SNS

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    女さん「もうこのズボンとバッグは法律で作るの禁止して。不幸な人間を増やさないで」31001万いいね

    no title

    no title

    no title

    所長見解:あるな・・・
    【【悲報】女さん「もうこのズボンとバッグは法律で作るの禁止して。不幸な人間を増やさないで」←31001万いいねwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    職質から逃走&ひき逃げ 自称セレブ女31歳の「SNS虚飾人生」


    no title


    「彼女のフェイスブックには、サンディエゴ出身で、幼い頃にはハワイにある夜景の見える丘によく連れていってもらった、と書いてありますが、そんな話は本人から聞いたことがありません。
    彼女は子どもの頃からずっと神奈川県川崎市に住んでいたはずです。
    お嬢様でもなく、普通の家庭に育ったコ。
    ただ昔から自分独自の世界観の中で生きていましたね」

    中川真理紗容疑者(31)と10年来の友人であるAさんは本誌にそう明かす。


    5月20日、「不審者がいる」と通報を受けた警察官が、東京・品川区の路上で中川容疑者を職務質問した。

    すると、彼女はベンツに乗り込んで逃走。大田区内で歩道にいた会社員・高橋悠さん(34)をはねて死亡させた後、徒歩で近くのマンションに逃げ込んだところを逮捕された。

    理不尽極まりない事件である。

    中川容疑者は常日頃から、フェイスブックやインスタグラムで自らのセレブな生活をアピールしていた。

    ドバイやメキシコ、ラスベガスなどへの海外旅行や高級ホテルでのディナー、ベンツやアメックスのプラチナカードなど、華やかな写真をさかんに投稿。

    職業はモデル、コンサル、投資業を自称していた。

    だが、全国紙社会部記者はこう言う。

    「警察発表によれば、中川の仕事は『飲食店店員』。
    おそらく接客業でしょう。
    住所は川崎市内の市営住宅でした」


    本誌は中川容疑者の住まいを訪ねた。

    最寄り駅からバスで約10分、建物は築30年以上で家賃は5万円前後。

    事故を起こしたベンツは新車価格で2000万円以上である。

    ギャップは否めない。

    「市内のマンションからマリちゃんがここに引っ越してきたのは、彼女が中学生の頃でした。
    お父さんを早くに亡くし、お母さんと二人暮らしで、当時は大人しい女の子。
    裕福ではなかったでしょうが、お母さんは教育熱心でマリちゃんも成績は優秀。
    私立の中学・高校に通っていました」(近隣住民)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/68f14c7886c3236da8eaf031dda53598898ebda1 



    所長見解:なんやな・・・

    【【事件】暴走ベンツ女「サンディエゴ出身で幼い頃はハワイの夜景の見える丘にいってた」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界引退を発表した、元AKB48で女優の渡辺麻友(26)のSNSアカウントが1日深夜、閉鎖された。

    渡辺はこの日午後5時、ツイッターで

    「私事ではありますが5月31日付けで長年お世話になりましたプロダクション尾木を退所し、芸能のお仕事を離れる運びと致しました。
    これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました! 
    世間ではまだ大変な状況が続きますが、皆様くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい」

    とファンに最後のあいさつをし、閉鎖された深夜0時前までに42万件を超える「いいね」のほか、コメントも多数寄せられた。

    同時にインスタグラムが閉鎖され、所属事務所などの公式ホームページからも名前が消えた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc2dd7c980b75aae0a820362b9c0c92a56d37406


    no title


    所長見解:早いな・・・

    【【悲報】芸能界引退した渡辺麻友さん、速攻でSNS閉鎖、公式HPからも消えた模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    社会問題にまで発展している、SNS上の“誹謗中傷”。

    5月23日には、Netflixの人気リアリティ番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー・木村花さんが急逝。

    その背景には、ネット上で誹謗中傷が相次いでいたためではないかと言われている。

     
    また、10日に「#検察庁法改正案に抗議します」とハッシュタグを添えたツイートをした歌手のきゃりーぱみゅぱみゅにも非難リプライが殺到。

    投稿の削除に追い込まれている。

    きゃりーは木村さんの死についても〈誹謗中傷を気にするななんて難しいよ。
    芸能人だって1人の人間だよ忘れないで〉と嘆いたため、「政治家への誹謗中傷はよくて芸能人はダメなの?」と、ふたたび炎上を招いた。


    s


    「そんな中、注目を浴びているのが“あえてSNSをしない”芸能人の存在です。
    女優の新垣結衣は雑誌の企画で雑誌のインスタライブに登場した際に、ファンからの『インスタ始めないのですか?』という声に、『映える毎日を送ってないんですよ、本当に。
    見せたいものがない』とハッキリ断っています。

    また、北川景子もバラエティ番組に出演した際に、『(自分の写真に)ブタ鼻や、うさぎの耳を(加工して)つけたりしているのを見ると、何とも言えない気持ちになる』と、加工アプリを使った投稿をバッサリ切り捨てていますね。

    もちろん、そんな理由もあるのでしょうが、SNSは上手に利用すればファンとの距離を縮めることができ、プロモーションにも有効に活用できますが、ちょっとでも“うかつな発言”をすると、大炎上のきっかけになりかねません。
    割り切って最初から手を出さないというのは賢明と言えるでしょうね」(ITジャーナリスト)

     
    女優の綾瀬はるかはSNSをやらない理由として、“やり方がわからない”“面倒くさい”“必要がない”の3つを挙げている。

     
    そもそも人気のある芸能人はそもそもSNSなど必要ないのかもしれないが、芸能人に限らず、毎度自分の発言にビクビクして投稿を続けるくらいなら、いっそ思い切ってやめてみるというのも大いにアリなのかもしれない。


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-150378/ 

    所長見解:売れっ子はね・・・
    【【大物人気女優】新垣結衣、北川景子、綾瀬はるかがSNSをやらない理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    SNSで政治的発言を続ける女優、小泉今日子(54)が時の人だ。

     
    小泉は自ら設立し代表を務める制作会社「明後日」のツイッターで、25日には東京高検の黒川弘務検事長の処分に関する安倍首相の記事を貼り、「こんなにたくさんの嘘をついたら、本人の精神だって辛いはずだ。
    政治家だって人間だもの」と批判。

    そして「#さよなら安倍総理」「#赤木さんの再調査を求めます」「#赤木さんを忘れない」とのハッシュタグをツイートした。

    学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当、自殺した財務省近畿財務局の赤木俊夫さん(当時54)についても触れ、再調査と安倍の責任追及を求めたのである。


    小泉を長く取材するスポーツ紙芸能デスクが言う。

    「アベノマスクこと、政府配布の布マスクにカビ付着や変色、虫の混入が見つかったと報じられたときも『汚らしい嘘や狡は絶対に許されない』と投稿し驚きましたけど、さらに強まっている印象です。
    もともと小泉は歯に衣着せぬタイプですが、ここまで大っぴらに、政権批判をするようになるとは。
    コロナ禍で仕事を失うも補償も受けられず呆然とする芸能人は小泉の意見に深くうなずいているはずです」

     
    大手芸能プロ「バーニング」からの独立を発表した2018年2月には、交際を噂されていた俳優の豊原功補(54)との関係について「一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります」と堂々と不倫を認め、芸能界を超えて議論を巻き起こした。

    ネットでは「相手のご家族の気持ちを考えていないと感じられ残念」との意見が一般から多数上がり、逆風も吹き荒れたが、殺到する報道陣に「自分の罪は自分で背負っていきます」と胸を張ってみせた。

    気の強さ、意思の強さはファンならずとも有名だ。

     
    芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

    「歌手であれ女優であれ、小泉さんは自分のやりたいように考えて、それを実行されてきました。
    ただ自分勝手にしていたのではなく、常に事務所と相談し、きちんと調整した上で進めていく。
    今回も同じように、何か自分の思いを通す生き方を貫こうとしているようにも見えます。
    批判を浴びることも承知の上でしょう」

    s


    ■日本の“明後日”の希望

    そんな破天荒な小泉の生き方は「世間の常識の二歩先を行く」とのタイトルで特集されたこともある。

    では小泉、今回の政権批判の先に何を思っているのだろうか。

    前出の城下氏の見方はこうだ。

    「きちんと自分でモノを言えるポジションとして政界進出を小泉さんが見据えている可能性はある。
    やるならば国政でしょう。
    徐々にその活動を強めているところなのかも知れません」

     
    世論が大きなうねりとなって検察庁法改正案が国会で採決見送りになったことについて、「小さな石をたくさん投げたら山が少し動いた。
    が、浮き足立ってはいけない。
    冷静に誰が何を言い、どんな行動を取るのか見守りたい」(19日)ともつぶやいていた。

    小泉が政治的な言葉を発信する意味は小さくはないし、その言葉に勇気づけられている人は芸能人だけではない。

    キョンキョンが国会議員になる日――。

    それは日本の“明後日”の希望だ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/9813be951131450054c634e9147388ab350bef1b


    ▼写真
    https://i.imgur.com/zvZyAGJ.jpg

    所長見解:どうなん・・・

    【【出馬へ】小泉今日子さんへの政界進出待望論がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ