ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:降板

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーでタレントの阿部哲子アナ(39)が先月いっぱいでMCを務めていた民放テレビ局の3番組を降板した舞台裏に衝撃が走った。

    表向きは「体調不良」を理由にしていたが、実際は泥沼の不倫騒動があったことが本紙の取材で判明。
    “梅沢富美男のお目付け役”“MXの女王”といわれた人気アナが降板した内幕は――。

    t


    横浜国立大卒の知性と美魔女ぶりを売りにしていた阿部アナは、9月末、突然お茶の間から姿を消した。
    「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)、「バラいろダンディ」、「田村淳の訊きたい放題」(ともに東京MXテレビ)でアシスタントMCを務めながらも、すべての番組を降板したのだ。

    MXでは金、日曜以外は連日レギュラー出演し“MXの女王”に君臨していた阿部アナ。
    9月末の放送最終回で卒業のあいさつこそしたが、どこかぶぜんとした表情が印象的だった。

    MXは「ご本人の体調不良により、所属事務所とも相談の上、9月末日をもって番組をご卒業といたしました」と回答したが、所属事務所は“病名非公表”とアナウンスしたため、不可解な降板劇はさまざまな臆測を呼んでいた。

    事情に詳しい関係者はこう内情を話す。

    「阿部は長年、妻子ある男性との不倫騒動が明るみに出かけて、公になる前に降板させたというのが真相です。
    ただ、阿部もスンナリと降板を受け入れたワケではなく、最後までモメにモメたようです」

    阿部アナは2006年にTBS社員と結婚し、日テレを退社。
    出産後にフリーで復帰したが、昨年5月に「価値観のズレ」を理由に離婚を発表した。

    「阿部の不倫相手に取りざたされているのは実業家のA氏で、15年ごろから今年まで関係があったようです。
    でもA氏は今年になって病に倒れて帰らぬ人となってしまった。
    A氏の妻が遺品整理をしていたところ、阿部と不倫をしていた証拠品が次々と出てきて、怒り心頭の妻が所属事務所や出演していたテレビ局に“ダブル不倫劇”を訴え出たんです」(同)

    「梅沢――」は今月3日の放送直前まで、ホームページで梅沢富美男と阿部のツーショット写真を掲載していたが、直前で阿部アナだけが外されるドタバタ劇があった。

    番組でも代理MCを務めたモデルの池田美優が「梅沢さんの要望で女性芸能人が日替わりでお目付け役(MC)となる」と説明しただけで、阿部アナの降板について説明はなかった。

    フジテレビ広報宣伝室は本紙の取材に「ご本人の体調に不安があり、所属事務所と話し合いの上、この度番組から離れることになりました」と、降板ではなく“離れる”との表現にとどまった。

    番組関係者によれば、不倫騒動の余波による阿部の降板劇に対し、納得がいかない梅沢が
    「阿部を降ろすなら俺も番組を辞める」と猛反対する一幕もあったという。

    本紙がA氏の妻を直撃すると、悲痛な表情でこう話した。

    「確かにウチの主人と阿部さんはダブル不倫関係でした。
    主人も悪いが、不倫していた阿部さんが今もテレビに出ているのはおかしい。
    事務所の方が謝罪に来て『9月いっぱいでテレビ関係は全部降板させる』と言った。
    ただ、それでも私は公にしないと納得がいかない。
    降板しても数か月したらまた復帰するんじゃないですか。
    懺悔(ざんげ)しないといけないし、少なくとも2年以上、不倫していたのだから、同じくらいはおとなしくするべきで、テレビに出るのは許せないんです」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000002-tospoweb-ent


    所長見解:結末が・・・

    【【衝撃事実】元日テレ・阿部哲子アナ、出演番組を全降板の理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【巨人】後任は原辰徳氏で一本化 4年ぶり3度目の指揮へ…由伸監督辞任表明

    巨人の高橋由伸監督(43)が今季限りで辞任することが3日、明らかになった。
    東京・大手町の球団事務所で山口寿一オーナー(61)が取材に応じ、辞意の申し出を了承したことを明かした。
    チームはクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性を残すが、高橋監督は3年契約最終年の今季、優勝争いに絡めなかった責任を痛感。自ら身を引く意思を固めた。
    後任には原辰徳氏(60)を候補として一本化している模様。
    4年ぶりに指揮を執ることが有力となった。

    h


    由伸監督が大きな決断を下した。
    球団事務所で報道陣に囲まれた山口オーナーの口から、衝撃的な言葉が発せられた。
    「高橋監督から責任を取って辞めたいと話がありました。(指揮した)3年間、優勝から遠ざかっている責任を取りたいという話です」。
    今季限りで、指揮官がユニホームを脱ぐことを明かした。

    山口オーナーによると、先週、同監督から電話があり、会談を持った席で辞意を伝えられた。
    チームは3位でのCS進出の可能性を残しており、日本一への道は閉ざされていないが「本人としてはCSに出られるとか、順位が何位になるかではなく、3年間優勝争いに加われなかったことを非常に重く受け止めていた」という。
    球団側もいったん持ち帰って検討したが、了承するに至ったという。

    15年オフに現役を引退し、監督に就任。
    指揮官として2年続けて優勝を逃し、今季もゲレーロや野上ら補強組が不発に終わり、9月29日には12年ぶりのシーズン負け越しが決定。
    指揮官一人の責任とは捉えておらず、同オーナーは「戦力の補強をはじめ、監督に対して十分なバックアップができていなかった。私からは申し訳なく思っていると伝えました」と球団の責任をわびた。
    その上でフロント体制の見直しにも言及。
    「GMも含めて、それをどうしていくのかはこれから」と刷新を予告した。

    過渡期のチーム再建を託され、結果を求められつつ、信念を持って若手を積極的に起用。
    6月から4番に座り続ける岡本を筆頭に、吉川尚、重信らを育て上げた。
    その手腕を山口オーナーも高く評価。
    9月12日のオーナー会議後には「十分にチームを整えて、腕を振るってもらいたい」と続投に前向きだった。
    本人の意思が固く、翻意はならなかったが「高橋由伸は、ジャイアンツの宝だと思っています。再びジャイアンツのユニホームを、監督として着てもらうということを願っています」と期待した。

    後任監督には、原氏で一本化していることが本紙の取材で分かった。
    通算12年で3度の日本一を含む7度リーグ制覇を成し遂げた名将が、高橋監督が芽吹かせたチームを継承する。
    山口オーナーは後任について「難しい状況で引き受けてもらうことになる。そうすると、やはり経験、実績といったことは必要」と話した理想像とも合致する。

    実現すれば3期目の政権となる。
    3度、監督に就任するケースは球界でも少ない。
    この日、都内で取材に応じた原氏は「現時点では何もお話しすることはありません。その言葉しかありません」と話すにとどめた。
    「新しい体制で今月下旬のドラフト会議には臨みたいと思っている」と同オーナー。
    早期決定を目指していく。


    ◆原 辰徳(はら・たつのり)1958年7月22日、福岡県大牟田市生まれ。60歳。
    東海大相模高、東海大を経て、80年ドラフト1位で巨人入団。
    81年に新人王、83年は103打点で打点王とMVP。95年に現役引退。
    野手総合コーチなどを経て、2002年に監督就任。
    03年オフに退団し、06年に巨人監督復帰。
    09年の第2回WBCで日本代表を世界一に導いた。
    巨人では指揮を執った12年間でリーグ優勝7度、日本一3度。15年に監督を勇退。
    今年1月に野球殿堂入りを果たした。
    181センチ、88キロ。右投右打。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000008-sph-base

    所長見解:やっぱりか・・・

    【【巨人・高橋由伸監督辞任】新監督は原辰徳氏 ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “カトパン”こと加藤綾子が、交際を申し込まれていた明石家さんまと完全決別。
    来年には共演番組『ホンマでっか!?TV』も降りる可能性が高いという。

    「番組は10月で10年目に突入。
    来年3月なら9年半ですが、時期的には年度末の3月で降板がベストでしょう。
    それを逃したら満10年の9月。
    加藤としては区切りの10年目に入ったし、3月に降りたいようです」(テレビ雑誌編集者)

    s


    何しろ最近の加藤の“降りたい態度”は、あからさまだという。

    「2人は並んで立って司会をしていますが、以前より距離が10センチ離れたというネット上での分析もあるぐらい。
    さんまはコメンテーターに大ゲサにしゃべるのですが、カトパンはニコやかにしているだけで、最近どこか冷めている。
    第一、さんまの方を向いてしゃべらない露骨さです」(同・編集者)

    さんまは今年5月、フジテレビ系列で放送されたスペシャル番組『さんま&女芸人お泊り会~人生向上の旅~』で、お笑いタレントから加藤との関係を聞かれ、

    「付き合いたいし、抱きたい」
    「当たり前や、抱きたいやろ、あれくらいのクラスの女やったら」

    などとハレンチ発言。

    「加藤は、この話を聞いて『冗談じゃない!』『そんな気ないから!』と激怒したわけです。
    実は、もっと以前、加藤はさんまにバッグを買ってもらったことを“おねだり加藤”とネタにされたことがある。
    そんな私的な部分までネタに使われたことに立腹。
    付き合うも何も、随分と嫌っているという話もあります」(女子アナライター)


    インスタで示す「無理」の意思表示

    それが鮮明に表に出たのが、加藤の8月2日付のインスタグラム。
    加藤はインスタで、さんまの誕生日会の様子を投稿し、“のし紙付き”のラスクをプレゼントしたことを報告したのだが、6人並んで撮った写真は、さんまから1人置いて座っているものだった。

    「誕生日に好きな子から“のし紙付き”のお菓子をもらって、記念写真を撮るときに離れたところに座られたら“脈なし”と思うのが普通じゃないですか。
    インスタは間違いなく『交際は無理です』の意思表示。
    のし紙については購入時のうっかりを強調していましたが、ワザとやったといわれています」(同・ライター)

    最近、さんまは「加藤に相手されへんのや」とグチることもあるという。

    「加藤は名前こそ出しませんが、『分かってくれない』『一緒に仕事したくないの』とハッキリ言っています。
    去年夏、フジテレビの同期・椿原慶子アナとニューヨーク旅行にこっそり行ったこともさんまにバレ、文句を言われた。
    彼女は『付き合う気ないし、そんなこと言われる筋合いはない』と怒り心頭。
    そのとき共演を辞める決意をしたみたいです」(加藤と親しい記者)

    テレビを通して「お前とヤリたい」などと発言する人間と番組共演するのは、われわれが想像する以上にキモイことなのだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1531504/


    所長見解:そうなんだ・・・

    【【完全決別】加藤綾子アナ、明石家さんまとの共演解消の理由・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小川彩佳アナ『報ステ』卒業で涙 7年半に感謝

    テレビ朝日の報道番組『報道ステーション』のサブキャスターを7年半にわたって担当した、同局の小川彩佳アナウンサー(33)が28日、同番組を卒業した。
    最後のあいさつで小川アナは涙をぬぐい「本当に不器用でいたらない点が多かったサブキャスターでしたが、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を伝えた。

    no title


    小川アナは今後、10月からインターネットテレビ局「AbemaTV」の看板ニュース番組『AbemaPrime(アベマプライム)』(月~金 後9:00~11:00)の司会進行役でレギュラー出演する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000394-oric-ent


    所長見解:アベマか・・・

    【【女子アナ】小川、報ステやめるってよ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年9月25日放送の『バイキング』にて、毎週火曜レギュラーとして出演していたお笑い芸人の小籔千豊が、この日限りをもってバイキングのレギュラーを卒業することを発表した。

    k


    この日の放送の最後、MCの坂上忍から「長らく火曜バイキングを支えてくださった小籔っちが今日をもって卒業となります」と報告し、小籔も「ありがとうございました」と視聴者へ向けて挨拶した。

    小籔は『バイキング』には、番組開始当初の2014年4月から火曜日レギュラーとして出演。約4年半の長期レギュラーとなった。

    さて、改編期とは言え今回の突然ともいえる小藪の降板だが、一部業界の噂によると、今回の降板は、今年3月に金曜日MCを降板した雨上がり決死隊の一件が関係しているのではないかと噂されている。

    「『バイキング』は金曜MCの雨上がり決死隊が降板した後、誰も後枠に入っていません。本来の吉本興業であれば、吉本芸人が降板した後は後釜を用意するのですが、空白のままになっています。
    これは雨上がり決死隊の宮迫が不倫騒動で叩かれた際、坂上が同じ出演者である宮迫に対しフォローに入らず、逆に糾弾したことで番組に居づらくなり、吉本側も無鉄砲で何にでも噛み付く坂上を警戒していたためとされています」(某業界関係者)

    現に、小籔は『バイキング』における坂上の司会ぶりについて、AbemaTVでの生放送にて「(自分の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしている時がある」「心が折れるときがある」と語っており、ベテランの小籔といえど、『バイキング』はかなりやりづらい仕事であったのは間違いないようだ。

    なお、ネットでは、今回の小籔の降板に対し「火曜レギュラーの中では弁が立つ人なので残念」「坂上さんに対しても真正面から意見が言える人だったので番組に必要な人材だと思っていた」と残念がる人も多い。

    今年に入り、レギュラーが続々と降板していく『バイキング』。
    果たして小籔の後釜には誰が就任するのか……?

    https://npn.co.jp/article/detail/86763017/


    所長見解:不仲?・・・

    【【不仲説】小籔千豊が『バイキング』突然降板した理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ