ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《3年近くお付き合いさせて頂いていた方と結婚しました》

    花田美恵子さん(50)が、13歳年下の日本人男性との電撃結婚を発表したのは、50歳の誕生日を目前にした2018年12月のこと。

    女性誌はいっせいに彼女を取り上げた。

    2019年5月に出したヨガ本の発売イベントでも、笑顔で「週末婚を楽しんでいる」と、のろけている。

    そして新たな結婚後も、最初の夫・花田虎上氏(48)の「花田姓」を名乗りつづけることについて、こう話していた。

    《離婚に向けた話し合いの時に決めました。前の夫も『別にいいんじゃない?』と言ってくれたので、とくに問題もなく》(ウェブマガジン『ミモレ』6月22日)

    人生の再スタートは、順風満帆らしい。

    m


    だが、美恵子さんを知るハワイの観光業関係者は、“再婚” に驚きを隠さない。

    「今回の結婚を、『2回め』『再婚』と公言したことに驚きました。
    実際には、これが『3度めの結婚』なんですよ」

    2009年にハワイに渡った美恵子さんに何があったのか。

    「美恵子さんがX氏と結婚したのは、移住後しばらくしてのことでした。
    X氏はハワイ在住の日本人男性で、美恵子さんより年下。
    しかし、なぜか2人は結婚を周囲に明かしませんでした」
    (前出・観光業関係者)

    美恵子さんは読者モデルから、日本航空のCAを経て、1994年に人気力士だった虎上氏(当時は大関・若ノ花)と結婚。

    その後、5年間の別居を経て、2007年に離婚すると、2009年に4人の子供たちとハワイに移住した。

    そして虎上氏からの養育費と貯金をやりくりしながら、再婚はせずに女手ひとつで子供を育て上げた--。

    それがこれまでの “定説” だ。

    彼女の半生は、「ママタレ人気」を形作る重要な要素でもあった。

    だが、彼女はシングルマザーではなくなっていたのだ。

    「2人は共同でセレクトショップを出そうとしていました。
    ワイキキ周辺で物件探しも進めていた」(同前)

    2010年には、美恵子さんが社長、X氏が取締役を務める会社をハワイ州で設立。

    ところが出店計画は頓挫し、X氏との結婚生活も、4年で終局を迎える。

    半年にわたる裁判を経て、離婚が成立したのは、2014年のクリスマスイブのことだった。

    「アパレル関係の仕事をしていたX氏は、自分の店を持つのが夢でした。
    だから美恵子さんは妻であると同時に、出資者的な立場だったようです。
    一方、美恵子さんはシングルマザーで移住したばかり。
    結婚することで、子供たちのために安定した立場を築きたかったのでしょう」(同前)

    6月下旬、日本に一時帰国中の彼女に話を聞いた。

    --(公表していない)Xさんとの結婚について、お伺いしてもいいでしょうか。

    「ちょっとお答えしたくないんですよ。大人の事情なので」

    --今のご主人は、Xさんとの結婚をご存じですか?

    「知ってます。でも(2人は)知り合いではないです」

    --花田虎上さんは?

    「それはまったく……(知らせてないです)。とにかくこの件は、ノーコメントなんです」

     
    美恵子さんが育てた4人の子供は、もちろん虎上氏の子供でもある。

    その元夫に、再婚を知らせていなかったとは。

    虎上氏にも話を聞いた。

    「(X氏との再婚を)取材で初めて知り、驚いています」

    美恵子さんが再婚していた間も、もちろん虎上氏は子供たちの養育費は支払っていたという。

    「再婚については知りませんでしたが、養育費については僕と子供たちとの接点でもあり、また、子供たちの父親としての精いっぱいの誠意だと思っていますから。
    また、今回の(13歳年下男性との)結婚についても、報道で知りました。
    その際、花田という名前を名乗ることについて、こちらが快諾したような話もありましたが、そのような事実はありません。
    (2007年の)離婚から1週間後、『花田の姓は返す』という連絡がありましたが、以後、直接の連絡はないんです」

    美恵子さん、やっぱり連絡くらいはしておいたほうがよろしいかと!


    週刊FLASH 
    https://smart-flash.jp/showbiz/73893

    本誌直撃時の美恵子さん

    画像①

    所長見解:写真・・・

    【【極秘】花田美恵子さん、花田虎上も知らない秘密の離婚歴がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近の西山さんは周囲に『もう疲れた……』と漏らしていました。
    早乙女さんは仕事人間で育児に積極的なタイプではありませんでした。
    彼女は仕事に育児に家事と孤軍奮闘する日々で、心身ともに限界だったようです」(西山の知人)

    6月26日に早乙女太一(27)との離婚を発表した西山茉希(33)。

    2人は13年6月に結婚。

    同年10月に長女(5)、16年に次女(3)が誕生したが、結婚生活に6年間でピリオドを打った。


    s


    結婚前から“波瀾万丈”な2人ではあった。

    12年5月、本誌は早乙女の“路上DV騒動”をスクープ。

    深夜、早乙女が路上で激高し、地面に押し倒された西山は泣いてその場を立ち去ったのだ。

    後日、早乙女は謝罪会見を開き同棲していることを告白。

    翌年4月に2人は結婚と妊娠を発表した。

    近年、西山は出演番組で“元夫のグチ”をこぼすことも多かった。

    テレビ局関係者の談。

    「西山さんは『食材とか生活用品は全部自分で買っている』と夫婦の財布が別々と公言。『うるさく言うと、理解されずにけんかになるのが嫌』とも話していました。
    長女出産後、早乙女さんが公演日と偽って1人で遊園地に行っていた日は大げんかの末、『出産後、初めてしっかり泣いた』と暴露。
    今春の番組でも、会食に行くと何時に帰るかわからない早乙女さんに対して『私よく考えたけど、あなたのこと何も知らないわ』と突き放したと話していました」

    夫妻の知人も言う。

    「昨秋、友人俳優の誕生会でも彼は朝まで飲み明かしていましたね。
    そのまま仕事に行き、帰宅したのは夜だったといいます。
    彼は在宅の日も子供の面倒よりゲームに熱中。
    彼女が仕事で留守にする日も、彼の母親を呼んで子守りを任せ飲みに行ってしまうことがあり、彼女は悩んでいました。
    父親になっても自分のやりたいことが最優先の夫と言い争うようになり、離婚を決めたそうです」

    だが、早乙女の知人は、彼の心情をこう代弁する。

    「実は早乙女さんは15年に解散した『劇団朱雀』の復活が悲願で、自分の稼ぎの多くをそこに投資し全力で動いていました。
    今秋、復活公演がかなった矢先の離婚でした。
    生活費すべてを奥さんが出していたわけではありません。
    家長として家賃は彼が出していると聞いています。
    ただ、このご時世、父親として家族ともっと密にコミュニケーションをとるべきでしたね……」

    離婚発表の書面で2人は《大切な子供達の笑顔を、父親と母親として守っていきます》とコメント。

    シングルマザーとして茨の再出発となる西山だが、離婚後の今も同居を続けているという。

    「子供たちがまだ小さいので生活環境をすぐに変えることは避け、当面は“パートナー”として一緒に生活するようです」(西山の知人)

    自宅“居座り”で早乙女に「父親の自覚」は芽生えるか――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00010000-jisin-ent

    所長見解:なんで・・・
    【【何これ怖い】早乙女太一さん、西山茉希と離婚後も同居の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    このたび、夫人との離婚成立が明るみに出たビートたけし(72)。

    かねてより存在が報じられていた18歳年下の愛人との「老いらくの恋」に、周囲は困惑を隠せない。

    国民的スターのカネをめぐり、こんな“実害”も生じているのだ。

    t


    東京・銀座の、とある喫茶店。

    店を取り仕切る老婦人とたけしは長年の付き合いがあり、店内にはたけし直筆の絵が何枚も飾られている。

    ところが最近になり、たけしの所属事務所「T.Nゴン」から、絵を引き揚げると告げられたという。

    「たけしさん自身に思うところはないんですが……。勘弁してください」

    老婦人はこう語るのみだが、たけしを知る芸能関係者は “愛人が、絵を売って金にしようとしているんです” と解説する。

    「3年前、銀座の老舗デパート『松屋』でたけしさんの個展が開かれ、絵の価値が上がったから、売り時と考えているんだそうです。
    たけしさんもその気になって、『描いた絵を全部売れば数十億円になる』と豪語しているとか」

    さらに、テレビ出演のギャラをめぐっても、愛人の影が垣間見える。

    現在、1本300万円程度が相場とされるたけしのギャラだが、「昨年の独立後、それを1・5倍にするよう要求してきた。
    愛人の意向としか思えないが、『テレビ不況』が長引いているなか、到底飲むことはできない。
    『これまでうちの番組ではこの額でやってきていただいていますし……』と言って、何とか要求をはぐらかしています」(民放キー局の社員)

    背景には、100億円とも200億円とも言われるたけしの財産を、離婚協議で夫人が勝ち取ったことがあるという。

    「今後たけしに稼いでもらわないと愛人にとっての旨みはなくなってしまう。
    だから、ギャラの引き上げや、絵の売却を進めているんでしょう。
    周囲の人は皆、彼女に振り回されるたけしを心配しつつも、聞く耳を持たない彼に誰も直言できず困っているようです」(芸能記者)

    たけし側は、週刊新潮の指摘を〈事実に反する内容〉と否定するが……。

    ヘアメイクやスタイリストなど、長年連れ添ってきたスタッフたちが、次々とたけしの元を去って行っているとの証言もある。

    国民的スターが汚す晩節。

    6月20日発売の週刊新潮で事態を詳しく報じる。


    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/06191700/?all=1

    所長見解:もうね・・・

    【【悲報】 ビートたけしの愛人さん、たけし絵画売却にギャラ1.5倍要求の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 松坂大輔「年内離婚」か……浪費妻がボストンで「教育費払えない」と悲鳴!?

    中日ドラゴンズ・松坂大輔投手と元日本テレビアナウンサー・柴田倫世さんが年内に離婚するのではないかと話題だ。

    16日放送のTBS系『アッコにおまかせ!』では、ビートたけしの熟年離婚を予言していた記者による、新たな極秘スクープを紹介。

    それによれば、長らく別居していた“元人気女子アナ”と“プロ野球選手”の夫婦が離婚危機だという。


    r


    「ネット上では、長らく別居している松坂夫妻のことと見る向きが圧倒的。
    倫世夫人は、松坂がレッドソックスでのメジャー生活を終えても、全米屈指の学術都市であるボストンに居残り、3人の子どもに英才教育を受けさせている。
    年間数千万円に上る学費や習い事のほか、ブランド品に囲まれたセレブ生活を送っていると言われており、松坂の年俸が1,500万円まで下がった昨年には、野球ファンから『子どもの教育費、払えるのか?』と心配する声が相次ぎました」(記者)

    今年は、推定年俸8,000万円と、昨年に比べれば大幅アップした松坂だが、先月には練習の“サボり”が発覚。

    これを報じた「フライデー」(講談社)は、負傷した右肩のリハビリを理由に練習を休んでいた松坂が、練習日に日本テレビ・上重聡アナウンサーらとゴルフを楽しむ様子を掲載。

    これを受け、中日球団は松坂にペナルティーを与えたと発表した。

    「ネガティブな報道が続く松坂を、『子どものためにならない』と倫世夫人が見限った可能性はありそう。
    それでなくても、近年は帰国して夫の体調管理をしない倫世さんへの風当たりは強いですから……」(同)

    野球ファンから「ダメ妻」「わがまま」などと批判されてきた倫世夫人。

    単身赴任で復活をかける松坂に、三行半を突きつけてしまうのだろうか?


    https://entamega.com/18899

    所長見解:もうええやん・・・
    【【離婚へ】松坂大輔、アメリカに残るセレブ妻に見限られた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの熊田曜子(37)が18日までに自身のインスタグラムを更新。

    夕食のメニューを写真付きで公開したが、またも家族に食べてもらえなかったことを明かした。

    point_shock_woman


    【写真】食べてもらえなかった食事 

     画像①

     
    熊田は「ふるさと納税の返礼品で頂いた牛肉」を使い、「牛肉のしぐれ煮 冷やしトマトのマリネ 枝豆 とうもろこし 蒸かしさつまいも コーンスープ じゃがいもチーズ焼き オレンジ」という夕食を公開。

    「次女はモリモリ食べてくれたよ 長女からは『お魚が良かった~』って言われちゃったから明日はお魚にしよう」と子供たちの様子を明かした。


    その後にストーリー機能を更新し「昨日の夕食も食べてもらえず 今夜は会食があるみたいだから この料理をどうにかしないと」とつづり、ラップをかけた料理の写真を投稿。

    続けて「牛丼にリメイク料理」と残ったおかずを使って牛丼を作ったことを明かした。

    熊田は過去のインスタでも「朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに」などと吐露し、ネット上で「かわいそう」と同情の声が集まっていた。

    今回の投稿にも「熊田曜子のインスタ、今日もまたモラハラ旦那に関するストーリー上がっててつらい」との声が上がっている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000100-sph-ent

    所長見解:なんやろね・・・
    【【これはつらい】熊田曜子さん、手料理を食べてもらえず離婚か・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ