ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    降板

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「これまでどおり、『日本代表の勝利』『日本サッカーの発展と歴史の継承』、そして『応援してくれる人たちが喜んでもらえるように』という軸を、ぶらさずにやっていきたい」

     
    U-23アジア選手権に出場した日本は、2敗1分けと惨敗。

    同大会でのグループステージ敗退は、代表史上初だ。

    それでも、帰国後の日本代表・森保一監督(51)は冒頭のように話し、続投に意欲を見せた。

    m


    「A代表」と「五輪代表」のポストを兼任する森保監督。

    手腕が疑問視されているのは、A代表でも同じだ。

    国内組のみのA代表で臨んだ昨年12月の「E-1選手権」では、韓国に敗れ、優勝を逃した。

    W杯2次予選こそ全勝中だが、森保監督の戦術、采配について、日に日に批判の声が大きくなっている。


    「だからといって、すぐに後任を探せる時期ではないんです。
    Jリーグは開幕に向けて各チームがキャンプ入りしていて、優秀な監督はすでに確保されている。
    欧州もシーズン真っ最中。
    フリーの立場の監督は、限られている」(スポーツ紙サッカー担当記者)

     
    日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)は1月16日に、「今までどおり変わらない形で」と、森保続投を支持したが、なかなか解任に踏み切れないのには、裏事情がある。

    「そもそも田嶋会長が、『オールジャパンの監督にふさわしい』と言って、東京五輪代表と兼任で任命したのが森保さん。
    それを、五輪間近に解任となれば、田嶋会長自身の任命責任が問われる」(前出・記者)

     
    人材難と会長のメンツのために続投とは寂しい話だが、「電撃解任の可能性は残されている」とベテランサッカーライターは語る。

    「3月27日に南アフリカ、3月30日にコートジボワールと、五輪代表の強化試合がおこなわれる。
    そこで連敗するようなら、五輪代表監督について、交代問題が再燃する。
    その時点で五輪本番までは4カ月。

    ロシアW杯直前にも、ハリルホジッチ監督を解任して西野朗氏を “昇格” させた。
    その前例どおりなら、現在、監督代行を務めている横内昭展コーチ、あるいは、ロンドン五輪で指揮を執った関塚隆技術委員長の内部昇格といった形になる。
    ただ、協会としても毎回のように内部昇格ですませている印象は避けたい」

    そこで、協会内で囁かれているのが、意外な人物の復帰だ。

    「じつは、2020年元日の天皇杯決勝に、ザッケローニ元日本代表監督が来場していた。
    それだけでなく、昨年12月のJ1リーグ最終節でも、横浜F・マリノス対FC東京の試合を観に来ていたんです。
    『彼と仲のよい田嶋会長が、“視察” を手配した』といわれています。

    昨年まではUAEの代表監督を務めていたが、『UAEでは、ひどい目にあった。
    給料の遅配は当たり前だし、選手は規律を守らない。
    その点、日本はすべてが素晴らしい』と協会関係者に漏らすほど、現在も日本協会とは良好な関係。

    東京五輪本番で、彼を日本代表の指揮官に電撃復帰させるという選択肢は、非常に現実的。日本サッカーも熟知していますから」(同前)

     
    最近は、日本代表戦でもスタジアムに空席が目立ち、テレビ中継の視聴率も苦戦中。

    前出のスポーツ紙記者はこう話す。

    「ファンの関心を引くために、Jリーグで活躍したかつてのスター選手、ストイコビッチやブッフバルトも候補として挙がっているようだ」

    ファンからも、森保続投に疑問の声が上がっている。

    決断まで残された時間は少ない。

    少しでも早く、真の “オールジャパン” 体制になれるといいが……。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200122-00010001-flash-peo

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200122-00010001-flash-000-3-view.jpg 

    所長見解:どうやろ・・・

    【【これは意外】サッカー日本代表・森保監督、3月解任で次の監督がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今や人気タレントとなった林修先生も所属する大手予備校『東進ハイスクール』講師の板野博行容疑者が、1月8日に逮捕されていたことが分かった。

    逮捕容疑は強要未遂。

    板野容疑者は妻帯者だが、昨年暮れの12月20日、妊娠している不倫相手の30代女性を「どうしても子を産むなら、わいせつな動画をインターネット上に拡散する」などと東京都武蔵野市の路上で脅した疑いが持たれている。

    この女性は元教え子で、警視庁へ相談したため事件が発覚した。

    妻がいながら元教え子を妊娠さえ、あまつさえ中絶とリベンジポルノを迫るという悪質極まりない今回の事件。

    さすがに黙っていられなかったのか、林先生も自身のブログで事件に言及し、

    《20年近く「同僚」であったようなのですが、話しことは一度もなく、あいさつしたことがあったかどうかもはっきりしないほど、不思議に接点のない人物でした。
    それでも、内容は衝撃的であり、被害者の女性にはただただ申し訳なく思うばかりです》

    《今週末のセンター試験に臨む受講生の皆さんの動揺や影響が最小限で済むことをただ願うばかりです。
    彼らに対しても、ただ申し訳ないという思いがあるだけです》

    などと、悲痛な胸の内を明かしている。


    h


    担当授業増加で林先生がタレント活動をセーブ?

    「板野容疑者の担当科目は古文と現代文。
    特に古文では、『ゴルゴ13』にあやかった著作『古文単語ゴロ513(ゴロゴサーティーン)』がベストセラーとなっており、何世代にもわたり受験生に使われてきました。
    現代文についても、『東進』ではベースチャレンジ現代文、現代文トレーニングといった授業を担当していました」(教育ジャーナリスト)


    今回の逮捕を受け、東進側は板野容疑者との契約を解除。

    担当講座の新規受講が不可能となった他、模試解説授業の担当変更、1月から3月に予定していた特別公開授業の中止など、多くの生徒たちが影響を受けることになってしまった。


    さらに、この逮捕が、回り回って芸能界の勢力図にも影響を与えるかもしれないらしく…。

    「板野容疑者が抱えていた講座の内、模試解説授業のセンター試験問題型と特別公開授業の一部については、林先生が代理を務めることが決定しました。
    当然、林先生にとっては負担の増加にもなり、今よりさらに多忙な日々を余儀なくされる。新年度以降についてはいまだ発表がありませんが、もし4月以降も担当するとなると、この忙しさは常態化することになってしまいます。
    そうなると、責任感が強く、本業があくまで講師であることを自覚している林先生は、『生徒のために』と芸能活動をセーブする選択を取るでしょう。
    すると、今やテレビ界一の人気番組となった『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が冷や水を浴びることになる他、文化人タレントを巡る環境全体も激変するかもしれません」(芸能ライター)


    奇しくも、来年度からは大学受験の制度が一変する。

    不安を抱く新受験生にとって、林先生の講師本格復帰は〝渡りに船〟となるかも!?


    http://dailynewsonline.jp/article/2162192/

    所長見解:そうなんや・・・
    【【逮捕】林修先生がテレビから消える説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(東京・NHKホール)で3年連続総合司会という大役を任された内村光良(55)だったが、その姿も今回で見納めになるかもしれない。

    k


    2017年は“平成の歌姫”こと安室奈美恵の紅白引退を見事にエスコートする司会ぶり。

    18年は“究極の大トリ”として登場したサザンオールスターズの桑田佳祐と松任谷由実の奇跡の共演による“胸騒ぎの腰つき”のコラボを生実況するなど、司会者としてレベルの高さを見せつけた。

    だが、19年は本紙客員編集長のビートたけしや竹内まりやといった大物目玉歌手はいたが、過去2回のような濃い絡みはなく、司会者としての腕を披露する場面は限られた。

    それでも内村は乃木坂46、欅坂46、日向坂46の“坂道3グループ”合同による「シンクロニシティ」にパフォーマーとして出演。

    本番2日前の会見で「依頼が来たときは邪魔にならないかと思ったけど、ファンの方にも失礼がないようにちゃんと100の力で踊ろうと思います」と決意表明し、さらに「振り付けは昼間に家族が出払ったあとに1人で練習してます」と明かしていた。


    ただ、今回の紅白は結果が伴わず。

    テレビ関係者は「演出が視聴率40%の大台を超えた18年の二番煎じで、視聴者に飽きられていたというのが業界内の見方。
    内村さんを生かす演出もコント以外ではできていなかったし、せっかくの生歌番組なのにVTRが多すぎて生のワクワク感を伝えられていなかった」と振り返る。

    本番前には「今年に限っては司会者としてすごく緊張感がある」と厳しい結果を予測していたかのような発言をしていた内村。

    それが現実となった今、4年連続の総合司会は遠のいてしまったかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000027-tospoweb-ent

    所長見解:しゃあない・・・
    【【悲報】紅白歌合戦の総合司会・内村光良氏、降板の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いまや元旦の名物番組となったテレビ朝日の『格付けチェック』だが、今年もGACKTが個人連勝記録を62に伸ばすなど例年以上の盛り上がりをみせた。

    しかし今回のキャスティングについて、現場では大混乱が起きていたという。

    「志村けんやGACKTなどのお馴染みのメンバーをはじめ、アイドルや芸人などバランスよくキャスティングされていますが、目を惹いたのがかたせ梨乃と片瀬那奈の『チームかたせ』の異色異色コンビ。
    名前以外に特に繋がりもなく、違和感を覚えた人も少なくなかったはず。
    実は当初、片瀬那奈とのコンビには、あの沢尻エリカがキャスティングされていました。
    バラエティ番組での露出も少ないこともあり話題性は十分。
    テレ朝サイドも元旦特番の目玉ということで半年前からオファーをしたのですが、まさかあんなことになるとは……」(週刊誌記者)


    その後、麻薬取締法違反で逮捕され現在に至る流れは周知の通り。

    ただでさえ年末特番の収録で忙しいなか、現場サイドは代役のキャスティングや番組内での演出の調整をはじめ、てんやわんやだったとか。

    「番組の収録日が11月17日で沢尻が逮捕されたのが16日。
    収録が間近に迫っていたこともあり、ニュースの一報を聞いたスタッフは頭を抱えていました。
    片瀬那奈と縁のあるタレントで元旦の特番に相応しいのは誰か? 
    目ぼしいタレントをリストアップしましたが、あまりにも急だったのでスケジュール調整がうまくいきませんでした。
    そこで名前が上がったのが『かたせ』繋がりでかたせ梨乃でした。
    スタッフから事情を説明され、急なオファーも受け入れてくれることになりました。
    番組中に微妙な空気を流れているように感じるかもしれませんが、裏にはそんな裏事情がありました」(テレビ朝日関係者)


    k

     
    スタッフがどれだけ汗をかいたのかは想像に難くない。

    もっとも直前とはいえ収録前に沢尻が逮捕されたのは不幸中の幸いだったとも言えなくもないが……。


    「薬物事件に限らず不祥事で番組がお蔵入りや撮り直しになることは少なくありませんが、
    『もう沢尻には関わりたくない』という声もテレ朝内からあがっています。
    それだけ今回の騒動はトラウマになっているようです」(前出の関係者)

     
    沢尻は“格付”されることなく、しばらく地上波からはフェイドアウトしてしまいそうだ


    https://www.cyzo.com/2020/01/post_227315.html

    所長見解:おもろかったやん・・・

    【【悲報】元旦恒例番組『格付け』の違和感がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ナックルズでは男性の実名が伏せられていたが、22日配信の『文春オンライン』が、不倫疑惑の相手は同局の先輩にあたる増田和也アナ(37)だとスッパ抜いたのである。

    「増田アナは子供が2人いる既婚者。
    しかも、結婚相手もNHKの女子アナなんです。
    一部では、増田アナの奥さんに不倫がバレ、テレ東に通報されたのではないか、なんて噂も駆け巡ってますよ」(同)

    増田アナは同局ホームページのアナウンサー一覧から削除されており、ナックルズの報道通り、すでにアナウンス部から他の部署に異動になっていることも判明している。

    s


    テレ東の関係者が声をひそめる。

    「実は、鷲見にも一般人のエリートの彼氏がいたという話もある。
    その彼との間で別れ話が浮上し、増田が相談に乗っていたようだ。
    そのうちに情が移って…というパターンだと聞いています」

    テレ東は、文春の取材に対して2人を調査したことは認め、双方不倫を否定していると回答していたが、本誌がさらに取材を進めると、驚くべき“新疑惑”が浮上した。


    なんと、この局内不倫騒動に、もう1人のテレ東人気女子アナが巻き込まれていたというのだ。

    「同僚のアナウンサー同士で飲みに行き、カラオケで盛り上がった際、増田と鷲見が、後輩女子アナのXに3●を持ちかけたというんだ。
    ショックを受けたXは、その場から逃げ出し、後日、会社に相談。
    事態を重く見た上層部は即座に増田をアナウンス部から外した。

    鷲見まで急に異動させると、あらぬ憶測を呼ぶので厳重注意し、何食わぬ顔で番組に出演させていたが、ナックルズの報道で番組を降板させざるを得なくなったと言われている」(同)


    Xアナも、報道番組やバラエティーを中心に現在売り出し中の人気者。

    “3●疑惑”が事実なら、尊敬する先輩アナ2人からとんでもない誘いを受け、トラウマになっている恐れもある。

    前出の他局スタッフに、この新疑惑をぶつけると、しばらく絶句した後、次のように言葉を継いだ。

    「実話さんが掴んだ情報が事実だとしたら、もうグチャグチャだよね。
    登場人物の全員がアナウンサーなんだから。
    アナウンサー業界全体のイメージダウンも避けられない。
    前にも言った通り、鷲見ちゃんは本当にいい子なんですよ。
    ただ、お酒が大好きで飲まれるタイプ。
    みんな、そこだけは心配していたから、残念としか言いようがない」


    https://wjn.jp/article/detail/7837107/


    所長見解:うらやまけしからん・・・
    【【悲報】 テレ東・鷲見玲奈アナ、とんでもなくえちぃ疑惑発覚の模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ