ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    降板

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    沢尻エリカ(33)が合成麻薬MDMA所持容疑で16日に逮捕されたため、NHKは来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で帰蝶(濃姫)役を務めるはずだった沢尻の代役探しを急ピッチで進めていたが、川口春奈(24)に決まった。

    NHK側は「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただける」と起用理由を説明したが、制作現場からは早くも不安の声が聞こえてくる。

    「民放ドラマの主演を務めたこともあり、川口さんの女優としてのキャリアは申し分ありません。
    恐らくセリフもスラスラ覚えてくれることでしょう。
    ただ、時代劇が未経験なのが引っ掛かります。
    時代劇では和服の着こなしや立ち居振る舞い、裾さばきといった“所作”が重要で、これが思いのほか難しい。
    未経験の川口さんで果たして大丈夫なのかという声が上がっています」(ある制作スタッフ)


    21日付の「スポーツニッポン」が「代役“本命”女優NHKに断り」という記事を掲載した。

    n


    どうやらNHKは沢尻の逮捕直後から、川口以外にも代役のオファーをしていたようだ。


    実際、真っ先に“適任者”として名前が挙がったのは、昨年10月に第1子を出産したばかりの宮崎あおい(33)だという。

    来年1月放送予定の新春特別ドラマ「あしたの家族」(TBS系)で女優復帰するが、宮崎は2008年の大河ドラマ「篤姫」に主演し、平均視聴率24・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した実績もある。

    「NHK側の発表では前半10話分が撮り直しになるとのことでしたが、宮崎さんなら1~2週間あればこのくらいの撮影は可能でしょう。
    ただ、産後1年でかわいい赤ちゃんを置いての緊急登板は心の準備ができなかったのかもしれません」(芸能プロ関係者)


    もう一人、制作側から漏れてきたのが北川景子(33)の名前だ。

    18年に放送された大河ドラマ「西郷どん」での“天璋院篤姫”役は視聴者から評判だった。

    業界では宮崎以上に「数字が取れる女優」と評判だが、今年12月から来年4月末までスケジュールを押さえるのが現実的に難しかったようだ。

    「北川の所属事務所は『後輩の夏帆なら』と提案したと聞きます。
    夏帆さんは14年3月に放送されたテレビ朝日系『宮本武蔵』などで時代劇のキャリアがありますし、今年の大河ドラマ『いだてん』にも出演。
    “芝居のできる女優”として関係者の間で認知されています。
    ただ、沢尻の代役を務めるのは少々荷が重かったのかもしれません」(テレビ局関係者)


    満島ひかり(33)の名前も挙がったようだ。

    満島は15年5月公開の時代劇映画「駆込み女と駆出し男」(松竹系)に出演し、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を獲得した。

    「18年3月に所属事務所を独立してからあまり作品に恵まれない満島にとって、“濃姫”役は再浮上のチャンスでした。
    ただ、満島の前事務所に所属する安藤サクラさんが昨年下期の朝ドラ『まんぷく』でヒロインを務めています。
    四の五の言っていられない緊急事態ですが、NHK側は遠慮せざるを得なかったのでしょう」(前出の芸能プロ関係者)


    3人の女優には「“格下”の沢尻エリカの代役なんて務められない」というプライドもあったのかもしれないが、いずれも演技派で沢尻以上の演技も期待ができた。

    出演が消えた沢尻と代役の川口の濃姫役を比べて物足りなく感じる視聴者も中にはいそうだ。


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/265198

    所長見解:そうなんや・・・

    【【暴露】大女優さん「格下の沢尻エリカの代役なんて務められない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕された女優、沢尻エリカ容疑者(33)。

    容疑を認めており、出演が決まっていたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」も撮り直しの方向で固まった。

    そこで注目されるのが後任だが、簡単にはいかないようだ。


    日本の歴史上、最大のミステリーともいわれる「本能寺の変」の首謀者、明智光秀を主人公とする「麒麟がくる」。

    沢尻は斎藤道三の娘で、織田信長の妻となる帰蝶(濃姫)役を演じることになっていた。


    「出演者発表の会見では涙を流して喜びを表していましたが、すべてがおじゃん。
    ストーリー上重要な役回りで初回から登場する上、すでに10話まで撮影が進んでいる。
    撮り直すことになりましたが、今からだと1月5日の放送開始に間に合うか分からない。
    初回放送の延期も検討されています」とNHK関係者。


    s


    そこで注目されるのが代役を誰が務めるかということだ。

    「沢尻は大河初出演でしたが、明智の半生を描くドラマの中で、帰蝶という存在は準主役級といっていいでしょう。
    父である斎藤道三は本木雅弘が、夫となる織田信長は染谷将太がそれぞれ演じますが、ともに演技派。
    この2人と渡り合える女優でなければなりません。
    さらに長期でスケジュールを押えないといけない」と制作会社関係者。

    さらに続ける。

    「本来であれば、所属事務所が代役を差し出してもおかしくありませんが、いかんせん事務所には沢尻クラスの女優があまりいない。
    なので別の事務所から選ばざるを得ないのです」

    そこで名前が挙がるのが柴咲コウ(38)。

    「柴崎は2017年に大河『おんな城主 直虎』で主演しており、正直、格は上です。
    14年の『信長協奏曲』(フジテレビ系)で帰蝶を演じていますし、武将の間を堂々と渡り合う帰蝶にはぴったりのイメージです」と演劇関係者。

    とはいえ、突然のオファーを受けて、1年間近い撮影に応じられるかどうかははなはだ難しいというしかない。

    そこで代役の最有力とささやかれているのが剛力彩芽(27)だというのだ。

    「剛力は先日、ZOZO創業者の前澤友作氏と破局したばかり。
    仕事をセーブしたこともあり、CMはゼロ本。
    レギュラー番組は1本という状況。
    これまで連ドラの主役も多く、キャリア的にも申し分ない。
    本人は女優業に意欲的だそうです。
    ただ事務所側は現時点では否定的で、オファーが来ても受けるかどうかは分かりません」と先の制作会社関係者。

    http://www.zakzak.co.jp/ent/news/191120/enn1911200004-n1.html

    所長見解:どうなん・・・

    【【朗報】NHK大河ドラマ、沢尻エリカの代役は「ごうり・・・」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    加藤浩次『スッキリ』降板話が再燃!エージェント契約も関係か?


    2019年を代表する芸能ニュースといえば、芸能人の薬物逮捕やジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏の逝去とともに、お笑い芸人の闇営業問題が挙げられる。

     
    7月20日、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が謝罪会見を行い、さらに所属事務所が会見を行った。

     
    これを受け、極楽とんぼの加藤浩次(50)は自身がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)の中で、「経営陣が変わらなければ事務所を辞める」と宣言。

    その後、加藤と会社側でたびたび会談が行われ、10月1日、加藤は所属事務所と「エージェント契約」を結んだことが明らかになった。

    「加藤さんは男気があり、曲がったことが大嫌い。
    事務所に対しても悪いことは悪いと批判を緩めることがありません。
    闇営業問題で“加藤の乱”を起こしたときには、事務所批判を繰り返したため、『スッキリ』が打ち切りになるのではないか、という報道も出ました。
    しかし、10月の改編期も乗り越え、さらに来春以降も番組は継続することは決まっているそうです。
    ただここにきて、加藤さんだけ来春で番組を降板するのではないかと、ささやかれ出したんです……」(お笑い関係者)


    s

     
    来春、加藤だけが『スッキリ』から抜けることはありえるのだろうか? 

    日本テレビ関係者は話す。

    「まず、『スッキリ』自体が来春で打ち切りになることはないでしょう。
    というのも、番組ではすでに東京五輪取材チームなどを組んで、準備を進めている。
    だから、少なくとも五輪終了までは現体制で番組は継続していく見込みです。
    また、“加藤の乱”についても、現場としてはそれほど深刻にはとらえていないといいます。

    ただ、加藤さん本人は、想像以上の反響に驚いたようで、“ずいぶん大きなことになってしまった”と感じていたみたいです。
    それでも、自分の意見をしっかり言える加藤さんは、人望もあり、現場スタッフは、“加藤浩次の『スッキリ』”というように考えているといいます。
    だから、加藤さんが降板するときは『スッキリ』が終わるとき、というような気持ちで働いているといいます。
    また、ハリセンボンの近藤春菜(36)をMCに推薦し、現在の体制を作ったのも加藤さんです。

    “加藤の乱”で番組を私物化したことへの責任を取って、または一連の騒動や事務所との交渉による心労、新たに結んだエージェント契約で事務所との関係性が変わってきたことなどで、加藤さん側から降板を申し出る可能性もゼロではないでしょうが、そうなった場合でも『スッキリ』にかかわる人はみな、加藤さんを引き留めると思いますよ」

     
    10月29日の『スッキリ』では、京都市がお笑いコンビ・ミキの昴生(33)と亜生(31)に、ツイッターへのPR投稿1回につき50万円、計100万円を支払っていたことを取り上げた。

    加藤は「ミキがかわいそうだよ。
    ミキがやった感じになっているけど、事務所から依頼された仕事でしょ? 
    マネジャーないしが『#PR』を忘れないでくださいって会社が言うべきじゃない? 
    ミキに仕事をやらしてるんだから。
    それは落ち度があると思う」と、この日も舌鋒鈍ることなく、事務所側に問題があるとコメントした。

     
    曲がったことは許さない、男気あふれる加藤は今、どのような気持ちで『スッキリ』に対峙しているのだろうか?


    https://taishu.jp/articles/-/?page=1

    所長見解:徐々にやろ・・・


    【【悲報】加藤浩次「スッキリ」降板説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「とくダネ!」来年終了へ 

    小倉智昭が望む後任、笠井信輔アナ起用ならギャラはいくら?
     

    リニューアル3日前、メインMCを務める小倉智昭(72)は目を潤ませていた。

    20年間、共に番組を支え、9月末でフジテレビを退社する笠井信輔アナ(56)の最後の出演日だったのだ。
     
    番組で自由奔放に発言する小倉を、常にフォローしてきたのが笠井だった。

    「小倉さんと笠井さんはまさに長年連れ添った夫婦のようでした。
    阿吽(あうん)の呼吸でうまく立ち回ってくれた笠井さんがいなくなり、伊藤利尋アナや新キャスター陣に小倉さんのフォローができるのかという不安はあります」(番組関係者)


    g


    小倉の胸には感慨以外に、大きな望みも去来しているはず、とフジ関係者が語る。

    「実は、フジは来年10月に『とくダネ!』を終了し、新番組を立ち上げる予定。
    小倉さんはその後番組の司会を笠井さんに、と思っているようなのです」

    後継は信頼する片腕であり、今や事務所の後輩ともなった笠井に……というわけだが、実現の可能性はどのくらいあるのか。

    「笠井さんにお願いするなら小倉さんの半額程度のギャラが妥当。
    でも、局としてはそれより新たに育てた方が話題性があって、ギャラも抑えられる。
    今回抜擢した石黒さんらに注目しています。
    石黒さんは初回こそ緊張でガチガチでしたが、関口宏さんのように俳優出身の司会者へ変貌する可能性もある」(同前)
     
    笠井の所属事務所は、“後継問題”について「(フジから)何も聞いておりませんので何も考えたことがございません。
    何かを聞いた時に考えると思います」と回答。

    笠井自身は現在、エンタメ関係者への営業活動に勤しんでいるという。

    「〈マネージャーを連れて行くのでご挨拶させてください〉とメールをもらいました。イベントの司会もうまく、すでに雑誌のエンタメコーナーの執筆やバラエティの出演も多数決まっているようです」(映画関係者)

    この上新番組もゲットとなれば、大いに得だね!
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191029-00014944-bunshun-ent



    所長見解:どうやろ・・・

    【【悲報】小倉、とくダネやめるってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    9月30日、フジテレビ朝の情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』が大幅リニューアルしてスタートした。

    『とくダネ!』は、小倉智昭(72)をMCに迎え、1999年4月に放送を開始。

    今年で21年目に突入する。

    この秋のリニューアルでは、曜日ごとに“スペシャルキャスター”が加わった。

     
    月曜日には俳優の石黒賢(53)、火曜日にメイプル超合金のカズレーザー(35)、水曜日と木曜日に社会学者の古市憲寿(34)、金曜日に元サッカー日本代表の鈴木啓太(38)が起用された。

     
    リニューアルの3日前の9月27日、番組を20年にわたって支えてきた笠井信輔アナ(56)が『とくダネ!』を卒業。

    笠井アナは9月いっぱいでフジテレビを退社し、現在はフリーアナウンサーとして活動している。

     
    笠井アナは、「こうやって(小倉さんと)一緒に長い間続けられたのが本当にうれしい」と涙ながらに語り、その姿に小倉も目を潤ませていた。


    t

     
    10月24日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、今回リニューアルした『とくダネ!』が、来年10月に終了となり、新番組が始まる予定だと報じている。

    「来年10月という終了時期は、東京五輪に合わせたものだと言われています。
    小倉さんは東京五輪へのこだわりが非常に強いんです。
    これまでも、サッカーW杯や夏季・冬季五輪といった世界的なスポーツイベントの際には必ず現地から中継していますし、小倉さん自身、マラソンへの造詣も深い。

    そういったこともあり、東京五輪を自身のキャスター人生の集大成の舞台と考えているようで、“とにかく東京五輪まではやりたい!”という強い意志があるそうです。
    小倉さんの東京五輪へかける熱意は、周囲のスタッフも参ってしまうほどらしいです(笑)」(制作会社関係者)

     
    気になるのは『とくダネ!』終了後の新番組のMCだが、小倉の意中の人物はこの9月末に番組を卒業した笠井アナだという。

    「笠井アナは2年ほど前から小倉さんにフリー転向などを相談していて、フジ退社後は、小倉さんと同じ事務所に所属することになりました。
    しかし、『週刊文春』では、フジテレビとしては新たな人材を育てたいという意向がある、と報じている。
    『とくダネ!』の今回のリニューアルでスペシャルキャスターに起用された石黒は、いずれ関口宏(76)のように俳優出身の司会者に成長する可能性もあり、新番組のMCに起用されるのでは、という見通しだという。(前出の制作会社関係者)

    「さらに、昨年9月からは伊藤利尋アナ(47)と山崎夕貴アナ(32)がサブMCに起用されました。
    特に伊藤アナは、その実力が評価され、9月30日からは笠井アナが務めていた『とくダネ!』のメインアシスタントに就任。

    フジテレビ編成局アナウンス室情報担当部長という役職にも就いていて、今後もフジの出世コースを歩んでいくともっぱらのアナウンサーです。
    局としては伊藤アナを朝の情報番組のメインに据えて、番組の質の向上や、後輩アナウンサーの手本になってもらいたいと考えているかもしれません。
    フリーになった笠井アナに比べて、ギャラがかからないというのもフジとしては大きなメリットですよね」(キー局関係者)


    はたして、『とくダネ!』終了後に始まるとされる新番組のMCは誰になるのか。

    そして20年以上にわたりフジテレビの“朝の顔”を務めた小倉は、『とくダネ!』終了の瞬間、どんな表情を浮かべるのだろうか。
    https://taishu.jp/articles/-/69630?page=1 



    所長見解:やめんねや・・・


    【【悲報】朝の情報番組「とくダネ!」小倉智昭さん卒業へ 後釜がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ