鈴木紗理奈

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月2日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に鈴木紗理奈が出演。

    親友の木下優樹菜を見限ったと話題になっている。

    この日、番組では、飲食チェーン『バーガーキング』が閉店する近隣の『マクドナルド』へねぎらいのメッセージを店頭に掲げたニュースを伝えた。

    しかし、それを〝縦読み〟すると「私たちの勝チ」とあおっていることが判明。

    海外では「バーガーキング」がコトあるごとに「マクドナルド」にケンカを売るのが〝お約束〟となっていることが紹介され、これもその流れでのメッセージだと解説した。


    すると、MCの田中裕二から、この〝縦読み〟についてコメントを求められた鈴木は、「いやいや、優樹菜やから、縦読みの方は。私してない」と苦笑い。

    「(木下とは)どうなの、最近?」と聞かれても、「ちょっと分かんないんですよね… 最近はあんまりコンタクト取ってない」と小声で答え、どうやら距離を取っていることをニオわせた。


    「紗理奈といえば、木下の〝タピオカ恫喝事件〟が明るみになった際、インスタグラムで『反省して、また次! みんな応援してるよーー!』などと励ましのコメントを送っていました。
    また、2人は互いのインスタに頻繁に登場するほど仲が良かったため、いきなり疎遠になるのは意外。
    さらに〝疑惑段階〟の縦読み騒動を、親友の紗理奈が暗に認めてしまったのも驚きでしたね」(芸能記者)

    s

    「ベッキーと上戸彩思い出した」

    ネット上でも、木下をかばう気のない鈴木の言動に、

    《薄っぺらい友情過ぎて、何か紗理奈、人としてどうよ?って感じ》

    《しらじらしい! あんだけアホみたいに仲良しアピールしてたのに! クソ過ぎる!》

    《ナゼかベッキーと上戸彩思い出したわ》

    《浮かれ不倫してたのは知ってたよね。縦読みまでやらかす木下が誰にも言わずにいられると思えない》

    《うわーないわー 妹みたいなとか言ってたろ? せめて悪いことしたと思いますが大切な友達ですくらい言うたれや》

    など、薄情だと批判する声が相次いでいる。


    「上戸彩とベッキーも一時は〝親友アピール〟をしていましたが、ベッキーが不倫騒動を起こした途端、上戸はダンマリ。
    ほとぼりが冷めてからまた〝親友アピール〟をし始めたことが批判されていますね」(芸能記者)


    芸能人同士の人付き合いは、なかなか難しいようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2181469/

    所長見解:しゃあない・・・
    【【友情】鈴木紗理奈さん、親友の木下優樹菜さんを切り捨てた模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鈴木紗理奈が、24日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演。

    驚きの生い立ちと、それをひた隠しにしてきた理由を明かした。

    父親は社員50人規模の建設会社を経営するかたわら、割烹料理店のオーナーも務めていたという。

    また母親も警備会社や、奄美大島の絹織物「大島紬(おおしまつむぎ)」の仕入れなど複数の会社を抱える社長だったのだとか。

    ちなみに祖父は東大卒の博士だったそう。

    s


    自宅は8LDKの大豪邸。

    リビングには竹の鉢植えを飾る中庭がもうけられ、また室内にはビリヤード台もあると言及。

    さらに夕食として、父の営む割烹料理店で週に1回、フグを食していたという。

    また「レストランといえばファミレスではホテル内のレストラン」「寿司が回るなんて知りませんでした」「即席ラーメンはお手伝いさんが調理する」など、裕福な少女時代を次々と回顧。

    だが鈴木は自分で言いながら「感じ悪~」「鈴木紗理奈が……いやいや、イメージがやっぱりちょっと」など、イメージのために明かさなかったとも語った。

    さらに15歳のとき「国民的美少女コンテスト」に自ら応募し、見事「演技部門」を受賞したと語った。

    応募のきっかけは「鏡を見ているうちに、あれ?私、って美少女かもしれん」と気づきだしたことが始まりだったと振り返っていた。

    http://news.infoseek.co.jp/article/rbbtoday_168031/

    所長見解:見えんな・・・
    【【これは意外】鈴木紗理奈、衝撃的すぎる生い立ちがコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ