SMAP

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2016年の衝撃の解散以来、常に復活説が取り沙汰されているSMAP。

    元メンバーの中居正広(46)もたびたびSMAPのことを口にしては、再結成の可能性をにおわせているが、それを阻んでいるのも実は中居本人だというのだ。

    そこにはある元メンバーとの深い溝が潜んでいるという。

    元SMAPの5人の現状は、香取慎吾(42)、草なぎ剛(44)、稲垣吾郎(45)の3人がジャニーズを退社し、中居と木村拓哉(46)が残留。

    木村が独立に反対したことが分裂の原因だったとされている。

    解散から2年以上が過ぎ、元メンバーの口からもSMAPの話が自然と出るようになってきた。

    i


    そんな中、発売中の『週刊文春』に興味深い中居の発言が掲載された。

    中居が、親しい番組関係者に対して、草なぎ・香取・稲垣の3人を「番組で使ってほしい」と頼み込んでいるというのだ。

    こうした報道に「3人は映画や舞台、ネットテレビ、アーティスト活動など幅広い活動をしているが、地上波のテレビだけはいまだにままならない状況です。
    中居はそれに気をもんでいるそうです」と民放関係者も理解を示す。

    最近の5人の活動にはどこかしらにSMAPのにおいが感じられることがある。

    木村はラジオ番組でSMAPの曲を流してファンを喜ばせ、香取は出演したイベントの共演者が木村を思わせる名前だったときに、それをイジるだけの余裕が出ている。

    こうした、ちょっとした出来事の積み重ねが、SMAP再結成への期待につながっているのだ。

    2020年の東京パラリンピックがそのタイミングともささやかれる。

    「解散のとき、一番頑なだったのは香取だったとされていますが、時間がたつにつれて、香取と中居、香取と木村の間の溝が徐々に薄れています」とベテラン芸能リポーターは指摘する。

    「しかし、最大の障壁は中居と木村の間にある溝ですね。
    特に中居が木村に対して思うところがあるというんです。
    もともとは中居も独立派でしたが、木村の単独行動がそれをつぶしたという思いが今も強く残っているのです。
    テレビ番組で謝罪したときも、リーダーは中居なのに、木村が中心に立っていた。
    そうしたことがわだかまりになっており、今でも親しいスタッフには『木村だけは許さない』ということを漏らしているそうです。
    木村もそれを感じています」と、このベテラン芸能リポーターが続ける。

    四十男たちのもつれた糸が解けるときは、いつか来るのだろうか。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16607707/

    所長見解:まあね・・・

    【【悲報】「SMAP再結成」が不可能な深刻すぎる理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ SMAP騒動から3年 KinKi Kidsが大ヒットの「ジャニーズ・エンタテイメント」が5月末で事業終了

    〈株式会社ジャニーズ・エンタテイメントは、本年5月31日をもちまして事業を終了させていただくことといたしました。
    株式会社ジャニーズ・エンタテイメントの事業終了に伴い、株式会社ジェイ・ストームはJEレーベルの名称を譲り受け、6月1日より『ジャニーズ エンタテイメント(Johnny's Entertainment Record)』レーベルを発足させることといたしました〉

    こう綴られた文書が5月下旬、各メディアに封書で届けられ、業界は騒然となった。

    「ジャニーズ・エンタテイメント」は1997年2月、ジャニーズ事務所の関連会社として設立された。

    立ち上げ直後にリリースしたKinKi Kidsのデビューシングル「硝子の少年」(同年7月リリース。山下達郎作曲、松本隆作詞)は100万枚超えの大ヒット。

    現在は、少年隊、NEWS、ジャニーズWEST、中山優馬などが所属している。


    「ジャニーズ・エンタテイメントはジャニーズグループ企業の中でも“核”と言える会社でした。
    今回の事業終了の意味が重いのは、同社の代表取締役を務める小杉理宇造氏(71)がジャニーズの最前線から身を退くということです」(レーベル関係者)

    小杉氏はワーナーミュージック・ジャパンの代表取締役会長や、山下達郎や竹内まりやが所属する「スマイルカンパニー」の代表取締役社長などを務めてきた音楽業界の重鎮だ。

    ジャニーズの元所属タレントが話す。

    「経営者としての手腕は事務所内でも有名でした。
    小杉さんのことはジャニーズJr.でもみんな知っていた。
    たまに現場にも顔を見せていたのですが、ジャニーズJr.のみんなからは怖いイメージを持たれていましたね。
    話すといい人なのですが、基本はコワモテ。
    そのイメージのせいで、小杉さんがいる現場は常にピリッとしていました」

    s


    「週刊文春」にSMAP分裂の内情を明かした小杉氏

    小杉氏がメディアに登場することはほとんどなかったが、2016年1月、SMAPの分裂騒動に際しては、「週刊文春」の誌面で実名インタビューに応じた。

    取材は、SMAPの緊急生謝罪がフジテレビ「SMAP×SMAP」で放送されたまさにその日の昼、1月18日(金)の正午から行われ、小杉氏はSMAPをめぐる内情を明かした。

    「一度独立を表明した4人のメンバーが事務所に戻るには、当然条件があります。
    まずは国民的スターの自覚もなく、曖昧な言動でファンや関係者にご迷惑、ご心配をかけたことを謝罪すること。
    ”内”に向けた謝罪も必要です。
    社長のジャニーをはじめ、事務所の社員にも許しを乞うこと。
    さらに今回は木村君が残るという形でメンバーが4対1に割れてしまった。
    寂しい思いをした木村君、大切な仲間である彼にも謝るべきだと申し入れました」(2016年1月28日号「週刊文春」より)


    当時は木村拓哉以外の4人が一度は決意した独立計画を断念。

    SMAPはかろうじて”空中分解”を免れるだろうという機運だった。

    一連の“修復作業”にも小杉氏は大きく関係していた。


    SMAPは結局2016年末をもって解散。

    しかし、小杉氏は新時代のジャニーズにおいても、次期社長である藤島ジュリー景子氏の“後見役”を務めていくと見られていた。

    「ジュリーさんの母親であるメリーさんも、社長のジャニーさんもそれを望んでいたはず。
    “ジャニーズの番頭”とも呼ばれ、メリーさんが信頼を寄せていた役員・白波瀬傑氏も小杉氏のことを『小杉先輩』と呼んで、一目置いていた。
    小杉さんが第一線を退くことに不安を感じているタレントは正直多いと思いますよ」(前出・元ジャニーズ所属タレント)

    滝沢秀明氏が率いる「ジャニーズアイランド」の設立に続くように発表された、ジャニーズ・エンタテイメントの事業終了。

    3年前のSMAP分裂前後から始まったアイドル帝国の“聖域なき構造改革”はさらに加速していく。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16542436/ 

    所長見解:崩壊なの?・・・
    【【悲報】SMAP騒動から三年、「ジャニーズ・エンタテイメント」が事業終了の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。

    5月のゲストには、俳優の桐谷健太さんが登場。

    5月26日(日)の放送では、リスナーから寄せられたメッセージに2人が答えました。


    ◆「自分は自分」

    <リスナーからのメッセージ>
    「今年の春にクラス替えがあったのですが、仲のいい友達が1人もいないクラスになってしまいました。
    既にグループができてしまっていて、なかなか友達を作ることができません。
    どうすればキャプテン(※番組での木村の呼称)のようにフレンドリーになれますか?
    どうすれば仲間に入れますか?」(17歳 女性)

    この相談に、木村は「深刻な悩みだと思う。クラス替えをして、いざフタを開けてみたら、誰も知らないって。“これ、アウェイじゃない”って」と気遣います。

    桐谷さんは「クラス替えや席替えって、ドキドキしましたね」と当時を振り返りつつ、先日の放送で話してくれた、自身の若かりしころの“口ぐせ”を提案。

    「会う人会う人に『世界とりますから!』『俺、絶対ビッグになりますから!!』って(言ってみては?)」とアドバイスを送ります。

    桐谷さんの提案に、木村は「それはオススメできないな(笑)」と一蹴。

    「友達を作るには、自分の意見をしっかり持って、自分が思う“キレイ”や“カワイイ”、“汚い”や“イヤだ”があっていいと思う。みんながやっているから、私もやるというスタイルじゃなくていいと思う」とキッパリ。

    桐谷さんも「そうですね」と大きくうなずき、「“友達が欲しい”“友達を作りたい”という気分で自分(の気持ちを)を押し殺したら、自分がそんなに好きじゃない人とも付き合わなくちゃ……という、別の悩みも出てくるかもしれない」と話します。

    「自分は自分。話したい人に話しかけてみて。あとは、『世界とります!』って言えば、“この子、変わってるなぁ~”と思われるかも(笑)」と自身の“口ぐせ”を再提案しました。

    k


    最後に、木村は「高3という、高校生活最後の年。進学するのか否かも含め、いろいろあると思う。僕は、クラスの中に友達が“絶対必要”とは思わない。高校に1人いれば充分だと思うし、本当の友達が1人いることが一番大切なこと。何も焦ることはないと思うし、また、何かあったらすぐメールください!」とエールを送りました。
    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/V7eFT0iUWb.html?showContents=detail



    所長見解:まあね・・・


    【【悲報】木村拓哉「本当の友達が1人いることが一番大切」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2009年5月に死去したロック歌手の故・忌野清志郎さん(享年58)を偲ぶトリビュートライブがGW期間中の今月4日、東京・日比谷野外大音楽堂で開催され、俳優の木村拓哉(46)がサプライズで出演した。

    木村と清志郎さんは、97年に放送の木村が主演したフジテレビ系ドラマ「ギフト」で初共演して以来、公私にわたり10年以上の付き合い。

    木村のソロ曲「弱い僕だから」を清志郎さんが作詞・作曲していた。

    同ライブは10周年の節目を迎え、今回がファイナル。

    主催者が木村にオファーし、出演を快諾したという。

    「当初は清志郎さんのソロ曲『JUMP』のみだったが、木村の希望でアンコールにも登場。
    『雨あがりの夜空に』を、他の出演者たちとともに熱唱しました。
    ところが、観客はあまり盛り上がらず。
    登場に気付いていないファンもいたようでした」(イベント関係者)

    k


    木村は昨年B’zのコンサートにも飛び入り出演。
    SMAP解散後、生歌を披露する機会をすっかり失ってしまっただけに、ファンにとってはうれしい限りだろう。

    「CMではノリノリで歌を披露。
    そもそも、SMAPの中では最初にグループから離脱した森且行の次に歌がうまかったのが木村です。
    元SMAPの3人は続々と曲をリリースしているので、3人に触発されてソロデビューするのも近いのでは」(レコード会社スタッフ)

    ソロでのコンサートも楽しみである。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16455310/

    所長見解:もうね・・・


    【【朗報】元SMAP・木村拓哉、ソロ歌手デビュー説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平成が終わり、令和初日を迎えた5月1日。

    元SMAPの木村拓哉(46)と工藤静香(49)の次女でモデルのKoki,(16)が『スポーツニッポン』の両面を飾る“ダブル一面”に登場。

    デビュー以来、初となる独占インタビューに応じたのだが、この中での発言にジャニーズ関係者が激怒しているという。

    インタビューでKoki,は「令和」という元号についての印象や、新時代に対しての思いを告白。

    また、記者からの「平成のスターといえば誰か?」という質問に対して「お父さんとお母さんです」と明かし、『めちゃくちゃに泣いてしまいたい』、『Lotus』、『深紅の花』、『深海魚』、『まだまだいっぱいで』、『雪・月・花』など工藤静香のお気に入りの楽曲を列挙。

    さらに、「SMAPの歌も好き?」という質問には「もちろんです!」と答え、「特にライブは大好きで、いつも楽しみにしていました。
    歌っている時も踊っている時もカッコいいお父さんを見るのが大好きでした」と、SMAPが大好きだったと答えた。

    m


    「両親思いなフレッシュな10代のインタビューが令和初日に紙面を飾りましたが、この件についてジャニーズ事務所が相当怒っているようなんです。
    というのも、SMAP解散後、ジャニーズはメディアで“SMAP”の名前が極力出ないように気を配ってきていました。
    テレビのバラエティ番組からのSMAPのCDジャケットの使用依頼に対しても、高額な使用料を要求するなどし、事実上使わせないようにしてきました。
    ですが、今回、令和初日からスポーツ紙の一面で名前が出てしまった。
    そもそも令和初日の一面がなぜKoki,なのかという声が関係者から上がっているのですが、スポニチには、工藤が長年懇意にしている記者がいるため、工藤が間に入って調整し、今回の独占インタビューが実現することになったと聞いています。
    昨年5月にKoki,が、ファッション誌『エル・ジャポン』(ハースト婦人画報社)でモデルデビューしたことをスクープしたのもスポニチですしね」(芸能記者)

    『エル・ジャポン』でのデビュー以来、Koki,は中国のファッション誌『紅秀Grazia』の表紙を飾り、イタリアの高級ブランド「ブルガリ」のアンバサダーに日本人として初就任。

    さらには「シャネル」のビューティアンバサダーにも抜擢。

    親の威光や名前を極力出さずに“モデル”としてのキャリアを積み上げてきたが、ここにきて両親のエピソードを語り始めた。

    「これまでKoki,は、メディアへの露出を避け、神秘的なイメージを持たせるために仕事を選んできましたが、“出し惜しみ期間”が過ぎたことで、工藤が今回の独占インタビューを仕込んだのではないかという話が聞こえてきています。
    今回の令和インタビューは、読んでいて違和感を覚えるほど両親を絶賛している。
    普通は、読者に身びいきと思われるのを避けると思うんですけど……。
    Koki,をどう見せていきたいのかも分からないですし、モデルとしてのキャリアを築き上げていく上ではイメージダウンにしかならないのではないでしょうか。
    実際、ジャニーズ事務所を怒らせてしまったわけですしね……」(前出の芸能記者)

    令和初日に新聞の“ダブル一面”を飾ったKoki,。

    両親のように時代を象徴するスターになることはできるのだろうか?
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190509-79681872-taishu 



    所長見解:いいやん・・・


    【【これはヤバい】Kokiさん「SMAP大好き」 発言の結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ