降板

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元TBSでフリーの雨宮塔子アナ(48)が5月31日、メーンキャスターを務めていたTBS系「NEWS23」を卒業した。

    t


    すでに、今月3日からは、今年4月にテレビ朝日を退社したばかりのフリーの小川彩佳アナ(34)が後任として登場することが決定。

    小川アナが出演するスポットCMもすでに放送されている。

    雨宮アナはエンディングで「『NEWS23』は来週月曜、6月3日に大きなリニューアルを迎えます」と自身の卒業を報告。

    「代わりに小川彩佳アナウンサーが『NEWS23』をお伝えします」と伝えた。

    約3年で卒業となった雨宮アナは、「本当に幸せでした」と涙で声を震わせながらも笑顔。

    今後はもともと生活の拠点だったたフランスに戻ることを明かし、「そこで触れたヨーロッパの文化や女性の生き方など、折々、この『NEWS23』でお伝えできたら、と。
    皆さん3年間、本当に温かいご支援、ありがとうございました」と涙をこらえ、最後まで笑顔で番組を去った。

    「雨宮アナはエース級の活躍をしていた99年にTBSを退社したが、局内のやっかみやパワハラなどもあり、不本意な形で同局を去った。
    にもかかわらず、オファーを受け窮地の『23』を救ったが、視聴率の不信の責任を取る形でクビに。
    ネット上には雨宮アナの卒業を惜しむ声が多く上がっており、今後のさらなる視聴者離れが進みそうだ」(テレビ局関係者)

    フリーになって初の大仕事に挑む小川アナだが、視聴率が低迷すればいきなりピンチを迎えそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1853699/

    所長見解:どうするのかね・・・

    【【悲報】NEWS23・雨宮アナへのぞんざいな処遇問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 「一軒家」に逆転され…「イッテQ!」の“リストラ候補”に挙がる意外な名前

    『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系、日曜夜7時58分)に暗雲が立ち込めている。

    19日放送の視聴率は16・9%。

    決して悪くはないが、同時間帯のライバル『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)は19・8%と過去最高をマークし、完全に逆転を許してしまっている。

    q


    『イッテQ!』は2007年に始まった長寿番組。

    一方、『一軒家』は昨年10月からレギュラーに昇格したばかりだ。

    2月24日の放送で初めて視聴率で逆転されると、その後はハイレベルの争いとはいえ、『イッテQ!』が『一軒家』の後塵を拝する回数が増えている。

    特に気になるのが、GW中の『イッテQ!』の視聴率。

    今月5日放送は13・5%と、昨年12月9日以来の15%割れだった。

    「GW中は視聴率が下がる傾向にありますが、『一軒家』は過去最高の17・7%。
    『イッテQ!』の視聴者層は外出しがちな若者、『一軒家』はこもりがちな中高年ということを差し引いても、“異常事態”でしょう」(テレビ誌ライター)

    低迷の原因ははっきりしている。

    「昨年11月に起こった番組の“ヤラセ騒動”と、昨年末に報じられた手越祐也の“未成年飲酒疑惑”が響いているのは間違いない。
    手越に至っては昨年6月にも同じような疑惑が伝えられた“常習”ですから、視聴者もウンザリし始めています。
    降板説もありましたが、司会のウッチャンは情に厚いことで知られている。
    視聴率低下や“不祥事”でリストラの話が持ち上がっても、反対したのかもしれません」(在京キー局関係者)


    『イッテQ!』はかつて20%超えも珍しくなかった日テレの“看板番組”だ。

    『一軒家』に押されっぱなしでジリ貧を避けるためにも、「抜本的なテコ入れ、出演者のリストラ、刷新を迫られています」と、ある構成作家がこう明かす。

    「最近、手越のリストラ説が再燃しているようですね。
    12日の放送で、毎年恒例の『シャッフルSP』のメンバーが発表されました。
    出川哲郎の『はじめてのおつかい』にみやぞんが、手越の『ノーチャラ生活』に出川が出演するなど、出演者が他のメンバーの企画を体験。
    しかし、手越の名前はなく、出番はなし。
    関係者の間では『いよいよ降板か』なんて声が上がっているようです」

    現実味を帯びてきたようだが、「人気の長寿番組を続けるには、時には大胆なメンバーの刷新も必要です」と話す芸能ライターのエリザベス松本氏が“リストラ候補”に挙げるのは、意外な出演者だ。


    「“珍獣ハンター”として人気はありますが、今やすっかり女優業が板についてきたイモトアヤコさん。
    『家売るオンナ』(日本テレビ系)や『下町ロケット』(TBS系)などのドラマに出演し、最近は、視聴者も女優としてのイモトさんの姿が刷り込まれています。
    芸人とは思えなくなってきた。
    以前ほど夢中になって見られません」


    イモトといえば、体を張ったロケで、レギュラーメンバーの中でも一、二を争う人気を誇ってきた。

    しかし、3月に放送された南アフリカでのバンジージャンプは棄権。

    ネット上では〈偉くなったな〉〈芸人ですよね?〉〈終わりだな〉などと批判の声が相次いだ。

    「番組を見ていても、女優にシフトしたい気持ちがヒシヒシと伝わってきます。
    彼女自身も『そろそろ潮時』と思っているのでは。
    過渡期に来ていると思うので、本人にとっても番組にとっても、降板は自然な流れかもしれません」(エリザベス松本氏)

    芸人イモトか、女優イモトを選ぶのか。

    気になるところだ。


    日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000011-nkgendai-ent

    所長見解:飽きたかな・・・

    【【これは意外】「イッテQ!」のリストラ候補がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの坂上忍が10日、米・ロサンゼルスに移住したモデルのローラとの2ショット写真をブログに投稿。

    同日放送の『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)で、坂上は動物保護の最先端を行く現地を訪問したのだ。

    動物愛護に力を注ぐローラが今回、番組の案内人として登場し、現地の保護シェルターなど“動物ファースト”が徹底された各施設を紹介。

    さらに、現地の自宅において、渡米の理由や現在の生活、将来の展望についてのインタビューも行われた。

    同番組のオフショットとして写真をアップした坂上は、「この足の長さの違いはなんなんですかね。おじさん、ショック!」と明らかなスタイルの差に自虐的なコメントを寄せた。

    そんな坂上だが、今や「日本で一番忙しいタレント」と言っても過言ではないだろう。

    レギュラー番組は9本も抱え、超多忙と引替えに年収は7億円越えともささやかれている。

    中でも、お昼の顔で知られる『バイキング』(同系)の名司会ぶりは、坂上ならではの鋭い斬り込みがウリとなり好評の様子。

    同番組は、国民的長寿番組『笑っていいとも!』の後釜として2014年4月から開始した情報番組だ。

    だが、一方で番組開始の2年後には、30人以上のタレントが同番組を降板していると報じられている。

    その理由は坂上の“名司会ぶり”が原因とされているようだ。

    s


    2018年3月に同番組を卒業した雨上がり決死隊の宮迫博之は、同年8月に出演したラジオ番組で「ほんまに、しんどいから辞めた。人のことをとやかく言うの、昔から嫌い。人の噂話とか」と、同番組を全否定するとも取れる理由で降板したことを告白したのだ。

    宮迫は、2017年8月に不倫疑惑を『週刊文春』(文藝春秋)にスッパ抜かれ、同番組でも本件に触れている。

    坂上の「やらないわけにはいかない」と“鶴の一声”で、宮迫は番組内で謝罪。

    さらに、不倫疑惑に関しては「オフホワイト」と表現し、上手いこと明言を避けた。

    だが、この件をきっかけに坂上の“圧”が心底嫌になり、自ら番組を降板したという。


    そして、2018年9月には、弁の立つ物言いが好評だったタレントの小籔千豊も卒業。

    小籔は坂上について、報道番組『AbemaPrime』(AbemaTV)での生放送にて「(小籔の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしている時がある」「心が折れる時がある」などと吐露。

    番組名は明かしていないものの、同番組の生放送内で坂上と頻繁に意見が食い違い、衝突した事実がある。

    こうした発言から、宮迫、小籔ともに坂上とは“共演NG”だと言われている。

    また、今年3月には、お笑いコンビ・サンドウィッチマンとタレントのYOUが、同番組を卒業した。

    サンドウィッチマンの2人も坂上と意見が対立し合った姿が放映されている。

    だが、坂上の“口撃”に2人は尻込みし、結局、意気消沈してしまう場面も見受けられた。

    YOUも男性レギュラーほどではないが、坂上からのキツい当たりを受けていたようだ。

    この3人の卒業の理由は、坂上が原因であるとは明確ではないが、業界内ではそう言った噂は絶えないようだ。

    「坂上の独裁姿勢は、スタッフや共演者に対しての“将棋の駒”のような扱いに過ぎないだろう。
    手慣れた進行は、見事な切り返しで番組を盛り上げているが、ヒートアップした坂上の歯止めは操作不能となる。
    よって、坂上の“口撃”や煽りに反応していたらタレント生命の危機を招くこともありえる。
    また、坂上の十八番である“毒舌”だが、“イジリ”のつもりが“いじめ”の領域ではと批判の声もあり、同番組への出演を“NG”とするタレントが続出しているという。
    番組スタッフは、その穴埋めに四苦八苦のようだ」(芸能関係者)


    何だかんだ言われても、同番組の視聴率は右肩上がりのようだ。

    制作側は坂上を崇拝しているだけに、今後の“独裁ぶり”も相変わらずであろう。

    だが、それと引き換えに共演後の“NG”者も右肩上がりなのでは。

    次は誰が“卒業発表”するのか見物である。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16484103/

    所長見解:そうやね・・・

    【【不仲問題】坂上忍と共演NGの芸能人がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    漫画誌「ビッグコミック」(小学館)内のインタビューでの発言で炎上中の俳優の佐藤浩市が13日、都内で行われた映画「ザ・ファブル」(6月21日公開)の完成披露試写会に出席した。

    公開を控えた映画「空母いぶき」(24日公開)で首相役を演じる佐藤は同誌のインタビューで、「ストレスに弱くて、すぐお腹を下してしまうっていう設定にしてもらった」と役どころを説明。

    また、「最初は絶対やりたくないと思いました(笑い)。体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代にある」などとも発言していた。

    その発言を受け、ネット上では、潰瘍性大腸炎を患っている安倍晋三首相を「揶揄している」などと批判が殺到。

    安倍首相と親交がある作家の百田尚樹氏らがSNSで怒りの声を上げていた。

    s


    各スポーツ紙によると、イベントで佐藤は主演のV6・岡田准一らとレッドカーペットに登場。

    リムジンで共演者らと乗り付けた後、ゆっくりと歩きながら、沿道の招待客に笑顔を向けたという。


    佐藤は主演の岡田らを「殺し屋」として仕込んだ役。

    「ボス役の僕がバブル期によく見かけたリムジンにやっと乗ることができて幸せでした」と話し、ネット上の批判については触れず。

    退場時には、場内に大音量の音楽が流されたという。

    「主演がほかの事務所のタレントだったら、主催者側も佐藤に発言の機会を与えて記事を大きく扱ってもらおうと考えたかもしれないが、岡田はジャニーズ事務所の所属。
    とにかく、記事は“岡田ファースト”にならないと許されないので、佐藤に発言する機会を与えなかった」(ワイドショー関係者)

    イベントの同日、「空母いぶき」の公式サイトが更新され、舞台あいさつの詳細を発表。

    東京、大阪、名古屋を会場に計9回行われる予定で、主演を務める西島秀俊、佐々木蔵之介、そのほか若松節朗監督らが登壇するが、その中に佐藤の名前はなかった。

    「佐藤は現在、3社のCMに出演中。
    14日もCMが放送されていたが、これ以上騒動が拡大すると、降板危機を迎える可能性も。
    そのため、炎上問題については発言を控えて、ほとぼりが冷めるのを待つことになりそうだ」(芸能記者)

    インタビューでの発言の真意が気になるところだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/04217929/

    所長見解:すごいな・・・
    【【炎上中】 佐藤浩市、全CM降板危機の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月5日付でテレビ朝日を退社してフリーとなった小川彩佳アナ(34)が、TBS系「NEWS23」のメインキャスターに就任すると7日、同局から正式に発表された。

    同番組は元TBSでフリーの雨宮塔子アナ(48)と元朝日新聞特別編集委員・星浩氏(63)が2人でメインキャスターを務めているが、6月3日から全面リニューアル。

    23


    新体制では小川アナが単独でメインを担当し、星氏がアンカーを担当。

    スタジオセットやタイトルロゴなど、番組全体のデザインを変えて再出発するという。

    「小川アナのキャスター就任は、テレ朝を辞める前から報じられていました。
    その時点で“寝耳に水”だったテレ朝幹部は激怒。
    衝撃の交代劇でしたが、その後は各方面への説明や調整などをクリアにしてようやく発表に至ったようです」(放送担当記者)

    仏・パリを拠点に、シングルマザーとして2人の子どもの育児と仕事を両立していた雨宮アナ。

    古巣の要請で、16年7月から同番組のキャスターに就任。

    しかし、わずか3年で降板することになってしまった。

    「雨宮アナはエース級の活躍をしていた1999年に突如TBSを退社。その背景に局内での軋轢などがささやかれていました。
    そして今回も、不本意な形での降板。
    悲痛な思いでパリへと帰ることになりそうです……」(芸能記者)

    http://news.livedoor.com/article/detail/16428545/
    女性自身

    所長見解:しかたない・・・


    【【メイン交代】「NEWS23」雨宮塔子アナ、電撃降板の理由・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ