ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:NHK

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    南果歩 渡辺謙と“離婚交渉”開始報道を否定「縁あって夫婦」

    w


    「昨年の春から、私たちのことで、周りの方たちにはいろいろなご迷惑をかけてしまいました。だからこれ以上は、私と彼のことで皆さんにご迷惑をかけたくないと思っています」

    慎重に言葉を選びながら、本誌にそう語ったのは女優・南果歩(53)。
    言葉数こそ少なかったものの、その一言一言からは彼女の心情がにじみ出るようだった。

    南が“彼”と呼んだのは、現在は別居中の夫・渡辺謙(58)のことだ――。
    週刊文春により、渡辺謙がジュエリーデザイナーと長年の不倫関係にあると報じられたのは昨年3月。
    乳がん闘病中の妻を裏切っていたことが発覚し、“世界のワタナベ”のイメージも一気に悪化した。
    しかし、それから10カ月、微妙な変化が見られるようになっているという。

    「大河ドラマ『西郷どん』での熱演です。
    渡辺は島津斉彬を演じていますが、その存在感はさすがとしか言いようがありません。
    SNSでは『やっぱり演技はうまい』『私生活はひどいけどカッコいいのは認める』といった声も増えています」(テレビ局関係者)

    俳優としては失地回復の兆しをみせている渡辺。
    しかし、まったくというほど伝わってこないのが、妻・南果歩からの信頼の回復だ。
    『週刊文春』(18年1月4日・11日号)では“昨年秋頃から離婚に向けた話し合いが進んでいるものの、南の怒りが収まらず離婚届に判を押そうとしていない”と報じられているのだが――。

    別居開始からすでに10カ月、南の本心はどこにあるのか?
    1月中旬、本誌は東京都内の複合施設へ買い物に来ていた南を直撃取材した。

    ――昨年秋から離婚に向けた話し合いが始まっているとも報じられていますが?

    「そういった記事があったのは知っていますが、それは間違いです」

    ――では、離婚協議は行っていないのでしょうか?

    「先方のこともありますから、この場で詳しくは申し上げられないのですが……。
    今後、お話し合いはしっかりしなければならないとは思っています」

    どうやら南としても、夫との関係をこのまま放置する気はないようだ。
    渡辺との話し合いが実現していない理由について、南はこう語った。

    「いま“彼”は(『西郷どん』の)仕事で、九州にいますし、忙しいでしょうからね。
    そんなときに、いろいろ物事を進めるわけにはいけませんよ」

    ――同じ俳優として、渡辺さんのお仕事は尊重したいということでしょうか?

    「そうです、そうです。やっぱり仕事に集中させてあげたいじゃないですか。
    仕事が生きがいで、最優先という人ですからね」

    裏切られながらも、“夫の俳優業に協力したい”と、妻の矜持を保つ南にあえて聞いてみた。

    ――では、“妻として”渡辺さんにおっしゃりたいことはありますか?

    「……それは、女性自身さんの誌面を通じてではなく、直接彼に話したいですね」

    “妻として”、その言葉に対して南は一瞬だが初めて口ごもった。

    ――いまも渡辺さんを愛しているのでしょうか?

    「いまはお答えできません。彼が私にとって、どんな存在かですか?
    それも一言では言い表せません」

    ――やはり、どこかで自分を裏切った渡辺さんを憎む気持ちもあるのでしょうか?

    「……もちろん縁があって夫婦になったわけですから、(憎むとか)そういった言葉は、やっぱりいまも使えません。
    繰り返しになりますが、彼にはしっかりとお仕事をまっとうすることだけを考えて欲しいと思っています。
    では、これで失礼します」

    渡辺謙への愛憎のはざまで揺れている心を押し隠すように、南果歩は毅然とその場を去った。
    納得のいく話し合いが持たれる日まで、南は胸の内にある “揺れる心”を見つめ続けることだろう――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010002-jisin-ent 


    所長見解:別れたほうがいいんじゃないの・・・
    【【不倫離婚】南果歩 渡辺謙と離婚交渉を否定ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年の大晦日、日本を代表する46組の歌手が出演した「第68回紅白歌合戦」。
    週刊文春恒例のアンケート企画「紅白で良かった歌手」には、16~77歳のメルマガ会員から、6600以上の回答が集まった。

    ◆ランキング1~20位はこちら
    http://bunshun.jp/mwimgs/9/5/-/img_9520b2beab07f47fd51e9e267ff8f70b41341.gi

    ダントツの得票で2位以下を圧倒したのが、今年9月での引退を発表した安室奈美恵(40)。
    純白のドレスを着てリオ五輪のNHKイメージソングにもなった「Hero」を歌い上げる姿に、「神々しかった」(40・男性)の声が続々。
    瞬間最高視聴率48.4%をマークした。

    n


    「別格。気合いの入ったセットや純白の衣装、驚異的な頭身も相まって“オーラ”という言葉がこれほどしっくりくるシーンはなかった。美しかった!」(57・女性)
    「歌った後の涙を浮かべた姿、時折見せる深呼吸の様子。安室さんの今回の紅白にかける意気込み、ファンへの感謝の気持ちが伝わってきました」(37・男性)

    次点にはデビュー30年目で初出場を果たしたエレファントカシマシ。
    1997年リリースの名曲「今宵の月のように」を演奏した。

    「歌詞が今の世間や政治を斬っている様で気持ち良かった。出だしの『くだらねえとつぶやいて 醒めたつらして歩く』が良かった」(71・女性)
    「まっすぐで偽りのない歌声と切ないメロディに、若い頃のピュアな自分を重ねて思い出した」(54・女性)
    「ロック系歌手特有の出てやってる感が皆無」(51・女性)

    デビュー20周年の節目に紅白初出場を果たした三浦大知(30)は3位にランクイン。
    「Cry & Fight」と「EXCITE」のメドレーで、バックダンサー8人とともに音楽がない状態でピッタリと呼吸をあわせて踊る“無音シンクロダンス”を披露した。

    「彼だけ異次元!」(38・女性)とハイレベルなパフォーマンスに称賛の声が上がった。
    「人気のある方とは知っていたが、自分からは聴いたり観たりせずでした。紅白登場を観て、魅力満載の方と感じました」(70・女性)

    4位は欅坂46。センターの平手友梨奈(16)が「僕は嫌だ」と叫び、感情移入しながらメンバー全員が一心不乱に踊る「不協和音」のダンスが話題になった。
    メンバー3人が過呼吸に見舞われ、パフォーマンス後に倒れ込むハプニングも。

    「過呼吸で3人倒れたほどの迫力に感心」(69・男性)
    「みんな同じ顔をしているアイドル集団だと思っていたが、個性・味がある」(38・女性)
    「我々の時代の反戦歌を思い出した。お祭りの雰囲気を壊しそうだが、現実は甘くないと言わんばかりのド迫力で紅白を締めた」(66・男性)

    頭に巻きタオルをしてTシャツ姿で「よー、そこの若いの」を歌い上げた竹原ピストル(41)も4位タイ。住友生命「1UP」のCMソング起用で有名になった曲だ。

    「アコギ1本で聴かせた!って感じ」(48・女性)
    「説教臭くならないぎりぎりのメッセージ性。それは彼が一生懸命歌う姿勢があるからだと思う」(50・男性)

    >>2以降につづく

    文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180113-00005802-bunshun-ent


    所長見解:まあ、そうなんだろうね・・・
    【【話題順位】紅白で一番良かった歌手は誰ってよwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    長期にわたり低迷が続くフジテレビ。
    今年4月の改編で夕方のニュース番組の司会にNHKの登坂淳一アナウンサー(46)を起用することが分かった。

    t


    「昨年10月から『ユアタイム』の後継番組として始まった『THE NEWSα』が局内の期待に応えられず低迷。
    加えて夕方の『みんなのニュース』、お昼の『FNNスピーク』も低視聴率に喘いでいる。
    4月からは各番組のタイトルやセットを統一し、イメージ一新とコスト削減の一石二鳥を狙います」(フジテレビ関係者)

    なかでも低迷が続く夕方の「みんなのニュース」のテコ入れは喫緊の課題だ。

    「同時間帯の日テレの『news every.』が視聴率10%超えを連発しているのに、『みんなの~』はわずか4%前後。
    打開策としてフリーアナの宮根誠司を抜擢する話も進んでいたが、文春に書かれて頓挫しています」(同前)

    そこで次なる候補として急浮上したのが、NHKアナウンサーの登坂だという。
    公家のようなルックスと穏やかな口調から“NHKの麿”として知られ、現在は鹿児島放送局に勤務している。

    芸能関係者が明かす。

    「実は登坂は3月までにNHKを退局して大手芸能事務所に所属し、フリーアナウンサーとして活動する予定です。フジ側もそれを承知で、昨年から彼と交渉に当たっていた」

    フジテレビは「キャスティングの詳細に関してはお答えしておりません」と回答した。

    1月10日(水)発売の「週刊文春」では、登坂アナ抜擢の経緯について詳報している。

    http://bunshun.jp/articles/-/5770


    所長見解:だから辞めたのね・・・
    【【NHK麿】登坂淳一アナがフジ夕方ニュース司会に内定ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHKの登坂(とさか)淳一アナウンサー(46)が、今月11日をもって同局を退局することが9日、分かった。

    m


    登坂アナは1997年にNHKに入局し、和歌山放送局から大阪放送局を経て、04年から東京放送局に異動。
    「NHKニュース おはよう日本」を皮切りに、全国ネットの定時ニュースを担当するなど、同局でも中心的な存在となった。

    公家のような雰囲気を感じさせる風貌から、ネット上での愛称は「麿(まろ)」。
    06年には白髪染めの使用をやめ、急激に白髪が増えたように見えたことが大きな話題となるなど、全国でも屈指の人気を誇った。
    10年3月に札幌放送局に異動となり、その後は大阪放送局を経て、昨年4月から鹿児島放送局に勤務。
    同局によると、現在はレギュラー出演している番組はないという。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14136032/


    所長見解:地方に飛ばされてたんだ・・・
    【【白髪公家】登坂アナ、NHK退社 ネットの愛称「麿(まろ)」ってよwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いやはや、実に気持ち良い歴史的大勝利だった。
    何の話かというと、紅白歌合戦のことである。
    NHKの「Chase the Chance」的な努力による安室奈美恵の電撃出演があり、特別枠とはいえ紅組が有利になるのではと懸念していたのだ。

    しかし、白組は総合力の強さを見せつけ3年ぶりの勝利をおさめた。
    これで対戦成績は白組37勝、紅組31勝となった。
    地デジデータ放送による視聴者投票が可能となっており、しかも出演者1組に対してどちらか1票を投じることができるシステムはどうなのかという声もあったが、勝ちは勝ちである。あっぱれ!


    ◆よく言えば安定感、悪く言うと無難だった

    X JAPANのYOSHIKIドラム解禁、Toshl への洗脳ネタいじり、欅坂46の構成員が3人倒れるなどのトラブルもあったものの、よく言えば実に安定感があるというか、悪く言うと無難な紅白歌合戦であった。
    桑田佳祐はいつになく上品だった。
    Perfumeを渋谷の超高層ビル「セルリアンタワー」の上で歌わせるのは、労働環境過酷でブラック企業みたいだったが……。

    なんと言っても株を上げたのは竹原ピストルだ。
    ナイスな歌いっぷりだ。
    彼はサントリーの缶コーヒーBOSSのCMに出演しているが、全国紙に掲載された同社の応援広告も素敵だった。
    「竹原ピストル。今夜はじめて彼を知る人がいる。いいなあ。きっと驚くよ。心を撃ち抜く、その歌に。」という粋なコピーだった。
    まさにその通りになったのではないか。

    総合司会のウッチャンも白組司会の二宮和也も安定感があった。
    有村架純はもっと司会を練習しろ、お前芸能人だろと言いたくなった。

    残念ながら、2部の視聴率は39.4%で歴代ワースト3位だったそうだ。
    とはいえ、大晦日の楽しみ方が多様化しているし、音楽自体、細分化している中、これだけの視聴率をとるのはあっぱれだ。
    実験的すぎて酷評された昨年と比べると私は安定感があって好きだった。
    もちろん、視聴率のためにも、多様性という意味でも、演歌を増やすべきではとも思った。
    もっとも、よく考えると演歌歌手も世代交代しており、今までの常連が出なくなっただけなのだが……。
    ナイスな紅白だった。


    ◆安室奈美恵には全く感動しなかった

    「太陽のSEASON」に終止符を打つことにした安室奈美恵の存在感が期待ほど大きくなかったことこそ、今年の紅白の安定感、もっと大胆に言うならば、日本の音楽シーンの充実度、層の厚さを物語っていたのではないか。
    さらに言うならば、直前に発表された安室奈美恵が視聴率の起爆剤にならなかったことこそが、「安室奈美恵とは何か?」を物語っている。

    n


    皆が礼賛モードなので、逆張りでPV狙いのためにけなすわけではないが、彼女の出演は面白いくらいに感動しなかった。
    もっと泣きたかったというのが率直なところだ。
    メディアも「安室奈美恵の紅白出演に国民は涙」などと書きたかったのだろう。
    しかし、奇しくも彼女の代表曲であり19歳にして第38回日本レコード大賞を受賞した「Don’t wanna cry」状態だった。
    いや、単純に泣けないのである。
    もうその場から「Body Feels EXIT」だったのだ。

    ちゃんと見ないとけなせないので、リアルタイムで見ていたし、録画も見たのだが、まず、目が痛くなるほどのライトの当て方で、暑そうだった。
    いや、見ていて目が辛くなった。
    白いイメージを印象づけるためなのか、肌をキレイに見せるためなのか……。

    地元沖縄や海外から生中継ならまだ分かるのだが、同じ敷地内での別スタジオでの出演というこの特別待遇感が逆に痛かった。
    涙を見せたものの、淡々としたパフォーマンスに見えた。
    何より、NHKにいるのなら会場で挨拶しろよと思った次第だ。

    事前に流された煽り映像はなかなか興味深かった。
    安室奈美恵といえば不老長寿というか、ずっとルックスが変わらないと評判だったが、初期の映像が流され、さすがにそれなりに年齢を重ねていることを確認できた。
    早すぎる引退とは言うものの、デビューして25年だ。
    長きにわたって活動してきたのである。
    引退させてあげても良いのではないかという心境になってしまった。

    何より、選曲がダメだった。
    彼女がこの夜に歌った「Hero」はリオデジャネイロ五輪のテーマ曲なのだが、私は閉会式をYouTubeで見ただけなので、全く知らなかった。
    たしかに、NHKとも関係があるし、最近のヒット曲ではあるが、お茶の間が期待していたのは昔の曲なのではないか。
    「TRY ME ~私を信じて~」とばかりに口説いたNHKだったが、そもそも特別枠での出演、そして選曲自体どうだったのか。

    つづく

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00000500-fsi-bus_all


    所長見解:何これ・・・
    【【中年感想】安室奈美恵の引退で「邪魔者が消えた」と思ったってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ