音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    彡(゚)(゚)「………」

    no title

    所長見解:ええやん・・・

    【【悲報】彡(^)(^)「あいみょんってえぇ歌うたうやん! どんな子なんやろ?」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月19日と20日に、大阪で木村拓哉のソロコンサートが行われた。

    「2月8日の東京公演から始まった初のソロツアーです。
    1月8日に発売したソロアルバム『Gо with the Flоw』を引っさげたもの。
    アルバムに収録されている曲が中心でしたが、過去に出演したドラマの主題歌や『SHAKE』や『夜空ノムコウ』など、SMAP時代の曲も歌いました」(スポーツ紙記者)

    念願のステージは大成功に終わったが、'16年の解散以降、誰も歌わなかったグループの曲をひとりだけ歌ったことに対して、ファンから批判が相次いでいる。


    「SMAPの曲はファンの間で“5人のもの”というイメージが強いんです。
    それを歌ったことで、インターネット上では《新しい地図の3人や中居クンの曲でもあるのに、ひとりだけ歌うのはひどい》など、辛辣な声があがっています」(同・スポーツ紙記者)

    s


    『JASRAC』に使用料を払えば……

    SMAPが解散し、ジャニーズ事務所に残留した中居正広と木村拓哉に対して、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人は'17年9月に退所した。

    「これまで、彼らはファンの前で自分たちの曲を披露することはありましたが、SMAPの曲を歌ったことはありませんでした。
    そのため、ファンの間では《3人が歌わないのはジャニーズ事務所が許可しないからでは?》という声があがっています」(レコード会社関係者)

    たしかに、著作権に守られた楽曲を許可なく歌うことは難しそう。

    しかし、取材を進めていくと意外な声が聞こえてきた。


    「事務所の許可を取らなくても、SMAPの曲は歌えますよ。
    ライブで1~2曲歌う程度なら、音楽の著作権を管理する『JASRAC』に新しい地図サイドが曲の使用料を払うなど、手続きを踏めば歌うことはできます」(別のレコード会社関係者)


    『弁護士法人・響』の坂口香澄弁護士も、香取たちがSMAPの曲を歌う際に、古巣の事務所に許可を得る必要はないと話す。

    「ライブやCDで歌う際も、JASRACに楽曲の使用料を払えば、著作権法上問題なく歌えます。
    ただ、作詞された歌詞を変えて歌うなど、もともとの曲をアレンジして使う場合は、翻案権や著作者人格権にあたるため、ジャニーズ出版や作詞・作曲者の許可が必要になります」


    法律上、自由に歌えるのであれば、香取たちも木村のようにライブで『夜空ノムコウ』を歌えるということだ。

    では、なぜ彼らはいまだに歌わないのか。

    実は、法律でないところでこんな“制約”がある可能性が。


    「ご指摘のような契約はございません」

    「3人がジャニーズ事務所を退所する際に、事務所や当時所属していたレコード会社と個別の契約を結んでいる場合はその内容に従わなければなりません。
    また、ライブで歌った音源を収録する場合、レコード会社との関係が問題になります。
    以前所属していたレコード会社と結んでいた契約に拘束されている可能性があります」(坂口弁護士)


    通常、アーティストがレコード会社と契約する場合、専属実演家契約(録音契約)という、ほかのレコード会社などに録音させないかわりに、自社でCDの作成やプロモーションをする契約を結ぶという。

    個々の契約によって多少内容は異なるが、その中にこんな取り決めがある場合が。


    https://news.infoseek.co.jp/article/jprime_17278/
    週刊女性PRIME

    所長見解:あるんやろな・・・

    【【悲報】『新しい地図』はSMAPの曲を歌えない問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『上海ハニー』や『花』といったヒットソングで、誰もがその名を知るところとなった沖縄の5人組バンド、ORANGE RANGE(オレンジレンジ)。

    以前のようにテレビや映画、CMなどで見聞きすることは少なくなったが、現在もライブ中心に精力的に活動を続ける。

    ORANGE RANGEは、なぜマスメディアと距離を置いたのか。

    「喜んでもらえるものこそ正義」の真意を聞いた。


    2003年、ORANGE RANGEは電光石火の勢いで世に飛び出した。

    デビュー当時は全員二十歳そこそこ、RYOにいたっては高校生だった。

    デビュー翌月にリリースした『上海ハニー』はノンタイアップながら20万枚以上も売り上げ、名実ともに代名詞となる楽曲を手に入れた。

    YAMATOは「でも実は、『上海ハニー』にフィットしていないメンバーもいたんですよね(笑)5人みんな好きな音楽ジャンルもタイプもバラバラ。
    デビュー当初はかなりバチバチと意見を交わすこともありました。
    最初はもう『バラードなんて絶対やらない!』って言っていたくらいで」と明かす。


    そんな彼らにとって初のポップなサマー・ソング『上海ハニー』のヒットで考え方が一変した。

    no title


    20代前半にして手に入れたケタ違いの人気――。

    次々と新曲を作りながら大都市ツアーもこなさなければならない。

    予算やスタッフの数、寄せられる期待、映画やドラマ、CMなどのタイアップ、気づけばORANGE RANGEに関わるすべてが大きくなりすぎていた。

    好きなことを自由にやる、そんな姿勢にも変化を求められた。

    「タイアップだと、もちろん『こういう曲を作って』と言われます。
    作品に合わせて『泣ける曲を作って』と言われることもある。
    もちろんそういった要望も聞きつつ、でも自分たちのやりたいことも通さないといけない。『花』とかは、そういう感じで学びながら生まれた曲です」(RYO)

    ひとつひとつのことに向き合いつつも、楽曲作りだけではなく、バンド方針すらも5人だけですべてを決めることは難しくなっていた。

    「当時『もっとグローバルに発信したい』と思っていました。
    そのためにYouTubeで楽曲を公開したかったんですが、今のような時代ではなかったのでなかなか難しかったですね」(YAMATO)

    自分たちのことなのに、周りの大人たちがあらゆることを決めていく。
    しかしその状況を、YAMATOは「僕たちの若さや甘さから生まれた状況でもあった」と振り返る。
    何もかもが目まぐるしく変わる日々の中で、目の前にあるものを消化することに必死になっていた彼らは、自分たちを見失いかけていた。


    「あえてテレビ番組に出ないということもなくて。呼んでいただけたら出ることもあって。でも一番はやっぱり自分たちでライブをして、待ってくれている人たちに届けること。
    これだけは、この先も一番大切にしてきたいんです」(YAMATO)


    ORANGE RANGEはもう『上海ハニー』や『花』など、過去のヒット曲は歌わないのか。
    5人に聞くと、「めっちゃ歌います(笑)、それが一番お客さんが盛り上がるから」とかえってきた。

    彼らにとって「喜んでもらえるものこそ正義」という気持ちは変わらない。

    ORANGE RANGEは昔も今も、目の前で喜んでくれる人たちと一緒に音楽をやっていく。

    それが最優先なだけだ。


    全文はソースをご覧ください
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200229-00010000-ytokushu-ent 

    所長見解:いたね・・・
    【【あの人は今】人気バンド「ORANGE RANGE」の現在がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本当に“作品に罪はない”と言い切れるのだろうか――。

    2月13日に2年前の“薬物所持”で覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された日本を代表するアーティスト槇原敬之容疑者。

    1度目の逮捕は‘99年。

    後に所属事務所の代表を務めることになる、同居パートナーのA氏と共に覚醒剤で捕まった。

    A氏をよく知る人物X氏に話を聞いた。

    「2人の出会いは‘99年に逮捕される1~2年前と聞いています。
    伝言ダイヤルで知り合って意気投合し、自宅も近いということで会うことになった。
    もちろんその頃には槇原は有名人。
    出会う前のやりとりの中で槇原は素性を明かした上でA氏と会ったようです」

    そして2人は親密になりしばらくして逮捕される。

    そのきっかけとなった薬物使用はどちらが原因をつくったのか。

    「普段から2人で使用する薬物を調達していたのはA氏です。
    しかしA氏だけでなく、槇原容疑者もA氏と出会う以前から薬物を使っていたと言っていたそうです。
    A氏がきっかけで薬物に手を出したわけではないんですよ」(同・X氏)

    そして‘99年、有罪判決が出たあと、半年が経たないうちに槇原容疑者はA氏の近況を心配するような電話をかけたという。

    「裁判の中でA氏は槇原被告とはもう会わないと約束したが、またパートナーに戻ることになった。
    さらにその半年後にはA氏は自宅を引き払い槇原容疑者の自宅に転がり込んだ。
    後に事務所の代表も務めることとなり、公私共に四六時中一緒にいることとなりました。
    そうなると当然のように再び薬物を使う関係になったみたいですね。
    2週間に1度のこともあれば、1カ月に1度薬物を使うことも。
    2人で定期的に薬物を摂取していたようですね」(同・X氏)


    槇原容疑者といえば、‘03年にSMAPに提供した『世界に一つだけの花』が300万枚を突破する大ヒット。

    薬物依存から脱却した象徴のようにこの曲が槇原容疑者を“返り咲かせた”のだ。

    m


    “ナンバーワンにならなくてもいい”という考え方が教育にハマったのか、同曲は教科書にも掲載されている。

    槇原容疑者はそれまで曲提供はほとんどしなかったが、この曲のヒットを契機に多くのアーティストや番組などから曲のオファーが来るようになったという。


    しかし驚くことに日本中に旋風を巻き起こしたSMAPの大ヒットの裏で、A氏と槇原容疑者は共に薬物を使用し続けていたという。

    「A氏はこれだけ大ヒットしている中で、自分はまだしも、槇原がまた逮捕されたらとんでもないことになると常に不安を感じていたみたいです。
    しかし薬物の前では2人は無力だった。
    ファンに申し訳ないと思いながらもA氏が持ってくる覚せい剤を槇原容疑者は断ることはできなかったようです」(X氏)


    「女性自身」は大阪府警から流出した覚せい剤取締法違反に関する捜査資料を公開。

    そこには、槇原容疑者の本名とともに、‘03年12月5日という日付も書かれている。

    つまり、警察も彼の薬物使用を疑い、捜査していたのだ。


    槇原容疑者これまでのインタビューで何度も『世界に一つだけの花の』について、

    「SMAPサイドから楽曲の依頼があり、制作期間はたったの2週間だった。
    しかし1週間で1曲完成させ持っていくとイメージに合わなかったようでボツとなった。
    ダメだったかと楽曲提供を諦めようとしたがSMAPサイドからさらに要請があり、残りの1週間で完成させたのが『世界に一つだけの花』だった」

    と制作秘話を明かしている。


    2年前に槇原容疑者に別れを言い渡されたA氏だが、いまだに槇原容疑者の才能については認めているという。

    だが、楽曲制作のプレッシャーが槇原容疑者をクスリに走らせた原因のひとつである可能性は十分に考えられる。


    どういう経緯で制作されたのかは別として『世界に一つだけの花』は日本人に愛された名曲であることに間違いはない。

    だが、曲を聴くと槇原容疑者の顔が脳裏によぎることも確かだ。

    この名曲に、作者である槇原容疑者自身が“傷”をつけてしまったのは、間違いないだろう。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200225-00000007-friday-ent


    20年ほど一緒に暮らしていた元社長と槇原容疑者(’10年)

    画像がコチラ


    所長見解:そやろね・・・
    【【悲報】槇原敬之容疑者『世界に一つだけの花』の時にもやってた模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    キムタクさん、ソロデビュー対決で香取にダブルスコアで勝ってしまう

    k


    大正義キムタクさん凄い

    木村拓哉、初ソロアルバムが初登場1位【オリコンランキング】

    ソロデビューアルバム

    香取 *64,633(2週計)
    木村 126,564(初週)
    https://www.oricon.co.jp/news/2153072/amp/  



    所長見解:すごいな・・・

    【【元SMAP】木村拓哉と香取慎吾のソロデビュー対決の結果wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ