離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    w


    呑気に隣で寝てやがる、こっちは一睡もしてねえのによ


    所長見解:別れるべし・・・

    【【どうすればいい?】婚約中の彼女に浮気されてる問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「“いだてん”って何ですか?」

    夫の活躍ぶりをこう一笑に付すのは、ビートたけし(71)の妻・幹子夫人(67)。

    たけしは現在、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』で“落語の神様”と呼ばれた古今亭志ん生を怪演中だ。

    そんななか、元日発売の『スポーツニッポン』で“たけし離婚調停”という見出しが躍った。

    「記事によると、昨年5~6月ごろにたけしさんサイドから離婚調停の通知書が幹子夫人に届いたそうです。
    幹子夫人も2人のお子さんたちも突然の出来事に驚きを隠せなかったといいます」(スポーツ紙デスク)

    報道から4日後、たけしは出演した報道番組で「(離婚)調停なんか終わっているよ、バカヤロー! あとは判子を押すだけだ」と衝撃発言。

    その直後にたけしの所属事務所が否定コメントを出すなど、迷走ぶりがうかがえる。

    夫婦の溝が決定的になったのは、昨年3月。

    たけしは「オフィス北野」から独立し、愛人と報じられている18歳年下のA子さん(53)と設立した新事務所「T.Nゴン」で芸能生活を始めたのだ。

    実は昨年11月、本誌はこの報道に先立って、幹子夫人に“離婚説”について直撃している。

    幹子夫人は離婚については完全否定していたが、「(たけしに)腹の立つこともあるじゃないですか」と複雑な胸中を告白してくれた。

    b


    今回も本誌はさっそく幹子夫人のもとへ。

    顔見知りの記者が声をかけると、幹子夫人は苦笑しながらも取材に応じてくれた。


    ――たけしさんとの離婚調停についての記事、お読みになりましたか?

    「もういいって。私はもう、わからないから。全然わからない」

    またもや離婚を完全否定する幹子夫人。

    前回の直撃では「その人(愛人)が自分の思ういい展開になると思ってるんじゃないですか?」と、たけしの愛人問題についても初めて言及していた。

    ――たけしさん本人もテレビ番組で“離婚調停は終わった”と話していましたが。

    「えぇっ!? 本人が言っているの!? 呆れた。調停なんて、絶対ないですから……」

    たけし自身が「(離婚したら)もう何100億(円)も取られちゃうよ」と語っていたように、離婚すれば多額の慰謝料が舞い込む可能性は高い。

    それでも離婚を拒否し続けるのは「愛人とは絶対に再婚させない!」という本妻のプライドがあるからだろうか。

    最後に幹子夫人は「大河ドラマってこれまで見る習慣がなかったけど、“いだてん”見てみます」と語っていた。

    離婚へ突き進む夫の姿をテレビ越しに見て、幹子夫人の心境はいかばかりか――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00010002-jisin-ent

    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【泥沼離婚】ビートたけしの離婚調停発言に妻・幹子夫人が猛反論問題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ところは東京大学・本郷キャンパス(文京区)。

    黒いサングラスをかけて大学の構内を歩く、大柄な男性がいる。

    元貴乃花親方(46)だ。

    t


    ―花田さん。昨年は激動の一年だったかと思います。今年の抱負をお聞かせください。

    「まぁ……じっくりね。勉強です。人生、勉強ですから。(離婚から2ヵ月以上が経つが)もともと、部屋と自宅を分けていました。今も残った一人の弟子と部屋で一緒に暮らしていますので、生活に変わりはありません」

    昨年9月、日本相撲協会からの電撃的な引退を発表し、元妻・河野景子さん(54)とも離婚。

    さらには息子で“自称”靴職人の花田優一氏(23)の離婚&ドロ沼靴トラブルまで勃発し、元貴乃花にとって’18年は波乱の一年となった。

    本誌は1月8日、冒頭のように東大のキャンパスで本人を直撃。

    家族への思いや自身の今後について、彼の言葉からは、平成の大横綱のホンネが見え隠れしていた。


    ―離婚後、景子さんはブログを開設したり、年末年始にはテレビ番組にも出演していました。それはご覧になられましたか?

    「あぁ、チラッと見ました。このままやっていってほしいですね」

    ―今、優一さんとは連絡を取っているのでしょうか?

    「いえ。新年の挨拶もありませんでした。息子も人生経験を積まなければいけない時期でしょうね。若いうちに、覚えることは覚えたほうがいいでしょう」

    ―優一さんといえば、今年に入って女優・吉岡里帆さんの実弟を弟子に取っていたことが報じられました。

    「あぁ……。その件については、私は知らなかったんですよ」

    ―優一さんは吉岡さんの弟に靴のトラブル処理を押し付けたりしていたみたいですが。

    「そうなんですか……。私はずっと部屋のことにかかりきりだったんで、息子とは話していないんです。(タメ息混じりに)まったく……。人生勉強をさせないといけないですね」

    ―最後にひとつだけ。今、花田さんの収入はどうなっているのでしょうか?

    「収入は、まぁ生活ができるくらいにはありますよ」

    ―贅沢はできないけど、生きてはいける程度ということですか?

    「まぁ、そうですね(笑)」

    そう言い残し、元貴乃花は弟子が待つ車へと乗り込んでいった。

    家族は離散しバラバラになっても、我が道を貫き通そうとする元貴乃花。

    人生、どんな困難でも受けて立つ―。

    それが元貴乃花の横綱相撲なのかもしれない。


    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190111-00010002-friday-spo


    所長見解:しかたないな・・・

    【【一家離散】元貴乃花「新年の挨拶もありませんよ」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年、ワイドショーの話題をさらったのは大相撲の元貴乃花親方だったが、今年の主役は“花田家の妻たち”になりそうだ。

    k


    11月に花田(河野)景子さん(54)が元貴乃花親方との離婚を発表。

    その直後に、“義兄”だった花田虎上氏の元妻の花田美恵子さん(49)が再婚を発表した。

    2人の転機に沸き立ったのはテレビ業界だ。

    「景子さんは講演活動に加えて、身軽な独身になった今後はテレビに活動の軸を移すと囁かれています。
    既に個別の番組との出演交渉も始まっているようです。
    一方の美恵子さんも4人の子持ちながら13歳年下男性と再婚という新たな話題性が加わった。
    テレビにとって“花田家”のブランドは今も健在で、俄然注目が集まります」(テレビ局関係者)

    かたや離婚、かたや再婚ながら同時期に話題を集めた元妻たちだが、今後についてキー局の番組プロデューサーはこう話す。

    「景子さんは元女子アナで、相撲部屋の元女将で、離婚も経験し、長男でタレント活動をしている優一さん、そして元貴乃花親方の動向も含めてネタに事欠きません。
    今のワイドショーやバラエティ番組は話題豊富な女性のニーズが高いために、今後もオファーは途絶えないはずです。
    一方の美恵子さんは、新婚なので今後のテレビ出演に積極的というわけでもないようです。テレビ的には、幸せを掴んだ女性よりも、そうでない女性の方が需要がありますね」

    ワイドショーでは、しばらく景子さんが“綱を張る”ことになりそうだ。


    https://www.news-postseven.com/archives/20190107_836770.html?PAGE=1#container 


    所長見解:さすが・・・

    【【若貴兄弟】花田家を捨てた妻たちのこれから・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「愛情がなくなりました」

    1993年1月、まだ20歳だった元貴乃花親方(46)の、婚約者・宮沢りえ(45)への冷たい発言である。

    当時、人気絶頂だった2人のビックカップル誕生に世間は沸いたが、婚約会見からわずか2カ月後に破局。

    t


    あれから25年。

    元貴乃花親方は、一度は信頼した人物と、修復不可能な絶縁を繰り返している。


    兄・花田虎上氏(47)との兄弟喧嘩は有名だ。

    「若貴フィーバー」で相撲界を牽引した2人だが、常に比べられたこともあり、いつしか口もきかなくなった。

    元貴乃花親方も兄のことを「まさる氏」と呼ぶなど、現役時代から確執が始まっていた。

    2人の不仲が表面化したのは、2005年、先代・貴乃花の葬式の喪主をめぐっての対立だった。

    遺骨の管理や遺産相続について意見が合わず、溝が深まった。

    母・藤田紀子さん(71)は今でも息子への愛を語るが、元貴乃花親方は母に携帯番号を教えていないという。


    2018年、元フジテレビアナウンサーだった河野景子さんと離婚。

    理由の1つに、靴職人である息子・優一の芸能活動があげられている。

    『週刊文春』(12月27日号)は、元貴乃花親方を独占インタビューしている。

    そこには息子への絶縁ともいえる言葉が書かれていた。

    「(息子が)職人を語る以上、チャラチャラと表に出ている暇があったら、靴を作って土台をしっかり築くべき。
    まずは一流の職人になるのが先ですよ。
    タレントになりたいのなら、中途半端に靴職人の肩書きを使っちゃいけない。
    本当の職人さんに対して失礼です。  
    自分に力がないのに、親の名前でメシを喰おうとしているのが現状です。
    今はチヤホヤされるかもしれないけど、世の中はそんなに甘くない。
    我が子ながら恥ずかしくないのかと思います。
    私の靴ですか?  
    もちろん作らせていません。
    百年早いですよ」

    景子夫人は、優一が番組撮影で海外に行った際に同行するなど、大人になってからも溺愛してきた。

    だが、そんな様子も、元貴乃花親方には我慢ならなかったのだろう。

    見捨ててきたのは、息子だけではない。

    自身が相撲界から引退するきっかけとなった暴行事件の被害者である元弟子・貴ノ岩(28)が、暴力事件を起こし電話をかけてきたときも、「出なかった。10年は会わない」と美談のように語っていた。

    愛弟子の裏切りに対し、冷たく突き放した形だ。

    いったんはわかり会えた人間とも、結局は距離をおいてしまう孤高の男。

    元貴乃花親方を入門時からよく知る、相撲レポーターの横野レイコさんはこう語る。

    「よくも悪くも、思い込んだらまっすぐ。
    中途半端なことはできない人なんです。
    極端で、白か黒どちらかしかない。
    だからちょっとしたことで仲違いしてしまうし、それは親兄弟でも同じなんです。
    その性格は昔から変わりません」

    自分自身の考えを変えず、息子まで捨て去った。

    元貴乃花親方の2019年は、明るい1年になるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00010000-flash-peo


    所長見解:たしかにね・・・

    【【家族絶縁】貴乃花、すべての人を捨て去る説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ