ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    NHK

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大みそか『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が決定した。

    初出場は、白組はKis-My-Ft2、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Official髭男dism、菅田将暉、King Gnuの5組、紅組は日向坂46、Foorin、LiSAの3組となる。

    今年はスピッツの初出場情報や、米津玄師の動向などにも注目が集まったが、現状名前はない。

    今後の動向に注目が集まる。

    が、やはり「あのグループ」には厳しい視線が注がれている。


    w


    「韓国アイドルグループのTWICEですね。
    現在日本と韓国は徴用工問題やGSOMIA破棄など、とりわけ国際関係が悪い状況にあります。
    そんな中でのTWICE出場に『なんで韓国グループを出すのか』 『韓国になめられてる』 『出さないでほしい』と、昨年の初出場同様に批判の声が出ています。

    また『NHKから国民を守る党』の台頭などもあり、改めてNHK受信料にも不満が出ている現在ですので『受信料まで払って韓国ガールズグループを見るのか』 『やっぱり受信料払わない』とNHKへの不満も出ています。
    毎年のことながら目玉のない紅白ですが、今年も微妙な雰囲気ですね」(記者)


    TWICEといえば昨年「慰安婦Tシャツ」を着ている、という騒動もあり大炎上した。

    一部週刊誌では「TWICEのジヒョは紅白リハーサル中不機嫌丸出し」という情報も出ている。

    日韓関係を考えると、やはり今回の出場は疑問?


    https://biz-journal.jp/gj/2019/11/post_127972.html

    所長見解:そやな・・・

    【【皆さまのNHK】TWICEが紅白歌合戦出場 「やっぱり受信料払わない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    第70回NHK紅白歌合戦の出場者が14日午後に発表された。

    今回初出場となったのは、白組はKis-My-Ft2、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Official髭男dism、菅田将暉、King Gnu。

    紅組は日向坂46、Foorin、LiSAの計8組となった。

     
    菅田やOfficial髭男dism、King Gnuらは事前予想でも多く名前が挙がっていたが、逆に出演が“堅い”と言われていたあいみょん、SEKAI NO OWARI、BiSH、スピッツの名前は見られず。

    ネットからは落胆の声が上がっているという。

     
    「あいみょんは昨年紅白に出場して今年も安定した人気を誇る。
    SEKAI NO OWARIも昨年まで5回連続出場していただけに、出場しないのは予想外。
    BiSHは今年テレビで何度も特集が組まれ、知名度も上がりファンからは期待されていました。
    そんな若者世代に人気のあるアーティストが出演しないということで、『つまらない紅白。見ない』『あいみょんもセカオワもいなくてつまらない!』といった声が聞かれています。また、スピッツは今年上半期のNHK朝ドラ『なつぞら』の主題歌を担当しており、初めての紅白出演がほぼ確実と思われていただけに、ファン以外も衝撃を受けているようです」(芸能ライター)

     
    逆に、今回落選するのではと言われていたAKB48が出場することについても波紋が広がっているという。

     
    「AKBグループといえば、今年1月に発覚したNGT48の当時メンバー・山口真帆のファンからの暴行事件がいまだ記憶に新しく、その後の運営会社AKSの対応にも疑問が残ったまま。世間からの信用を大きく失った形になり、『今年は坂道グループだけでAKB系は出ないのでは』と噂されていました。
    しかし一転、出場することに。
    NGTはすでに劇場公演を再開させ、13日放送の『ベストヒット歌謡祭』(日本テレビ系)にもNGTメンバーが出演し、苦言が寄せられることに。
    今回の紅白にも既に『NGTメンバーは一人も出さないで』『1年の締めくくりにNGTだけは絶対観たくない』という不穏な声も噴出しています」(同)

     
    また、昨年初出演を果たした米津玄師の名前はなかったものの、米津が手掛けた楽曲『パプリカ』は英語詞バージョンを歌うチームが結成され、歌われることのこと。

    本人の特別出演を期待する声も集まっていた


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17380118/


    no title

    所長見解:ずれてんね・・・

    【【NHK紅白歌合戦】あいみょん、SEKAI NO OWARI、BiSH、スピッツはなんで出れないの・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    n

    これは酷い

    #NHK 集金人
    「オメーがやかましいんだよオイ」
    「払えよ!」

    まじ暴力団やん
    これが女性宅とかに来るの??

    #N国党 #立花孝志
    #NHKから国民を守る党

    ▶︎ノーカット モザ無⇒山口のNHK集金人は893ですか?DQN集金人が悪質な恫喝行為→110で撃退 ※暴言注意


    ※動画がコチラ 

    所長見解:これは怖いな・・・
    【【検証動画】NHKの集金人がヤバすぎな件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「令和になって初めてということもあって、スタッフの気合は昨年以上。
    しかし、出場歌手選考はかなり難航しているそうです。
    目立ったヒット曲が少なく、サプライズ候補探しに奔走していると聞いています」(NHK関係者)


    大晦日の風物詩、NHK紅白歌合戦。

    10月18日には紅組司会を綾瀬はるか(34)、白組司会を嵐の櫻井翔(37)が務めると発表され、11月下旬に予定されている出場者発表への期待は高まるばかり。

    NHK内でもごく一部のメンバーだけで進められると言われている出場者の選考会議。

    そんな極秘の当落速報を総力取材!

    まず、成功を大きく左右するといわれているのが初登場組。

    そのなかでもいちばんの目玉候補が、広瀬すず(21)主演の連続テレビ小説『なつぞら』で主題歌を担当したスピッツだ。

    「これまで何度もNHKは出演オファーを出してきましたが、全て断られていました。
    しかし今年は朝ドラ100作目という節目の主題歌を担当し、老若男女問わず幅広い世代に楽曲が浸透しています。
    10月には9年ぶりにNHKの音楽番組『SONGS』にも出演するなど、お膳立ては十分。
    ファンを公言している草刈正雄さん(67)など『なつぞら』の出演者が応援に駆け付ける演出も計画しているといいます」(音楽関係者)

    スピッツと並んで期待されるのが、歌手としても活躍している菅田将暉(26)だ。

    「例年、8月に紅白制作チームを立ち上げるのですが、最初に出演交渉をしたのが菅田さんだといいます。
    菅田さんは今年、全国ツアーを開催するなど歌手活動を精力的に行っており、高い歌唱力が評価されているようです」(前出・音楽関係者)


    no title


    一部しか知らない紅白出場者内定リスト

    フレッシュな若手起用は他にも!

    「常連だったEXILEと三代目J SOUL BROTHERSが大規模なカウントダウンライブを実施するので今年は欠場する可能性が高いです。
    そこでボーカルの片寄涼太さん(25)を中心に人気急上昇中の“弟グループ”GENERATIONS from EXILE TRIBEにオファーしているといいます。
    また、映画の主題歌がストリーミング配信サービスで1億回再生を記録した“ヒゲダン”ことOfficial髭男dismの出場はほぼ確実でしょう」(前出・音楽関係者)


    令和初にふさわしい新星たちの共演で、課題であった若年層の取り込みなるか――。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17343828/
    女性自身

    所長見解:そんなんか・・・

    【【流出】紅白出場者内定リストがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    時事ドットコム(時事通信ニュース)@jijicom

    【速報】

    NHKは受信料の支払いを求めてN国党の立花党首を東京地裁に提訴した


    n


    https://twitter.com/jijicom/status/1188699672958754817

    所長見解:どうなるんやろ・・・

    【【宣戦布告】NHK、N国の立花孝志党首を受信料未払いで提訴ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ