音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本人が抱いていた不安は見事に的中してしまったようだ。

    中島美嘉が1月29日に放送された生放送音楽番組「うたコン」(NHK総合)に出演。

    自身の代表曲「雪の華」を熱唱したところ、思わぬ反響が見られている。

    同楽曲は2003年にリリースされた冬の恋模様を描いたバラード曲で、同名の映画が公開されることで再び脚光を浴びている。

    y


    今回はその告知も兼ねて、中島が同楽曲を生歌唱したのだが、その歌声を聞き、視聴者は違和感を覚えてしまったようだ。

    「中島の高い歌唱力があってこその心に響くバラード曲ですが、全体的に歌唱が不安定だったり、今回はサビの高音部分が出ていなかったりと、CD音源とは程遠い歌唱で、お世辞にも上手いと言えるものではありませんでした。

    そのため、視聴者からは

    『全然高音出てないじゃん』
    『中島美嘉って、こんなに不安定な歌声だったっけ』
    『今日、すごく不調じゃね?』
    『聞いてて、ヒヤヒヤした』

    などという指摘が散見されています。

    中島は2010年に持病の両側耳管開放症が悪化して、音程を正しく聞き取れなくなってしまい、活動を休止しています。

    そこからわずか半年で活動を再開していますが、『雪の華』自体、難易度が高い楽曲ですから、今後も好不調の波に悩まされてしまうでしょう」(エンタメ誌ライター)

    しかし、病気を抜きにしても、中島には同楽曲を歌うことへのためらいがあるようだ。

    「1月29日に『産經新聞』が配信した中島へのインタビュー記事で、中島は同楽曲がいかに難しい楽曲かを説明しており、『ライブ経験を積んだ今の方が歌う怖さが増した』と語っている。
    また、新鮮味を保つためという理由からリハーサルではあえて同楽曲を歌わないようにしているとのことですが、今回はそれが空回りする形になってしまった」(前出・エンタメ誌ライター)

    今回の歌唱への世間の反応を知り、中島の「雪の華」への苦手意識はより強まってしまったかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1678080/

    ▼検証動画
    https://www.youtube.com/watch?v=bnAZJqeajwk
    中島美嘉「雪の華」うたコン


    所長見解:前からやんね・・・

    【【放送事故】中島美嘉が「雪の華」を生歌唱した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昭和の歌姫・美空ひばりは、昭和の終わりから半年と経たずに生涯を閉じた。

    時代の象徴は時代と共に姿を消すものなのか。

    平成の歌姫と、平成の音楽シーンの象徴もまた、時代の区切りに活動を終えた。

    安室奈美恵(41)と小室哲哉(60)だ。

    至近から見た安室の実像は、これまで、意外なほど語られてない。

    今回、globeのメンバーとして小室と寝食を共にし、安室のミリオンセラーの歌詞も担当したマーク・パンサー(48)が、2人の来し方を語ってくれた。


    「安室ちゃんとは一緒のファミリーでしたけど、皆と飲んで騒ぐような子ではなくて、真面目な印象。
    当時の小室さんの周りには、ごまをする人や、言いなりの人が多い中、安室ちゃんだけは自分を貫いていた」

    小室が安室のプロデュースをしていたのは1995年(平成7年)から約5年間と、さほど長くない。

    しかし、プロデューサーとしての小室の絶頂期と重なる。

    「あの頃は、ロサンゼルスの6千坪の小室さんの豪邸に僕も住んでいた。
    近所にはボブ・ディラン。
    日本ではフェラーリでドライブしたし、ヨーロッパの電車移動は車両ごと予約していたんです」

    皆が、狂熱に浮かれるなか、安室だけは違った。

    「97年に台北で小室ファミリーのライブをした時も、高級ホテルのワンフロア全部屋を予約したんですよ。
    でも安室ちゃんだけ別の場所に泊まっていた。
    それくらい徹底して距離を取っていましたね。
    媚びない彼女は近くで見ていても格好良かったですもん」

    k


    孤高と寂寥

    97年にダンサーのSAMと結婚し、翌年長男を出産、99年に実母を義理の叔父に殺害される事件が起きるなど、激動の20代を過ごす安室。

    しかし、事件後も10日余りで復帰し、トップをひた走ることを止めなかった。

    そして2001年に小室と袂を分かつ。

    この時期、音楽業界全体も変革期にあった。

    「iTunesが生まれて配信サービスが出てきた。
    CDセールスが絶対的価値だった小室さんがプレッシャーを感じ始めた頃です。
    この初期微動を安室ちゃんは察知したんでしょう。 
    物ではなく自分自身を売る時代が来ると。
    それでセルフプロデュースに舵を切るのです」

    その後の2人の人生は明暗を分ける。

    安室は、ライブ中心の活動が功を奏し、全世代の女性から憧れと支持を集める。

    一方の小室は、ヒット曲をなかなか生み出せない。

    そして、08年に5億円の詐欺容疑で逮捕、翌年に有罪判決を受けている。

    18年、人気絶頂の中での引退が社会現象になった安室に対し、不倫報道の釈明会見で引退を表明した小室。

    孤高と寂寥のコントラストがより強まった。

    「カジノで大勝ちしている時に止めるのと同じくらい、人気が続く中での引退はアーティストにとって難しい。
    それが出来たのが安室ちゃんで、夢を追い続けたのが小室さん。
    どちらが失敗ということもない。
    僕と小室さんの2人でクラブでDJしてた2、3年前だって楽しそうにしてましたしね」

    マークは前を見ている。

    「結成25周年には東京五輪、30周年には大阪万博がある。
    僕がglobeの灯を消さないでいれば、メンバー全員が揃ってライブをする奇跡が起こると思っている」

    年号で区切れない熱い想いが灯っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15872691/

    所長見解:懐かしいな・・・

    【【平成のヒットメーカー】マーク・パンサーが見た「安室奈美恵と小室哲哉」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の石原さとみ(31)が、来年1月に放送される音楽番組『MUSIC☆HERO』(TBS系)でMCに挑戦することがわかった。

    インターネット上では、石原の司会に期待する声があがる一方、「やめたほうがいい」といった心配の声も見られる。

    s



    ■あいみょんや菅田将暉が出演

    『MUSIC☆HERO』はゲストミュージシャンの音楽から人間的魅力までを出演者が語る番組で、石原は音楽番組のMCは初挑戦となる。

    番組では、クリエイターの箭内道彦氏(54)が石原と共にMCを務め、紅白にも出演するシンガーソングライターのあいみょん(23)や俳優の菅田将暉(25)、吉岡里帆(25)らが出演する。


    ■ネットでは「見るしかない」の声

    石原の音楽番組MC挑戦に対し、ツイッターでは「見るしかない」「楽しみ」など期待の声があがっている。

    「石原さとみが音楽番組のMCとな。これはもう見るしかない」

    「新しい音楽番組のCM見たけど、MCの石原さとみがまたかわいくなってるやん…? 髪の毛のせいだろうか?」

    「年始に楽しみな番組だわ。石原さとみさんMCってなんか新鮮。
    どんな番組なんやろ? ドハマり中のあいみょんも出るし、嬉しい!」

    コメントの中には、「前髪があって石原さとみがかわいくなってる」といったものも。


    ■石原の音楽番組MCを不安視する声も

    番組を楽しみにしているという声の一方、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、「やめたほうがいい」といった否定的な意見が見られる。

    「いつも喋り方がチャカチャカしてるけど、滑舌とか大丈夫なん?」

    「女優だけしておけばいいのにね」

    「石原さとみってトークできるのかな?」

    「音楽番組の司会って出演者の魅力を引き出す会話ができないと面白くないんだけど大丈夫か」

    普段バラエティ番組であまり姿を見かけることがないため、石原がMCを務めることに不安を感じた人が多いようだ。

    また、女優や俳優が映画やドラマ以外に露出することを好まない人もいるようだった。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161925972/


    所長見解:見るか・・・

    【【MUSIC☆HERO】石原さとみが音楽番組司会者に ←やめたほうがいいwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■ 「今までで一番SMAPみある」「SMAPぽい曲で好き」――。

    元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3氏が新曲「#SINGING(シンギング)」をリリースした。

    テレビCMでも流れ、ファンを喜ばせている。

    その曲調から「SMAPみ全開」といった反応も多く、「脳内で中居(正広)くんと木村(拓哉)くんの声が聴こえる」という人も出ている。

    no title


    ■「SMAPぽい曲で好き」

    稲垣さんら3人は2018年12月12日、「新しい地図 join ミュージック」として、新曲「#SINGING」を発表した。

    AmazonMusicのテレビCMに起用されている他、AmazonMusicUnlimitedで独占ストリーミング配信も始まった。

    17年9月にジャニーズ事務所を退所した3人は、これまでに「雨あがりのステップ」などの曲を出している。

    今回の「#SINGING」は、中学3年生のSASUKEさん(15)の作詞・作曲という面でも注目を集めており、「ずっと歌っていたい」などと前向きな気持ちを3人が「疾走感あるサウンド」(プレスリリースより)で歌い込んでいる。

    曲を聴いたファンらはツイッターで、

    「今までで一番SMAPみある」
    「SMAPぽい曲で好き」

    と次々と発信し、解散前のSMAP時代の曲を思い出したようだった。

    その「SMAPぽさ」から刺激を受けたのか、

    「わたしにはどうしても中居くんと木村くんも歌ってる画が見えてしまって...勝手にそれでPVが脳内再生されてます」
    「(木村君と中居君の姿が見えるとして)2人の声、聞こえるよ」

    などと、「脳内」で、非独立組の中居さんと木村さんの声が聞こえたり、姿が見えたりするという報告も相次いでいた。

    中には、具体的な歌詞部分を指定し、

    「(~)あたりで中居くんの声が聞こえてきそう」と指摘する人もいた。

    勿論、中居さんと木村さんが参加していない事を悲しむ声もあり、

    「5人で歌っちゃえばいいのに...」
    「5人のも見たい」

    と、元メンバー5人が全員そろった歌声を聴きたい、と希望する声も見受けられた。


    https://www.j-cast.com/2018/12/13345992.html 


    所長見解:いいやん・・・

    【【#SINGING】新しい地図の新曲に「SMAPみある」「中居&木村の声が聴こえる」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2014年2月に発覚したゴーストライター騒動によって、現代のベートーヴェンから稀代のペテン師に転落した佐村河内守(55)。

    以降、表舞台にほとんど姿を現してこなかった彼が、週刊新潮のインタビューに応じた。


    「ずっと家にこもっていました。
    民放をつければ僕が映っている。
    ヴァイオリンが映るだけでも嫌で、ひどいときは心臓がバクバクして、彼女(妻)も一時は僕と同じくらいでした」

    と、佐村河内氏は騒動当時を振り返る。

    16年には氏を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』が公開されるなどの動きはあったものの、引きこもりがちに。

    依頼された作曲が“佐村河内だから”という理由でなくなるなどの憂き目にもあった。

    「フジテレビから、地獄から復活した人スペシャルみたいな番組に出ませんか、という熱心なオファーをいただきましたが、僕自身まだ反省する時期だったので断念しました」

    そして、強調するのだ。

    「地下に潜って書きたい。表に出るのは、もう二度とごめんです」

    そんな氏はザ・グレート・サスケ(49)という意外な人物の依頼を受け、曲を書いてもいる。

    先述の『FAKE』の配給会社を通じて知り合い、“サスケのテーマ”を制作したのだ。

    好きだと言ってくれる人が入れば、表には出ずにいいものを作っていきたい――。



    「週刊新潮」
    http://news.livedoor.com/article/detail/15695759/


    佐村河内守氏
    no title


    所長見解:懐かしい・・・

    【【ゴーストライター騒動】佐村河内守氏は今・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ