GACKT

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    GACKT「何もわかってねえ!」

    激怒しながら出国、マルタ島の自宅へ旅立つ 愛犬譲渡炎上のその後 


    r


    GACKT(47才)が2月10日に自身のYouTubeチャンネルに動画「GACKTが愛犬を里子に出しました。」を投稿したことで、炎上している。


    GACKTの行動に、芸能界の愛犬家からも批判の声が出ている。

    自身も何匹もの愛犬と暮らす坂上忍(53才)は、MCを務める『バイキングMORE』(フジテレビ系)で《動物を家族ととらえている人は、あの行為を受け入れることはできない》《あの行為はぼくにはとうてい考えられないこと》と発言した。


    犬や猫の保護活動に熱心な杉本彩(52才)は『デイリー新潮』の取材に対して《GACKTさんの取った行動は理解し難い》《心の寂しさをすぐに別の動物で埋められるなんてことは、絶対にありません》などと語った。



    その火の粉が降りかかるのを恐れてか、GACKTはいくつも持つ自宅のうち、マルタ島にある家へと旅立った。

    「何もわかってねえ!」--そう激怒しながら日本を離れたという。


    フェンディちゃんはというと、炎上も元の飼い主の出国もつゆ知らず、のびのびと新しい家で暮らしている。

    「ご夫婦は、フェンディちゃんに白い服を着せて散歩に連れ出して、本当にかわいがっていますよ。
    『フェンちゃん』って呼んでいるので、名前も変えていないはずです。
    この辺りは犬を飼っているお宅が多いので、フェンちゃんも新しい友達ができて、幸せなんじゃないでしょうか」(近隣住民)


    フェンディちゃんは本当に、GACKTと別れて幸せになっているのだろうか。

    「一般的には、犬や猫を家族の一員にすれば、終身飼育が望ましいです」と語るのは、獣医師の石井万寿美さんだ。

    ただし、石井さんはこうも言う。


    「あの動画の中で、GACKTさんは、フェンディちゃんの知らない間にいなくなるのでなく、『行っちゃうよ』と言っています。
    それでもフェンディちゃんは、後追いをしたり鳴いたりもせず、ずっと部屋のにおいを嗅いでいたので、もう『この家の子になる』と決めたように見えました。
    フェンディちゃんに関しては、ずっと自分だけを大切にしてくれる人が里親になってくれて、よかったのではないでしょうか」



    2月25日発売の『女性セブン』では「大炎上 GACKT『愛犬をポイッ』譲渡騒動 逆ギレの全真相」とのタイトルで、今回の騒動について詳報。

    愛犬家で知られるデヴィ夫人が「愛がないのかしら」などと激怒して語った内容や、最近、親友や仲間を次々に切り捨てているGACKTの素顔、マレーシアの自宅を訪れたテレビ局関係者が見たGACKTと愛犬の生活の実態などについても報じている。



    https://www.news-postseven.com/archives/20210224_1637648.html?DETAIL

    所長見解:帰ったんや・・・

    【【炎上】GACKT「何もわかってねえ!」激怒しながら出国ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h


    GACKTさん、化けの皮が剥がれ始める

    ミステリアスで完璧なイケメンはどこに…
    所長見解:そらな・・・

    【【これはヤバい】GACKTさん、化けの皮が剥がれ始めた模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    GACKT「人の庭で騒ぐな。喧嘩売りたいなら買ってやるからこいや」  

    愛犬譲渡で“炎上” 相次ぐ批判にヒートアップ


    r


    愛犬を里子に出したという動画を投稿し、「犬はモノか」など多くの批判の声が寄せられていたタレントのGACKTさんが2月14日、ニコニコ生放送などで騒動について言及。

    それぞれのエゴがあるとした上で、批判する人が間違っているというつもりもないと話し、事態の説明をしました。



    GACKTさんは自身のYouTubeチャンネル「ちゃんねるがくちゃん」に2月10日、「GACKTが愛犬を里子に出しました」という動画を投稿。

    内容は、ポーカーの師匠にあたる人物の妻が14年連れ添った愛犬を亡くしペットロスに落ち込んでいることを聞き、元気づけようと、自らと5カ月ほど過ごした愛犬「フェンディ」を里子として渡したことを報告するもの。


    この動画が公開されると、自身の愛犬を里子として出す行為に批判が続出。

    動画には高評価の4倍を超える低評価がつけられコメント欄を閉鎖するほどの炎上状態となり、Twitterでも「これを美談と思っているのは恐怖」といった言及をはじめ、多くの批判の声があがっていました。



    そんな中、GACKTさんは2月14日、「ニコニコ生放送」や「17(イチナナ)LIVE」でこの事態に言及。

    「僕が炎上させているのではなく、勝手にみんなが火をくべる」と意図せぬ炎上騒動に苦笑しつつも、事態のいきさつをあらためて説明しました。


    それによると、GACKTさんが子犬を飼い始めた直後に知人夫妻のことを聞き、「ペットロスから立ち直るには新しい犬を飼うしかない。
    新しい思い出を作っていくしかない」という考えから、飼い始めたばかりのフェンディを育てないかと提案したとのこと。


    すぐに合意に至ったわけではなく、家族で話し合うためその日は持ち帰ったものの、後日、夫妻からその提案を受け入れる旨の回答をもらったGACKTさんは、お互いの仕事の都合もあるため、引き渡しのときまで自身が責任を持ってしつけ、連れて行ける段階になったら届けることを約束したのだと話しました。


    その上で、動画の公開により「自分の子を他人にやるのか」「犬はモノか」といった批判の声が大量に寄せられたことを明かし、「(愛犬を)モノ扱いして『はいどうぞ』といった感じで渡しているわけではない。
    もちろん愛犬と別れるのはつらいが、それ以上に、僕のお世話になっている人が苦しんで生活している姿を見るのはもっとつらい」と心境を告白。


    続けて、「僕のエゴは、自分の師匠のご家族が幸せになってもらえれば僕は幸いだというもの」だとして、例えば保護犬を紹介すればよいのではなかったのではないかといった声には、「その人のエゴと僕のエゴとは違う。
    みんなそれぞれのエゴでやっているので、何が正しくて何が間違っているかをいうつもりは毛頭ない」とそれぞれのエゴや考え方があり、自分のやってることが正しいと言いたいわけでもなく、批判の矛先を向ける人が間違っているというつもりもないと説明しました。


    ただ、内情やそれまでのいきさつも知らないで「ただ気に入らない」というだけで批判する人が世の中にはいると話し、最後は相次ぐ批判を思い出して少しヒートアップしたのか、「人の庭で騒ぐな。喧嘩売りたいなら買ってやるからこいや」と批判のための批判の声にくぎを刺しました。


    また、フェンディの里親になった人物も2月15日にTwitterで事態のいきさつを報告。

    それによると、2020年5月に愛犬をなくし、8月頃GACKTさんと会食し今回の話が出たこと、10月にGACKTさんが大阪までフェンディを連れてきてくれたこと、その後、フェンディのおかげで夢のような楽しい日々を過ごしていることなどを明かしながら、GACKTさんへの感謝をつづっています。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/92191e95a4e4c33786634a50599efba638572c03


    ▼画像
    https://i.imgur.com/lTQ9j02.jpg


    ▼動画
    https://youtu.be/Gr3mLOKqndo

    所長見解:一流やな・・・
    【【激怒】GACKTさん「喧嘩売りたいなら買ってやるからこいや」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    GACKTが「YouTube」のコメント欄を閉鎖… 

    知人に愛犬をあげた動画が炎上し、批判コメント止まらず


    m


    歌手でタレントのGACKT(47)のユーチューブチャンネルが〝炎上〟している。

    14日の「ちゃんねるがくちゃん」でGACKTは、愛犬を亡くして落ち込んでいる知人夫妻を元気づけようと、自らの愛犬「フェンディ」を里子として渡すことを決意。

    「この子も僕と生活して5か月くらいたつのでもちろん寂しい」と話すGACKTの懐でフェンディが何とも愛くるしい表情を見せている。


    その後に夫妻のもとを訪れ「僕も亡くしたことあるんで失ったつらさはよくわかる。
    新しいパートナーとまた新しい生活が始まってくれたらいい」と励ますと、夫妻は大感激だった。



    大切な人をペットロスから救いたいという善意からだが、このGACKTの行動に批判が集中。

    コメント欄には

    「なぜ自分の愛犬を? 最後まで面倒みようよ」
    「知人に譲るなんて考えられん」
    「ワンちゃんにも心はある」
    「残酷だ」
    「感動じゃなくて悲しい涙が出た」

    などと否定的な声が並び、よもやの方向に脱線してしまっている。



    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2759571/



    その後、
    批判が殺到するコメント欄を先程閉鎖
    コメント出来ない状況に


    ▼画像
    https://i.imgur.com/3evCL0c.jpg


    ▼動画
    https://youtu.be/Gr3mLOKqndo

    所長見解:あらら・・・
    【【炎上】GACKTさん、批判止まらずコメント欄を閉鎖ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    〝一流芸能人〟GACKTは「目利きじゃない」 

    危なすぎるビジネスセンスを知人が格付け! 


    r


    〝芸能人格付け〟では無敵を誇るGACKTだが…

    1日に放送された「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2021お正月SP」(テレビ朝日系)が、年末年始3日間の民放番組で視聴率1位を獲得して話題になっている。

    なかでも歌手のGACKT(47)が連勝記録を65に伸ばす快挙。

    まさに〝一流芸能人〟の面目躍如といえるが、番組を離れるとなぜか〝目利き〟に失敗することが少なくない。

    そのワケとはいったい――。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)


    自ら指名した倖田來未を従え、ワイン、かに、四重奏の問題を全問正解したGACKT。

    昨年のパートナーの「ゴールデンボンバー」鬼龍院翔とは違って、倖田も全問正解した。

    いつの間にやらGACKTはお正月の〝顔〟となっており、番組世帯平均視聴率は昨年より1・6ポイント増えて22・8%(2部)を記録した。



    一流を知る芸能人の中でも随一の目利きなのだが、ビジネスとなるとどういうわけだか失敗も目立っている。

     
    昨年末にはカリスマホスト・ROLANDと組んでブランド「G&R」を立ち上げるも、すぐにデザインのパクリが発覚して販売中止にとなり、謝罪に追い込まれた。

    「プロジェクトを主導したのはGACKTで、運営会社も自身の知り合いを連れてきた。
    先輩に誘われて参加したという形のROLANDは、すぐさま言い訳なしの謝罪をして契約を解除した。
    あまりのズサンさに、呆れてすぐにプロジェクトから降りたのです。
    一方のGACKTは、運営会社を叱責した上でチャンスを与えるとしています」(芸能関係者)

     
    GACKTのビジネスが世間を騒がせたのはこれが最初ではない。

     
    最も有名なのは、2018年に上場した仮想通貨スピンドルだろう。

    別名「GACKTコイン」と呼ばれるほどコアメンバーとして関わってきたが、上場後に大暴落。

    ほかにもさまざまな問題が噴出し、結果的にGACKTはプロジェクトから外れた。

    「価値が大きく下がってしまい『GACKTを許さねえ!』と怒り狂っている人もいました」(前同)

     
    それら以外にも大なり小なりスキャンダル報道がなされてきた。

    「良くいえば好奇心が旺盛。
    悪くいえば、怪しい儲け話にも『これは行ける!』とばかりにすぐに乗ってしまうので、危なっかしくて仕方がない。
    ほとんどの人が怪しいと思っているようなことでも純粋に信じてしまい、周りに勧めたりするので、内心では困っている人も多いのです。
    投資やビジネスに関して、決して目利きではないですよ」(GACKTの知人)

     
    過去にテレビ番組等でさまざまなビジネスを展開していることを告白しているだけに、成功して大儲けしたこともあるのだろうが、こうも失敗が目立つと〝一流ビジネスマン〟とは言い難い。

    バラエティー番組のようにはいかない!?


    ▼写真
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210106-02589723-tospoweb-000-10-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2436db122d20e95f6a739da48bfab213e63738e
    所長見解:もうな・・・

    【【一流芸能人】GACKT氏の危なすぎる裏ビジネスがコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ