ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの松居一代(60)が今年4月、船越に宛てた手紙の中で、謝罪の言葉を綴っていたことが、「週刊文春」の取材により判明した。

    m


    〈私の全細胞60兆の細胞で猛省してきました。本当に申し訳なかったです。
    (中略)私を妻としてくれたあなたに対して私は、いたらない妻でした〉

    現在はブログや動画で船越を攻撃し続ける松居だが、なぜ反省の弁を記したのか。
    船越家の知人は語る。

    「長年にわたるDVや暴言だけではありません。
    船越さんに『夫婦仲は修復不可能』と確信させた前年の事件について、彼女はひたすら謝っているのです。
    しかし船越さんが謝罪を受け入れず離婚が不可避と知ったため、彼女は先手を打つ意味で暴露を始めたのです」

    “前年の事件”とは、2015年10月、松居の自著「松居一代の開運生活」(アスコム)の出版会見でのこと。
    松居は約2週間前に亡くなった川島なお美さんと、結婚前の船越が交際していたことを暴露し、船越の逆鱗に触れたのだ。

    報道で発言を知った船越からの電話に松居は「私じゃないわよ」と涙ながらに釈明。
    しかし電話を切った途端に舌を出しておどけてみせたという。

    「週刊文春」7月13日発売号では、その後2人の間で交わされた激しい口論や、松居が船越の両親の位牌を投げ捨てた衝撃的な事件、そして「恐怖のノート」の中身までを詳報。
    起伏に富んだ松居の半生を明らかにしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170712-00003292-bunshun-ent


    所長見解:そりゃ離婚だね・・・
    【【ブルゾンかずよ】松居一代が船越英一郎へ宛てた“謝罪文”を入手ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月5日、俳優の船越英一郎が妻でタレントの松居一代に対し離婚調停を申し立てていることがわかった。

    f


    連日のように松居からネット上で口撃を受けながらも対照的に沈黙を続けている船越。
    そんな、最近の彼の様子を、長年の友人でこれまでも何かと相談を受けていたB氏が明かしてくれた。

    「あんなに言われていますが、離婚の決心がついたからか、とても落ち着いていましたよ。体調も元気そうでした。
    松居さんから一方的に言われていることについてどう思っているのかを船越さんに聞いたら、“本当は自分が出ていって話すべきなんだろうけど、今、僕が話すと彼女がまた燃え上がっちゃうからね”っておっしゃってました。
    彼女の気持ちを荒らげちゃいけないっていう、思いやりでしょうね」

    船越が離婚の決心を固めたのは、ある2つの出来事が起こったからだ。

    「'15年に松居さんが著書の出版会見で、2週間前に亡くなった川島なお美さんと船越さんが過去に交際していたことを突然、暴露したんです。
    さすがに亡くなった人を自分の商売に利用したことに“怒りを通りこしてあきれた”とおっしゃっていましたね。
    それでも、川島さんの遺族にも迷惑がかかるし、“もう、そんなことするな”と怒ったんです」

    その数日後、船越の住むマンションの玄関前に、突然、仏壇が置かれていたという。

    「あの仏壇はひとりで運べるような重さじゃないですよ。
    しかも隣には、まるで捨てたかのように船越さんのお父さん、お母さん、妹さんの3つの位牌が逆さになって入れられた紙袋が置かれていたんです。
    携帯の写真を見せながら私に話してくれましたが、とても悲しそうに話していたのを忘れません。
    彼女がさみしがり屋だからという気遣いと何か仕返しされるという怖さからなかなか離婚を決断できなかった。
    でも、これらの出来事で腹を決めたんです」

    その後、船越から離婚の話し合いを何度も提案したが、実現しなかった。
    しかたなく、今年6月に家庭裁判所へ離婚調停の申し立てをしたのだ。

    「彼は“もう(松居に)さんざん言われ続けているので、ゼロからマイナスになっているけど、しょうがない”って話してました。
    芸能人として人気を失ってもしかたがないって思っているんでしょう。
    それくらいの覚悟で離婚しようと決めているんです。
    でも、彼に非はないし、私は絶対に世間やファンの方々はわかってくれると思っています」

    B氏は船越の固い決意をそう代弁する。
    今後、ドロ沼の離婚裁判になったら、どれくらいの期間争うことになるのだろうか? 
    離婚裁判に詳しい『弁護士法人・響』の徳原聖雨弁護士に話を聞いた。

    「離婚調停が不調に終われば家庭裁判所に申し立て、訴訟を起こすことになります。
    例えば、そこで離婚が認められても松居さんが納得できなかった場合、控訴して高等裁判所での裁判となります。

    それでも同じような判決が出た場合に最高裁判所に申し立てできるかというと、そうでもなく、上告する条件が必要です。
    最高裁は憲法違反を含む案件など、限定的なケースを扱います。
    今回は最高裁が受け入れるまでの要件はないと思いますね。
    高等裁判所止まりでしょう。
    ですので、地裁で1年、高等裁判所で1年、合計2年。
    長いと3年くらいかかる可能性があります」

    両者にとって安寧の日が来るのは先になりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170711-00010101-jprime-ent


    所長見解:早く離婚したほうがいいね・・・
    【【これは恐ろしや】船越英一郎、松居一代との離婚を決意した理由を親友B氏が語る「彼を変えた2つの出来事」 マンションの玄関前に仏壇が…ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    焼けぼっくいに火がつく――。
    一度焼けて炭化した杭は、再び火がつきやすいというが、この元夫婦は“炭化”するほど、熱く燃える仲だったのだろうか。
    芸能プロ関係者が言う。
    「高島礼子(52)と高知東生(52)の元夫婦が、どうやら“復縁”したみたいなんです。正式に再婚したわけではないですが、事実上、夫婦の関係は以前のような状態に戻っているそうです」

    t


    1999年2月に結婚した高島と高知は、2016年8月1日、離婚を発表。

    理由は、高知が違法薬物の容疑で逮捕されたことだ。
    「高知は昨年6月24日、横浜のホテルで、愛人とともに薬物所持で逮捕されました。
    同年9月には懲役2年・執行猶予4年の判決が出ています」(女性誌記者)

    高知は15年6月、「義父(高島の父)の介護に専念する」と芸能界を引退したが、介護はそこそこに、16年5月に横浜でエステ店をオープン。
    現在、同店は東京・恵比寿にも支店を出しており、高知は今も代表取締役を務めている。「高知は現在、そのエステ関連の仕事を中心に動いているようです。
    横浜には彼のタニマチもいるそうで、仕事関係者とサーフィンをしたり、飲食店にいる姿が目撃されています」(前同)

    前出の芸能プロ関係者は、「先日、週刊文春でも報じられましたが、高知は湘南のバーで高島に対する感謝を述べ、“今でも助けてもらっている”と話し、“今度、礼子も連れてくるから”と言っていたといいます。
    2人は、共同で購入し、現在は高島の家となった世田谷区の豪邸ではなく、横浜で会っているようです。高知の店も高島の実家も横浜ですからね。
    高島も世田谷には住んでいないはず」と発言。
    本誌も世田谷の高島の家を訪ねたが、確かに人の気配はなかった。

    「高島は、高知が捕まった際の謝罪会見でも、“妻としての責任がある”と語っていましたが、そもそも本人には離婚するつもりがなかったといいます。
    “芸能活動のマイナスになる”と周囲から強く言われ、離婚を決意したんですが、何を言われようと高知が好きだったんでしょうね」(前同)

    https://taishu.jp/detail/28491/


    所長見解:浮気されてたのに・・・
    【【これはびっくり】高島礼子、離婚した高知東生と復縁していたってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優で夫の船越英一郎(56)と泥沼離婚劇の渦中にある松居一代(60)が11日、自身のブログを更新した。

    m


    松居は「3日ぶりに寝たよ」のタイトルで記事をアップし、「ゆうべは、3日ぶりに、寝た 倒れるように、5時間眠ったもう…限界だった」と心身ともに疲労困憊している様子をにじませた。
    YouTubeなどで船越を糾弾してきた松居だが「不倫に怒っているんじゃないよ 未練なんか、微塵もありません」とキッパリ。
    続けて「この戦いは、夫婦の問題じゃないんですよ ただの、夫婦げんかでは、ないんですよ」とつづり、「芸能界の恐ろしさ 39年間身を置かせていただいた この、芸能界の恐ろしさに立ち上がっているんです 私は、たった、一人の自分の事務所です」と訴えた。

    さらに「あたしは、身体も鍛えてきた 100才まで、健康で生き抜くために身体は、十分に気遣ってきた だから…多少のことではヘコタレませんよ」と徹底抗戦の構えを見せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000108-sph-ent 
    スポーツ報知 


    所長見解:なんか変わってきてるね・・・
    【【これは恐ろしい】3日ぶりに眠った松居一代「不倫に怒っているんじゃない」敵は「芸能界の恐ろしさ…」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《わ、わたしはとんでも無いものを見てしまったんですよ》

    俳優の船越英一郎が妻でタレントの松居一代に対し離婚調停を申し立てていることがわかったのが7月5日。
    翌日に発売された『週刊文春』と『女性セブン』が、夫婦が調停に至るまでの経緯を報じている。

    「船越サイドは、松居からのDVで結婚生活が続けられないと主張。
    一方の松居側は、不倫を疑ったうえ、動画サイトなどで夫のプライベートを暴露。
    まさに泥仕合の様相を呈しています」(ワイドショー関係者)

    m


    そもそもの始まりは、6月27日付で更新された彼女のブログ。
    『恐怖の告白』と題し、サスペンスドラマ顔負けのおどろおどろしい言葉が並んでいた。

    《とにかく、逃げないと……いけなくなったのよ。その、恐怖のノートだけを握りしめて(中略)
    そのノートによってそれまでの怖い、奇妙な事件がすべて、結び付いたのよ》

    さらに、ブログの中で4月22日の早朝に自殺しようとしていたことを明かし、そのときに
    『恐怖のノート』を見つけたと綴っている。

    「7月4日にYouTubeに公開した『船越英一郎 裏の顔』という動画でも、松居は2冊のノートを持って、“船越英一郎のノートです”と強調している。

    そのうえ、“私の財産を、女と一緒に奪い取ろうとしていることまで書いてありました”と、夫の陰謀説まで唱えているんです。
    ですが、ノートの中身はわからないままなので、実際に何が書いてあるかは非常に興味がありますね」(スポーツ紙記者)

    動画の中でもノートの中は一瞬しか映っておらず、内容まで確認するのは難しいのだが……。

    「私はそのノートを実際に見せてもらいました」

    そう話すのは、松居と現在も親交のあるA氏。
    ノートを発見した状況も彼女から克明に説明されたという。

    「夫婦関係に悩み、自殺しようと睡眠薬を持って船越さんの住むマンションに行ったそうです。
    遺書をポストに入れて部屋に入り、何気なく引き出しを開けたらノートが目に入ったそうです」

    このマンションは、'11年4月に3億円とも言われる都内の自宅から、徒歩1分のところに船越が購入したもの。
    松居はマスコミに対して「夫の支度部屋」と答えていたが、主に彼はこのマンションで生活していた。

    「白い表紙は'15年4月から翌年3月までのスケジュール帳で、青いB5のキャンパスノートは落書き帳のようなものです。
    松居さんによれば、筆跡は間違いなく船越さんのもの。

    そして、キャンパスノートの1ページ目に、彼の人生設計なのか、プライベートな目標が箇条書きで記されていたとか。

    その中に、“子作り”“別れる”と書かれており、それを目にした彼女は、“死んでられるか!”と思い、ノートを持ってマンションを飛び出したんです」

    その日から車での放浪生活が始まったのだが、その間、ノートは貸し金庫に預けるなど厳重に保管していた。

    「落ち着いてからスケジュール帳を見ると、松居さんとも親しい女性の名前の頭文字がアルファベットで “○来日”なんて書いてありました。

    また、後ろのページにあるメモ帳のところには、離婚準備なのか《DVの診断書》《●●(有名弁護士の実名)を雇う》とまで記されていたんです、彼女は離婚についてはしかたないと思っているところもあったんです。

    でも、彼がほかの女性と一緒になるために、離婚準備をしていたことが本当に許せなかった」

    夫への愛情が怒りに変わったとき、それは想像を絶するパワーになる。
    ブログや動画での夫への口撃や追及の手が休まることはなさそうだ。


    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170710-00010100-jprime-ent


    所長見解:まさに泥沼化・・・
    【【フナノート】松居一代が持つ船越英一郎の「恐怖のノート」全容を目撃したAさんの話ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ