YouTube

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    <宮迫博之>吉本に戻る気もなければ、最悪地上波に出られなくても構わない。

    それなのに「和解」とはどういうことか? 



    m


    「雨上がり決死隊」を解散した宮迫博之(51)の〝窮状〟が垣間見えた。

    今月2日、宮迫は自身のユーチューブチャンネルで「【宮迫タクシー】堤下を乗せて吉本興業本社へ向かいます」と題した動画を公開。

    これは宮迫がタクシー運転手「箱部進」に扮し、高級車・マセラティで後輩芸人の「インパルス」堤下敦を目的地まで送り届けるというもの。


     
    堤下がリクエストしたのは東京・新宿五丁目にある吉本興業本社。

    これに宮迫は「あの~、(会社の)真ん前に着けることは不可能でございます」「ご近所までということで…」と拒否。


    堤下は「いやいや、本社で会議があるんで」「何なら(一緒に)中に入って来てください」と食い下がったが、宮迫は「行けるか、ボケ!」と拒絶し、最後は本社から少し離れた新宿二丁目界隈で堤下を車内から引きずり下ろした。

    その際、宮迫は「大人の事情みたいなのもありますから」と説明していた。


     
    2019年の闇営業問題で処分された宮迫と吉本の距離は広がるばかりだ。

    宮迫は動画で「吉本に戻りたい人」と紹介してアピールした時期もあったが、同社の大崎洋会長は一部週刊誌の取材に「いや、もう戻らんでええと思うで」「辞めてまで吉本のことネタにすんなよって」と突き放した。

    今回の動画は宮迫と吉本の〝冷めた関係性〟が如実に表れていると言える。



    「結局、宮迫さんは吉本に戻ることは諦め、ユーチューブでやっていく決意を固めました。ただ、吉本とはできることなら和解をしたいそうで、水面下ではメッセージを送り続けています」

    そう明かすのは業界関係者だ。

    吉本に戻る気もなければ、最悪地上波に出られなくても構わない。

    それなのに「和解」とはどういうことか?


    「実は宮迫さんはユーチューブのほかに、イベント関連の仕事をもっと増やしたいそうなのです。
    イベントのギャラは拘束時間の割に良くて、コロナ前は1本100万円なんてこともザラ。ところが、イベント会社の一部は吉本興業の顔色を伺って宮迫さんにオファーを出しづらい状況にある。
    和解することでそれを解消したいようです」(同)


     
    最近、宮迫が焼き肉店を始めようとしたり、動画で〝企業案件〟の仕事を増やすと宣言しているのは、ユーチューブ1本だけでは心もとないと感じているから。

    本人としてはそこにイベント出演を組み込みたいようだ。


    「ただし、吉本サイドは和解の申し出を無視している。
    やはりトップの大崎会長が宮迫のことを快く思っていないようだ」とはワイドショー関係者。



    〝宮迫タクシー〟が吉本本社の前に堂々と停車できる日は当分先のようだ。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/e8bc3c821f0bd4bcc17dafed4ee291e6f391e5d2

    所長見解:もうな・・・
    【【朗報】宮迫博之さん、吉本興業と和解へ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本田翼“YouTube配信”が大荒れ!

    「勝ち組は来るな」「彼氏いるのに…」


    no title


    6月末に医師との熱愛が報じられたモデル・タレントの本田翼。

    そのスキャンダルがあまりにショッキングだったのか、彼女の元ファンが今なお荒れに荒れまくっている。


    9月25日、本田は自身のYouTubeでライブ配信を行った。

    しかし、熱愛発覚でアンチ化した視聴者が多いようで、コメント欄は土曜の昼から荒れ模様。


    本音をさらけ出せる匿名掲示板はさらに酷く、

    《彼氏いるのに懲りずに配信》

    《まだ陰キャ営業やってんのかよ》

    《全然反省してないな》

    《こいつマジで面の皮厚いな》

    《キラキラした世界からゲームに逃避してんだから勝ち組は来ないでくれよ…》

    《彼氏いたからなんや? って思うなら最初から彼氏いますって言ってから集金しろよ 彼氏いますって言ったら集金悪くなるのわかってて隠してたんやろ?》

    《まだやる精神が怖いんだよなこういう女 せめてでてこないでくれよ それで許すんだから》

    などと大量の怒りが吹き荒れた。


    配信の内容自体は至って普通だったが、もはや〝配信しただけで炎上〟という状態だ。



    ゲームオタクの“理不尽な怒り”の正体は…?

    ここ数年の本田は〝ゲーム好き〟キャラを全面に押し出し、ネットのオタクや〝陰キャ〟と呼ばれる層から親近感による熱烈な支持を獲得。

    今年6月には自身プロデュースのゲームも配信されるなど、そのアピールが仕事にも繋がっている。

    しかし、オタク・陰キャの姫扱いから一転、今ではすっかり「裏切り者」「嘘つき」と恨みの対象に。

    この原因となったのが、何を隠そう前述の熱愛報道だ。

    「かつてはモデルとして同性の支持を集めた本田ですが、今ではすっかり入れ替わり、その支持層は『友人が少ない』『恋愛よりゲーム』というアピールに親近感を覚えたオタクに。そのルックスもあり、彼らは〝姫扱い〟で本田を礼賛しましたが、熱愛発覚で潮が引くように一気に離れていきました」(芸能記者)


    女優の熱愛スキャンダルではなかなか見られないほどにファンが荒れている本田。

    しかし、一体なぜここまで執拗な批判を浴びるのだろうか…。

    「熱愛のショックに加え、『陰キャ自称は嘘だったのか』と〝裏切り〟による怒りも上乗せされるからですよ。
    独り善がりなイメージを抱き、それと違ったら『裏切られた』と発狂するのはオタクにとって通常運転。
    そもそも、オタクは異常に処女性を求めますし、本田はこうしたリスクを考慮せず、安易に〝ゲーム媚び〟に走ってしまいましたね」(サブカルライター)


    キラキラとしたモデル・俳優の世界に留まり、〝同性のカリスマ〟で居続ければこの悲劇も生まれなかったのだが…。


    https://myjitsu.jp/archives/306270
    所長見解:なんやな・・・

    【【これはヤバい】本田翼さん、YouTube大荒れの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫博之、驚きの“最高月収”明かす 

    一番儲かる仕事は?「やっぱりコマーシャルやね」



    m


    「青汁王子」こと実業家の三崎優太氏(32)が25日、自身のYouTubeチャンネルを更新。

    元お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(51)がゲスト出演し、テレビ出演時代の収入について明かす場面があった。


     
    三崎氏から「一番儲かる仕事」について聞かれた宮迫は「やっぱりコマーシャルやね」と回答。

    「コマーシャルによってピンキリやけどね。
    何千万はいかないけど、何百万はね。
    僕らはコスパのいいタレントだったんで、安かったと思う」と、振り返った。


     
    また「現役時代の最高月収」については「同じくらいの人たちよりは、事務所がちがうから稼いでなかったとは思う。
    吉本が(芸人の取り分が)少なかったって、今はよく言われるけど、ちゃんと割合分は払ってくれていたと思う。
    たぶん、3000万ぐらいあったかな?」と明かすと、三崎氏も「すげぇ〜!」と驚きを隠せない様子。

    宮迫は「だから(高級)時計とか買えてね。
    でも、YouTubeやってからは買ってないよ!」と、現在はカツカツの状況であると弁明していた。


    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210926-00000204-spnannex-000-4-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/cc06ea510770d890bf632174df4f5520dbb40c2f
    所長見解:もうな・・・

    【【これはすごい】元雨上がり決死隊・宮迫博之さん、驚きの最高月収がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    0



    まんさん、ちょろすぎる


    所長見解:あかんか・・・

    【【検証画像】女さん「ちょろすぎる」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    y



    まんさんYouTuber「今日はお散歩をして行きたいと思いまーす」


    所長見解:ええな・・・

    【【これはすごい】女YouTuber「今日はお散歩をして行きたいと思いまーす」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ