NHK

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
    所長見解:まあな・・・

    【【検証画像】「のど自慢」に出演した女子高生が美少女すぎる件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    現在放送中の「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)は、菅田将暉が民放プライム帯で初主演をつとめる学園ドラマ――といっても、前クールの「今日から俺は!!」だって、ただの“学園モノ”ではない。

    担任教師(菅田)が自分のクラスの生徒を人質に取って教室に立てこもるという過激な内容である。

    m


    そのヒロイン(学級委員)が永野芽郁(19)で、昨年前期のNHK朝ドラ「半分、青い。」の主人公を演じて以来の連ドラ出演となる。

    スターへの登竜門と言われる朝ドラだが、最近は、朝ドラの主人公を務めたからといって、その後、女優として大成するわけではない。

    果たして永野はどうなるのか――。


    no title

    朝ドラ主演女優とオーディションの有無


    永野は「半分、青い。」のヒロインオーディションでは、初参加ながら応募者2366人の中から選ばれた。

    昨年4月2日~9月29日まで放送され、平均視聴率は21.1%とまずまずの成績だった。

    これだけの人々に毎朝見られているのだから、スターへの登竜門と言われるのも頷ける。

    近年では、朝ドラが終了してすぐに民放のドラマに出演することが多いのだが、なぜか1月6日スタートの「3年A組」まで1クールの間を開けた。

    「事務所もタレントの売り出し方を考えているんですよ。
    このところ、朝ドラヒロインからスターと呼べる人材が出ていませんからね」(芸能関係者)

    いやいや、「花子とアン」の吉高由里子や「ひよっこ」の有村架純だっているではないか。

    「現在の放送中の『まんぷく』の安藤サクラもそうですが、彼女たちはみな、オーディションなしで朝ドラのヒロインになっています。
    朝ドラ以前から、ある程度、実績のある女優たちです。最近のヒロインたちの“その後”を見てみたらいいですよ、『近頃見ないな』という子もいますから」(同)

    no title

    朝ドラ(オーディション)女優のその後の民放連ドラ

     
    現在、バラエティでぶっちゃけキャラとして復活した夏菜は、朝ドラ終了後すぐに「ダブルス~二人の刑事」(テレビ朝日系)のヒロインとして出演したが、しかし、その後は単発ドラマばかりとなって、一時、女優としては消えていた。

    のんは、アニメ映画「この世界の片隅に」の大ヒットがあるが、これは声優として。

    芸名を変えざるを得なくなったのはご存知だろう。

    「のんは『あまちゃん』の後、なかなか連ドラの仕事を入れなかったので、『安堂ロイド~A.I. knows LOVE? ~』(TBS系)のキムタク妹役のオファーを断ったなんてデマが流れたほどでした。
    当時、彼女の事務所は、しばらくドラマには出演させず、ファンの飢餓感を煽る戦略だったといわれています」(同)

    あまりに間を開けるのもよくないようだ。

    >>2以降に続きます


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190203-00556252-shincho-ent&p=1


    所長見解:いいよね・・・

    【【呪縛】朝ドラ女優・永野芽郁、次の売り方問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ファンのみならず、世間にも大きな衝撃を与えた『嵐』の活動休止報告。

    しかし、発表から数日たっても収まらない報道の過熱ぶりに、一部では疑問の声が上がり始めている。

    例えば女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、「嵐の活動休止にそこまで興味がない方が冷静に語るトピ」というトピックが立ち、コメントが多数寄せられている。

    トピックを立てた「主」は「私は嵐のファンではありません」と前置きした上で、「単なる芸能ニュースを国民全体の一大事のように報道するマスコミに疑問を覚えます」と投稿。

    騒ぎ過ぎではないかと共感を求めた。

    r


    この意見に賛同する人たちも、

    《トップニュースで繰り返し報道しててちょっとあり得ない》
    《嫌いじゃないけど朝っぱらから騒ぎ過ぎだと思う》
    《ある程度なら流すべきだったと思うけど、番組の尺ほとんどを使って流すようなことか?》
    《ネットニュースもテレビもそればかりでウンザリはするよね》
    《報道側の人が関心あるから、国民みんな関心あると勘違いしてるのかもしれない》
    《解散じゃなくてただの活動休止だよ? 騒ぎ過ぎでしょ》

    などといった声を上げている。


    大坂なおみの快挙を差し置いてトップニュース

    「安室奈美恵の引退のときもそうでしたが、芸能ニュースが速報としてテロップで流される時点で違和感を覚える人は多いようですね。
    メディア側は『国民的アイドルである』という認識だからこそ速報を打ったわけですが、
    『誰がそれを決めているんだ?』という声は以前から寄せられています」(テレビ局関係者)

    また、各局横並びで活動休止報道を大きく扱ったため、それを避けるようにしてNHKのニュース番組に流れた人たちも少なくない。

    しかしそのNHKでさえトップ扱いだったため、関心のない人の間ではさらに不満が強まったようだ。

    「タイミングの問題もあるかと思います。
    速報が流れたとき、NHKでは大相撲中継で玉鷲の初優勝が決まった直後の場面でした。
    また、テニスでは大坂なおみの歴史的優勝に加え、世界ランキング1位となる快挙までありました。
    それらを差し置いて“アイドルの活動休止予告”がトップニュースだったのは、確かにやり過ぎと思われて当然かと…」(同・関係者)

    発表段階でこの騒ぎでは、実際に活動休止となる2年後は『ウンザリ』がもっと広がってしまいそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1671724/


    所長見解:たしかに・・・

    【【マスコミ】嵐の活動休止が連日トップニュース扱いの結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大河「いだてん」綾瀬はるか“爆走シーン”は「リハなしの一発撮り」ネットで話題「競輪選手並み」

    歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(48)がダブル主演を務めるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)は20日、第3話「冒険世界」が放送され、綾瀬はるか(33)演じるスヤの“爆走”が話題となった。

    東京高等師範学校へ進学した四三(勘九郎)は、夏休みに故郷の熊本へ帰省しスヤと再会。

    四三が美川(勝地涼)とSL列車に乗って東京へ戻る途中、自転車に乗ったスヤが見送りに現れた。

    スヤは自転車を“爆走”させながら四三の乗った列車と並走。

    「四三さん、お達者で!」と再び東京へ向かう四三を見送った。


    放送終了後、さっそく視聴者からインターネット上で反応が。

    「綾瀬はるかの自転車爆走シーンは何度でも見たくなる。あの脚力は本物」
    「汽車に並走する綾瀬はるかさんの自転車を漕ぐ脚力に驚き。競輪選手並みだった」
    「綾瀬はるかの競輪選手並みの脚力がヤバい。オリンピックに出れる」

    など、綾瀬の脚力に驚きの声が続出した。


    番組公式ツイッターもこのシーンについて言及。

    「SL列車と並走するシーンは、リハーサルなしの一発撮り。時速はおよそ30キロ。
    カットの瞬間、拍手が湧き上がりました」と詳細を説明している。


    綾瀬はるか演じるスヤ(右)は自転車でSL列車と並走する(C)NHK

    no title

    no title

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/20/kiji/20190120s00041000351000c.html


    所長見解:さすがやね・・・

    【【いだてん】綾瀬はるか、凄すぎる爆走シーンがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    古田新太が「あまちゃん」裏話、のんを絶賛

    俳優の古田新太(53歳)が、1月11日に放送された朝の情報番組「あさイチ」(NHK総合)に出演。

    2013年上半期に放送された連続テレビ小説「あまちゃん」の裏話などを語った。

    古田は「あまちゃん」で大物プロデューサーの役を演じたが、劇中、手を脇の下に挟むポーズについて、映画「トレインスポッティング」のポスターを真似たという。

    ところが、あとでとんねるずの石橋貴明から「あれは秋元(康)さんの癖を知っていたの?」と聞かれるほど、秋元康の癖に似ていると指摘されたそうだ。

    また、主演を務めたのん(能年玲奈)について「キラッキラしてました。クドカンからヒロインはどうなの、という話は聞いていたんですけれども、のんちゃんはキラッキラしていました」と絶賛。

    n


    さらに、親交のあった勝地涼が演じた前髪クネオは、古田による演技指導があり、「くねらせるなら、もっとしっかりくねらせるし、前髪いじるならもっとしっかりいじらなきゃいけない!」、腰を振るシーンも「縦だけでいい!横は捨てろ、縦だけで押せ!余計なことするな!」ともはや監督のようだったとのこと。

    そのおかげもあってか、勝地はNHKに爪痕を残したと、古田に対して感謝の言葉を伝えた。

    https://www.narinari.com/Nd/20190152818.html


    所長見解:もったいないな・・・

    【【あまちゃん】古田新太がのんを絶賛した件・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ