降板

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    近藤春菜がレギュラー“ゼロ”で大慌て…

    仕事激減には「2つの大誤算」が



    n



    お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(38)が予想だにしていなかった事態に慌てているという。

    この3月に「スッキリ」(日テレ系)を卒業した春菜だがソロとしての活動スケジュールはスカスカだというのだ。

    以前ならば休みは年に数日取れるか取れないかの超売れっ子だったが、気が付けば地上波のゴールデン&プライム帯のレギュラー番組は0本。


    テレビで春菜の姿を確実に拝めるのは“ハリセンボン”として出演する「幸せ!ボンビーガール」(日テレ系)と「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)の2番組のみになってしまったのだ。


    その理由は想像に難くないという。

    芸能プロ関係者が声を潜めてこう話す。


    「吉本興業とマネジメント契約を解消し専属エージェント契約に切り替えたことと無関係ではないでしょう。
    吉本にとって、専属エージェントでの売り上げは1割ほどの利益しかありません。
    これではマネジャーの人件費すら厳しい状況で、積極的な売り込みなどの営業をしなくなるわけです」


     
    当初は、専属エージェントは自らが営業し仕事を取ってきた場合は、莫大な収入になるというメリットが想定されていた。

    しかし春菜はある大きな計算間違いに気が付かなかったというのだ。


    「やはり、人気は、吉本興業という看板があったからこそ成立していたということもあったのではないでしょうか」(放送作家)

     
    そして春菜にとってもうひとつ大きな番狂わせとなってしまったのが若手女芸人の台頭だ。


    「“3時のヒロイン”“ぼる塾”など、旬の若手がわんさか出てきているんです。
    こうした若手に対し、渡辺直美やゆりやんレトリィバァらは生き残りを懸け、必死になっているなか、春菜は『スッキリ』に出演していたせいで女芸人としての精進を怠った。
    厳しい言い方ですが、いまさらお笑い界に春菜の席はありません」(前出の放送作家)


     
    さらに、春菜を巡っては仕事の激減とともにこんな話も囁かれている。


    「春菜といえば芸人仲間よりも、女優やサッカー選手らとの“春菜会”などといわれる幅広い交流で有名だった。
    しかし、仕事の減少と共に潮が引くように皆、離れていったそうです」(事情通)


     
    春菜が再び表舞台に復帰するためには“ハリセンボン”としての話芸を磨くなど原点に戻るしか方法はなさそうだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/6dc10510dace812f5369885b5ae8d3d3e9e59dbc

    所長見解:そらな・・・
    【【吉本粛清】ハリセンボン・近藤春菜さん、レギュラー番組が無くなった模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    t



    出川哲朗さん、遂に出演番組ゼロwwww



    所長見解:あかんか・・・


    【【マリエ暴露問題】出川哲朗さん、ついに出演番組がゼロってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    降板騒動の小倉優香「小倉ゆうか」に改名し再出発

    「長年希望」所属事務所退所も報告「何かに縛られずに」


    y

    昨年7月に生放送中のラジオ番組で突然降板を直訴し、騒動になっていたタレントの小倉優香(22)が13日夜、自身のツイッターを更新。

    所属事務所退所と「小倉ゆうか」への改名を発表した。

    スタッフによるPRを除けば、昨年7月以来、約9カ月ぶりの投稿になり「SNSの更新もできず、本当に長い間ご心配をおかけしました」とファンに謝罪。

    「また、安心して温かく見守っていただけるよう笑顔で頑張ります!」と再出発を誓った。


     
    書面と写真をアップ。

    「何かに縛られずに活動をしたいという意向を汲んでいただいたことに心から感謝しております。
    活動名をひらがなにすることは長年希望していたことの1つでした」などとつづった。


     
    スポニチ本紙の取材では、交際していた格闘家の朝倉未来(28)と破局していたことが今年3月に判明。

    事情を知る関係者が「既に別れています。破局は昨年末から年明けあたりの時期」と明言した。


     
    2人は昨年1月に交際が発覚。

    半同棲状態が続いていた。

    小倉の降板直訴は、早朝に練習して早く寝る朝倉の生活リズムに合わせるため、深夜収録の同番組を離れたい意向があったとされ、結婚も視野に入れているとみられていた。


     
    小倉の発表は以下の通り。


    いつも応援してくださる皆様へ

    この度、私、小倉優香は8年間お世話になった事務所を退所したことをご報告いたします。

    何かに縛られずに活動をしたいという意向を汲んでいただいたことに心から感謝しております。

    それに伴い、今まで使用していた小倉優香という名前を小倉ゆうかに変更します。

    表記だけ変わる形です。

    小倉優香は本名ですが、活動名をひらがなにすることは長年希望していたことの1つでした。


    「小倉ゆうか」を覚えていただけたら、うれしいです。

    今後のことにつきましては後日改めて私自身からお知らせします。

    SNSの更新もできず、本当に長い間ご心配をおかけしました。

    また、安心して温かく見守っていただけるよう笑顔で頑張ります!

    これからもよろしくお願いいたします。

    令和3年4月13日

    小倉ゆうか


    ▼画像
    https://pbs.twimg.com/media/Ey2cRr2UYAE1QTA.jpg

    https://pbs.twimg.com/media/Ey2cRsoU8AEhuiR.jpg



    https://news.yahoo.co.jp/articles/eabf32c668e76b9e049e0edac3397b8ed12b8d64

    所長見解:もうな・・・

    【【トラブル】降板騒動の小倉優香「小倉ゆうか」に改名し再出発ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小倉優香、事務所を“クビ” 

    YouTuber格闘家・朝倉未来とも破局 

    「ラジオ非常識降板」の代償



    g


    「ついに、小倉優香さん(22)が、所属事務所との契約を解除となったそうですよ」(広告代理店関係者)

    小倉といえば、2013年に芸能活動をスタート。

    “リアル峰不二子”と称される抜群のプロポーションを誇り、グラビアやモデルのほか、ドラマ『チア☆ダン』(TBS系、2018年)や映画『ぐらんぶる』(2020年8月公開)などにも出演し、女優としても注目を集めつつあった。


     
    しかし、今回の契約解除という事態。

    前出の広告代理店関係者が話す。


    「インスタグラムの更新も昨年7月26日以降はなく、ツイッターもスタッフによる広告案件の更新はありますが、小倉さん本人による投稿はありません。
    やはりラジオでの“降板テロ事件”がここまでの事態を招いたのではないでしょうか」


     
    2020年7月29日深夜放送のラジオ『アッパレやってまーす!水曜日』(MBSラジオ)において、小倉は自身の芸能人生を左右する降板騒動を巻き起こした。


     
    この日の放送の終盤、小倉は「ちょっと時間あるかな? あと1分? 手短に話します」と切り出し、「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがツラくなったので辞めたいと事務所に言ったんですけど、3~4か月話してくれないのでここで言います。
    辞めさせてください」と、本番中にまさかの番組降板を申し出たのだ。


    同月31日の『スポニチアネックス』では、小倉の発言にラジオのスタッフは怒りを露わにし、小倉の担当マネージャーはあまりに突然の事態に取り乱して号泣。

    現場は修羅場と化したと報じている。




    ■念願叶ってラジオを降板したが……

    突然の降板申し出から約1か月後の2020年8月26日、毎日放送の社長は書面で、「小倉優香さんには、ご本人のご希望どおり番組を降板いただきます」と発表した。

    「小倉さんの念願が叶ったということでしょうが、本番中にこんなことを言い出すタレントを、MBSもそれ以外のテレビ局、ラジオ局も使いたくはないでしょう。
    実際にこの一件以降、小倉さんをメディアで目にする機会はほとんどなくなりました。


    また、この一件のみならず、映画のイベントをドタキャンした疑惑も噂されるなど、実は以前から素行不良が問題視されていたといいます。

    非常識すぎる降板劇から約8か月、もしかしたら事務所としても、今まで庇ってきましたが、“もうこれ以上は面倒見切れない”と判断したのかもしれませんね。

    こうした数々の“やらかし”を重ねてきた小倉さんを引き取りたい、という新たな芸能プロダクションは、なかなか出てこないのではないでしょうか」(前出の広告代理店関係者)

     

    ■朝倉未来選手とも“完全破局”!

    小倉といえば、格闘家で人気YouTuberの朝倉未来選手(28)との熱愛が話題を呼んだことも記憶に新しい。
     
    2020年1月の『FLASH』(光文社)では、小倉と朝倉選手のツーショットを掲載。

    記者の直撃に応じた朝倉選手は「僕的には全然言ってもいいんだけど、相手がかわいそうなんで、何も答えることはできないですね」と半ば交際を認めるコメントをしていた。


    「しかし、すでに2人は完全に破局してしまったといいます。
    熱愛発覚前後、朝倉選手は小倉のインスタグラムやツイッターをフォローしていたようですが、今ではフォローも外してしまっているようです」(女性誌記者)


     
    前出の広告代理店関係者が話す。


    「朝倉選手といえば、公式YouTubeチャンネルの登録者数は174万人。
    2020年7月に投稿した動画で“月収4000万円”と話していました。
    小倉さんがラジオでいきなり降板宣言ができたのも、彼氏である朝倉選手の莫大な収入を当てにしていたからなのかもしれません。


    そんな頼りにしていた朝倉選手と破局し、さらに所属事務所からの契約も解除となり、このまま芸能界を引退する――という可能性も現実味を帯びてきたのではないでしょうか」
     
     
    活躍が期待されていた小倉だが、このまま芸能界から姿を消してしまうのだろうか――?



    https://taishu.jp/articles/-/93215
    所長見解:そらな・・・

    【【あの人は今】ラジオ突然降板事件・小倉優香さんの現在がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ワイドショーに「つまらない」「くだらない」「いらない」の声、ここまで嫌われ者になった背景と改善点


    w


    「この番組ではニュース、ワイドショーを一切扱いません」

    3月29日から始まるTBSの新しい朝番組『ラヴィット!』(月~金朝8時)について、チーフプロデューサー・小林弘典氏がそう宣言した。

    報道番組ではなく、視聴者の日常が今より楽しくなる情報を笑いとともに届ける“バラエティー番組”にするという。


     
    来月に現在放送中の『グッとラック!』(TBS系)、そして22年続いた『とくダネ!』(フジテレビ系)が終わりを迎え、新たな番組に生まれ変わることに視聴者の期待も高まっている。



    ■多いわりには嫌われ者なワイドショー

    現在、平日昼間の番組を見てみると『大下容子ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)、『ひるおび!』(TBS系)、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)……など、ワイドショー・情報番組がとにかく多く、朝から夕方まで続く。

     
    だが、正直どれも内容は似たり寄ったりで、視聴者からは「つまらない」「くだらない」「いらない」という辛辣な声が聞こえてくる。

    SNSでも、番組を楽しむ声よりも、MCやコメンテーターの発言などに対する批判の声の方が圧倒的に多い。


     
    また連日のコロナ報道で、“煽りすぎ”と言う意見もあり、これらをきっかけにさらにワイドショーや情報番組が嫌いになったと言う声も。


     
    いつからこの類の番組は「嫌われ者」になってしまったのだろうか。


    「今ではワイドショーではなく、頑なにワイドショーと言わずに情報番組と言い張る局もある。
    なぜなら“ワイド”じゃないから。
    今は取り扱う情報がどこも似ています。
    コロナと天気と、最近ではオリンピック? くらい。
    『週刊文春』によるスクープ“文春砲”が出たときはそれに乗っかって報道することもありますが、独自のゴシップネタとかもやらなくなった。
    それを考えたら、そもそもワイドじゃないんですよね」


     
    そう話すのは、コラムニストの吉田潮さん。

    多くのワイドショー・情報番組がニュースをメインとしているが、ひと昔前は違ったという。


    「例えば20年くらい前は、芸能、ゴシップ、スキャンダルというのがメインディッシュだったはず。
    でも10年くらい前から芸能界ネタが少なくなった気がします。
    ネット社会になったというのも大きいのかなと。
    ネットには細かい情報が山ほどある。
    裏どりができてない情報だったり、ガセネタもあるけど、とにかく活発じゃないですか。
    誰でも書き散らすことができるネットがメインカルチャーになってしまったので、そこに裏どりが必要になるテレビは、スピード的にも抗えない。


    あとはゴシップなんてどうでもいいという高貴な人々が増えたのかな(笑)。
    私は下世話な人間なので、芸能系もどんどんやればいいのにって思いますが、世の中はそういう感じでもないんですね」



    ■人畜無害で特徴なし改善の鍵を握るは“女性”?

    受け手側が変わってきたこともあるが、出演陣の“体質”にも変化が。

    最近は強い発言をすれば叩かれ、発言しなければ忖度していると言われる始末。


    「”MCやコメンテーターも言えないことが増えたり、そもそも意見を言わない人が増えましたよね。
    今は毒舌とか、そういうのも受け入れられない傾向にある。
    だから“毒”を吐く人もいないし、みんな当たり障りのない、害のない人ばかり。
    なのでどこも特徴がないんです。人畜無害だらけのワイドショーって、どうですか?(笑)。


    今、毒舌といえば坂上(忍)さんくらいじゃないですか。
    他番組がえげつなさを捨てていく中で、『バイキングMORE』だけはその方向でいこうぜって。
    ある意味、プライドを持ってやってると思う。
    昔はそういう、えげつなさや、毒ある発言も楽しみの一つでしたが、今はそれがウケる時代ではなくなってきたんだと思います」


     
    実際、600人に聞いた「嫌いな司会者」アンケート(『週刊女性』2月2日号)では、『バイキングMORE』の坂上忍がぶっちぎりで1位だった。


     
    そんな中、『とくダネ!』のあと番組で3月29日から始まる『めざまし8』のMCに選出されたのは、谷原章介。

    それについて、吉田さんはこう深読みする。




    https://www.jprime.jp/articles/-/20149?display=b

    所長見解:文句ばっかやもんな・・・

    【【悲報】ワイドショー「つまらない」「くだらない」「いらない」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ