ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:TOKIO

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「4月25日、TOKIOの山口達也さんが未成年女性に対する強制わいせつ容疑で書類送検されていたことが報道され、大騒ぎになりました」(スポーツ紙記者)

    事件が起きていたときは泥酔状態だったことから、謝罪会見後、すぐにアルコール依存症の治療のため入院となった山口。
    5月6日には、ジャニーズ事務所との契約解除が発表され、一時は元妻と息子たちが暮らしているハワイへ移住するのではないかという報道もあった。

    y


    特別待遇での入院

    あれから3か月。
    現在は都内近郊の“リゾート心療内科”とも呼ばれている病院で療養しているという。

    「ここで“双極性障害”、いわゆる躁うつ病の治療をしていると『女性自身』に報じられていますが、悪化の一途をたどっているそうです。
    それもそうですよ、彼が本当に向き合わなければならないのはアルコール依存症なんですから」(芸能プロ関係者)

    しかし、この躁うつ病を治療している病院の前に、短期間だけ入院していた場所があった。
    それは、地元の人でも近づくのに躊躇するという、東京近郊のアルコール依存症治療に定評のある病院だ。

    「騒動から2週間くらいたったころに、山口さんが入院しに来ていましたよ。
    帽子にサングラス姿で完全防備だったから、逆に目立ってました。
    ここはアルコール依存症患者にとって“最後の砦”なんて言われるところですからね」(近隣住民)

    実はここ、山口が事件を起こす前に肝臓を壊して1か月ほど入院していた病院であり、'16年の離婚後に、月に1回程度カウンセリングで通院していると女性誌で報道されたところだった。

    彼にとっては、いわば“かかりつけ医”のような場所で、願わくばここでずっと治療を続けたいと思っていたようだ。

    「しかし、長く入院しようにも一部報道で場所がバレてしまった。
    離婚後の通院時から個室でVIP扱いだったようですが、事件後の入院は1か月ほどだったようです」(前出・芸能プロ関係者)

    特別待遇だったとはいえ、この病院はプライバシーへの配慮が、現在入院しているところに比べればかなり劣ってしまう。

    「駐車場が丸見えで、入院患者の間では山口さんがいることは有名になってしまっていました。
    病室まで知れ渡っていたときがありましたから、彼も安心できなかったんでしょうね」(前出・近隣住民)

    アルコール依存症は完治することが難しい病。
    周囲の目を気にするより、しっかり病と向き合うことが最優先ではないのだろうか─。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00013011-jprime-ent


    所長見解:どうやろね・・・

    【【元TOKIO】山口達也さん、閉鎖病棟から転院した結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    未成年に対するわいせつ問題でジャニーズ事務所を解雇された元『TOKIO』のメンバー、山口達也の近況を一部女性誌が報道。
    波紋を呼んでいる。

    女性誌によると、山口は現在、都内の病院に入院中。
    双極性障害を発症し治療に専念しているという。

    「双極性障害とは、昔でいう『そううつ病』ですね。
    気分が異常に陽気になったり、逆に沈み込んだり。
    山口は極度のアルコール依存症で入院したという話はありましたけれど、どうも症状は違うようです」(芸能ライター)

    女性誌は、山口の病状は重く、医療スタッフが数人がかりで治療に当たっていることや、山口が「死にたい」と漏らしていることまで詳報している。

    「不思議なのは、女性誌は山口が心療内科の専門病院に入院していると完全に特定している点。
    病院が通院を含めた患者の個人情報を守るのは当たり前のことですが、精神的な病となると、より一層厳重な守秘が求められる。
    それにもかかわらず、病状まで漏れ伝わっている。
    これが事実だとしたら、山口もとんでもない病院に入院したものです」(同・ライター)

    しかも、山口は事務所に未練があるらしく、事務所の先輩である近藤真彦に「あのころはよかった」と感謝をしているというのだ。

    「病状もバレているし、マッチに感謝していることまで入手しているなんて、常識じゃ考えられない。
    病院の人間が漏らしていなければ、どうして女性誌はそんなことまで知り得たのか。
    記事を見る限り、やたら山口寄りでかわいそうだというトーンに仕上がっているのも、どこか変です」(ジャニーズライター)

    この女性誌報道に一部の芸能サイトも疑問を呈した。…

    近藤への感謝話は「怪しい」というのだ。

    y


    ■ 世話になった東山に言及しないのはおかしい

    「山口はマイナーな時代に東山紀之のマンションに居候していたのは有名な話。
    事務所では東山に一番世話になっている。
    そのころ、すでにマッチは雲上人で、山口の面倒を見るようなレベルではなかった。
    だからこそ、東山の話をしていないのはおかしいと見ている芸能サイトがあるのです。
    説得力のある話です」(同・ライター)

    どうやら今回の記事には裏がありそうだ。

    「ジャニーズ事務所の山口シンパが、事務所序列トップのマッチに『反省しています、戻してください』とメッセージを送ったのだと思います。
    マッチが許せば、すぐにメリー副社長に話が上がる。
    そうなれば事務所に戻す算段も出来上がる。女性誌は山口シンパの代弁者ということでしょう」(同・ライター)

    山口は仮病で、要するにただのワイセツ魔であったとしたら――。
    とにもかくにも、病院は患者のプライバシーをちゃんと守るようにしてほしいものだ。

    https://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180731/Myjitsu_058249.html


    所長見解:たしかに・・・

    【【あの人は今】元TOKIO・山口達也の詳しい病状がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    29日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、安室奈美恵とイモトアヤコが夢の対面を果たした。
    平均視聴率は21.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)をマークしたのは周知の通り。
    瞬間最高視聴率は、番組終盤の午後8時49~51分に記録した24.9%だった。

    だが一方で、すっかり影が薄くなったのが午後7時台の『ザ!鉄腕!DASH!!』だ。

    t


    「7月8~29日の4回の視聴率は13.9%、14.0%、13.6%、13.8%。
    今まで日本テレビの週間視聴率ではトップ3に必ず入っていたのですが、それを逃すことも多くなってきました」(芸能ライター)

    それに対し、午後8時台の『イッテQ』はどうか。
    8日は18.8%。15日は17.3%、22日は20.3%と、明らかに午後8時になってからチャンネルを合わせる人が増えている。

    「特徴的なのは『DASH』の裏番組の視聴率が上がっていないのに『DASH』だけ数字が下がっているということです。
    テレビ朝日が不定期で放送する『所&林修のポツンと一軒家』が2ケタをマークすることもありますが、裏番組が強くなったわけではありません。
    単に視聴者が『DASH』を見ないようになったのでしょう」(同)

    対して、『イッテQ』の裏はNHKの大河ドラマ『西郷どん』。
    毎週11~12%と低調だが、2ケタには必ず乗せてくる。
    そんなライバルが裏に控える中でも20%を超えるのは、『イッテQ』が力を持っている証拠だろう。

    元TOKIOのメンバー・山口達也氏が強制わいせつの容疑で書類送検されてから初のオンエアとなった5月13日の回は20.8%を記録した。
    あれから3か月近く経つ。
    事件を思い出して視聴者が離れているのか?

    「山口さんはDASH島の作業やDASH海岸での調査には欠かせない人物でした。
    今、それが立ち行かなくなっていることが、番組の人気を鈍らせている原因でしょうか」(同)

    今後の『DASH』はどうなるのだろうか……。

    https://npn.co.jp/article/detail/02628335/


    所長見解:飽きたよな・・・

    【【あの事件】「鉄腕DASH」が低視聴率になった理由がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「山口さんの病室は、2LDK。家具もなくガランとした殺風景な部屋ですごしています。
    そんななか、時折つぶやくそうです。
    『早く、死にたい』と……。
    あまりに悲痛な声で訴えるため、今は病院のスタッフが3人ほどついて交代で見張っているそうです」(山口の知人)

    no title


    未成年女性への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となった元TOKIOの山口達也(46)。あれから3カ月。
    現在は東京近郊にある心療内科専門病院で療養生活を送っているが、死をほのめかすほど危険な状態にあるというのだ。
    一部報道によると、山口が治療している病名は双極性障害。
    いわゆる“躁うつ病”だという。

    「普段は、本当に手が掛からない状態だそうです。
    ただ時々思い出したように『俺なんか、このまま生きていてもしょうがない』と漏らすそうで。
    別の日には壁に向かって何やら考えごとをした後、感情豊かに笑っていたこともあったと聞きました」(前出・山口の知人)

    あの快活だった山口とは思えないほどの“激変”ぶり。
    ジャニーズ事務所時代とのギャップに打ちのめされるようで、こんな“未練”を漏らすことも。

    「山口さんは『あのころは良かったな。楽しかった……』と話すそうです。
    特によく出てくるのは、ジャニーズ事務所の先輩だった近藤真彦さん(54)の話。
    『マッチさんには、本当に可愛がってもらった。何もわからない僕に、芸能界のイロハを手取り足取り教えてくれた。今でもすごく感謝している……』と漏らしているそうです」(前出・山口の知人)

    躁うつ病に加え、未来の見えない毎日に苦しむ山口。
    「もりしたクリニック」の森下克也院長も現状について「山口さんの精神状態はかなり不安定になっているといえます」と分析する。
    だが適切な治療を続けさえすれば、改善の余地はあるという。

    「まず大切なのは、周囲がしっかり彼の話を聞いてあげること。
    『そんなこと言わないで』と否定するのではなく、受け止めてあげるのです。
    その上で会話を重ね、カウンセリング。
    薬物治療も行っているでしょうから、そうしたアプローチによって状況は好転していくはずです。
    医療スタッフと二人三脚でやれば、社会復帰の可能性も充分にあるでしょう」

    実際、山口自身も前を向こうと努力していた。

    「山口さんは定期的にスパ・トリートメントの施術を受けているといいます。
    ストレスで凝り固まった患部を、時間を掛けて丁寧に懲り解していくというもの。
    いつも楽しみにしているそうです。
    さらに気分が落ち着かないときには、積極的にヒーリングの治療も受けているみたいです」(前出・山口の知人)

    4月26日に謝罪会見を開いた際、山口は涙ながらに「先のことは考えられません……」と語っていた。
    まずは心身の回復を、願うばかりだ。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180724-00010002-jisin-ent

    所長見解:なんやろね・・・

    【【あの人は今】元TOKIO・山口達也 病室で「死にたい」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    山口達也が“5億円豪邸”売却へ 収入失い債務で資金が枯渇

    > 土地面積359平方メートル(約108坪)
    > 鉄筋コンクリート地下1階地上2階の6SLDK
    > 49平方メートルのルーフバルコニーに18・2畳のオープンキッチン
    > 平成28(2016)年2月に完成
    > 複数の車が駐車できるガレージ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000015-nkgendai-ent

    価格52,800万円
    所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目
    築年月 2016年2月(築2年5ヶ月)
    木造 地上2階地下1階建
    土地面積 実測 359.46㎡
    駐車場5台以上可・デザイナーズ
    高級システムキッチン・輸入ジャグジー
    バルコニー:60.00㎡
    主要採光面:南向き
    情報公開日2018/06/05
    https://rabbynet.zennichi.or.jp/buy/house/5840419764/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    所長見解:すげえな・・・

    【【内覧できます】元TOKIO・山口メンバーが売りに出した5億円の家がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ