離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの泰葉(56)が15日、自身のブログを更新。
    2007年に離婚した元夫で落語家の春風亭小朝(62)と、歌手の和田アキ子(67)に対して起こす意向を表明していた民事訴訟を「辞退」することを明かした。

    y


    「提訴辞退のご報告」と題した書き込みで泰葉は「私、泰葉はこの度の告発について次のような結論に達しました。どなたの提訴もいたしません」とし、提訴「辞退」の理由として、「小朝様に関しては20年もの虐待に耐えうる文化芸能財産を私はいただきました。私の人生の遺産です。虐待は別としても年月に後悔はありません。そして、このブログで真実を述べました。ご理解いただき、それで充分です。ファンの皆様は何より私の笑顔幸せを願っていることにも気づきました」と説明。

    「今後は天職の音楽、そして古典芸能に邁進いたします」「泰葉、頑張ります!」とつづっている。

    泰葉は今月2日、都内のホテルで会見。
    小朝と和田に対して民事訴訟を起こす意向を表明していた。
    小朝に対しては約20年間の結婚生活で虐待を受けたとした。
    和田に対しては、今年4月24日に泰葉が小朝の虐待についてブログで“告発”を掲載した後、和田がラジオ番組で「どうしたの」などと泰葉を否定する言葉を公に発言しているとして、「明らかに営業妨害です」と主張していた。

    泰葉はすでにブログでタレント活動休止を発表。
    マスコミ各社にファクスを送付し、「タレント活動に終止符を打つことになりました」と改めてコメントを発表していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000173-sph-ent 
    スポーツ報知 


    所長見解:どうしたんでしょうね・・・
    【【終決?】泰葉、小朝と和田アキ子提訴を“辞退”ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    都内の閑静な住宅街の一角に佇む、レンガ調の一戸建て。
    黒い重厚な鉄製の門の奥には、手入れされた木々が生い茂る中庭が広がっている。
    敷地面積は約180坪、土地建物合わせて6億円ともいわれるその豪邸は、南果歩(53才)と渡辺謙(57才)夫婦の自宅だ。
    だが、ハリウッドで最も成功した日本人俳優が暮らすのにふさわしい瀟洒な邸宅は今、ほとんどの窓のシャッターが閉め切られたまま。
    そして──。

    w


    発端は3月末の『週刊文春』の報道だった。
    渡辺とジュエリーデザイナー・A子さん(36才)がニューヨークで密会する姿が写真付きでスクープされたのだ。
    ふたりの交際期間は3年近くに及ぶという。

    「報道後、謙さんは果歩さんにいきさつを包み隠さず話したそうです。
    ただ、果歩さんのショックはかなりのものでした。
    浮気や遊びと言い訳できるレベルではなく『本気不倫』でしたから。
    しかも昨年、乳がんの手術を受け闘病中の果歩さんに、謙さんは寄り添う姿を見せていたにもかかわらず…ですから。
    果歩さんは3か月近く経った今も全然心の整理がついていないみたいです。
    ふと考えてしまい、気づいたら何時間も過ぎているというようなことがあるそうです」(芸能関係者)

    冒頭の自宅は、2015年末に建てられたばかりの新築で南の母親も同居していた。
    しかし、そこから渡辺の姿は忽然と消えていた。

    「あれだけの不倫が報じられて、義理のお母さんと一つ屋根の下っていうのは正直つらいでしょう。
    仕事のかねあいもあるんでしょうが、謙さんは今はホテル住まいを続けているんです」(渡辺の知人)

    5月下旬、ふたりの新居から数箱の段ボールが運び出されていた。
    南は在宅していたが外には出て来ず、女性の関係者が荷物をタクシーに積み込む。
    そして警戒した様子で回り道を繰り返しながら走り去って行った。

    「生活に必要なものが段ボールに詰められて、謙さんに届けられたようです。
    果歩さんとしては謙さんの身の回りのものをたたき出してやりたいような気分にもなるでしょう」(前出・芸能関係者)

    つづく

    週刊ポスト
    http://www.news-postseven.com/archives/20170614_564161.html

    【【ラストサムライ】渡辺謙、不倫報道で6億円自宅から荷物たたき出されるってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ