ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    koki

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5月3日にパリで開催された世界的ブランド「シャネル」の「2019/20年 クルーズ コレクション」でランウェイデビューを果たしたモデルのKoki,。

    「シャネルスーツ」と呼ばれるデザインの白い丸首のツイードジャケットに、大きなポケットが特徴的な同素材、同色のミニ丈スカート、インナーには赤系花柄のブラウスを着用し、19世紀の駅のホームが再現された舞台で堂々のウォーキングを披露。

    その様子は「アンチ」の格好の餌食となっているようだ。

    k


    「並みいる外国人モデルに交じってランウェイを歩くKoki,の姿は、身長やボディバランスの違いから、とても目を引く存在だと言えるでしょう。
    ロイター通信が世界に向けて配信した写真の中にも、複数のモデルとともに1列になって歩くKoki,の姿がありますが、Koki,だけ穴が空いたようにボコッと身長が低く頭部が大きいため、すぐに発見できます。
    父親である木村拓哉によく似た顔と、母親である工藤静香によく似た鋼のメンタルを持つKoki,は、令和時代を代表するモデルになることでしょう。

    ネット上では

    『皮肉にもシャネルのランウェイを歩くKoki,に高校生らしさを感じてしまう』
    『井の頭線のホームを歩く花柄の服を着た高校生って感じ』
    『シャネルはどうして他のモデルさんたちと違うKoki,を起用したのかな』
    『Koki,にモデル感がない。普通の高校生に見える』

    といった声が多いようです」(ファッション誌編集)


    Koki,がモデルとしてどれだけ飛躍するか楽しみだ。

    画像①

    画像②

    画像③
     
    画像④


    http://news.livedoor.com/article/detail/16427330/

    所長見解:がんばってるやん・・・
    【【キムタク娘】Kokiちゃん、シャネルでランウェイデビュー ← 駅ホームの高校生っぽいwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    世界的なブランドのランウェイを歩くことを、モデルとしての目標のひとつに掲げていたKoki,(コウキ)。

    そして2019年5月3日、ついにその夢が形となった。

    カール・ラガーフェルド亡き後、その後任を託されたヴィルジニー・ヴィアールによるファーストコレクション。

    2019年5月3日(金)にパリで開催された「シャネル」2019-20年 クルーズ コレクションにて、Koki,がランウェイデビューを果たしたのだ。

    k


    今年に入ってパリのモデル事務所に所属したKoki,は、1月末にパリ、カンボン通りにある「シャネル」のスタジオにて単身オーディションに挑んだ。

    その後2カ月以上連絡がなかったものの、4月中旬、ついに次回のショーでのブッキングとの連絡が入ったそう。

    自らの手で夢への切符を手に入れ、世界中のジャーナリストや顧客の視線を一身に集めるなか、ホワイトのツイードジャケットとスカートをまとって登場。

    並み居るトップモデルに交じって自信に満ちた表情でウォーキングを披露した。

    快進撃を続けるモデル、Koki,のドリームストーリーは、まだ始まったばかりだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00010000-elleonline-ent

    所長見解:そんなもんやん・・・


    【【パリコレデビュー】キムタク娘、本物モデルとの絶望的すぎるスタイル差がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    世界的なブランドのランウェイを歩くことを、モデルとしての目標のひとつに掲げていたKoki,(コウキ)。

    そして2019年5月3日、ついにその夢が形となった。

    カール・ラガーフェルド亡き後、その後任を託されたヴィルジニー・ヴィアールによるファーストコレクション。

    2019年5月3日(金)にパリで開催された「シャネル」2019-20年 クルーズ コレクションにて、Koki,がランウェイデビューを果たしたのだ。

    k


    今年に入ってパリのモデル事務所に所属したKoki,は、1月末にパリ、カンボン通りにある「シャネル」のスタジオにて単身オーディションに挑んだ。

    その後2カ月以上連絡がなかったものの、4月中旬、ついに次回のショーでのブッキングとの連絡が入ったそう。

    自らの手で夢への切符を手に入れ、世界中のジャーナリストや顧客の視線を一身に集めるなか、ホワイトのツイードジャケットとスカートをまとって登場。

    並み居るトップモデルに交じって自信に満ちた表情でウォーキングを披露した。

    快進撃を続けるモデル、Koki,のドリームストーリーは、まだ始まったばかりだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00010000-elleonline-ent


    ▼画像
    Koki,「シャネル」のクルーズコレクションでランウェイデビュー
    http://pbs.twimg.com/media/D5pRcBmUUAEoFir.jpg

    所長見解:すごいな・・・

    【【トップモデル】キムタク次女・Kokiさん「シャネル」デビューの結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Koki,のイメチェン姿が好評!「武井咲に見えた」の声も
     
    木村拓哉(46)と工藤静香(49)の次女で、モデルのKoki,(16)が25日、自身のインスタグラムを更新。

    ふだんの印象とは異なる大人びたメイクを施した画像を公開した。


    k


    すっぴんはまだあどけない印象のあるKoki, だが、この日は一味違った。

    色味を抑えたカラーレスメイクながら、キリッとした太眉、ブラウンのアイシャドーと目じりを跳ね上げたアイラインで小悪魔的な色っぽさを演出。


    さらにはウェットで柔らかなウェーブの黒髪が健康的な肌の色とマッチして、凛とした美しさを醸し出している。


    「Vogue Japan June issue」と26日発売のファッション誌「VOGUE JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の告知がされており、雑誌用に撮影された1枚のようだ。

    女性向けのネット掲示板でも、

    「一瞬武井咲に見えた」
    「雰囲気変わるね」
    「このメイク似合ってる」
    「この写真は素直にかわいいと思う」

    と高評価。

    両親も愛娘の変貌ぶりに驚きを隠せない?


    (おわり)

    Koki, 
    ※画像はKoki,のインスタグラムアカウント『@kokiofficial_0205』より 

    ※画像がコチラ
    https://taishu.jp/articles/-/65181?page=1


    所長見解:たしかに・・・

    【【インスタ画像あり】キムタク娘・Kokiちゃんがイメチェンした結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月23日発売のファッション誌『ViVi』(講談社)6月号の表紙について、カバーガールをモデルのKoki,が務めることが判明し、物議を醸している。

    『ViVi』といえば、11日、専属モデルの河北麻友子が同誌を卒業することを発表。

    7年以上も専属モデルを務めていたということもあり、同誌読者からは残念がる声も多く聞かれていた。

    これまで、専属モデルが卒業する際には、卒業モデルがカバーガールとなって単独表紙を飾るというパターンも多く見られていたが、河北はこれまで単独表紙を一度も飾ったことがなかったということもあり、雑誌ファンからは河北の単独表紙への期待も集まっていた。

    しかし、蓋を開けてみると、Koki,がカバーガールとして初登場。

    公式インスタグラムには、「新しい時代の幕開けを感じるオーラがすごい」「とにかくとにかく可愛かったのです」と絶賛がつづられていた。

    しかし、これについて雑誌ファンからは、

    「最後くらいまゆちゃんにしてあげて欲しかった。ViViファンとしてなんでって思いがすごいです」
    「7年間ViViを支えた、河北麻友子のことをなんだと思ってるんですか」
    「卒業号に卒業モデル起用しないの疑問しかありません」
    「コーキちゃん好きだけど今じゃない。これじゃコーキもかわいそう」
    「この投稿にも麻友子ちゃんのこと触れてないってどういうこと」

    といった批判が殺到。

    『ViVi』公式インスタグラムアカウントが炎上する事態になっている。

    k


    「また、そのほかに聞かれているのは、『芸能人か、専属はハーフのみしか表紙にしない理由はなんですか?』『ViVi専属モデルはハーフじゃないと表紙になれない縛りでもあるんですか?』という声。
    19年に入ってからは藤田ニコル、emma、トリンドル玲奈、玉城ティナ、八木アリサが表紙を務めていますが、ネームバリューのあるKoki,を除き、全員がハーフモデル。
    ここ数年、『ViVi』単独表紙はハーフモデルが務めている確率が圧倒的に高く、読者の間で溜まっていた鬱憤が爆発してしまったようです」(芸能ライター)

    インスタグラムに寄せられているコメントのほとんどが、表紙が河北ではないことに対する疑問の声。

    “不買”を宣言する声も多く寄せられており、雑誌が売れない今、『ViVi』にとって痛手になってしまうかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16329382/

    所長見解:なにかと・・・
    【【炎上中】女性誌『ViVi』、Kokiの表紙に批判が殺到している理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ