強要されたと告白。

    さらに、その場には出川哲朗(57)やお笑いコンビ・やるせなすも同席しており、「いいじゃん、マリエちゃんやりなよ」と煽っていたとも暴露した。


     
    ライブ配信では、「出川さんがテレビに出てるのも大嫌いだし、出川さんがCMに出てるのもマジで許せない」と出川を名指しで批判したのだ。


     
    これを受けて4月9日、出川が所属するマセキ芸能社は事務所社長の名前でコメントを発表。


    「先日SNSの生配信で女性タレントが発言された内容について出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております」と説明している。

     
    また、やるせなすの所属事務所も、出川の所属事務所と同様の、マリエの告発を否定するコメントを出している。



    ■マリエは現在まで核心に迫らず
     
    出川、やるせなすサイドのコメント発表後、マリエはインスタで「私は嘘をつかない」と投稿して反論したほか、週刊誌の直撃に対しても「私は嘘を言っていない」「インスタも“全部真実です”って言っているので」と主張した。



    「4月24日にはマリエが東京・代官山でトークイベントに登壇しましたが、イベント後の取材陣の前でもこの件に触れることはありませんでした。
    最初に行った4月4日のライブ配信での告発が最も詳細で、それ以降は具体的な情報を出していない。
    現在まで“肩透かし”のような状態が続いています。


    最初のライブ配信で、マリエはかなり酒に酔っている様子でした。
    そのため、酒の勢いで言ってしまったのではないか、ともささやかれています。
    また、配信の場で隣に座っていた交際相手だというアパレル会社経営者の男性に促されてしゃべってしまったのではないか、とも芸能関係者の間では言われています」(女性誌記者)


    (略)

    本当に事実無根のことで、かつそれで多くの仕事関係者に被害をもたらしてしまっているから、彼女に対して真剣に怒っているといいます」(前出のお笑いプロ関係者)

     
    事実無根であれば、出川サイドがマリエを名誉棄損などで訴えることもできそうだが、
    「マリエさんの主張が事実かどうかはさておいて、出川さんに大きな損害で出ているならば、名誉棄損が成立するようです。

    事実無根ならなおさら、出川さんとしては強硬な姿勢を取りたいところかもしれませんが、枕営業を迫られたという“被害者”の立場にあるマリエさんを、今や強い影響力を持つ人気タレントの出川さんサイドが訴えたら、マリエさんをさらなる窮地に追いやることになる。
    訴えたところで、出川さんのイメージがさらに悪くなってしまいかねないと。


    加えて、騒動が長期化するのは必至で、プラスになることはほぼありません。
    そのため、事務所も出川さんもこれ以上、反論はしない、かかわらないというスタンスなのではないでしょうか」(前同)


     
    マリエは以前に行われたインタビューで、5月初旬にも本を出版するという話をしていた。

    いまだ具体的な話は聞こえてこないが、出版予定というその本の中に、マリエの第二・第三の矢は仕込まれているのだろうか――。



    https://taishu.jp/articles/-/94094?page=1

    所長見解:あかんか・・・


    【【激怒】マリエさん、枕営業暴露から1か月の結果・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マリエ「枕営業告発」の行方 TVマンが語る「出川沈黙の理由」と「業界の雰囲気」
     

    l


    4月4日、元セレドルのマリエ(33)が、15年前に島田紳助に枕営業を強要されたという告発配信をして3週間が過ぎた。

    ネット上には彼女の動画が拡散され、“勇気の告発”と持ち上げる声も出ている。

    これだけ物議を醸した騒動にもかかわらず、テレビが全く報じないのはなぜだろうか。

     
    4月24日、マリエは都内のセレクトショップでイベントを開催した。

    なんでも、《4/1にUPしたVIDEO CONFESSION、摂食障害による10年間の月日を語った動画は現在25万回再生を超え、驚くほどの賛同の声・これまでに本当に沢山のメッセージをいただいております。
    その一つ一つは私の心をまた強くし、私と同じ辛い思いをする方が一人でも多く救えるよう。
    同じ過ちをくりかえしてしまう未来が少しでもなくなる未来を! 
    と思い、夢に描き続けてきたこのコミュニティーをついにスタートできること。
    本当に嬉しく思っています。》(4月13日付けInstagramより)

    それゆえ、「Self humming プロジェクト」なる、辛い過去を乗り越え元気に過ごすことを目的としたプロジェクトを立ち上げたんだとか。

    ちなみに、この日のイベントでは告発については触れなかったという。


    出川は本当に許せない
     
    彼女がInstagramのライブ配信(4月1日)で、10年以上摂食障害に苦しんだ過去を告白したことは、デイリー新潮「渦中のマリエ、セレドルから震災のツイートで大炎上……、山あり谷ありの芸能生活」(4月12日配信)で報じた。

    “枕営業”の告発は、その3日後のことだった。芸能記者は言う。

    「彼女の批判の矛先は、芸能界を引退した紳助さんばかりでありませんでした。
    長い下積みの末ようやく売れっ子になった出川哲朗さんも、その場で枕営業を勧めたとして、『出川さんがいまだに企業のCMとかに出ているのが本当に許せない!』とやり玉に挙げた。
    これに対して、出川の事務所は事実無根と発表。
    ところが公式HPから彼の出演情報が消えたことから、“出演情報ゼロ”と報じたネットメディアもありました。
    ですが、実際は、HPの更新で一時的に消えただけでした。
    当のマリエは、15日になって『炎上させるつもりはなかった』『告発とかではないので、勝手にユーチューバーがつけたので』などと言い訳を始めた。
    今度は摂食障害のイベントでしょ。
    結局、枕営業の告発は何のためだったのかと言われ始めています」

     
    マリエは近々、単行本の出版予定があると、インタビューで答えていたことから、SNS上では、《売名行為》《暴露営業》《炎上ビジネス》などと呼ぶ声も出てきている。

    いずれにせよ、ここまで大きな騒動になっているにもかかわらず、テレビは一向に報じようとしない。

    そこで民放プロデューサーに本音を聞いた。


    告発内容は事実だろうけど

    「今回のマリエ告発に関しては、実は出川に同情の声が多いんですよ。
    もちろん彼女の告発は、事実なんだと思います。
    肉体関係を迫られた、その場に出川に加え、やるせなすもいたっていうのは、確かにリアル感がありますね」

     
    ところが、マリエの告発を話題にする業界人は少ないという。

    「枕営業を強要されたのが飲み会の席だからです。
    それらしき発言はあったと思いますよ。
    それは確かに問題でしょうし、反省もしたほうがいい。
    ただ、紳助さんはじめ、出川たちの合いの手も、どこまで本気だったのか。
    もともとマリエは考えすぎるところがありましたし、それを言葉足らずで発信して炎上して番組を降ろされた過去があります。
    そもそも15年前の話を、なぜ今頃と思っている人は多いと思います。
    ですが、彼女に反論したところで、たとえ酒の上での話としても女性蔑視、人権問題などと言われたら、何も言えなくなってしまう世の中です。
    YouTubeに出演することもある紳助さんが、この件に対して沈黙しているのも、そのためでしょう。
    だからテレビも取り上げないんです。
    出川さんも今は時間が経って忘れ去られるのをじっと待っているのでしょう」

     
    出川は今まで通りテレビに出演できるのだろうか。

    「仕事は全然減っていません。
    彼が所属するマセキ芸能社は、女性漫才の内海桂子・好江が看板だった老舗の芸能事務所で、彼女たちの教え子が多く所属しています。
    桂子師匠の弟子を標榜するウッチャンナンチャンやナイツ、いとうあさこ、バカリズム、狩野英孝など所属芸人の仲が良く、皆きちんと教育もされていることで有名です。
    出川は人がいいのでなおさら、同情の声が出るわけです」


    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe52184379718f62e7c9a94b9fa906db79efa111


    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210501-00730158-shincho-000-3-view.jpg
    所長見解:もうな・・・

    【【枕営業問題】出川哲郎、沈黙の理由がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ