TBS

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    立川志らく『グッとラック!』視聴率0%台に転落目前で、TBSに待ち受ける”地獄絵図”


    落語家・立川志らくがメインキャスターを務める新情報番組『グッとラック!』(TBS系)が予想以上の大苦戦を強いられている。


    g

     
    初日(9月30日)の視聴率は第1部(御前8時~9時55分)が2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)、第2部(午前9時55分~10時25分)が2.4%。第1部においては、『ビビット』最終回(9月27日)の3.1%にも及ばなかった。

     
    2日目(10月1日)は第1部=2.6%、第2部=1.8%と後退。

    3日目(同2日)は第1部=2.3%、第2部=1.4%とさらに下げ、第2部に至っては0%台転落も現実味を帯びてきた。


    「終了した『ビビット』の視聴率は2~3%台。
    通常、新番組となれば、最初くらいはアップするものですが、まるで注目されていないことが露呈してしまいました。
    志らくは後番組『ひるおび!』で、辛口コメンテーターとして人気が得ましたが、“朝の顔”ではやはり難しい。
    その時間帯の主たる視聴者は主婦層ですが、とてもその層に支持されるとは思えません」(テレビ誌ライター)


    『グッとラック!』に関しては志らく以外でも、キャスティングにも疑問が残るという。 

    「イケメンの国山ハセンアナはともかく、原稿読みすらまともにできない新人の若林有子アナなど論外。
    『ちゃんと研修したの?』というレベル。
    このまま何も手を打たないと、本当に視聴率0%台まで落ちてしまう可能性は十分あるでしょうね。
    そもそも志らくがMCをまかせられるのに、『ひるおび!』も続投すること自体ナンセンスな話です。
    『グッとラック!』の希少性が出ませんから」(前出・ライター)


    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_218156/

    所長見解:見ないよね・・・

    【【悲報】立川志らく『グッとラック!』視聴率0%台になりそうってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月30日にスタートしたTBS系朝の情報番組「グッとラック!」の第1部(月~金曜・前8時~9時55分)の初回平均視聴率が2・9%だったことが1日分かった。


    9月27日で終了した「ビビット」(月~金・前8時)以来、4年半ぶりに朝の情報番組を刷新。

    「ビビット」最終回の平均視聴率3・1%には届かなかった。

    なお、午前9時55分~10時25分の第2部は2・4%だった。


    g


    「ビビット」(月~金・前8時)同局系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)で辛口コメンテーターとして話題の落語家・立川志らく(56)が司会を務め、国山ハセンアナ(28)と入社1年目の若林有子アナ(23)が出演する。

    志らくは初日に「「おはようございます。TBSの朝の新情報番組『グッとラック!』司会を務めさせて頂きますのは、着物を着たハリー・ポッターでございます。よろしくお願いします」とあいさつし、「コメンテーターもたくさんいますんで。あまり私がしゃべりすぎますと、もし、東さん(東国原英夫氏)がいたら怒鳴りつけられますんで。気を付けないと」と笑わせた。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000053-sph-ent


    立川志らく
    http://hochi.news/images/2019/10/01/20191001-OHT1I50050-L.jpg


    所長見解:そうなるよな・・・
    【【悲報】立川志らくの新番組「グッとラック!」の視聴率がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    あらかじめ準備していたトカゲを、あたかもその場で発見したかのように描いてしまった――。

    「クレイジージャーニー」のやらせ演出を受け、9月11日に調査結果を報告し謝罪したTBS。

    だがこの問題を告発した人物は、“TBSの嘘はまだある”と憤るのだ。


    z


    問題となったのは、今年8月放送のメキシコを訪れた回だった。

    やらせが露見した背景には、事情を知る人物によるTBSへの“通報”がある。

    その通報者の男性は、以下のように語るのだ。

    「私にはメキシコで動物商をやっている友人がいます。
    メキシコ人です。
    今年7月、彼から、加藤さんと一緒にトカゲを持っている写真が送られてきたんです」

     
    このメキシコの友人が、TBSの報告で〈現地の協力者〉とされた人物で、「加藤さん」とは、爬虫類ハンターとして出演していた加藤英明氏を指す。

    TBSは公表文書で“加藤氏はやらせを知らなかった”と、氏に対しても謝っていたのだが……。

    男性はその「嘘」を指摘する。

    「高価なトカゲもいますから、どこかに行ってしまったら困る。
    だから友人が撮影直前にケージからトカゲを出し、加藤さんが置いてほしいと言った場所に
    置いてあげたそうです」
     
    となれば、TBSが述べたところの

    〈協力者が個体を捕まえた場所に、ロケ当日か前日に個体を戻してもらうことを依頼〉

    〈本番時その場で捜索、捕獲していた〉

    という表現とも齟齬が生じてしまう。

     
    男性が訴えるように、加藤氏はやらせを知っていたのか? 

    当人に訊ねるも、〈取材はお受けしていません。TBSまでお問い合わせください〉と
    メールで回答するのみだ。

    9月26日発売の週刊新潮で、男性が語る「やらせの手法」を詳しく報じる。


    週刊新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190925-00584440-shincho-ent


    加藤英明氏と〈現地の協力者〉
    https://www.dailyshincho.com/wp-content/uploads/2019/09/1909251659_1.jpg

    所長見解:まあな・・・

    【【衝撃暴露】やらせ疑惑「クレイジージャーニー」まだあるTBSのウソがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    18日に更新されたキングコング・梶原雄太のYouTubeチャンネルに、メンタリストのDaiGoが出演。

    テレビ局から出禁にされた過去を話した。

    DaiGoといえば、自身のニコニコ動画チャンネルの会員数が10万人を超える「人気生主」だ。

    最近ではYouTubeでの動画を取り上げられることも増えているが、梶原から「テレビのオファーもえげつなくないですか?」と聞かれると、「最近『ダウンタウンDX』断りました」とあっさり告白。

    「ずっと楽しみにしてたレストランの予約があった」とのことで、テレビは「もう卒業しました」と語る。


    テレビを主軸しない理由について、「テレビの人とか中には一部上から目線の人もいたり」とし、テレビ朝日から出禁になったことを告白する流れに。


    過去にテレビ朝日の番組に出演した際、DaiGoの意図とは違う編集をされてしまったようで、「これはデメリットしかないから、本当に言いたかったことを書いたら『お前、出禁にするぞ』って脅された」と明かす。

    そこで、DaiGoがテレビで活躍していたときのテレビ朝日の出演比率は6%にも満たなかったことから「どうぞ出禁にしてください」と言ったところ、本当に出禁になったという。


    w


    「そんなん話しちゃっていいんですか?」と驚く梶原に、DaiGoは「あとTBSもありますね。TBSのあるプロデューサーにはですね、『お前、赤坂歩けなくしちゃうぞ』って…」とさらに暴露。

    梶原から「いやーあかんあかん。もう止まってDaiGoさん!」とツッコまれる。


    しらべぇでも既報のとおり、京都アニメーション放火殺人事件に関する、マスメディアの報道姿勢について怒りをあらわにしたDaiGo。

    その件について『サンデージャポン』(TBS系)でコメントを求められてVTR出演をする流れになった際には、「上の人」から圧力をかけられて出演がなくなったことを明かしていた。


    そういったテレビ業界の裏事情を歯に衣着せぬ発言で暴露していく姿に、ユーザーからは

    「なんでも言っちゃうDaiGoさんありがたいです!」
    「DaiGoさんの生き方かっこいい」

    と称賛の声が寄せられている。
    https://sirabee.com/2019/09/19/20162165348/ 



    所長見解:そっちね・・・

    【【怖ウィッシュ】DaiGo、テレ朝から「お前、出禁にするぞ」TBSからは「お前、赤坂歩けなくしちゃうぞ」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『クレイジージャーニー』よりひどい? 民放各局が抱える”やらせ&ステマ”まみれのグレー番組 


    スタッフが事前に準備していた生物をあたかもロケ中に発見したかのように捕獲するという“やらせ”が発覚し、放送休止となったTBS系『クレイジージャーニー』。

    同じくTBSでは、『消えた天才』においても少年の投球を早送りにして、実際よりも球速を速く見せる過剰な演出をし、こちらも放送休止となっている。


    「続けざまに発覚したやらせで、TBS内では大混乱です。
    両番組ともに番組終了は避けられない状況。
    さらには、ほかにも同様の“やらせ”がなかったか、局内では今一度演出のチェックをすることになるでしょう」(制作会社関係者)


    j

     
    確かに、やらせを疑われる番組は少なくない。

    たとえば、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(同)はその筆頭だろう。


    「有名人が扮装して素人の前に登場するドッキリなどは、明らかに不自然。
    一般人として登場した人がタレントの卵だったというケースもある。
    バラエティー的な演出とも捉えられますが、過剰な部分も多いです」(同)

     
    やり玉に挙げられそうなのは、TBSの番組だけではない。

    他局の番組についても、過剰な演出が問題視されている。


    「例えば、日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW』などは、あたかもその地域では当たり前となっている文化のように紹介されていたものが、そこまで一般的ではなかったなんていうケースが後を絶たない。
    さらに、番組内では一般家庭の夕食シーンが放送されることがありますが、明らかにテレビ用に用意した料理ばかりの時も多い。
    親戚一同が集まって食事しているシーンを“この県民ではこれが普通”なんていうふうに紹介するのは、ちょっとやりすぎです」(テレビ誌ライター)


    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_216570/

    所長見解:わかってるやんね・・・

    【【悲報】「やらせ」と「ステマ」まみれのグレー過ぎる番組がコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ