ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    SMAP

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    惜しまれつつ16年末で解散した国民的アイドルグループSMAPだが、ファンの間でいつの間にか“戦犯”のように扱われてしまったのが木村拓哉だった。

     
    「当初、メンバー5人全員が元チーフマネジャーとともに独立するはずだったが、木村が翻意。
    そのため、3人のみが独立し、木村はジャニーズの幹部の評価が上がり、将来の幹部候補になった」(芸能プロ関係者)

     
    その影響で、17年のGW公開の主演映画「無限の住人」は周囲も予想外の大コケ。

    しかし、18年1月期の主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)で復調。

    今年公開の主演映画「マスカレード・ホテル」は興行収入46億円を突破。

    今後、いずれも主演の連ドラと特番ドラマの放送を控える。

    k

     
    「主演した月9ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)の大ヒットで、SMAPの中でもジャニーズの中でも特別な存在となったキムタクですが、当時、ひと騒動を巻き起こし、結果、ジャニーズタレントたちの待遇改善にひと役買っていたのです」(ベテラン芸能記者)

     
    騒動の発端となったのは、「ロンバケ」のヒットと同年に、聞き慣れない版元から発売された写真集「木村拓哉」(川島インターナショナル刊)だったというのだ。

     
    「版元はキムタクの父親が関係する会社。
    今ならとても考えられないことですが、父親は写真集の発売をとがめるジャニーズの幹部たちに対し、いかにキムタクが薄給であるかを理路整然と説明し、独立や移籍をほのめかしたのです。
    まさに、“キムタクの乱”とも呼べる大胆な行動でしたが、ジャニーズはなんと版権をその会社に譲渡。
    そこで“手打ち”ができたのか、後日、ワイドショーのインタビューでキムタクは週刊誌で報じられた独立説や薄給を否定。
    しかし、翌年から年収は跳ね上がり、ほかのSMAPのメンバーたちや後輩たちも給与がアップしたんです」(同)

     
    かつて、木村の“捨て身”の行動がジャニーズ幹部を動かしていたようだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17124067/

    所長見解:あったね・・・
    【【ジャニーズ黒歴史】「キムタクの乱」とは? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気タレントとしてテレビでその姿を見ない日はないというほど、相変わらずの売れっ子ぶりのマツコ・デラックスに、超ド級の仰天情報が浮上した。

    なんと、本気で芸能界引退を考えているというのだ。

    きっかけはマツコの毒舌を鈍らせることになってしまった「NHKから国民を守る党」(N国党)とのあのバトルだが、原因はほかにもあるようで――。

    m


    「なんでも最近は、1人でテレビを見られないそうなんです。
    万が一、ザッピングをしてN国党党首の立花孝志議員の顔を見てしまうと、パニック状態に陥ってしまうからだそうです。
    顔を見るのも嫌だ、っていう気持ちは分からなくはないですが…」(ある制作会社の関係者)

     
    だが、マツコが落ち込んでいるのはN国党とのバトルだけではない。

    最近、マツコ人気に明らかにカゲリが見え始めていることも原因だという。


    「以前はマツコに対しSNSなどでバッシングが起きることはまずあり得なかった。
    風向きが変わったのは、週刊文春が掲載した元SMAPの稲垣吾郎に対する発言から。
    『だってテレビは使いたくないんだもん。
    SMAPだから使われていたわけ…。
    SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか。
    SMAPにいたからこそチヤホヤされていた』などと言いたい放題、毒舌をぶっ放したんです。
    それがどうやら引き金になったみたい」(テレビ関係者)

     
    この発言により、当然マツコは元SMAPファンから猛バッシングを受けることになったのは記憶に新しい。

    「マツコは、文春の報道は『歪曲された』ものだと主張したけれど、もう後の祭りです。
    あの一件以来、明らかにミソがついてしまったことは間違いないでしょう」(同テレビ関係者)

     
    さらに、その悪い流れはマツコ最大の稼ぎ場といえるCMにも影響を及ぼしそうだ。

    「マツコのCMのギャラは1本最低2000万円からといわれています。
    現在、ナショナルクライアントが10社以上もあるので、CMだけで年収は軽く2億円は超えている計算です。
    ところが、最近マツコがMCの番組視聴率が軒並み下がっているんですよ。
    クライアントは視聴率に敏感です。
    イメージも悪化しているとなれば、減ってくるのは当然でしょう。
    来年の今ごろには半減どころか最悪3分の1になっているかもしれません」(芸能プロ関係者)

     
    自身の番組の視聴率が下がり、CMクライアントからの求心力も低下すればメディア露出もどんどん少なくなっていく。

    いわば、“マツコ全盛時代”が終わりを迎えているというわけだ。

     
    こんな状況を察したマツコは、いよいよ引退を考えているという。

    「確かにN国党との一件以来、得意の毒舌にキレがなくなった。
    自信がなくなっているんでしょう。
    最近は貯金でアパートを購入して、余生は海の見えるマンションで1人で果てたい、なんて弱音を吐いているようです。
    まあ、親友の有働由美子がそのたびにカツを入れて励ましているようですが…」(事情通)

     
    元SMAPの3人は、このところテレビ出演の機会が増えている。

    公正取引委員会が、3人を出演させないようにテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとしてジャニーズ事務所を注意した影響が出ていることは明白だ。

    そうなると、マツコの発言を思い出すファンも少なくないはずで、この逆風は当分続くことになるだろう。

     
    果たしてマツコはタレントとして再び復活することができるのか? 

    それとも本当に引退してしまうのか。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000005-tospoweb-ent

    所長見解:せんやろ・・・

    【【悲報】マツコ「引退準備」の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本財団パラリンピックサポートセンターを設立した同財団の笹川陽平会長(80)が20日、公式ブログで「パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたい」と呼びかけた。


    p

     
    2020年東京パラリンピックに向けて、SMAPを15年に同センターの応援団として起用。

    同11月に実施された「パラ駅伝」には5人そろって参加し、国内障がい者スポーツ大会では前例のない1万4000人以上の大観衆を集め、機運醸成に貢献した。

     
    笹川氏はこれまでブログで、16年のSMAP解散後に独立した「新しい地図」3人のテレビ出演が激減したことについて、東京パラを成功させるという観点から「早期のテレビ復帰を望む」などとブログで主張してきた。

     
    この日の投稿でも改めて「パラリンピック東京大会を何としても成功させたい」と強調。

    「夢の実現のために怨讐(おんしゅう)を忘れ、パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたいものだ」と訴えた。

    稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の3人はスペシャルサポーターの活動を継続。

    中居正広(47)も15年当時、「(SMAPは)スポーツと音楽を融合したグループでスポーツへの関心は高い。
    これからPの部分をパラリンピックのPにしたい」と語るなど尽力する構えを見せていた。

     
    SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」が最新のオリコンシングルランキングでトップ100位入りを184週に伸ばしてロングセラー歴代1位となり脚光を集める中、笹川氏の発言はどんな広がりを見せるか注目が集まる。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17112746/


    写真
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/5/35478_929_spnldpc-20190920-0179-001-p-0.jpg

    所長見解:無理やろ・・・

    【【朗報】SMAP再結成へ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    i


    嵐→2020年活動休止

    TOKIO→山口メンバー

    SMAP→解散

    Kinki Kids→解散の噂

    関ジャニ→渋谷、錦戸のメインボーカル脱退

    KAT-TUN→覚せい剤

    NEWS→目新しいNEWSなし

    所長見解:もうな・・・


    【【これはヤバい】ジャニーズ事務所、もうボロボロ問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月4日、くも膜下出血のため亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)のお別れの会が、東京ドームで行われた。

    参列したファンは芸能界史上最多の8万8千人。

    午前11時からの「関係者の部」にはジャニーズ事務所所属の現役タレントだけでなく、著名人、OBらも招待され、“ジャニーさんの子供たち”総勢約200人が“育ての親”を偲んだ。

    とりわけ会場で注目を集めていたのが、中居正広(47)と木村拓哉(46)の2人だった。


    「2人が公の席で顔を合わせたのは、約2年9カ月ぶりでした。
    16年12月8日に収録された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回以来のことで、当日は東京・お台場のフジテレビには、多くのファンやマスコミが集まりました。
    収録中も中居さんと木村さんが会話をすることはなく、視線を交わすこともありませんでした。
    収録後もメンバーからの挨拶はなく、集合写真を撮って、淡々と終わりました。
    以来、中居さんと木村さんはプライベートでも一度も会うことがなかったと聞いています」(テレビ局関係者)


    9月4日のお別れの会では近藤真彦(55)が事務所を代表して挨拶。

    中居と木村も最前列中央に立っていた。

    しかし、隣同士ではなく、5人の先輩たちが2人を隔てていた。

    この日、東京ドームに所属タレントたちが集まり始めたのは、朝9時前後からだった。


    「滝沢(秀明)社長が演出するセレモニーのリハーサルが9時半から約20分行われました。
    11時から始まる『関係者の部』までの間、タレントたちは大きな控室で、本番までの間を過ごしていたんです。
    木村さんと中居さんが来ることは事前にわかっていたので、SMAP解散以来、久しぶりに顔を合わせることになる2人を迎えることに現場は少なからず緊張感が漂っていました」(イベント関係者)


    控室に先に現れたのは、木村だった。

    「木村さんは、ずっと嵐の二宮和也さんに話しかけていましたね。
    2人は去年公開の映画『検察側の罪人』で共演して以来、木村さんが自宅に二宮さんを招くほどの仲。
    20分は話し込んでいましたね。
    実は中居さんはリハーサルには参加せず、本番10分ほど前になって会場入りしたんです」(前出・イベント関係者)


    no title


    中居が駆け付けた際、2人の対面を周囲は固唾をのんで見守っていたという。

    「中居さんは会場入りして、東山さんや岡本健一さんと言葉を交わしていました。
    でも、木村さんとは直接、話していた様子はありませんでした。
    会場にいたタレントがあまりに多すぎましたからね。
    その後の会見やOBの前には顔を出していません。
    『献花後はすぐに会場を出ます』と事前に申し出ていたそうです」(音楽関係者)


    一部では2人は“目も合わせなかった”という報道もあった。

    前出の音楽関係者は言う。

    「確執報道もあったようですが、“2人がまったく目も合わせなかった”ということはありません。
    実際、2人は軽く挨拶はしていました。
    確かに、解散騒動時は本当にいろいろなことがありましたが、もう大人ですから。
    ジャニーさんの遺影を前に、あえてそんな露骨なことはしませんよ」


    2人を知る仕事関係者によると、それがSMAP時代からの2人の“スタイル”だそう。

    「実は中居さんと木村さんは、SMAP時代から、楽屋裏ではほとんど会話をしていないんです。
    若いころはSMAPの方向性を巡り、2人で熱く語り合ってケンカしたこともありましたが、現在は中居さんはバラエティMC業、木村さんは俳優業と、お互いに違う道を歩んでいることを理解し合っています。
    積極的に会話をしないことこそ、長年の同僚である2人の自然な関係なんです」


    木村との2年半ぶりの再会で、苦楽をともにしたSMAP時代の思い出もよみがえったことだろう。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17057890/
    女性自身

    所長見解:そんなもんやん・・・
    【【元SMAP】中居と木村が2年半ぶり対面した模様www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ