GACKT

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    GACKT、Mステ急遽キャンセルは「認識のズレ」

    歌手のGACKTが、出演予定だった21日放送のテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」を急遽(きょ)キャンセルした理由を明かした。


    G


    GACKTは21日、自身のYouTubeチャンネルに動画をアップし「急遽だったんですけどミュージックステーションの出演をキャンセルしました」と報告し、その理由について説明した。

    GACKTによると、オファーの段階では出演を快諾したが、その後、発表された番組の放送内容が聞いていた話と違っていたと感じたという。

    「なぜか、テレビ局側と(自分との)間に入っている方たちの間で全然情報の伝達もうまくできていないような状況が何度も重なって、僕が認識している形と向こう側が認識している形が、だいぶズレがありまして。
    ちょっとそれは失礼なんじゃないの? 
    ということで、今回はじゃあお断りさせていただきます、ということとなりました」などと説明。

    「誰が悪いとかっていう話ではなく、単純に情報の伝達がうまくできていなかったということと、あとは、今後こういうことがなかったらいいなというふうに思っています」とした。

    また、歌や出演を楽しみにしていたとの声が多数あったといい「それに対しては本当に申し訳ないなという気持ちでいっぱいです」とし、番組で披露する予定だったという、THEBOOM「島唄」のカバーをアカペラで披露した。

    GACKTは「こんな状況なので1人でも多くの方にこの歌が心を癒すきっかけになってくれればうれしいと思っています」とした。


    GACKTが出演をキャンセルした件について、テレビ朝日広報部では「番組制作の過程において認識の相違があり、所属事務所とも話し合いの上で、出演を見送ることになりました。楽しみにしていた視聴者の皆さまには大変申し訳なく思っております」とコメントしている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ef427d812c3ecf565225de9ef856f594b0ad781a

    所長見解:別にね・・・

    【【トラブル】GACKTさん、Mステドタキャンの理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手のGACKTが1日に自身のインスタグラムを更新。

    同日、移住しているマレーシアから4か月ぶりに帰国したが、空港での新型コロナウイルス検査について苦言を呈した。

    「飛行機が到着してから、1時間機内で待ち、更に検査で1時間半待ち、、、これは大変だ。
    以前は4時間まっていたらしい」と、到着後の空港の対応にストレスがたまっている様子。


    g


    結局4時間待たされたそうで「段取り悪すぎてこれじゃ、検査の仕方を変えても時間が短縮するわけがない。
    なんだか、日本ってのはいつもこんな感じで対応が遅いんだよなあ。
    残念だ」と改善を促した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/a2cef0a845124cd9c57ef8bd9f5ab9da1dec6eed


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200801-08010068-sph-000-5-view.jpg

    所長見解:しゃあないやん・・・


    【【帰国】GACKTさん「日本ってのはいつもこんな感じで対応が遅いんだよなあ」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ガクトさん「いや、お前らが狂ってるっていってんだよ」

    no title

    所長見解:せやな・・・

    【GACKTさん「日本は狂ってるよ」→ 謎の勢力「うおおお!安倍批判だ!もっといってやれ!」→ 結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手・GACKTが9日にフジテレビ系で生放送された「直撃!シンソウ坂上」に居住するマレーシア・クアラルンプールから生出演。

    新型コロナウイルスに対する日本の対応について、「狂ってますよ」と危機感をあらわに警告した。


    g

     
    MCの坂上忍から、今の日本の状況についてどう思っているかを聞かれたGACKTは「言葉を選ばずに言っていいのであれば」と断った上で、「狂ってますよ。危機感が足りない」といつもと変わらぬ冷静な口調で語った。

     
    「世界には、ニューヨークやイタリア…、抑えがきかない(もはや感染拡大ができない)国がいっぱいある。
    このままいけば、かなりの確率で(日本も)そうなる、と周りの国は思ってる」と指摘した。

    GACKT自身、海外の友人らから「日本、大丈夫か」と心配されていることも明かした。


    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/04/09/0013259956.shtml

    所長見解:まあな・・・

    【【激怒】GACKTさま「今の日本は狂ってますよ。危機感が足りない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    岡村隆史 Gacktとの微妙な関係 「本当に殺してやろうかと思った」と言われ…

    ナインティナインの岡村隆史(49)が12日深夜のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)で、歌手のGackt(46)との因縁を明かした。

    「殺してやろうかと思った」と告げられてから、微妙な関係が続いているという。


    y

     
    岡村は、今月6日の第43回日本アカデミー賞授賞式に出席した時の秘話について、まず女優・高畑充希(28)の神対応を紹介。

    「それに引き換え…」と前置きし、「なんでGacktはオレをにらみつけている訳?嫌いなんやろうな、Gacktさんは、オレの事。嫌いなのか、ずっと腕組みしてさ」と視線が気になったという。

     
    優秀助演男優賞の岡村は2度登壇。

    別卓にいる優秀主演男優賞のGacktとは目を合わせないようにしていた。

    「見たらアカン思うやけど、目につくねん一番、やっぱり。ずっとオレをにらみつけているからさ。殴りかかって来るんちゃうかな、と思って」と警戒。

    式の開始前には互いに「おめでとうございます」とあいさつし、握手も交わしたが、「そしらギュッとオレの手を。何かね、嫌いなのかな」と感じるほど握りしめてきたそうだ。

     
    本番も「アカデミー賞ではずっと僕をにらみつけるという暴挙に出てはってたんで、スゲェ怖かったんです、何か。Gacktさんがにらみつけてなかったら、もうちょっといいトーク、いいスピーチできてたかもわかりません。Gacktさんのにらみが凄く怖かったという…」と話した。

     
    これには、番組リスナーも気になって、過去の因縁を聞き出そうと番組中に投稿。

    質問に答えて岡村は、「ご本人に聞いたんですけど」と事実を強調しながら、「殺してやろうと思ったらしくて、Gacktさんが、僕を」と不快に思わせたきっかけを語り出した。

    発端はニッポン放送のラジオ出演時。

    Gacktの方から「わざわざ、楽屋かなんかに来て、ごあいさつしたんですって。その時の印象が…」と現在まで引きずっており、「何やこの態度という風に映ってしまったんだと思います」と説明した。

    後にGacktは「邪見な感じであいさつした。本当に殺してやろうかと思った」と不快感を伝えてきたため、岡村も「すぐ謝ったんですが、許してもらえる感じも無く。仕事で一緒になるたびに、必ず僕に威圧してきたり…何かしらやってくる。で、一人ニヤニヤ笑ってはる」と困惑。

    「その割に、いつも誕生日とかなったら何か贈ってきてくれはるんですよ。凄く僕の事、嫌いなのか好きなのか、よく分からないんですけども」とも。

    「最初の印象が悪かったと思うんですけど、アカデミー賞の時は真っ先に、しっかり」とあいさつ。

    「なぜなら本当にGacktさんに殺されちゃうから。ちゃんとごあいさつを」と強調した。

     
    休暇でセブ島で“鉢合わせ”になったエピソードも披露。

    Gacktも滞在中と伝え聞いた岡村は会わないように「逃げ回った」というが、「ご本人の耳に入ったみたいで…」と結局対面。

    「なんであいさつしなかったの?」と問い質されると、「プライベートの時に、ごあいさつに行くのも」と釈明したという。

    「その時も怖かったです」と振り返った。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/13/kiji/20200313s00041000167000c.html

    所長見解:仲ええやん・・・
    【【不仲】岡村隆史さん、Gackt氏に「本当に殺してやろうか」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ