ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:NHK

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    全然盛り上がらんやん…
    テーマソングならチャンピオーネ好きやったで

    s


    所長見解:盛り上がらんな・・・

    【【放送事故】サチモスのW杯テーマソングが微妙過ぎな結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHK W杯キャスター佐藤美希に非難殺到 失言、間違い...
    「先輩」足立梨花かばうも「黙っててほしい」

    「進行が下手すぎる」などとして、NHKのロシア・ワールドカップ(W杯)番組でスタジオキャスターを務めるタレント・佐藤美希さん(24)がインターネット上で誹謗中傷にさらされている。

    ゲストや選手の名前を言い間違えることもあり、降板を求める声すら出た。
    その中で、サッカーにおいて佐藤さんの「先輩」に当たるタレント・足立梨花さん(25)が、声を上げた。

    s


    ■「森岡ゆうぞう、......りゅうぞうさん」

    2018年6月14日に開幕したW杯で、佐藤さんはNHKのキャスターとして毎日のようにスタジオ出演し、局アナウンサーと2人で番組進行を担っている。
    ただ、その評判は決して芳しいものではない。

    特に非難されてしまったシーンがいくつかある。
    16日未明に行われた今大会注目の1戦、B組のポルトガル対スペイン戦中継前のスタジオトークでのことだ。
    ゲスト解説に呼ばれた02年日韓W杯日本代表、ガイナーレ鳥取前監督の森岡隆三氏(42)に、佐藤さんは

    「なぜスペインが優勝から遠ざかっているのかというのは、森岡さん、どういった点だと思いますか?」

    と質問した。

    スペインといえば、わずか2大会前の10年南アフリカW杯で優勝したばかり。
    前回ブラジルW杯でまさかのグループリーグ敗退となったことを念頭に置いていた可能性はあるが、森岡氏は動揺したのか「遠ざかっている...?」と苦笑い。
    「と言っても...」と話そうとしたが、佐藤さんは自ら質問を振ったにもかかわらず「まあなかなか良い選手はそろってますけど、優勝まではたどりつかない要因は?」と慌てたように割り込んだ。

    この試合はもう1つ。
    ハーフタイムでスタジオに切り替わった際、佐藤さんは、

    「スタジオには元日本代表で、森岡ゆうぞう、......りゅうぞうさん」

    と、ゲストの名前を間違えるミスもしてしまった。


    ■「頭ではわかってても口が動かなかったりするものです」

    16日夕のW杯ハイライト番組でも「失言」があった。
    試合終了間際のオウンゴールで雌雄を決したB組のモロッコ対イラン戦(0-1)を振り返り、

    「まさかのオウンゴールで試合は決まりましたけれども、『両クラブ』とも、やはりあの、守備が固いなという印象がありました」

    と、ナショナルチームを「クラブ」呼び。

    さらにA組のウルグアイ対エジプト戦。
    南米の強豪による猛攻を死守しながら、後半44分の1点にエジプトが泣いたこの試合、佐藤さんは、

    「ウルグアイが攻めるシーンが多かったですが、カバーニ選手のセーブすごかったですね!」

    と感嘆したが、選手名がおかしい。

    カバーニといえば、言わずと知れたウルグアイのストライカー。
    イタリア・セリエAとフランス・リーグアンで得点王も獲得した世界屈指の点取り屋だ。
    この試合、カバーニらウルグアイのシュートの嵐にファインセーブを連発したのは、エジプトの守護神エルシェナウィだった。

    佐藤さんの誤りに、稲垣秀人アナウンサーがすかさず「えーと、エルシェナウィ選手ですね、エジプトの」とフォローに入ったが、佐藤さんは悪びれた様子もなく「はい! GKの選手。最後の最後に決められてしまいましたが」と話を続けていた。

    (中略)

    佐藤さんは18、19日と出演していないが、NHKの番組表によれば20日のA組ウルグアイ対サウジアラビア戦の放送に出演する。

    https://www.j-cast.com/2018/06/19331747.html?p=all 


    所長見解:許した・・・

    【【炎上中】NHK W杯キャスター佐藤美希に非難殺到の理由がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子が、今月に入って立て続けにNHKの番組に出演して話題を呼んでいる。

    和田といえば、5月23日に発売したBOYS AND MEN 研究生(以下ボイメン研究生)とのコラボシングル「愛を頑張って」がオリコン週間ランキングで初登場2位にランクインした。

    w


    「突然の和田の“変わり身”には驚きの声があがっている。
    というのも、和田は16年の紅白歌合戦に落選。
    その怒りはすさまじく、出演した各番組でNHKに対しての“恨み節”をぶちまけたうえ、NHKに“絶縁宣言”していたほどだった」(芸能記者)

    ところが、ここに来て突如NHKに出演。
    そこには和田なりの狡猾な計算があったというのだ。

    「今回のCDが売れたのは、どう考えてもボイメン研究生のおかげと思われます。
    今年、すでに昨年の出場者では、TOKIOが元メンバーの山口達也の不祥事で落選決定と言われている。
    そこで空いた1枠でボイメンの初出場が浮上。
    和田はそこに便乗したいようで、和田サイドからNHKに出演を打診したようです」(テレビ局関係者)

    和田は1970年の紅白に初出場以来、78年まで9年連続で出場。
    そこからしばらく出場がなかったが、86年に再出場以来、2015年まで30年連続で出場。
    40回目の出場がかかった16年に落選していた。

    「和田としては、なんとしても40回目の出場を果たすべく、紅白の選考条件の1つである『NHKへの貢献度』を考え、すり寄ったのでは」(先の記者)

    https://npn.co.jp/article/detail/24471555/


    所長見解:もういいよ・・・

    【【悲報】和田アキ子、紅白復活の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    30歳の誕生日を迎えた昨年5月30日、フジテレビの谷岡慎一アナ(31)と結婚したNHKの顔、桑子真帆アナ(31)。
    世の男性諸氏の間に「桑子ロス」が広がったが、それも束の間、1年で破局である。
    その予兆だったのか、桑子アナは意外な姿をさらしていた。

    一方、「谷岡ロス」と呼ぶ人はだれもおらず、「それに谷岡アナは“桑子アナの夫”と形容されるけど、桑子アナが“谷岡アナの妻”と呼ばれることはない。プライドが高い彼はそんな“格差”を気にしているようでした」と、在京の民放関係者。

    桑子アナと谷岡アナは2010年の同期入社組で、「大学2年くらいから準備しているアナウンサー志望者は、在京局を一緒に受けていると、入社は他局になっても同期はすごく仲がいいものです」(テレビ関係者)

    かくして、15年4月に桑子アナが広島放送局から東京に異動したのを機に交際が始まった。だが、その後、彼女は「ブラタモリ」でブレークすると、昨年4月からは「ニュースウオッチ9」のキャスターに抜擢され、あれよあれよとNHKの顔になってしまったのは、ご存じの通りである。

    まさに結婚直前のタイミングで“格差”はさらに開いたわけだが、結果、先行きへの不安でも感じたのか、桑子アナは「NHKの」と形容するのが憚られるような「顔」を見せていた。

    NHK局員が回想する。

    「桑子さんはキャスターには珍しく、番組の打ち上げや反省会にマメに顔を出してくれるんですが、特に去年の結婚前後は、日本酒を一気に飲み干したりすることが頻繁で、飲みすぎて介添えがないとフラフラなことも多かった。
    あるときなど、若い男性2人組に“キレイだね”と声をかけられると、嬉しそうに“私ってキレイ?”と口走って、そのまま男性について行っちゃった。
    男性局員たちが慌てて引き剥がしましたけどね。
    去年の忘年会のころも似たような状況で、そうこうするうちに欠かさずはめていた結婚指輪も、この3月下旬くらいから外していましたね」

    マリッジブルーか、責任の重さゆえのプレッシャーか、結婚前後から、すでにストレスが溜まっていたフシがあるのである。

    m


    ■“妻”は半年も前から

    ところで、離婚届はこれから出されると見られており、谷岡アナの母親は、「なにもお話しできることはございません」と、少なくとも離婚を否定はしない。

    2人の生活が時間的にすれ違っていたのも疑いなく、「桑子は平日は11時ごろ職場に着き、番組が終わってから帰宅。
    一方、朝の番組が多い谷岡アナは早朝に出勤して夕方帰宅。
    それだけでも時間的なすれ違いが大きいうえ、売れっ子の桑子は選挙や紅白、五輪などに引っ張りだこ。
    一方、谷岡アナも土日は競馬の番組やスポーツ中継で忙しい」

    そう語るNHK関係者が桑子アナを評するには、「そもそも家庭の臭いがまったくしない彼女が、ますます仕事に走ったから」

    そんななか、桑子アナはだれもが有働アナの後継と目する“スター”になり、「年収も“一般人”の谷岡さんが1200万~1300万円で、給与改革で下がりそうなのに対し、桑子さんは手当を加えると、1000万円台の後半は固い」

    そう語る谷岡アナの知人は、こんなエピソードを。

    「結婚報道後は“おめでとう”と言うと、デレデレっと嬉しそうでしたが、離婚報道後は、だれもその話題に触れず、腫れ物に触るような雰囲気です」

    一方、桑子アナの知人は、「もう半年ほど前に“離婚するかも”と聞かされ、驚きました」

    すれ違いを早々に見切った桑子アナが、一人勢いよく旅立った――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00543556-shincho-ent&p=1 


    所長見解:軽いな・・・

    【【一年で離婚】桑子真帆アナ、ナンパ男について行った結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の新キャストが発表され、AKB48兼NGT48の柏木由紀さんが出演することが13日、明らかになった。
    柏木さんが大河ドラマに出演するのは初めてで、西郷吉二郎(渡部豪太さん)の妻・西郷園を演じる。

    また、水川あさみさんが坂本龍馬(小栗旬さん)の妻・お龍を演じる。
    中岡慎太郎役で山口翔悟さん、伊藤博文役で浜野謙太さん、松平容保役で柏原収史さんも大河ドラマに初出演することも分かった。

    「西郷どん」は、明治維新から150年となる2018年に放送される57作目の大河ドラマ。
    薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿に、カリスマ藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走。
    勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……という内容。

    NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000008-mantan-ent

    NHKの大河ドラマ「西郷どん」に出演が決まった柏木由紀

    no title


    所長見解:なかなか・・・

    【【てごどん】AKB・柏木由紀、「西郷どん」で大河ドラマ初出演がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ