鳥居みゆき

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鳥居みゆき、38歳になった近影にネット騒然 「エグい」「やっぱり美人…」

    現在、ドラマで主演を務めている鳥居みゆき。

    「アラフォー」になった彼女の現在に、多くのネットユーザーから驚きの声が…


    お笑い芸人の鳥居みゆきが、22日に自身のインスタグラムを更新。

    主演を務めるドラマ『元町ロックンロールスウィンドル』(サンテレビ)のオフショットが公開され、キュートな近影に大反響が寄せられている。


    m


    ■かわいすぎる38歳

    同作にて、神戸元町の裏通りの古着屋のオーナーの女性を演じている鳥居。

    ロックテイストだが、革ジャンの下から赤いギンガムチェックやレースが覗いていたりと、この写真1枚からでも古着の魅力を再確認できるような衣装だ。

    「元町ロックンロールスウィンドル よろしくー」と作品の宣伝をしつつ、萌え袖を活かしたキュートなポーズを披露。

    今年の3月で38歳を迎えた彼女だが、カメラを見つめるあどけない表情や溢れる透明感は、まるで年齢を感じさせない…。

    ブレイクした鬼気迫る芸風からはギャップのある、なんとも「萌え」な1枚だ。


    ※インスタ画像がコチラ


    ■「やっぱり美人…」ファンため息

    こちらの投稿を見た多くのユーザーがため息。

    愛らしさが溢れる近影に、絶賛の声が相次いでいる。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    https://sirabee.com/2019/05/25/20162087951/ 

    所長見解:元からね・・・
    【【検証画像】鳥居みゆき、38歳になった今がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビでは、たくさんの女性お笑い芸人たちが活躍している。
    自身のコンプレックスをネタに笑いをとることも多い女性芸人だが、「意外にかわいい」といわれている女性芸人は多い。
    そこで今回は、30代~40代の男性200人に、最近活躍中の女性お笑い芸人の中で「最も美人だと思うのは誰か?」を聞いてみた。

    まず第4位だったのは、同率でイモトアヤコとお笑いコンビ、にゃんこスターのアンゴラ村長の2人。

    イモトは、人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の珍獣ハンターとして大ブレイク。
    太眉毛にセーラー服という姿で世界中を巡り、過酷なロケになりふりかまわず体を張っているが、実はサラサラの黒髪やシュッとした輪郭など、美人要素も持ち合わせている。
    ドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系)や、『ウチの夫は仕事ができない』などで、女優業にも進出。
    ドラマでは、眉毛も整え、『イッテQ』のときとは違う、女性らしい姿を見せていたのが選ばれた理由かもしれない。

    にゃんこスターは2017年の『キングオブコント』(TBS系)で決勝に進出し、ブレイク。
    小柄な体型に黒髪ボブというヘアスタイルのアンゴラ村長は、美人というよりはかわいい系のルックスで注目を集めた。
    ネタのときのショートパンツをはいて縄跳びを飛んでいた姿に、ネット上では「美脚」との声も上がっており、それも高評価につながったようだ。


    第3位には、いとうあさこがランクイン。
    明るいキャラで、体を張った企画に挑戦している姿が印象的ないとう。
    実は祖父、父、兄が東大出身というインテリ一家のお嬢様育ちで、バラエティ番組での発言にも、ときおり品の良さが感じられる。


    続いて、第2位は鳥居みゆき。
    ハイテンションで手を振りながら、「ヒットエンドラーン!」と叫ぶネタでブレイクした鳥居も、最近はドラマや映画などで女優業をこなすこともある。
    鳥居は、エキセントリックな芸風で、バラエティなどのトークでも、かなり個性的な性格を披露しているが、高い鼻と大きな目の美人。
    さらに身長170センチ、手足の長いモデル体型を見れば、この順位にも納得だ。

    m


    そして第1位は、友近。
    さまざまな人物を描写する“一人コント”が持ちネタ。
    宅配ピザのおじさんや、演歌歌手の水谷千重子など、コミカルな人物を演じることが多いが、ふだんの友近は、落ち着いた雰囲気の、目鼻立ちがハッキリした美人。
    大人の女性らしい美しさが、トップに輝いた理由だろう。

    今回のアンケートでは、ネタのときのキャラと、ふだんとのギャップがある女性芸人に軍配が上がったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1522841/?page=2
    日刊大衆


    所長見解:そうかな・・・

    【【鳥居みゆきは第2位】「美人だと思う女性芸人」第1位がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いタレントの鳥居みゆきが、先ごろ放送されたドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)に出演。
    クレオパトラ風の派手なメイクとアクセサリーを付け、妖しさ全開のカリスマ占い師・望月ルナを演じると、SNSでは「役にぴったりとはまっていた」「存在感ばっちり」など、その演技力を称賛する声が相次いだ。
    以前からバラエティやネタ番組にはコンスタントに出演を重ねてきた鳥居だが、近年はドラマや映画への露出も増加。
    パジャマ姿で踊り叫ぶネタで知名度を上げ、それから10余年。
    キワモノ扱いされながらもジャンル問わず需要が高まる要因とは?


    ■「お笑い」に重きを置いているワケではなく「演技をすること」が本懐

    昨年の鳥居の出演実績だが、ドラマは3本、映画にいたっては6本に出演。
    R15指定映画『全員死刑』の強盗殺人犯の標的になる資産家一家の母役から、TBSの日曜劇場ドラマ『陸王』の真面目なメガネの高校教師役まで、演じる役柄は幅広い。
    もちろん、バラエティ番組にも定期的に出演し続けており、『有吉反省会』(日本テレビ系)ではブレイク直後に結婚した夫との生活を赤裸々に語り存在感を示すほか、秋田県生まれということで、仙台出身のサンドウィッチマンとともにユニットコントをする『東北魂TV』(BSフジ)のレギュラーも務めている。

    マルチな活動を続ける鳥居だが、実は芸人としての活動は、「趣味である単独ライブのために費やせるお金稼ぎ(笑)」(PICT‐UP/2015年2月18日)と考えており、実際は「演技をすること」にやりがいを感じているようだ。
    舞台にコンスタントに出演するのもそうした理由からであり、同インタビューでは「自分が書いてないから、書いた人の気持ちが想像ができない。
    それが少しずつわかっていけるのがすごく面白い」と語っている。
    昨年は『半沢直樹』(TBS系)の演出家から指名され、1940年代に実際にあった「アナタハン事件」がモチーフとなった『女王と呼ばれた女』に主演するなど、着実に舞台のキャリアを積み重ねている。

    t


    ■「放送コードをいかに“延長コード”にするか」ギリギリ感を演出する自己演出力

    もともとは支離滅裂な言葉を叫びながら踊る「ヒットエンドラーン!」のネタのように、 “狂気”をはらんだ芸でテレビに露出しはじめた鳥居。
    はじめて見た視聴者は「何かヤバいことをしでかすんじゃないか……」と、さぞかし放送を見ながらハラハラしたことだろうが、これまでSNSが炎上してしまうような「度を過ぎた行動」をとったことがない。

    その線引きについて、鳥居は昨年2月28日のORICON NEWSのインタビューでこう語っている。
    「放送コードがあったとしたら、いかにそれを延長コードにするかっていう作業が面白い」と、視聴者からクレームが来ない“ギリギリのライン”をわかった上で番組出演しており、自身を「客観視」できていることがわかる。

    その基になっているのは、そもそも鳥居が裏方でもある「脚本家」を志望していたことが大きいだろう。
    お笑いのことを知ろうと、コメディー芝居をはじめたのがきっかけで芸人の道を歩みだし、その後「不思議なことにお笑いをやったら、役者の仕事が来るようになって、原点に戻りつつあります」(日刊ゲンダイDIGITAL/2017年9月20日)と語る。
    テレビの中で見せる“狂気”は、脚本家仕込みの「プロデュース力」を兼ね備えた鳥居にとって、想定内の演出なのだ。

    ちなみに鳥居みゆきと同類の芸人として思い出されるのは、やはり“エガちゃん”こと江頭2:50ではないだろうか。
    そのハイテンションさゆえ、ときどき“ハミ出す”ことがあるにせよ、基本的には鳥居と同じく、計算された“狂気芸”であり、うまく自分をコントロールする技量がある。
    『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)や『ぷっすま』(テレビ朝日系)など、視聴者が多い時間帯のバラエティに出演できるのは、その技量の裏付けであり、制作側にとっても番組にスパイスを与える最適な存在といえる。

    最近では女優業以外にも、絵本作家、MV監督を務めるなど、気づかない内に次々と才能を開花させている鳥居。
    バラエティでの無鉄砲な印象、ドラマや映画での役でのクセの強い役の印象……部分部分の彼女だけを見てイメージ付けをするのは尚早であり、視聴者目線で自己を演出している彼女にとって“思うツボ”なのだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000350-oric-ent


    所長見解:長いな・・・

    【【狂気芸人】鳥居みゆきの需要の裏がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ