降板

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「多部さんが次に撮影に臨むはずだった連続ドラマの制作が突然中止されたのです」

    中止となったのは’19年夏にNHKで放映された『これは経費で落ちません!』の続編だったという。


    ドラマ制作に携わるNHK関係者は言う。

    「『これは経費で落ちません!』は多部さんが主演で、せっけんメーカーに勤めるアラサー独身女子を演じました。
    仕事には几帳面なカタブツで、恋には奥手という繊細な女性社員を多部さんは好演し、演技力も評価されました。
    撮影現場でも、専門用語が多い難解なセリフを多部さんはほとんどNGナシだったそうで、スタッフも絶賛していました。

    夜22時スタートの『ドラマ10』枠は視聴率的には苦戦することが多いのですが、『これは経費で落ちません!』は異例の高視聴率だったのです。
    原作小説がまだ続いていることもあり、ドラマ終了時には、『わたナギ』ほどではありませんが、続編を望む声も多かったですね」

    そこでNHKは続編制作を決定し、プロジェクトは秘密裏に進行したという。

    「当初は’21年1月からの放映を目指していましたが、コロナ禍の影響もあり、4月から放映することになっていました。
    今年10月下旬から撮影をスタートすることも決まり、スタッフたちは粛々と準備を進めていたのですが……」

    制作中止が関係者たちに知らされたのは8月下旬のことだったという。

    すでに撮影スタートまで2カ月を切っていた。

    前出の芸能プロダクション幹部によれば、制作スタッフは中止の理由について次のように説明したという。

    「主演の多部さんの事務所が降板を申し入れてきたそうです。
    もともと続編制作については、多部さんサイドからは、『作品の世界観を大事にしたいので、前作と同じキャスト・スタッフで臨みたい』という、条件が出されていたそうです。

    演出も前作と同じ中島悟監督に決まり、主要キャストをはじめ、多くの出演者たちのスケジュールも押さえることができたのだそうですが……」

    せっけんメーカーの同僚社員役の1人が、出演することができなくなってしまったのだという。

    「存在感があるいい俳優さんです。
    しかし続編でのキャスト変更は、この世界では珍しくないことですからね。

    でも、そこから多部さんサイドは、不信感を抱くようになったそうです。
    制作側は説得を続け、台本も5話分まで用意して送ったそうです。
    ただ多部さんサイドは台本にもいい印象を持てなかったようで、最終的に『作品世界を大切にする多部の気持ちを軽んじている』と、降板を決めたと聞いています。
    いまスタッフたちも、出演が決まっていた俳優たちへの事情説明で大変なようです」


    k


    NHKの大混乱は事情説明ばかりではない。

    「来年4月の放映枠がポッカリ空いてしまいました。
    いろいろ代案も提案されましたが、上層部からのOKも出ず……。
    『このままでは過去のドラマの再放送でしのぐしかない』という悲鳴も上がっています」(前出・NHK関係者)

    そこで多部の所属事務所に、『これは経費で落ちません!』続編中止騒動について、取材を申し込んだところ、担当者は次のように回答した。

    「前作キャスト・スタッフの続投という当初のお約束がかなわなかったため、成立にいたりませんでした」

    出演辞退は、あくまでも台本などの問題ではなく、“キャストの続投”という約束が果たされなかったためだというのだ。


    それにしても、これほど間際での連続ドラマ制作中止は、よくあることなのだろうか。

    「主要出演者の病気や事故、あるいは逮捕による中止ということならあるとは思います。
    でも、“都合がつかない出演者がいるから”という理由で、主演俳優が降板するのは非常に珍しいですね」(ベテランのドラマ制作関係者)


    食い違うドラマ制作サイドと多部サイドの主張。

    だが多くの視聴者が待ち望んでいた『これは経費で落ちません!』の続編放映が遠のいてしまったことは間違いない。


    「女性自身」2020年9月22日号 掲載
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1892038/


    ▼写真
    https://img.jisin.jp/uploads/2020/09/tabe_mikako_1_line_Tw.jpg

    https://img.jisin.jp/uploads/2020/09/tabe_mikako2.jpg

    https://img.jisin.jp/uploads/2020/09/tabe_mikako3.jpg

    https://img.jisin.jp/uploads/2020/09/tabe_mikako4.jpg

    https://img.jisin.jp/uploads/2020/09/tabe_mikako5.jpg


    所長見解:あれま・・・

    【【ドタキャン】女優・多部未華子さん、ドラマ緊急降板の理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内外の経済活動が停滞を続ける中、8月17日に内閣府が2020年4~6月期の実質国内総生産(GDP)の速報値を発表。

    前期比年率で27.8%減と、GDP統計をさかのぼれる1955年以降で最大の落ち込みとなったことが明らかになった。


    s


    その影響はテレビ業界にも及んでいる。

    8月7日の読売新聞では在京民放キー局5社の4~6月期連結決算が出そろったと報道。

    コロナの影響で広告収入の大幅減少に加え、イベントの中止が相次いだことでテレビ東京ホールディングス(HD)を除く4社の最終利益が減少。

    最終利益の落ち込みが最大だったのはフジ・メディアHDで、前年同期比90.6%減の20億円。

    日本テレビHDは81.7%減の15億円で、イベントの中止など、コロナ関連で約30億円の特別損失を計上したことが響いたと同紙では報じている。

    「YouTubeや、Netflixなどの動画配信サービスの台頭で、テレビの存在感が弱まりつつある中、さらにコロナ禍の影響でテレビ業界は絶望的な危機に直面。
    ただ、これほどまで利益が落ち込むというのはフジテレビ、日本テレビにしてみたら“想定以上”の衝撃だったのではないでしょうか。


    渦中のフジテレビは『直撃LIVE グッディ!』を打ち切り、『バイキング』の放送枠を1時間拡大させることを発表したほか、21年間続く朝の情報番組『とくダネ!』を来年3月に終了させる見込みです。

    そういった抜本的な大改革を断行しないとならない状況にあり、『ノンストップ!』も来年には打ち切りになるのではといった話も聞こえてきています。
    おそらく他にも終わる番組が相次ぐのではないでしょうか」(制作会社関係者)


    テレビ朝日では深夜帯に放送されている『しくじり先生 俺みたいになるな!!』や、さまぁ~ずの冠番組『さまぁ~ず×さまぁ~ず』、くりぃむしちゅーがMCを務める『くりぃむナンチャラ』といった番組を、ほぼすべて終了させて“リセット”し、20分程度の短い番組を多数連続して放送する、大改編を行う予定だという報道もある。

    しかも、その20分番組の1本あたりの制作費は、出演者のギャラなどすべて含めて驚異の50万円だとか……。

    「テレビ朝日がさまぁ〜ず、くりぃむしちゅーのの事務所サイドに番組の終了の話を持っていったところ、“いやいやいや、ちょっと待ってください”という反応だったといいます。
    “若手ならともかく、まさかこのクラスでも打ち切りに!?”といった衝撃があったのではないでしょうか。

    どうやら両者の番組は形を変え続くことになりそうですが、ただ、テレビ朝日としてもさまぁ~ずやくりぃむしちゅーという局の功労者、お笑い界のビッグネームの番組にすら手をつけるような、切羽詰まった状況に直面しているということでしょう。


    TBSでも爆笑問題がMCを務める『爆報!THEフライデー』が来春にも終了するとも聞こえてきています。

    同番組は若年層の個人視聴率が望めず、主にシニア層が見ている番組ですからね。


    民放キー局ディレクターは話す。

    「視聴率低迷にあえぐフジテレビと違い、視聴率3冠王の常連で10年ほど前から若者向けの番組しか作らないという方針を取っていた日本テレビですら、コロナ不況でこの状況ですからね。
    日本テレビも今後、抜本的な改革を進めることになるといいます。
    その中でも驚きなのは、長期間続く番組において、“メインMCを張っている人以外は全部切る”という方針だそうですよ。

    というのも、制作体制の見直しがあったここ10年ほどで立ち上げた番組と、それ以前から続く老舗番組だと、後者の制作費のほうが倍近く高いそうなんですよ。

    実は、他局は数年前からそういった老舗番組をどんどん終わらせてきたんですが、日本テレビにはそういった番組がまだまだたくさん残っているんです。
    そういった番組出演者の中には若年層の視聴率は見込めないのに、ギャラは高額という人がたくさんいる。

    メインMCは“番組の顔“なので、クビにしたら番組自体が終わるので残すのでしょうが、それ以外のタレントはすべてクビになるのではないか、ともささやかれているほどです」


    https://taishu.jp/articles/-/76846?page=1

    所長見解:そらな・・・

    【【コロナ禍】テレビ業界、大リストラの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Amazonプライムビデオは、インターネットショッピングサービス「Amazon」が運営している動画配信サービスだ。

    激安価格で映画やドラマが見放題なだけでなく、オリジナル番組も多いことから、世界中で支持されているサービスである。

    そんなAmazonプライムビデオが大炎上している。


    no title


    ・三浦瑠麗さんの思想に反対する人たち

    AmazonプライムビデオがテレビCMの出演者として三浦瑠麗さん(39歳)を起用したところ、一部の人たちから猛烈な批判の声があがり、インターネット上で大炎上状態となった。

    怒っている人たちの大半は三浦瑠麗さんの思想に反対する人たちのようで、彼女がCMに出るたび、不快な気持ちになるようである。


    ・三浦瑠麗さんが出演しているCM動画が削除

    三浦瑠麗さんがAmazonプライムビデオのCMに登場するたびに不快に感じている人たちが、TwitterなどのSNSで三浦瑠麗さんをCMから消すように強い要望を書き込み。

    その影響なのか、Amazonプライムビデオの公式YouTubeから三浦瑠麗さんが出演しているCM動画が削除される事態に展開した。



    ・考えや思想をねじ伏せる「多様性に逆行する流れ」

    今回の件は、単に「三浦瑠麗さんの動画が削除されて一件落着」「これで沈静化」というわけにはいかないようである。

    さまざまな考えや思想を持った人たちによって成り立っている世界において、一部の強い声により、考えや思想をねじ伏せる「多様性に逆行する流れ」に繋がりかねないとの声が出ているのだ。


    ・さまざまな意見で地盤が固まっていく世界

    三浦瑠麗さんだけでなく、自分が信じる考え以外をねじ伏せる行為が、さまざまな意見で地盤が固まっていく世界の構築を鈍足させる可能性があるとの声もある。

    この件に関しては人それぞれさまざまな意見があると考えられるが、はたして「三浦瑠麗さんの動画が削除されて一件落着」という展開を良しとしてよいのか、そのあたり、深く考える必要がありそうだ。

    ちなみに、三浦瑠麗さんが出ていないCM動画はそのままAmazonプライムビデオの公式YouTubeに掲載されている。


    https://buzz-plus.com/article/2020/08/18/succumb-to-criticism-news/


    ▼写真
    https://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2020/08/miura-rusi-san1.jpg

    所長見解:そなんや・・・
    【【悲報】Amazon、三浦瑠麗さんのCMを削除した模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    モデルの小倉優香(21)が、29日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!水曜日」(水曜、後10・00)に出演。

    生放送中に「辞めさせてください」と、番組降板を直訴するハプニングがあった。


    g


    番組終了間際、共演するケンドーコバヤシ(48)から「お知らせの方はいかがですか?」と振られた小倉は「ちょっと時間あるかな? あと1分? 手短に話しますね」と切り出した。

    「朝早く起きて、夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなったので辞めたいと事務所に言ったんですけど、3~4カ月話してくれないのでここで言います。
    辞めさせてください」と訴えた。

     
    突然の降板直訴に、共演するAKB48の柏木由紀(29)やアンガールズの山根良顕(44)、田中卓志(44)が「えっ!?」と驚きの声を上げる。

    ケンドーコバヤシも「ものすごいこと言うね…」と困惑した。

    山根が「卒業したいってこと?」と真意を問うと、小倉は「卒業したいんです。はい」と返答した。

     
    ケンドーコバヤシは「それは申し訳ないけど、事務所の方で…。我々には何の権限もないので」と苦笑。

    続けて「問題発言もありましたが、また来週お会いしましょう」と締め、小倉の直訴をうやむやにしたまま放送は終了した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/df9fe984af7c4b9ed7f0b716dca2ba6ef37d439f

    所長見解:すごいな・・・

    【【放送事故】小倉優香、生放送中に「辞めさせてください」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上沼恵美子「えみちゃんねる」総集編も再放送もNO!!

    局との交渉決裂「取り付く島もない」


    “関西の女帝”上沼恵美子(65)が司会を務める長寿番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ、金曜後7・00)が突然終了することになった騒動で、上沼が同番組の総集編や再放送を拒否していたことが23日、分かった。

    番組は24日の放送で、25年の歴史に幕を下ろす。


    c


    同番組を巡っては6月の収録で、上沼が準レギュラーのキングコング梶原雄太(39)の態度が気に入らないとして罵倒。

    梶原が降板を申し出た。

    その後、上沼が局側に「改めるところがあったら何でも言って」と提案したため、局側が現場の意見を伝えたところ「そこまで言われるなら辞めてやる」と逆ギレ。

    担当プロデューサーが突如番組を外れたことなども重なって上沼が出演を拒否する事態になったとみられる。


    在阪テレビ局関係者によると、局側は10月改編に合わせた9月末での“卒業”を提案したが不調に終わり、放送枠を埋めるため総集編や再放送の許可を得ようとしたが、上沼は拒否。

    再編集も許さなかった。

    そのため、突然の番組終了となったという。

    局側は複数回話し合いを持ったが全て交渉決裂。

    「上沼さんは聞く耳持たない感じで全く折り合うことができなかったようだ。
    10月の改編期での終了も平行線のまま、取り付く島もない形で終わった」(同関係者)。

    局側は来週以降の放送枠の調整に追われている。


    局側とのバトルの末に残ったものは混乱以外何もない。

    何とも後味の悪い幕切れとなった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/e9f5b6d861efcfe0080bcc7b8e621ef72cd1764b

    所長見解:どしたんや・・・
    【【激怒】上沼恵美子さん「そこまで言われるなら辞めてやる」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ