離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    24歳下夫と離婚した磯野貴理子。

    5月19日に放送された『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)で、「私、離婚することになって。向こうから“自分の子どもが欲しい”って言われた」と明かしたことで、「年上だとわかって結婚したのにヒドイ」など、元夫に対する批判が続出。

    しかし、どうやら“実状”は少し違うという声が聞こえてきた。


    r


    「要するに、カネの切れ目は縁の切れ目なんです。
    金遣いが荒く、生活費も稼がないうえに、朝帰りを繰り返す年下夫に貴理子さんの堪忍袋の緒が切れたんですよ」(芸能プロ関係者)

    離婚後も元夫が出て行かない都内一等地の高級マンションは貴理子が購入。

    その徒歩圏内で、元夫が店に立っている赤字続きと言われるバーの運営資金も貴理子が出していた。

    さらに、今年の正月と10連休だったGWに元夫はハワイ旅行をエンジョイしており、その旅費も貴理子のお金だったとか。


    「もう、お金を出したくない!」

    ついに爆発した貴理子に、

    「だったら離婚だ!」

    というのが、年下夫の出した答えだったという。

     
    ただ、ふたりは離婚前の少なくとも1年間は、家庭内でスレ違いの仮面夫婦状態だったという情報も。

    導火線に火がついていることを、ふたりは気がついていたのだ。

    「貴理子さんが告白した番組が収録されたのは5月7日。
    このとき、実は、まだ離婚前。
    番組が放送されたときに、正式に離婚が成立していたそうです」(スポーツ紙記者)

    そして今、離婚した貴理子のマンションに居座り続ける元夫に、さらなる非難の声が集まる一方、実は貴理子に未練があるのでは、などと囁かれているが……。

    「6月中に、元夫は引っ越します。
    彼がやっていたバーも、7月に閉店することが決まっています」(前出・芸能プロ関係者)

    そこで6月某日、黄色いTシャツに短パン、白スニーカーというラフな格好で開店前のバーにやって来た元夫に声をかけた。

    が、記者を一瞥するように睨むと、無言のまま、店の中に姿を消した――。

    「今の貴理子さんに、元夫の再出発を応援する気はありませんよ。
    ましてや元夫が心を入れ替えるなんてこともない。
    テレビを使って、公開プロポーズで結婚した2人でしたが、お互いの利害関係が一致したから一緒にいただけなんです」(芸能レポーター)

    イケメンの年下クンがダンナ、という一見うらやましがられそうな体裁をかなぐり捨てても離婚したい――。

    本能の“断捨離”をした貴理子の決断は吉、それとも……。


    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190616-00015379-jprime-ent 

    所長見解:そうなんや・・・
    【【暴露】磯野貴理子、本当の離婚理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    MALIA.、4度の離婚で長女から厳しいツッコミ「結婚、早すぎたんじゃないの?」

    昨年8月に第4子となる三男を出産したMALIA.さん(36)。

    4児の母とは思えぬゴージャスな美貌で、モデルやタレントとして引っぱりだこの存在だ。

    今年4月には10歳年下のモデルと4度目の離婚を発表。

    過去にはJリーガーや有名格闘家と結婚、離婚を繰り返した恋多き女性でもある。

    m


    恋愛の延長線上には必ず結婚がゴールにある

    シングルマザーが再婚すれば祝福をするが、“ママの恋愛”には厳しい世の中。

    それでも彼女は、「だって、恋愛の延長線上には必ず結婚がゴールにある。
    好きになった人と恋愛して、プロポーズをされたなら、断る理由は見つからないでしょ」と、キッパリ。

    回数は別として、実は意外にも古風な結婚観を持っているのだ。

    プロポーズ自体、人生で何度もない経験では……と思うのは凡人の証。

    幼いころからモテ人生を歩む彼女が「プロポーズされた回数」は、なんと数十回にものぼるという。

    4度の結婚は、彼女がちゃんと好きになって、恋愛をして“YES!”と応じた回数にすぎない。

    「小さいころから王子様と出会い、好きになって、結婚してハッピーエンド……というディズニープリンセスの話が大好きだった。
    そんな刷り込みのせいか、やっぱり恋愛と結婚は切り離すことができないの。」 

    https://www.jprime.jp/articles/-/15332
    ▼画像
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/a/f/620/img_af2e0c1139d5568da053adc89d4279d6727892.jpg
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/0/7/-/img_077079736c322a44c2cb3109a2d8b7d01497471.jpg


    所長見解:まだあるね・・・

    【【恒例】MALIAさん、4回目の離婚成立の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのビートたけし(72)が、5月に幹子夫人(67)と離婚したことが12日、分かった。

    長く別居してきたが、40年にわたる関係に正式にピリオドを打った。

    200億円以上ともされる莫大(ばくだい)な財産をたけしが夫人に渡すことで“決別”。

    自らの資産を捨てて、愛人とされてきた18歳年下の女性パートナーA子さんとの“愛”を選んだ形だ。

    残りの人生を謳歌(おうか)するための、令和元年の再出発だ。

    r


    関係者によれば、離婚が成立したのは5月。

    互いに弁護士を立てての協議離婚で、数年にわたって話し合いを続けてきた。

    代理人弁護士も「離婚したのは事実です。それ以上お話しすることはない」と話した。

    財産分与の話し合いでは、たけしがほぼ全ての財産を幹子さんに渡すことで同意したとみられる。

    幹子さんが受け取る財産は、金額に換算すると200億円以上になりそうだ。

    知人は「個人資産で100億円、会社名義で100億円以上あったものを全て渡す形になったと聞いている。

    大切にしてきた高級外車のコレクションも手放すことになった」と明かした。

    残ったのは、15年に立ち上げた新事務所「T.Nゴン」を兼ねた東京都世田谷区内の自宅だけだ。

    72歳の今もなお、テレビのレギュラー番組6本を抱えるなど売れっ子のたけしは、年収10億円超とされる。

    17年4月から新事務所に仕事の報酬が振り込まれているが、それまでは幹子さんが数十年にわたって収入を管理。

    「たけしさんは月額300万から400万円のお小遣いをもらってやりくりしてきた」(関係者)といい、多額の資産を残している。

    海外セレブが離婚に際して超高額の慰謝料を支払うことは多々あるが、日本では異例の金額。

    テレビ関係者は「日本の芸能界で史上最高額の“手切れ金”であることは間違いない」と目を丸くした。

    たけしは「40年かかったけどやっとケジメがついた。これでA子と歩んでいける」と周囲に話しているという。

    別の知人は「たけしさんが再婚したとは聞いてない。面倒なことはもう嫌でしょうし、今後することもないでしょう」と話しており、このままの関係を続けていくとみられる。

    A子さんとは7年前に出会い、交際を続けてきた。

    仕事の相談相手になるなど、たけしは絶大な信頼を寄せている。

    公私両面で欠かせない存在。

    自身の手元に唯一残した財産である自宅が、2人の愛の巣だ。

    一方、幹子さんの周囲は「思うところもあるだろうが、納得している様子です」と明かした。

    ブレーク前の70年代から交際し、83年に結婚。

    当時から既に別居状態で、幹子さんが離婚を求めたこともあったが、婚姻関係だけは続けてきた。

    その2人が、40年目に決めた熟年離婚。

    型破りな生き方をしてきたたけしだが、最終章に入っていく人生を見据えて選んだのは、お金ではなく愛だった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16610171/

    所長見解:すごいな・・・

    【【離婚成立】ビートたけし、手切れ金200億円の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ビートたけし(72)が幹子夫人と離婚していたことが12日、分かった。

    仕事先などに連絡が入っており、関係者はこの日、本紙の取材に「離婚成立」を認めた。

    互いに弁護士を立てての協議離婚で、5月に成立したという。

    r


    財産分与については、たけしが夫人側の意向をほぼ全面的に受け入れた。

    知人は本紙の取材に「お金よりもパートナーとの将来と人生を選んだようだ」と話している。

    たけしをめぐっては、18歳年下のビジネスパートナーの女性と新会社設立を端緒とし、昨年3月いっぱいで「オフィス北野」から独立、同4月1日から拠点を新会社「T.Nゴン」に移した。

    その中で、幹子夫人との離婚に向けた話し合いが水面下で進んでいた。

    たけしは幹子夫人と1983年に結婚。

    1男1女に恵まれた。

    かつても不倫や隠し子騒動が発覚し、86年には「フライデー襲撃事件」などを起こした過去もあるが離婚はしなかった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000107-spnannex-ent

    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【速報】ビートたけし、離婚が成立し莫大な財産の行方がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「磯野さんが今のマンションを購入したのも、元夫・Tさんが経営するバーから徒歩数分のところにあるためです。
    彼が通いやすいよう、『少しでも愛する夫の役に立ちたい』という彼女なりの愛情だったのですが……」

    5月19日、12年に再婚した24歳年下の男性・Tさんとの離婚を発表した磯野貴理子(55)。

    6月2日には自身が出演するドラマ『つばめ刑事』(ひかりTV)の完成披露挨拶に出席。

    共演者から離婚についてイジられる場面でも、「ついこの間、離婚しまして。
    でも、おかげさまでこんなに元気になりました。
    つば九郎と一緒にドラマの宣伝をさせてもらっています!」と明るく語っていた。

    「5月末に磯野さんは大ファンである東京ヤクルトスワローズの始球式に参加しましたが、オファーがきたのは直前でした。
    それでも『絶対やらせて!』と引き受けたのは、“好きなことをしている間だけは離婚のつらさを忘れられる”という思いがあるのでしょう。
    また離婚後にバラエティ番組にほとんど出演していないのも、元夫に批判が集中しないよう気遣っているのだと思います」(知人)

    人前で気丈にふるまう磯野。

    しかし、苦悩は続いていた――。


    k


    「実は離婚発表後も、磯野さんのマンションへTさんが毎日のように出入りしているんです。
    仕事場へもマンションから通っており、着替えるためだけに立ち寄ることもあるそうです。それどころか、駐車場に自分の車を止めているといいます。
    マンションの住人たちも『まだ出ていかないの……』とため息をもらしています」(前出・知人)

    5月末日、本誌も磯野の自宅マンションから出てくるTさんの姿を目撃。

    現在の生活について聞くと「お話しするつもりないんで」と渋い表情で立ち去っていった。

    夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんはこう語る。

    「全国でどのくらいあるかは不明ですが、こうした事例は非常にまれです。
    ほとんどの夫婦は離婚する前にまず別居を選択します。
    私は今までに約8千人の離婚相談を受けてきましたが、そのなかで離婚後すぐに家を出て行かず、一定期間夫婦で一緒に暮らしていたケースは4、5件しかありません」

    離婚の理由について、自身のレギュラー番組『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)で磯野はこう語っていた。

    「(元夫が)『自分の子どもが欲しい』って。あっ、そうか。そらそうだと思って。『何か勝手言って、俺』って(向こうに言われて)『勝手じゃないよ。自然なことだよ。当たり前じゃないの』って……」

    自ら離婚を切り出したともいえるTさん。

    それなのに、なぜ今も磯野のもとに居座り続けるのか。高草木さんは続ける。

    「単純にお金がなかったり、引っ越し先が決まらないといった現実的な問題があるのではないでしょうか。
    ですが大抵の人はパートナーに離婚を言い出す前に、離婚後のシミュレーションなり準備をしています。
    そういった意味でTさんは、磯野さんの優しさに甘えている部分があるといえるでしょう。ほとんどの女性は離婚後に姓が変わるため、さまざまな手続きをしなければなりません。
    ただでさえ忙しいわけですから、いつまでも居座られるのは迷惑でしょう。
    これから数カ月、数年とたっても出て行かない場合、磯野さんの新たな恋愛や再婚にも悪影響が出てくると思います」

    それでも磯野には、Tさんの“自宅出入り”を許す理由があった。

    「磯野さんは決してTさんのことを嫌いになって離婚したわけではありません。
    Tさんが過去に女性への暴行騒動で非難を浴びたときは、誰よりも彼のことをかばっていました。
    今回も『子どもが欲しい』という彼の気持ちを尊重して、前向きに離婚を選択したのだと思います。
    14年に磯野さんが脳梗塞で倒れた際に寄り添っていたのもTさんでした。
    彼女は『彼は命の恩人』と、とても恩義を感じているといいます。
    だからこそ、彼のことは今でも気にかけているのでしょう。
    再出発をできる限り応援したいと考えているようです」(芸能関係者)

    >>2以降に続きます

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00010002-jisin-ent

    ▼画像
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/06/isono_kiriko_1_line_tw.jpg
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/06/isono_kiriko2.jpg
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/06/isono_kiriko3.jpg

    所長見解:なんでなん・・・

    【【なぜ?】磯野貴理子、離婚後も同居している模様・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ