ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    Toshl

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Y!mobileの新しいテレビCM「Y!BAND結成」篇の放送が2月1日に開始。

    このCMにToshl(X JAPAN)と新垣隆(ジェニーハイ)が出演することが明らかになった。

    このCMは学校の教室を舞台に、教師役の吉岡里帆から転校生として紹介されたToshlが「みんな、バンドやろうぜ!」と呼びかけるという内容。

    b


    Toshlがボーカル、新垣がキーボード、吉岡がギター、猫のふてニャンがドラム、そして芦田愛菜が縦笛を担当するバンドが結成される。

    CM内で彼らは演奏しながら振り付けに合わせてダンスも披露しており、Toshlは撮影後に「“ニャー”の部分がガッキー(新垣隆)みたいにうまくできなかった」と反省。

    一方で演奏に関しては「十分、日本武道館を狙えるレベルですね」と満足した様子で、新垣も「そうですね、やるからにはがんばりましょう!」と意欲を見せた。

    https://natalie.mu/music/news/318081


    所長見解:ガッキ-・・・

    【【これは豪華】 ガッキ-、吉岡里帆、芦田愛菜がバンドを結成した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Toshlが初めてのカバーアルバム「IM A SINGER」を発表した。

    バラエティー番組で果敢に笑いをとり、スイーツ本を出したり、YouTuberとしてデビューしたり…。

    予測不能な活躍ぶりを見せるToshlに、本業のシンガーとしての覚悟や、未知の世界へ挑み続ける理由を聞いた。

    t


    苗字があった方が
    ――最近、「龍玄とし」と改名されました。何かキッカケがあったのでしょうか。

    龍玄としっていう名前は、今年のお正月からですね。
    作家活動をする時とか、コンサートの時とかに使っています。

    今年に入って、テレビ番組とか音楽プロデュースとかいろんなことをやっていて。
    実はいまも小説を書いたり、絵を描き始めたりしてるんです。

    いままでの自分のカテゴリー以外のところに、どんどんチャレンジしていこうと。「Toshl」っていう名前でもいいんですけど、苗字があった方が単純にいいかなって。

    「トシ」って聞くと、世代によってはトシちゃん(田原俊彦さん)がまず先に浮かぶ人もいますから(笑)

    別にこだわっているわけではなくて、場合によって、今回のアルバムみたいにToshl名義にする時もありますよ。


    心機一転、強そうな名前に
    ――意味合いとしては、青龍の「龍」に玄武の「玄」で、龍玄?

    そうなんです。心機一転、強そうな名前がいいなと。
    「四神」が二つ入ってるので、縁起がいいですよね。


    ――全部漢字の中国バージョンもあって、それだと「龍弦虎憧」なんですね。

    中国版は「玄」を弓へんの「弦」にして、としは「虎憧」としました。
    虎は当然、「白虎」(四神の一つ)の意味もあります。

    それから、僕はファンの人たちのことを「Toshlove(トシラブ)」と呼んでるんですけど、「トシラブ」を略して虎。トシラブが憧れるToshlだから「虎憧」です。

    これから中国でも活動していくなかで、ちょっと名前を考えてみようかなと。
    そういうのも全部、遊びというか。
    みんなが楽しく盛り上がれる感じで、名前がつけられたらいいなって。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00010000-bfj-ent&p


    所長見解:大丈夫?・・・

    【【X JAPAN】Toshlが「龍玄とし」に改名した理由がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    音楽バンド『X JAPAN』のYOSHIKIが、ニコニコ動画の公式チャンネル『YOSHIKI CHANNEL』で、『YOSHIKI feat. HYDE』としてテレビアニメ『進撃の巨人 Season3』(NHK)のオープニングテーマ曲『Red Swan』をリリースすると発表した。
    YOSHIKIがボーカルにX JAPANのToshIではなく、『L’Arc~en~Ciel 』のHYDEを選んだことで不仲説が噴出している。

    HYDEとのユニットが結成されたにあたって、週刊誌やネットメディアではYOSHIKIとToshIの不仲説が取り沙汰されるようになり、それを知っているYOSHIKIもネット番組の中でわざわざ「今回の件で変な事をネットに書くようなところは、自分についている国際弁護団で訴える準備をしているよ(笑)」とジョーク交じりに言及した。

    確かにボーカルはHYDEではなく、ToshIの方が自然であることは間違いないだろう。
    今回はなぜToshIが起用されなかったのか。

    t


    「けんかはよくあること」

    「一度は和解したYOSHIKIとToshIの関係が最近はうまくいっていないことは事実です。ToshIがバラエティー番組に出まくっていることをYOSHIKIが面白く思ってないなどと言われていますが、それはちょっと違います。
    なぜならYOSHIKIもバラエティー番組に出ているからです。
    むしろ自分より目立つようになり、嫉妬していると言ったほうが正しいかもしれません(笑)」(バンド関係者)

    これをきっかけに再結成されたX JAPANが再び頓挫してしまうかと言えば、決してそんなことはないという。

    「YOSHIKIとToshIはもともと同級生で、けんかはよくあること。
    放っておけばそのうち収まるでしょう」(レコード会社関係者)

    注目の楽曲でToshIを外したことでYOSHIKIの溜飲が下がれば、和解に向かって動き出しそうだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-58051/


    所長見解:たしかに・・・

    【【X JAPAN】 YOSHIKIとToshIが不仲になった「本当の理由」がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    X JAPAN新曲にToshl不在“方向性の違い”以上に深刻な問題
     
    X


    待望の新曲発表。
    だが、ファンからは歓声ではなく悲鳴が上がっている。
    7月22日から放送が始まるアニメ『進撃の巨人 Season3』(NHK)。
    その主題歌をX JAPANが担当することが発表された。
    X JAPANにとっては約3年ぶりの新曲で、シングルCDとして発売されるのは実に20年ぶり。
    しかも累計発行部数が7100万部を超える世界的な人気アニメとのコラボだけに、ファンにとっては何よりの吉報のはずだった。

    ところが──。

    新曲名は『Red Swan』。
    グループ名は『X JAPANfeat.HYDE』で、ボーカルはL'Arc~en~CielのHYDE。

    《今、某所で#レコーディング中》というコメントが添えられたリーダーのYOSHIKIが更新したインスタグラムの“集合写真”には、X JAPANの他のメンバーは揃っているのに、グループ唯一無二のボーカル・Toshl(52才)の姿がなかったのだ。

    騒然としたファンからは、「Toshlくんがいない」「こんなのX JAPANじゃない!」「裏切られた気持ちです」という悲鳴にも似たコメントが殺到した。


    ◆YOSHIKIとは今いちばん仲がいい
     
    メンバーの中でも、YOSHIKIとToshlとの結びつきはとりわけ深い。
    2人は幼稚園の頃からの幼なじみで、小学校から高校まで同じ学校に通った。

    小学6年生にして共にバンドを組み、高校2年生の時に前身となる『X』を結成した。
    Xはインディーズ時代からビジュアル系バンドとして熱烈なファンを獲得し、1989年にメジャーデビューするや大ブレーク。
    メジャー1作目のシングル『紅』で日本ゴールドディスク大賞などさまざまな賞を獲得した。

    『紅』は、現在NTTドコモのCMで女優の高畑充希(26才)が熱唱しているあの曲で、X JAPANファンの間でも人気が高い曲の1つだ。

    https://www.news-postseven.com/archives/20180719_722455.html 


    所長見解:またなのか・・・

    【【Toshl不在】X JAPANの新曲もボーカルはラルクのHYDE ←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    X JAPAN再び分裂危機 ルナフェスにYOSHIKI単独出演の深刻事情

    ロック界のカリスマに新たな“火種”が勃発か――。
    日本のロックバンドが集う音楽フェス「LUNATIC FEST.2018」(以下、ルナフェス)が23、24日に千葉・幕張メッセで行われる。
    今年もそうそうたる顔ぶれが出揃ったが、人気ロックバンド「X JAPAN」の名前はなく、YOSHIKI(年齢非公表)が単独で出る。

    なぜバンドとして出ないのか? 
    実は、舞台裏ではボーカルToshl(52)とYOSHIKIの、のっぴきならない“事件”が発生していたのだ。

    y


    ロックバンド「LUNA SEA」が主宰するルナフェスは2015年に第1回を開催し、今回で2回目。
    ラインアップにはLOUDNESSやGLAY、大黒摩季など大御所も名を連ねているだけに、約6万人を動員した前回同様、大変な盛り上がりになることだろう。

    音楽関係者が語る。

    「もうモッシュ(興奮した観客が密集した状態で体をぶつけ合うこと)やダイブ、ヘドバン(リズムに合わせて頭を上下に振ること)の雨アラレですからね。
    中にはスリや痴漢の被害に遭ったファンもいたとか。今回も激しいライブになりそうですよ」

    ところが、ファンや関係者が不思議がっていることがある。
    それは「X JAPAN」は出演せず、YOSHIKIが単独出演することになったからだ。
    同関係者は「もともと『LUNA SEA』にとって『X JAPAN』は自分たちを育ててくれた“親”であり“師匠”なんです。
    他界したHIDEの後釜をギタリストのSUGIZOが担っていることからも明らか。
    そんなかわいい後輩のフェスに、バンドとして出演しないというのはあり得ないんですよ」と言う。

    実は、その舞台裏ではのっぴきならない事態が勃発していたのだ。

    内情を知る芸能関係者が明かす。

    「もともとはバンドとして出演する方向だったんです。
    そしたらToshlが法外なギャラを要求し『払えないんなら出ない』と言いだした。
    交渉してもまったく折り合わず、かといってボーカルのToshlを除いて出演するわけにもいかない。
    結局YOSHIKIだけの出演になったというわけです。
    後輩の顔を潰すことになったため、YOSHIKIはほぼノーギャラにしたといいます。
    義理堅い人間ですからね」

    ただ、今回の件でYOSHIKIははらわたが煮えくり返っているという。

    同関係者が続ける。

    「最近、Toshlがバラエティー番組にやたら出演しているというのもバンドのブランドイメージとしていかがなものなんでしょうか。
    『X JAPAN』のカリスマボーカリストが芸人にイジられまくってますからね。
    なぜそこまでしなければいけないのか周囲は理解に苦しんでいるのです」

    たしかに、ここのところToshlはすっかり“バラエティータレント”と化している。
    ある番組で遺体役になったかと思えば、別の番組ではお笑い芸人くっきー、レイザーラモンRGとネタを披露。
    占い師の銀座の母からは言いたい放題言われて、もはやカリスマボーカリストとしての面目はない。

    「世間に親近感を抱かせていると言えば聞こえはいいですけど、ただ笑われているだけですからね。
    ステージで『行くぞー!』とシャウトしても、『プッ』と噴き出されたらロックのライブが成立しません。
    YOSHIKIも不快感を抱いているとみられます」(同関係者)

    一見、友好的な関係の2人だが、YOSHIKIのToshlへの不信感は強くなりつつあるという。
    場合によっては、「X JAPAN」の“空中分解”もあるかも!?

    カリスマバンドはいったいどうなってしまうのだろうか。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1046086/ 


    所長見解:カリスマか?・・・

    【【金銭問題】X JAPAN、YOSHIKIとToshlの新たな亀裂がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ