首相

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    次期首相で国民支持1位の石破さん、安倍さんが一番嫌がるキャッチフレーズを採用


    no title


    所長見解:どやろ・・・

    【【悲報】次期首相候補・石破氏のキャッチフレーズがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「若年層だけ持ち堪えている」不思議

    安倍政権の支持率が急降下している。

    朝日新聞が実施した最新の世論調査(2020年5月第2回調査)によれば、支持29%・不支持52%であり、支持率が不支持率を大きく下回る結果となっている。

    新型コロナウイルス対策が評価されなかったこと、またパンデミックによる経済的打撃が深刻化していることなどが、支持率を急落させた要因として考えられる。


    しかし、年代別で細かく見てみると、じつに興味深いことがわかる。

    29歳以下の若者層の内閣支持率は高く、僅差ではあるものの依然として支持率が不支持率を上回っているのである。


    b


    安倍晋三は「かわいいおじさん」

    テレビのワイドショーやツイッターなどを観測していると、安倍政権を支持しているのはもはや狭量で盲信的なネット右翼だけ――という認識を抱いてしまいそうになる。

    しかし、こうしたメディアの主な利用者である中高年層にはまったく理解しがたい光景が、
    多くの若年ユーザーを抱えるタイプのSNS、例えばTikTokでは広がっている。

    ツイッターで「安倍晋三」と検索すると、上位に表示されるのは軒並み安倍批判、政権批判のツイートだ。

    しかしTikTokではそうではない。


    現代ビジネスの主要な読者層も40代以上の中高年層と聞いているので、にわかには信じがたいかもしれない。

    もしスマホにTikTokが入っているなら、試しに「安倍総理」とか「安倍晋三」と検索して確かめていただきたい。

    そこには「ゆるふわ系おじさん」としてちやほやされ、親しみをもって「イジられる」内閣総理大臣の姿があるはずだ。

     
    どうやら、若年層からの「安倍支持」や「安倍人気」のニュアンスは、他の世代とは相当に異なっているようだ。

    若者たちの間では、安倍総理は「この国の頼もしいリーダー」「反対勢力を退け、諸外国に毅然と対応する右派政治家」として人気があるわけではない。

    その容姿や、プライベートで時折見せるような「天然」的なふるまいも相まって、「かわいいおじさん」という文脈において人気を博しているのだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ca70edc7f214b78701f9a99424178d805ea85043

    所長見解:ほんまかいな・・・


    【【謎】なぜ若者は「安倍晋三」を支持するのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    t

    つるの剛士
    @takeshi_tsuruno

    国民の皆さんで安倍首相にお疲れ様、ご苦労様を言いませんか?

    震災の時、テレビに出てくる度お疲れ顔になっていた枝野さんに"お疲れ様です!寝てください!"と労った時のように。

    政治家の皆様も同じ人間。人です。

    未曾有で大変な時こそ、皆んなで励まし労い合いませんか?

    今頑張ってる全ての人に。


    https://twitter.com/takeshi_tsuruno/status/1264891003493683205

    所長見解:からまれそう・・・
    【【朗報】つるの剛士さん「国民の皆さんで安倍首相にお疲れ様、ご苦労様を言いませんか?」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安倍晋三疲れ果てててワロタ

    でもこれが仕事だからね


    b

    所長見解:疲れるわな・・・

    【【悲報】安倍首相、疲れ果てている模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『危機下ではとても任せられない…』安倍晋三、退任カウントダウン始まる

    ポスト安倍はあの「叩き上げ男」か 


    「#橋下総理」がトレンド入り。安倍退陣も現実味

    国民には「一丸」となって感染拡大防止への協力を要請する一方で、政府内では安倍首相と今井尚哉首相補佐官ら側近グループによる「Aチーム」と、菅義偉官房長官や和泉洋人首相補佐官らによる「Bチーム」の確執が不安定な政府対応を招いているとされる。

    緊急事態下で各国のリーダーたちが指導力を発揮する中、「一丸」となれない今の政権・与党に辟易としている人々は少なくないだろう。

    いまだ「出口」の見えない航路の先には何が待ち構えているのか。

    ツイッターでは4月22日に「#橋下総理」がトレンド入りしたが、その賛否はともかく、これに脳科学者の茂木健一郎氏は「それなりの反応がツイッター上であるということは、それだけ現状に対する危機感が強いのでしょうね……」と反応した。


    「1世帯に布マスク2枚配布」の例を挙げるまでもなく、急遽決まった「10万円支給」についても「要望される方、手を挙げる方に配る」(麻生太郎財務相)と国民感情を逆撫でするかのような政権の姿勢は変わってはいない。


    自民党を担当する全国紙政治部記者は「安倍首相や麻生財務相たち『世襲政治家』には庶民の苦労はわからないんだ、との思いを国民は抱いている。
    緊急事態宣言を延長するならば、次はいつまでに終息させるつもりなのかという『出口』も説明しなければならない。
    それが失敗すれば、『安倍退陣』が現実味を帯びる」と苦言を呈した。


    b


    『危機下では安倍首相に任せられない』と責任を問う声…

    政府は6月まで1カ月程度の宣言期間延長を検討しているが、その場合には休業要請に応じた
    事業主に対する国からの「補償」がない中で、活動縮小を余儀なくされている企業へのダメージは格段に増す。

    入学式や始業式すら行えず、勉強の遅れを心配する保護者や児童・生徒からの不安や不満も限界に近づく。

    いつまで、どこまで、どうやって――。

    「その解を夏までに見いだせなければ、『危機下では安倍首相に任せられない』と責任を問う声が噴出するだろう」(自民党閣僚経験者)との声も漏れ始める。


    「昨日の敵は今日の友」。

    権力闘争が繰り返される政界とはいえ、「最速ならば『6月、首相退陣』説が囁かれている」(民放テレビ局記者)という。


    https://president.jp/articles/-/34926?page=3

    所長見解:疲れてるよな・・・

    【【悲報】安倍首相、6月退陣へ 後任がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ