ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    長渕剛

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    作業着姿で足場の上を行き来する姿が、ここまでサマになる歌手も他にいないだろう。

    20年ぶりの建築現場、もとい映画の撮影現場に臨むのは長渕剛(62)である。

    ファン向け動画では撮影順調をアピールするが、そこは数々のスキャンダルで知られる長渕のこと。

    クランクイン早々に「お蔵入り」の危機が囁かれ始めた。


    公式HPを開くと、まず目に飛び込んでくるのは、ギターを抱えて天を仰ぐタンクトップ姿の長渕。

    そして、〈20年の時を経て、俳優・長渕剛がスクリーンに蘇る! 映画「太陽の家」制作決定!〉という仰々しい煽り文句である。

    どれほどの超大作かと思ってあらすじに目を通すと――。

    長渕演じる人情に厚い大工の棟梁が、シングルマザーとその息子のために家を建てることを思い立つ〈感動作〉だそうな。

    すでにクランクイン済みで公開は来年の予定。

    だが、令和2年の新作映画ながらストーリーから漂うのはあくまでも「昭和」の人情ドラマの香りである。

    芸能記者も首を傾げる。

    「映画の興行としてはかなり厳しいと思いますよ。
    長渕は連ドラ『とんぼ』や『しゃぼん玉』のヒットで俳優としても脚光を浴びました。
    ただ、それは歌手として人気絶頂だったからこそ。
    いまの時代に長渕が、“大工が主人公の感動作”に主演してもヒットが狙えるとは思えません」

    所属事務所は4月25日に改めて製作発表会を予定しているというが、「映画業界では配給会社の仕切りで製作発表会を開き、その後にクランクインするのが一般的な流れです。
    それなのに、公式HPや記事を見回しても配給会社は公表されていません。
    さらに、製作委員会にどんな企業が名を連ねているかも分からないのです」(同)

    つまり、現時点では製作費の出処も分からず、上映のメドすら明らかにされていない状況なのだ。

    e


    誰も関わりたくない

    実は、これまでも長渕の主演映画にはトラブルがつきものだった。

    映画業界関係者が振り返る。

    「『英二』の黒土三男監督とは演出を巡って対立。
    『とんぼ』の脚本を手掛けた恩人ですが、現在は完全に没交渉になっている。
    また、主演2作目の『ウォータームーン』では工藤栄一監督と衝突して撮影が難航。
    結果、長渕ファンの間ですら評価の割れる“失敗作”となり、興行成績も散々だった」


    今作に起用されたのは、ドラマ「相棒」などに携わった権野元監督だが、「彼はまだ商業映画の世界で目立った実績はありません。
    要は、ベテランや有名どころの監督は誰も長渕作品に関わりたくないということ。
    今回の撮影でも長渕が演出や脚本に口を挟むため、遅々として撮影が進まないようです」(同)


    さらに、いよいよ完成が危ぶまれる状況になれば、「動画サイトのGYAO! が今回の映画の特設サイトを公開していることから、最後はネット配信でお茶を濁すのではないか、とも囁かれています」(同)

    名曲「しゃぼん玉」のように、映画がはじけてとばなければいいけれど。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190425-00560577-shincho-ent

    所長見解:そうやね・・・

    【【悲報】長渕剛の主演映画がお蔵入り危機の理由・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    長渕剛、大工の棟梁役で21年ぶり映画主演 テーマは「愛と信念」…来年公開「太陽の家」

    シンガー・ソングライターの長渕剛(62)が映画「太陽の家」(来年公開、権野元監督)に主演し、大工の棟梁(とうりょう)を演じることが27日、決まった。

    映画は一匹狼(おおかみ)のヤクザを演じた「英二」(1999年)以来。

    ピストルを鉋(かんな)や金づちに持ち替え、21年ぶりにスクリーンに帰ってくる。

    n


    11年に東日本大震災を経験。

    15年には富士山麓で10万人オールナイトライブを達成した。

    この間、「生きること」と向き合い、「家族とは何か」「血のつながりとは何か」の自問自答を続けてきた。

    たどり着いたテーマは「愛と信念」。

    長渕は「子供っていいな。親子の情愛っていいよな。愛情って血のつながりだけじゃないよなとか、柔らかい気持ちになれるような作品にしたい」。

    この思いを反映させ、映画「桜田門外ノ変」(10年)などの江良至氏が脚本を務める。

    演じるのはやんちゃで人情味の厚い大工職人。

    シングルマザーに育てられた少年と出会い、「俺が男にしてやる!」と血が騒ぐ。

    なかなか懐かれないが、次第に心を通わせる2人。

    この親子のために、と家を建てることを思い立つ。

    長渕は女優・文音(31)ら2男1女の父親。

    我が子の成長が、今作に与えた影響は大きいという。

    「いくつになってもかわいいですね、子供は。顔を見た時には『好きだよ』『愛しているよ』と言うことだけは、務めている。
    実人生の中から、いろいろな破片を拾い集めて、リアリティーを持ってやっていきたい」

    10人が残った子役の最終オーディションにも立ち会い、童心に帰った。

    「子供が大好きなんです。持ち上げたり、かわいかったね」と目尻を下げた。

    「血のつながりほど厄介なものはないけど、血のつながりがあるからこそ頑張れる。
    誰もが感じる温かい声、怒りや悲しみを堂々と表現してみようと思う」。

    4月のクランクインを前に、理想の家族像を追求していく。


    ◆太陽の家 
    神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎(長渕)は年ごろの娘、しっかり者の女房と幸せに暮らす。
    弟子たちと仕事に励んでいると、保険会社の営業ウーマンが通りかかる。
    彼女はシングルマザーで、その息子・龍生は父親を知らずに育ったという。
    少年が気になる川崎は、次第に距離を縮めていく。
    ある日この親子に家を作ろうと思い立つが、突如、少年の父と名乗る男が現れる―。


    21年ぶりに映画主演する長渕剛(カメラ・小泉 洋樹)
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190328-00010001-spht-000-1-view.jpg

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00010001-spht-ent

    所長見解:久しぶりやね・・・



    【【カリスマ歌手】長渕剛、21年ぶりに映画主演ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    我々を騙くらかして喜ばすような、その先にあるのが何かってったらカネやカネ!
    金儲け金儲け金儲け!って考える、ところが我々音楽始めた時は金なんか関係無かったです、誰かにこの思いを伝えたい!
    その一瞬に全てを賭けてきた、僕はそれを貫き通すよ。

    n


    オールナイトニッポンにて


    所長見解:剛・・・
    【【強烈批判】長渕剛「AKBだか何KBだか分かんないけどさ(笑)あんなもんばかり生産し続けてね」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ