GACKT

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    主演映画『翔んで埼玉』が大ヒット中のロック歌手・GACKTに、再び自身が関与している仮想通貨「スピンドル」を巡る疑惑が報じられた。

    『週刊文春』4月4日号の記事によると、GACKTは2017年11月に大阪で十数人の出資者候補を集めてスピンドルについて熱弁をふるっていたという。

    そして自ら単なる広告塔ではなく、経営メンバーであると強調したとある。

    さらに、直前に送られた商談会の案内メールによれば、その時点で1コイン=12円だったスピンドルを、11月24日にごく一部に向けて1コイン=50円で売り出し、12月末には50円が4倍~5倍になる予定だと記されていた。

    これについて聞かれたGACKTは「なる」と答え、「3倍から5倍になる」と付け加えて出資を募ったそうだ。

    この点を「インサイダー取引では?」という指摘に対してGACKTは「来年(2018年)の1月か2月にインサイダーが適用されるという話が今、回っています。1月か2月以降は言えないって。今は言える。」と説得していたという。

    しかし仮想通貨の売買・交換等を行う事業者は金融庁への登録が必要だが、スピンドルを発行しているブラックスター社はその登録をしていないため、資金決済法違反に当たる可能性もあると文春は報じている。

    g


    この疑惑に対してネット上では、

    《やっぱりそうだったんね》
    《胡散臭いと思ってた(笑)》
    《いつかこうなるだろうと思ったから飛んで埼玉は急いで見にに行ったんだよね》
    《歌手っていうより変な胡散臭い人ってイメージしかないわ 捕まってもやっぱりなあという感じ》

    など、驚きもなく「予想通り」という声が多い。

    無登録についてブラックスター側は「他人に譲渡できない仮想通貨だから『2号仮想通貨』にあたらないので、業者登録は必要ない」と強弁しているが、そうなるとGACKTが出資を募るときに上場する前提として『お好きなところで売ってもらえれば』と話していると記事にある。

    しかも2017年12月26日に更新した自身のブログでも、売買を前提とした内容でスピンドルについてつづっている。

    そうなるとGACKTの発言とブラックスターの弁明に矛盾が生じてしまう。

    もしブラックスター社の弁明が通るならGACKTは、法律上の仮想通貨ではない上場しない
    スピンドルを「好きなときに売買できる」と言って買わせたということになり、詐欺罪が成立する可能性も出てくる。

    スピンドルはGACKTが動いたおかげか、総額約220憶の資金を調達したが程なく大暴落。

    GACKTはスピンドル疑惑について、2018年6月にブログで「アハハ!」と笑い飛ばしたが、今回はだんまり。

    果たしてGACKTが口を開くときは来るのだろうか。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16252279/
    週刊実話

    所長見解:もうね・・・

    【【これはヤバい】GACKT主演『翔んで埼玉』は早く見に行った方がいい理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    主演映画「翔んで埼玉」が大ヒット中の歌手・GACKT(45)。

    仮想通貨「スピンドル」への関与を巡って、資金決済法違反(無登録営業)の疑いがあることが、「週刊文春」が入手した音声データで分かった。


    2017年11月4日、「インターコンチネンタルホテル大阪」28階のクラブラウンジで行われたスピンドルの“商談会”。

    仮想通貨業者の「ブラックスター」は当時、スピンドルを発行し、事業資金を集めるICO(イニシャル・コイン・オファリング)というビジネスを手掛けていたが、2017年10月27日には金融庁がICOには、価格の下落と詐欺のリスクがあると呼びかけていたばかりだった。


    商談会に集まった10数人の出資者候補を前に、ダメージジーンズにブーツを合わせ、サングラス姿で登場したGACKT。

    参加者からの質問に答えていく。



    ――(ブラックスターの)社長と知り合いなの?

    「僕はそのメンバーの中に入っています。ブラックスターの中に入っています」


    ――(まだ)上場してないから株で言えば、インサイダーやんね……

    「法律が来年の1月か2月にインサイダーが適用されるという話が今回っています。
    1月か2月以降は言えないって。今は言える。
    ちょっと今までとは考えられない儲け方なので。
    1000万円を入れたのが2億とかなっているんですよ。
    この前、仮想通貨のフォーラムあったんですけど、皆めちゃくちゃ幸せそうなんです。
    この2年間で急にお金を持っちゃって。
    ただ、馬から車に変わる時代なので」



    終始、スピンドルの魅力を訴えるGACKT。

    商談会は約2時間に及んだという。


    g


    ブラックスター広報担当者の回答。

    「いかなる投資においてもある程度のリスクが生じますので、ご購入いただきました投資家の皆様においてはそれをご承知のうえでこのプロジェクトにご参加いただいております。
    また、我々もそれを超えるリスクを投資するご本人の意思を超えて無理強いをするようなことはいたしません。
    2018年5月21日に仮想通貨取引所にリスティング(上場)されるまでは、そもそもスピンドルは、(ビットコインなどの1号仮想通貨と交換可能な)2号仮想通貨への該当はしないと考えております。
    また併せて資金決済法にも抵触するものではないと考えております」


    だが、仮想通貨に詳しい「早稲田リーガルコモンズ法律事務所」の佐藤亮弁護士はこう指摘する。

    「仮想通貨の売買・交換等を行う事業者は金融庁への登録が必要ですが、ブラックスターはその登録をしていません。
    彼らは、スピンドルは『他人に譲渡することを原則禁止しており、2号仮想通貨ではないため(無登録でも)国内販売できる』という趣旨の意見書を公表している。
    しかしGACKTさんは上場可能性を前提として『お好きなところで売ってもらえれば』と話すなど、『他人に譲渡することを原則禁止』との事業者の主張と矛盾しています。
    また、他人に譲渡できないプログラムの設計になっているといった場合でなければ、規約等で譲渡を禁止しても2号仮想通貨にあたり得るというのが現在の実務上の解釈です。
    そうなると、スピンドルは(2号)仮想通貨と言うことができ、資金決済法(無登録営業)に違反する可能性があります」



    GACKTの所属事務所は「普段は海外に居住している御本人のプライベートに関しては把握しておりません」などと回答。

    GACKTの携帯電話も鳴らしたが、締め切りまでに返事はなかった。


    歌手のみならず、タレントや俳優としても活躍しているGACKTだが、資金決済法に抵触しかねない“営業トーク”音声の存在は、今後、波紋を呼びそうだ。


    3月28日(木)発売の「週刊文春」では、GACKTの“営業トーク”を詳しく取り上げているほか、スピンドルを巡る野田聖子総務相(当時)との関係、スピンドルに出資した被害者の声、金融庁の見解などについて報じている。

    また、「 週刊文春デジタル 」では、GACKTの“営業トーク”音声を同日午前5時より公開する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00011223-bunshun-bus_all

    所長見解:ヤバいの?・・・
    【【違法営業疑惑】GACKTさん「1000万が2億円に」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ミュージシャンのGACKTが19日、フジテレビ系「めざましテレビ」で、白米を20年食べていないにも関わらず、寿司店で寿司を注文する驚きの理由を語った。

    g


    番組では、鈴木唯アナウンサーがGACKTを直撃。

    数々の神話の真偽を確かめた。

    その“神話”の一つが「20年白米を食べていない」というもの。

    99年にソロデビューを果たした際、成功への願掛けとして、一番大好きなお米を断つことを決意し、それを今まで守り抜いている。

    「寿司もカレーも好きなんだよ。でも米、食べないって決めたから」と言うものの、寿司店には通い、寿司を堪能しているという。

    一見矛盾しているようにみえるが、GACKTの寿司の食べ方は、シャリの上に乗ったネタだけを食べるというもの。

    「シャリを残して食べちゃうから申し訳ない」と詫びるものの、それならば刺身で食べれば?と突っ込まれそうだが、そこが食通GACKT流だった。

    その理由は酢飯にあった。「酢で締めたシャリの上に乗せたネタは、酸っぱい訳じゃない。酢で締めたこの感じっていうのは、ほのかに香るレベルなんだよ。
    ぼくはこれが大好きだから、刺身じゃなくてネタを食べたいんだよ」と熱弁。

    鈴木アナも驚きの表情を浮かべていた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/02/19/0012078447.shtml 

    所長見解:さすが・・・

    【【衝撃告白】GACKTの一流過ぎる寿司の食べ方がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    13日に放送された日本テレビ系『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』に出演したGACKTが驚きの事実を明かされ反響を呼んだ。

    番組にゲストとして出演したGACKTについて、番組MCのチュートリアル・徳井義実は「今現在、かなり長いこと彼女がいらっしゃらないということで、出会い系アプリに登録したことあんねんて」と紹介し、スタジオではどよめきが起こった。

    d


    これにGACKTは「うちのダンサーとかみんな集まってそういう話になるじゃないですか。『兄さん、このアプリすごいんですよ。めちゃめちゃ女の子と仲良くなれるんですよ』って言って」と話し、「“GACKT”で登録して」と自身の名前でアプリに登録したと明かした。

    続けて、写真や生年月日も嘘偽りなく載せたとして「2週間後くらいに(アプリを)開いたら、開けないんですよ」「うちのスタッフが見てくれて『このアカウント凍結されてます』とか言って」と、自身が登録したアカウントが使えなくなっていたと振り返った。

    すると、フットボールアワーの後藤輝基は「そら普通に“なりすまし”や思うわ」とアプリの運営側がGACKTのなりすましだと思い凍結させたのではないかとコメント。

    GACKTは「でも、僕から言わせるとですよ。“GACKT”って名前使ってやってる奴死ぬほどいるんですよ」として「なんで僕なの?って」と納得がいかない様子を覗かせた。

    この放送にTwitterでは

    「GACKT様が出会い系…!?なんて世の中だよ、、」
    「GACKTが出会い系とかサクラ疑うわw」
    「意外とGacktさん出会い系アプリに乗り気だったのうける」
    「GACKT様と出会える出会い系アプリってなに????」
    「あのGACKT様が……衝撃過ぎる」

    など数多くのコメントが寄せられていた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16023775/

    所長見解:なんやろね・・・

    【【衝撃暴露】GACKTさん、出会い系アプリへ登録した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    13日に放送された日本テレビ系『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』に出演したGACKTが収入事情について語った。

    番組ではゲスト出演したGACKTのクアラルンプールにある豪邸をVTRで紹介。

    1700平米の自宅にはプールやバーカウンター、カスタマイズされたスポーツカーなどがあり、豪華な生活ぶりに出演者たちは終始驚きの声をあげていた。

    VTRが終わるとスタジオで見ていたSHELLYは「改めてではあるかもしんないですけど、なんでそんなにお金あるんですか?」とGACKT本人に直撃した。

    これにフットボールアワーの後藤輝基も「ほんまやで。だって車にしたって元で大体5000万(円)くらいすんで。そこにカスタム入れてたらもうなんぼやねんいう話」「それも含めて、なんでそんなお金あんの?」と質問し、笑いを誘った。

    GACKTは「30(歳)くらいまでは音楽だけやってたんですけど」と話し始め、「30(歳)になったぐらいの頃から海外で色々事業やり始めて」とアーティストだけでなく事業の収入もあると話し、「なので海外にあといくつか家があって」と明かした。

    g


    さらに事業についても聞かれると「輸入とか輸出とか…」と答え、後藤は「輸入輸出のこと考えたことないもんな」とチュートリアルの徳井義実に同意を求め、スタジオは盛り上がりを見せた。
    https://e-talentbank.co.jp/news/82578/ 


    所長見解:うさんく・・・

    【【大金持ち】GACKTの収入源が判明した結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ