27時間テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    局内からはため息が聞こえてくる……。

    11月2日から3日にかけて放送されたフジテレビ系の目玉番組『FNS27時間テレビ』。

    総合司会はビートたけしだったが、“キャプテン”として実質的に番組を仕切ったのは、関ジャニ∞の村上信五だった。

    27


    「今年は『にほんのスポーツは強いっ!』をテーマに、3年ぶりに生放送に挑戦しました。しかし、平均視聴率は過去最低の5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。
    ライバルである日本テレビ系の『24時間テレビ』は今年、16・5%の平均視聴率を獲得していますから、惨敗と言ってもいいでしょうね」(スポーツ紙記者)

    来年の東京オリンピックを見越して、スポーツに焦点を当てた今回。

    陸上の桐生祥秀や競泳の瀬戸大也など、来年メダルが期待できるアスリートが多数出演したにも関わらず、彼らの魅力を引き出すことが出来なかったようだ。


    「特に番組を仕切っていた村上さんへの批判の声は多かった。
    ネット上では、《村上にセンスがない》《視聴率の低い原因の一つに村上》など、厳しい言葉が並んでいましたね。
    年上の大物タレントに臆せずツッコミを入れられるのが彼の魅力なのですが、逆にそのことに嫌悪感を抱く視聴者も多くいることが分かってしまったということでしょう」(ワイドショー関係者)


    『27時間テレビ』の視聴率が振るわなかった結果に、フジテレビ局内の落胆ぶりは半端ないようだ。

    「村上さんといえば、東京オリンピックでのフジテレビのメインキャスターに就任することが決定しています。
    フジとしては久々に芸能人をメインに据えて、自国開催のオリンピックを盛り上げようと思っていたのですが、今回の体たらくを見てしまったら、来年のオリンピック放送も厳しい結果になりそうですね」(フジテレビ関係者)


    過去には同じジャニーズ事務所のTOKIOの国分太一が‘12年ロンドンと‘14年のソチでメインキャスターを務めている。

    フジにとっては、それ以来の“ジャニーズタレント”かつ芸能人のメインキャスター抜擢なのだが、局内には反対の声も多かったという。

    「フジはここ2大会、芸能人のメインキャスターを立てずフィギュアスケーターの髙橋大輔さんや柔道選手だった野村忠宏さんなど五輪経験者をメインに据え、局アナが彼らをサポートする体制を取ったのです。

    というのも、国分さんは自分で選手たちを取材せず、コメントもありきたりな感じで盛り上がりに欠けたんです。

    スポーツ局や報道局の中には、東京オリンピックも芸能人を排した“硬派路線”で行きたいという声が多かったのですが、結局は国分さんと同じジャニーズタレントの村上さんが抜擢されたのです」(同・フジテレビ関係者)


    局内の反対の声を押しのけて誕生した「メインキャスター・村上信五」。

    そこには、やはり“大人の事情”が働いているようだ。

    「フジテレビとしては、解散したSMAP、活動休止になる嵐に続く人気グループである関ジャニ∞の村上をオリンピックキャスターに就任させることで、ジャニーズに恩を売ろうとしているのでしょう。
    中居正広の後継者として村上を育てたい事務所サイドと、思惑が一致した。
    ですが、今回の『27時間テレビ』で、村上の司会が視聴者に受け入れられないことが際立ってしまったからね。
    現場のテンションがダダ下がりで、暗雲が立ち込めていますよ」(芸能プロ関係者)


    ジャニーズ人気にあやかろうとするキャスティングを、フジテレビはそろそろ改めるべきではないだろうか――。


    FRIDAYデジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00000006-friday-ent 

    所長見解:たしかに・・・
    【【視聴率惨敗】村上信吾「オリンピック司会」がヤバいってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビ「FNS27時間テレビ」(2日後6・30~3日後9・54)の27時間を通しての平均視聴率は5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。


    f


    昨年の平均視聴率7・3%を下回り、歴代最低を記録した。

    番組のエンディングを飾る「グランドフィナーレ」(3日後6・00~9・54)は8・3%だった。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/05/kiji/20191103s00041000335000c.html

    所長見解:もうね・・・


    【【悲報】フジテレビの「27時間テレビ」の視聴率がコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    FUJIWARA藤本敏史が、11月2日放送の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)に出演。

    「すみませんでした」と謝罪する一幕があった。

    f

     
    藤本が出たのは『さんまのお笑い向上委員会』の27時間テレビスペシャル。

    同番組では毎年、メインテーマに合わせた仮装をすることが恒例となっている。

    今年はスポーツということで、メンバーはそれにちなんだ思い思いのコスプレを披露。

     
    その中で藤本は1984年ロサンゼルスオリンピックの開会式で、小型のロケットエンジンを積んで空から降りて来たロケットマンの衣装で登場。

    ここで明石家さんまが、爆笑問題・太田光が何かを言いたそうにしているところを見るや「言うたらあかんねん」とすかさず注意。

     
    さんまの素早い対応に太田は「どうして分かるんですか」と驚いたが、空気を察した藤本は席から立ち上がり、「すみませんでした!」と謝罪。

    これに対しさんまが「ロケットマンが謝ることちゃうねん」と求めると、藤本は「ロケットでどっか飛んでいきたいです」と、今の心境を明かした。

     
    木下は姉の勤務先であるタピオカドリンク店のオーナーに恫喝まがいのDMを送り付け、騒動となっている。


    https://s.rbbtoday.com/article/2019/11/02/174387.html

    所長見解:なんかね・・・
    【【放送事故】27時間テレビにフジモン出演 → 太田が何か言いたそうに → さんま「言うたらあかんねん!」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「爆笑問題」太田光(54)が「FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!『さんまのお笑い向上委員会』」に出演。

    今年、ワイドショーをにぎわせた「吉本不祥事ネタ」をこれでもかとブッ込んだ。


    h


    トークの最中、突如「宮迫ー!一緒に日本へ帰ろう!」と叫ぶ太田。

    スタジオがザワつきだすと、今田耕司(53)が「徳井の名前も呼んだれや!」とツッコむ。

    何とも反応しづらい状況に、多くの芸人がとまどいの表情を見せた。

     
    太田はさらに「テープ回ってないよね」と、吉本興行・岡本社長を思い出させるような切り返しで応酬。

    “吉本不祥事ネタ”のオンパレードに、さすがのさんまも「やるな!お前は~!(ネタが)古いわ」とツッコミを入れていた。

     
    太田は「まだ、許してないですよ!この反社会興行のこと!」としつこく畳みかける。

    次に狙われたのはステマツイート騒動でここ最近世間を騒がせている「ミキ」昴生(33)。

    「振ってくんな」と返すと、スタジオから笑いが巻き起こった。

     
    出演する芸人は皆、スポーツに関するコスプレで登場していたが、昴生が扮するのは“ヤワラちゃん”こと田村亮子。

    それを見て太田は「『反社でも金、京都でも金』って言ってました」と、うれしそうにMCの明石家さんま(64)に報告。

    昴生は「言ってないし…(そんなネタで)スベんな!」と太田に文句タラタラだった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000243-spnannex-ent

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【放送事故】爆笑問題・太田、吉本不祥事ネタの結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    関ジャニ∞、村上信五(36)の快進撃が止まらない。
    8日から9日にかけて放送された「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)で昨年に続きビートたけし(71)と共演。
    MCの腕をメキメキと上げている。

    m


    番組中では、村上がたけしに「ジジイ!」とツッコむ場面もあり、ネットでは「たけしにツッコめる逸材」と高評価。
    たけし、さんまクラスは大御所すぎて、共演するお笑い芸人がイジれず、面白みに欠けるともいわれているだけに、村上の“大御所転がし”の技術はピカイチ。
    ポスト中居正広ともっぱらだ。

    村上は04年に関ジャニ∞としてデビューするもトップアイドルへの道は遠く、東京へは深夜バスで往復。
    結成9年目の12年にNHK紅白に初出場を果たした遅咲きである。
    村上はそんな時代からテレビ関係者に「小さな番組でも何でもいい、MCをやりたい」と売り込んでいたというから、やっと自分のビジョン通りになったところだろう。

    またサッカー好きということで、ワールドカップ特番ではロシアからの中継を担当するなど活躍の幅を広げている。

    芸能リポーターの川内天子氏は「彼のMC力はマツコ・デラックスによって引き出された」とし、こう続ける。

    「今年はたけしさんとの27時間テレビも2年目ということで物おじせず、ツッコむたびに小気味よさが出て、腕を上げているのが明らか。
    これは12年から『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でマツコさんがフォローしてくれる環境下で挑戦を繰り返し、大物相手でも物おじしない“忖度しない技術”を経験により身につけた成果です。
    中居さんは台本ありきで、自分中心の仲間内で生き生き活躍するタイプですが、村上さんは相手を選ばず、番組の進行もしながら、共演者もいじることができる。
    むしろ中居さんを超えたと言えるでしょう」

    “たけし転がし”で頭角を現した村上。
    ゴールデン番組のMCも遠くはなさそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000013-nkgendai-ent


    所長見解:そうでもないな・・・

    【【新MC王】関ジャニ・村上、ポスト中居の模様・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ