ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:YOSHIKI

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    26日に放送された「24時間テレビ41 愛は地球を救う」(日本テレビ系)にX JAPANのYOSHIKIが初出演した。

    YOSHIKIは、盲目の天才ドラマー少年の夢を叶えるべく、アメリカ・ロサンゼルスから、ライブパフォーマンスを終えた直後に日本武道館へ駆け付けたのだ。
    少年はX JAPANの大ヒット曲『紅』をドラムで演奏。
    続けて、同グループの『ENDLESS RAIN』では、少年がドラムを叩き、YOSHIKIがピアノを弾くという夢のセッションを実現。
    会場は感動の渦に包まれ、パフォーマンス時の視聴率は28.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

    x


    また、YOSHIKIは、番組の趣旨に賛同しノーギャラで出演したという。
    さらに、この日も自らステージで寄付金300万円の目録を手渡し、会場では盲目の少年に気を配りながら手を引く姿が印象的だった。
    そして、セットまでゆっくりエスコートする姿は大人として立派であり、世間からも絶賛の嵐である。

    しかしながら、YOSHIKIの若い頃の破天荒ぶりには、伝説に残るエピソードが多々ある。
    些細な理由で激高し、収録や撮影の予定をドタキャンするなど、大の大人の対応とは程遠い横暴ぶりであった。
    特に遅刻に関しては常習癖があり、業界でも有名な話。
    だが、この遅刻が先輩ギタリストの布袋寅泰を激怒させた事件が起こり、以降両者は共演NGといわれてきた。

    1994年、奈良の東大寺にて『The Great Music Experience』が開催された。
    出演アーティストは、ボブ・ディラン、ジョン・ボン・ジョヴィ、ジョニ・ミッチェル、クイーンのドラマーとして活躍したロジャー・テイラーなど、世界的に有名な顔ぶれが勢揃いした。
    日本代表としてエントリーされた中にいたのが布袋と、YOSHIKI率いるX Japanであった。

    事件は、そのリハーサルで起こった。
    大スターたちが定刻通りに集結し、最終確認を行う中、YOSHIKIは悪びれる様子もなく遅刻をして登場。
    そのわきまえのないYOSHIKIの態度が、布袋の導火線に火を付けた。

    コンサート終了後の打ち上げで、布袋の元へ挨拶に来たYOSHIKIに対し、「Xってのは何だよ!?」と息巻いたという。

    当然、因縁を付けられたYOSHIKIは即座に応戦し、先輩の布袋に殴り掛かったと報じられた。

    「慌てて仲裁に入ったスタッフによって、その場は何とか収拾したものの、YOSHIKIの怒りは収まらなかったそうです。
    打ち上げで酒に酔った勢いもあって、布袋が宿泊するホテルに出向き、「布袋、出てこーい!」と怒鳴り散らし、以降両者を共演させることはなくなったと言います」(芸能関係者)

    だが、2016年に音楽界からのノーベル文学賞が決定したボブ・ディランについてコメントを求められたYOSHIKIは、「スゴいですよね。僕らみたいなアーティストがノーベル賞に認められたのは画期的。
    宇宙のような賞と感じていた。
    全アーティストにとって新たな扉が開けた」と感慨にひたった。

    さらに、記者からディランとの接点について質問されると「共演したことはあります」と応え、前出の東大寺での音楽イベントを振り返り、「ボン・ジョヴィとか布袋さんとか」と、絶縁状態であるはずの布袋の名前を口にしたのだ。
    そんなYOSHIKIに、多くのファンおよび音楽関係者が驚嘆し、布袋との一件は、すでに和解したのではとまで囁かれた。

    今年、53歳を迎えるYOSHIKIだが、到底老いを感じさせない。
    血の気がみなぎっていた20代、30代とは一変し、“奉仕の心”そのもので挑む今回の出演はなかなかできることではない。
    YOSHIKIこそ、日本を代表するビッグアーティストとして、これからも世界中を駆け巡り、いつかディランの右に出る音楽家となることを期待したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1513867/

    所長見解:布袋さん・・・

    【【犬猿の仲】YOSHIKIと布袋寅泰は和解したのか・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    X JAPAN・YOSHIKIの“ディナーショー”が好調だ。
    開催5周年を迎えた今年は、ディナーショー公演に予約が殺到したため、朝に開催する「ブレックファーストショー」3公演を急きょ追加したほど。
    だが、そもそもYOSHIKI自体、“THEロックスター”的なイメージが強く、ディナーショーと言えば“大御所ベテラン歌手”、参加者も“年配の富裕層”という一般的なイメージとは真逆。
    最近のディナーショーは、ひと昔前と比べると多様化しており、タレント色の強いプレミアムな“ライブイベント”と化している傾向にある。


    ■ロックスターYOSHIKIのディナーショーが絶好調、ディナーショーが再評価

    YOSHIKIのディナーショーは、正式名称が「EVENING WITH YOSHIKI 2018 IN TOKYO JAPAN 4DAYS 5TH YEAR ANNIVERSARY SPECIAL」。
    今年は5周年記念として、当初は7月13日~16日の4日間、グランドハイアット東京で開催する予定だった。
    ところが発売開始直後にソールドアウトしたことから、急きょ14日~16日の午前中に「ブレックファーストショー」を3公演追加し、全7公演となったのである。

    チケット料金は、「5万円を超えるのは超大物クラス」とされるディナーショー界の常識をはるかに凌駕する「8万6400円(税込)」。
    だがその内容は、料理はすべてYOSHIKIプロデュース、キティちゃんとコラボしたYOSHIKITYが登場し、YOSHIKIMONOのファッションショーも行なわれ、極めつけはYOSHIKI自作のワインがお土産につくなど、まさにYOSHIKIずくめ。

    ショーの内容はピアノ演奏だけではなく、ドラムソロも披露。
    ラストのカーテンコールでは超至近近距離でファンたちが囲む…となれば、ファンにとってはこの値段でも“お買い得”なのかもしれない。
    ちなみにこのディナーショーには、元メジャーリーグのスター選手であるバリー・ボンズや、元FCバルセロナでスペイン代表サッカー選手、ジェラール・ピケもゲストとして来場し、セレブ感満載のショーだったようだ。

    y


    ■高額のディナーショー、今も昔も、そのお値段はタレントの“格”で千差万別 

    日本におけるディナーショーの草分けは、五木ひろしと言われている。
    以降、美川憲一や石川さゆりなどの演歌歌手に続き、加山雄三、さだまさし、鈴木雅之といった大御所シンガーもディナーショーを開催、郷ひろみのほか松田聖子、工藤静香などの“80年代アイドル組”も進出すると完全に定番化した。
    とは言え、ディナーショーは基本的に“格”のあるタレントでなければできないものであり、逆に言えば、ディナーショーが開けるということは、一流芸能人に仲間入りしたという“基準”でもあったのだ。

    そして、その“格”もディナーショーのチケット料金に反映され、五木ひろしや松田聖子などのトップクラスは4~5万円レベルで“高値安定”、2016年に7年ぶりにディナーショーを開催した中森明菜もプラチナチケットとなり、最高5万円のチケットは即完売した。
    年末ともなると、その年の最も高額なディナーショーがメディアで話題に上がることが、今や年末の“風物詩”ともなっているのである。

    しかし、若い世代にとっては、ディナーショーはあくまで年配が参加するものというイメージがあり、実際、チケット代も若者が気軽に参加できる額ではない。
    YOSHIKIの8万6400円にしても現時点では今年の最高額であり、仮に1公演300席とすると、7月の7公演で1億7000万を売り上げたことになる。
    それでいてハコ(会場)は小規模、コストがかる大がかりなステージセットも物理的に設置できず(ホテルの宴会場ではスペース的に限界がある)、あくまでもタレントと客の“距離が近い”ことを最大のウリにするという、制作側やタレントにとってディナーショーとは、大切な“稼げるコンテンツ”でもあるのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000360-oric-ent
    続く


    所長見解:高いな・・・

    【【YOSHIKIも開催】今や高齢層向けではない「ディナーショー」がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    音楽バンド『X JAPAN』のYOSHIKIが、ニコニコ動画の公式チャンネル『YOSHIKI CHANNEL』で、『YOSHIKI feat. HYDE』としてテレビアニメ『進撃の巨人 Season3』(NHK)のオープニングテーマ曲『Red Swan』をリリースすると発表した。
    YOSHIKIがボーカルにX JAPANのToshIではなく、『L’Arc~en~Ciel 』のHYDEを選んだことで不仲説が噴出している。

    HYDEとのユニットが結成されたにあたって、週刊誌やネットメディアではYOSHIKIとToshIの不仲説が取り沙汰されるようになり、それを知っているYOSHIKIもネット番組の中でわざわざ「今回の件で変な事をネットに書くようなところは、自分についている国際弁護団で訴える準備をしているよ(笑)」とジョーク交じりに言及した。

    確かにボーカルはHYDEではなく、ToshIの方が自然であることは間違いないだろう。
    今回はなぜToshIが起用されなかったのか。

    t


    「けんかはよくあること」

    「一度は和解したYOSHIKIとToshIの関係が最近はうまくいっていないことは事実です。ToshIがバラエティー番組に出まくっていることをYOSHIKIが面白く思ってないなどと言われていますが、それはちょっと違います。
    なぜならYOSHIKIもバラエティー番組に出ているからです。
    むしろ自分より目立つようになり、嫉妬していると言ったほうが正しいかもしれません(笑)」(バンド関係者)

    これをきっかけに再結成されたX JAPANが再び頓挫してしまうかと言えば、決してそんなことはないという。

    「YOSHIKIとToshIはもともと同級生で、けんかはよくあること。
    放っておけばそのうち収まるでしょう」(レコード会社関係者)

    注目の楽曲でToshIを外したことでYOSHIKIの溜飲が下がれば、和解に向かって動き出しそうだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-58051/


    所長見解:たしかに・・・

    【【X JAPAN】 YOSHIKIとToshIが不仲になった「本当の理由」がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    X JAPAN新曲にToshl不在“方向性の違い”以上に深刻な問題
     
    X


    待望の新曲発表。
    だが、ファンからは歓声ではなく悲鳴が上がっている。
    7月22日から放送が始まるアニメ『進撃の巨人 Season3』(NHK)。
    その主題歌をX JAPANが担当することが発表された。
    X JAPANにとっては約3年ぶりの新曲で、シングルCDとして発売されるのは実に20年ぶり。
    しかも累計発行部数が7100万部を超える世界的な人気アニメとのコラボだけに、ファンにとっては何よりの吉報のはずだった。

    ところが──。

    新曲名は『Red Swan』。
    グループ名は『X JAPANfeat.HYDE』で、ボーカルはL'Arc~en~CielのHYDE。

    《今、某所で#レコーディング中》というコメントが添えられたリーダーのYOSHIKIが更新したインスタグラムの“集合写真”には、X JAPANの他のメンバーは揃っているのに、グループ唯一無二のボーカル・Toshl(52才)の姿がなかったのだ。

    騒然としたファンからは、「Toshlくんがいない」「こんなのX JAPANじゃない!」「裏切られた気持ちです」という悲鳴にも似たコメントが殺到した。


    ◆YOSHIKIとは今いちばん仲がいい
     
    メンバーの中でも、YOSHIKIとToshlとの結びつきはとりわけ深い。
    2人は幼稚園の頃からの幼なじみで、小学校から高校まで同じ学校に通った。

    小学6年生にして共にバンドを組み、高校2年生の時に前身となる『X』を結成した。
    Xはインディーズ時代からビジュアル系バンドとして熱烈なファンを獲得し、1989年にメジャーデビューするや大ブレーク。
    メジャー1作目のシングル『紅』で日本ゴールドディスク大賞などさまざまな賞を獲得した。

    『紅』は、現在NTTドコモのCMで女優の高畑充希(26才)が熱唱しているあの曲で、X JAPANファンの間でも人気が高い曲の1つだ。

    https://www.news-postseven.com/archives/20180719_722455.html 


    所長見解:またなのか・・・

    【【Toshl不在】X JAPANの新曲もボーカルはラルクのHYDE ←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIが8日、自身のツイッターを更新し、女優の高畑充希(26)が「紅」を熱唱するNTTドコモのCMについてツイートした。

    YOSHIKIは、CMの動画をアップし「Wow…びっくりした。。なんか凄い…いい意味で!」とつづった。

    y


    高畑が「紅」を熱唱するこのCMはSNS上で話題となっており、ラッパーのKREVA(42)主催のライブイベント「908FESTIVAL2018」(8月31日、日本武道館)に出演することを高畑が自身のインスタグラムで告知すると、フォロワーからは「歌手活動!?」「生歌声聞きたい!」「紅歌って欲しいですね CMみたいに」「紅うたいますか?」「せっかくですから『紅』聞きたい!」などの声が続々と集まるなど反響を呼んでいる。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14980745/


    所長見解:知らなかったのか・・・

    【【話題のCM】YOSHIKI、熱唱する高畑充希CMを見た結果wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ