ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手のASKA(59)が音楽配信会社「Weare(ウィアー)」を上げたことが23日、分かった。ASKAがブログで発表した。

    k


    ASKAによると、自身のニューアルバム「Black&White」がリリースの第一弾。
    「世界には、たくさん配信会社がありますが、この度、立ち上げたこの配信会社、そして、
    この配信サイト、『Weare』(ウィアー)は、利益を追求しないのが、特色です。
    この会社は、配信事業によって利益を上げ、成長を遂げて行く会社ではありません。
    音楽業界、そして、アーティストのための配信会社です」と利益追求ではなく、アーティストが音楽を発信していくことが目的だとしている。

    配信は10月25日にスタートするが、ASKAは「10月25日時点での配信は、僕ひとりですが、すでに、配信希望のアーティストがたくさん集まって来ています」と“仲間”たちの多数参加が予定されているとしている。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000116-spnannex-ent


    所長見解:もう大丈夫なのかな・・・
    【【完全復帰】ASKA 音楽配信会社設立 利益は追求せずってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    俳優の坂上忍が19日、フジテレビ系「バイキング」で、AKB48のCDを大量に山中に不法投棄し逮捕された30代男性の話題に触れ、アイドルCDに握手券など何もつけなかったら「どれぐらい売れるのか」と疑問を呈した。

    番組ではAKB48のCDを500枚以上山中に不法投棄し、逮捕された30代男性の話題を議論。大量CDを購入する理由として、その楽曲が好きという以上に影響力があるのがCDについている「投票券」や「握手券」の存在。
    あるアイドルはCD購入特典として、100枚集めれば1時間半デートできるなどの特典を付けていることも紹介した。

    坂上は「普通にサービスで握手券が付属品(としてついている)、じゃあ、握手券、投票券がないCDって売られてるの?」とアイドル事情に詳しいフットボールアワーの岩尾望に質問。
    岩尾は「何かしらついてくると思います」と特典なしCDはほとんどないと指摘。
    フットボールアワーの後藤輝基も「詳しくは分からないけど、多分(特典が)ついている確率の方が高いように思う」と語った。

    これを聞いた坂上は「何も無いときに売ったら、どれぐらい売れるんですかね」とポツリ。特典無しCDは売れるのか素朴な疑問を口にした。
    すると間髪入れず中尾彬が「売れないね、売れない」とバッサリ。
    ホラン千秋も「売れないから券を付けないといけないんですよね?」と語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13769934/

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    所長見解:お金持ちだよね・・・
    【【放送事故】バイキングに出たAKBオタクがヤバイと話題ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いまや本家AKB48を凌駕する勢いの乃木坂46と欅坂46の坂道シリーズだが、思わぬ死角を露呈してしまった。
    それは、絶望的すぎる歌唱力のなさである。

    n


    9月5日放送のテレビ番組『うたコン』(NHK総合)で、AKBの渡辺麻友と乃木坂の生駒里奈が、AKBグループ総合プロデューサーの秋元康氏が作詞した小泉今日子のヒット曲『なんてったってアイドル』を披露したのだが、安定した歌声を聞かせた渡辺に対し、生駒のそれは終始不安定だった。

    「48グループと坂道シリーズのライブは基本的に口パクなのですが、この日はナマ歌。
    人気面では乃木坂に押され気味のAKBですが、渡辺は本家の面目を保った格好です。

    放送後、生駒は自身のブログで、これまで歌唱力がないためソロパートを任されたことがなかったと吐露しています。

    乃木坂にも、生田絵梨花のようなミュージカルの出演経験が豊富で歌唱力のあるメンバーもいるのですが、生駒が起用されたのはAKBとの兼任経験があるという関係性からでしょう。

    生駒に限らず、乃木坂には松村沙友理や秋元真夏のような明らかに音痴のメンバーもいますからね。その歌唱力たるや推して知るべしですよ」(アイドル誌編集者)

    だが、そんな乃木坂を歌唱力のなさで、さらに上回るのが欅坂である。
    8月27日深夜に放送された冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)のなかでカラオケ大会が行われたのだが、彼女たちの歌声はボロボロ。

    「採点機で60点台を叩き出すメンバーもいましたからね。
    歌の下手な素人並みの歌唱力でした。
    乃木坂の冠番組でもカラオケ企画がありましたが、乃木坂メンバーはもっと歌えてましたよ。

    アイドルにとって歌唱力は必須ではありませんが、仮にも欅坂はアーティスト路線を貫いているグループ。ここまで下手だと、さすがに問題ではないでしょうか。

    ただ一方で、AKB、乃木坂、欅坂における歌唱力の格差というのは、単にキャリアの差なのかな、という気もします。
    CDデビューしてAKBが11年、乃木坂が5年、欅坂が1年なので、差も出ますよね」(同)

    あと、5年や10年もすれば、乃木坂や欅坂もそれなりの歌声を聞かせるようになれるのか。それまで人気が続くことを期待したい。


    ビジネスジャーナル
    http://biz-journal.jp/i/2017/10/post_20880_entry.html


    所長見解:ヘタでもいいよね・・・
    【【音痴上等】乃木坂46と欅坂46「深刻な問題」が露呈ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月2日に放送された『歌のゴールデンヒット ~オリコン1位の50年間~』(TBS系)で『SMAP』の楽曲が一切放送されない事態が起こり、視聴者から批判が殺到している。

    番組では音楽情報サービス『オリコン』の50年間で、1位になったことのある曲のVTRを流しつつ、アーティストを招いてトークを繰り広げた。
    『PUFFY』がスタジオに登場し、『渚にまつわるエトセトラ』、『サーキットの娘』、『これが私の生きる道』といった曲を披露。
    ほかにも世良公則の『銃爪』、小林明子の『恋に落ちて』が登場した。

    しかし、『光GENJI』や『Kinki Kids』など、ジャニーズ事務所所属アーティストの曲は紹介されたものの、売り上げ300万枚を達成した『世界に一つだけの花』をはじめ『夜空ノムコウ』や『らいおんハート』など、SMAPの楽曲が紹介されることは一切なかった。

    s


    ジャニーズからの圧力を勘ぐる意見も

    この番組構成に対して、視聴者からはSNS上で《真のオリコン1位が出てねえじゃん》、《意図的にSMAP外してる?SMAPなくして90年代以降のオリコンは語れないだろ》、
    《『うたばん』からの映像が多いのにSMAPが流れないのが不思議》、
    《光GENJIより売れてるSMAPは出ないのはなぜ?》などと批判が殺到している。

    解散や元メンバー3人の事務所退所騒動が起こったが、SMAPの曲を放送することが不可能なわけではない。
    また、ジャニーズ事務所のなかでは解散した『光GENJI』の楽曲は使われていることから、不可解な点はぬぐい去ることができない。

    そのため、《SMAPがないのはまずいだろ、そんなにジャニーズ事務所の圧力がすごいの?》、《SMAPに散々視聴率を取ってもらって、解散したら手のひら返し。テレビはジャニーズの犬なのか?》などと、ジャニーズから番組側への圧力があったのではないかと想像する視聴者もいた。

    いまだにSMAPの楽曲を聴きたがるファンの声は根強い。
    SMAPは歌番組の歴史からも消え去ってしまうのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1361089/


    所長見解:圧力なんだろうね・・・
    【【批判相次】「50年の歌の歴史」からSMAP排除ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りのことを精一杯し、有意義な1年にしたい》

    9月20日、公式HPで来年9月16日をもって引退することを発表した安室奈美恵(40)。
    これからの1年の抱負をこう語った。
    11月8日、ベストアルバム『Finally』を発売する。
    実はここで、大きなサプライズがあるという。

    「今年の8月、安室さんは小室哲哉さん(58)と極秘で再会したんです。
    2人が会うのは数年ぶりのはずです。
    すでに引退を考えていた安室さんは、ブレークのきっかけをつくってくれた恩師というべき小室さんに気持ちを伝えたかったのかもしれません。
    そこで話が盛り上がり、小室さんのプロデュースによる新曲が決まったんです」(音楽関係者)

    95年にソロデビューした安室は、3曲目小室が楽曲をプロデュースし、大ブレイクを果たした。

    m


    だが、 01年に安室は“小室ファミリー”を離脱した。
    安室自身が他の路線に挑戦したいと考えたことなどが理由だった。
    その後、疎遠な時期が続き、小室の曲をまったく歌わない時期もあったという。

    《一時期、小室さん時代の曲はしばらく歌わない方が良いのかもと思っていました。
    過去は振り返りたくないし、私は今の自分を見てほしかったから。
    でも、小室さんが作ってくれた歌はいい歌が多いんですよ。
    今でも歌うとテンションが上がる。
    やっぱり、いいものはいいし、そう素直に言える大人でいたい》(『AERA』08年5月12日号)

    袂を別ってから16年。
    歳月が雪を溶かしたようだ。

    「すでに、レコーディングに入っているようです。
    アップテンポな曲で、これまで小室さんが制作した安室さんの楽曲でいうと『Don't wana cry』に雰囲気が似ているかも。
    “2人の黄金期”を彷彿とさせる曲ですね。
    11月のベストアルバムにこの新曲も入るように進められています」(前出・音楽関係者)

    9月22日、仕事先のイタリアから帰国した小室は、羽田空港で取材に応じた。

    「(引退は)考えられなくもないなぁという感じです。
    始まりから卒業まで、すべてを見られることは初めてなので、感慨深いものはありますね」

    次々と新しいことに挑戦し、多くの人に感動を与えてきた安室奈美恵。
    最後の1年も、彼女の挑戦は止まることはない。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00010002-jisin-ent


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【安室小室】安室奈美恵 新曲は16年ぶり小室プロデュースってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ