降板

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのビートたけしが10日、テレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」で、自民党入りを画策する元民主党・細野豪志氏について言及した。

    「今週の国民が怒っているニュース」の話題で、たけしは開口一番「許せない。山本モナに手をつけた。うちのタレントをただでやりやがって。冗談言うなよ」と、06年に話題となった過去の不倫騒動を持ち出した。

    「89年7月から放送されすっかり長寿番組になった『TVタックル』だが、以前に比べ、たけしのコメントにキレがなくなって来た。
    それでも、たけし本人はまったく番組をやめる気がないので、周囲から切り出すこともできない」(テレ朝関係者)

    たけしといえば、昨年3月いっぱいで 所属事務所「オフィス北野」を退社して独立。

    現在、たけしの窓口は、5年前に一部週刊誌で“愛人”と報じられた18歳年下のビジネスパートナーの女性と、3年ほど前に設立した「T.Nゴン」で、その“愛人”があれこれ仕事に口出ししていることが報じられている。

    私生活では今年の元日、一部スポーツ紙で妻と離婚調停中であることを報じられたが、事務所は記事を否定。

    たけしはその後、出演した番組で、「離婚の調停なんか終わってるよ、バカヤロー! あとはハンコを押すだけだ。もう何百億円も取られちゃうよ」と毒づいた。

    そんなたけしだが、発売中の「女性自身」(光文社)によると、民放各局の番組のリストラ危機を迎えてしまっているという。

    g


    同誌によると、ここ数年、民放各局の制作費が軒並み削減される中、新事務所の方針でたけしのギャラは1本200~300万円で据え置き。

    にもかかわらず、たけしの番組は高額ギャラに見合う数字が以前ほど取れず。

    放送開始から22年を迎えるレギュラー番組「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)が今秋の改編の標的になってしまったというのだ。

    たけしサイドがギャラの件で折れない限り、各局のリストラが進みそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16016869/

    所長見解:たしかに・・・

    【【高額ギャラ】ビートたけし、ついにリストラへ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今年、「花王」のCMから菅野美穂(41)がひっそりと消えた。

    その理由を、昨年12月に発表された第2子の出産と、育児に求める向きもある。

    “家庭最優先”で仕事を削るのだろうというのだ。

    しかし、芸能界の“事情通”の見方は異なる。

    その見方は、2013年4月に結婚した堺雅人(45)にも大いに関係するのだが、まずは、広告代理店関係者の話を紹介しよう。

    「花王は国内の化粧品業界では資生堂と並ぶ最大手ですよね。
    テレビ業界にとってもメインのスポンサーです。
    他社からすれば、“花王の菅野美穂”と契約している意味合いが多分にあるのです。
    メインスポンサーとの契約が切れたから、ほかの社もCMを打ち切る、これって実はよくあることなんですよ」

    この誘発効果が現実となるかは時を待つことにして、ここで、直近の菅野の出演CMを整理しておきたい。

    初めて花王の化粧品「ソフィーナ」に出たのは98年11月。

    20年来、プリマヴィスタやボーテといったラインナップに登場してきた。

    現在は、「味の素」に「朝日生命保険」、「三井ホーム」の3社だ。

    代理店関係者曰く、

    「業界では、花王を降板した菅野美穂を“賞味期限切れ”と判じる会社もあるのでは、と話題です」

    奇しくもこの“賞味期限”は、堺雅人にとってのキーワードでもあった。

    k


    ■扱いにくいイメージ

    さる芸能事務所の関係者が囁く。

    「堺は、NHK大河の『真田丸』以降、2年以上もドラマ出演がない。
    そんなにのんびりしていて大丈夫なのかな。
    TBSの『半沢直樹』やフジの『リーガル・ハイ』といったヒット作はもう5年も前なんですよ」

    話は逸れるが、「半沢」は視聴率42%のお化けドラマだった。

    「なのに続篇が決まらないのは“芸能界のドン”、田辺エージェンシー社長とTBSの事情がある。
    なにかしらTBS側が配慮を欠いたことがあり、これがドンの不興を買った。
    それで続篇が撮れずにいるのです」

    半沢は、銀行から子会社の証券会社に出向させられたままなのだ。

    で、最近の堺といえば、昨春公開の映画「北の桜守」と昨夏の「くまのプーさん」実写映画の吹替えぐらいである。

    そんな堺を、芸能評論家の三杉武氏はこう評する。

    「20年にアメリカドラマ『24』の日本リメイク版をテレ朝が放送予定で、堺さんも主演候補と聞きました。
    ほかにも、同じ20年のNHK大河『麒麟がくる』から特別出演のオファーがあったものの、堺サイドが断ったようです。
    仕事を選びすぎると、扱いにくいイメージがついてしまうかもしれませんよ」

    先の芸能事務所関係者の話は手厳しい。

    「菅野は花王のCMがなくなっても、“夫にはドラマの当たり役、将来の出演依頼もある”と、家庭最優先を求めているのかもしれません。
    ですが芸能関係者には、『半沢』続篇は厳しそうだし、“堺の演技は一本調子で幅がない”との声もある。
    どんな役を演じても堺にしか見えないというのです」

    夫の、役者としての“賞味期限”をチェックし直したほうがよさそうだ。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00556113-shincho-ent

    所長見解:続編見たいやん・・・

    【【人気女優】菅野美穂、CM降板のヤバ過ぎる理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビで見ない日はない超売れっ子の坂上忍(51)。

    現在、抱えるレギュラーは全7本。

    他にも、定期的に放送される特番の司会や、各番組のゲストとしても引っ張りだこ状態だ。

    そんな坂上と最も親密だとされる放送局が、フジテレビである。

    「レギュラー7本のうち4本がフジ。
    本人も“僕はフジっ子だから”と周囲に話すように、同局への思い入れは、かなり強いようです」(夕刊紙芸能担当記者)

    その影響かフジテレビ局内には、“坂上派”と呼ばれるスタッフが一大勢力を誇っているという。

    坂上と特に懇意なのは、平日昼の帯番組『バイキング』のスタッフだとか。

    「坂上さんとは、いわば“戦友”の関係。
    30年以上続いたタモリさんの『笑っていいとも!』の枠を引き継いだ『バイキング』ですが、放送開始当初は鳴かず飛ばず。
    視聴率は3%前後に低迷していました。
    坂上さんは当初は月曜日のMCだけを担当していましたが、彼を全曜日のMCに起用するようになってから視聴率が劇的に改善。
    今は、安定して5、6%を取っています」(業界関係者)

    『バイキング』は、お昼の視聴率戦争でトップを走る『ひるおび!』(TBS)を猛追している。

    「これができたのも、坂上さんがスタッフと真剣に向き合い、炎上を恐れず生放送で堂々と本音をぶつける姿勢が受けたから」(前同)

    ところが、そんな番組スタッフと坂上の間に隙間風が吹き始めているという。

    s


    「原因は、同じくフジで放送している『坂上どうぶつ王国』です。
    『どうぶつ』のスタッフが坂上さんに、“視聴率が振るわないので、春の改編で番組を打ち切って別番組を始めたい”と伝え、坂上さんがブチキレたんです」(別の関係者)

    動物好きとして知られる彼は、同番組に尋常ではない思い入れがあるという。

    「彼は日テレの『天才!志村どうぶつ園』のレギュラーでしたが、フジで自身の番組を始めるために、レギュラーを降板。
    動物王国の元祖であるムツゴロウ(畑正憲)さんにも面会して、仁義を切っています。
    坂上さんには、第一線から退いたあとは、動物と暮らすという“終活”願望があるといいます。
    『どうぶつ王国』のMCを務めるのも、その一環。
    フジのスタッフはそれを知っているはずなのに、打ち切りを持ちかけた。
    坂上さんが激怒するのも当然ですよ」(同)

    一部報道では、フジテレビに対する不信感から、『バイキング』降板も口にしたという。

    蜜月時代は終わりを告げるのか?


    日刊大衆
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190121-12963363-taishu


    所長見解:いいよね・・・

    【【トラブル発生】坂上忍、「バイキング」降板説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズのアイドルグループ「NEWS」の手越祐也(31)が、いよいよ絶体絶命のピンチに陥っている。

    唯一のレギュラー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)から、とうとうリストラ話が持ち上がったのだ。

    t


    “イッテQ”といえば昨年11月、週刊文春に「やらせ疑惑」を報道され、番組存続の危機に直面したのは記憶に新しい。

    そんなナーバスな状況下で昨年の大みそか、再び文春に手越のスキャンダルが報じられて――。

    「もう完全にウミは出し切ったと本人からも確認していたのに…。『あいつは本当に大丈夫なのか?』という声が局内から噴出しているんです」(日本テレビ関係者)

    騒動の始まりは大みそかに配信された「週刊文春デジタル」で、またしても手越の飲酒がらみのスキャンダルが報じられたことだ。

    「文春は昨年9月に手越がグアムの法律では飲酒が禁止されている20歳の女性と酒席を共にし、さらに11月に日本で未成年女性と飲酒していたと報じたんです。
    記事から察するに情報源をしっかりと囲っている。
    ジャニーズの出方次第では二の矢、三の矢があると思わせる記事構成なんです」(前出関係者)

    こうした“やんちゃぶり”にすっかり頭を抱えているのが、手越を重用する日テレだ。

    テレビ局関係者は「そもそも手越は昨年6月にも未成年者との飲酒疑惑が報じられていた。昨年6月といえば、まさに『2018 FIFAワールドカップ ロシア大会』の日本対セネガル戦の中継(日テレ系)の直前。手越は番組のメインキャスターで一時は降板も検討されたんです。
    これまで何度も注意しても一切、聞く耳を持たない。
    そろそろ堪忍袋の緒が切れますよ」と言う。

    そもそもNEWSのメンバーを巡っては同じ昨年6月に小山慶一郎と加藤シゲアキが未成年者と飲酒をしたと“文春砲”で報じられた。

    小山はその後、20日間の芸能活動自粛→再開するも、キャスター業には復帰できず、最終的には先月、「news every.」(日テレ系)を降板した。

    昨年はNEWSのメンバー4人中3人が飲酒を伴う問題を起こしたのに、ジャニーズ事務所はグループに大きな謹慎処分などは科さなかった。

    それどころか、15周年記念というアニバーサリーイヤーだったためか、大みそかには京セラドーム大阪で単独のカウントダウンコンサートを行うなど、“特別待遇”が目立った。

    年が明けても、NEWS推しは続いたようだ。

    テレビ局関係者は「あまり大きな声では言えませんが、今年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティーの候補としてNEWSをジャニーズから猛プッシュされていた。
    だが、今回の手越の一件で今や飛ぶ鳥を落とす勢いの『King&Prince』の起用に向け、最終調整に動きだしたそうです」と明かす。

    これまでどんなに不祥事を起こし続けても、おとがめなしの手越だったが…。

    「『イッテQ!』も3月いっぱいで降板という話が本格化している。
    ポスト手越は『King&Prince』の岸優太と平野紫耀の2人が有力候補だ。
    また当初、手越は日テレが中継権を獲得したラグビーW杯のスペシャルサポーターに内定していたが、スポンサーの意向で白紙になった。
    今後、日テレの手越外しやNEWS切りはどんどん本格化していくでしょうね」(別の日テレ関係者)

    TOKIOのメンバーだった山口達也も昨年、酒で身を滅ぼした。

    そろそろ手越も気づくべきだが…。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000007-tospoweb-ent


    所長見解:手越やからな・・・

    【【スキャンダル連発】手越「イッテQ」降板の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ダウンタウンの浜田雅功(55)が2日放送の新春バラエティー特番「浜ちゃん&関ジャニ丸山のふり返れば同級生がいる!」(読売テレビ、日本テレビ系 後4・00)に出演。

    自身が関わった人気番組にまつわる、気になるエピソードを暴露した。

    番組では浜田の同級生、俳優・勝村政信(55)を迎えてトークを展開。

    お互いの年表を用いて、若き日の芸能活動について語り合った。

    h


    浜田が30歳になった1993年、「ダウンタウンDX」がスタート。

    25年も続く長寿番組となっているが、実は当初、オファーを受け入れるつもりはなかったという。

    その理由は、制作が関西の読売テレビであったことに他ならない。

    ダウンタウンは東京進出で結果を残しており、大阪のテレビ局制作の番組に出ることは「都落ち」といったイメージに映っていたようだ。

    制作側は何度も出演交渉に訪れたらしいが、2人は「すみません。すみません」と断るばかり。

    あまりにもしつこく来るので「こうなったら、ギャラ吊り上げたれ!」と思い、ダメ元で「2人でこれぐらいもらえたらねえ、考えてもいいですけどねえ」と吹っ掛けたところ、なんと制作側は「それで行こう!」と即答したという。

    当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだったダウンタウン。

    そのパワーをまざまざと見せつけるエピソードに、「関ジャニ∞」丸山隆平(35)は「(ダウンタウン)大阪強いな~」と感心するばかりだった。


    さらに浜田は同年に起こしたフジテレビ系「笑っていいとも!」自主降板についても激白。

    丸山はこの事実を知ったのは初めてらしく「えっ?自主降板?こんなんあったんですか?
    『笑っていいとも』、はゲストで出るのもあこがれ…」と、まさに“信じられない”といった様子だった。

    浜田いわく「僕ら、漫才だから“しゃべり”で笑かしてきた。『いいとも』の空間は、こう(おちゃらけ)やったら(客は)笑うんですよ」と告白。

    そこに2人の求める“笑いの理想形”はなく、結局、2人は「辞めよか…」という結論に至ったのだとか。

    そのことを当時の大物プロデューサーに告げたところ、「“出してくれ”ってタレントいっぱいいるのに“辞めたい”って言ったのはお前たちが初めてだ~!何考えてんだ~!」と激怒されたという。

    これには丸山も苦笑いするばかりだった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15825565/


    所長見解:出てたね・・・

    【【浜田暴露】ダウンタウン「笑っていいとも」降板の真相がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ