GACKT

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本時間の7日、GACKTが自身のブログでウクライナで受けた暴挙について怒りをあらわにした。
    GACKTは、7日、「時差ボケ旅行記-ウクライナの予想を超えた素敵?な歓迎-」という題名のブログを更新。
    ウクライナに到着したことを報告した。

    問題は入国審査の窓口で起こったようで「今回の世界旅行一番のキレどころはここでやってきた。」と綴ったGACKT。
    世界中を旅するGACKTは、愛想の良くない職員には「慣れている」とのことだが「今回のブスッとレベルは最強だった。」とコメント。

    g


    まず、その男性職員は斜めに座り、顎でパスポートを出すことを指示。
    そして雑に受け取ってパスポートを開き、中身を見てGACKTを睨むという行為を「40回ほど繰り返した」とのこと。

    続いて、その職員は、テーブルに穴が空くほどにスタンプを振りかぶり力一杯押したそうで、「最後のきわめつけ」として「パスポートを閉じたと思った途端、こちらに向かって投げつけてきた。」と職員の驚きの行動を記していた。

    これにはさすがのGACKTも驚いたようで「あまりのブサイクな態度に思わず笑って言ってしまった。『バカかオマエ・・・』心の声が完全に外に漏れている。」と、思ったことが口をついて出てしまったと告白していた。

    https://e-talentbank.co.jp/news/41018/ 


    所長見解:いっつも怒ってんな・・・
    【【激怒】GACKT、ウクライナでパスポート投げつけられるってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手のGACKTが米ラスベガスから搭乗予定だった飛行機に乗り遅れてしまったことを16日深夜(日本時間)に投稿したインスタグラムで告白。
    中指を突き立てた空港での自撮り写真をアップし、ファンの間からも残念な声が漏れた。

    ポーカーの腕前はプロ並みとも言われるGACKTは、ラスベガスで開催された世界最大級のポーカーの大会「ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)』に出場。
    初戦で敗退となってしまったことを、ポーカーの専門用語満載のブログで伝えていた。

    現在はマレーシア・クアラルンプールを拠点にしており、16日深夜にラスベガス空港でアップしたインスタには、「最悪だなぁ。。。搭乗をミスった。。。で、今日の便は全部満席。あー。どうしよ。。。参ったなぁー。」と飛行機に乗り遅れたようで、ほかの便もその日の搭乗分はすべて満席で乗れないことを明かし、右手中指を突き立てたポーズをとっていた。

    その後、時間つぶしに空港のスロットマシーンでスロットをしたところ、大当たりしたこともインスタで伝えている。

    インスタのコメント欄には「ミスしても、かっこいいです」「いきなりできた自由時間 楽しい時間を過ごして下さいね」など、ポーズを気にしていないファンからの書き込みのほかに、「中指たててる写真は載せてほしくないなぁ…そういう事を簡単にしちゃう人じゃないと思っていたい」と自撮り写真を残念に思うコメントもみられた。

    no title

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/17/0010379667.shtml 


    所長見解:これはわざと?・・・
    【【これはまずい】GACKTさん、インスタに中指つきたて写真ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    シンガーソングライターのGACKTさんが、テキーラのボトルを豪快に飲み干す様子を収めた動画をインスタグラムに投稿し、「死んじゃう」「身体大事にしてください」という声がコメント欄に寄せられている。

    GACKTさんは、44歳の誕生日を迎えたばかり。
    誕生祝いの会でこうしてテキーラを飲むのが、「テキーラ祭り」として恒例になっているという。

    g


    GACKT「やめてとかいうのはやめてくれ」

    GACKTさんは2017年7月4日、44歳の誕生日を迎えて、インスタグラムで「たくさんの素敵なメッセージを頂きました。みんなありがとな」とファンに感謝すると同時に、「今夜は地獄のテキーラ祭り」のハッシュタグで「テキーラ祭り」の開催を宣言した。

    翌日には、1枚の自撮り写真とともに「地獄のテキーラ祭りから帰ってきた今日の朝の酔っ払いのボク。。。」と投稿し、ハッシュタグで

    「テキーラ祭り」
    「何本空けたのだろ」
    「死ななくてよかった」
    「救急車は二台」

    と報告した。

    「テキーラ祭り」が明らかになったのは、13日のインスタグラムで公開された1分弱の動画だ。
    GACKTさんは動画で、誕生会の参加者から「ガクト」コールを浴びる中、時折小休止を挟みながらも、約40秒でテキーラのボトルを豪快に飲み干している。

    「生誕テキーラ祭の締め。良い子は絶対に真似すんな。テキーラで死ぬぞ!!!
    こんなのはバカがすることだ...。っつーか、バカなんだなぁ、いくつになっても。
    はい、頑張ります。大人になれるように」

    GACKTさんはこう投稿し、「真似すんな」「死ぬぞ」「大バカ」「ラスボスモード」「tequila」「一気飲み」「危険」「みんなありがと」「絶対にするなよ」「フリじゃねーぞ」「猛烈に反省」とのハッシュタグを添えた。

    寄せられたコメントでは、「すごすぎます!!」「がっくんすごーい!」「飲み方がセクシー!」と称賛する声も上がったが、その大半は「死んじゃう」「無理して飲んでる印象を受けました。心配です」「身体大事にしてください」と気遣う声だった。

    GACKTさんは投稿後しばらくして、

    「やめてとかいうのはやめてくれ。十分反省してるから。アホですまん」
    とコメント欄に投稿していた。

    「毎年暴れすぎてどの会場も必ず出禁に」
    GACKTさんが7月5日に更新したブログ「地獄の生誕テキーラ祭り」によると、「テキーラ祭り」は毎年の恒例行事となっているようだ。

    ブログでは、

    「何が一年の中で一番恐ろしいことか・・・、この後の夜通し行われる地獄の生誕テキーラ祭りだ。今回は六本木で行われることになったが、毎年暴れすぎてどの会場も必ず出禁になってしまうわけだ」
    「祭り」が何時頃に終了したかすら覚えておらず、「一番記憶に残っていることは今年は例年より遥かにペースが速かったということのみ」だという。

    「本当に大丈夫か?」と心配する参加者もいたそうだが、「心配してもどうにもならない。すでにボク自身もおかしな飲み方を散々している」とし、

    「去年のパーティーではかなりの数の仲間が病院に運ばれることとなった。
    今年は、酒が飲めない人は来ないでくれと先に通知をして、飲める人間だけが集まることになったせいか、例年より余計に潰れる連中のペースが早い」と明かしていた。

    J-CASTニュース
    https://news.infoseek.co.jp/article/20170713jcast20172303123/


    所長見解:よい子のみんなはマネしないでね・・・
    【【これは危ない】GACKT、テキーラ「一気飲み」動画に心配の声 本人「やめてとかいうのやめてくれ」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    初対面の人と会うとうまく話すことができない「人見知り」。
    コミュニケーションが重要なことはわかっていても、恥ずかしさや気まずさが先行していしまう…という人は少なくないだろう。

    ミュージシャン・GACKTが18日に自身のブログに投稿が話題になっている。

    large


    ■人見知りが許されるのは20代前半まで

    GACKTは「キツい言葉かも知れないが…」と前置きしたうえで、「『人見知り』という言葉を使っても許されるのはせいぜい20代前半までだろう。
    ガキだけに許された言葉だと思っておくほうがいい」と主張。

    GACKT自身も、かつて極端なほど人見知りだったと明かし、仲の良い少人数の仲間とだけつるんでいればいいと思っていた過去があったとのこと。
    そして、そういった考えも否定しないというスタンスのよう。

    しかし、この考え方では自分が何か仕事を始めたり、組織を作りまとめたりすることは限りなく不可能だという。

    一人だけ成り立つ「受注スタイル」であれば、コミュニケーションをとらない考えでも良いが、それでは生産性は伸びないと語った。

    ■会話しないことは責任の放棄

    また、他者とコミュニケーションをとらないことは、社会においてある種の責任を放棄していることに繋がるという。

    多くの不特定多数の人たちとコミュニケーションをとることは、大人になることの必要条件だと主張した。

    その後「できる人とできない人」について、峠を越えることに例えたGACKT。
    「できない」と言う人は、「峠を越す前に諦めてしまったり、投げ出してしまったり、色んな理由をつけて辞めてしまうわけだ」と語った。

    ■「正論すぎる」の声も

    GACKTの人見知り論にネット民からも称賛の声があがった。
    中には、実際に人見知りで困っているという人の声も。

    ・GACKT氏が良いこと言ってくれてる。人見知りをできない理由にしちゃう人が多いとは思いつつ、それが許されるのは若者だけだなーと

    ・「人見知りなんで」とか「コミュ障なんで()笑」とかを自虐ネタっぽく言い放ち、前もって保険を打つのって、ズルい気がするな

    ・人見知りかー、30歳になってやっと治ってきた感ある。人に傷付けられるのを恐れるのは、自尊心が足りてない証拠すな

    ・正論すぎる。プライベートは人見知りでもいいけど、仕事でそれはダメだな

    ■「会話するのも仕事」は6割

    仕事においてはコミュニケーションが重要だと語ったGACKT。

    しらべぇ編集部が全国20?60代の男女672名に「仕事でのコミュニケーション」調査したところ、およそ6割が「会話をするのも仕事」と回答。

    20代は過半数を割る結果に。
    もしかすると、GACKTの言うように「受注スタイル」なのかもしれない。

    人には性格があり、人見知りもまた個性なことは事実。
    とはいえ、仕事においては人見知りは許されない、という強気な発言もまた真実かもしれない。

    https://www.news-postseven.com/archives/20170624_567375.html


    所長見解:そうかもね・・・
    【【これは正論】GACKT 「人見知りはガキだけに許された言葉」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ