ミーハー総合研究所

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:ASKA

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手のASKA(59)が17日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)に出演した。
    ASKAは16日に都内のスタジオでミュージックビデオの撮影をファンに公開。
    番組はイベントの前にインタビューを行った。

    k


    2014年9月に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受け現在、執行猶予中。
    覚醒剤を使用したことに「罪悪感はあると思います。1回吸うと11~12時間持つんですよ。1時間おきに使っていた。3週間ずっと、あの時はすべてを支配された。それが覚醒剤って知った時はどうしようもないですね」などと告白した。

    7月に30年連れ添った妻との離婚を発表した。
    「いろんなことがあってのこと。その時期が来たんだなということ」と説明。
    現在、CHAGEと連絡しているかの問いに「あんまりしてないですね。あんまりしなくていいんですよ、そこは」と話し、「ボクらの間では悪かったでいいんですよ。それ以上は必要ない」などと明かした。
    CHAGE and ASKAの再結成は「ないですね。それはないです。まだまだないです」と否定していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000084-sph-ent 
    スポーツ報知 


    所長見解:もう大丈夫なのか・・・
    【【復帰へ】ASKA赤裸々告白…覚醒剤は「1時間おきに使った。すべてを支配された」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司に代表されるように、ハゲが市民権を得つつある芸能界だが、ビジュアルイメージを売りにする芸能人は、まだまだそこまでの意識には至っていないのが現状だ。
    とりわけルックスを売りにしているミュージシャンは、隠したがる傾向にあるらしい。

    テレビ関係者がこう明かす。

    「先日も、一部夕刊紙に、人気バンド『ミスターチルドレン』のボーカル・桜井和寿の衝撃的な目撃情報が報じられました。
    全国ツアーの京セラドーム公演に登場した桜井が、前髪の方に髪を集め、それをスプレーでガチガチに固めていたというんです。
    この報道がネット上で拡散されたとき、ユーザーたちは衝撃ならぬ“笑撃”を受けていましたね」

    ミスチルといえば、“自分探し”をテーマにしたような歌詞で90年代から圧倒的な人気を博してきた。
    とりわけフロントマンの桜井は、垂れ目の愛くるしい顔立ちで女性ファンがメロメロ。

    その黒髪は時にサラサラのセンター分けだったり、横分けにしたりと変幻自在のはずだった。
    それが、頭髪後退の危機にあるとすれば、どんなカッコイイ歌を歌っても、失笑を買いかねない。

    「矢沢永吉のように、ダンディーな形で薄毛になればいいですが、後退するだけだと、ハゲオヤジ然としたルックスになってしまう。
    そうしたら、歌に説得力がなくなるかもしれません。さすがに47歳なのでやむを得ませんけどね」(同関係者)

    桜井だけではない。隠れハゲミュージシャンとして囁かれているのが、昨年、覚醒剤取締法違反の罪に問われたデュオ「CHAGE and ASKA」のASKAだ。

    「今年1月、写真誌『フライデー』が福岡に滞在するASKAを直撃したんですが、目を凝らすと前頭部の皮膚がうっすらと見えるそうなんです。
    全体的にもっさりした、鳥の巣のような髪形で、その部分が薄くなっているので、余計に際立っていたそうです。
    なので、業界では『ASKAがCHAGEになってきた』と囁かれているんですよ」(スポーツ紙デスク)

    そんな中もう1人、隠れハゲ疑惑が一向に晴れないミュージシャンがいる。

    それはB’zの稲葉浩志だ。

    z


    「稲葉は『かっこいいボーカリスト』に必ずといってよいほど挙げられる超絶イケメンで知られます。
    圧倒的な歌唱力は、衰え知らず。
    ところが、以前から後頭部が薄くなっているのでは? との指摘があるのです。
    たしかに、あるライブビデオで確認すると、薄いような気がしますね」(音楽関係者)

    だが、ここ何年かの間で、毛根が蘇ったかのようなフサフサ具合になっているという。
    そこで「増毛手術に踏み切ったとしか思えない」という噂が囁かれているのだ。

    「関係者の間で『稲葉ハゲ説』の根拠の一つになっているのは、稲葉のお父さんもだいぶ薄かったということがありますね。
    お父さんは、完全に後退していましたから。
    なのに、息子があれほど若々しい髪を維持できているのは不自然ですらある。
    増毛の可能性も捨てきれません」(同関係者)

    事実ならば、いっそのこと、カミングアウトしてほしいものだが、そこまでの“ウルトラソウル”を求めるのは酷かもしれない。

    http://tocana.jp/2017/08/post_14088_entry.html


    所長見解:これはしかたないよ・・・
    【【これはつらい】「隠れ薄毛」疑惑が囁かれる超大物ミュージシャン ミスチル桜井、ASKA、そしてもう1人は ・・・ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    24日にブログで30年連れ添った妻と先月離婚したことを発表した歌手のASKAだが、離婚原因として女性問題が浮上していることを、発売中の「フライデー」(講談社)が報じている。

    s


    同誌によると、その女性とは、ASKAが15年に薬物事件で逮捕された際、一緒に薬物を使用していたとして逮捕された当時の愛人。
    その元愛人もASKA同様、執行猶予付きの判決を受けていた。

    実は、ASKAと元愛人との関係はまだ切れておらず、ASKAが元愛人のマンションに出入りしているところをしばしば目撃されているというのだ。

    ASKAは公判で元愛人の無罪を主張。
    情状証人として元愛人の公判に出廷しようとしたが、離婚した妻の怒りを買って断念したほど。
    元愛人との関係が離婚原因になっているようで、元愛人と再婚する可能性もありそうだという。

    「元愛人は公判で余計なことを一切しゃべらなかった。
    そのため、もともとASKAに紹介した大手企業の社長がしっかりバックアップ。
    関西方面にいるとのうわさがあったが、ほとぼりが冷めたのを見計らって東京に戻っていたようだ。
    ASKAの元妻としても、密会を許せず別々の道を選ぶしかなかったのでは」(週刊誌記者)

    発売中の「週刊新潮」(新潮社)によると、ASKAが家族と住んでいた豪邸は今年5月末に売却。
    元妻は豪邸から2キロほど離れた一軒家に2人の子供と暮らしているというが、同誌の記者が離婚について直撃したところ「何も話せないんです」とコメントしたという。

    「豪邸の売却額の3億円ほどが元妻への慰謝料代わりと言われている。
    ASKAは毎年億単位の印税が入るので、この先も生活には困らないだろう」(音楽業界関係者)

    果たして、ASKAは元愛人と“第2の人生”を歩むのだろうか?

    http://npn.co.jp/sp/article/detail/97096870/


    所長見解:大丈夫なのか?・・・
    【【これは早い】ASKA、早くも再婚? 相手は一緒に逮捕された元愛人ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ASKAが本サイトの問いかけに「陰口を言う昔の仲間」はCHAGEと告白!

    歌手のASKAが6月27日のブログで、「連絡が取れない陰でいろいろ言うスパイ」と批判していた相手がやはりCHAGEであることを明かし、驚きの声が上がっている。

    c


    ことのいきさつはこうだ。
    ASKAが6月18日の「僕を諭してくれるあなたへ。」という投稿で、事件の後に連絡が取れない相手がいることを明かした。
    その相手は謝罪の手紙を送ってきたものの、直接会って話をすることはなかったという。

    続いて6月21日のブログでは離れていったその人を「影で色々いう人は、影で色々言われてる人」(原文ママ、以下同じ)だとし、「近くにいる笑顔のスパイ」だと痛烈に批判した。名前は伏せているものの、この相手に募る不満と恨みがあることを告白したのである。

    アサ芸プラスはこれら一連の批判を報じた上で「相手は“あの人”しか思い浮かばないが、いつかASKAの口から真相を明らかにしてほしい」と、6月26日に記事を配信した。
    するとASKA本人が翌27日付けのブログでこの記事について触れ、最後に「CHAGE←おい!!これでいいですか?」と書いているのだ。

    「ASKAの発言はアサ芸プラスの記事に対する返答と見ていいでしょう。
    憎い相手はやはりCHAGEだということです。
    事件の前からASKAとCHAGEはクスリを巡って衝突し、不仲だと伝えられていますが、それを隠しもしないとは…。
    ここまで明かしてしまったら、CHAGE and ASKAの復活はもう難しいのではないでしょうか」(週刊誌芸能記者)

    いつか2人が和解し、同じステージに立つ日が来ると信じたい。

    http://www.asagei.com/excerpt/83797


    所長見解:また見てみたいのに・・・
    【【復活不可能】ASKA、「陰口を言う昔の仲間」はCHAGEってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    眠る時間もなく自分の感覚を研ぎ澄ませて手に入れた証拠データだが、しかし!
    ここでASKAは、圧縮されたデータが、どのようにしても解凍できない事実を突き付けられる。
    ううう、これではデータに鍵を掛けられているも同然…とASKAは悩み、そしてひらめく。

    〈ふと思ったんです。「現在、最も開けることが困難な拡張子?」20数年前に使用していた優秀な解凍ツールを使ってみようと。〉

    そうして、今となっては骨董品のようなツールを持ち出したASKAがデーターの解凍を試みると…見事成功!

    このようにして、さらに次々と訪れる困難をもASKAは克服し、そしてついに勝利を確信するまでに至るのだ。

    〈僕は、全てのコピーに成功し、表の世界に戻って来ました。〉と。

    “彼らの領域”から“表の視界”へ…。今、僕は戻ってきたことを宣言するASKA!
    最新6月6日のブログは、現実社会を巻き込んだ大スぺクタクルノンフィクションとして圧倒的で、手に汗握る、まるでハリウッド映画のような展開スリルに満ちている。

    実際ASKAも、敵を追い詰めた歓喜の心情を、主人公としてこう記述している。

    〈これが、世間に発表された時には、世界がひっくり返る出来事になるでしょう。
    (略)映画の主人公になったようでした。〉と、

    1


    ●そして感動のラストへ向けて最終決戦が始まった!!!

    そしてとうとう――。

    ブログの最終盤で、ASKAはついに10年来闘い続けてきた謎の組織に対して、勝利を宣言するのだ。

    長年の宿敵にこう呼びかけるASKA。

    〈すっかり特定できてしまった。結局、あの10年前の勘に間違いはなかったということだった。
    今回は、裏付けをしっかり残した上で、発言させもらう。
    君たちの中で、僕が『危険人物「A+」という、特別な位置付けにされているのもわかった。
    「世間に与える影響力がエイズ並み」とのことで、総力を挙げて囲んでいたことも。
    ここ1ヶ月、お互い必死だった。〉

    〈僕には、歌しかないんだよ。君たちが、記号しか扱えないのと同じでね。〉

    今回引用したのは、6月6日のブログのうちごく一部だけだ。
    ぜひ全文を読んで、傑作映画のワンシーンのような、スリルと感動の実録巨編を感じてほしい。

    http://tocana.jp/2017/06/post_13462_entry_2.html


    所長見解:どこか遠いところに行ってしまわれたな・・・
    【【もう無理かもしれんね】ASKAがついに盗聴組織の証拠を掴み、死闘、勝利宣言へ! 謎の記号「f7451458296375」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ