香取慎吾

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新時代令和を前に、振り返るべき「平成の芸能事件簿」を大特集! 情報社会となった平成時代の象徴とも言える巨大掲示板「5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)」のなかで特にスレが伸びたニュースにスポットを当ててピックアップする――。


    ◇ 第4位:SMAP・草なぎ剛、公然わいせつ事件(2009年4月23日)

    k


    同年に起きた押尾学、酒井法子の事件の影に隠れて、何気に衝撃的だったのがSMAP・草なぎ剛の公然わいせつ事件だ。

    2ちゃんねる(当時)では171スレを記録。

    2009年4月23日午前3時頃、東京都港区の檜町公園で「酔っ払いが騒いでいる」と近隣住民より通報を受けた警察官が現場へ急行。

    そこで泥酔して全裸になった草なぎを発見した。

    草なぎはその場で取り押さえられ、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕。

    身柄は警視庁赤坂署に移送されたが、その際の映像はファンにとって大変ショックなものだった。

    「髪の毛はぺターっとしていて、顔面蒼白。
    トップアイドルの姿とはとても思えませんでした」とは40代女性ファン。

    もう1人、ファン以上の衝撃を受けたのがSMAP育ての親と言われる飯島三智氏だった。

    スポーツ紙記者によると「草なぎさんの逮捕を知り、飯島氏はあまりのショックでその場にうずくまり『何があったのー!』と号泣したそうです。
    その後しばらく体に力が入らず、静養することになりました」という。

    酒に酔った草なぎは警察の調べに対し、「記憶にない」と供述していたが、その後の取材で草なぎが檜町公園から目と鼻の先にある親友・香取慎吾の自宅に向かって「しんご~! しんご~!」と叫んでいたことが判明。

    ベンチの上で“全裸でんぐり返し”も繰り返していたという。

    さらに「今だから明かせますが…」と前置きした上で、社会部記者が次のように語る。

    「所轄警察の職員からは記者クラブ加盟社のみに、事件当時の詳細な情報が渡されたのですが、草なぎさん発見時の様子についてはどこの社も書いていません。
    なぜか? 
    報じるのを躊躇するほどショッキングな“状態”だったからです。
    どうやら“1人で気持ち良くなっていた”みたいですね(笑)。
    お酒も飲んでいますし、楽しくなったのでしょう」

    逮捕後、その日のうちに捜査員が家宅捜索したのも「発見時の様子が異様だったため」(同)。

    ガサ入れの一報を聞いた報道各社は草なぎの“薬物逮捕”まで想定していたというが……。

    「出てきたのはいいニオイのする“お香”でした。
    違法性のある成分も検出されませんでした」とはスポーツ紙記者。

    草なぎの逮捕を受け、SMAPメンバーは翌日に謝罪会見を実施。

    本人も真摯に反省していたことから、同年5月1日に起訴猶予処分で釈放された。


    ワイドショー関係者の話。

    「致命的なスキャンダルにならなかったのは、事件の中身に親近感を持つ人が多かったからではないか。
    ネット上でも『酒の失敗は誰にでもある』『天下のSMAPも人間だった』と好意的な意見が相次ぎました」

    草なぎはその後、5年間にわたり「禁酒」を決行。

    早朝に起き、サウナスーツを着て自宅マンション周辺をランニングするなど健康的な生活を送るようになった。

    週刊誌記者は「以前は泥酔するとヘラヘラ笑いながら床に寝そべったり、自ら着ている服を切り刻んだりしていましたが、現在は深酒もなくなり、周りに迷惑をかけることもなくなりました」と明かす。

    同じ過ちは繰り返さない――。

    https://tocana.jp/2019/04/post_92193_entry.html 
    所長見解:おもしろかった・・・

    【【平成の大事件】草なぎ剛 全裸事件 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    no title

    no title

    no title

    no title

    所長見解:楽しそうやん・・・

    【【悲報】香取慎吾さん、SMAPをやめた結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■爆笑太田は「いずれ笑い話にできる日がくる」
     
    毒舌の太田光(53)が「凄く活躍してるよね」と称えた。

    元SMAPの稲垣吾郎(45)、草彅剛(44)、香取慎吾(42)とインターネットのアベマTV「7・2 新しい別の窓」でこのほど共演した際のこと。

    太田は爆笑問題の田中裕二(54)ともども、この3人のTV出演について、「(民放が)変な忖度しすぎ」と言いつつ、「地上波は全滅だけど、いずれ笑い話にできる日がくるよ。時が解決するよ」などと持論を語った。

    実際のところ、昨年公開の映画「クソ野郎と美しき世界」のほか、今年も稲垣主演作「半世界」が阪本順治監督で公開された。

    番組では「ビッグニュースがあります」とし、3人でプロデューサーを務めるスマホ用ゲーム「星のドラゴンクエスト(星ドラ)」の応援ソングの制作をスタートさせたことを発表。

    来年の東京五輪へ向け、同時開催のパラリンピックのスペシャルサポーターも務めているし、CM出演もあり、ファンミーティングも開いたりと、なるほど以前と変わらず活躍しているように見える。

    SMAPが2016年で解散した当初、ジャニーズを退所し元チーフマネジャーの飯島三智氏と独立した3人のテレビ番組は次々と打ち切られていった。

    では、今も地上波、民放キー局への出演が「全滅」なのは、ジャニーズ事務所への忖度で民放がオファーを出さないからなのだろうか。

    そしてそれは、太田の予言通り「笑い話」になる日は来るのだろうか。

    ジャニーズ担当のベテラン芸能記者はこう言う。

    「まず、凄く活躍しているように見えるのは、彼らが出演中のCMが地上波などで流れている影響だと思います。
    それは活躍といえば活躍ですけど、解散後の3人の人気が上がっているとか、何か明るい展開があったということではない。
    CMについては、SMAP時代、木村拓哉の1本推定9000万円を筆頭に、中居正広の6000万円、草彅と香取も3000万~4000万円、稲垣も2000万円はしたことがありました。
    現在、3人そろっていくらでCM契約しているのか分かりませんけど、かつてと比べるとお値打ちになっているのは間違いない。
    広告業界からは結構シビアに見られていると思いますよ」

    72


    ■「数字が取れない」

    では民放の番組への復活出演はどうか。

    実はいま、こんな話がテレビ関係者の間で流れている。

    「元SMAPの3人を民放各局が全然起用しないので、ジャニーズ事務所側から何らかの“圧力”がかかっているのではないかと公正取引委員会が注視しているという情報がある。実際、公取から事情を聴かれた編成関係者もいるとか」(事情通)

    そんな不当圧力があるとしたら大問題だが、ある民放関係者に聞くと、こう言った。

    「各局さんがどう判断しているか分かりませんが、忖度などしていません。
    オファーしないのは、単純に数字(視聴率)が見込めないから。
    解散後、3人の番組が打ち切りとなったのは数字が取れていなかったから。
    ジャニーズ所属だから続いていただけとも言え、それがなければ、もっと早く打ち切りという展開もあった。
    今の出演料だってそう安くないだろうし、こちらから頭を下げてオファーを出すところまではいっていません」

    ジャニーズの看板があろうとなかろうと、つまるところ人気と実力がすべて――。

    元SMAPといえども、例外ではないようだ。


    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/251510

    所長見解:まあな・・・

    【【新しい地図】元SMAPが地上波から消えた本当の理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元『SMAP』の3人がMCを務める『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)に、『爆笑問題』の2人が出演。

    太田光が『SMAP』の再結成について3人を問いただす場面があったが、3人は肯定も否定もしなかった。

    視聴者からは太田がちゅうちょせず3人に質問を浴びせたことを称える声が続出。

    3人の反応を見て「SMAP再結成説」も加速する形となった。

    この日の生放送で、爆笑問題の2人は稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人と72分間ノーカットでトークを繰り広げた。

    「今、(3人は)地上波全滅でしょ?」と、冗談交じりにテレビ出演の少なさをイジった太田はトークの途中、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長と初めて会ったと告白。

    ジャニー社長は温厚な人柄だったと明かした。

    自身も元ジャニーズ事務所の田原俊彦と共演していることを引き合いに、「トシちゃんとレギュラーやってて、(同事務所から)何も妨害受けたことないよ?」と強調。

    z


    ◇「またSMAPやるんでしょ?」の言葉に草彅「先のことは…」

    地上波のテレビ番組に出演しても支障はないとした太田は、「(一緒に地上波で)番組やりたいね。『新SMAPとか』」と3人を勧誘。

    3人は『SMAP』の名が出ても表情一つ変えることはなかったが、草彅は「先のことは分かりませんからね」と言葉少なめ。

    ただ、「また『SMAP』やるんでしょ?」との太田の質問に、肯定することはなかったものの、否定することもなかった。


    番組を受け、視聴者は「SMAP再結成」への期待感を口にした。

    《雰囲気的には肯定に近かった》
    《表情見ただけで何となく分かる。また5人一緒の姿が見られるって信じてもいいよってことだと感じた》
    《肯定も否定もしなかった。それだけで希望が持てる気がするよ》

    木村拓哉、中居正広は太田とのやり取りをどのような気持ちで見ていたのだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/80394


    所長見解:無理やろね・・・

    【【衝撃告白】SMAP再結成の可能性ありの件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月26日、タレントの香取慎吾(42)が自身のSNSを更新。

    稲垣吾郎(45)の主演映画『半世界』を映画館で鑑賞してきたことを報告した。

    この日のインスタで、香取は「映画#半世界観てきました!」「吾郎ちゃんの見た事ない顔がみれました。あんな笑い方する稲垣吾郎は本当に初めてみた」とコメント。

    同時に、映画館に貼ってある『半世界』のポスターの前で、記念撮影した画像を投稿した。


    また、香取はツイッターのほうでも『半世界』についてツイート。

    「涙もろくなったかな、と思う」
    「頑張れてるからの涙だと思う」
    「嬉し涙だから、それでいいと思う」と『半世界』のハッシュタグをつけてつぶやいた。

    さらに次のツイートでは

    「映画が始まり『稲垣吾郎』と名前がスクリーンに」
    「吾郎ちゃんと、これから先の事を話し合った日の事を思い出し涙」と、SMAP解散や、ジャニーズ事務所退所を経て、稲垣、草なぎ剛(44)らと再出発を図ったときのことを思い出し、感極まったことを明かしていた。

    s


    そんな香取の言葉に、多くのファンも感動。

    「慎吾ちゃん、涙がでるよ。ずーっと応援するよ」
    「40代で新しい道を選んだ慎吾くんや吾郎さん、つよぽん。半世界は共感できる部分が多かったと思います。3人の友情というのも重なりますね」
    「慎吾ちゃんもいろいろあったもんね。顔で笑って、心で泣いてきたんだねぇ」
    「思い出したんだね。何か慎吾くんのツイ見て、涙が出てきた」

    と、もらい泣きしたというコメントが続出していた。

    映画『半世界』は、稲垣、長谷川博己(42)、渋川清彦(44)らが演じる、39歳の三人の友情を描いた物語だ。

    香取慎吾にとっては、「新しい地図」の仲間と重ねて見てしまう部分があったのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1747456/

    所長見解:映画みたいね・・・

    【【あれから僕たちは】香取慎吾がSMAP解散騒動を思い出し涙した理由・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ