降板

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元祖“毒舌芸人”として再ブレークを果たしたヒロミ(54)に、早くも賞味期限切れ説が取り沙汰されている。

    今年1月にスタートした『アオハル(青春)TV』(フジテレビ系)が6月をもって、打ち切りになる方向で調整が始まったのだ。

    すべては、ゴールデン&プライム帯では絶対にあり得ない番組視聴率。

    局内には、ヒロミに対する失望感が渦巻いているという。

    h


    「MCに抜擢された初回2時間SPこそ、なんとか4.1%をゲットしたが、その後は目を覆いたくなるような惨状です。
    番組平均視聴率は常に2、3%台。
    裏番組の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)などは、普通に視聴率15、6%をキープしている。
    まさにスポンサーが白旗をあげ、裸足で逃げ出すようなありさまなんです」(放送作家)

    その戦犯と名指しされているのがMCのヒロミだ。

    「番組回しが通り一辺倒でつまらない、という評価になっているんです。
    さらに、DAIGOや『Sexy Zone』の菊池風磨、佐藤勝利らがレギュラー出演しているのに、うまく活用できていない。
    よくも悪くもヒロミ1人が悪目立ちしているんです。
    まあ、番組を見れば視聴者が置き去りになっているのがよく分かります」(テレビ局関係者)

    実はヒロミに降板説が囁かれているのは『アオハル』だけではない。

    「現在、レギュラー&準レギュラー番組など9本を抱えていますが、厳しい評価があちこちから伝わっています。
    結果、MCを務める『ウチのガヤがすみません!』(日テレ系)、『東大王』(TBS系)の2本も、秋の改編で消滅する方向で調整が始まったそうです」(芸能プロ関係者)

    こんなヒロミだが、出演料は意外にもお高いことで有名なのだという。

    「ゴールデン&プライム帯で最低150万円。『アオハル』は1本200万円と、法外な金額をフジに吹っ掛けていたそうです」(前出・放送作家)

    ヒロミが再び干されるのも時間の問題かもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1769722/
    週刊実話

    所長見解:まあね・・・

    【【再ブレイクも】ヒロミに囁かれる賞味期限切れ説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月8日の放送から、バラエティ番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)がリニューアルされた。

    そんな中、一部のレギュラー出演者が、何の説明もなく消えていたという。

    t

    「『たいむとんねる』は毎週、メインの石橋とともに、ミッツ・マングローブがMCを務めていました。
    それが今回の放送から、ミッツの姿は消えており、フジの永尾亜子アナが進行を担当。
    そして石橋とゲストのおぎやはぎ・矢作兼で、シュウマイに関する話題を取り上げました。ですがミッツの降板は事前に何の説明もなく、今回の放送でも触れられなかったことで、視聴者からは『あれ、ミッツはクビ?』と驚きの声があがっています」(テレビ誌記者)

    ミッツは音楽ネタには強いものの、石橋とは世代が違うため、テーマによっては相槌に徹する回も多かった。

    そのため、紅一点でギャラのかからない女子アナへと変更されたのかもしれない。

    https://www.asagei.com/excerpt/124865 

    所長見解:いらないよな・・・

    【【何があった】人気番組「石橋貴明のたいむとんねる」に異変・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1日から、古巣フジテレビ系の新報道番組「Live News it!」のキャスターに就任したフリーの加藤綾子(33)だが、早くも苦境に立たされている。

    放送初日の平均視聴率は4・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、テレビ東京を除いた同時間帯の民放キー局の番組で最下位。

    翌日以降も数字は伸び悩んでいる。

    k


    「3月まで放送されていた『プライムニュース イブニング』でも3~5%は取っていたので、年間1億円以上ともいわれる高額ギャラを支払ってカトパンを起用したメリットは今のところなし。
    そのため局内からは、『局アナでよかったのでは』という声が上がっています」(フジ関係者)

    そんな加藤だが、12日には自身初のビジネス書「会話は、とぎれていい 愛される48のヒント」(文響社刊)を発売。

    同書は、加藤がこれまでに出会った著名人から得た会話のヒントについて伝えるもので、
    明石家さんま、タモリ、阿川佐和子ら、会話のプロとのエピソードが紹介されているという。

    「本業はキャスターのはずだが、副業をこなすだけまだ余裕があるのでしょう。
    危機感はまだないようですが、数字が伸びないと半年で降板もあり得る」(前出の関係者)

    フジの宮内社長は、長らく続く視聴率低迷は底を打ったと宣言。

    帯番組を担当するカトパンの責任は重大だけに、さんまからは話術よりも視聴率アップの極意を伝授してもらったほうがよさそうだ。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/251506

    所長見解:報道はね・・・

    【【低視聴率】新報道番組キャスター加藤綾子、半年で降板説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    春は、番組改編の季節。

    出演者の新旧入れ替えなどで、番組を卒業する出演者を送り出すための涙の演出などもつきもの。

    しかし、日テレの朝の看板番組『ZIP!』の場合は、3人もの“功労者”が番組から去るというのに、実にあっさりしたものだった。

    2年半にわたって番組MCを務めた川島海荷(25)や、7年もの間、金曜日のレギュラーを務めていた鈴木杏樹(49)にも、最後に花束を渡すなどのセレモニーはなかった。

    また、3月29日の番組終了後、局内で行われた100人規模の送別会には、川島こそ出席したものの、鈴木は仕事を理由に欠席するなど、盛り上がりに欠けるものだったという。

    人気コーナー『MOCO’Sキッチン』で8年間もの間、番組を盛り上げていた、速水もこみち(34)も番組を卒業したが、送別打ち上げ会には出席せず、番組内でのあいさつすらなかった。

    m


    いったい何があったのか、視聴者も疑問に思ったことだろう。

    番組関係者はこう話す。

    「実は、当初『ZIP!』スタッフは『MOCO’Sキッチン』を終わらせるつもりはなかったんです。
    それが、速水の事務所とのボタンのかけ違いで、終了することになってしまった」(日テレ関係者)

    この騒動を報じた『デイリー新潮』によると、昨年、番組の視聴率低迷を脱するために『ZIP!』は、番組内連ドラ『生田家の朝』をスタートした。

    その間、『MOCO’Sキッチン』は2週間お休みということになったのだが、これを「打ち切り」と解釈した速水の所属事務所が、「どういうことだ」と日テレに猛抗議。

    これが、さらに日テレ上層部を怒らせてしまったのだという。

    『生田家の朝』が終われば、また『MOCO’Sキッチン』に戻す予定だったが、事務所の抗議に合い、日テレ側は今後のトラブルを避けるため「だったら、速水には卒業してもらっても結構」ということになり、急遽卒業が決まったというのだ。

    「鈴木に関しては本当に仕事が入ったための欠席だったのでしょうが、速水の場合、最後はけんか別れのようなものなんでしょう。
    だとしたら、打ち上げに出ないのも当然ですよね……」(放送作家)

    3人の功労者を卒業させたが、なんとも後味の悪い話が聞こえてくる『ZIP!』。

    金曜レギュラーを務める吉田沙保里らを起用した新体制で視聴率は戻るのだろうか……。

    https://taishu.jp/articles/-/64505?page=1 

    所長見解:いろいろあるんやね・・・
    【【不可解降板】速水もこみち、鈴木杏樹も『ZIP!』打ち上げを欠席した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いま明らかにキテいるのが、中条あやみ(22)だ。

    美人女優の誉れ高く、中条の美女ぶりは誰もが評価していて、特に女性からの人気は抜群。

    そんな旬真っ盛りの折、自身がMCを務めるトーク番組『アナザースカイ』(日本テレビ系)を3月29日で降板する。

    改編期によるキャスト変更とも思えるが、実は中条が降板を強く望んだという。

    an


    「現在、テレビレギュラーは『アナザースカイ』の1本のみ。
    少ないと言われている男性人気の獲得のためにもレギュラーを手放すのは無謀な行為ですが、彼女は“降りたい”と強く望んだようです」(芸能プロ関係者)

    番組は、お笑いの今田耕司(53)もMCとして出演。

    毎回ゲストを呼んで、トークを繰り広げるスタイルで、画面向かって右側が中条と今田、左側がゲストという対面形式だ。

    「ネットでは、すでに1年近く前から“中条、今田嫌いアリアリ”“中条が拒絶してる”など、何度となく書かれています。
    確かに、今田と話をしたくないという雰囲気が画面からも明らかに伝わってきます。
    今田が中条の方を向いても、彼女は視線を合わせない。
    視聴者も気付いてますよ」(テレビ雑誌編集者)

    彼女としては、“もう今田とは共演したくない”という思いが限界を超え、今回降板に踏み切ったということか。

    「レギュラーを落としても辞めるのですから、相当、今田が苦手なのでしょう。
    中条はモデルとしても活躍していますが、親しい仲間に『今(コン)、耐えられない』とグチをこぼしているといいます」(同)

    しかし、なぜ中条は、それほどまでに今田を毛嫌いするのか?

    「今田は、打ち合わせと称して誘うことがしょっちゅうだったそうです。
    そのたびに中条は理由をつけ、逃げるのに一苦労。
    今回の降板決定で、やっと逃げることができると、ホッとしているのではないでしょうか」(モデル関係者)


    http://news.livedoor.com/article/detail/16242904/
    週刊実話

    所長見解:仲良さそうやん・・・
    【【衝撃事実】中条あやみ アナザースカイ降板の裏事情・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ