NHK

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHKの改善課題についての総務省の有識者会議「公共放送の在り方に関する検討分科会」が26日、要望事項をとりまとめた。

    テレビがない人向けのネット配信サービスについての検討などを求めている。

    若者を中心にテレビ離れが進むのを見据え、将来の受信料制度のあり方も検討してもらう。


    n

     
    NHKが4月に始めた同時配信サービス「NHKプラス」は放送の補完として位置づけられており、受信料契約者向けに配信されている。

    受信料を払っていない人の端末には契約を促すメッセージが表示される。

     
    テレビを見ない人の割合は20代で3割強、10代で4割近くにのぼる。

    1割前後の50代以上と比べ、若い世代ほどテレビを見ない傾向が強まっている。

    有識者会議でも、スマホなどでの視聴について議論し、受信料の徴収方法の見直しも含めて検討するという。


    https://www.asahi.com/articles/ASN6V4R22N6VULFA00L.html

    所長見解:どないなん・・・

    【【検討中】総務省さん「テレビがない人のNHK受信料、どうすればいい?」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHKの放送だけ映らないように加工したテレビを購入した東京都内の女性が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、請求を認めた。


    t


    NHKは、電波を増幅するブースターを取り付けたり、工具を使って復元したりすれば、放送を受信できると主張したが、小川理津子裁判長は「ブースターがなければ映らないのであれば契約義務はない。
    自分で加工をしたわけではなく、専門知識のない女性に復元は困難だ」と退けた。

     
    判決によると、女性はNHK放送を減衰するフィルターを作っていた大学准教授に連絡。

    准教授はテレビにフィルターを組み込み、販売した。


    https://this.kiji.is/649190817736442977

    所長見解:ええやん・・・


    【【完全勝利】NHKだけ映らないテレビは、受信契約の義務なしってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・清原果耶(18)が、2021年上半期に放映されるNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の主役に抜擢された。

    『おかえりモネ』は安達奈緒子さんの脚本による、オリジナル作品。

    宮城県気仙沼市を舞台に、気象予報士を目指すヒロインを描く。

     
    主役の清原は、13歳だった15年に朝ドラ『あさが来た』で女優デビュー。

    18年の『なつぞら』にも出演しており、朝ドラ3作目にして大役をつかんだ格好だ。

    「デビュー以来、NHKの秘蔵っ子としてステップアップしています。
    彼女の評価を決定づけたのも、NHKで初主演した18年の『透明なゆりかご』。
    ピュアな見習い看護師役で好評を博し、東京ドラマアウォードの主演女優賞を受賞しています」(テレビ誌記者)

     
    19年1月に公開された映画『デイアンドナイト』の主役に彼女を抜擢した、同作品のプロデューサーを務めた俳優の山田孝之(35)は、「役柄のキャラクターを瞬時に汲み取ることができるし、専属契約を結びたいくらい」と絶賛。

    それほど彼女の演技は圧倒的なのだ。

     
    また清原は、国民的女優となった広瀬すず(21)と比べられることが多い。

    「雑誌『Seventeen』の専属モデルを務めたことや、全国高校サッカー選手権大会の10代目と14代目の応援キャラクターを2人が務めているという関係もあるんです。
    清原は第2の広瀬すず、と言っても過言ではありませんね」(芸能記者)

     
    そんな2人は『なつぞら』で生き別れた姉妹を演じた。

    このとき、清原の演じる妹役のキャスティングは登場日まで伏せられ、「妹役は誰なんだ」とギリギリまで引っ張る演出を取った。

    そして、期待以上の存在感を見せた彼女は、複雑な立場の妹役を演じきった。


    「これには広瀬もうかうかしていられないな、という印象を抱いた人も多かったはずです。関係者の中には、“すでに演技力では広瀬を上回っている”と断言する人もいるほどですよ」(スポーツ紙記者)

    この続きは現在発売中の『週刊大衆』6月22日号で。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18387226/


    no title

    所長見解:ええやん・・・
    【【検証画像】来年のNHK朝ドラのヒロインは広瀬すず超えってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ラジオで謝罪した岡村。

    だが、状況は依然厳しそうだ。

    「たくさんの方に不快感を与えてしまいました。大変な失言だったと思います」

    お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史が4月30日深夜放送のラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、自身の発言をめぐり謝罪した。 


    オールナイトニッポンで謝罪「コロナ風俗」発言の岡村隆史が陥ったラジオへの”甘え”


    「コロナが終息したら絶対面白いことがある。
    美人さんがお嬢(風俗嬢)をやります。
    短時間でお金を稼がないと苦しいですから。
    今はお金を貯めて踏ん張りましょう」

    と、新型コロナの影響で収入が減った貧困女性らが風俗店で働くことを楽しみにしているという趣旨の発言が大問題となっていた。


    そしてニッポン放送、吉本興業、岡村本人が謝罪コメントを出したが、一部ではこの炎上が収まる気配はない。

    「収まるどころか、岡村をNHKの番組から降板させるよう求める署名活動が始まりました。発言があったオールナイトニッポン降板より、公共放送であるNHKへの出演を問題視する人たちがいるようです。
    ただ、NHKは”今後の放送予定に変更はない”ことを発表しています」(芸能レポーター)


    署名サイト「Change.org」では、そうした人たちが中心となり《女性軽視発言をした岡村隆史氏に対しNHK『チコちゃんに叱られる』の降板及び謝罪を求める署名活動》を行っている。

    f


    《社会に多大な影響力を持つ一流のお笑い芸人が、女性軽視だけでなく、経済的困難により売春をせざるをえない若い女性の搾取を促す発言をしたことに対し、私たちは絶望しています。》

    とコメント。


    その上で、岡村と吉本興業に対する要求が記載されている。

    ①岡村氏が所属する吉本興業に対し、所属タレントが以後女性軽視及び若い女性の性的搾取を促す発言しないよう、徹底した対策を講じることを求めます。

    ②岡村氏に対し、子供の視聴率が高いNHK教養バラエティ番組「チコちゃんに叱られる」のMC降板を求めます。そのような発言をする人物が子供に影響を与える番組でMCを務めるのは不適切であると考えるからです 


    現在、岡村はNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも出演しているが、署名で降板を求めているのは『チコちゃんー』の方のようだ。

    署名数は2日も経たずに8000人以上(5月1日時点)が署名している。

    「岡村はこれまでにもラジオで風俗の話を頻繁にしていましたし、リスナーにもおなじみの話題でした。
    しかし今、世界中がこの新型コロナに疲弊していく中で、本来ならば率先して世間を鼓舞するような立場の彼が、逆に女性の困窮を歓迎するような発言をした、ととらえられたことで、取り返しのつかないレベルの炎上にまで発展したのでしょう。
    もし、署名活動などが拡大すれば、さすがにNHKも対応を考えざるを得ないかもしれません」(同・芸能リポーター)


    さらにテレビ局関係者が明かす。

    「事務所として謝罪コメントを発表した吉本興業ですが、今回の騒動には尋常ではないほど神経質になっている。
    『闇営業』問題で宮迫博之、田村亮、『税金未納』問題の徳井義実と大ダメージを受けた上に、さらに岡村が謹慎に追い込まれたらとんでもない損害ですからね。
    テレビやスポーツ紙などは、吉本に忖度してこの話題を取り上げないところは多いですね」


    今の時代、押さえつければ押さえつけほど炎上は広がる傾向が。

    当面は岡村の“一挙手一投足”に目を光らせる人が多いだろう。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200502-00000001-friday-ent


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200502-00000001-friday-000-1-view.jpg

    所長見解:ヤバいよな・・・

    【【暴言問題】岡村隆史氏のテレビ番組降板署名開始の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    俳優の小澤征悦とNHKアナウンサーの桑子真帆アナの熱愛が『NEWSポストセブン』の報道により明らかになった。

     
    世界的指揮者である小澤征爾の息子である彼は、これまで杏や滝川クリステルといった数々の大物と浮名を流してきたわけだが、またもや“NHKの看板アナ”をものにしたわけだ。


    無防備な姿で外を出歩いて……

    「桑子さんは'15年にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚しましたが、わずか1年たらずで離婚しています。
    子どもが欲しかった桑子さんでしたが、谷岡さんは結婚後しばらくしてすぐに夜に飲みにいったりで帰りが遅かったみたいです。
    加えて、合コンにいったり、局内に親密な関係の女性のカゲがちらついていたりと、女性関係にルーズだった一面も。
    そこに桑子アナが愛想を尽かしたというのが離婚の原因のようです」(スポーツ紙記者)

     
    そんな過去があった桑子アナだけに、今回小澤を選んだのはよほど信頼できる理由があるのだろうか。

    同ニュースサイトによると、ふたりは昨年から交際をスタートさせ、4月中旬には、小澤の自宅での“お泊りデート”を楽しんでいたという。

    この様子が写真つきで大体的に報じられ、大手ネットニュースのトップページにも掲載されるほどの話題となった。

    しかし、そのことが今、世間をザワつかせていて……。

    「ネットの記事には、並んで小澤さん宅から出てくるところを捉えた写真が掲載されています。
    ふたりともサングラス姿で周囲の目を気にしている様子だったにも関わらず、桑子さんのほうはなんとノーマスクだったんです。
    これにはネットも騒然で、《報道に携わる人間がこのような無防備な姿で歩き回ること自体、危機管理意識が欠如している》といった声が相次ぎ、SNS界隈が大炎上しているんです」(同前)

     
    こんな“不要不急の外出”を禁じられているご時世にも関わらず、自宅デートが報じられたうえに“ノーマスク”が発覚。

    紅白や五輪キャスターを務めた好感度バツグンの“国民的女子アナ”だっただけに、交際がバレたことよりも大きな痛手になってしまったか──。


    https://www.jprime.jp/articles/-/17758?display=b


    no title

    所長見解:アナ好きやな・・・
    【【熱愛発覚】桑子真帆アナ、小澤征悦とノーマスクデートってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ