香取慎吾

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年の大みそか、テレビ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)で、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が揃って出演。

    これが“地上波出演本格解禁”として話題を呼んでいる一方、そんな“祝福ムード”に水を差す声が上がり始めているようだ。


    t


    「元SMAPマネージャーで3人が所属するCULEN代表の飯島三智さんの天狗ぶりに呆れるメディアが、出始めています。
    ジャニーズ事務所取締役だった飯島さんのメディア対応は、いまだに“ジャニーズ方式”。
    ジャニーズという大きな後ろ盾がない今、そんな天狗対応ではやっていけないのですが、いまだにご本人はそれに気づいていない様子です。
    昨年は公正取引委員会から注意を受けたりしたこともあり、ジャニーズが影響力を利用してメディアに圧力をかけていると、よく指摘されますが、それだって飯島さんがかつて使っていた手法。
    そうやってSMAPを国民的アイドルに仕立て上げたんですから」(テレビ局関係者)

     
    そんな飯島氏の姿勢は、タレントも同様だという。

    今月10日、草なぎが主演の舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』の公開舞台稽古と囲み取材に登場したときのことだ。

    「当日昼頃に、取材時間の変更連絡がメディアにきたんです。
    午後5時20分からの予定だった囲み取材が、午後6時からに。
    舞台稽古中ですから時間がずれるのは珍しくもないので、特段気にしていませんでした。
    しかし、草なぎ本人が囲み取材中に『さっき40分くらい昼寝したんですけど』と言ったんです。
    40分押しは、まさかの草なぎの昼寝待ちだったのでしょうか。

    さらに、舞台初日の前日なのに『まだセリフを覚えていない』とか『芝居って難しいですよね、怒ってないのに怒ったり、悲しくないのに泣いたり』などと、とてもプロとは思えないような発言ばかり。
    SMAP時代なら許された言動かもしれませんが、ただの怠慢にしか見えませんね。
    正直呆れました」(メディア関係者)


    深夜会見でメディアから反感
     
    翌11日には、稲垣と香取が東京パラリンピック関連イベント「NO LIMITS SPECIAL 2020」に小池百合子都知事とともに出演した。

    「囲み取材は用意されていませんでしたが、スポーツ紙6紙だけが集められての囲み取材が行われていました。
    スポーツ紙の事務所担当記者だけを別室に呼んで、レクチャーや囲み取材をしたりするのは、ジャニーズ事務所のやり方です。
    社名と記者の顔もしっかり把握できているので下手なことを書かれなくてすみますし、都合の良いことを吹き込めばいいわけです。
     
    スポーツ紙に扱われた記事は、翌日朝の民放情報番組が紹介することで一気に拡散されるため、情報をコントロールしやすい方法なんです。
    しかし、今となってはスポーツ紙だってそこまでこの3人の情報を欲しがってはいません。この日も何紙かの記者はすでに現場を離れて、事務所サイドから呼び出しをかけられるほど。
    メディアも興味をなくしているんですよ」(テレビ局関係者)

     
    3人は2017年9月に「新しい地図」というユニットを立ち上げ再始動したが、こんなこともあったという。

    「再始動当初、東京・千代田区の帝国ホテルで期間限定のグッズ売り場を開設する際も、深夜にメディアを集めて会見を開くなどして、メディアからの反感を買っていました。
    こうしたことの積み重ねが、今後の活動にボディーブローのように効いてくると思いますよ」(スポーツ紙記者)


    地上波への“本格復帰”を果たしたこのタイミングだけに、新しい地図サイドは“配慮ある”対応を求められそうだ。


    https://biz-journal.jp/2020/01/post_137578_entry.html

    所長見解:そうなんや・・・
    【【新しい地図】香取・稲垣・草なぎにメディアが総スカンの深刻すぎる理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    キムタクさん、ソロデビュー対決で香取にダブルスコアで勝ってしまう

    k


    大正義キムタクさん凄い

    木村拓哉、初ソロアルバムが初登場1位【オリコンランキング】

    ソロデビューアルバム

    香取 *64,633(2週計)
    木村 126,564(初週)
    https://www.oricon.co.jp/news/2153072/amp/  



    所長見解:すごいな・・・

    【【元SMAP】木村拓哉と香取慎吾のソロデビュー対決の結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    6年連続の「視聴率3冠王」に沸く日本テレビが、元SMAPの「新しい地図」の稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の“囲い込み”に動き始めた。  

    地上波番組復帰となった大みそかの特番で大きな爪痕を残した3人に対し、なんとこの4月から、地上波ゴールデン&プライム帯のレギュラー番組を立ち上げ、すでに出演交渉もスタート、詰めの話し合いをしているという。


    t

     
    3人のレギュラー起用については、各テレビ局によるジャニーズ事務所への忖度により、地上波での活躍の場は皆無に等しかった。

     
    それが昨年、潮目が変わった。

    本紙既報通り、公正取引委員会が芸能事務所を退所したタレントの活動を一定期間禁止する契約は、独禁法違反に当たるとの見解を11月にまとめた。

     
    事務所が強い立場を利用した契約は、独禁法の「優越的地位の乱用」にあたり、悪質な場合は行政処分に踏み切る。

    これまでは一定の範囲では認められていたが、今後は原則禁止。

    公取委は業界団体を通じて各事務所に通知するとした。

     
    そして、日テレが動きだしたのは、それだけが理由ではなかった。

    「実際にこの3人を起用することに対して、やはりジャニーズ事務所に忖度する声が、日テレ内の編成や制作局のジャニーズ担当プロデューサーから多数出ていたんです。
    でも、そんな声も今では一蹴され、3人を起用することに対し、異議を唱える関係者は誰もいません」と明かすのは、ある事情通だ。

     
    状況を一変させたのは昨年大みそかに放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日スペシャル! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」だった。

    第1部の平均視聴率が16・2%、第2部が14・6%と、同時間帯の民放番組で堂々のトップ視聴率を叩き出したのだ(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    これによって、日テレ内のジャニーズに近い一派も何も言えなくなったわけだ。

    「昨年のNHK紅白歌合戦の第2部がワーストを記録したのは、間違いなく“ガキの使い”が予想以上の視聴率を取ったからに他なりません」(制作関係者)

     
    そして、その立役者と言われているのが、サプライズゲスト枠で出演した元SMAPの3人だ。

    本紙既報通り、その内容はジャニーズ時代では考えられないものだった。

     
    草なぎは話題の「全裸監督」の村西とおる監督役に扮し、パンツ一丁でカメラを持って登場。

    続いて登場した香取は生徒指導役の教師に扮して短髪のカツラをかぶり、超ミニスカートでのパンチラを披露。

    稲垣はお笑いコンビ「どぶろっく」とコラボし“大きなイチモツをください”を熱唱した。

     
    それだけではない。

    草なぎは数年前の泥酔全裸事件をイジられると、松本に中居正広と自分のどちらが好きかと迫った。

    NHK大河ドラマ「新選組!」で主演まで務めた香取が、パンチラをさらしたのも驚きだが、クールな二枚目イメージ稲垣の「イチモツ」連呼と、股間を巨大に膨らませるシーンにはファンもあぜんぼうぜんものだった。

    しかも、今回のこの企画は全て3人の発案だったというから2度ビックリだ。

    「昨年、3人は構成会議に出席するため、変装して日テレに来ていたそうです。
    ダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人を笑わせるためにどうしたらいいのか? 
    過去の全シリーズを丹念に見直し、行き着いたテーマがこの下ネタだった。
    言い出しっぺは草なぎで『自分がパンイチで村西監督をやる』と言いだした。
    当初は引き気味だった香取と稲垣も『よし、やろう。今さら失うものはないよね』と腹をくくったんです。
    そして歴史に残るあのパフォーマンスとなった」(同事情通)

     
    この3人の覚悟と行動力に日テレの上層部もすっかり感心させられたという。

    こうなれば4月の新レギュラー番組の話も、トントン拍子で進んだことは想像に難くない。

     
    番組のタイトルも気になるが、いったいどんな内容になるのか、ファンならずとも大注目だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000003-tospoweb-ent

    所長見解:よかったやん・・・


    【【四月新番組】元SMAP・3人が地上波レギュラー復活の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年12月31日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)で、“新しい地図”の稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)らが見せた、体を張りすぎたネタに視聴者がザワついた。


    s


    今回もテーマに沿って、新入生にふんしたダウンタウン、ココリコ、月亭方正(51)の5人を笑わせるため、豪華ゲストたちがさまざまなトラップを繰り広げた。

    天海祐希(52)や鈴木福(15)といったゲストが続々と登場する中、今回最も注目を浴びていたのは、新しい地図。

    企画がスタートして早々に現れた草なぎは、下着一枚にカメラを担いだ“全裸監督スタイル”で登場し、一緒に登場したバイキング小峠英二(43)から

    「あなたが一番やっちゃいけないネタでしょ!」
    「あの数年前の忌々しい出来事、忘れちまったんですか!」
    「なんも反省してないんですか!」

    とツッコまれ、

    「反省しすぎているかもしれません」

    と真顔で答えていた。


    その後登場した香取は、コワモテの生活指導の先生というキャラにふんしていたが、なぜか下半身はミニスカートにハイヒールをはいている常に下着が丸見えの状態で、5人に向かって「お前ら何でパンツ見てんだ!?」とツッコミ、全員を笑わせた。

    また稲垣は、『キングオブコント2019』で優勝したどぶろっくの歌ネタを披露。

    クールキャラの稲垣が、思わぬ力強い下ネタ熱唱にまたも全員爆笑していた。


    SMAPの頃とは違う、3人のふっきれた姿には視聴者も大爆笑。

    「本当に全て最高だった……! やり切る、カッコいい!!」
    「バラエティに出る覚悟と本気の姿勢、3人を私は心の底から尊敬します」
    「つよぽん、最高じゃん!」
    「MVPは吾郎ちゃん」
    「慎吾ちゃん登場苦しいほど笑える」
    「新しい地図の3人が出てて胸熱」
    「地上波で見られるのはメッチャうれしい」

    など、歓喜の声が上がった。

    もう3人に怖いものはない!?


    http://dailynewsonline.jp/article/2145663/
    日刊大衆

    所長見解:おもろかったな・・・

    【【元SMAP】香取慎吾・草なぎ剛・稲垣吾郎、地上波完全復活説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビって怖いね

    m

    所長見解:そやろな・・・

    【【悲報】元SMAPの3人は圧力をかけられてテレビに出れなかった説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ