降板

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ブラタモリ」林田アナから6代目浅野里香アナに交代「ドッキリかと震えました」


    NHKが13日、東京・渋谷の同局で定例会見を開き、4月からの新番組を発表した。

    「ブラタモリ」(土曜、午後7・30)はタモリとコンビを組むアシスタントが、現在の5代目・林田理沙アナウンサーから6代目・浅野里香アナウンサーに交代することが明らかになった。

    r


    浅野アナは2016年入局で現在は札幌局勤務で「北海道クローズアップ」「いくそ~北の出会い旅」を担当。

    趣味は「ホットヨガ」「スイーツ巡り」。

    特技はテニスで10歳からプレーしている。


    浅野アナは新キャスター発表会見で「いまは札幌局におり、きょうも雪靴で来ました」と元気にあいさつ。

    「『ブラタモリ』の担当と聞いた時は、ドッキリかと思い、手足が震えました」と大役を任せられた心境を明かし、「タモリさんとの旅を一緒に楽しみながら、地域に根ざした皆さんとお会いし、視聴者の皆さんと驚きや楽しさを共有したいです」と抱負を語った。


    3代目アシスタントを務めた桑子真帆アナからは「気負わずに」とアドバイスされたそうで、「その言葉を信じて臨みます」と笑顔を見せた。

    「ブラタモリ」のアシスタントは過去に、桑子アナらが務め、若手アナの登竜門としても注目されている。

    林田アナは近江友里恵アナ(16年4月~)に代わり、18年4月から出演していた。


    「ブラタモリ」は15年4月から3年ぶりに復活し、“新装開店”した。

    前シリーズでは東京のみをブラブラする企画だったが、桑子アナとコンビを組んだ15年からのシリーズでは、全国を街歩きすることになり、さらに多くの視聴者層をつかんでいる。


    デイリースポーツ on line
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/13/0013112862.shtml


    「ブラタモリ」を担当することになった浅野里香アナウンサー=東京・NHK放送センター

    no title

    no title

    所長見解:リンダ・・・
    【【悲報】「ブラタモリ」、林田アナ交代ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「35億」のキメ台詞で有名な女優・アーティスト・タレントのブルゾンちえみが、今春の改編をもって『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)レギュラーを卒業するとウワサされている。

    ブルゾンが同番組のレギュラーに就任したのは、約1年前の2019年4月。

    しかし、番組内ではおよそ〝本業〟の芸人とは思えない振る舞いを連発し、今や番組の〝お荷物扱い〟がすっかり板につくほど視聴者から反感を買っている。

    「ブルゾンの出演する水曜日の『ヒルナンデス!』は、現在、視聴者の間で『最弱の曜日』と呼ばれています。
    番組を安定的に盛り上げられるのは『オードリー』だけで、まだまだバラエティー慣れが足りない『和牛』、スター気取りの態度で視聴者をイラつかせているつるの剛士と、面子は他の曜日に比べて1枚も2枚も劣る惨状。
    その中でもブルゾンの評判は特に悪く、芸人なのにボケないどころか、その態度からは番組を盛り上げようとする意欲すら感じられません」(テレビ雑誌編集者)

    no title

    いつまでたっても結果を残せず…

    ネット上でも、水曜日の放送は特に荒れ模様。


    とりわけブルゾンに対する風当たりは強く、

    「番宣女優よりもおとなしい」
    「立って飯食ってるだけ」
    「お荷物は南原だけでいいのに」

    など、毎週さまざまな批判を受けている。


    そしてついに、制作サイドもこの状況を無視できなくなったようで…。

    「ご存じの通り、ブルゾンがブレークするきっかけとなったのは、2017年新春に放送された『おもしろ荘』(日本テレビ系)。
    その後も、同年の『24時間テレビ』マラソンランナーや『行列のできる法律相談所』準レギュラーに起用されるなど、イモトアヤコよろしく〝日テレ専属〟と言っていいタレントとなっています。
    しかし、もともと女優志望だったブルゾンはバラエティーで結果を残そうとしない上、NG項目だけは大御所並。
    次第に制作側はイライラを募らせていたのですが、その声が上層部にも響き、ブレークから丸3年となる今年で〝局を上げてのバックアップ〟をやめる方針が決まったそうです。
    『ヒルナンデス!』のレギュラーも、4月の改編で降板することが濃厚。
    まぁ、今のブルゾンは制作側としては扱い難い人材でしかありませんから、残念ながら当然だと言えるでしょう」(同・編集者)


    一時は〝時の人〟となったブルゾンだが、実力不足を露呈させたことで、最大の後ろ盾すらもなくしてしまったようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2188049/

    所長見解:たしかに・・・
    【【悲報】ブルゾンちえみさん、無能すぎる説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    約12年間も司会を務めていた、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)から勇退することが発表された、みのもんた(75)。

    みのは4月の番組リニューアルに合わせて勇退し、爆笑問題の田中裕二(55)が後任になることが決まった。

    キー局関係者が話す。

    「みのの勇退は高齢による体調面もありますが、ギャラの問題もあったんでしょう。
    現在は、全局で番組制作費の削減がキツくいわれていますからね。
    たとえばフジテレビでは、“1番組につき年間制作費を2から3億円減らせ”との指令が出ているといいます。
    CMの出広額は数年前に比べて激減していますから」


    昨年電通が発表した「2018年日本の広告費」によると、地上波テレビ広告費は1兆7848億円の一方、インターネット広告費は5年連続2桁成長の1兆7589億円で、テレビの背中をとらえているのだ。

    「広告をネットにとられ、テレビの予算が大幅に削られる中で、ギャラの高い大物司会者の首も寒くなっているわけです。
    テレビ界では、一度決めたギャラは下げられないという通例がありますからね」(前同)

    となると、“クビ斬り”はみのに限ったことではない。

    k

    制作会社関係者は話す。

    「特にTBSは3月、月曜日の19時から22時まで大胆な打ち切りを敢行します。
    アンジャッシュの渡部建(47)がMCを務める『名医のTHE太鼓判!』、くりぃむしちゅーの有田哲平(48)が司会の『人生イロイロ超会議』、南海キャンディーズの山里亮太(42)の『メイドインジャパン!』、そして坂上忍(52)が司会を務める『1番だけが知っている』が軒並み終了。全滅です」


    また、6年連続年間視聴率三冠王を獲得した日本テレビも、他人事ではない。

    「改編に向けての会議で、視聴率の上がり目のない2つの老舗番組の終了が検討されたそうです。
    それは、堀尾正明(64)がMCを務める『誰だって波瀾爆笑』と、久本雅美(61)がMCの『メレンゲの気持ち』です。
    結果的には、昨年、堀尾の熟年不倫疑惑が報じられたことも問題視され、『波瀾?』のほうが打ち切られることが決まったとのことです」(前出のキー局関係者)


    さらに、お笑いビッグ3のビートたけし(73)も今春、“クビ斬りリスト”に名を連ねてしまったという。

    「『名医とつながる! たけしの家庭の医学』(テレビ朝日系)も、3月で終了するといいます。
    たけしさんは昨年、所属事務所を移籍した際、各局にギャラアップを要求し、ひんしゅくを買ったそうです。
    それも番組終了の一因なのでは……」(前同)


    “ビッグ3”の一角をも吹き飛ばすテレビ界の大不況。

    もはや誰にも止められそうにない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2187348/
    日刊大衆
    所長見解:しかたない・・・

    【【悲報】テレビ番組のクビ切りリスト流出がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    約12年間も司会を務めていた、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)から勇退することが発表された、みのもんた(75)。

    みのは4月の番組リニューアルに合わせて勇退し、爆笑問題の田中裕二(55)が後任になることが決まった。


    キー局関係者が話す。

    「みのの勇退は高齢による体調面もありますが、ギャラの問題もあったんでしょう。
    現在は、全局で番組制作費の削減がキツくいわれていますからね。
    たとえばフジテレビでは、“1番組につき年間制作費を2~3億円減らせ”との指令がているといいます。
    CMの出広額は数年前に比べて激減していますから」


    m


    昨年電通が発表した「2018年日本の広告費」によると、地上波テレビ広告費は1兆7848億円の一方、インターネット広告費は5年連続2桁成長の1兆7589億円で、テレビの背中をとらえているのだ。


    「広告をネットにとられ、テレビの予算が大幅に削られる中で、ギャラの高い大物司会者の首も寒くなっているわけです。
    テレビ界では、一度決めたギャラは下げられないという通例がありますからね」(前同)

    となると、“クビ斬り”はみのに限ったことではない。

    制作会社関係者は話す。

    「特にTBSは3月、月曜日の19時から22時まで大胆な打ち切りを敢行します。
    アンジャッシュの渡部建(47)がMCを務める『名医のTHE太鼓判!』、くりぃむしちゅーの有田哲平(48)が司会の『人生イロイロ超会議』、南海キャンディーズの山里亮太(42)の『メイドインジャパン!』、そして坂上忍(52)が司会を務める『1番だけが知っている』が軒並み終了。
    全滅です」


    また、6年連続年間視聴率三冠王を獲得した日本テレビも、他人事ではない。

    「改編に向けての会議で、視聴率の上がり目のない2つの老舗番組の終了が検討されたそうです。
    それは、堀尾正明(64)がMCを務める『誰だって波瀾爆笑』と、久本雅美(61)がMCの『メレンゲの気持ち』です。
    結果的には、昨年、堀尾の熟年不倫疑惑が報じられたことも問題視され、『波瀾~』のほうが打ち切られることが決まったとのことです」(前出のキー局関係者)


    お笑い“ビッグ3”もビートたけしも“クビ斬りリスト”に名を連ねてしまったという。

    この続きは現在発売中の『週刊大衆』2月17日号で。


    https://taishu.jp/articles/-/72127?page=1

    所長見解:そらな・・・

    【【悲報】大物芸能人のリストラリストがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2006年、「1週間で最も多く生番組に出演する司会者」として、ギネス世界記録に認定されたのが、みのもんた。

    『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)、『午後は○○おもいッきりテレビ』(日本テレビ系)など、1週間に延べ11番組、CM時間を除いた21時間42分の出演記録が認められたのだ。

     
    だが、あれから14年、時の流れは残酷だ。

    この4月から、みののレギュラー番組がなくなる。
     
    「75歳の彼ですが、唯一のレギュラーだった『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)を3月いっぱいで降板します。
    この真相について、一部女性誌が報じたところによると、制作スタッフ側から降板を提案されたそうです。
    一方で、みのも雑誌の取材で、自身の進退については『自分もここ数年思っていた』とし、『今の人たちの会話のテンポに合わなくなってきたなと思っていた』と語っています」(芸能ライター)

    m

     
    13年間番組を支えてきた功労者・みの。

    だが、30日オンエア分を見てみると、その“勇退”もやむなし、という実情が分かってきた。
     
    「みのは番組冒頭、『さあお待たせしました、カミングアウトのお時間です』『エブリケンミン、カミングアウト』と、はち切れんばかりの笑顔で始まりを告げた後、時折り出演者のコメントで大笑いすることもありますが、その他はほとんど無表情。
    というより、直立不動で微動だにせず。
    静止画かと思うほど動いていません。
    さらに、彼が言っていた通り、パネラーの会話に対して、すぐ入っていけていない場面も見受けられました」(同)

     
    さらに驚くべきは、番組スタートから38分、みのは、腕組みしたまま目を閉じていたのだ。

    おそらく居眠りしてしまっていたのだろう。
     
    「女性誌の取材では、日本テレビ関係者の証言として、みのは『時には、うつらうつらして寝てしまうこともありました』というものがありました。
    つまり、今回の降板は、こういった行為が繰り返されてきた当然の結果とも言えるでしょう」(同)

     
    また通常、親しまれてきたタレントが番組を去る際は、名残惜しい声が聞かれるものだが、SNS上では

    「お地蔵様のように立ってるだけ」
    「みのもんたさん置物になっちゃってるね そりゃ降板勧告されるわな」
    「そりゃ見てれば分かったよ」
    「死に際見てる感じする」

    と、納得する声が相次いでいる。

    ゆっくり余生を楽しんでほしいものだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17749850/

    所長見解:もうね・・・

    【【悲報】みのもんた、本当はクビ説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ