音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    6月18日に東京・ロフトプラスワンでトークイベント「ライブナタリー Presents Respect! トークライブ Vol.2 ~TM NETWORK 勝手に名曲総選挙~」が開催された。

    著名人がリスペクトするアーティストへの愛情を語り合う「Respect! トークライブ」。

    第2回ではミト(クラムボン)、RAM RIDERが今年デビュー35周年を迎えるTM NETWORKについてたっぷりと語り合った。

    2人の自己紹介が終わると、FANKS(※TM NETWORKのファンの呼称)から募った人気楽曲ベスト20の発表へ。

    t


    ♦「TM NETWORK 勝手に名曲総選挙」投票結果 上位20曲

    1位:ELECTRIC PROPHET(電気じかけの予言者)
    2位:Get Wild
    3位:Human System
    4位:Self Control(方舟に曳かれて)
    5位:Fool On The Planet(青く揺れる惑星に立って)
    6位:I am
    7位:STILL LOVE HER(失われた風景)
    8位:We love the EARTH
    9位:BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて)
    10位:Resistance
    11位:YOUR SONG
    12位:Here, There & Everywhere(冬の神話)
    13位:Nights of The Knife
    14位:Time Passed Me By(夜の芝生)
    15位:8月の長い夜
    16位:SEVEN DAYS WAR
    17位:1974(16光年の訪問者)
    18位:Kiss You
    19位:アクシデント(ACCIDENT)
    20位:MESSaGE

    ♦ミト&RAM RIDERが選ぶTMN名曲3
    ミト
    ・Thrill Mad Natural
    ・TWINKLE NIGHT(あるひとりのロマンティストの生誕)
    ・Self Control(方舟に曳かれて)
    RAM RIDER
    ・WILD HEAVEN
    ・JUST ONE VICTORY(たったひとつの勝利)
    ・YOUR SONG("D"Mix)


    https://natalie.mu/music/news/336504

    所長見解:懐かしい・・・

    【【懐かしい】TM NETWORK「名曲総選挙」の結果がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【オリコン上半期ランキング2019】ミリオンは2作 AKB48がシングル9年連続1位

    シングル:AKB48、9年連続1位で歴代自己記録を更新

    シングルでは、AKB48の55thシングル「ジワるDAYS」が期間内売上130.4万枚で、2011年の「Everyday、カチューシャ」(2011年5月発売)から9年連続となる上半期シングルランキング1位を獲得。

    中森明菜(1986・87年)、宇多田ヒカル(2001・02年)、嵐(2009・10年)の3組による2年連続同ランキング1位を2013年に上回り、歴代単独1位となった「同連続1位獲得年数記録」を、今期さらに更新した。

    また、AKB48は「上半期シングルミリオンセールス達成年数記録」でも、2011年より9年連続へと記録を更新。

    B’z(1993~96年)、Mr.Children(1994~97年)の2組による4年連続を2015年に上回り歴代単独1位となった同記録をさらに更新している。

    指原莉乃のAKB48ラストシングルとして3月13日に発売された本作は、3/25付週間シングルランキングで初週126.3万枚を売り上げ、初登場1位を獲得。

    「シングル1位獲得数」を「RIVER」(2009年10月発売)から通算&連続42作目とし、「女性アーティスト歴代1位」の「シングル通算1位獲得作品数」「シングル連続1位獲得作品数」記録を自己更新した。

    また、「歴代1位」の「シングルミリオン通算達成作品数」は今作で通算37作目、「シングルミリオン連続達成作品数」は「桜の木になろう」(2011年2月発売)から36作連続となり、こちらもともに自己記録更新となった。


    i


    1位の【MV full】ジワるDAYS / AKB48

    動画

    画像

    01位 1303854枚 『ジワるDAYS』 AKB48
    02位 1045666枚 『Sing Out!』 乃木坂46
    03位 *912998枚 『黒い羊』 欅坂46
    04位 *598152枚 『キュン』 日向坂46
    05位 *427024枚 『君を待ってる』 King & Prince
    06位 *419254枚 『Stand by you』 SKE48
    07位 *320999枚 『床の間正座娘』 NMB48
    08位 *318738枚 『君を大好きだ』 Kis-My-Ft2
    09位 *308983枚 『風を待つ』 STU48
    10位 *264429枚 『Happy Ending』 SEVENTEEN
    11位 *260373枚 『意志』 HKT48
    12位 *242073枚 『好きと言わせたい』 IZ*ONE
    13位 *234498枚 『crystal』 関ジャニ∞
    14位 *222988枚 『Lucky-Unlucky/Oh! my darling』 Hey!Say!JUMP/山田涼介
    15位 *203934枚 『帰り道は遠回りしたくなる』 乃木坂46
    16位 *197475枚 『会いたい、会いたい、会えない。』 KinKi Kids
    17位 *176080枚 『アメノチハレ』 ジャニーズWEST
    18位 *151547枚 『ホメチギリスト/傷だらけの愛』 ジャニーズWEST
    19位 *148889枚 『Lemon』 米津玄師
    20位 *147731枚 『Rain』 亀梨和也
    https://www.oricon.co.jp/confidence/special/53162/ 



    所長見解:あらら・・・



    【【悲報】2019年上半期CDランキングが酷すぎる問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月16日、 TOKYO FMの「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」放送後、木村のネット番組「木村さ~~ん!」の#46が配信された。

    先週に引き続き、福生でのロケを敢行中の木村と番組ディレクターの蔵持総監督は、ミリタリー雑貨店の「GOOD KING’S」というお店へ。

    たくさんのデニムに「すげぇ~!」とつぶやき、「見たことのない形」とデニムに興味津々の木村。

    店内をいろいろ見て歩き、Tシャツを見る木村は「結構(Tシャツの)メッセージ見ちゃうよねぇ」と言いながら「見入っちゃうなぁ」と、さまざまなTシャツを手に取る。

    そして、ステッカーなどを購入し「福生に来てすげぇ、金落としている。買わされてる…どんどん…」と言いつつ、お店を後にした。


    移動中、先週に続いて、福生のベースサイドストリートの理事長・冨田さんが現れ、「ぜひ行ってほしい」というレコードバー「SURE SHOT」へ。

    レコードを聴きながら、お酒を飲むショットバーで、店内には約2万枚のレコードがあるという。

    「99%好きな曲はある」というマスター。

    木村は昔初めてレコードを聞き始めたときのエピソードを明かしつつ、数々のレコードを夢中で見る。

    k


    「すごいなぁ~」と感心しつつ、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」が初めて買ったレコードだという。


    https://thetv.jp/news/detail/193742/

    所長見解:これは・・・
    【【悲報】木村拓哉、初めて買ったレコードが嘘っぽい件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    CDやDVDのレンタル事業を中心に全国チェーン展開している「TSUTAYA」だが、2017年頃から店舗の閉店が相次ぎ、その存続を心配する声が続出している。

    もとは1983年にオープンした大阪・枚方市の書店から始まったTSUTAYAだが、90年代頃から全国に店舗を展開し始めたのはCD・DVD(それ以前はVHS)のレンタル事業の功績があってこそ。

    TSUTAYAが業績を大きく伸ばしたのは、世界的にアナログからCDへと切り替わったタイミングであり、うまくニーズにマッチしたことで、誰もが知る大規模チェーン店へと成長していったのである。
     
    こうして順調に全国展開してきたTSUTAYAが、多くの店舗を閉めることを余儀なくされている――その背景について、経済評論家・加谷珪一氏に聞いた。

    t


    時代の“コト消費”に迎合するも、大きな負の流れには抗えず…
     
    TSUTAYAが続々と閉店している現状には、やはり“時代の流れ”が関係しているようだ。

    「これはハッキリしているのですが、主な原因はCDやDVDがなくなっていき、有料の音楽ダウンロードや動画配信サービスが普及してきたこと。
    もちろん、無料で動画を楽しむことが出来るYou Tubeの台頭で、わざわざお金を払ってまで音楽や映像のコンテンツを楽しもうという人が減ってきているというのも関係があるでしょう。

    また、会員カードでTポイントがたまるというポイントサービスをいち早く導入し、顧客の常連化に成功していたTSUTAYAですが、近年では競合となるさまざまなポイントサービスが出てきているので、TSUTAYAおよびTポイントの特別感が損なわれてしまっていることも一因だと考えられます」(加谷氏)

    CDやDVDに代わるサービスの台頭には、TSUTAYAも当然焦りを感じているだろうが、対策が遅れてしまっている感は否めない。

    さらに、ドトールコーヒーは2019年4月にTポイントカードのサービスを終了し、ファミリーマートも同年5月をもって「ファミマTカード」の店頭発行を終了。

    TSUTAYAの代名詞だったTポイントサービスにも逆風が吹いている。

    「TSUTAYAは、CD・DVDに代わる新しい商材を開発しようと取り組んでいます。
    2011年、2017年にそれぞれオープンした代官山と銀座の店舗では、その場でコーヒーを楽しめるスペースを設けたり、ブランド物の販売を行ったりと、空間を提供する“コト消費”に力を入れて売り方を変化させています。
    そうやって一定の成功をつかんだ店舗も存在はしますが、CD・DVDに依存してきた従来の店舗は厳しい業績のままなのです」(加谷氏)

    音楽ダウンロードや動画配信サービスが主流となった現在では、そもそも多くの来店者を確保することが難しい。

    一部都市型の店舗で付加価値を創出し、空間の提供というサービスを展開したところで、売り上げにはなかなか繋がりにくいという現状があるのかもしれない。


    https://wezz-y.com/archives/66591

    写真
    https://wezz-y.com/wp/wp-content/uploads/2019/06/tsutaya.jpg

    所長見解:行かなくなったな・・・
    【【悲報】TSUTAYAさん、閉店ラッシュの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気アイドルのAKBグループのシングルCDが、福岡市早良区の路上に落ちていたり、団地や民家の郵便受けに入っていたりし、“拾得物”として早良署に届けられる事案が相次いでいる。

    署によると、11~15日、AKB48とHKT48の計14枚が届けられた。

    西日本新聞の取材で、他にHKT48の5枚が見つかった。

    届け出た人は「心当たりはない」と口をそろえ、署幹部も「今まで聞いたことがない現象。目的も全く分からない」と不審がる。

    b


    署によると、11日、同区南庄4丁目の路上でAKB48のCD1枚が見つかったのを皮切りに、同じ南庄で13日5枚▽14日6枚▽15日1枚-が届けられた。

    15日は同区小田部5丁目の路上でも1枚、届け出分以外で民家の郵便受けで5枚が見つかった。

    多くが一見、未開封という。

    小田部の6枚は、HKT48の指原莉乃さんが参加する最後のシングル「意志」。

    残りはAKB48の「NO WAY MAN」。

    自宅の郵便受けにCDが入っていたという40代女性は「いたずらかもしれないが、身に覚えがなく、気持ちが悪い」と話す。

    HKT48劇場関係者によると、今回見つかったCD「意志」は「劇場盤」でファン専用サイトのみで購入できる。

    同封の握手券などは、抽選に当たれば、希望するメンバーに確実に会える特別な仕組みという。

    福岡県内では、2017年10月、AKB48のCD計585枚を太宰府市の山中に捨てたとして、廃棄物処理法違反罪で30代の男が罰金40万円の略式命令を受けた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16471295/

    所長見解:またやん・・・

    【【悲報】AKBのCDが路上や民家に捨てられまくりの模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ