ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年9月に不動産会社経営の男性との結婚を発表したタレントの加藤紗里(29)が10日、離婚していたことがわかった。

     
    加藤は10日自身のYouTubeチャンネルで「別居騒動の真相!!実は・・・」と題した動画を投稿。

    スタッフから「離婚していたんですか?」と聞かれた加藤は「言わないといけない法律ってある?
    隠していたつもりはなかった。
    いろんな殿方とデートをしているから察してくれていると思った」と答えた。

    s


    加藤は昨年11月23日のブログで、「9月に一般男性と入籍しました。

    (中略)厳しいお言葉たくさんあると思いますが、幸せはお金で買えると思っています。
    やっぱり紗里にだって愛はあるけど、、、
    愛だけでは成り立たないこともたくさんあるなと現実問題思います」(原文ママ)と投稿し、ハリーウィンストンの婚約指輪とダイヤモンドの結婚指輪の写真と共に結婚を報告した。

     
    ブログには祝福の声が届く一方で、「『幸せはお金で買える』と書いてありましたが・・・・
    お金では買えないんですよ?
    様々な苦難を乗り越えて、そして努力してこそ掴むんですよ!」や「お金稼げなきゃクズ?あなた自身にそんな事言える価値があるとは思えません」といった批判的な声も殺到した。

     
    そうした声に対し加藤は、「お金と結婚したとかゆって最低だとかゆってくる人たちいるけどーーー。
    ぶっちゃけそうゆうことゆう人て自分が裕福ぢゃないからでしょ??
    悔しければ稼げばいいのよ」、「正直男で稼げないならクズだと思います。
    女はね、お腹を痛めて子供を産んだりするの。
    男はお金さえ払えばいい話し。
    男なら家族のため、死に物狂いで働くの」と持論を展開した。

     
    その言葉通り、離婚の理由は“お金”だったようだ。

     
    10日に投稿された動画で、加藤は「5月から(前夫と)付き合って、結婚するまでの3カ月間で1億円以上を使わせた。
    そしたら向こうの経営が傾いちゃって。
    そんなもんで傾く男いらないでしょ。
    『金がない男に興味はない』とずっと言っている。
    だから興味ないなと思って離婚した」と語った。

     
    結婚後の生活についても「9月に籍を入れた一週間後には別居してますよ」と話した。

     
    またつい先日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を訪れ、人気キャラクターの「ミニオン」にキスマークをつけた写真をインスタグラムに投稿。

    その画像がきっかけで、ネット上では「ミニオンがかわいそう。口紅のあと汚いです」、「有名人か知りませんが、大人ならご自身の行為でクルーの方やキャストやゲストに迷惑かかるって考えてくださいねぇ」などと批判が殺到した。

     
    炎上騒ぎに発展したが、USJに同行したのは離婚した不動産会社経営の男性ではなく、現在恋人関係にある男性だったことも告白。

    「彼は新しい殿方。再婚してないだけ。新婚旅行、デートであってるよ。気持ち的には」と話した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200109-00000063-sasahi-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200109-00000063-sasahi-ent&p=2

    所長見解:しぶといね・・・
    【【始祖鳥】加藤紗里さん、超スピード離婚ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「予想どおりだった」

    業界関係者の多くがそう語っていた木下優樹菜・フジモン夫婦の離婚。

    すでに1年以上も前から別居していて、本人たちは直接関係性はないとしていたが、あの『タピオカ騒動』以来、彼らの離婚は時間の問題だと見られていた。

    そんななかで明らかになった離婚だが、所属事務所はすでに木下の芸能活動休止を発表しており、今後の生活がどうなるのか懸念する声も聞かれる。

    今後、復帰するとしても、テレビ出演のハードルはかなり高くなるという。

    「ママタレとして芸能活動するのはもう無理でしょう。
    後藤真希さんもそうでしたが、支持層のママたちがそっぽを向いてしまいましたから。
    スポンサーも彼女の起用をよしとしないでしょうし、どんな形であろうとテレビ出演したら叩かれるのははっきりしています」(テレビ局関係者)


    y


    元夫・藤本敏史の“金銭的サポート”も

    ところが近年のテレビ界では、『しくじり先生』(テレビ朝日系)や『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)といった、“騒動の当事者をあえて出演させ視聴者の興味をひく”番組もよく見受けられる。

    過去に起こした不祥事や遭遇した災難をネタにして、番組内で反省や謝罪、また心情を吐露してもらうことで禊(みそぎ)をすませたり、過去を清算してもらおうという狙いなのだろう。

    特に最近はそのスパンが短くなっているようで、昨年5月に不倫が報じられた原田龍二はすでにその年の大みそかの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)に出演、『アパ不倫』でおなじみ袴田吉彦とともに登場し、笑いを誘った。


    それでいえば、例にもれず木下優樹菜も“かっこうの的”だ。

    ただ、木下の場合はまだ現在進行形の騒動であり、原田のように笑いに変えることができる話ではない。

    一歩間違えると番組サイドも非難を浴びかねないのでオファーには消極的になっているのが現状だ。

    しかし、実の彼女はというと……。

    「木下さんはテレビに出演する気などさらさらないようです。
    それよりもテレビに出ることで当時ブログなどで顔出しをしていたお子さんに被害が出ることをいちばん懸念しているみたいです。
    本人も出れば必ず叩かれるとわかっていますので、あえてそんな危険は冒さないでしょう。
    イメージ回復は難しいですから、生活費に関しては藤本さんもサポートするのでそこまで不安はないでしょう。
    ですから、このまま芸能界から消える可能性もありえますね」(芸能プロ関係者)


    せっかく築き上げた“ユッキーナブランド”を一瞬の的外れな正義感で失ってしまうなんて、芸能界はなんとも落とし穴の多いところである。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17637684/

    所長見解:そやね・・・


    【【あの人は今】木下優樹菜さん「テレビに出る気はさらさらない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年末にFUJIWARA・藤本敏史との離婚を発表した木下優樹菜。

    一部週刊誌は、子どもの教育方針をめぐる衝突などが原因と報じているが、ネット上では木下の不倫疑惑が浮上している。


    話題となっているのは、昨年7月10日の木下のインタグラム。

    木下は、長女とのツーショット写真と共に、長女へのメッセージと思しき文章を投稿。

    これを“縦読み”すると、なんと「たかしあいしてる」になるというのだ。

    その投稿が以下(改行は原文ママ。「<ハート>」はハートの絵文字)。


    たいへんだけど… かわいぃから
    しかたなぃよね<ハート>イーッパイ
    あそびまくって
    いっぱいねて
    しんどいくらい喧嘩してでも、
    てをつないで、寝て
    る<ハート>
    ずーーっと<ハート> この繰り返し


    確かに、1行目の「かわいぃから」の前に改行を加えると、「たかしあいしてる」に。

    「喧嘩」が漢字にもかかわらず、「あそびまくって」や「てをつないで」が平仮名である点にも違和感を覚える。

     
    また、「イーッパイ」「ずーっと<ハート>」が縦読みに入るとすれば、「たかしイーッパイあいしてる ずーっと<ハート>」と解釈するべきかもしれない。


    「木下を担当するヘアスタイリストの名前が偶然にも“たかし”であるため、ネット上ではただならぬ関係を疑う声も。
    こんな騒動に巻き込まれて、ヘアスタイリストのたかしさんもいい迷惑でしょうね」(記者)


    no title
    https://entamega.com/29986 



    所長見解:もうね・・・


    【【悲報】木下優樹菜、離婚原因は不倫の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜&フジモン、壮絶離婚の背景にDV騒動も

    駆け込み離婚の理由とは

     
    芸能界には、年末年始に結婚や離婚のニュースが集中する“トレンド”がある。

    ワイドショーなどの情報番組が放送を休むため、露出を避けたい芸能人が、このタイミングを選ぶ。

    今回、最も世間を驚かせたのは、慌ただしい2019年の大晦日に離婚した木下優樹菜(32才)とフジモンことFUJIWARAの藤本敏史(49才)だろう。


    「お笑い芸人にとって離婚はネタにもなる。
    あえてこのタイミングにしたのは、笑いに変えられない事情があったからでしょう」(芸能関係者)

     
    ふたりは2010年8月に結婚。

    おしどり夫婦として知られ、2012年に長女を、2015年には次女を出産すると、木下はママタレントとして、藤本はイクメン芸人としての顔も持つようになった。

     
    誰もが羨む理想の“フジモンファミリー”に、近年はほころびが見えていたという。

    「長女が小学校受験をする際に、進学先を巡って衝突することが増えたそうです。
    お受験を考えていた優樹菜さんと、幼稚園からエスカレーター式に上がれるインターナショナルスクールのままでいいという藤本さんとで意見が割れた。
    これまでは17才年上の藤本さんが一歩引いて接していたけど、子供のことをきっかけに藤本さんは何につけても優樹菜さんに、文句を言うようになっていたんです。

    けんかが増え、時には罵声が飛び交うようになると、優樹菜さんは彼の言動を“モラハラ”だと感じるようになっていったといいます。
    決定打となったのは1年ほど前の大きな衝突。
    互いに手が出るようなけんかになり、DVとも取れるほど激しかったようです。
    そこから本気で離婚について話し合い、マンション内別居も始まりました」(木下の知人)

    d

     
    だが、2019年の8月28日、9回目の結婚記念日となったこの日、木下は自身のインスタグラムに、仲睦まじい夫婦の写真をアップした。

    「子供のことを考え、やり直すという可能性もあったんです。
    そんな中、タピオカ恫喝騒動が起きました」(前出・木下の知人)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200105-00000006-pseven-ent

    所長見解:でたね・・・
    【【衝撃事実】木下優樹菜とフジモン、年末離婚の背景にDVってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年大みそかに、タレント・木下優樹菜との電撃離婚を発表した『FUJIWARA』の藤本敏史。

    間髪入れず、2020年元旦には生放送の『第53回 新春! 爆笑ヒットパレード2020』(フジテレビ系)で仕事初めを行ったが、視聴者からはある異変が囁かれた。


    この日は藤本にとって仕事初めであるとともに、離婚後初めてのテレビ出演でもある意味深い放送。

    当然、スタジオではオープニングから離婚の話に及び、MCの『ナインティナイン』岡村隆史は「今日休んでいいよってメール送ったんですけど」と藤本をイジっていく。

    相方の原西孝幸も、発表の前日に本人から離婚を聞き、「『えっ』と驚いた」と当時の心境を告白。


    当の藤本はどこか吹っ切れた様子で、

    「最高の素材を持ってきたでしょう!」
    「正直、今日は何を見ても笑えないと思います。チッキショー!」
    「チョリース、チョリース!」

    と自虐ネタを連発して笑いを誘っていった。

    f


    ムクんだ顔からは離婚の心労が?


    しかし、吹っ切れたようなハイテンションとは裏腹に、藤本の顔はどこかムクんだような印象。


    もともとぱっちりとした目ではないが、この日はさらに腫れぼったいまぶたに見えていた。

    視聴者からも藤本の容姿を心配する声が上がり、ネット上には、

    《いやもうフジモン目も顔も腫れとるやん》
    《左目腫れてないか》
    《フジモン目腫れ過ぎで笑えん》
    《何か腫れてるな》
    《フジモン目が腫れてるように見える。たくさん泣いたのかな?》
    《フジモン目腫れとるけど何かあったんですか??》
    《ヒットパレードのフジモン、めちゃ目腫れてない?? 泣き腫らした??》

    などといった書き込みが。

    番組中のテンションとは裏腹に、悲壮感漂う容姿となっていたようだ。


    明るく振る舞っていたのはカラ元気で、裏では夜な夜な枕を濡らしていたのだろうか。


    http://dailynewsonline.jp/article/2142454/

    所長見解:こんなもん・・・
    【【放送事故】フジモン「離婚直後」で衝撃の顔面がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ