ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:SMAP

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所所属の人気グループ「関ジャニ∞」のメインボーカル、渋谷すばる(36)のグループ脱退は、SMAP解散独立騒動に続く衝撃を各方面に与えている。

    発売中の写真誌「フライデー」の一報を受け、ジャニーズが15日、渋谷の脱退会見を都内のホテルで開いた。
    渋谷は今年12月31日をもってジャニーズ事務所を退社することを発表。
    メンバー全員は渋谷の離脱を止めようと必死の説得を試みたが気持ちは変わらず。
    最終的には渋谷の決断を尊重し、ジャニーズ事務所としては初となる、メンバー同席の脱退会見となった。

    「メンバー7人のうち、安田章大は入院中のため会見を欠席しましたが、コメントをスタッフが代読していました。
    質疑応答ではSMAPの名前こそ出しませんでしたが、脱退は事務所の先輩の影響か? と問われて、渋谷が“まったくない”と否定する一幕もありました」(取材したワイドショー関係者)

    j


    長くジャニーズを取材する芸能ライターが言う。

    「渋谷は関ジャニ∞の2004年のCDデビュー曲『浪花いろは節』以来のメインボーカル。ジャニーズ随一の歌唱力で知られる存在です。
    歌に力を注ぐ一方で、お笑いやバラエティーでも売っている関ジャニ∞とは一線を画すと言いますか、毛色が合わないところがあり、ゆくゆくは独自路線を歩むであろうことは、ほとんどのファンも知っていました。
    実際、ソロアルバムをリリースしたり、ソロでライブをやったりしていて、かなりの集客力を見せている。
    そういう自信もあって、アーティスト、ボーカリストとして独り立ちしてもやっていけるのではないかと本人も周囲もみていた。
    そういう意味で言うと既定路線です」

    では、脱退は円満で、SMAPの時のような波風が立つことはなかったのかというと、「とんでもない」とこう続けた。


    続きはこちらで↓
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/227315/3


    所長見解:もういいよね・・・
    【【関ジャニ】渋谷すばる脱退でジャニーズ崩壊が始まるってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの中居正広(45)が7日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演した。

    この日はオープニングで「無人ビジネスが熱い」というテーマで語り始め、無人タクシーやドローンでの荷物配達、無人レジなどの研究が進んでいることを紹介したが「基本的には反対。
    (人と会って)いろんな感情、ありがとうやむかつくこともあるけど(そこに)学びがあるんじゃないか。
    手当てという言葉があるけど、(人間同士で)手を当てるだけで安心すると思う」と持論を展開、1曲目の稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)が歌う新しい地図の新曲「雨あがりのステップ」をオンエアした。

    n


    曲終わりのCM明けで中居は「なんだこの歌。これは売れないな。詳しいわけじゃないけど、かすれ声、雑な声が入ってないと、これは売れないですね」と冗談めかして語り、次のトーク「入浴剤」についての話に入った。

    同曲はSMAPの「gift」などを手掛けた作詞家・麻生哲朗氏と作曲家・菅野よう子さんが書き下ろした楽曲。
    売上金全額はパラスポーツ支援のため寄付される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000171-spnannex-ent 


    所長見解:怒られないのかな・・・
    【【大丈夫?】中居正広、ラジオで稲垣、草なぎ、香取が歌う「雨あがりのステップ」オンエアの結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)の出演映画「クソ野郎と美しき世界」が6日、タイトルにひっかけて「86(野郎)館」で公開され、東京都世田谷区の「109シネマズ二子玉川」でキャスト、監督らが勢ぞろいした初日舞台あいさつが行われた。

    「クソ野郎…」は公式ファンサイト「新しい地図」が初めて製作を手掛けた劇場公開作品。4つの短編を4人の監督が演出するオムニバスで、2月にそれぞれクランクインした。

    公開は2週間限定で、目標動員数は15万人。
    映画のホームページでは毎日、動員数が更新される。
    舞台あいさつ後の囲み会見で、香取が「新しいことだけど、15万人いかなかった時、僕らはどういう顔で…」で困惑とも不安とも取れない表情を浮かべると、草なぎは「その時はかっこ悪い“クソ野郎”だろうけど、かっこいい“クソ野郎”になりたいです」と力を込めた。

    一方、稲垣は舞台あいさつで「タイトルは過激だけど、お子さんにも楽しんでいただける内容です」とジョークを交えてアピールした。


    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/06/kiji/20180406s00041000258000c.html

    no title



    所長見解:やっぱりテレビで取り扱われないよね・・・
    【【映画公開】元SMAP出演「クソ野郎と美しき世界」目標動員15万 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日系の主演ドラマ「BG」が好調だった元SMAPの木村拓哉(45)だが、同ドラマの打ち上げでSMAPの「SHAKE」を熱唱していたことが、一部で報じられた。

    「撮影中からほかの共演者に対して気をつかいまくっていたというキムタク。
    ほかの共演者から熱烈にリクエストされ、断り切れなかったようです。
    キムタクの場合、ジャニーズから公の場でSMAPについて語ったり、SMAPの曲を歌うのがOKと言われている。
    つまり“1人SMAP”として公認されているので、リクエストに応えたようです」(テレ朝関係者)

    そんな木村とは対照的だったのが中居正広(45)。

    先月23日、演劇ユニット「TEAM NACS」が、「中居正広のキンスマスペシャル」(TBS系)に出演。
    同ユニットのメンバー数はSMAPと同じ5人。

    それだけに、中居はSMAP時代のことを熱く振り返り熱く語ったのだが…。

    「『SMAP』という単語はおろか、元メンバーたちの名前すら口にせず明らかに不自然。
    どうやら、中居にはジャニーズからテレビなどで固有名詞を口にしないようにお達しが出ているようだ」(芸能記者)

    木村と中居の不仲説は以前からささやかれていた。

    SMAPの解散日となった16年おおみそか、都内の焼き肉店で“打ち上げ”していたのは、中居、ジャニーズから独立した稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)、そして元メンバーでオートレーサーの森且行(44)の5人。

    いずれにせよ、木村と中居が今のままの関係では、メンバーたちの再集結はなさそうだ。

    s

    https://npn.co.jp/article/detail/40992407/


    所長見解:もういいよね・・・
    【【木村拓哉】1人でSMAPを背負うことになったキムタク ←これwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAP3人のレギュラー番組スタート ゆずと横浜港大さん橋でゲリラライブ

    元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)が1日、インターネットテレビ局、AbemaTVの新番組「7.2 新しい別の窓」(第1日曜後5・0)をスタート。
    オープニングで人気男性デュオ、ゆずと横浜港大さん橋でゲリラライブを行った。

    3人でのレギュラー番組は初めて。
    抽選で無料招待された500人のファンの前に、ゆずの代表曲「夏色」「いつか」「タッタ」の3曲を5人で生歌唱した。

    稲垣は「テンションが上がってきた!」と興奮しきり。
    ゆずの北川悠仁(41)に2日前のリハーサルで「ギター弾きますよね?」と誘われ、「いつか」でギターセッションが実現した草なぎは「自分からはおこがましくて(弾きたいと)言えないけれど、言ってくれないかなと思ってた」と照れ笑い。
    香取は「こんな風にゆずさんと一緒に歌える日が来るとは。最高だよね」と喜んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000579-sanspo-ent

    no title


    所長見解:がんばって欲しいね・・・
    【【AbemaTV】元SMAP3人のレギュラー番組スタートの結果wwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ