ASKA

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 2020/03/29(日) 01:27:55.64

    「一刻も早くこの機械を世界にお届けしたい! 
    その一心です。
    世界の投資家の皆さん、ぜひ僕に投資してください。世界が助かります」

     
    ソロ10枚目となるアルバムを発売したASKA(62)が、発売当日である3月20日にYouTubeに動画をアップし、こう叫んだ。

    「いま世界は新型コロナウイルスの脅威の前になす術がありません」

     
    そう。ASKAの言う通り、いま世界は大混乱中だ。

    日本の首都である東京も、封鎖が現実味を帯びている。

    そんななか彼は、“コロナウイルスを死滅させることができる”機械を開発したというのだ。


    s


    「すべての匂いを無臭化してしまう。
    すべての雑菌、ウイルスを死滅させてしまうという機械を思いつきまして、すでに7年前から開発に入っておりまして、2年前には開発に成功しました」

    「この地球上のすべてのバクテリア、雑菌、ウイルスはオゾンによって簡単に死滅します。1ppmのオゾン濃度があれば、死滅してしまいます」

    「われわれが今回開発した機械は、オゾン濃度5ppmまで達しました。
    これを全世界の皆さんのご家庭に早くお届けしたい」

     
    ASKAが開発したという機械は、水道水をオゾンが含まれた“オゾン水”に変換する機械だそうで、作ったオゾン水を対象物にかけることで一瞬で殺菌できるという。

    実際に大学の研究機関で検証してもらい、高い殺菌力を証明してもらったとも話していた。

     
    しかし、この機械は「頑張って、頑張って、1万台作って3万6000円」と安くはない価格。

    そのため彼は投資家に向けて、力を込めて次のように叫んだ。

    「全世界に公開したい。
    全世界の投資家が、この機械に投資していただければ、みなさんのご家庭で、ほんと数千円の価格になる。
    決してコロナは怖くない。
    コロナは(殺菌できるという)検証したか? 
    検証できないんです! 
    この国では! 
    させてもらえないんです」

     
    ASKAの言うように、オゾン水は本当に殺菌効果があるのだろうか。


    週刊女性PRIME
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200328-00017535-jprime-ent

    所長見解:大丈夫なん?・・・
    【【朗報】歌手・ASKAさんがコロナウイルスが死滅するという機械を開発ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ASKA 剣道大会で優勝!

    本名で参加、鮮やか四段の剣さばき


    y


    歌手のASKA(61)が20日、東京・滝野川体育館で行われた北区剣道大会の一般男子60歳以上の部に出場し、優勝を果たした。

    シードも含め17人のトーナメント形式で行われ、本名の「宮崎重明」で参加。

    1回戦では鮮やかな剣さばきで面、胴と2本を連取。

    わずか10秒ほどで試合を決めた。

    途中、足を負傷するアクシデントもあったが1本も取られることなく勝ち進んだ。

    決勝では「オワ~ッ」と気合の声を響かせながら2本の面を決めた。


    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000123-spnannex-ent

    所長見解:やるやん・・・

    【【朗報】ASKAさんが優勝wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「アーッ!!」

     
    体育館に気迫に満ちた声が上がる。

    その声はほかの選手に比べて、より響き渡っていたのは、さすがと言うべきか。

    デビュー40周年記念日であった8月25日に、CHAGEandASKAからの脱退を表明したASKA。

    その姿は『体育の日』だった10月の休日、都内の中学校にあった。

    「その日、『情報系企業剣道大会』という大会があり、ASKAさんが参加したんです。
    渡辺正行さんに誘われ、『チーム渡辺』のメンバーとして出場しました。
    ほかにはTake2の深沢邦之さんもメンバーでしたね」(大会参加者)


    k

     
    この日の剣道大会は5人の団体戦で、チーム名のとおり、“リーダー”こと渡辺が主将を務め、ASKAは3番手の中堅として戦った。

    対戦相手は、大会名にあるようにIBMなど大手情報系企業の面々。

    「渡辺さんは、剣道の先生に“タレントも情報系だろう”と誘われたそうで、'18年の大会にも参加していました。
    参加者の道着には企業名と名前が入っていましたが、ASKAさんは『天布館』という道場名と本名の『宮崎』と入った道着で戦っていました」(同・参加者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191018-00016319-jprime-ent

    所長見解:ええやんな・・・

    【【あの人は今】ASKA氏、剣道大会に出場の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    歌手のASKAが10月3日、自身のブログで「しゃかりきコロンブス」とは何かを明らかにし、大反響になっている。

     
    しゃかりきコロンブスとは、アイドルグループ「光GENJI」の3枚目のシングル「パラダイス銀河」に登場する歌詞。

    88年にリリースされた時からどんな意味があるのかと話題になった。


    g

     
    ASKAはその意味について、「しゃかりき」は「お釈迦様が一生懸命になっている」であり、「コロンブス」はアメリカ大陸を発見したクリストファー・コロンブスだとしている。

    2つを合わせることで、「しゃかりきになって探したって、コロンブスさえも発見することができない夢の島(子供の場所)」を意味するのだと明かした。

     
    「これは予想外でした。
    おそらく多くの人が『一生懸命がんばるコロンブス』だと思っていたはずです。
    『大人は見えない しゃかりき コロンブス』というのは、『夢の島を探そうと一所懸命がんばる子どもを大人は見つけられない(理解できない)』だと思っていた人も多いのではないでしょうか」(芸能ライター)

     
    リリースから31年目に明らかになった事実に、当時のファンも驚きを隠せないようだ。

    だがASKAによると、意味を知らずに歌い継がれてもかまわないという。

     
    ASKAは光GENJIのデビュー曲「STAR LIGHT」から、「ガラスの十代」、そしてこの「パラダイス銀河」と3曲連続で楽曲を提供している。
    https://www.asagei.com/excerpt/134590



    所長見解:天才やな・・・


    【【衝撃告白】ASKA「光GENJI・パラダイス銀河」の歌詞『しゃかりきコロンブス』の意味について・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    チャゲアスは『解散』ではない

    ある芸能ジャーナリストが言う。

    「ASKAさんが一方的に『脱退』をした形になったことで、CHAGE and ASKAは『解散』という扱いにはなっていない状態です。
    もともとASKAさんは解散または脱退をしたかったようなのですが、Chageさんは存続を求め、長い間、活動休止の状態でそれぞれのソロ活動を行ってきました。

    ASKAさんが薬物で逮捕されたときも、チャゲアスを守り続けてきた形にもなります。Chageさんにとっては、ASKAさんの歌唱力あっての自分たちの楽曲だという思いは強くあったようですね。
    しかし、40周年という大きな区切りで、いよいよASKAさんが決意し、Chageさんもついにそれを受け入れたという形ですね」


    c


    『SAY YES』や『YAH YAH YAH』など、チャゲアスの数々の名曲は、ASKAの手によるものが多い。

    今後、それぞれのソロ活動によって、それらの曲を聴くことはできるのだろうか。

    「メインボーカルもASKAさんでしたから、ASKAさんのソロコンサートなどで、おひとりで歌うような機会は十分ありそうです。
    Chageさんが今後どうされるかですよね」(前出・芸能ジャーナリスト)

     
    チャゲアスは「解散」したわけではなく、ASKAが脱退した状態という現状。

    そこで、Chageが、ASKAに代わる新ボーカリストを迎え、新生CHAGE and ASKAを誕生させる可能性もなくはないと、ある音楽雑誌の記者は語る。


    「オメガトライブやJ-WALKなど、メインボーカルを新たに迎えた例は珍しくありません。海外でも、ヴァン・ヘイレンやシカゴなど、いくつも例があります。
    そのような形で、Chageさんが“2代目ASKA”を迎えるという仰天プランも考えられなくはないです。

    しかし、ブログの文面や過去の発言などからも、Chageさんは、ASKAさんと2人であることにいちばん強いこだわりを持っているようです。
    ソロ名義のヒット曲『ふたりの愛ランド』を、先日もテレビ番組で島谷ひとみさんとデュエットされていましたし、ソロ曲に関しては別なのでしょうが、チャゲアスの過去の名曲の数々を、ほかの人と歌うという選択はあまりないような気がします」


    「2代目CHAGE and ASKA」や、「CHAGE and ◯◯」という新グループ誕生の可能性は、さすがに低そうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00015964-jprime-ent&p=2 

    所長見解:そうやろね・・・

    【【チャゲアス】Chageが2代目ASKAの新加入で再始動ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ