野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k


    稲村亜美のショートパンツから覗く太もも

    いいよね

    所長見解:いいな・・・
    【【これはすごい】神スイング・稲村亜美のショートパンツから太ももがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    その男は万年トレード候補だった。

    1986年オフ、パ・リーグで2年連続三冠王に輝いたロッテの主砲・落合博満の巨人移籍が連日報道されていた。

    まだ日本球界にFA制度が存在しなかった時代、ストーブリーグの話題と言えば大型トレードネタである。

    結局、落合の移籍は12月23日午後10時過ぎに球団から発表され、トレード相手は巨人ではなく新監督・星野仙一の執念の巻き返しで逆転した中日だった。

    その夜、落合の中日入団会見はテレビ朝日系『ニュースステーション』で緊急生中継。

    それをブラウン管の向こう側でかじりつくように見ていた21歳の巨人若手投手の談話が、当時の報知新聞に掲載されている。

    「トレード要員として、ボクの名前が出てきたでしょ。
    ある新聞で『もし行けと言われたら? 』と聞かれて『仕方ないでしょう』と答えたら『移籍OK』みたいに書かれてしまった。
    あれはマイッタですよ。
    両親も『決まったら決まったで仕方ないよ』と変ななぐさめ方をするし……」

    まるで合コンでしくじったさえない大学生のようなコメントだが、そんな人のいい気弱な若者が、のちに“平成の大エース”と呼ばれる斎藤雅樹である。


    平成前半の斎藤はとんでもなかった。

    通算180勝96敗、防御率2.77。

    個人的にこれまでリアルタイムで見てきた中では歴代ナンバーワン投手だ。

    145キロ超えの直球とキレキレのカーブを武器にする本格派サイドスロー。

    とにかく平成前半の斎藤はとんでもなく凄かった。


    なにせ’89年から’96年の8シーズンで、沢村賞3度(史上最多タイ)、最多勝5度(スタルヒンに次いで歴代2位)、最優秀防御率3度、最高勝率3度、最多奪三振1度、3年連続開幕戦完封を記録。

    仮に10年遅く生まれていたらメジャー球団の大争奪戦になっていた可能性が高いが、時代の変わり目の日本球界でひたすら勝ち星を積み重ねた。


    三本柱は桑田、槙原、水野だった?

    そんな平成の大エースも決して順風満帆なキャリアではなかった。

    ’83年にあの甲子園のアイドル荒木大輔の外れ1位指名でプロ入りすると、一時は打撃センスを評価され遊撃手育成プランもあったが、藤田元司監督の助言でサイドスロー転向。

    3年目の’85年に12勝を挙げるも、その後は7勝、0勝、6勝と伸び悩み、右ヒジ痛も抱え前述の通りトレード候補に。

    あだ名は、同姓の欽ちゃんファミリー斎藤清六にちなんで“セイロク”。

    食うか食われるかのプロの世界において優しさは時に足枷になる。


    絶対的エース江川卓が引退した直後の巨人の次世代三本柱と言えば、桑田真澄、槙原寛己、そして水野雄仁。

    いわば、ファンから見た斎藤の印象は、どこかもどかしさすら感じる、いまいちハングリーさが足りない「同世代の出世レースに乗り遅れた男」だった。

    しかし、だ。

    斎藤の運命は’89年から藤田監督が巨人に帰ってきたことにより大きく変わる。

    復帰1年目のシーズン、藤田は前年6勝の背番号41を開幕2戦目に先発起用したのだ。

    ヤクルトに1点リードされて迎えた7回裏、打順が斎藤に回り誰もが交代と思ったが、ベンチはあえて代打を送らずそのまま打席に立たせた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200427-00843309-number-base


    no title


    http://npb.jp/bis/players/81583869.html
    成績

    所長見解:すごかったよな・・・
    【【日本プロ野球】平成の最強ピッチャーがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    令和元年は、吉本芸人を中心した“闇営業騒動”やピエール瀧、沢尻エリカといった大物タレントの薬物事犯での逮捕など、芸能人による不祥事が世間を騒がせた。

     
    そして迎えた今年だが、毎年恒例となっているスポーツ紙による“元旦スクープ”を見てみても、歌舞伎俳優・中村橋之助と一般女性との熱愛やお笑いコンビ・霜降り明星の粗品とタレント・秋山衣梨佳との早期の結婚など、例年に比べるといまいち盛り上がりに欠けるラインナップとなった。


    「スポーツによる元旦スクープは近年、週刊誌並みに“トバす”ケースもありますが、今年は地味な印象。
    しかも粗品さんからはあっさりと結婚を否定され、FUJWARAの藤本敏史と木下優樹菜さんの離婚や浜崎あゆみさんの妊娠などの話題にすっかりかき消された格好です」(民放テレビ局の情報番組スタッフ)

     
    そんな中、ここに来てテレビ業界では、ある大物同士の不倫の噂が水面下でにわかに注目を集めている。

    「日本を代表するメジャーリーガーXと、巨乳で知られる某公共放送の人気女子アナYによる不倫です。
    どちらも既婚者なのですが、年末に行われた業界人が数多く集まる忘年会のパーティーで意気投合。
    会場では酒の勢いも手伝って傍目にも良い感じだったようですが、何とそのまま会場を後にして都内のシティホテルにしけこんだそう。
    新年早々、事情を知る関係者たちに『2人とも若いなぁ~』と話題を振りまいていますよ」(民放テレビ局のスタッフ)


    l

     
    Xといえば、メジャーでも活躍する一方、私生活は恐妻家として知られているが、久々の日本での楽しい酒席でタガが外れたのか、はたまたYの艶っぽい色気にしてやられたのか。 

     
    シーズンが始まれば自然と距離が離れることになるだろうが、今後の2人の関係にも要注目である。


    https://www.cyzo.com/2020/01/post_228218_entry.html

    所長見解:アレやな・・・

    【【不倫】現役メジャー投手と人気女子アナがホテルへGOってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    d


    でも、日本経済界に優秀な人材がどれくらいいるかを見ると、他の国に比べて少なくないですか? 

    例えばアメリカ。

    いわゆる先を行っているこの国には優秀な人材がたくさんいます。

    アメリカには根性論のような考え方がないのに、なぜそんなに優秀な人材が生まれるのか。

    それってきっと、人生でたくさん訪れる苦しい場面を乗り越えていくための打開策を、自分自身で考えているからだと思うんですよね。

     
    一方で日本では、いろいろな経験をしたのに、自分の成績や収入、能力に結びついていない人が多い。

    それは教育にとって良い状態ではないと思うんです。

    だから、根性論については一度考え直さないと。

    もちろん、それしかやってきていないから、根性論を否定することによって自分の人生を否定することになってしまう人が多いとも思います。

    ただ、だからと言って、自分のやり方や考え方を正当化するのはやめてほしいと思う。


    ――容易にさまざまな情報を入手することができる時代。
    全世界の事例をもとに、何が正しいのかを考えるところから始めるべきですよね。

    ダルビッシュ:日本人ってそれができないんですよね。
    タトゥーもそうだし、マリファナもそう。
    マリファナはちょっと難しい問題があるだろうけれど、ただ何と言うか、「日本は日本」「日本人は日本人」と定めすぎてしまい、いろいろな可能性を閉ざしてしまっていると思いますね。


    ――そうですね。ダルビッシュ選手のように、自分自身で判断できる中高生はほとんどいないじゃないですか。
    やっぱり指導者が絶対だと思ってしまっているし、それが正しいとされてしまっています。


    ダルビッシュ:自分の高校時代もそうでしたよ。
    監督は神様であり、監督の言っていることはすべて正しいし、部員はみんな、監督には絶対服従のスタンスで臨んでいたので。

    でも、それは自然のことなのかなとも思いますけどね。
    小さな頃からみんなそうやって生きてきているし、それ以外の考え方や発想がないわけですよ。
    だから、せっかく自分を成長させられる可能性があるのに、すごく小さな世界に自分を閉じ込めてしまっている。
    それではなかなか成長できないと思います。


    ――でも、ダルビッシュ選手は別に監督と揉めたりしないじゃないですか? 
    メジャーの監督とのコミュニケーションはどのように取っているんですか? 
    何か疑問が生じたら直接聞きに行くようにしているんですか?


    ダルビッシュ:いや、何も聞かないですね。
    監督とは特に喋ることもないですし。
    何かあれば向こうから話し掛けてきて、「体は大丈夫か?」「大丈夫だよ」ぐらいですね。監督とはむしろそういう関係。
    一方、ピッチャーの場合はピッチングコーチとのやり取りがありますからね。
    ブルペンとかですごくいろいろなことを言ってくるんですよ。
    そういう時は、ピッチングコーチに「もう俺に何か言うのはやめてくれ」「問題点は自分で直すから」って言ってます。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00010000-realspo-base&p=2

    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【大胆告白】ダルビッシュ「根性論のないアメリカで、なぜ優秀な人材が生まれるのか」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    g


    弓矢をバットで打ち返す練習

    所長見解:ボークやろ・・・

    【【懐かしい】「侍ジャイアンツ」の思い出がコチラwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ