高畑充希

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ちょうどいいブス」。

    最近よく耳にするキーワードですよね。

    取っつきにくいほど美人でもなく、かといって受け付けないほどブスじゃない、“おれでも口説けるかも!”という絶妙なラインの女性を指す言葉です。

    b


    そこで、女子20~30代の200人にアンケート調査。

    リアル“ちょうどいいブス”に選ばれたのは……!?(協力:アイリサーチ)

    と、その前に大前提として、第一線で活躍する女優たちが、本当に“ちょうどいいブス”かといえばそんなことはありません。

    見目麗しい超絶美女が群雄割拠する芸能界において、“比較的ちょうどいい”ブスだということ。

    そのうえで結果を見ていくと、顔の印象に好き嫌いが出やすい面々が並んだ印象です。

    フリーコメントで集めたアンケートながら、ダントツでトップだったのはこの人!(コメントは原則原文ママ)


    【1位 多部未華子 15票】

    「すごく可愛いという訳では無いけど、魅力的な子だと思う」(39歳・熊本県)
    「目がぱっちりしていない。でも、ブサイクでもない。ブサカワ」(35歳・兵庫県)
    「一重で目が小さいが、小顔でバランスいいのでそこまでブサイクにはみえない」(35歳・千葉県)


    【2位 安藤サクラ 10票】

    「そこまで美人だとは思えないけれど、きれいだと思うから」(26歳・茨城県)
    「きれいではないけど、味のある顔だと思う」(38歳・東京都)
    「またこの人か……と思うような目立ち方がなく、いい意味で個性もあって、『まんぷく』はすごくハマり役だと思う」(38歳・岐阜県)


    【2位 高畑充希 10票】

    「可愛いときもあればそうでないときもあって、人間感があるので親近感がわくため」(23歳・石川県)
    「親近感が湧く。一般人にいそう」(24歳・和歌山県)
    「特別美人ではないけれど、存在感のある女優さんだと思うから」(34歳・福岡県)


    【4位 黒木華 9票】

    「素朴で嫌味のない顔立ちだと思うから」(39歳・長崎県)
    「愛嬌がある」(25歳・栃木県)
    「どこにでもいそうなので」(33歳・佐賀県)
    「和の雰囲気があり、いろんな役を幅広くこなしているから」(32歳・鹿児島県)


    【5位 蒼井優 7票】

    「正統派美人ではないが、個性があり、印象に残る顔立ちだから」(25歳・東京都)
    「美人に見える雰囲気があるから」(34歳・兵庫県)
    「可愛いけど、一緒にいても疲れなさそうな顔だから」(36歳・大阪府)


    【6位 指原莉乃 6票】

    「人がよく感じもよく、きれいなのに自虐キャラだから」(35歳・福岡県)
    「努力、頑張ればなれそう」(26歳・宮崎県)


    【7位 前田敦子 3票】

    「AKB総選挙1位のわりに、失礼ながら可愛いと思えないから」(23歳・福島県)
    「愛嬌がある」(29歳・栃木県)


    【8位 有村架純 2票】

    「髪型によっては、可愛く見えるときがあるので」(27歳・東京都)
    「顔の輪郭」(22歳・大阪府)


    【8位 大沢あかね 2票】

    「めっちゃブスというわけでもなく、親しみがあるような憎めないブスだから」(31歳・愛媛県)


    【8位 土屋太鳳 2票】

    「エラが気になって顔が大きく見えるので」(34歳・大阪府)
    「垢抜けない感じが、どこにでもいる感じがするから」(30歳・東京都)


    以下記事詳細全文はこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00014231-jprime-ent


    所長見解:違うのおるよな・・・

    【【結果発表】「ちょうどいいブス」芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の高畑充希が9日、インスタグラムを更新し、「根も葉もない、を通り越して、もはや砂漠、に樹を生やす」と意味深な言葉をつぶやいた。

    t


    高畑は一部週刊誌に俳優・坂口健太郎と破局し、城田優と自宅で飲んでいるなどの報道があったばかり。

    高畑は風に吹かれる自身の横顔写真をアップすると「根も葉もない、を通り越して、もはや砂漠、に樹を生やす」とまったく身に覚えのないことへの戸惑いをつぶやき「エネルギーと潤いがあるなら。もう少し別の、美しい花を咲かせてくれたらいいのにな、と思う」と訴えた。

    「世知辛いぜ、世の中っ」ともつぶやき、「突然の飛び火に王子様もびっくりだろうな。。本当にごめんね」とつづった。
    “王子様”について、具体的な名前こそ挙げていないが、城田との“宅飲み”報道が出た直後でもあり、王子のような容姿の城田を想像するファンもいるようで、「王子とのことは疑ってないしニュースも信じてないです」「あんなニュースきにしないで、根もない葉もない本人にしか分からないのに酷すぎます」の声も届けられていた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/10/0011625980.shtml


    所長見解:しかたない・・・

    【【熱愛疑惑】高畑充希、城田優との報道に対して意味深な言葉がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『週刊ポスト』読者300人を対象に「歴代最高の朝ドラ女優」についてアンケートを実施した。
    NHKの朝ドラこと「連続テレビ小説」は、1961年の開始以降、その時代に輝くスター女優を輩出してきた。

    h


    アンケートの結果、1位に『ひよっこ』(2017年)の有村架純、2位に『あまちゃん』(2013年春)の能年玲奈(2016年、のんに改名)がランク入り。
    3位に食い込んだのは、シニア世代の読者から圧倒的な支持を得て『おはなはん』(1966年)の樫山文枝。

    夫を病で失ったおはなはんが、女手ひとつで子どもたちを育てながら、明治中期から戦後までの激動の時代を生きていく──
    そんな物語を描いた同作は、最高視聴率56.4%を記録し、放送中は全国の水道利用量が急激に減ったという逸話を持つ。

    「まさにかじりつくように見ていました。
    樫山文枝の演じるおはなはんは、どんな苦境でも決して笑顔を忘れない。
    天真爛漫で本当に可愛くて、それでいてたくましかった」(72・無職)

    4位、5位は『とと姉ちゃん』(2016年春)の高畑充希、『まれ』(2015年春)の土屋太鳳と近年のヒロインが続いたが、6位には『澪つくし』(1985年春)の沢口靖子がランクイン。
    『澪つくし』以前は映画『刑事物語3』に出演したことがあるだけで、主演も連ドラも初めてだった沢口は、文字通り朝ドラを入り口にスター女優へと駆け上がった。

    同作の脚本を担当したジェームス三木氏が語る。

    「彼女を朝ドラに推したのは、僕なんです。
    『刑事物語3』を観たら、演技はイマイチだけど、それを吹き飛ばす瑞々しい魅力があってね。
    NHKのプロデューサーに『端役でもいいから使いなよ』って話したら、オーディションであれよあれよという間にヒロインの座を射止めちゃった。
    彼女には思わず応援したくなる“健気な可憐さ”があった。
    演技力は発展途上なのに、否応なく引き込まれるんです」

    7位は『はね駒』(1986年春)の斉藤由貴。
    沢口とは対照的に、すでに『スケバン刑事』(1985年)に主演するなどアイドルとして人気絶頂だった彼女は、多忙を極めるなかで半年間、ヒロインを演じ切った。

    テレビドラマに詳しいフリーライターの田幸和歌子氏が語る。

    「彼女が演じた“りん”は女性記者の草分け的存在で、許嫁との結婚を自ら破談にして福島から上京するという、当時としては思い切った役どころでした。
    『はね駒』はお転婆娘という意味ですが、りんのお転婆な可愛さと斎藤さんの大きな目、エネルギッシュなイメージがぴったりでした」


    ※週刊ポスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00000007-pseven-ent


    所長見解:見てるよな・・・

    【【調査結果】朝ドラ歴代最高ヒロインがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    高畑充希主演のテレビドラマ「忘却のサチコ」(テレビ東京系)が、10月から連続ドラマ化されることがわかった。
    同作品は、グルメコメディドラマだという。

    「『忘却のサチコ』は、阿部潤の同名漫画を原作にしたグルメコメディで、今年1月に放送したスペシャル版が好評を博し、テレ東は連ドラ化を決めたとのこと。
    高畑が演じるのは、結婚式当日に新郎に逃げられたアラサー文芸誌編集者で、彼のことを思い出さないよう、おいしいものを求めて奔走するという物語です」(テレビ誌記者)

    またテレ東のグルメドラマといえば、今年シーズン7に放送された松重豊主演の「孤独のグルメ」が、深夜ドラマとしては異例の人気を誇っている。
    しかし7月30日発売の「フラッシュ」によると、主演俳優の都合で、今までのように放送を継続できない可能性があるという。

    m


    「『フラッシュ』がテレ東関係者に取材したところ、主演の松重サイドから“食べるシーンは体力的に厳しくなった”と降板の申し入れがあったそうです。
    何とか第7シーズンは説得して出演してもらったそうですが、いつ終了しても不思議ではない状況のようです。
    そのためテレ東がこのタイミングで『忘却のサチコ』の連ドラ化を決定したのは、高畑を松重の後釜と考えている可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

    2012年から「孤独のグルメ」の主演を務め、今年で55歳となった松重。
    そろそろ世代交代の時が来ているのかもしれない。

    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_109733/


    所長見解:おもしろかったよな・・・

    【【人気ドラマ】「孤独のグルメ」を打ち切る理由がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の高畑充希が、10月からスタートするドラマ「忘却のサチコ」(テレビ東京系)で主役を演じることが明らかになった。
    「忘却のサチコ」は、阿部潤氏原作の同名の人気コミック。
    やり手女性編集者でアラサーの主人公が、結婚式の当日に失踪した新郎を思い出しては食に走る。
    美味しい食事が傷付いた心を忘れさせてくれることを発見して、グルメにとことんのめり込むといったストーリーだ。

    t


    高畑は、食べ方について激しくツッコまれた過去がある。

    「2016年5月に放送されたトーク番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演した際、肉料理を食べてストレスを解消していることを告白。
    そこで、スタジオでは様々な肉料理を試食する場面がありました。
    その試食シーンで、高畑の箸の使い方が“おかしい”と視聴者から指摘を受けています。
    それを受けて、1月のスペシャルドラマ『忘却のサチコ』でも、食事シーンに注目が集まっていましたが、やはり改善はされていないようでした」(エンタメ誌ライター)

    実際、放送終了後ネットでは「箸の持ち方が下手」「箸の持ち方を矯正させた方がいい」などといった厳しい意見が殺到していた。

    https://asajo.jp/excerpt/55906


    所長見解:たしかに・・・

    【【これはひどい】高畑充希の箸の持ち方がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ