野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、開幕3戦目の敵地・アスレチックス戦で今季初登板初先発した。


    n


    693日ぶりの公式戦登板だったが、初回1死も取れずに3四球3安打5失点で降板した。

    フォーシームの最速は152.4キロだった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/2be730495cd5f53ebdd44c2cfd9a9c0410169eb5

    所長見解:まだやれる・・・

    【【悲報】大谷翔平、投手としては完全に終了説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    p


    JKさん、とんでもない格好でマウンドに立ってしまう



    所長見解:ええやん・・・

    【【検証画像】とんでもないJKピッチャーが出現ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元プロ野球選手の清原和博氏が、7日深夜に放送された『石橋、薪を焚べる』(フジテレビ系)に出演した。

     
    2016年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、今年6月15日に執行猶予が満了した清原氏。

    番組で共演するなど親交もあったMCのとんねるず・石橋貴明から「オレは、内角高めビシビシまっすぐ勝負ですよ? 大丈夫?」と、暗に答えにくい質問をして行くと投げかけた。
     

    b


    執行猶予の4年の間、「苦しかった」と回顧する清原氏。

    逮捕された1、2年目は、抗うつ剤なども使い廃人状態だったという。

    息子にも会えず、すべてをなくしたため、「生きていても意味がないと思って、自殺願望がすごかった」と語る。

    スマホで「自殺の仕方」と検索することもあり、外に出ることすらできなかったと明かした。

     
    野球を始めたことすらも後悔したどん底の頃、2018年第100回大会の甲子園が開催された。

    清原氏は、自らチケットを手にし観戦。

    白熱する高校生たちの戦いに、「オレはこんなところで野球していたのか。
    高校野球っていいな」と元気をもらったという。

    石橋は「やっぱり、清原をもう一度奮い立たせたのは、夏の甲子園だったんですか」と笑顔に。

    清原氏も「死んでいた魂がドクドクと(脈を打った)」と振り返った。

     
    「石橋が『なんで(薬物に)手を出しちゃったの?』と直球で問う一幕もありました。
    清原氏は古傷だった膝のリハビリから解放されると、夜な夜な飲み歩くように。
    そういった所で出会ってしまったと語っていました。
    野球ばかりやっていたため、引退後は心に穴が開き、“これからどうやって生きていこう”と悩んでいました。
    そこで、“軽いノリ”で薬物をやったものの、清原氏いわく、『1回やったら終わりです』とのこと。
    意志が強い人間だと思っていたものの、『唯一負けたのはクスリですね。
    完全に人間じゃなくなります』と恐ろしさを訴えていました」(芸能ライター) 


    ほか、注目している現役バッターの話も。

    清原氏が名前を出したのは、広島東洋カープの鈴木誠也選手。

    ハートの強さ、構え、タイミングの取り方などを絶賛し、「彼のスイングは理想的」とした。

    さらに、「自分、誕生日(8月18日)が一緒なんですよ。
    だから思い入れもあって」と吐露。

    石橋が“スターの星”というものがあり、アントニオ猪木と長嶋茂雄(2月20日)、宇多田ヒカルと松任谷由実(1月19日)が同じ誕生日だとコメント。

    清原氏が「僕も、吉川晃司さん、中居(正広)くん……」と挙げると、石橋は「やっぱりいい星なんだ」と驚いていた。


    https://www.google.com/amp/s/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/18539722/

    所長見解:せやな・・・


    【【衝撃告白】石橋貴明、清原和博氏に「なんで薬物に手を出しちゃったの?」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k


    稲村亜美のショートパンツから覗く太もも

    いいよね

    所長見解:いいな・・・
    【【これはすごい】神スイング・稲村亜美のショートパンツから太ももがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    その男は万年トレード候補だった。

    1986年オフ、パ・リーグで2年連続三冠王に輝いたロッテの主砲・落合博満の巨人移籍が連日報道されていた。

    まだ日本球界にFA制度が存在しなかった時代、ストーブリーグの話題と言えば大型トレードネタである。

    結局、落合の移籍は12月23日午後10時過ぎに球団から発表され、トレード相手は巨人ではなく新監督・星野仙一の執念の巻き返しで逆転した中日だった。

    その夜、落合の中日入団会見はテレビ朝日系『ニュースステーション』で緊急生中継。

    それをブラウン管の向こう側でかじりつくように見ていた21歳の巨人若手投手の談話が、当時の報知新聞に掲載されている。

    「トレード要員として、ボクの名前が出てきたでしょ。
    ある新聞で『もし行けと言われたら? 』と聞かれて『仕方ないでしょう』と答えたら『移籍OK』みたいに書かれてしまった。
    あれはマイッタですよ。
    両親も『決まったら決まったで仕方ないよ』と変ななぐさめ方をするし……」

    まるで合コンでしくじったさえない大学生のようなコメントだが、そんな人のいい気弱な若者が、のちに“平成の大エース”と呼ばれる斎藤雅樹である。


    平成前半の斎藤はとんでもなかった。

    通算180勝96敗、防御率2.77。

    個人的にこれまでリアルタイムで見てきた中では歴代ナンバーワン投手だ。

    145キロ超えの直球とキレキレのカーブを武器にする本格派サイドスロー。

    とにかく平成前半の斎藤はとんでもなく凄かった。


    なにせ’89年から’96年の8シーズンで、沢村賞3度(史上最多タイ)、最多勝5度(スタルヒンに次いで歴代2位)、最優秀防御率3度、最高勝率3度、最多奪三振1度、3年連続開幕戦完封を記録。

    仮に10年遅く生まれていたらメジャー球団の大争奪戦になっていた可能性が高いが、時代の変わり目の日本球界でひたすら勝ち星を積み重ねた。


    三本柱は桑田、槙原、水野だった?

    そんな平成の大エースも決して順風満帆なキャリアではなかった。

    ’83年にあの甲子園のアイドル荒木大輔の外れ1位指名でプロ入りすると、一時は打撃センスを評価され遊撃手育成プランもあったが、藤田元司監督の助言でサイドスロー転向。

    3年目の’85年に12勝を挙げるも、その後は7勝、0勝、6勝と伸び悩み、右ヒジ痛も抱え前述の通りトレード候補に。

    あだ名は、同姓の欽ちゃんファミリー斎藤清六にちなんで“セイロク”。

    食うか食われるかのプロの世界において優しさは時に足枷になる。


    絶対的エース江川卓が引退した直後の巨人の次世代三本柱と言えば、桑田真澄、槙原寛己、そして水野雄仁。

    いわば、ファンから見た斎藤の印象は、どこかもどかしさすら感じる、いまいちハングリーさが足りない「同世代の出世レースに乗り遅れた男」だった。

    しかし、だ。

    斎藤の運命は’89年から藤田監督が巨人に帰ってきたことにより大きく変わる。

    復帰1年目のシーズン、藤田は前年6勝の背番号41を開幕2戦目に先発起用したのだ。

    ヤクルトに1点リードされて迎えた7回裏、打順が斎藤に回り誰もが交代と思ったが、ベンチはあえて代打を送らずそのまま打席に立たせた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200427-00843309-number-base


    no title


    http://npb.jp/bis/players/81583869.html
    成績

    所長見解:すごかったよな・・・
    【【日本プロ野球】平成の最強ピッチャーがコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ