ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    DV

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜&フジモン、壮絶離婚の背景にDV騒動も

    駆け込み離婚の理由とは

     
    芸能界には、年末年始に結婚や離婚のニュースが集中する“トレンド”がある。

    ワイドショーなどの情報番組が放送を休むため、露出を避けたい芸能人が、このタイミングを選ぶ。

    今回、最も世間を驚かせたのは、慌ただしい2019年の大晦日に離婚した木下優樹菜(32才)とフジモンことFUJIWARAの藤本敏史(49才)だろう。


    「お笑い芸人にとって離婚はネタにもなる。
    あえてこのタイミングにしたのは、笑いに変えられない事情があったからでしょう」(芸能関係者)

     
    ふたりは2010年8月に結婚。

    おしどり夫婦として知られ、2012年に長女を、2015年には次女を出産すると、木下はママタレントとして、藤本はイクメン芸人としての顔も持つようになった。

     
    誰もが羨む理想の“フジモンファミリー”に、近年はほころびが見えていたという。

    「長女が小学校受験をする際に、進学先を巡って衝突することが増えたそうです。
    お受験を考えていた優樹菜さんと、幼稚園からエスカレーター式に上がれるインターナショナルスクールのままでいいという藤本さんとで意見が割れた。
    これまでは17才年上の藤本さんが一歩引いて接していたけど、子供のことをきっかけに藤本さんは何につけても優樹菜さんに、文句を言うようになっていたんです。

    けんかが増え、時には罵声が飛び交うようになると、優樹菜さんは彼の言動を“モラハラ”だと感じるようになっていったといいます。
    決定打となったのは1年ほど前の大きな衝突。
    互いに手が出るようなけんかになり、DVとも取れるほど激しかったようです。
    そこから本気で離婚について話し合い、マンション内別居も始まりました」(木下の知人)

    d

     
    だが、2019年の8月28日、9回目の結婚記念日となったこの日、木下は自身のインスタグラムに、仲睦まじい夫婦の写真をアップした。

    「子供のことを考え、やり直すという可能性もあったんです。
    そんな中、タピオカ恫喝騒動が起きました」(前出・木下の知人)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200105-00000006-pseven-ent

    所長見解:でたね・・・
    【【衝撃事実】木下優樹菜とフジモン、年末離婚の背景にDVってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    若手人気女優 「ヤバ系男からDV被害」警察に相談していた

    d


    あの人気女優がとんでもない目に遭っていた! 

    数々のドラマや映画に出演する20代の若手女優Xが、当時交際していた彼氏からDVを受け、警察に被害を相談していたことが判明した。

    Xはクールでサバサバした受け答えと、どこか抜けている天然キャラで男性人気も高い。

    だが、実際は典型的なツンデレで、彼氏ができれば尽くしてしまうタイプ。

    今回、不幸なことにヤバめの年上男にハマってしまい、日常的に暴力を振るわれていたという。

    すでに彼氏とは別れているが“男性恐怖症”になる可能性も――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000006-tospoweb-ent

    所長見解:誰やねん・・・

    【【警察沙汰】若手人気女優X「ヤバ系男からDV被害」の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    まっすぐで熱血漢、そして前向きで涙もろい。

    松岡修造(51才)を評する言葉は「日本一アツイ男」だ。

    一方、超亭主関白だということも知られ、家庭における“修造ルール”は絶対である。


    「“すっぴんを見せるな”“料理は炊き立て、焼き立てを用意しろ”といったことから、“太ったんじゃない?”と嫌みを言うのは当たり前です」(松岡家の知人)


    「仕事場では常に冷静で怒ることはないが、家族には感情的になってしまう」 ――そう松岡が言うように、家庭内では爆発することも少なくない。


    「たしかに自分の考えを押しつけがちです。
    夫妻で食事に行っても松岡さんは奥さんの惠美子さん(53才)の話を聞かず、黙々と食事をする。
    惠美子さんが“聞いているの?”と尋ねると、料理に集中している松岡さんはカッとなって言い争いになるそうです。
    ただ、修造さんは“妻なくして自分の存在はない”、“仕事が楽しめているのは妻のおかげ”と公言しています。
    だからこそ、おしどり夫婦といわれてきました」(芸能関係者)

     
    しかし、今、夫婦を心配する声が上がっている。

    「家賃が3桁の部屋も多い」(不動産関係者)という、都内の超高級マンションの一室が松岡の自宅である。

    「“日本一”審査が厳しいといわれ、ちょっとした芸能人では入居は困難です。
    著名人をはじめ、各界のセレブが入居しています」(前出・不動産関係者)


    マンションの住民が話す。

    「松岡さん宅の騒音が問題になっているみたいです。
    近隣住民のかたが、マンションの管理室に通報されたようで、それも1度や2度のことではありません。
    いったい、何があったんでしょうか…」

     
    松岡は1997年にテレビ東京のアナウンサーだった惠美子さんと結婚。

    その時のプロポーズの言葉である「結婚したらおれは100%幸せになれる自信があるけど、きみを幸せにする自信はない」は有名だ。

     
    惠美子さんはアメリカ・ハーバード大学大学院修士課程を修了後、1991年にテレビ東京に報道記者として入社。

    『ワールドビジネスサテライト』のキャスターとして活躍したが、結婚後、専業主婦となって松岡を支えた。


    「惠美子さんは真面目でインテリのようなイメージがありますが、非常にフレンドリーな人です。
    お受験をはじめバレエや習い事など、子育てをしっかりこなしていました」(前出・松岡家の知人)

    夫妻には3人の子供がいるが、家での子育ての方法は夫婦で異なるという。


    m


    ◆「相当な騒ぎだったはず」

    しかし、ここ最近は夫妻一緒の姿を見かけないという。

    「恵さんの宝塚音楽学校の卒業式も惠美子さんだけ出席しました。
    修造さんは仕事のために欠席したそうですが、お子さんの晴れの舞台ですからなんとか調整はできたはずです」(前出・芸能関係者)

    また、前出のマンション住民も「最近、夫婦で一緒に出かける姿は見ません」と話す。


    そして、前述した“騒音”事件である。

    「食器が割れるような音に、低い怒鳴り声まで聞こえたそうです。
    ここのマンションはそうそう音が漏れないので、相当な騒ぎだったはず。
    しかも、今年に入ってから何度も同じような音が聞こえたそうです」(別の住民)


    “騒音”事件について、自宅マンションから出てきた松岡に質問したが無言のままだった。

    代わりに、一緒にいた事務所関係者が対応した。


    ──近所で、松岡さんの自宅から怒号やお皿の割れる音が聞こえてくると話題になっていますが。

    「申し訳ないですけど、これから局に行かないといけないので」


    ──夫婦げんかではないかと話すかたもいますが?

    「そう言っているかたに、取材されたのですか?」


    ──はい

    「…」


    ──騒音問題について、近所のかたがしかるべきところに相談をしていると聞きました。

    「そのこと(騒音問題)については、認める、認めないということも含め、発言は差し控えさせていただくのがいちばんだと思うので、すみません」

     
    結婚22年目の夫婦生活は、どうなっていくのか。


    NEWSポストセブン
    https://news.livedoor.com/article/detail/16902946/

    ▼画像
    https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/08/matsuoka_syuzo_03.jpg

    所長見解:まじか・・・

    【【DV疑惑】松岡修造さんの家から食器が割れる音や怒鳴り声ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近の西山さんは周囲に『もう疲れた……』と漏らしていました。
    早乙女さんは仕事人間で育児に積極的なタイプではありませんでした。
    彼女は仕事に育児に家事と孤軍奮闘する日々で、心身ともに限界だったようです」(西山の知人)

    6月26日に早乙女太一(27)との離婚を発表した西山茉希(33)。

    2人は13年6月に結婚。

    同年10月に長女(5)、16年に次女(3)が誕生したが、結婚生活に6年間でピリオドを打った。


    s


    結婚前から“波瀾万丈”な2人ではあった。

    12年5月、本誌は早乙女の“路上DV騒動”をスクープ。

    深夜、早乙女が路上で激高し、地面に押し倒された西山は泣いてその場を立ち去ったのだ。

    後日、早乙女は謝罪会見を開き同棲していることを告白。

    翌年4月に2人は結婚と妊娠を発表した。

    近年、西山は出演番組で“元夫のグチ”をこぼすことも多かった。

    テレビ局関係者の談。

    「西山さんは『食材とか生活用品は全部自分で買っている』と夫婦の財布が別々と公言。『うるさく言うと、理解されずにけんかになるのが嫌』とも話していました。
    長女出産後、早乙女さんが公演日と偽って1人で遊園地に行っていた日は大げんかの末、『出産後、初めてしっかり泣いた』と暴露。
    今春の番組でも、会食に行くと何時に帰るかわからない早乙女さんに対して『私よく考えたけど、あなたのこと何も知らないわ』と突き放したと話していました」

    夫妻の知人も言う。

    「昨秋、友人俳優の誕生会でも彼は朝まで飲み明かしていましたね。
    そのまま仕事に行き、帰宅したのは夜だったといいます。
    彼は在宅の日も子供の面倒よりゲームに熱中。
    彼女が仕事で留守にする日も、彼の母親を呼んで子守りを任せ飲みに行ってしまうことがあり、彼女は悩んでいました。
    父親になっても自分のやりたいことが最優先の夫と言い争うようになり、離婚を決めたそうです」

    だが、早乙女の知人は、彼の心情をこう代弁する。

    「実は早乙女さんは15年に解散した『劇団朱雀』の復活が悲願で、自分の稼ぎの多くをそこに投資し全力で動いていました。
    今秋、復活公演がかなった矢先の離婚でした。
    生活費すべてを奥さんが出していたわけではありません。
    家長として家賃は彼が出していると聞いています。
    ただ、このご時世、父親として家族ともっと密にコミュニケーションをとるべきでしたね……」

    離婚発表の書面で2人は《大切な子供達の笑顔を、父親と母親として守っていきます》とコメント。

    シングルマザーとして茨の再出発となる西山だが、離婚後の今も同居を続けているという。

    「子供たちがまだ小さいので生活環境をすぐに変えることは避け、当面は“パートナー”として一緒に生活するようです」(西山の知人)

    自宅“居座り”で早乙女に「父親の自覚」は芽生えるか――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00010000-jisin-ent

    所長見解:なんで・・・
    【【何これ怖い】早乙女太一さん、西山茉希と離婚後も同居の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    離婚原因はこれだったのか

    タレント出演番組数ランキングの常連で、年収1億越えとも言われるアナウンサーA。

    だが、その裏の顔はあまり知られていない。

    Aは美人と騒がれた一般女性と結婚。

    こどもが生まれるが、その後離婚。親権は女性側が持った。

    Aは離婚の理由を「忙しくて家族と過ごす時間が減り、妻も仕事をしているので互いの仕事を尊重する形になった」と説明していた。

    だが、「それは表向きの理由だ」というAを知る関係者は、「本当の理由は、Aの度重なる元夫人へのDVだったと言われている」と語っている。

    その後Aは再婚したが、疑惑は消えなかった。

    d


    当時このネタを極秘に追っていた芸能記者が取材メモを片手にこう証言する。

    「前妻は、Aが泥酔後にDVに及ぶことを家族に相談していました。
    携帯をチェックするなど束縛も激しく、常に監視をされているような感じだったといいます。
    さらに性格的には異常すぎるケチで、前妻はほんのわずかな生活費しかもらえていなかったという情報まで出ていました。

    前妻の家族も怒り心頭で、離婚時には弁護士を通じて多額の養育費の支払いを確約させ、マンションと車ももらったといいます。
    Aからすると自身の醜聞が晒されるのを恐れた上での口止め料的な意味もあったのではないか」

    そのせいなのか、その後にこの件を嗅ぎつけた他の芸能記者が独自ルートで前妻との接触に成功するも、決してAのことを話そうとしなかったという。

    実はAは過去に番組等で酒癖の悪さを自身で暴露していた。

    当然DVには触れていないが、ここ数年は「人に迷惑をかけず自宅で飲むことが多い」と周囲に語っている。

    「酔うとDV癖が特にひどくなるので、自宅でしか飲めないのでしょう。
    番組の打ち上げなどでもほとんど飲まずに乾杯くらいで帰ってしまう事が多いらしい。
    そのまま残ったら番組スタッフにも暴力を働く可能性があると、自身でもわかっているのかもしれませんね」(前出関係者)

    こんな裏の顔があったのか。

    https://k-knuckles.jp/1/4953/2/

    所長見解:あれか・・・
    【【離婚原因】大人気アナウンサーAにまさかのDV疑惑ってよ・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ