ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:降板

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    春香クリスティーン無期限休業へ…来年3月いっぱいで 7本レギュラーも突然の決断

    国会議員の追っかけとしても知られるハーフタレントの春香クリスティーン(25)が、来年3月いっぱいで芸能活動を休止することが18日、分かった。
    現時点では復帰のメドは立っておらず、無期限の休業となる。
    春香は周辺に「新しいことをやりたい」と話していたといい、芸能界引退の可能性もある。デビュー8年目、バラエティーのみならず、社会派コメンテーターとしても引っ張りだこの売れっ子が突然、大きな決断を下した。    

    現在もテレビ・ラジオのレギュラーを7本持つ売れっ子の春香クリスティーンが突如、芸能界を離れる道を選んだ。

    9月いっぱいで中部地方ローカルの情報バラエティー番組「ドデスカ!」(メ~テレ、月~金曜、前6・00)を降板するなど、すでに仕事の調整に入っており、来年3月までには他のレギュラー番組もすべて降板する。

    複数の関係者によると、春香は元来、タレント活動だけでなくさまざまな分野に興味を持ち、タレントとしての自分の方向性に迷いを持っていたという。

    また、生真面目な性格のため、仕事が立て込んだ際には精神的に重圧を感じ、自身を追い込んでしまうタイプでもあることから、一度仕事をリセットして、今後に向けて自分を見つめ直す期間が必要となったようだ。

    ここ半年ほどは故郷・スイスへの思慕や、「もっと勉強がしたい」と周辺に漏らしていた。芸能界に未練はない様子で、引退も視野に入れている可能性がある。

    春香は国会議員の追っかけが趣味で、選挙特番にも出演するなど、政治への造詣の深さに定評がある。
    関係者は、政界進出の可能性はほぼないとしつつ、「政治学者やキャスターなどへの転身も視野に入れているのでは」とした。
    春香自身は周辺に「新しくやりたいことが見つかった」と話すなど、留学や進学も検討しているとみられる。

    プライベートでは、昨年7月から共同通信記者と交際。
    現在も順調に継続中だというが、関係者によると、結婚に関しては当分、予定していないという。

    08年にスイスから単身来日し、10年3月に芸能界デビューしてから、丸8年で芸能活動に一区切りをつける決断をした春香。
    まだ25歳という若さだけに、今後どのような道を歩むかが注目される。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000001-dal-ent


    所長見解:政治家を目指すのかな・・・
    【【政治興味】春香クリスティーン無期限休業ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    真木よう子、篠原涼子主演の映画『SUNNY』撮影中の突如降板に現場大混乱

    「来年公開予定の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に出演する真木よう子さんが、10月下旬に突如降板することになりました。
    彼女が出演するシーンの撮影が始まったばかりだったので、現場は大慌てですよ」(制作会社関係者)

    m


    『SUNNY』は、'11年に韓国で観客動員740万人を記録したヒット映画を日本流にリメイクした作品で、主演は篠原涼子が務める。

    「篠原さん演じるアラフォーの主人公が、'90年代の青春時代を取り戻す物語です。
    日本版では、主人公のアラフォー時代を篠原さん、主人公の女子高生時代を広瀬すずさんが演じます」(映画ライター)

    大ヒット作のリメイクということで、出演陣も豪華だ。

    「篠原さんの親友役には、真木さん。さらに、渡辺直美さんや小池栄子さん、ともさかりえさんなど、主演クラスがそろっていますよ。
    監督は'11年の映画『モテキ』や'15年の『バクマン。』などを手がけた大根仁さんです。
    さらに、プロデューサーは昨年大ヒットを記録した『君の名は。』の川村元気さんが務めます」(同・映画ライター)

    主人公の親友という重要な役が決まっていた真木。
    一体なにがあったのだろうか。

    「10月初旬から、広瀬さんが演じる主人公の過去パートの撮影がスタートしていました。
    順調に撮影が進み、下旬から現在パートの撮影がクランクインする予定だったのですが、撮影前日に真木さんの体調不良を理由に中止になりました」(前出・制作会社関係者)

    翌々日には元気な姿を見せてくれると思っていたのだが……。

    「真木さんは現場に姿を見せることなく、そのまま降板することになりました。
    突然のことだったので、制作スタッフも動揺を隠しきれません」(同・制作会社関係者)

    とんだドタバタ劇だが、真木には“前科”がある。

    「今年の8月には、クラウドファンディングで集めた資金で雑誌を作成し、コミックマーケットで配ることを発表すると炎上。
    急きょ不参加になりました。
    さらに、今年の夏クールで放送されていたドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)のロケも体調不良でキャンセルしたことがありましたよ。
    “お騒がせ女優”の烙印(らくいん)を押されることになってしまいましたね」(ワイドショー関係者)

    真木の降板に関して、映画の配給元である東宝に問い合わせたが、期限までに回答はなかった。
    人気映画のリメイク作品ということで、制作側も意気込んでキャスティングしたことだろう。

    予期せぬ降板に真木の体調も気になるところ。
    今後の発表が待たれる。

    週刊女性PRIME
    http://news.livedoor.com/article/detail/13868635/


    所長見解:最近やらかしてるよね・・・
    【【現場混乱】真木よう子、映画撮影中に「体調不良」で突如降板ってよwwwwwww  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    50代の主治医とのW不倫を認め、仕事がなくなってしまった女優の斉藤由貴が、「東宝カレンダー」の2018年版ラインアップから外れたことを、一部スポーツ紙が報じている。

    s


    記事によると、同カレンダーは、系列の芸能事務所・東宝芸能に所属する女優らを中心に起用され、斉藤は1986年から32年連続で登場。
    しかし、少なからず今回のW不倫騒動が影響し、除外されたとみられるという。

    「同事務所で、斉藤は、沢口靖子との“2トップ”とも言える存在。
    よほどのことがない限り、外れることはないと思われていた。
    しかし、カレンダーの多くは、東宝の取引先企業などに配られるため、イメージダウンを憂慮して、斉藤を外すことにしたのでは。
    この分だと、仕事復帰までにかなり時間がかかりそうだ」(芸能プロ関係者)

    斉藤は、出演予定だった来年1月スタートのNHKの大河ドラマ「西郷どん」を降板。
    代役として、かつて、斉藤の後を受け人気ドラマシリーズ「スケバン刑事」(フジテレビ系)で2代目の主役をつとめた女優の南野陽子が起用されることが発表されたばかりだ。

    「南野は、夫の借金問題を抱えており、このところ、あまり大きな仕事が入らなかった。
    しかし、斉藤のおかげでまさかの“棚ぼた”。斉藤に感謝しているのでは」(芸能記者)

    好調な仕事ぶりだったのが一変、当分、稼働できなくなってしまった斉藤だが、その“しわ寄せ”は事務所の後輩たちに及ぶことになりそうだというのだ。

    「なんとかして、斉藤のおかげで“減収”になった分を回収しなければならない。
    そのため、事務所の所属タレントの中でも、長澤まさみと上白石萌音に仕事を詰め込んで埋め合わせようとしているようです。
    2人にすればとんだとばっちりでしょう」(同前)

    今後、事務所は、斉藤の復帰時期などについて、頭を悩ませることになりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13781280/


    所長見解:もうダメかもね・・・
    【【不倫贖罪】身内からも“NG”をくらった斉藤由貴ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    関西発のお昼の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(讀賣テレビ)で10年以上にわたり司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(54)が、同番組を降板し、フジテレビの新番組の司会に就く予定であることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

    讀賣テレビ関係者によれば、「来年3月末で『ミヤネ屋』を降板する」という。

    m


    「今年8月に『ミヤネ屋』はスタジオをリニューアルしたばかりですが、去年頃から『ミヤネ屋』に対する宮根さんのモチベーションがなくなってきています。
    元々ほとんど台本なしの進行ですが、マンネリを感じている。
    所属事務所と本人は『視聴率が下がり追い込まれるまでに辞めて、キャスターとしての
    商品価値をキープしたい』と考えています」(番組関係者)

    そんな宮根に接触したのが、フジテレビだった。

    「来年4月から宮根さんにはフジテレビで放送される月~金の夕方帯の新たな報道番組の司会を務めてもらう予定です」(フジテレビ関係者)

    フジテレビにはどうしても宮根を獲得したい事情があった。

    「今の夕方帯の『みんなのニュース』は惨敗の状態です。
    同時間帯の番組では日テレ、テレ朝、TBSに負け続けている。
    10月にリニューアルしましたが、状況に変化は見られません」(同前)

    宮根の電撃移籍によって、フジテレビは復活することができるのか。

    フジテレビ、讀賣テレビに対し移籍について質問したが、共に「そのような事実はございません」と否定した。

    週刊文春10月19日発売号では、宮根本人への直撃取材、電撃移籍が内定した裏事情などについて詳報している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00004594-bunshun-ent


    所長見解:ギャラだろうね・・・
    【【視聴率男】 宮根誠司 「ミヤネ屋降板」 フジ新番組に電撃移籍ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本テレビが12月に決勝を生放送する「女芸人NO.1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)」への出場を前日16日に急きょ辞退したタレントの山田邦子(57)が17日、自身のブログを更新。
    大会参加取りやめの理由を明かした。

    y


    16日、急きょ所属事務所の太田プロダクションから日本テレビにキャンセルの連絡があった。
    この日は中目黒キンケロ・シアターで予選1回戦があり、山田はEグループで出場予定だった。

    辞退の理由について、太田プロは「マネジメント側の(山田)本人への番組主旨の説明不足があった」と説明。
    大会の認識に誤解が生まれ「それなら“出られない”となりました」と行き違いがあったことを明かした。

    山田は17日朝にブログを更新。
    「がっかりしました。やる気満々だったのに」と心境。
    「おととい予選参加の時は¥2000払ってくださいと言われ、まさか? と思い、お金払って出るの? もしかしてこの番組、出演料あるの? と聞くと………優勝賞金のみです………と。ほほう? スポンサーついてるのに? 審査員や司会者は、おそらくギャラがあるのに?」とエントリーフィー(1組2000円)に疑問が生じたようだ。

    「ま、まあ、いいでしょう、じゃあ、あと芸人は誰が出るの?? アマチュアや研究生です、と? え?  芸人は? まだわかりません、て。
    私の名前は、とっくに発表になっているのに? 何じゃそりゃ」と参加メンバーにも不信感が募ったようだ。

    今月9日に参戦が発表された際には「やる気は925(くにこ)パーセント! ワクワクしてます!」と意気込んでいただけに「残念だなぁ。予選のネタもかなり面白いのを考えていたのにぃ。ただ名前が宣伝に使われただけか。がっかりだ。
    showroom(配信)か月笑(ライブ)でやろうっと」と締めくくり、気持ちを切り替えたようだった。

    今、乗りに乗っている女性芸人たちの中から「一番面白い女性芸人を決める大会を!」という声を受け、日本テレビで史上初の祭典を開催することが決定。
    賞金1000万円を懸け、出場者は漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンスのジャンルを問わない「異種格闘技戦」に挑む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000088-spnannex-ent


    所長見解:出ないでいいよ・・・
    【【疑問疑惑】山田邦子「女芸人No.1決定戦」辞退の理由ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ