ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    酒井法子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酒井法子(48)が薬物事件で逮捕されたのが2009年8月。

    早くも10年の時が流れたことになる。

    p


    復帰当初はパチンコ営業をしていた印象が強い酒井だが、「その手の営業からも久しく遠ざかり、今年に入ってからはパチンコ関連番組のオファーに対しても、『内容とギャラが見合わない』と断っています。
    本格的な女優復帰を見越したイメージ戦略ではないでしょうか」(パチンコ業界関係者)

     
    仕事面で彼女をサポートする運輸会社社長が今年7月、本誌(「週刊新潮」)の取材に対して、「中国での活動にも嫌気が差して、国内で女優として頑張りたいと聞いている」と語っていたのも頷ける。

     
    節目の夏、酒井の芸能活動を支え続けてきた所属事務所の廣瀬洋二郎社長に話を聞いた。

    「いやいや、中国での活動を嫌がっているなんてことは全くありません。
    今年に入ってから台湾と香港で活動しましたが、中国からもお声掛けは頂いている。
    許可取りが複雑で時間が掛かっているだけです」

     
    女優活動について聞けば、「TBSやフジテレビからもドラマ出演のオファーは頂いております。
    しかし音楽活動の準備期間と重なったり、役がハマらなくてお断りする案件が続いてしまっている。
    引き続き、歌も芝居もアジアに向けて発信し続ける予定です」

     
    役を選べるお立場なのだろうか……。

    ともあれ、さる財団の“子ども健全育成大使”としても活動中ののりピー。

    「一度失敗したっていいんだよ、起き上がれば大丈夫なんだよ、と子どもたちに伝えています。
    先日も千葉の海で子どもたちとゴミ拾いをするイベントに出させて頂きました」(同)

     
    のりピーが千葉の海――。

    のりピーハウスを真っ先に想起させてしまうあたり、本格復帰はまだ道半ば? 


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190903-00579190-shincho-ent

    所長見解:10年か・・・

    【【のりP】酒井法子、あれから10年・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    司会の堺正章からコメントを求められ、「がんばるピー!」とリップサービスしていたが…。

    09年に法律違反の薬物を巡って逮捕され、日本中を震撼させたのりピーこと歌手の酒井法子が11年ぶりという民放歌番組へ出演したのは、3月27日放送の「THEカラオケ★バトル-またそれやっちゃう?あの大ヒット曲、ご本人は何点出せるのかSP!」(テレビ東京系)。

    同番組で往年のヒット曲「碧いうさぎ」を披露すると視聴者から大反響が寄せられた。

    p


    「もちろん、懐かしさを喜ぶ人もいましたね。
    でも、意見の大半は2つのタイプだったんです。
    一つは『彼女を出していいのか?』『なぜ許されるの?』という、彼女の出演させたことに対する批判の声。
    これが一番多かったようです。
    それに次いで書き込まれたのが、48歳とは思えないほどのスキのない美貌への驚きでした。
    男女問わず『本当にキレイ』『可愛すぎる』『これで50近いってウソでしょ?』という羨望の声がたくさん。
    中には『深田恭子かと思った』と最大限のホメ言葉までありました。
    ただその反面、ふつうなら社会復帰すら難しい大変なクスリ騒動と、今の充実しきった美貌のギャップに違和感を覚えた人も少なくなく、『薬物をやると劣化しないんですか?』『薬物に使ってたお金を美容費に回したんですね』といった意味の、薬物と現状を結び付けたネットも見受けられました。
    さすがに誹謗中傷と言うしかありませんね」(女性誌記者)


    地上波復帰という一つの区切りを迎えた酒井。

    様々な“雑音”をはねのけるような、今後の活躍に期待したいところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1753397/

    所長見解:きれいよな・・・

    【【検証画像】酒井法子さん、11年ぶりの歌番組出演がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2009年、違法薬物使用と所持で逮捕されるという衝撃の事件から10年。

    のりピーこと酒井法子の日本での芸能活動はいまだにパッとしないが、それに代わって、彼女の仕事の中心となっていたのが、中国や台湾での活動だ。

    言い換えれば、中華圏での絶大な人気がのりピーの「生命線」だった。

    ところがここに来て、のりピーの中華圏での人気が急降下。

    深刻なピンチを迎えているという。

    s


    『週刊新潮』(新潮社)が報じたところによれば、まずケチがついたのは中国でのSNS炎上騒ぎ。

    「彼女が、中国版ツイッター“微博”に新年のあいさつを書き入れた際、なぜか“決済はこちら”と、課金先のリンクが唐突にアップされてしまったことで不興を買ったといわれています」(芸能記者)

    これは単純な手違いで、酒井サイドはすぐに訂正して謝罪したが、酒井のイメージは著しくダウン。

    中には“ネットで物乞い”をしたという痛烈な批判もあり、いまだに酒井法子と打ち込めば送金という関連ワードが出てくる、という状況が続いているという。

    中国本土での人気を失った今、酒井サイドが期待を寄せたのが台湾だった。

    1992年に行われた台湾でのコンサートには、2日間で3万人もの観客が押し寄せたこともあり、往年の人気を当て込んで、今年3月、台北、台中、高雄のホテルで3日間連続のディナーショーが計画されていたという。

    ところが、1回300席のチケットがなかなかさばけなかったというのだ。

    前出の芸能記者は話す。

    「結果的に高雄でのディナーショーは、公演の2週間前に中止になったというんです。
    SS席が日本円で2万5000円という価格設定でしたが、これが強気すぎたという声もありますね。
    しかし、一流ホテルでのディナーショーですから、あまり下げられないという事情もあるでしょう。
    いずれにせよ、現地での、今の自分の人気を見誤ったということかもしれません」

    台湾での初めてのディナーショーということで、台北、台中で行われた公演は、それぞれ満席になり、酒井は『碧いうさぎ』など、往年のヒット曲で会場を盛り上げたという。

    しかし、高雄の公演中止で、「入ってくるはずのギャラ、200万円が入ってこなかったのは相当痛かったようですよ」(前同)という。

    酒井は3月27日放送の『THE カラオケ☆バトル』(テレビ東京系)のスペシャル番組に出演予定。

    11年ぶりに日本のテレビで歌い、『碧いうさぎ』を披露するというが、これが国内完全復活といえるかは未知数だろう。

    今回、生命線だった中華圏での人気の凋落ぶりが明らかになった酒井。

    これまでのように中国に行けば熱い声援を“いただきマンモス”できる時代は、もう終わったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1748002/

    所長見解:もうね・・・

    【【台湾公演】酒井法子「マンモスドタキャン」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    薬物事件から10年が経ってもトラブルが尽きないのりピー。

    元支援者の親族との金銭トラブルに続き、中国でもSNSの炎上騒ぎに見舞われている。

    そんな彼女にとって最後の頼りは台湾、だったのだが……。

    酒井法子、48歳。またもやマンモスピンチ到来である。


    たとえ日本で腫れモノ扱いされようと、中国では常に「熱烈歓迎」されてきたのりピーだが、このところ雲行きがあやしいようで。

    中国在住のライターが言う。

    「彼女が中国版ツイッター“微博”に新年の挨拶を寄せた際、不躾に〈アリペイ決済の方はこちら〉と課金先のリンクをアップしたことが尾を引いています」

    ネット上では“国際乞食だ!”といった非難が殺到。

    実際には単なる手違いだったようで、酒井側はすぐに謝罪と訂正を掲載したが、

    「中国の検索サイトでは、未だに“酒井法子”と入力すると“送金”という関連ワードが出てしまう」(同)

    など、かなしい状況が続いているのだ。

    そこで、彼女が次に狙いをつけたのは台湾。

    今月15日から台北、台中、高雄のホテルで3日連続のディナーショーを開催すると発表した。

    t


    そもそも、「彼女の中華圏での人気を決定づけたのは台湾でした」とは、中国事情に詳しいジャーナリスト・高口康太氏の解説。

    「90年代初頭に台湾の飲料メーカーのCMに出演して人気に火がつきました。
    当時の愛称は“ダン泥板(ダンニバン)女神”。
    その頃の台湾ではスクーターが市民の足代わりで、若者は女優の写真がプリントされた“ダン泥板(泥よけ)”を使っていた。
    のりピーの泥よけは現地のアイドルを尻目にトップの売上げを誇っていたのです」


    1992年の台湾でのコンサートには2日間で3万人もの観客が押し寄せたという。

    往年のファンを当て込んだディナーショーとなれば「爆買い」は必至でうれしいことだろう。

    だが、現地のチケット販売業者に尋ねると、

    「各日300席ですが、まだチケットは余っています。
    あと、高雄のショーは中止になりました。
    スケジュールの都合と聞いていますが詳しいことは……」

    チケットが売れないばかりか、ショーが中止とはマンモス心配である。

    SS席が6800台湾元(日本円で約2万5千円)と、強気すぎる価格設定が裏目に出たという声も上がる。

    「台湾ではイベント会社が運営費用を全額負担するのが一般的。
    事務所のリスクが少ない反面、集客が見込めないイベントは取りやめになってしまう。
    今回の中止もそうした事情ではないか。
    それに、台湾では薬物騒動で初めて彼女を知った若者も少なくありませんからね」(前出ライター)

    台湾でかなしい現実を突きつけられたのりピー。

    マンモスラッキーへの道のりは未だ険しい。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190322-00558538-shincho-ent
    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2019/03/1903220559_1-714x476.jpg

    所長見解:高いわ・・・

    【【あの人は今】酒井法子がマンモスピンチ到来の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手で女優の酒井法子が3月27日放送のテレビ東京系『THE カラオケ★バトル またやっちゃう?あの大ヒット曲、ご本人は何点出せるのか SP』(後6:55)に出演する。

    同番組で、酒井は11年ぶりの地上波テレビ歌唱として代表曲「碧いうさぎ」を披露。

    収録後、囲み取材に参加した酒井は「頭真っ白になっちゃいました。気がついたら終わってました…」とあっという間の歌唱時間を振り返った。

    k

     
    同番組は誰もが口ずさめる大ヒット曲を本人が歌い、国民の平均点とマシン採点勝負するというもの。

    しかし「番組の趣旨をよくわかってなかった」という酒井はスタジオでも「これ、戦いなんですか?」とマイペースぶりを発揮。

    司会の堺正章らをずっこけさせつつも、「得点のバーを見る暇もなく、『ああ、歌わせていただけているんだ』という実感、ありがたい気持ちでした」と久々のテレビ歌唱に感謝した。


    一方、実は緊張で汗をにじませていたようで「ありがたいことに歌の仕事はずっと続けさせていただいているので、いつもどおりみなさんが聞いてくださるところを想像しながら。
    いつもと一緒、と念仏のように唱えながら…」となんとか歌いきったよう。

    「得点を狙うというよりみなさんと歌わせていただけることが何よりうれしかったことですし、大きな意味を持つことなんじゃないか。
    心を込めて、楽しく見ていただけるようにできたらいいなと。
    共演者のみなさんもあたたかく、とっても楽しい時間でした」と微笑んだ。

     
    1995年に発売された「碧いうさぎ」は酒井主演の連続ドラマ『星の金貨』主題歌で自身最大のヒット曲。

    「自分のコンサートやディナーショーでもはずすことはできない。
    歌うとお客さんも『聞きたかった』と言ってくださる、なくてはならない曲」と特別な想いを持つ。

    しかし「ずっと歌っている曲ではあるんですけどAメロが難しく歌いなれると崩れてきてしまう」と苦戦する部分もあるようで、コツを聞かれると「なんだろ~…私も知りたい」と苦笑し、「実は(出演者の一人である)相川(七瀬)さんもカバーしてくださってるんです。ロックな感じでかっこいい。
    相川さんに聞いてもらっていいですか」とお茶目に返していた。

    4時間スペシャルで送る今回、酒井、相川のほか、イモ欽トリオによる「ハイスクールララバイ」(1981)や堀内孝雄による「キミの瞳は10000ボルト」(1978)などバラエティー豊かな面々が顔をそろえる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000301-oric-ent

    所長見解:タイミング・・・

    【【のりP】酒井法子「頭真っ白」←これ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ