ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    no title


    韓国で、同国に駐在するハリー・ハリス(Harry Harris)米大使の口ひげが物議を醸している。

    ハリス大使は日本人の母親を持つ日系米国人で、韓国では1910~45年の日本植民地支配について現在も強い反感が残っている。

    大使の口ひげについては、当時の植民地時代の総督を思い起こさせるとの声が上がっている。

     
    ハリス大使は16日の記者会見で、口ひげは個人の好みの問題であり、批判的な人々は「歴史から都合のよい部分だけを拾い出している」と反論。

    朝鮮独立運動の闘士やその他の歴史的人物の多くも口ひげをたくわえていたと指摘し、「両国間に歴史的な反感があることは理解しているものの、私は駐韓日米大使ではなく、駐韓米大使だ」と表明した。
    https://www.afpbb.com/articles/-/3264046 



    所長見解:もうね・・・


    【【これは怖い】韓国人さん、アメリカ大使にブチ切れの理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    韓国人コメンテーターとしてテレビのワイドショーや討論番組に出演している金慶珠さん。

    彼女は一方で東海大学教養学部国際学科教授の学者でもある。

    テレビでは、韓国の事情について詳しく解説する金さんだが、どうもヒール(悪役)的な存在に思われることが多いように思える。

    いったい素顔はどんな人物なのか。直撃インタビューを試みた。


    「自分がヒール役だとはまったく気づいてなかったですね(笑)。
    普段の私は可愛げがあり、突っ込みがいのある女性と言われますよ。
    むしろ周りもそういう印象なのかと思っていましたが、バトル系の番組でヒールな感じで扱われるのはなんともショックなんです。
    私はお茶目で『乙女』なんですよ」


    開口一番、金さんの口をついて出てきたのはそんな言葉だった。


    k


    ■ 「反日」と言われて

    それにしてもなぜ金さんがモノを言うと炎上してしまうのか。

    本人はこう分析する。

    「基本的に私がどうこうという問題じゃないと思います。
    つまり、日韓関係の状況が悪いと、私が叩かれる、ということ。
    私は政治家でもないし、日韓関係の悪いところに関わっているわけでもない。
    ただ『韓国は何を思っているのか。
    何を思ってこういうことをやっているのか』ということに対して、『韓国はああなんだから変なんだからほっとけ』と言ったらそこでおしまいになっちゃうでしょう。
    そこからは何も生まれない。
    だから私に課せられた役割は、『でも実は、韓国なりの意図や彼らなりの判断があるわけですよ。
    日本から見たらおかしいと思えることでも理由はある』と解説することだと思っています。でも、そうやって解説すると、いわゆる『反日』というふうに言われるんですね」


    金さんにとって一番怖いことは、「知らないのに排除してしまう」ことだと言う。

    「もちろん、私が言ってることがすべて正しいとは思いません。
    でも一番危ないのは、知らないことではなくて、知らないけど排除してしまうことなんです。
    自らが自らの情報の中に、自らを囲おうとする風潮が怖い。
    つまり、知りたいものだけを知る、見たいものだけを見る、聞きたいことだけを聞く。
    特に今のネット時代の情報のあり方は完全にそうなっていますね。
    むしろテレビのように情報出し放題の方が、否応なしにいろんな情報を接する機会があった。
    ネット上では、自分と同じような考え方、心地いい情報に流れてしまいますよね。
    だから、自分の聞きたくない情報、それこそ『不都合な真実』に対して、『見ざる言わざる聞かざる』と言う姿勢を人々は取ってしまうのです」


    金さんは、日本人のレッテル貼りをしたがるところにも問題があると言う。

    「テレビなどに出ると、親日なのか、反日なのか、ということをよく聞かれます。
    そういう質問には一切答えなかった。
    その質問自体、非常に不愉快でしたね。
    私に『踏み絵を踏め』と言うの? 
    あなたの『反日・親日』の基準がわからないのに?
    最近は、面倒臭いのであえて『私、親日保守だけど。それで何か?』と言うんだけど、答えるたびに気持ち悪い。
    なぜ、私はそう言うことを言わなければならないのか。
    じゃあ、私が反日左派だったらどうするのか。
    そういうレッテル貼りをしたがる。
    その枠の中で相手を見る。
    きっと私は『反日、嫌われ者』、そういうマイナイスのレッテルが貼られているんだと思います」


    ■ 金儲けのためじゃない

    金さんは、9年ほど前から、芸能プロダクションホリプロの所属となった。

    「所属する時に最初に言ったんです。
    『私、日本でどうすればお金を稼げるかよくわかっています。
    それは私がテレビで韓国の批判をすればいい。
    きっと、講演などの依頼もあるでしょう。
    でも、私はそれをしない。
    それが目的ではないから』とね。
    お金儲けのためだけだったらそれでいいし、とっくの昔にやっていたと思います。
    それはヒール役よりも卑怯な役割、ジャイアンじゃなくてスネ夫とでも言いましょうか(笑)」


    「私は日本寄りでも韓国寄りでもない。
    どちらかを選べと言われても困る。
    これから100年後も1万年後も、日本と韓国は隣国同士であり続けるでしょう。
    物理的な距離というのは関係を築く上で重要な要素なんです。
    『ほっとけ、めんどくさい』ということ自体が意識してるってこと。
    本当にほっとくなら、話題にすらあげなくていいのに、本屋に行ったら、めちゃくちゃ嫌韓本があって、そういう愛憎入り乱れる、特殊な関係をお互い理解していって欲しいなと思うんですね」


    ▽ 記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい

    https://news.livedoor.com/article/detail/17659742/

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/f/af178_1413_ebf3cfe081eb7dcf1c17ff59437beb57.jpg

    所長見解:そうやろね・・・

    【【美人コメンテーター】金慶珠さん「私が嫌われるのは日韓関係が悪いからであって、私自身が嫌われているわけじゃない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    指原莉乃さん(27)、韓国人化してしまう


    no title

    所長見解:やってるね・・・

    【【悲報】指原莉乃さん(27)、これはやってる説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    みずき目指せオルチャン@mizukichi__cc33

    韓国人彼氏すてきすぎる

    可愛いと思ったらRT

    #いいねした人全員フォロー #コスメ

    https://twitter.com/mizukichi__cc33/status/1213625503942414336
     
    no title

    no title

    no title

    所長見解:もう・・・
    【【悲報】女さん「韓国男子の良さをピックアップしてみた」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お尻ふりふりダンスでKポップブームを巻き起こした「KARA」。

    先月、メンバーだったク・ハラの自殺がニュースになったが、彼女と同じく日本で活動していたジヨン(25)のほうは先月、活動の場を再び韓国に戻すと発表した。

    何かイヤなことでもあったか。

     
    ジヨンが日本に活動拠点を移したのは、KARAを脱退した2014年のこと。

    さる事情通によれば、

    「ジヨンは人気絶頂期の11年、所属事務所を給料が安いと提訴。
    韓国でトラブルを抱え、韓流ブームに沸く日本に拠点を移そうと考えたのです。
    そこに手を差し伸べたのが芸能事務所『スウィートパワー』の岡田直弓社長で、三顧の礼でジヨンを迎えました」

     
    ス社からは桐谷美玲、堀北真希、黒木メイサなどのトップ女優が輩出。

    辣腕の女性社長が率いるとあって“女性版ジャニーズ”とも呼ばれる。

    ともあれ、それから岡田社長は、周囲には異様に映るほどジヨンに入れ込んでいったという。


    テレビ局幹部が明かすには、

    「ジヨンを女優として売り出そうと考えた岡田社長は、芸名を『知英』と漢字に改め、“歌手のイメージが強い元KARAという肩書きは使わないように”とお達しを出した。
    ところがやがて韓流ブームは下火に。
    『知英』の名は浸透しませんでした」


    j


    愛ゆえの漫画と小説

    それでも岡田社長は主力の桐谷や堀北をバーターにまでして、ジヨンをドラマに売り込んでいった。

    「ジヨンがいる現場には、ほぼ常に岡田社長の姿がありました。
    ロケにも付いてきて同じホテルの部屋に泊まるほど。
    16年には世田谷の一等地に寮まで建設し、同居を始めました」(同)

    とはいえ、なかなか仕事は増えないまま。


    すると、

    「社長の八つ当たりが始まったのです。
    “桐谷よりジヨンの仕事を取ってこい!”と。
    そのため生え抜きの社員は愛想を尽かして次々と辞めていきました。
    が、社長はめげることなく、自らジヨンを主人公にした漫画や小説を書き始めたのです。
    それらを懇意の出版社に頼んで『清智英』というペンネームで出版。
    強引に映画会社を巻き込み、ジヨン主役の映画も製作した」(同)

     
    そこから生まれた作品が「私の人生なのに」「レオン」「どすこい! すけひら」だ、と言われてもピンとこないのは無理もない。

    岡田社長がツテを駆使して“ウルトラC”で実現させた映画だからだ。

     
    すると、あろうことか当のジヨンが態度を変える。

    「今年7月、社長がいない隙に夜逃げ同然で韓国へ帰ってしまった」(同)

    そして先月2日には韓国の芸能事務所「キーイースト」と専属契約したことを公表。

    いやはや、岡田社長の寵愛が重すぎたか。

     
    ス社の広報担当者は、

    「(社長が)同じ部屋に泊まったことなどない。
    7月に帰国後も来日しており、今も業務提携している」

    と“円満退社”を主張するが……。

     
    愛は対馬海峡を越え、再び相手に届くだろうか。


    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200102-00600667-shincho-000-1-view.jpg


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200102-00600667-shincho-ent

    所長見解:そうなんや・・・

    【【悲報】元「KARA」知英(ジヨン)さん、夜逃げってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ