ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    SNS

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    今時のJKの本音がコチラwww


    no title

    所長見解:そやね・・・

    【【悲報】今時の女子高生の本音がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新垣結衣、「インスタ始めませんか」の声に「映える毎日を送ってないんです…」

    女優の新垣結衣が4日、雑誌「NYLON JAPAN」インスタグラムにて、自身初のインスタライブを配信した。


    g


    このインスタライブは、本日12月5日に発売された新垣のビジュアルブック『YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010‐2019』の発売に伴うもの。

    生配信をおこなった新垣は、ブックが予約時点で重版が決定した喜びを語ったほか、事前に「#ゆいにはなしかける」で募集したファンからの質問に答えるなどした。

     
    ライブでは、視聴するファンがスクリーンショット(動画の一部を静止画として保存すること)を取りやすいように、新垣が静止する「スクショタイム」も設けられた。

    新垣は背景に貼られたポスター上の自身と同じポーズをとり、真顔で静止。

    「…スクショタイムですこれ」とファンに自らアピールし、周囲のスタッフの笑いを誘う場面も。

     
    また、現在、自身のSNSアカウントを設けていない新垣。

    ライブ中には「これを機にインスタグラムを始めてみませんか?」というファンの質問も読み上げられた。

     
    新垣は一瞬、悩ましそうな表情をしたが、「映える毎日を送ってないんですよ本当に。
    見せたいものがない」とポツリ。

    「未来は分からないので可能性がないとは言わない」としながらも、「今はちょっと…。
    本当にたいした毎日送ってないので。
    寝てばっかりになっちゃうので」

    「あと更新も滞っちゃったりするから」と返した。

     
    ライブ配信中には、ファンから「かわいすぎる」など歓喜のコメントが殺到する大反響となったガッキーの初インスタライブ。

    なお、この配信は「NYLON JAPAN」インスタグラムにて、アーカイブ配信されている。

     
    『YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010‐2019』は、カエルムより12月5日より発売中。

    価格は8000円(税別)。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00071622-crankinn-ent

    所長見解:ええんやで・・・


    【【インスタ開始?】新垣結衣「映える毎日を送ってないんです…」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉岡里帆“SNS”でファンと口論! 批判コメントに対して…
     

    女優・吉岡里帆のSNS上での振る舞いが、ネット上で注目を集めている。

    現在、吉岡はテレビ朝日系の深夜ドラマ『時効警察はじめました』に出演中。

    同ドラマの主題歌は歌手の椎名林檎が手掛けており、椎名は去る10月25日に同局の音楽番組『ミュージックステーション』に出演した。

    同放送には吉岡も“応援ゲスト”として出演し、スタジオでは「小学生のころから大ファン」「先ほど、ごあいさつさせていただいたのですが、たじろいでしまうぐらい心から愛しています」と、椎名の大ファンであることを猛アピール。

    椎名が歌うドラマ主題歌『公然の秘密』の生パフォーマンスを鑑賞した後は、「キャー! 最高!」「ヤバいです。とろけました!」と感極まった様子で語り、視聴者の間ではその熱狂ぶりが話題となった。

     
    一方、椎名の大ファンとはいえ、吉岡はあくまで「時効警察」の脇役。

    番宣に「Mステ」出演することが気に入らなかった者もいたようで、吉岡のインスタグラムには「Mステ」放送前から、

    《時効警察では主役でもないのに、Mステまで番宣ねじ込み過ぎ》

    《何も知らない人はあなたが主演だと勘違いするし、時効警察ファンは泣くと思う》

    《生放送なのでせいぜいいつもの空気を読まない言動は謹んでいただきたいです》

    などといった批判コメントが寄せられてしまった。


    y


    しかし何と、吉岡はこのコメントに対して、

    《嫌な思いをされないように気を付けて出演させていただきます。皆様お忙しいので、たくさんの方にドラマを見ていただくために後輩が番宣をするのはとても大切な仕事です》

    などと反論。


    放送後にも、

    《どうしても椎名林檎さんへの愛があふれ空気は読めていなかったかもしれません》
     
    などともコメントし、反論する一方で批判を受け止める姿勢も見せていた。

     
    「批判を受け止めたように見えるかもしれませんが、アンチコメントにいちいち反論している時点で、内心は納得いかずイラ立っていることが分かります。
    癒やし系として男性人気の高かった彼女のケンカっ早さや気の強さが垣間見えた出来事と言っていいでしょう」(芸能ライター)

     
    「スルースキルがない芸能人はSNSをやるべきではない」という定説を体現した?


    https://wjn.jp/sp/article/detail/5167662/ 

    所長見解:いい子やん・・・


    【【悲報】吉岡里帆さん、まさかのファンと口論ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人は強くなければ生きていけないが、「面の皮が厚い」という評価を受けてしまうのは大抵マイナスだ。

    コラムニストの石原壮一郎氏が指南する。

    今日もSNSには、世の中への不平不満や恨みつらみを持て余したおっさんたちがあふれています。

    あまりにも迂闊すぎる書き込みや、あまりにもおっさん丸出しな意見を目の当たりにすると、同じおっさんとしても目を覆わずにいられません。

    まして、20代30代の「若者」たちは、どんなに呆れていることか。

    s

     
    じつは「これだからおっさんは」と舌打ちされているタイプに限って、自分では「話のわかるおじさま」「いいこと言うおじさま」と見られていると勘違いしがち。

    ああ、なんて残念で恥ずかしい構図でしょう。

    そして、若者に舌打ちされるタイプは、いちおうやさしく相手している同年代からも、内心では「おいおい……」と思われています。

     
    けっして若者に迎合するためではなく、知らないうちに恥をかかないために、SNSで「これだからおっさんは」と思われがちな5つの行為をチェックしておきましょう。

    【こういうことをやると「これだからおっさんは」と舌打ちされる】


    https://news.livedoor.com/article/detail/17222901/ 

    所長見解:まあな・・・

    【【悲報】「おっさん認定」されてしまう行為がコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    何かあったんか

    k

    所長見解:あきらめろ・・・

    【【悲報】女性に送ったLINE、既読になったまま15時間経過した件・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ