ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:降板

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
       
    不倫騒動で揺れる斉藤由貴さん側が、次期NHK大河ドラマ「西郷どん」への出演を辞退する申し出を行った。
    NHKが2017年9月21日、発表した。

    ツイッターなどでは、不倫騒動との関係を指摘する声が多いが、中には、お相手医師のものとみられる「パンティー被り写真」の方が問題だったのでは、といった憶測も出ている。
    というのも、「西郷どん」主演の鈴木亮平さんも、過去の役で「パンティー被り」とは浅からぬ縁があるからだ。

    s


    NHKの発表によると、斉藤さんの所属事務所から「本日」(9月21日)、「出演を辞退したい」という申し出があった。
    これを受け、出演者を変更することとし、今後、早急に新しい出演者の選考を進めるとしている。

    斉藤さんは、18年1月から始まる「西郷どん」で、将軍家へ嫁ぐことになる、のちの「篤姫」の女中頭(教育係)である「幾島」を演じる予定だった。

    斉藤さんと医師とのダブル不倫騒動は、「週刊文春」(8月10日号)の報道から始まり、写真週刊誌「FLASH」による「自撮りキス」写真、そして、同じく「FLASH」による「斉藤さんの自宅でパンティーを被る男性医師」写真と続いた。
    最後の「パンティー写真」掲載号が出る1日前の9月11日には、男性医師が情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)で不倫を認め(収録は前日)、斉藤さんも事務所を通じて不倫を認めるファクスをマスコミ各社へ送った。

    そして今回、「降板申し出」が報じられると、ツイッターには

    「不倫は大変なことになるのね」
    「世間は不倫にキビシイんやな」

    といった感想が書き込まれた。
    他にも

    「うわー楽しみだったのに残念!降板することない!!」
    「斉藤由貴の幾島見たかった」

    と残念がる声も見られた。中には、

    「不倫というより、あの衝撃的な写真がネックなんでしょう 笑」
    「主役は元変態仮面なのにプライベートの変態仮面はいかんのか」

    といった指摘もあった。

     指摘にもあるように、「西郷どん」で主役の西郷隆盛を演じる鈴木亮平さんは、2013年公開の映画「HK 変態仮面」で、パンティーを頭にかぶると能力がアップする主人公を演じた。
    2016年公開の続編映画でも主演している。

    実際、17年9月13日配信の日刊ゲンダイDIGITAL記事では、「FLASH」による斉藤さんの不倫相手のパンティー被り写真を紹介する際、「(略)斉藤の下着を顔面にかぶり『変態仮面』のような姿で(略)」と、「変態仮面」とひも付けて報じている。

    こうした事を背景に、先のツイートでは、斉藤さんの不倫相手の「パンティー写真」が、主演の鈴木さんの「変態仮面」を必要以上に想起させ、「西郷どん」のイメージを損なう事が、不倫よりも大きな問題だったのでは、という見立てを披露したようだ。

    もっとも、不倫を認めた斉藤さんをめぐっては、いくつかのCMの降板報道や、出演ラジオの無期限休止などの動きも出ている。

    https://www.j-cast.com/2017/09/21309156.html



    所長見解:それもあったのか・・・
    【【変態仮面】斉藤由貴が大河「西郷どん」辞退 不倫よりも「パンツ被り写真」が重大とのワケってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・鈴木砂羽(44)が主演・初演出を務めた舞台「結婚の条件」で、土下座を強要されたとして女優の鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が降板した騒動について、脚本家で劇団クロックガールズの主宰者・江頭美智留氏(54)が20日、マスコミ宛てに文書を送り、鈴木のパワハラ行為を全面否定。
    改めて騒動の謝罪とともに降板の経緯を説明した。

    s


    江頭氏は文書冒頭で騒動を謝罪した上で、鈴木の土下座強要について言及。
    「鈴木砂羽さんが『罵声を浴びせた』『土下座をさせた』という事実はなかったことを改めてお伝え致します。また、激昂したこともありません」とし、パワハラ疑惑を否定した。

    また、鈴木が小演劇をばかにするような発言があったとの報道にもキッパリ否定し、「鳳さんや牧野さんがそう感じていたことを把握できなかったプロデューサーとしての力のなさは改めて反省しております」としている。

    そして、鳳と牧野を同舞台の主宰者である江頭氏が降板させたとの報道には「事実誤認」があると主張。
    江頭氏によると9日の稽古後のトラブルがきっかけで、2人が所属する事務所社長の関口忠相氏から降板を告げる電話があり、「主要スタッフとキャストの2人を降ろすなら考え直す」との交換条件が提示されたという。
    その後、両者は降板回避へ向けた交渉を続けたが、13日の初日が迫っていたため、江頭氏が交渉と並行して代役を探していたことが関口氏の耳に入り、10日午前4時ごろに再度、降板が伝えられて、代役による公演を決定した。
    だが降板の告知方法をめぐり、関口氏から「降板は鈴木のパワハラによるものと公式ブログで発表する」か「公演中止」の選択を迫られたと明かし、約4時間にわたる電話でのやり取りの最後に「戻しましょうか」との提案もあったと認めた上で「私としては、降板はこちらからではなく9月9日に先方から申し出られたと認識しております」としている。

    なお、降板した2人の女優へのギャラについては「私の至らなさが招いたことですので、せめてもの誠意としてお支払いさせていただく」ことで合意していたが、関口氏が一方的なブログ記事を公開したため、支払いは保留のままだという。

    江頭氏は最後に「すべての責任が私にあることは間違いございません。改めて、鈴木砂羽さん、降板となったお二人にはなんら非はないことを申し上げたいと思います」と主張し、関係者および劇場来場者への感謝の言葉をつづった。

    東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13638383/


    所長見解:どっちもどっちじゃ・・・
    【【降板騒動】鈴木砂羽のパワハラ行為を全面否定ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    斉藤由貴、大河ドラマ「西郷どん」出演辞退 NHKが発表

    NHKは21日、50代の妻子ある主治医とのW不倫を認めた女優、斉藤由貴(51)が出演予定だった来年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の出演辞退を発表した。

    s


    同局は「来年1月から総合テレビで放送する大河ドラマ『西郷どん』で、幾島役としてご出演いただく予定だった斉藤由貴さんの所属事務所から、本日、出演を辞退したいという申し出がありました。
    これを受けてNHKとして検討した結果、予定通りご出演いただくのは難しいと判断し、出演者を変更することとしました」と経緯を説明。
    代役については「今後、早急に出演者の選考を進めてまいります」としている。

    前日の20日には、斉藤がゲスト出演していた10月5日スタートのBSプレミアム「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~」(木曜後9・0)の第1回を第7回に差し替えると発表。
    理由について、「ドラマなどで何かを演じての出演ではなく、個人として出演しているので総合的に判断した」と説明していた。

    斉藤は先月、週刊文春に男性医師との不倫を報じられた。
    当初は否定していたが、不倫関係を認めて謝罪。
    木曜パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」は無期限休止が決まっている。

    http://www.sanspo.com/geino/amp/20170921/sca17092112400001-a.html


    所長見解:パンツはね・・・
    【【下着覆面】斉藤由貴、来年の大河ドラマ「西郷どん」への出演を辞退ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月いっぱいでの終了が決まった番組『ユアタイム』(フジテレビ系)。
    昨年4月に鳴りもの入りでスタートした夜のニュース番組も、約1年半で幕を閉じる。
    その最後を汚す格好となったのが、8月末に「FLASH」(光文社)で報じられたMCの市川紗椰と同局のベテランアナウンサー・野島卓との半同棲報道だ。

    s


    「『ユアタイム』が始まる前からフジは気合が入っており、“これまでにない報道番組を作る!”というテーマのもとスタートしました。
    そこでキャスティングも当時、イケメン経営コンサルタントとして注目されていたショーンKことショーン・マクアードル川上と、モデルとして活躍していた市川のコンビをキャスターとして起用することになっていました。
    ところが放送開始前にショーンKの学歴詐称疑惑が発覚。
    急遽、市川ひとりでスタートすることに。
    その結果、初回からコケてしまい、平均視聴率は最後まで2~3%台をウロウロ。
    本当は今年の3月に終了する話もあったのですが、肝入りでのスタートだったため1年では終わらせることができなかったのです」(フジテレビ関係者)

    その延命の結果、報じられてしまったのが市川と野島の“20歳差交際”だったのだから、なんとも皮肉な話だが、それにしても気になるのが“低視聴率の戦犯”とされる市川のことだ。

    「もともと相撲や鉄道、ガンダムなどのオタク気質の市川はネット住民からの支持が根強く、どちらかといえば彼女に同情する声が大きかったんです。
    今回の熱愛報道は番組打ち切りのアナウンスがあった後ですが、それでも視聴率低迷だけが番組終了の原因となっていれば、ここまでバッシングされることもなかったでしょう」(テレビ局関係者)

    現在は「残りの時間」を粛々とこなしている市川だが、そんなときでも制作チーム内部ではかなりの仕打ちにあっているのだという。

    「『ユアタイム』はこれまで『めざましテレビ』『スーパーニュース』などで知られるフジの敏腕プロデューサーで安藤優子さんの夫でもあるAさんが立ち上げた番組。
    市川はまさに『ユアタイム』制作統括を務めるAさんが自信を持って引っ張ってきた。
    それがショーンKの問題があったとはいえ、スタートダッシュに失敗。
    挙句の果てには、よりによって司会者同士の交際報道となり、これにキレたAさんは、現在はスタジオ内で市川とは目も合わせず、シカトしているようです。
    確かに市川にも責任はありますが、そこまでするAさんもどうなんだろうとスタッフの間で評判ですね」(前出・フジ関係者)

    「視聴者に特別なひと時を提供する」というコンセプトでスタートした『ユアタイム』だが、市川は違った意味で“特別なひと時”を過ごしているようだ。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1356215/
    ビジネスジャーナル

    所長見解:いい報道番組だったのにね・・・
    【【これはひどい】市川紗椰、『ユアタイム』現場でスタッフからシカト状態ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・鈴木砂羽の初演出舞台で、パワハラ問題が騒動になっている。
    出演予定だった鳳恵弥が2回目の通し稽古を別の仕事のスケジュールのために欠席したことなどを受け、鳳は鈴木から土下座を強要されたり非人道的な罵声を浴びせられたと自身のブログで主張。
    鳳と同じ所属事務所の牧野美千子が、本番2日前に降板する事態に発展した。

    公演初日を終えた鈴木は報道陣に対応し、鳳サイドの主張を全面的に否定。
    鳳と牧野の所属事務所社長である関口忠相氏はメディアの取材に対し、その場に立ち会ってはいなかったと前置きした上で、スケジュールは事前にすべて主宰者側に了承を得ていたにもかかわらず、土下座をさせられたことは事実と主張。
    真っ向から対立している。

    s


    14日にはスポーツニッポンの取材に対し、関口社長は「私の中では収拾はついた」と“終結宣言”をしたが、テレビ局関係者は語る。

    「鈴木が所属するホリプロは今、船越英一郎の離婚問題が頭痛の種です。
    今では妻・松居一代からのネット上での攻撃も収まっていますが、一時は自身のブログ上で『所属俳優を守るために私を、抹殺しようとする、プロダクション』などとホリプロを公然と批判。
    さらに、ホリプロがテレビ各局に対して、松居側の主張を番組内で取り上げないよう要請する文書を送付していたばかりか、その文書の存在自体も報道しないよう要求していたことが発覚し、“ホリプロの圧力”が話題にもなっています。

    そんななかでの今回の砂羽の騒動。
    鈴木側がいくらパワハラ行為をした覚えはないと主張しても、業界内でそれをストレートに信用している人などいないですよ。
    そもそも、降板女優側が“まったくなかったこと”をデッチ上げて世間に訴えるとは考えにくい。
    テレビをはじめとする大手メディアの扱い方は、こぞって鈴木を擁護するトーンですが、
    有力事務所であるホリプロがマスコミ各社に要請して、報道を誘導しているという見方が業界内ではもっぱらです」

    ちなみに、前出・関口社長は、鈴木のマネージャーから「こういうようなことがあったことに関しては本当に申し訳ない。私もやり過ぎだと思ったから止めに入りましたし、すみませんでした」と電話で言われたと証言している。

    「ホリプロとしては、謝罪すれば芸能界の“暗黙の了解”で丸く収まると考えたのかもしれません」(別のテレビ局関係者)

    ちなみに、降板女優側の主張に対して、テレビの情報番組では舞台経験のある俳優などから、「舞台の稽古は人格を否定されることから始まる」「舞台では当たり前のこと」と鈴木を擁護する声も相次いでいるが、海外赴任や番組プロデューサー経験もあるテレビ局関係者は、こう警鐘を鳴らす。

    「海外のエンターテインメント業界の常識からみれば、日本の芸能界のそうした価値観は邪道です。日本の芸能界はあまりにも閉鎖的で時代遅れです」

    真相は闇のまま、事態は収束していくのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1355473/
    ビジネスジャーナル


    所長見解:事務所の力が・・・
    【【これは圧力】鈴木砂羽パワハラ騒動、テレビの異常な鈴木擁護ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ