LINE

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新婚夫婦のLINEが流出 すまん、婚活するわ

    no title

    no title

    所長見解:いいやん・・・

    【【検証画像】新婚夫婦の流出LINEがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    6月21日に放送されたバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の冒頭で流れた“意味深”な演出が、視聴者の間で話題になった。

    「MCの内村光良さん以外はリモート出演。
    宮川大輔さんらほかの出演者の挨拶がLINEのメッセージ風に画面に出ていたのですが、突如“退出しました”という表示が出たんです」(視聴者のひとり)
     
     
    誰が退出したのかは具体的に明かされなかったが、実際に『イッテQ!』では最近 “退出”したばかりの人がいる。

    NEWSのメンバーだった手越祐也だ。


    「6月19日に、ジャニーズ事務所からの退所が発表されました。
    同日、日本テレビも手越さんの今後の『イッテQ!』出演に関して“レギュラーとしての出演はありません”とのコメントを出しています」
    (スポーツ紙記者)

     
    たび重なる夜遊び報道が、退所を早めた要因のひとつにもなったようだが、あまりにも急だったため、周囲も驚きを隠せない。

    「日本テレビ側にも、事前にこれといった報告はありませんでしたからね。
    『イッテQ!』でも、手越さんの花道となるような企画ができればよかったんですが、時間が無かったんでしょう。
    “退出しました”の演出が、彼に対する番組側の精いっぱいのメッセージだったのかもしれません」(日本テレビ関係者)


    c

     
    このような形で番組を降板することは、本人としても不本意だったのだろう。

    6月23日の夜に開かれた緊急記者会見では、『イッテQ!』に対する思いをこう語っている。

    「個人になっても出演させていただけるのであれば、喜んで出るし、変な話ノーギャラでも出たい。
    そのくらい大切な、とにかく楽しいと思っていた番組なので、それが叶(かな)うならもちろんやらせてほしいな、と今でも思います」

     
    '07年のスタート時から、一緒に番組を作ってきたMCの内村は、手越の突然の卒業をどう思っているのか。

    6月下旬の夕方、都内の自宅前で直撃した。


    ──手越さんの会見は見ましたか?

    「はいはいはい」

    付き合いの長い内村らしく、“勇姿”はしっかりチェックしていたようだ。


    ──手越さんとは、退所発表後に何かお話はされましたか?

    「《また宮川くんたちと3人で、どこかの国のお祭りにいけたらいいね》というメールは送りましたよ。
    すぐには実現できないと思うけど……」


    ──『イッテQ!』は、ノーギャラでも出たいと言っていましたね?

    「そういう機会があることを願ってます。
    彼の選んだ道ですからね。
    頑張ってください……という感じです」

     
    複雑な立場にある手越のことを思ってか、ひと言ひと言、慎重に答えてくれた内村。

    いつか、再び共演する日は来るのだろうか──。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/87c72a4b1ab37fd91c44924fed2d3a83e7a956aa

    所長見解:もうな・・・

    【【イッテQ降板】内村光良が手越祐也に送っていたメールがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「俺頭良くて成功してる人好き」LINE入手 

    NEWS手越祐也がステイホーム中に“ガールズパーティー”開催


    3月下旬、安倍首相の妻・昭恵夫人が開いた「花見会」に出席していたことで世間を騒がせた、「NEWS」の手越祐也(32)。

    だが、緊急事態宣言の最中の4月下旬にも飲み会を開き、女性たちと“パーティー”を開催していたことが「週刊文春」の取材で分かった。


    手越の知人が明かす。

    「ステイホーム週間と呼ばれたゴールデンウィーク中も、彼は都内の飲み屋にいましたよ。ただ、自粛しているお店が多かったため、自らお気に入りの“手越ガールズ”を集めて個人的に“キャバクラ手越”を開催していたそうです」

     
    小誌は“手越ガールズ”の一人、20代前半のA子さんが4月下旬に手越から呼び出された際のLINEを入手。

    そこにはこんなやり取りが。


    手越〈タクシーで来るでしょ?〉

    A子さん〈タクシーでいくよ!〉

    手越〈領収書もらってきてねー〉

    A子さん〈ありがとう!〉

    手越〈20:30ね〉

    A子さん〈了解だよ!〉


    手越は芸能界にとどまらない幅広い人脈で知られ、LINEでも〈俺頭良くて成功してる人好きだからいい人とかすごい人しか接しないw〉と洩らしていた。

    「手越君は女性を周囲にはべらせて飲むのが好きで、コロナ禍であろうと、連絡すれば駆け付けてくれる子が何十人もいる。
    ジャニーズのタレントは『ステイホーム』を呼びかけていますが、手越君は『こんな時だから明るく楽しく!』なんて言ってます」(前出・知人)


    A子さんに電話で話を聞くと、「私はただ呼ばれて飲み会に行っただけ。
    軽率な行動だったと反省しています」と答えた。


    ジャニーズ事務所に事実関係について問うも、回答はなかった。


    5月13日(水)発売の「週刊文春」では、A子さんはいったい何者なのか、手越のステイホーム期間中の夜遊びの様子のほか、コロナ対応にあたる全国知事の“本当の実力”や、コロナ禍における中国の“火事場泥棒”な所業、“風俗発言”岡村隆史がどうしても続けたい番組など、「コロナの主役と悪役」の裏側を28ページにわたって詳報する。


    「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年5月21日号
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200512-00037765-bunshun-ent


    no title

    所長見解:手越やし・・・

    【【無双】手越祐也さん、ヤバすぎるLINEが流出した結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    厚生労働省と通信アプリ大手のLINEが協力して行った新型コロナウイルス対策のための全国調査で、4日以上発熱が続いていると答えた人が全体の0.11%と全国でおよそ2万7000人に上ることが分かりました。

    中でも長時間の接客や外回りなどの仕事についている人は、発熱を訴える人の割合が平均の2倍に上っていました。

    専門家は、「感染リスクを少なくする働き方や過ごし方」をより徹底することが必要だとしています。

    n


    この調査は、LINEが厚生労働省と情報提供の協定を結び全国の利用者、8000万人以上に対して健康状態や感染予防の対応について尋ねたもので、先月31日から今月1日にかけて第一回の調査が行われました。

    これまでに寄せられた全国でおよそ2400万人の回答を分析したところ、37度5分以上の発熱が4日以上続いていると答えた人の割合が全国平均で0.11%、数にして2万6900人余りに上りました。

    都道府県別の割合では沖縄県がもっとも高く、次いで東京都、北海道、大阪府が全国平均を上回っていました。


    発熱を訴えている人を職業別のグループで分類したところ、飲食店や外回りの営業など長時間の人との接触や密集を避けるのが難しい職業のグループでは、0.23%と全体の平均の2倍余りに上っていました。

    一方、在宅で家事や育児をする人など人との接触を避けることが比較的容易なグループでは0.05%と全体の平均の半分以下の割合となっていました。


    厚生労働省のクラスター対策班と連携してデータを分析した慶應義塾大学の宮田裕章教授は「4日以上の発熱が直ちに新型コロナウイルス感染を示すものではないが、人との距離を取ることが難しく防御の行動を取りづらい働き方や過ごし方をしている人ほど感染リスクが高いと見られる。
    特にそうした職業の人では、人との距離を保つことができるような環境づくりなど、感染リスクを少なくする働き方や過ごし方をより徹底することが必要だ」と話しています。
    NHKニュース 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200410/k10012381141000.html 



    所長見解:あかんやん・・・

    【【日本全滅へ】全国LINE調査の結果、4日以上発熱が続く人2万7000人 ←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 2020/03/29(日) 14:25:22.47

    「朝の生番組で志らくさんを見て、『あっ、またやったんだ』、『志らくさんは未だに奥さんの管理ができていないのか』と怒りが再燃しました」

    こう憤るのは、都内で芸能事務所を営むA社長だ。


    「週刊文春」3月5日発売号で報じた立川志らく(56)の妻・酒井莉加(38)と志らくの弟子との不倫。

    発売当日の朝、志らくが「グッとラック!」(TBS系)の冒頭で「私は妻のことを信じております」と語った。

    f


    その言葉を聞き、A社長は当時20代後半だった俳優Bを思い出したという。

    「5年以上前になりますが、志らくさんはBにチャンスをくださって、主宰する『下町ダニーローズ』の舞台に出していただくことになったのです」(同前)

    ところが、その稽古期間中、Bは同じ舞台に出ていた酒井と不貞行為に及んでしまったという。

    「それを知って、とにかく志らくさんにお詫びしなければと思い、すぐに私の部下を志らくさんのご自宅へ行かせました」(同前)

    事務所スタッフは志らくの自宅を訪れ、まず最初に土下座した。

    しかし、怒り心頭だった志らくはこう言い放ったのである。

    「お宅の会社の方針として、こういうことがあったとき、クビにしないのか」

    「自粛させないのか」

    事務所スタッフは1時間ほど平身低頭で謝罪。

    何とかその場は収めたが、その日以降も話し合いが続いた。


    「Bは売り出し中で大切に育てていたので、クビだけは受け入れられなかった。
    志らくさんとの話し合いの結果、Bの活動を当面自粛させることになりました。
    もちろん、私はBを叱りました」(前出・A社長)


    後日、A社長はBから詳しく話を聞いた。

    すると、Bは酒井から執拗に言い寄られたり、「私の立場がわかっているのか」と脅されていたと打ち明けたという。

    「B本人は自分の過ちを認めて反省しつつ、『できれば関係を持ちたくなかった』と話していました」(同前)


    その当時の2人の関係を物語るLINEのやりとりを「週刊文春」は入手した。

    2人が一夜をともにした3日後、酒井は〈Bさんのことが好きー〉と告白。

    その翌日には〈明日も夜一緒にいてください〉。

    さらに翌日以後も食事に誘って、〈そのまま泊まりましょう。
    日曜日、着替え持ってきてねー、お休みー〉


    ただ、このときは酒井の誘いを何とかかわしたB。

    次の日の深夜、酒井はBに愚痴をこぼす。

    〈志らく支えるの疲れたー助けてー〉

    そんな酒井をBがなだめていると……。


    その翌日の夜、〈志らくです〉と名乗り、立て続けにLINEが届いたのだ。

    〈本番中揉め事をおこさないように。〉

    〈かみさんとどうなったんだ〉

    〈返事ないなら明日俺に喋りかけるな。〉


    Bが〈なにもなっておりません。
    明日、お話をさせていただけませんか〉と返信したが、返事はなかった。

    その翌日の昼――。

    酒井からメッセージが届いた。


    酒井から届いた驚きのメッセージ

    〈わー!ごめん!志らく狂ってたね!〉

    酒井は志らくが勝手にLINEしたと強調した上で、〈睡眠薬のんでラリっていたから覚えてないって言ってるから多分、何も言わなくても大丈夫だよー! まぢ焦ったごめんね〉


    志らくの所属事務所に書面で確認したが、回答はなかった。


    前出のA社長が話す。

    「妻を守るという前に、奥様が立場を利用して若い男性と関係を持つことが多々あるなら、
    一方的に不倫相手を責める前に、どちらが加害者なのかを見極めてほしい。
    志らくさんには家庭をまずきちんとしていただきたいと思います」


    https://bunshun.jp/articles/-/36910

    所長見解:嫁よ・・・

    【【これはすごい】志らく妻が不倫相手に送ったヤバすぎるLINEがコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ