ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中  希望的リフレイン
    遊  重力シンパシー
    左  ずっと ずっと
    一  Only today
    三  君のことが好きだから
    右  47の素敵な街へ
    二  永遠より続くように
    捕  #好きなんだ
    投  365日の紙飛行機

    b


    所長見解:どうなん・・・

    【【最強布陣】AKB48の名曲で打線組んだ結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代は空前のバンドブームと言っても過言ではないほど、多くのバンドが活躍し、莫大なCDセールスを記録しました。
    ではそんなバンド戦国時代真っ只中に、特に光っていたのはどのバンドだったのでしょうか。
    そこで今回は、90年代に活躍した最高にかっこいいバンドについて探ってみました。

    m


    1位 B’z
    2位 X JAPAN
    3位 Mr.Children
    4位 L’Arc~en~Ciel
    5位 サザンオールスターズ
    6位 GLAY
    7位 米米CLUB
    8位 スピッツ
    9位 JUDY AND MARY
    10位 THE YELLOW MONKEY

    11位以下はソースをご覧下さい
    https://ranking.goo.ne.jp/column/5300/ranking/51400/

    http://news.livedoor.com/article/detail/15160422/ 


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【懐かしい】90年代に活躍したバンドランキング 3位はMr.Children 2位にX JAPAN 1位はコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本最大のインターネット掲示板「2ちゃんねる」で大ブレイクし、日本中で多くの人たちが熱狂したO-Zoneの楽曲「恋のマイアヒ」(Dragostea Din Tei)を覚えているだろうか。

    ルーマニア語の歌詞でありながら、なぜか日本語に聞こえる不思議な声に多くの人たちが魅了され、絶大な支持を得た楽曲でもある。


    ・ずっと「恋のマイアヒ」を流しまくる現象

    この楽曲にあわせて2ちゃんねるから生まれたキャラクター「のま猫」も大ブレイクし、今まで2ちゃんねるや「のま猫」を知らなかった層にも影響が及び、多くの日本人が四六時中「恋のマイアヒ」を流しまくる現象も発生したのである。


    ・新たなミュージックとなって復活

    そんな「恋のマイアヒ」や「のま猫」の存在を知らない若い世代もいるかもしれないが、2018年、ついに「恋のマイアヒ」が新たなミュージックとなって復活。

    ホットなチューンでディープなバイブレーションを響かせるメロディーがまた楽しめるのである!


    のま猫バージョン動画と全文は以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2018/09/12/dan-balan-numa-numa-2-nomaneko/

    no title

    no title

    https://youtu.be/jKcBZlPHC3o



    所長見解:懐かしいな・・・

    【【懐かしい】大ブレイクした「恋のマイアヒ」復活キターーーってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11日に放送されたフジテレビ系『MUSIC FAIR』に浜崎あゆみが出演した。

    no title


    番組内では、浜崎がデビュー20周年のアニバーサリーイヤーを迎えたことに触れ、加藤綾子アナウンサーが「20年間の活動の中で、どうですか『私ここ変わったなぁ』みたいなところってありますか?」と、浜崎へ質問した。

    これに浜崎は「何か逆にないかもしれないです、すごくあっという間でした」と、大きな変化は見られなかったと明かした。

    そして、軽部真一アナウンサーが「ご自身の中では変わりたくないっていう気持ちもあったりするんですか?」と、その真意についても質問。

    浜崎は「そんなことを考える時がなかったと思います。
    時間のほうが自分をちょっと追い越しちゃってるような感じで、私は変わらないまま取り残されたじゃないけど、そんな感じがして」と、20年間の多忙な活動をのぞかせながら「だから変わってない気がするんですかね」と、変化がない理由を告白していた。

    浜崎は15日にニューアルバム『TROUBLE』をリリース。
    デビュー20周年というアニバーサリーいやーに加え、約2年2ヶ月ぶりとなるアルバムの発売に注目が集まっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15149939/


    所長見解:変わったやんか・・・

    【【お浜さん】浜崎あゆみ (39歳)、20年前との変化について語った結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■桜井和寿×GAKU-MC=“ウカスカジー”が主催するフットボールの祭典『MIFA Football Park』に、TERU(GLAY)がサプライズ登場!

    Mr.Childrenの桜井和寿とGAKU-MCの音楽ユニット“ウカスカジー”が主催するフットボールの祭典『MIFA Football Park』が2018年で4周年となり、『MIFA Football Park 4th anniversary party ~MIFA 夏祭り~』が、8月4日、東京・豊洲PITにて開催された。

    豊洲PITでは『MIFA夏祭り』として、子供から大人まで1日楽しめるフットボールコンテンツ、ワークショップ、フードエリアなどが展開。

    そしてメインとなるウカスカジーのライブで、この日いちばんの盛り上がりが起きた。
    シークレットゲストとして、まさかのGLAYのTERUが出演したのだ!

    ライブ中盤、MCでGAKU-MCによる「MIFA Football Parkの会員さんをひとり紹介しようかなと思って。僕らのサッカーのお友達です!」という紹介でTERUがステージに登場。
    もちろん会場は悲鳴のような驚きの声一色となった。

    TERUを迎えての1曲目は、GLAYの名曲「HOWEVER」を桜井和寿が参加して歌唱。
    TERU自身も「このバージョンはなかなか聴けないよね。リハーサルで鳥肌がたった」と語る、まさに奇跡のコラボレーション。
    日本を代表するボーカリスト2人の歌唱はまさに圧巻! 
    会場全員が興奮しながら聴き惚れていた。

    そして続いてもGLAYナンバー「疾走れ!ミライ」。
    こちらはGAKU-MCがラップで参加し、ジャンルを超えた夢のコラボレーションが実現した。

    最後は、再び桜井和寿が参加して、GLAYの代表ロックナンバー「誘惑」。
    度肝を抜くサプライズ連続で、会場のボルテージはピークを迎えた。
    まるで夢のような時間を、会場にいるすべての人々が目に焼き付けていた。

    アンコールでもTERUは再びステージに上がり、ウカスカジー×TERUで「勝利の笑みを 君と」を大合唱。
    6月に開催されたロシアW杯の日本代表戦で、ロシアの空に響き渡ったサッカー日本代表公式応援ソングが、この日、豊洲に響きわたった。

    音楽だけではなく、フットボールというキーワードで生まれた奇跡のコラボレーション。
    改めてフットボールのコミュニケーション能力の高さを感じさせる出来事であった。

    なお、GLAYは8月25日・26日に函館にて大型野外ライブを開催。
    この日、豊洲を熱狂に包んだTERUが、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000006-mnet-musi

    no title


    所長見解:いいな・・・

    【【ミスチル】桜井和寿がGLAYの「HOWEVER」を歌った結果wwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ