ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:TOKIO

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    盤石に思われた”ジャニーズ帝国”に、いま「亀裂」が走っている。
    内部分裂に繋がりかねない、造反の種が芽吹きつつあるという。

    「ファンたちの間で、TOKIO・長瀬智也(39)がジャニーズ側にTOKIOの事務所を設立したいと申し出たという噂が話題になっています。
    TOKIO・山口達也(46)の追放で『鉄腕DASH!』(日本テレビ系)は視聴率が低迷。
    彼らのメインである、音楽活動も山口なしでは休止状態です。

    男気のある長瀬は、現体制よりも山口を復帰しやすくするため、自由に動けるTOKIO専門の事務所を作ろうと相談したというのです。
    正確には”独立”ではなく、エージェント契約を結ぶマネジメント会社のようなものだと思われます」(女性週刊誌記者)

    この噂が出た背景には、9月にジャニー喜多川社長(86)から”後継指名”を受けて電撃引退をした滝沢秀明(36)のある言葉があるという。
    滝沢は2018年10月4日号の『週刊新潮』(新潮社)でTOKIO・山口をはじめとする不祥事を次のように批判している。

    「これらの件については、僕は誰もが思うのと同じ感情を抱いています。
    ダメなものはダメだ。反省すべきところは反省すべき。
    ただ、それは別に会社が教えるべきことでもないとも思いますが。
    自分自身が、社会人として当然、学ぶべきことだったんじゃないかな、と」(引用)

    y


    ”教える”とか、”社会人として”など、たしかに後輩の意見とは思えない”上から目線”ではある。
    滝沢といえば、SMAPの独立騒動の時も、『事務所に感謝するのは当たり前。それをわからなかったら(SMAPメンバーは)アホでしょう』と事務所側に立つ発言をして物議をかもした。
    体育会系気質の長瀬としては、この発言も鼻についたのは想像に難くない。
    不祥事を許さない滝沢らの体制では山口の復帰がより厳しくなると考えたのかもしれない。

    「長瀬の提案は事務所にうまくかわされ無かったことにされるとは思います。
    しかし、問題は長瀬に続いて事務所に不満を持つ空気が蔓延してしまうことです。
    蟻の一穴のように、造反の声が続出することも懸念されます」(前出記者)

    屋台骨のSMAPが2016年12月の解散して以降、山口やNEWS・小山慶一郎(34)らのスキャンダルが続出。
    現在主力の嵐にも結婚ラッシュの波が来ようとしている。
    その一方で、独立した稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(41)が『新しい地図』で時代にマッチしたwebやCMで好調に活動している。
    上世代が詰まってる上、ネットすら解禁されないジャニーズの現況に不安を感じるジュニアたちも多いという。
    これでは独立を考える”造反”が起こっても不思議ではないだろう。

    ネット時代の大きなうねりの中、ジャニーズと男性アイドルの今後がどう変わるのか。
    行く末を見守りたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1540691/ 

    所長見解:ボロボロやん・・・

    【【TOKIO独立へ】長瀬智也を追い込んだ滝沢秀明新社長問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    末期や

    d


    所長見解:仕方ない・・・

    【【終了危機】鉄腕ダッシュ、もう手の施しようがないってよ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年4月、強制わいせつ容疑で書類送検され、5月に起訴猶予処分となった元TOKIOの山口達也(46)。
    5月6日にはジャニーズ事務所との契約も解除された。
    ハワイに移住するのではないかという報道もあったが、今、山口はどう過ごしているのか。

    「山口は実家に近い病院に緊急入院したとされましたが、その後、海と山に囲まれた別の病院に移ったようです。
    今は再び最初の病院に戻って、アルコール依存症の治療のため、療養生活を送っているといわれています。
    女性誌に“近影”が撮影されたのもこの病院です」(マスコミ関係者)

    y


    本紙は山口の肉声を聞くために8月上旬、病院へ向かった。
    都心から電車で1時間弱。
    さらに最寄り駅から車で十数分のところにある。
    近隣には、田んぼが多く、病院の関連施設とマンション、一軒家がポツポツと立っている。

    のどかな田園風景に立つ施設は、モダンな低層マンションといったたたずまい。
    レンガ調のタイル張りのベランダには木の葉がたくさん茂っていて外から中の様子をうかがうことはできない。
    至るところに監視カメラがあり、屋外の様子をうかがっていることが伝わってくる。
    セキュリティーがしっかりして、病院の入り口は封鎖されていた。要塞みたいだ。

    はたして、山口はここに本当に入院しているのか、病状はどうなのか。
    病院から出てきた事務長に聞いてみた。

    ――(元TOKIO)山口達也さんが入院していると聞きました。

    「入院していません」

    ――過去に入院していたことは? 今後入院する予定はありますか?

    「過去に入院していたことはありません。今後も予定はありません」

    事務長は完全に否定した。
    ただ、最近まで入院した患者にこんな話を聞くことができた。

    「5カ月間入院していましたが、山口さんとは一度も会ったことはありません。でも、この病院に入院しているという噂はよく聞きました」

    病院の近所の住民にも聞いてみると、「やっぱり、ここなのですか? 過去に芸能人の方が入院したときはマスコミの方がいっぱいきて騒ぎになっていたのですが、今回はひっそりしていたので、噂レベルだと思っていました」と驚いた様子。

    どうやら山口を間近で見た人は施設の近辺にはいないようだ。

    「施設内は個室が多く、バス、トイレ、洗面所などが完備されている。
    患者が部屋にこもっている場合は、長く入院している患者同士ですら面識がないケースもあるようです」(関係者)

    山口は本当にハワイにでも移住してしまったのか。
    あるいは別の病院に転院したのか。
    いずれにせよ、元気な姿を再び見てみたい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15161002/


    所長見解:もういいよ・・・

    【【元TOKIO】山口達也さんが療養中とされる施設を直撃した結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「4月25日、TOKIOの山口達也さんが未成年女性に対する強制わいせつ容疑で書類送検されていたことが報道され、大騒ぎになりました」(スポーツ紙記者)

    事件が起きていたときは泥酔状態だったことから、謝罪会見後、すぐにアルコール依存症の治療のため入院となった山口。
    5月6日には、ジャニーズ事務所との契約解除が発表され、一時は元妻と息子たちが暮らしているハワイへ移住するのではないかという報道もあった。

    y


    特別待遇での入院

    あれから3か月。
    現在は都内近郊の“リゾート心療内科”とも呼ばれている病院で療養しているという。

    「ここで“双極性障害”、いわゆる躁うつ病の治療をしていると『女性自身』に報じられていますが、悪化の一途をたどっているそうです。
    それもそうですよ、彼が本当に向き合わなければならないのはアルコール依存症なんですから」(芸能プロ関係者)

    しかし、この躁うつ病を治療している病院の前に、短期間だけ入院していた場所があった。
    それは、地元の人でも近づくのに躊躇するという、東京近郊のアルコール依存症治療に定評のある病院だ。

    「騒動から2週間くらいたったころに、山口さんが入院しに来ていましたよ。
    帽子にサングラス姿で完全防備だったから、逆に目立ってました。
    ここはアルコール依存症患者にとって“最後の砦”なんて言われるところですからね」(近隣住民)

    実はここ、山口が事件を起こす前に肝臓を壊して1か月ほど入院していた病院であり、'16年の離婚後に、月に1回程度カウンセリングで通院していると女性誌で報道されたところだった。

    彼にとっては、いわば“かかりつけ医”のような場所で、願わくばここでずっと治療を続けたいと思っていたようだ。

    「しかし、長く入院しようにも一部報道で場所がバレてしまった。
    離婚後の通院時から個室でVIP扱いだったようですが、事件後の入院は1か月ほどだったようです」(前出・芸能プロ関係者)

    特別待遇だったとはいえ、この病院はプライバシーへの配慮が、現在入院しているところに比べればかなり劣ってしまう。

    「駐車場が丸見えで、入院患者の間では山口さんがいることは有名になってしまっていました。
    病室まで知れ渡っていたときがありましたから、彼も安心できなかったんでしょうね」(前出・近隣住民)

    アルコール依存症は完治することが難しい病。
    周囲の目を気にするより、しっかり病と向き合うことが最優先ではないのだろうか─。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00013011-jprime-ent


    所長見解:どうやろね・・・

    【【元TOKIO】山口達也さん、閉鎖病棟から転院した結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    未成年に対するわいせつ問題でジャニーズ事務所を解雇された元『TOKIO』のメンバー、山口達也の近況を一部女性誌が報道。
    波紋を呼んでいる。

    女性誌によると、山口は現在、都内の病院に入院中。
    双極性障害を発症し治療に専念しているという。

    「双極性障害とは、昔でいう『そううつ病』ですね。
    気分が異常に陽気になったり、逆に沈み込んだり。
    山口は極度のアルコール依存症で入院したという話はありましたけれど、どうも症状は違うようです」(芸能ライター)

    女性誌は、山口の病状は重く、医療スタッフが数人がかりで治療に当たっていることや、山口が「死にたい」と漏らしていることまで詳報している。

    「不思議なのは、女性誌は山口が心療内科の専門病院に入院していると完全に特定している点。
    病院が通院を含めた患者の個人情報を守るのは当たり前のことですが、精神的な病となると、より一層厳重な守秘が求められる。
    それにもかかわらず、病状まで漏れ伝わっている。
    これが事実だとしたら、山口もとんでもない病院に入院したものです」(同・ライター)

    しかも、山口は事務所に未練があるらしく、事務所の先輩である近藤真彦に「あのころはよかった」と感謝をしているというのだ。

    「病状もバレているし、マッチに感謝していることまで入手しているなんて、常識じゃ考えられない。
    病院の人間が漏らしていなければ、どうして女性誌はそんなことまで知り得たのか。
    記事を見る限り、やたら山口寄りでかわいそうだというトーンに仕上がっているのも、どこか変です」(ジャニーズライター)

    この女性誌報道に一部の芸能サイトも疑問を呈した。…

    近藤への感謝話は「怪しい」というのだ。

    y


    ■ 世話になった東山に言及しないのはおかしい

    「山口はマイナーな時代に東山紀之のマンションに居候していたのは有名な話。
    事務所では東山に一番世話になっている。
    そのころ、すでにマッチは雲上人で、山口の面倒を見るようなレベルではなかった。
    だからこそ、東山の話をしていないのはおかしいと見ている芸能サイトがあるのです。
    説得力のある話です」(同・ライター)

    どうやら今回の記事には裏がありそうだ。

    「ジャニーズ事務所の山口シンパが、事務所序列トップのマッチに『反省しています、戻してください』とメッセージを送ったのだと思います。
    マッチが許せば、すぐにメリー副社長に話が上がる。
    そうなれば事務所に戻す算段も出来上がる。女性誌は山口シンパの代弁者ということでしょう」(同・ライター)

    山口は仮病で、要するにただのワイセツ魔であったとしたら――。
    とにもかくにも、病院は患者のプライバシーをちゃんと守るようにしてほしいものだ。

    https://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180731/Myjitsu_058249.html


    所長見解:たしかに・・・

    【【あの人は今】元TOKIO・山口達也の詳しい病状がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ