CM

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    辺野古埋め立て反対の女闘士として祭り上げられているローラ(28)。

    ホワイトハウスへ送る埋め立て反対の署名を募ったことが事の発端で、これを非難する者はCM降板を求めた。

    が、結局年が明けても降板させる企業は一社もナシ。

    「ローラを起用する企業は10代~20代の女性をターゲットにしています。
    彼女が環境保護などの社会的発言をしているのは、この層には有名なことだし、格好良いと受け入れられている。
    問題視する企業は皆無でした」(広告代理店関係者)

     
    拠点をアメリカ・LAに移し、昨年は12本のCMに出演。

    しかも、ベンチャー企業のCMやサービスにまで露出するなど活躍の幅は広い。

    “CM女王”のローラを起用するほどの潤沢な資産が、ベンチャー企業側にあるとは思えないのだが、

    「アメリカナイズされたローラらしい契約法がある」

    と、カラクリを語るのは、さる芸能事務所幹部。

    「ローラのCM契約は半年で5千万円ほど。
    これを払えないけど彼女を起用したい新興企業は、契約金の代わりにストックオプション(SO)を彼女に付与するんです。
    ローラとしても自分が広告塔となったことで商品が売れて株価が上がれば、SOの価値も上がる。
    ウィンウィンの契約といえますね」

    r


    日本では耳慣れない契約法だが、昨年、名古屋の会社がマドンナと契約を結ぶ際、SOの形で17億円分付与していたことが明らかになった。

    「日本のタレントがこういった契約をするとは聞いたことがない。
    大手芸能事務所にとっては、目先のギャラの方が大事ですから。
    所属事務所とも距離を取っているローラだからこそできる芸当ですね」(同)

    キャラに似合わず賢いローラの錬金術。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190213-00556594-shincho-ent

    所長見解:もういいね・・・

    【【CMギャラ】ローラの賢すぎるCM契約手法がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今年、「花王」のCMから菅野美穂(41)がひっそりと消えた。

    その理由を、昨年12月に発表された第2子の出産と、育児に求める向きもある。

    “家庭最優先”で仕事を削るのだろうというのだ。

    しかし、芸能界の“事情通”の見方は異なる。

    その見方は、2013年4月に結婚した堺雅人(45)にも大いに関係するのだが、まずは、広告代理店関係者の話を紹介しよう。

    「花王は国内の化粧品業界では資生堂と並ぶ最大手ですよね。
    テレビ業界にとってもメインのスポンサーです。
    他社からすれば、“花王の菅野美穂”と契約している意味合いが多分にあるのです。
    メインスポンサーとの契約が切れたから、ほかの社もCMを打ち切る、これって実はよくあることなんですよ」

    この誘発効果が現実となるかは時を待つことにして、ここで、直近の菅野の出演CMを整理しておきたい。

    初めて花王の化粧品「ソフィーナ」に出たのは98年11月。

    20年来、プリマヴィスタやボーテといったラインナップに登場してきた。

    現在は、「味の素」に「朝日生命保険」、「三井ホーム」の3社だ。

    代理店関係者曰く、

    「業界では、花王を降板した菅野美穂を“賞味期限切れ”と判じる会社もあるのでは、と話題です」

    奇しくもこの“賞味期限”は、堺雅人にとってのキーワードでもあった。

    k


    ■扱いにくいイメージ

    さる芸能事務所の関係者が囁く。

    「堺は、NHK大河の『真田丸』以降、2年以上もドラマ出演がない。
    そんなにのんびりしていて大丈夫なのかな。
    TBSの『半沢直樹』やフジの『リーガル・ハイ』といったヒット作はもう5年も前なんですよ」

    話は逸れるが、「半沢」は視聴率42%のお化けドラマだった。

    「なのに続篇が決まらないのは“芸能界のドン”、田辺エージェンシー社長とTBSの事情がある。
    なにかしらTBS側が配慮を欠いたことがあり、これがドンの不興を買った。
    それで続篇が撮れずにいるのです」

    半沢は、銀行から子会社の証券会社に出向させられたままなのだ。

    で、最近の堺といえば、昨春公開の映画「北の桜守」と昨夏の「くまのプーさん」実写映画の吹替えぐらいである。

    そんな堺を、芸能評論家の三杉武氏はこう評する。

    「20年にアメリカドラマ『24』の日本リメイク版をテレ朝が放送予定で、堺さんも主演候補と聞きました。
    ほかにも、同じ20年のNHK大河『麒麟がくる』から特別出演のオファーがあったものの、堺サイドが断ったようです。
    仕事を選びすぎると、扱いにくいイメージがついてしまうかもしれませんよ」

    先の芸能事務所関係者の話は手厳しい。

    「菅野は花王のCMがなくなっても、“夫にはドラマの当たり役、将来の出演依頼もある”と、家庭最優先を求めているのかもしれません。
    ですが芸能関係者には、『半沢』続篇は厳しそうだし、“堺の演技は一本調子で幅がない”との声もある。
    どんな役を演じても堺にしか見えないというのです」

    夫の、役者としての“賞味期限”をチェックし直したほうがよさそうだ。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00556113-shincho-ent

    所長見解:続編見たいやん・・・

    【【人気女優】菅野美穂、CM降板のヤバ過ぎる理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「松岡茉優」が追突事故を起こしていた 事務所公表せず

    ドラマや舞台、そしてCMにと幅広い活躍を見せる松岡茉優(23)。

    映画では、カンヌでパルムドールを受賞した『万引き家族』に出演したことが記憶に新しい。

    だが、そんな彼女が、今後の芸能活動に影を落としかねない追突事故を起こしていた。

    j


    事故は昨年11月12日、東京・虎ノ門で起きた。

    松岡がプライベートで運転していた車が、交差点で信号待ちをしていた前の車両に突っ込んだのだ。

    芸能人の自動車事故の例でいえば、元モーニング娘。の吉澤ひとみの場合は刑事事件に発展した。

    松岡のケースは幸いにも飲酒運転ではなかったが、事務所が蒼ざめたのは間違いない。

    なにせ松岡は“新CM女王”と称されるほど、多くの広告に起用されているからだ。

    「事故が起きたことは、事務所から広告代理店を通じてクライアントに報告がありました。ただ、今回の事故は完全に彼女の過失。
    被害者もいるので、代理店やキャスティング会社の面々は固唾を呑んで成り行きを見守っていた」(広告業界関係者)

    保険会社のCMにも出ていたから、イメージダウンは必至――だが事務所からその後の連絡はなく、事故の件は音沙汰なくなったという。

    松岡の事務所は事故を起こしたことを認めた上で、

    「示談ではなく通常の保険処理で済んだため発表は控えていた」

    と説明するが……。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00556380-shincho-ent

    所長見解:轢かなくてよかったやん・・・

    【【事務所非公表】女優・松岡茉優が追突事故の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「番組だけでなく『氷結』や『どん兵衛』などのCMに出まくっていて、ずっとテレビに映っていた印象です。
    あの頃のような活躍はもう見られないのでしょうか」

    n


    女性誌記者がそう話すのは、元SMAPの中居正広(46)について。

    現在複数の番組のMCを務める中居だが、1月16日付の『デイリー新潮』が、『ナカイの窓』(日本テレビ系)と『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)の2番組が、今春に終了すると報じた。

    現在『身になる図書館』が放送されている月曜8時には、同じジャニーズのKis-My-Ft2の『10万円でできるかな』が、火曜深夜から昇格する。

    さらに中居のCM出演についても意外な事実が明らかになった。

    「中居といえば2005年には木村拓哉(46)や坂口憲二(43)と並んで、8社のCM契約を結び、その年のCM出演数1位の“CMキング”として名を馳せました。
    それ以前の2001年と2002年にも2年連続CM出演本数1位。
    そんなCMキングに3回も輝いている中居が、今現在のCM本数はなんとゼロ。
    2017年のスマホゲーム『デレステ』以来、CMに出演していないんです」(広告代理店関係者)

    1月9日放送の『ナカイの窓』では、好きなコンビニグルメの話題になり、香取慎吾(42)がイメージキャラクターを務めるファミリーマートの名を突然挙げ、「ファミマの焼き鳥すっげーうまい」と熱弁。

    それまで「鍋焼きうどん」の話をしていたにもかかわらず急にファミマの名前を口にしたことで、ネットでは「突然ファミマの話する?」「香取に勧められたの?」「香取くんのこと絶対意識したよね」と話題になり、「ファミマの焼き鳥」がツイッターのトレンド入りをはたした。

    香取、稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)ら『新しい地図』の面々はSMAP解散後も新たな活動を続け、それぞれがCMにも出演している。

    しかし、ジャニーズ事務所に残留した中居はぜロ本……。

    「これには業界ならではの深いワケがあるんです」と、前出の広告代理店関係者がつづける。

    「中居がジャニーズ事務所との契約を更新しないのでは、とささやかれているからです。
    今年9月の契約更新をしなかった場合、『新しい地図』同様、地上波テレビでの新規の活動はしばらくできなくなるはず。
    CMも1年間などの長期契約が多いため、退所の可能性がある中居は、起用したくてもできない存在になっているんです。
    クライアントをいざこざに巻き込むなんてありえないので、多くの広告業界関係者は、“危なくてとても頼めない”と話していますよ」(前出の広告代理店関係者)

    2016年末のSMAP解散後、2017年のキリン『氷結』のCMでの「あたらしくいこう」というメッセージで話題を集めた中居正広だが、2019年、またしても「あたらしい道」に進むつもりなのか。

    はたしてその決断はいかに?

    http://dailynewsonline.jp/article/1675035/

    所長見解:出るんかな・・・

    【【元SMAP】中居正広、CMゼロの深刻過ぎる事情がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Y!mobileの新しいテレビCM「Y!BAND結成」篇の放送が2月1日に開始。

    このCMにToshl(X JAPAN)と新垣隆(ジェニーハイ)が出演することが明らかになった。

    このCMは学校の教室を舞台に、教師役の吉岡里帆から転校生として紹介されたToshlが「みんな、バンドやろうぜ!」と呼びかけるという内容。

    b


    Toshlがボーカル、新垣がキーボード、吉岡がギター、猫のふてニャンがドラム、そして芦田愛菜が縦笛を担当するバンドが結成される。

    CM内で彼らは演奏しながら振り付けに合わせてダンスも披露しており、Toshlは撮影後に「“ニャー”の部分がガッキー(新垣隆)みたいにうまくできなかった」と反省。

    一方で演奏に関しては「十分、日本武道館を狙えるレベルですね」と満足した様子で、新垣も「そうですね、やるからにはがんばりましょう!」と意欲を見せた。

    https://natalie.mu/music/news/318081


    所長見解:ガッキ-・・・

    【【これは豪華】 ガッキ-、吉岡里帆、芦田愛菜がバンドを結成した模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ