鈴木杏樹

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「貴城さんは弁護士と相談して、“夫が悪いのは当たり前。
    でも私が人生に大きな打撃を受けたように彼女も同じ試練を受けるべき”と杏樹さんに慰謝料請求することも考えているそうです」(スポーツ紙記者)

    劇団新派の俳優・喜多村緑郎(51)との不倫を『週刊文春』に報じられた鈴木杏樹(50)。

    それから約1カ月、喜多村の妻で、元宝塚のトップスター・貴城けい(45)が3月3日の『文春デジタル』では、杏樹への怒りを“慰謝料請求”という形であらわにしたと伝えられている。

    s


    喜多村と貴城の離婚は秒読みとされるなか、本誌は喜多村夫妻と親しい関係者に匿名を条件に独自に接触。

    2人の今の夫婦関係、そして杏樹との顛末を聞いた。

    「まず、2人の不倫関係が発覚してから、喜多村さんは一切、杏樹さんに連絡をとっていません。
    杏樹さんはひどくショックを受け、自分の仕事上のデメリットも考え別れることを決めたそうです」


    喜多村当人は2月末まで東京・新橋演舞場の舞台『八つ墓村』に出演していた。

    だが、裏ではひどく落ち込んでいたという。

    「稽古の合間を縫って関係各位に頭を下げて回った。
    5日間ほとんど眠れずに幕を開けたそうです。
    “これまでの生涯でいちばんつらい出来事だ”と肩を落としていました。
    多くの人に迷惑をかけたことを心から悔いていましたね」

    自業自得とはいえ「舞台に立っているときだけ現実から逃れられた」という。

    貴城と喜多村の夫婦関係は今、どうなっているのか。

    『週刊文春』には「私の人生を返して」と恨み節を語った貴城だが……。

    「緑郎さんが何度も貴城さんに連絡してもいまだに返事はないそうです。
    あまりにも連絡がこないので、泣きながら電話をかけたこともあったようです」(前出・夫妻と親しい関係者)


    不倫報道後、貴城は心労のため入院したという。

    ただ、連日、謝罪の意を訴え続けたためだろうか。

    喜多村の気持ちは少しずつではあるが、貴城にも伝わっているという。

    「彼女の心身は少しずつではありますが、回復してきています。
    外出できるまで元気になっているようです。
    ある日、緑郎さんが自宅に帰ったらバレンタインのプレゼントが置いてあったそうです。
    彼女はチョコレートが食べられない緑郎さんのため、毎年イワシやサバの缶詰を贈っていたとか。今年も、渡しそびれたプレゼントが置いてあったそうです。先日も家に帰ってみると、汚れ物が洗濯してあって、畳んで置いてあった。
    部屋も掃除されていたそうです。
    自分の洋服などを取りに戻ったようなのですが、本当に愛情がなかったら、そんなことはしないでしょう」(前出・夫妻と親しい関係者)


    断絶の時期から、夫を“赦した”とはいえ、夫婦はまだ不倫報道後一度も会ってはいないという。

    「貴城さんは、夫婦の今後の話し合いは自分の体調が回復して、かつ夫の仕事が一段落してからと考えているようです。
    あえて連絡を取らないでいるのは、緑郎さんにお灸をすえたいからでしょう。
    もう少したったら連絡をとるつもりのようです」


    “まさかの離婚回避”だが、2人の本心はどうなのか。

    3月上旬、東京都内の自宅マンションから出てきた喜多村を直撃した。


    ――貴城さんと関係修復が進んでいるという話がありますが?

    喜多村は黙ったまま、深く一礼して去っていった。
    その表情は少しほほ笑んでいるようにも映った。


    「心ない報道がなされるのも、“自分の不徳のいたす限り”と本人は反省しきりです。
    土下座をしてでも奥さんと話し合い、今後をきちんと決める。
    そのうえで杏樹さんにもきちんと謝罪する。
    ファンには“精進して芸で返していく”と神妙な顔で話していました」(前出・夫妻と親しい関係者)


    夫婦の最終結論まで、まだ時間はかかりそうだ――。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200310-00010001-jisin-ent



    所長見解:どないなん・・・

    【【不倫】鈴木杏樹さん、慰謝料請求された模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・鈴木杏樹(50)が4日、レギュラー出演するニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」(月~木曜午後10時、水曜担当)に約1カ月ぶりに生出演した。

    歌舞伎俳優・喜多村緑郎(51)との不倫が発覚する前日の先月5日の放送を欠席以降、4週連続で同番組に出演していなかった。

    番組冒頭、鈴木は「この度はお騒がせしまして、本当に本当に本当に申し訳ございませんでした。
    残念な思いや、傷つけた方に心の底からお詫び申し上げます。
    ごめんなさい。
    また、たくさんの仕事関係の方に多大なご迷惑をお掛けしてしまいました。
    心の底から反省しております。
    申し訳ございませんでした。
    ご心配おかけしてしまった方々にも申し訳ございませんでした。
    本当に本当に本当に申し訳ございませんでした。
    ご迷惑をお掛けしてしまうことは二度とないように、これからの人生を送っていきたい」と涙ながらに謝罪した。


    また「出演した舞台の広島、福岡公演に心にこもった電報などメッセージをいただいて、どれだけ温かかったか。
    生きていく自信を失っていたので、それが温かくて…。
    お花など、大切にします」と涙ながらに語った。


    s


    不倫騒動をめぐっては、先月6日発売の「週刊文春」で報じられ、同日に所属事務所を通じて「本当に申し訳なく、心からおわびします。
    今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました。
    お別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯(しんし)に反省し、今後皆さまにご迷惑をおかけすることのないよう慎みます」とコメント。

    同局のレギュラー番組「鈴木杏樹のいってらっしゃい」も降板した。


    また同18日には、広島市のJMSアステールプラザで舞台「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~」に出演。

    報道後、初の舞台出演で会場には朝から報道陣が待ち受ける中、通常、出演者が通る楽屋入り口を使用せずに会場入り。

    公演では、皮肉にも不倫する妻役をコミカルに熱演し「1度に2人を愛してはいけない。
    いつかきっと不幸になるよ」と諭される場面では客席から笑いが起こっていた。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-23040963-nksports-ent

    所長見解:もうええやろ・・・

    【【不倫】鈴木杏樹さん、ラジオで号泣謝罪ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    また新たな不倫が発覚した。

    今度は女優の鈴木杏樹(50)と俳優・喜多村緑郎(ろくろう)(51)という熟年カップルだ。

     
    杏樹は’98年に外科医と結婚したが、’13年に死別。

    一方、喜多村には元宝塚歌劇団宙組(そらぐみ)トップスターである妻・貴城(たかしろ)けい(45)がいることで、大きな騒動になっている。

     
    二人は昨年10月に舞台の共演で知り合う。

    『週刊文春』の記事によれば、千葉県美浜区にある海浜公園の砂浜で、ビニールシートに並んで腰かけ、頬を寄せ合うようにして二人だけの世界に浸っていたという。

    ハイボール2杯を飲んでいたという喜多村は、酔いが回ってきたのか、やがて杏樹を抱きしめ、人目も憚(はばか)らずキスを繰り返したというのだ。

     
    その後、杏樹が運転する高級外車で二人が向かったのが、千葉県内にある写真のラブホテルである。

    京葉道沿いにある客船をイメージしたかのような丸い窓が特徴のホテル「S」だ。

    「典型的な郊外型のラブホですが、昨年春にリニューアルしたばかりでオシャレな感じのホテルです。
    料金は、平日は休憩4時間で3300円からあり、4000円台の部屋がメインですね。
    露天風呂やカラオケを備えた部屋もあります。
    好みでセーラー服やナース服など、コスプレ衣装を選べるのが人気ですね」(風俗ライター)

     
    ホテル1階のエントランスを入るとタッチパネル式のモニターがあり、部屋を選ぶと部屋番号が印刷された紙が出てくるので、そのままフロントを通らずに部屋に入るシステムだ。

    料金は帰りに自動精算機で支払うので、スタッフと顔を合わせることはまったくない。

    それがわざわざこのホテルを選んだ理由なのかもしれない。

     
    不倫の発覚後、二人は文春の記事が事実であることを認め、謝罪文を出した。

    杏樹はパーソナリティーを務めるラジオ番組を降板、その他舞台などの対応も協議中だというが、収束する兆(きざ)しはいまだ見えない。

    「杏樹のラジオ番組は15年間スズキの一社提供だったのですが、愛車が高級外車だと報じられてスポンサーが激怒しているそうです。
    杏樹の事務所には篠原涼子や谷原章介らも所属していますが、事務所ごとNGにしかねない怒りっぷりだそうです」(広告代理店関係者)

     
    現在、杏樹は自らの軽率な行動を反省し、喜多村との別れを決意したという。

    一方の喜多村も妻とは別れたくないようだが、貴城の怒りはハンパなく、喜多村は貴城とまったく話ができない状態だという。

    不倫の代償は高くつきそうだ。


    杏樹と喜多村が訪れた千葉県内にあるラブホテル「S」。

    平日でも夜は8割方の部屋が埋まるほど人気

    サービスタイム5500円の部屋。

    広さは8畳ほど。

    備え付けのテレビからルームサービスを頼むこともできる。 

    無料でレンタルできるコスプレ衣装も。

    1セット500円のセクシー下着やアダルトグッズも販売されている。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17850495/
    FRIDAYデジタル


    no title

    no title

    所長見解:安くてええやん・・・
    【【休憩料金4000円】女優・鈴木杏樹が行きつけのラブホがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優・鈴木杏樹(50)が18日、JMSアステールプラザ(広島市)で行われた舞台「『罪のない嘘』~毎日がエイプリルフール~」の広島公演に出演。

    今月6日発売の週刊誌で劇団新派の俳優・喜多村緑郎(51)との不倫が報じられて以降、初めて公の場に登場した。

    カーテンコールでは共演の佐藤B作(71)から不倫ネタをいじられ、「大変お騒がせしてしまい、申し訳ありません」と深々と頭を下げた。

     
    終演後は楽屋口で待ち構えた報道陣に向かい、頭を下げ、無言のまま迎えのタクシーに乗り込んだ。

     
    「罪のない-」は三谷幸喜氏(58)作。

    ちょっとした嘘が、のちに“おおごと”になってしまうというストーリーで、鈴木は片岡鶴太郎の妻役。

    皮肉なことに不倫をしてしまう役どころでもある。

     
    劇中では、B作が夫役の鶴太郎に向かい、「もっと奥さんを大事にした方がいい。
    相当愛に飢えてる。
    近くに4000円のホテルがあるから、行ってきなさい」と鈴木が喜多村との不倫で使ったラブホテルの“休憩”(4000円)の値段までアドリブでネタにし、会場からは笑いが起こった。

     
    カーテンコールでは、B作が「今日、拍手すごいですね。
    これだけお客さん入ったのも杏樹さんのおかげ」と笑わせ、不倫してしまう役どころに重ねて「この芝居をよくやってくれました」と騒動を再びイジると、会場からは拍手が。

    鈴木は観客に向かって3度にわたり、頭を下げた。

     
    B作から「一言」と促された鈴木は「大変お騒がせしてしまい、申し訳ありません」と深く頭を下げ、謝罪。再び激励の拍手に包まれ、B作も「人を愛することは素晴らしいこと。
    私は3回(実際は2回)離婚してますから」と自虐ネタでフォロー。

    会場には笑いが起こっていた。

     
    一方、不倫相手の喜多村は18日夜、都内でトークショーを行い、「このたびは大変申し訳ありませんでした」と不倫騒動を生謝罪している。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000159-dal-ent


    公演を終え、笑顔を見せながら引きあげる鈴木杏樹

    no title


    公演を終え、報道陣に会釈して引きあげる女優鈴木杏樹

    no title

    所長見解:まあな・・・


    【【ラブホ不倫】鈴木杏樹さん許された模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春」2月6日発売号が報じた女優・鈴木杏樹(50)と舞台俳優・喜多村緑郎(51)の「禁断愛」。

    喜多村の妻で元宝塚トップスターの貴城けい(45)は、「週刊文春」の取材に苦しい胸の内を明かした。


    g


    貴城の事務所関係者が明かす。

    「夫と杏樹さんの関係を知った貴城さんはショックのあまり、寝ることも食べることもできないくらい憔悴してしまった。
    現在は家族の勧めで病院に入院し、点滴治療を受ける日々を送っている。
    ワイドショーなどの取材が殺到していますが、まだ事務所の人間と話ができておらず、コメントを出せる状況にないそうです」

    入院する前、貴城は「週刊文春」の取材に対し、次のように語っていた。

    「普通に生活を送ってきたんです。
    3月には(喜多村の実家がある)新潟にも一緒に行く予定でした。
    本当に……情けなくて仕方ありません」


    また杏樹への思いを聞くと、涙ながらにこう答えた。

    「私がいることを知っていたのに……信じられません。
    ご自身も結婚されていたのなら、どうしてこんなことを……。
    やっぱり私は彼女を許すことはできません」


    今年1月3日、貴城は、喜多村の舞台を観るため劇場を訪れた杏樹と初めて顔を合わせたという。 

    人目のある海岸でのキスやラブホテルでの逢瀬など、燃え上がる杏樹と喜多村の“禁断愛”は今後、どこに向かうのか。

    2月13日(木)発売の「週刊文春」では、1月3日における杏樹とのやり取りなど貴城による“告白”に加え、杏樹と喜多村の今後の関係などについて、4ページにわたって詳報している。


    画像①


    https://bunshun.jp/articles/-/33613
    https://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/e/f/750wm/img_ef8b54c3655fedda3f668bb9aab9c73597555.jpg

    所長見解:男じゃね・・・
    【【ラブホ不倫】 妻さん「鈴木杏樹を許さない」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ