音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title

    AKB48『Teacher Teacher』が2,580,513枚を売り上げダブルミリオン突破

    SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートより、AKB48の52ndシングル『Teacher Teacher』が、店着日である5月29日に2,580,513枚を売り上げ、ダブルミリオンを突破したことがわかった。

    表題曲「Teacher Teacher」は、16歳の新エース・小栗有以が初センターを務め、ダンスもAKB48初となる海外振付師を起用。
    共通カップリングには、3月に行われた【AKB48グループ センター試験】の上位16名が選抜された楽曲「君は僕の風」が、タイプ別カップリングにはTeam A、Team K、Team B、Team 4、Team 8の楽曲がそれぞれ収録される。

    そして本作には、6月16日に開催される【AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙】の投票用シリアルナンバーカードも封入される。

    前回の総選挙シングル『願いごとの持ち腐れ』は、フラゲ分の集計が245,4万枚で、今作はそれを上回る258,0万枚の売上を記録しており、明日発表される初動3日間の売上枚数がどこまで伸びるのか注目だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00063879-exp-musi

    【MV full】Teacher Teacher / AKB48[公式]
    https://www.youtube.com/watch?v=7DwAwNNHaW8




    所長見解:そうなるわな・・・

    【【壮絶悲報】1日で258万枚の売上を記録したAKBのCDの結果がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本誌の直撃取材に“左耳の聴力ゼロ”という危機的状況で緊急入院していたことを明かした小室哲哉(59)。
    1月に“引退”を発表した小室は、マスコミの取材を受けるのは「これが本当に最後」と断りつつ、妻・KEIKO(45)との将来や日本中から声が挙がる“引退撤回”の声について率直に答えてくれた。

    k


    1月の記者会見当時、大分の実家に戻っていたKEIKOは、あの会見を見たのだろうか。

    「はい。あのあと、電話で何度か話しています」

    ――どんなお話をされたんでしょうか。

    「簡単なコミュニケーションをとってるだけなんですよ」

    ――会見では最後、“介護の大変さ”に言及されました。
    ご自分の体調もよくないなか、KEIKOさんとの今後についてどうお考えでしょうか。

    「僕が自分勝手というのが大前提なんですけれど……。
    一般の方でいったら“定年”みたいな年齢で、家族や夢について、今後の道先を決めていかなければいけないんですが、どういうふうに2人でやっていけるものなのか。
    そして、どういう道があるのか。
    まだまだちゃんと決められてないんです。
    彼女のケアを含めて、今後どうしていくか……見守ってください」

    この日、無事に退院した小室はファンからの応援の声も療養の励みになったという。
    本誌の直撃に短く答えて立ち去ろうとする彼に、最後の質問をぶつけた。

    ――応援の声に感謝されているとのことですが、“引退”を考え直すおつもりはないでしょうか。

    すると小室は記者に向かってきっぱりと言った。

    「まったくありません。
    僕は学歴もなく、よくも悪くも自己流で音楽をやってきたんです。
    クラシック音楽のような作曲とかはできなくて、音楽のどこをどう切っても“小室哲哉”で。自分では最新鋭のことをやったつもりなのに、曲への評論として“小室っぽいね”と言われるのが、僕の中ではいちばんきつい。
    ある種、ほめていただいてはいるんですが、僕にとっては苦痛でした。
    それでもともと去年から身近な人たちには、音楽家としてけじめをつけて引退するということも含めて、いろいろ話していたんですよ。
    結果的に、(不倫疑惑報道で)自分が考えていた予定より1年ほど早くなってしまいましたが……」

    騒動後、多くのメディアで論じられた“引退撤回”の可能性を、小室は少しの迷いも見せずに否定した。

    本当にこのまま“私人”として表舞台から消えるつもりなのか。
    車に乗り込むその背中は、少しさみしそうに見えた――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00010002-jisin-ent

    所長見解:いつか復帰してほしいね・・・

    【【完全引退】小室哲哉、取材を受けるのは「これが本当に最後」の模様・・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAP世界へ 東京パラ五輪でブルーノ・マーズと競演計画

    t


    ジャニーズ事務所を退社した元SMAPの香取慎吾(41)と草彅剛(43)のユニット“SingTuyo”(しんつよ)が絶好調だ。
    4月30日に配信スタートした「KISS is mylife.」は、5月14日付オリコン週間デジタルシングルランキングで初登場1位を獲得した。

    「稲垣吾郎(44)を含め、元SMAPの3人はメジャーレーベルのワーナーミュージックと契約しました。
    国内のほとんどのレコード会社がジャニーズ事務所を辞めたタレントとは契約したがらない中、外資系レーベルとはいえ、ワーナーにすんなりと決まったのは少し驚きでした」(スポーツ紙芸能デスク)

    これまで、赤西仁(33)や田口淳之介(32)、田原俊彦(57)といった、“元ジャニーズ”の受け皿は、やはり外資系のユニバーサルミュージックと相場が決まっていた。

    「2001年からTOKIOがユニバーサルと契約していましたが、“売れない”という外資系らしいシビアな一言で、08年に契約打ち切りになったのです。
    それに対し、ジャニーズ側は大激怒。
    それ以降、没交渉状態だったのです」(レコード会社関係者)

    だからこそ、元ジャニーズのタレントは“駆け込み寺”のようにユニバーサルと契約してきた経緯がある。
    もっとも、このままではまずいと思ったのか、つい最近、ジャニーズ側は手を打った。
    ジャニーズから4年ぶりにデビューする「King&Prince」の第1弾は5月23日にユニバーサルからリリースされる。
    事務所イチ押しのグループのデビュー曲がヒットするのは確実だ。


    ■海外アーティストにとってはステータス

    こうした動きを察知したのか、今回、元SMAPの3人が契約したのはワーナーだった。

    「ワーナーとは山下智久が契約しており、ジャニーズ側には“忖度”が働くという計算があったはずです。
    ところが、元SMAPとあっさり手を組んだため、驚いているはずです」(芸能ジャーナリストの浅見麟氏)

    ワーナーにはSMAPが所属していたレコード会社ビクターエンタテインメントから担当者が移籍した。
    プロモーションに力を入れる背景には、大いなる野望が秘められているという。

    「ワーナーが元SMAPの3人を迎え入れたのは、20年に行われる東京パラ五輪を見越してのことといわれています。
    解散後、初めて3人がファンの前で歌ったのも、パラスポーツのイベントでした。
    それくらい、彼らと東京パラ五輪の距離は近い。
    ワーナーは東京パラ五輪に世界的に活躍する自前の契約歌手を送り込んで“競演”させる準備をしているといわれています」(前出のレコード会社関係者)

    東京パラ五輪で元SMAPと超スター歌手のコラボ計画が水面下で進んでいるとすれば、驚くばかりだ。

    「過去にマイケル・ジャクソンがノーギャラでもいいからシドニーパラ五輪に出演したがっていたのは有名な話です。
    チャリティー精神が強い海外のアーティストにとって、パラ五輪の出演はステータスなのです。
    ワーナーの看板歌手であり、親日家でもあるエド・シーランや、グラミー賞を独占したブルーノ・マーズと元SMAP3人のコラボは十分にあり得る話です」(前出の浅見麟氏)

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ブルーノ・マーズとのコラボも夢じゃない(C)ロイター=共同
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/229455


    所長見解:どうなるかね・・・

    【【衝撃情報】元SMAP世界へ  ブルーノ・マーズと競演計画 ←これwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s

    一理ある


    所長見解:暗い・・・
    【【シーラーカンス♪】Mr.Childrenの最高傑作が深海という風潮 ←これ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    DA PUMP / U.S.A.
    https://youtu.be/sr--GVIoluU



    DA PUMPニューシングルのジャケットが「まるで戦隊ヒーロー」の声
    https://asajo.jp/excerpt/51845


    所長見解:髪が・・・

    【【検証動画】DA PUMPの最新曲がダサすぎてかっこいいってよwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ