セクハラ

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下ほうか、絶えない〝下半身めぐる目撃談〟 

    旧態依然の「役者像」が災い…

    「ハメをハズすことで役者の器も大きくなると思っていたのか」


    f


    榊英雄監督(51)に続き、「週刊文春」に複数の女性に対する性行為の強要疑惑を報じられたのが榊氏の〝盟友〟で俳優の木下ほうか(58)。

    木下は所属事務所と契約解除となり、ドラマも降板。

    自身のツイッターで謝罪した。


    しかしだらしない下半身をめぐる目撃談が絶えない。

    世話焼きな一方、旧態依然とした役者像が災いしたが、こうした被害をいかに浄化できるかに業界の未来はかかっている。


    木下の共演者はこう語る。

    「基本的には、面倒見が良くて、優しい兄貴分なんですけど、性には奔放だったかもしれません。
    共演者とはあいさつ代わりにヤるのが当然と思っていたようです。
    木下さんと共演経験のある女優と別の仕事で会ったことを報告したところ、『え、お○○こしたの!?』と唐突にツッコミを入れてきました。
    否定すると『なんだ、してないのか。つまんないよ。お前の話は聞かない』という具合でした。
    困ったことに悪気なく性的に解放的なマイペースさがあるのだと思います」とあきらめモードだ。


    また、別の映画の打ち上げで木下の近くに座った俳優はこう語る。

    「打ち上げでは、ハメを外すのが当たり前というイケイケぶりでした。
    『打ち上げで礼儀正しくしてたって、そんなの誰も見てないよ』と軽く説教されて、あおられました。
    昭和のイケイケのノリは、若手では綾野剛君が継承者かもしれませんが、〝ミニほうか〟を育てようという心意気だったようにも思います。
    ハメをハズすことで、役者としての器も大きくなると思っていたんでしょうか」


    こんな木下の姿に違和感を覚えないままであるならば、映画業界からセクハラという悪しき生態をなくすことは、まだまだ先の話になってしまう。


    ▼画像
    https://i.imgur.com/4Tbw1hY.jpg 


    https://www.zakzak.co.jp/article/20220330-HIQUPUJGTVKHJGSZOYRUMDZOVE/
    所長見解:あかんな・・・

    【【暴露】木下ほうか氏、下半身めぐる目撃談がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下ほうかがツイッターで謝罪「概ね間違っておりません」

    …芸能活動は全て無期限に休止 (コメント全文)



    t


    複数の女優への性行為強要疑惑が一部で報じられ、28日に所属事務所「カクタス」とのマネジメント契約を解消した俳優の木下ほうか(58)が28日、自身のツイッターで、謝罪のコメントを発表。

    今後の芸能活動については、全て無期限で休止するとした。


     
    木下は性行為強要疑惑の報道について「事務所と協議していたことでご報告が遅くなり、女性の方々はもとより、関係者の皆様に多くのご迷惑をおかけしてしまい、深くお詫(わ)び申し上げます」と謝罪した。


    今後については「皆様の目に触れる芸能活動を続けることはできませんので、芸能活動については全て無期限に休止させていただきます」と無期限で活動を休止するとした。

     
    木下のコメント全文は以下の通り。(原文まま)


    報道について、事務所と協議していたことでご報告が遅くなり、女性の方々はもとより、関係者の皆様に多くのご迷惑をおかけしてしまい、深くお詫び申し上げます。

    まず、現在出ております週刊誌報道の内容について、一部事実と異なる点や10年程度前のことで記憶にないこともございますが、概ね間違っておりません。

    ただ、現在週刊誌から質問されておりますが、女性から明確に拒否されているにも関わらず関係を持ったことや、薬物を用いて関係を持った記憶はございません。

    それを前提にしたとしても、私の軽率な行動の結果、女性の方々が心に深い傷を負ったことに間違いはございませんので、深くお詫びを申し上げます。

    女性の方々に対しては、本来であれば私が直接謝罪をすべきところではございますが、そのことでさらに傷つけてしまうこともあると考え、今後の皆様への対応につきましては代理人を立てて誠心誠意行わせていただく所存です。

    次に、私の軽率な行動の結果多大なご迷惑をおかけした多くの関係者の皆様に、深くお詫び申し上げます。

    このようなことをした私が、今後、皆様の目に触れる芸能活動を続けることはできませんので、芸能活動については全て無期限に休止させていただきます。

    2022年3月28日 木下ほうか



    https://hochi.news/articles/20220328-OHT1T51209.html?page=1
    所長見解:もうな・・・

    【【引退か?】木下ほうか氏が謝罪ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    早稲田大学の男子学生、指導教員を提訴 「道程を強引に奪われた」


    k


    早稲田大の男子学生、女性准教授と大学をアカハラ提訴「聖交渉を強要させられた」

    当初20歳で、経験のなかったという男子学生は、既婚者で子どももいる准教授との行為に罪悪感があったが、指導教員であることから断れなかったとしている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/60c1c3a64c03cdd8dcc8b9bd30f235db2aabacc6
    所長見解:どんなやろ・・・

    【【裁判】早稲田大学の男子学生「女性准教授に道程を強引に奪われた」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優・木下ほうか(58) 複数の若手女優に聖加害 

    演技指導名目で呼び出し無理やり□淫 

    キスを拒んだ相手に聖行為



    r


    榊英雄監督の盟友、木下ほうかの「聖加害」を2人の女優が告発する

    「聖被害」を題材にした映画「蜜月」。

    「週刊文春」では3月10日発売号、同17日発売号で同作の榊英雄監督(51)に「聖行為を強要された」
    と語る女優(A子さん~G子さんまでの計7人)などの告発を報じ、3月25日から公開予定だった「蜜月」は公開中止に至った。

    3月18日には、是枝裕和氏や西川美和氏など著名監督が「私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します」との声明を発表した。

    女優たちの告発が、芸能界にはびこる聖加害の実態を明るみに出しつつある。 




    “榊組”の一員でもある名脇役が女優に聖加害

    今回、2人の女優が、新たな俳優による聖加害を「週刊文春」に告発した。

    その俳優は木下ほうか(58)。

    木下は大阪府出身で高校時代から自主映画制作にのめり込み、16歳のとき井筒和幸監督の「ガキ帝国」で俳優デビュー。

    大阪芸術大在学中に自らの劇団を立ち上げた。

    その後、吉本新喜劇に約3年在籍したが島田紳助から「役者をやりたいなら東京に行くべきやろ」とアドバイスされ上京。


    3月21日にレギュラー放送最終回を迎えた「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ)では「イヤミ課長」役で人気を博し、「はい、論破」という決め台詞は2015年の新語・流行語大賞にもノミネートされた。

    NHKの朝ドラ「なつぞら」(2019年)や大河ドラマ「麒麟が来る」(2020年)にも出演し、4月5日から放送開始のNHKの連続ドラマ「正直不動産」では主演の山下智久の上司役を務める名脇役だ。

    実は木下と榊氏の関係は極めて深い。

    榊監督作品に木下は7作出演しており、映画やドラマでの俳優同士としての共演は12作にも及ぶ。


    「プライベートでも親交がある盟友です。
    木下のブログには榊の娘を抱く様子や〈榊の指導演出は的確で厳しく、好感が持てた!〉と称賛する記述もある。
    木下は“榊組”の一員なんです」(映画関係者)




    演技指導の名目で木下の自宅に呼び出され…

    今回、詳細な証言と共に「聖被害」を告発したH子さん、I子さんという2人の女優は、いずれも木下から聖行為を求められ、応じざるを得なかったと語った。

    H子さんは演技指導の名目で木下の自宅に呼び出された。

    最初は2人で台本読みをしていたが、「なんでできへんねん」と木下に叱られるうち、H子さんは悔しくて泣き出してしまったという。


    すると、木下は一転、慰めるような優しい声音で「もういいから。こっち来いや」と寝室に連れていった。

    そこで木下は自分のパンツを下ろすと、H子さんの顔先に聖器を突き出した。


    「なし崩し的に口での行為を迫られました。
    抵抗したらもっと酷いことをされるかもしれない。
    要求に応えて済ませた方が安全だと思ってしまった。
    『早くこの時間が終われ』と頭の中で繰り返していました」(H子さん)



    もう1人の女優I子さんは、ある日、木下から無理やりキスされそうになり、それを拒むと、後日、こんな旨のメールが来たという。

    「期待して、これから育ててあげようと思っていたのに残念です。
    失望しました。あなたの根性はこのくらいなのですね」


    後日、木下の自宅で聖行為に至ったという。

    「私とは親子ほど歳が離れていますし、気持ち悪かった。
    でも力では到底勝てないし、顔が広いので、拒んだら悪い噂を流されるかもしれない。

    『みんなやってる』『これを断るようなメンタリティじゃこの世界でやっていけない』と言われて洗脳されたというか、断れなかった。
    なんで役者として演技をしたいだけなのに、いつも聖行為の話が出てくるんだろうって……」(I子さん)


    木下の所属事務所「カクタス」には3月20日の午後4時にFAXとメールで取材を申し込み、同社の社長にも取材申し込みの手紙を届けた。

    同日から、木下本人の携帯などにも再三取材を申し込んだが、22日の夜9時現在、回答は届いていない。


    ただ、関係者によると、木下の出演番組を巡り降板を含めた対応が協議されているという。



    3月23日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および3月24日(木)発売の「週刊文春」では、榊監督の新たな「聖加害」、木下に対するH子さんとI子さんの告発を詳しく報じている。


    https://bunshun.jp/articles/-/52915
    所長見解:こらあかんやつ・・・

    【【告発】俳優・木下ほうか氏(58)、やらかしまくった模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s


    昭和、めちゃくちゃすぎる

    「女子社員のケツを揉んでも無罪」

    「仕事中に席で喫煙」


    頭おかしい
    所長見解:せやで・・・

    【【懐かしい】昭和時代、めちゃくちゃすぎる件wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ