ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Melon

    y

    所長見解:おもろい・・・

    【【急募】米津玄師の次の新曲でありそうなタイトルがコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3年ぶり、通算16枚目のアルバム『見っけ』のリリースに伴い、もはや“国民的バンド”と言っていいだろうスピッツの音楽に対して、さまざまな人々がいろいろな思いや見解を、それぞれの言葉で表現している。

    たとえば、『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演していた川谷絵音、杉山勝彦。あるいは、『SONGS』(NHK総合)の大泉洋、そして広瀬すずをはじめとする「なつぞらファミリー」の面々など。

    まさしく、性別も世代も超えた多くの人々が、スピッツの音楽を愛しているのだ。

    けれども、それらの番組や記事を眺めても、いまだ誰ひとりとして、「スピッツを完全に理解した」とは言えないーーというか、その核心を捉えようとするたびに、ヒラリとその身をかわしてスルリと逃げていくもどかしさこそが、スピッツの音楽の何よりの魅力なのだろう。

    s


    アルペジオの響きが美しいギターロックとしての滋味はもちろん、その中心に位置する草野マサムネ(Vo/Gt)の透明感溢れる歌声など、スピッツの魅力は、いくつも挙げられる。

    けれども、その楽曲のイメージを決定づけているのは、やはり草野による唯一無二の歌詞世界によるところが大きいだろう。

    たとえば、『関ジャム』でもオンエアされたスピッツの人気曲ランキングなどでは依然として一位の座に輝いている「ロビンソン」。

    この曲の〈新しい季節はなぜかせつない日々で〉という歌い出しと〈誰も触われない二人だけの国〉から始まるサビの部分の歌詞を記憶している人はきっと多いと思うけど、その歌詞のなかには登場しない、この“ロビンソン”とは、果たして何を意味しているのか、について具体的に説明できる人は、恐らく草野本人以外にはいないだろう。

    それは、同じく人気曲のひとつである「チェリー」についても同様だ。


    あるいは、「ロビンソン」「チェリー」と並ぶ人気曲である「空も飛べるはず」。

    スピッツの楽曲のなかでも、かなり歌詞が明確な一曲ではあるけれど、〈きっと今は自由に空も飛べるはず〉という表題と関連したフレーズの直後に置かれた〈夢を濡らした涙が海原へ流れたら ずっとそばで笑っていてほしい〉という一節が、果たしてどんな状況を表しているのかについては、意見が分かれるところだろう。

    そう、その色褪せない音楽の美しい響きとは裏腹に、スピッツの歌詞は、今もなお聴く者の心に、そこはかとない疑問を残し続けているのだ。



    いずれにせよ、良い曲というのは、何度も繰り返し聴きたくなるものである。

    しかし、聴けば聴くほどに、ある種のわからなさが浮かび上がってくるーー否、そのわからなさが、何よりも大事なのだろう。

    そのわからなさは、聴く者の想像力によって、いくらでもその羽根を広げていくのだから。

    はっぴいえんど、松本隆しかり、井上陽水しかり、サザンオールスターズ、桑田佳祐しかり、世代を超えて長きに渡って愛されるポップソングの条件とは、そのメロディの美しさは誰もが認めるところであっても、その歌詞については、ある種の“わからなさ”がある。

    決して難解というわけではなく、むしろ平易な単語を用いているにもかかわらず、聴けば聴くほど新たな発見や解釈が生まれていくようなものなのかもしれない。


    https://realsound.jp/2019/10/post-433145.html

    所長見解:そうやね・・・

    【【人気バンド】スピッツの音楽の魅力は「わからなさ」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    舞台に立つ華奢な女性が自由自在にフルートを操る。

    体つきに似合わない力強い音色がドラマティックで抑揚のあるメロディーを奏でた。

    その澄んだ音は会場の隅々まで響き渡り、観客を魅了した。

    「彼女の音の深みは、ほかの学生とはレベルが違います。まさに圧巻の演奏でした」(観客の1人)

     
    演奏曲は、著名なドイツ人作曲家、アントン・ベルンハルト・フュルステナウの『24の練習曲』。

    巧みな演奏テクニックを必要とする、フルート奏者の間では有名な練習曲だ。

    それを、堂々と演奏していたのは、木村拓哉(46才)と工藤静香(49才)の長女(18才)。


    k

     
    この日長女は、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場。

    フルート部門の高校の部を勝ち抜き、10月16日に開催される東京大会本選への出場を決めた。

    本選へ進めるのは、応募した66人中21人だけという難関だ。


    「このコンクールは、音楽を志す誰もがあこがれる登竜門でもあります。
    第1回は1947年に開催された歴史あるコンクールで、毎日新聞社が主催していることから毎コンとも呼ばれます。
    この権威ある大会で入賞することは、大きな名誉です」(音楽関係者)

     
    今年の地区本選は北海道・東京・名古屋・大阪・北九州で行われ、地区本選を勝ち抜いたごくわずかな人だけが、11月下旬に横浜で開かれる全国大会に出場できる。


    「本選での課題曲には、音楽大学の学生でも弾きこなすのに苦労するような、さらに難易度の高い曲が指定されています。
    本選出場が決まった人は、今頃猛レッスン中でしょう。
    フルートは優雅なイメージがあるかもしれませんが、体力をとても必要とします。
    全国レベルとなると、食事を含めた生活面で、家族のしっかりしたサポートを受けている子ばかりです」(前出・音楽関係者)

     
    長女は、この地区予選に先立って行われた別のコンクールでもその実力を認められていた。

    8月末に開催された『日本奏楽コンクール』では、管楽器部門高校の部で、見事1位に輝いたのだ。


    「このコンクールは歴史は浅いですが、参加者は全国から集まっていてレベルが高い。
    さらにピアノや声楽などの全部門、幼児から社会人まで全年齢から決めるグランプリは『該当者なし』でしたが、準グランプリに木村さんの長女が選ばれています。
    実質、高校日本一といえます」(前出・音楽関係者)


    ※女性セブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00000004-pseven-ent

    所長見解:次は長女か・・・

    【【koki姉】木村拓哉、工藤静香夫妻の長女がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    歌手のASKAが10月3日、自身のブログで「しゃかりきコロンブス」とは何かを明らかにし、大反響になっている。

     
    しゃかりきコロンブスとは、アイドルグループ「光GENJI」の3枚目のシングル「パラダイス銀河」に登場する歌詞。

    88年にリリースされた時からどんな意味があるのかと話題になった。


    g

     
    ASKAはその意味について、「しゃかりき」は「お釈迦様が一生懸命になっている」であり、「コロンブス」はアメリカ大陸を発見したクリストファー・コロンブスだとしている。

    2つを合わせることで、「しゃかりきになって探したって、コロンブスさえも発見することができない夢の島(子供の場所)」を意味するのだと明かした。

     
    「これは予想外でした。
    おそらく多くの人が『一生懸命がんばるコロンブス』だと思っていたはずです。
    『大人は見えない しゃかりき コロンブス』というのは、『夢の島を探そうと一所懸命がんばる子どもを大人は見つけられない(理解できない)』だと思っていた人も多いのではないでしょうか」(芸能ライター)

     
    リリースから31年目に明らかになった事実に、当時のファンも驚きを隠せないようだ。

    だがASKAによると、意味を知らずに歌い継がれてもかまわないという。

     
    ASKAは光GENJIのデビュー曲「STAR LIGHT」から、「ガラスの十代」、そしてこの「パラダイス銀河」と3曲連続で楽曲を提供している。
    https://www.asagei.com/excerpt/134590



    所長見解:天才やな・・・


    【【衝撃告白】ASKA「光GENJI・パラダイス銀河」の歌詞『しゃかりきコロンブス』の意味について・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の浜崎あゆみが10月2日、自身のYouTubeチャンネルで、これまでショート尺で公開されていたものを含む全MV(ミュージックビデオ)のフル尺を公開した。

    この日は浜崎の誕生日。

    バースデーに合わせて公開された作品たちの中には、 デビュー曲の『poker face』からヒット曲の『SEASONS』や『M』、『BLUE BIRD』など、130本以上のMVが詰まっている。

    また、その前日には歌手のジェジュンが出演した『blossom』のMVも公開して話題となった。


    この大サービスに、ファンは歓喜。ネット上では、

    《あゆのMV全部見られるのうれしい~》

    《浜崎あゆみのMV、世界観すごいからほんと見てほしい。今日から全公開だよ》

    《You Tube浜崎あゆみMVフルが解禁されて、見てたら懐かしい歌ばかり。見入ってしまった》

    《本当にMVフルで公開されてる!!あゆありがとう》

    《まじかまじかまじか!? 電池残りわずかなのに…ああ、今すぐにでも見たいのに!!》

    など、喜びの声が投稿された。


    h


    過去の栄光…小遣い稼ぎ…散々な言われよう

    一方、匿名掲示板では、

    《必死で過去の栄光にすがる》

    《過去の栄光にすがるね~》

    《過去の栄光ほど惨めなものはない》

    など、みっともないと言わんばかりのコメントが…。

    また、

    《今はDVDよりYouTubeの収入の方が上がりそうだもんね》

    《YouTubeで金稼ぎw CD売れないもんね…》

    《なるほど 今までのMVを公開して再生回数稼いで小遣い稼ぎするんだ》

    などと、YouTube動画再生回数からの稼ぎを目的にしていると推測する声も上がっている。


    肝心の動画の再生回数は、10月4日時点で数千回のものばかりで、1万を超えるものは少ない。

    11月には20周年を記念したリパッケージアルバムの発売が控えているが、売れ行きが心配だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2029358/

    所長見解:もうね・・・
    【【悲報】浜崎あゆみ、YouTubeフルMV動画を全曲公開サービスした結果・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ