koki

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    キムタクの次女Koki,が着物の帯の上を歩く動画で物議「日本文化を冒とく」


    j


    俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女でモデルのKoki,が思わぬ形で炎上に巻き込まれている。

    Koki,はイタリアの人気ブランド、ヴァレンティノの「ヴァレンティノ DI.VA キャンペーン」の顔としてブランドコンセプトの動画に出演。

    公式サイトなどウェブ上で公開された。

     
    しかし、レッドカーペットのように着物の帯の上をハイヒールを履いて歩いたり、畳の部屋で靴を履いて立ったり…という映像に「日本文化を冒とくしている」「ヴァレンティノの衣装を敷いて座られたり踏まれたりしたらどう思う?」などと29日夜から批判の投稿が殺到。

    この騒ぎに公式サイトは動画を削除する事態となったが、現在もネット上では動画が拡散している。

     
    Koki,は演出通りにした過ぎないのだが、彼女への心ない批判も散見され、思わぬ形で炎上に巻き込まれてしまった。



    ▼動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1376841514081349634/pu/vid/606x1280/6zc1qy2kMmFKDmYA.mp4


    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc7d7974238040b2e85ea67ace910b85c1ce8e1c

    所長見解:あれま・・・

    【【悲報】キムタク娘・kokiちゃんが炎上中ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Koki,の誕生日に木村拓哉らファミリー総出で“インスタ祝福”も「家で言えば?」


    《happy birthday!!》

    《今日は、最愛の次女が生まれてきてくれた日です。時が経つのは本当に早いですね。。》

    《18歳のお誕生日、おめでとうございますぅ~~~~~!》

    m


    2月5日、上から木村拓哉、工藤静香、Cocomiがそれぞれのインスタグムを更新。

    そう、この日に18歳の誕生日を迎えたKoki,に向けて、“家族総出”でお祝いメッセージを送ったのだった。

     
    2003年に木村家の次女として生まれたKoki,も、はや18歳。

    静香は続けて、

    《きっと娘達は海外に進学する道を選ぶのだろうな、寂しなぁ、でも娘達の人生だから全て受け入れ尊重しよう。
    離れている娘達に、色々言うよりこの曲を聞いてもらおう》

    と、幼少時に描いたという愛娘の姿を思い返しては母親の気持ちを綴った。

    当時の静香の将来設計では今頃、CocomiとKoki,は家を出て遠く海外で生活していたのだろう。


    「幼少よりインターナショナルスクールに通っていた2人ですが、ココちゃんは昨年4月からフルート奏者を目指して桐朋学園大学の音楽科に通っています。

     
    一方の光希ちゃんはそのままスクールに在籍したものの、静香さんと進路でかなり揉めたらしく、そのまま“リタイア”してしまったという話も漏れ聞こえてきます。

    15歳でモデルデビューして以来、その華やかで刺激的な世界にハマっている彼女は学業よりもモデル業に本腰を入れたいのかもしれません。

    母の描いた将来とは少々異なりましたが、それでも静香さんは娘の夢をサポートしていくのでしょう」(木村家を知る芸能関係者)


    スマホを黙々といじってお祝い

    とはいえ、日本以上に新型コロナウイルスの感染が拡大している世界情勢だけに、海外での仕事はままならないのが現状か。

    木村ファミリーは全員が都内の豪邸で、1つ屋根の下で毎日顔を合わせているのだ。

    それだけに、

    「ファミリーのインスタに対し、ネット上では誕生日を祝う声のほかに、

    “家庭内でやってて”
    “家族でSNSして公開の意味”
    “直接口で言えば”
    “恥ずかしい”

    などのツッコミも見受けられます(苦笑)。

    確かに、朝起きてKoki,と顔を合わせて“おはよう、お誕生日おめでとう”と挨拶を交わした後に、キムタクらがスマホを黙々といじって《happy birthday!!》と、写真も添えてアップする家族の絵を想像すると……(笑)。
    なぜ、自宅で完結するプライベートをわざわざ全世界に配信する必要があるのか」(ネットニュース編集者)

     
    芸能人はしばしばSNSを使って「家族の誕生日」を投稿する傾向が見受けられるのだが、多くが「自分が、子どもが○歳になりました」と報告したり、誕生日会を開いた際の記念写真や手作りケーキなどをアップする。

     
    一方で、木村ファミリーのように、近くにいる相手にわざわざ“フィルター”を通して「おめでとう」と伝えるのは稀だ。

    なぜ、そんなまどろっこしいお祝いメッセージを送っているのだろうか。


    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210211-00020081-jprime-000-2-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/94dc33f156e554fbdf61f7861561e770b0a778da
    所長見解:そんなもんやん・・・

    【【インスタ】キムタクファミリー総出ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    t



    キムタクの長女、奇行動画をインスタに上げてしまう


    ※動画がコチラ


    やばい😨

    所長見解:かわいいやん・・・


    【【これはヤバい】キムタク長女、奇行に走る・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    Koki,がシャネルから“お払い箱”に…

    工藤静香ママとも意見対立で「自立の春」到来?


    m


    木村拓哉(48)と工藤静香(50)の次女で、モデルのKoki,(コウキ=17)が、シャネルのビューティーアンバサダーを降板したと発売中の「週刊女性」が報じている。


    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

    コウキは18年に日本人初、15歳でブルガリとシャネルのアンバサダーとして華々しくデビュー。

    19年にはシャネルのランウエーに登場した。


     
    ところが、ショーの動画では超一流モデルの中、他のモデルよりも圧倒的に小柄だったコウキが、インスタグラムでは同寸になり、シャネル側の画像加工疑惑でネットが炎上。

    これがきっかけで、昨年の秋、契約満了になったという。

    シャネルに問い合わせたところ「アンバサダーにつきましては一切お答えできません」(担当者)というのだが……。


    「15歳で美容分野で抜擢されたとなれば4、5年は継続できる。
    工藤静香さんもアテが外れたのでは」(ヘアメーク)という声も。




    そろそろ“子離れ”の時期

    進路問題では、インターナショナルスクール卒業後はモデルに専念したいコウキと大学進学を望む静香ママの間で意見が対立。

    母娘にすれ違いが生じているという。

    芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。


    「シャネルでキャリアをスタートさせて“箔付け”としては成功。
    次々とハイブランドのアンバサダーを渡り歩き、あえてブランドイメージをつけないという戦略も考えられます。
    今まで話題性に事欠かない静香ママのプロデュースは成功ですが、進路を含め、そろそろ“子離れ”の時期では。
    世界で戦える事務所に預け、応援する側に回る方が活躍の幅が広がると思います」


     
    親が思う以上に子供はしっかりしているものである。



    https://news.livedoor.com/article/detail/19631711/


    ▼画像
    https://i.pinimg.com/736x/36/1b/b9/361bb9c9a21ca2fdc2cdc2c6679d0d62.jpg

    https://up.gc-img.net/post_img/2019/05/S65kaq64Egl655s_H9MEF_1372.jpeg

    所長見解:あれではな・・・

    【【キムタク娘】Kokiちゃん、「シャネル」クビってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    n


    木村拓哉と工藤静香の娘のkokiさん、脱いでしまう...

    ええんか...


    ※画像がコチラ

    所長見解:ええやん・・・

    【【これは早い】木村拓哉と工藤静香の娘のkokiちゃん、早くも脱いだ模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ