ASKA

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    オーケストラを背に熱唱するASKA=東京国際フォーラム
     
    歌手のASKA(60)が5日、東京国際フォーラムで、全国ツアーの初日を迎えた。
    2014年5月に覚せい剤取締法違反で逮捕されて以降、初のライブで、客席からの「おかえりー」の声に、「その通りだってば!!」とうれしそうに呼応。
    ソロ曲だけでなく、「SAY YES」など「CHAGE and ASKA」の曲もファン5000人に届けた。


    完全復活への道を歩むかのように、大きな歩幅でオーケストラ63人が待ち構えるステージの中央へと向かった。
    13年3月のソロ公演以来となるコンサート。
    オープニングでチャゲアスの「熱風」を歌い上げると、深々とお辞儀をしてファンに感謝の気持ちを伝えた。

    トークコーナーでは「お待たせ~!!どんだけ~!!まぼろし~!!」とまさかの第一声。指の動きまでつけて、IKKO(56)のモノマネを披露した。
    「楽屋でもウケたので、コレしかないなと。マスメディアの方、ここは取り上げないで」とおどけた。

    事件後は福岡のテレビで歌ったり、ミュージックビデオ撮影を一般公開したことはあったが、ライブ開催は初で、「約5年ぶりになるのかな、ステージに立つのは」としみじみ。
    クラシックスタイルのツアーで9都市11公演をこなす予定で、「同じ空間を最高のものにして、同じ出口へタッチできるよう、お付き合いください」と愚行により1度は裏切ってしまったファンに呼びかけた。

    還暦を迎えても持ち前の歌唱力は健在で、ソロの代表曲「はじまりはいつも雨」などを熱唱した。
    チャゲアスのヒットナンバーを歌った後には、デュオ活動の再開には「時間がたてば…でも、今は触れないで」と胸中を吐露。
    今年配信リリースした新曲も織り交ぜた17曲の歌声で、“再出発”を飾った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000002-dal-ent


    no title


    所長見解:歌はいいよね・・・

    【【復帰コンサート】ASKA「お待たせ~」「どんだけ~」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手のASKAが10月11日、「来年のニューアルバム、遅れるかもしれません」と題された自身のブログで“ハッキング被害”を受けたことを明らかにした。

    as


    ASKAは2017年5月から6月にかけて、盗聴犯からパソコンをハッキングされたとしきりにブログで告発。
    何でもパソコンに侵入され、貴重な新曲のデータを削除されたのだという。
    専門用語を使って詳しく説明したが、プログラマーやSEからは「理解できない説明」との声が上がり、ASKAの妄想ではないかとも言われた。
    これ以降、ハッキング被害を訴える発言は減っていたが、今回、久しぶりに被害を受けたようだ。

    ASKAの話をまとめると、使用しているMacの所有者としての権利を乗っ取られてしまったため、何もできない状態になっているのだという。

    「今回も専門用語を使って状況を説明しています。
    今回は以前の説明よりも理解しやすい。
    ツッコミどころはありますが、説明に一応筋は通っています。
    ただ1つだけ気になる点がありました」(システムエンジニア)

    それはMacの起動を制限する「ファームウェアパスワード」について述べている部分だという。
    ASKAはファームウェアパスワードを外から設定されたため、Macを乗っ取られたと明かしているが、このSEによるとネットワーク経由で外から設定するのは、ほぼ不可能だという。

    「外から設定できたら、ハッカーが次々とマシンを乗っ取る事件が起きてしまいますよ。
    パスワードを忘れた場合、マシンをアップルに持ち込んで解除してもらわないといけないんです。
    これだけで外からの変更、設定が不可能であるとわかるかと思います。
    そうするとASKAさんのMacは外から乗っ取られたのではなく、ASKAさんに近い人がやったということになります。
    その可能性が一番高い」(前出・システムエンジニア)

    内部の犯行であれば、ASKAのハッキング被害の多くは合点がいくことになる。
    彼は「ボクのようにターゲットにされると、パソコンの電源を落としていようが、Wi-Fi接続を切っていようが、100%侵入されるのです」と書いているが、Wi-Fi接続を切ったパソコンを外部から乗っ取るのは極めて困難だ。
    だが、内部の人間なら直接操作すればいいわけで、ネットワークに接続する必要はない。

    非現実的であり、妄想ではないかと言われてきたASKAのハッキング被害。
    だが、「内部の犯行」なら説明がつく。
    ASKAは攻撃を仕掛けている相手が誰か特定できているというが、実行犯が身内にいるとは思ってもいないのかもしれない。


    https://www.asagei.com/114014


    所長見解:あれやね・・・

    【【これはいよいよヤバい】またASKAがハッキング被害を告白の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ASKA(60)をインタビューした。
    1979年のデビュー以来、スポーツ紙の単独インタビューを受けるのは初めてという。
    覚醒剤事件のことやプライベートについてどこまで聞かれるか不安はあったと思うが、冒頭からサッカーW杯の話題で盛り上がり、表情は緩みっぱなし。
    事件や私生活のことを自分から切り出すなど、全てをさらけ出してくれた印象だった。

    r


    音楽の話題は熱が入った。
    高音質の「ハイレゾ音源」を普及しようと、昨年10月に立ち上げたのが音楽配信サイト「Weare(ウィアー)」。
    一般的に1曲500円以上するハイレゾ音源を、安価な280円で配信することで広めようとしているが、狙いはこれだけではない。

    音楽の聴き方がCDから配信、配信から定額聴き放題の「ストリーミング」に移りつつある中で、アーティストへの実入りは確実に減ってきており、ASKAは「このままではアーティストが食えなくなって減っていく」と危機感を訴えた。

    「ストリーミング自体は時代が生んだものだし、否定はしない。
    聴き放題だから、リスナーがいろんなアーティストに触れることができるというメリットがある。
    でも、アーティストは全ての曲を聴き放題で発信したら、曲の製作費に見合うだけの収益が入ってこないのが実情。

    今はそれを補うためにライブのチケット代をどんどん上げているけど、近く限度が来るだろうし、全てが頭打ち。
    どうすればいいかって考えた時に“ちゃんとアーティストに還元されるべきだ”って思ってウィアーを立ち上げた」

    ウィアーでは経費などを差し引いた分をアーティストに還元するという。
    特に若いアーティストが、こだわった音作りができるような環境を整えたいという。

    ストリーミングは「宣伝のツールとして使えばいい」と進言し、こう将来を予見した。

    「リスナーはストリーミングで“この曲いいな”と思って、その曲をハイレゾ音源で聴く。
    スタジオでレコーディングしている音に近いのがハイレゾのすごさ。
    本物の音に触れられるから、リスナーがそのアーティストを見極める判断基準になる。
    アーティストは収入が増えて、次の曲もこだわって音作りができる。
    こうやっていい循環が生まれるんだ」

    さらにASKAは「これだとCDは売れなくなってCDショップはつぶれちゃうと思うでしょ?
    いやいや、CDショップは2、3倍でかくなりますよ、僕の構想の中では。
    また今度お話しします」と付け加えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000087-spnannex-ent


    所長見解:もう大丈夫なのか・・・

    【【あの人は今】ASKAが訴えた危機感・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    開かずのブラインドが開いたのは、1月31日、皆既月食の夜だった。
    赤銅色に染まる月を見ようと、窓越しに顔を覗かせた美女。
    以前よりやや痩せた印象はあるものの、夜空を見上げる憂いを帯びた表情は、4年前とまったく変わりない、妖艶な魅力を放っていた―。

    覚せい剤取締法違反によって、歌手のASKA(59)が逮捕されたのは’14年5月。
    そして当時、ASKAと共に覚醒剤に溺れ、不倫関係に陥っていたのが、Tさん(当時37)だった。
    驚くべきことに、ASKAは4年前、世間を大いに騒がせたあの覚醒剤事件の愛人・Tさんと、現在も関係が続いていたのだ。

    s


    二人が密会しているとの情報を得た本誌は、昨年末から取材を開始。
    都内にあるASKAの自宅兼事務所マンションで目撃した光景は、確かに、彼らの親密な関係をはっきりと示すものだった。

    現在に至るまで、本誌はTさんがASKAのマンションへと入っていく場面を頻繁に確認。
    常に合い鍵でオートロックを解錠し、連日のように一夜を共にしていることから、二人が半同棲生活を送っていることはもはや疑いようがない。
    二人の関係を知る知人が証言する。

    「もちろん、男女の情もあるとは思いますが、ASKAさんには贖罪の気持ちも強い。
    裁判の間も一貫して彼女をかばっていたことからもわかる通り、ASKAさんは自分のせいで彼女の人生をメチャクチャにしてしまったと感じているんでしょう。
    実際、ASKAさんはTさんの無実を証明しようと、公判で証言台に立とうとしていたほどですからね」

    ASKAとTさんは、事件後、一時は離れていた時期もあるが、すぐに復縁したという。
    不起訴になった’16年11月の再逮捕騒動の際や、’17年7月に明らかになった30年連れ添った糟糠の妻との離婚の際も、Tさんは常にASKAの側に寄り添っていたのだ。

    2月16日発売のフライデー最新号では、ASKAとTさんの近影を掲載するとともに、『同棲生活』に関するASKAのコメントも掲載している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00010000-friday-ent


    所長見解:これ大丈夫か・・・
    【【関係復活】ASKA「覚醒剤事件の愛人」Tさんと同棲ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手のASKA(59)が21日、「プライバシー」と題し自身のブログを更新し、「週刊文春」の不倫疑惑報道に端を発し引退を表明した小室哲哉(59)への思いをつづった。

    s


    ASKAはブログで「『有名人(芸能人)に、プライバシーはない』」と、言いのけるコメンテーターや、芸能レポーターがいます。僕にだって、知られて欲しくないプライバシーなら、『ひとつ、ふたつ、ああ、いっぱい』あります」と前置きした。

    その上で「今回の『小室』の件。倫理、道徳を、もちだされると、僕同様、『申し訳ありません』と、いうしかありませんが、僕とは違って、小室の行為は犯罪ではありません。
    あれを報じたゴシップ紙は、それで利益を得ようとしました。
    他人のプライバシーで、利益を得ようとする。これは犯罪なんです。
    僕は、奥様の介護で、どれだけ小室が頑張ってきていたのか知っていますので、世の中から、悪人のように見えるように仕立てあげ、それで利益を得ようとしたゴシップ紙を訴える権利が小室にはあると思っています」と示した。

    さらに「今回、それによって引退を決意した小室。
    テレビでは、『なぜ、引退なのかわからない』と、また、小室をかばいながら、『引退』と、いう選択に矛盾を唱えている光景を見ましたが、僕には、わかる。
    僕は、小室に一生の恩を感じてます。
    あいつが、僕のロンドン行きの背中を押してくれたのです。
    『ASKAさんなら、やれるよ。』僕は、その一言が勇気となり、ロンドンに住むことを決意しました。僕は、小室と会うたびに、感謝を伝えています」と小室との交流を明かした。

    その上で「『引退・・・』僕にはわかる。『他人のプライバシーで利益を得る』もう一度言いますが、これは、犯罪なんです。今回の小室の『引退』は、世の中へ、『気づき』『問いかけ』を、しました。
    そして、小室のファンの方へ。
    小室のような大天才は、そうそう出てきません。
    また、小室自身も音楽を通して『自分の使命』を、誰よりもわかっていると思います。
    僕は、小室への恩義から彼寄りに発言しているわけではありません。
    本日のエントリーに関しては、ずいぶん迷いましたが、小室を応援しているファンの方々へ言いたかった。
    大丈夫。小室は、必ず戻ってきます。戻ってこなくてはならない音楽家ですので。
    判断は、『今』の判断です。いつか、また、戻ってくる『今』の判断を迎えるときが来ます。
    『引退』と、いう言葉に対して、『復帰』と、いう言葉が、ちゃんとあります。
    なんの矛盾もない」と小室のファンへメッセージを送った。

    最後に「今の僕が、このようなことを発言することで、バッシングもあるでしょう。
    でも、そんなのはどうでもいいんだ。小室、少し休めな。
    お前が音楽を止めることなんてできないんだから。
    また、朝まで音楽を語ろう。『ふたり』と、いう世間の中で音楽の未来を語りましょう」と小室ヘ呼びかけていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000065-sph-ent


    所長見解:優しいな・・・
    【【小室引退】ASKA、「小室に一生の恩を感じてます」「また、朝まで音楽を語ろう。」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ