週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    片瀬那奈が「薬物常習者」だったことを週刊文春がスクープ! 

    少なくとも15年ほど前から使用か?



    y


    交際相手の“薬物逮捕”が伝えられていた片瀬那奈だが、7月29日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、片瀬自身が「薬物常習者」だったことをスクープ。


    芸能活動に支障をきたすどころか、「活動休止」や最悪の場合は「引退」となってもおかしくない衝撃的な内容がつづられているが、現在のところ本人や所属事務所は沈黙を貫いており、業界関係者たちも「固唾を呑んで事の成り行きを見守っている」(スポーツ紙記者)ようだ。


    7月22日、ニュースサイト「文春オンライン」で、同棲していた男性が同3日にコカイン所持で逮捕されていたと報じられた片瀬。

    2人が暮らしていた自宅からは違法薬物は発見されず、片瀬自身も尿検査を受けたものの、陰性だったと伝えている。



    「29日発売の『文春』の記事には、片瀬が薬物を使用していたことを裏付ける“決定的な証拠”となる写真などは掲載されていないものの、彼女の“長年の友人”による証言をベースに、少なくとも15年ほど前から、片瀬が薬物を使用していたことが断定的に書かれています。
    この人物によれば、片瀬は大麻、コカイン、MDMA、LSDを好んでいたほか、3月に卒業した情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)出演時も、自宅に友人を集め、ドラッグパーティを開いていたとか。
    2019年9月には、裁判所から『捜索差押許可状』が発布されていたことも伝えられています」(前出・スポーツ紙記者)




    「『文春』の取材に対しても、事務所は交際相手の逮捕、また片瀬が警察の検査を受けたことは認めているものの、薬物使用に関してはスルー状態となっています。
    公に反論や釈明を行わない背景には、同誌にさらなる情報を押さえられている可能性があるため、ヘタに反論や釈明を行うと、“第2弾”に被弾する可能性があるからだと思われます」(同)



    現在片瀬は、Sexy Zone・中島健人と小芝風花がダブル主演を務める連続ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)に、メインキャストの一人として出演中。

    もし今後、何らかの動きがあるとすれば、最も被害を受けるのは同作品とみられている。



    「片瀬が演じているのは、物語の舞台となる雑誌編集部のエグゼクティブ・ファッション・エディター。
    途中降板も難しい役どころで、関係者は一同、今回の報道に衝撃を受けています。
    しかし、今後の処遇など、片瀬サイドからの発表が何もないため、今日も撮影は予定通り行われて、片瀬も参加していると聞いています。
    『そうするしかない』というのが実情なのかもしれませんが……」(テレビ局関係者)



    なお、片瀬のスタッフ公式Twitterでは、毎週ドラマの放送日に告知がされている。

    果たして次週も、同じようにSNSは更新されるのだろうか。



    https://www.cyzowoman.com/2021/07/post_351977_1.html

    所長見解:あかんやん・・・
    【【週刊文春】女優・片瀬那奈「薬物常習者」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【幻の東京五輪開会式案】『AKIRA』のバイクが駆け抜け、スーパーマリオが競技紹介…

    渡辺直美も絶賛した「MIKIKOチーム案」の“全貌”  



    t


    2021年7月23日に国立競技場でおこなわれた東京五輪開会式。

    テニスの大坂なおみが聖火の最終点火者となり、会場上空に地球をかたどったドローンが躍った。

    しかし、本番4日前に音楽制作チームのメンバーだった小山田圭吾氏が辞任し、前日には開閉会式のショーディレクターを務めていた小林賢太郎氏が解任と、舞台裏は混迷を極めた。


     
    この大混乱の引き金を引いたのは、五輪開会式の執行責任者だった振付演出家のMIKIKO氏が2020年5月、突然役職を下ろされたことだった。

    MIKIKOチームがIOC側にプレゼンし、絶賛された“幻の開会式案”とはどんなものだったのだろうか。

    約280ページに及ぶ資料を入手した「週刊文春」の記事を再公開する。(初出:2021年3月31日、肩書き、年齢等は当時のまま)


     
    東京五輪開会式の執行責任者だった振付演出家・MIKIKO氏(43)。

    彼女が責任者を降ろされたことで、日の目を見ることなく、“なかったこと”にされたMIKIKOチームの開会式案の全貌が判明した。

    MIKIKO氏が責任者を外される直前にIOC側にプレゼンし、称賛を受けた約280ページに及ぶ資料を「週刊文春」は入手した。


     
    プレゼン資料は昨年4月6日付。

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、開催延期が正式決定した直後のものだ。


     
    「IOC側は『よくここまで準備してくれた』と大喜びでした。
    コロナに関するメッセージを盛り込む必要はあるが、現状の企画書に手を加えれば大丈夫。殆どの関係者がそう考えていました」(組織委員会幹部)


     
    ところが、その約1カ月後の昨年5月11日、MIKIKO氏は電通の代表取締役から責任者の交代を通告される。

    後任に就いたのが、佐々木宏氏(66)だった。


     
    だが、その佐々木氏も、タレントの渡辺直美の容姿を侮辱する演出案を披露したことを理由に3月18日、辞任を表明する。


     
    これを受け、組織委員会の橋本聖子会長は「大会まであと4カ月に迫る中で、一から作り上げるのは困難。
    佐々木チームの案をベースとして、新たなものを作り上げるのがベスト」などと述べていた。


     
    「MIKIKOチームの案が日の目を見ることは事実上、ゼロになりました。
    ただ、多くの関係者が『彼女の案は素晴らしかったのに』と惜しんでいる。
    実際、渡辺直美さんもYouTubeで『その演出がマジ鳥肌! かっこいいし、最高の演出だった』などと絶賛していました」(組織委員会関係者)


     
    そのMIKIKOチームの案はどんなものだったのか。



    赤いバイクが駆け抜けるシーンで幕を開け……MIKIKOチーム案の概要
     
    プレゼン資料によれば、セレモニーは、会場を一台の赤いバイクが颯爽と駆け抜けるシーンで幕を開ける。

    漫画家・大友克洋氏が2020年東京五輪を“予言”した作品として話題となった『AKIRA』の主人公が乗っているバイクだ。

    プロジェクションマッピングを駆使し、東京の街が次々と浮かび上がっていく。

    三浦大知、菅原小春ら世界に名立たるダンサーが花を添え、会場には大友氏が描き下ろした『2020年のネオ東京』が映し出される。


     
    1964年の東京大会を映像で振り返ったのち、「READY?」と合図を送るのは、渡辺直美。

    過去から現代へと誘う役割だ。

    女性ダンサーたちが、ひとりでに走る光る球と呼吸をあわせて舞う。

    世界大陸をかたどったステージの間を、各国のアスリートたちが行進。

    各種競技の紹介は、スーパーマリオなどのキャラクターのCGが盛り上げていく。 



    MIKIKO氏に取材を申し込むと…
     
    最後に聖火が点されると、花火が開幕を告げる――。


    MIKIKO氏に取材を申し込んだところ、以下のような回答があった。

    「公式コメントを出すことができ、自分の中でも区切りがつけられたと思っています。
    私が喋ることができるのはあのコメントが全てです」



    ▼旧開会式の写真
    https://bunshun.jp/articles/photo/44482?pn=4

    https://bunshun.jp/articles/photo/44482?pn=7

    https://bunshun.jp/articles/photo/47353?pn=8

    https://bunshun.jp/articles/-/44482



    所長見解:見たかったな・・・

    【【これは見たかった】幻の東京五輪開会式案がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【上沼恵美子独占手記】

    「人生でいちばん傷ついた出来事でした」 M-1炎上騒動、「えみちゃんねる」終了の全真相


    n

     
    コロナが本当に憎い。

    こんなに憎いものはありません。

    この1年半、本当に辛い思いを味わっています。


     
    コロナのせいで、テレビ・ラジオの収録現場は一変しました。


     
    いま私が抱えているレギュラー番組は、「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」(朝日放送テレビ)、「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)、「上沼恵美子のこころ晴天」(朝日放送ラジオ)の3本です。


     
    27年目を迎えた「おしゃべりクッキング」はゲストとトークしながら調理・試食する番組ですが、コロナの影響で昨年3月からゲストをスタジオに呼べなくなりました。

        


    「間」がどうしても狂ってしまう

    「クギズケ」や「こころ晴天」でも他の出演者と十分な距離をとるか、アクリル板を挟まないとトークできない。

    やり取りがスムーズにできないし、「間」がどうしても狂ってしまう。

    おしゃべりを生業にしてきた私にとって危機的状況です。


     
    何より寂しいのは、テレビ局のスタジオに観覧のお客さんがいないこと。

    寄席や劇場に出ない私にとって、生の反応を感じられるのはスタジオしかありません。


     
    200人のお客さんがスタジオに入った時の熱気と活気たるや、すごいものがあります。

    他では絶対に味わえない快感で、長年にわたり私の体に沁み込んでいる。

    いまそれが味わえないのが残念で仕方ありません。


     
    いざ番組収録が始まれば、もちろん全力投球します。

    それでも時折、集中できず、幽体離脱したもう一人の上沼恵美子が喋っている、そんな気分に陥ることがあります。


     
    おしゃべりの世界に好き好んで入ったわけではありませんが、関西の片隅で仕事を続けてきて、やっぱり漫才が最高の芸だと思います。

    この世でいちばん難しい。

    マイク一本を二人で挟んで、お客さんを爆笑させる芸は他にありませんし、少しでも間を外すと「シーン」ですからね。


     
    年末恒例の「M-1グランプリ」をみてもレベルの高さは一目瞭然でしょう。

    才能ある若手がひしめき合っており、芸人の入れ替わりが本当に激しい。


    https://bunshun.jp/articles/-/47057



    次のページM-1の炎上騒動「本当に何とも思ってない」
    https://bunshun.jp/articles/-/47057?page=2

    所長見解:もうな・・・

    【【衝撃告白】上沼恵美子独占手記がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    カトパン電撃婚 お相手「一般男性」は年商2000億円企業の2代目社長だった!


    j


    フリーアナウンサーの加藤綾子(36)が6月6日に一般男性と結婚、翌7日の「めざましテレビ」(フジテレビ系)で次のようなコメントを寄せた。

    〈お相手は一般の方です。
    どんな時も自然体で心穏やかな人柄に惹かれ彼と共に人生を歩んでいきたいと思いました〉



    この一般男性が、東京や神奈川を中心に約60店舗のスーパーマーケットを展開し、年商2000億円を誇る企業の2代目社長であることが「週刊文春」の取材で判明した。


    長年、フジで不動の人気を誇った加藤は2016年4月に退社した後もフリーで活躍。

    現在も報道番組「Live News イット!」(フジ系)などでメインキャスターを務めている。



    カトパンの愛称で親しまれる国民的人気アナを射止めたA氏の素顔を知人が語る。

    「A氏は慶應ボーイの39歳。
    学年でいうと加藤さんの4つ上になります。

    慶應大学経済学部を卒業後、食品会社勤務を経て実父が経営する会社に入社しました。
    8年前に代表取締役に就任した“2代目社長”です。

    スーツの似合う爽やかなイケメンで、仕事ぶりは“攻めの一手”。
    スポーツ万能で、趣味のゴルフはプロ並みの腕前です」



    A氏の会社は、食品スーパーマーケットの運営のほか、手造りハムやソーセージなどの製造や販売、食品の輸入なども手掛け、グループ全体の売上が2000億円を超えた(2020年度)。
     

    加藤の父親を「おめでとうございます!」と直撃すると、
    「何度かお会いしましたが、真面目で誠実な方ですよ。
    娘も幸せそうにしていますし、家族一同ハッピーです」と破顔一笑。 


    「私からお相手のことは言えませんが、2人ともすごく真面目な考えを持っているし、娘も彼を信頼しています。
    ずっと幸せでいられるような家庭を築いてほしいですね」と続けた。

     

    6月9日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」および10日(木)発売の「週刊文春」では、約1年でゴールに至ったスピード婚の内幕や、2代目社長の素顔について報じる。


    https://bunshun.jp/articles/-/45973
    所長見解:一般男性・・・
    【【これはすごい】加藤綾子アナのセレブ過ぎる結婚相手がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小室佳代さんが送っていた遺族年金“詐取計画”メール 口止めも…


    n


    今回、「週刊文春」がX氏と佳代さんの金銭を巡るやり取りを精査したところ、佳代さんがX氏と事実婚をした上で、亡夫の遺族年金を受け続けようと計画していたことがわかった。

    佳代さんがX氏に送ったメールに、綿密な計画が記載されていた。

    この計画は、遺族年金の詐取に当たる疑いがある。
     

    佳代さんは婚約直後の2010年9月5日にこんなメールをX氏に送っていた。

    *お互いの総収入+主人の遺族年金でお互いの生活を賄う事

    *その他預金や財産に関してもお互いのものとしてみなす事

    *パピーの生命保険の受取人を私にして下さる事

    先ずは以上を実践する=事実婚をします。

    そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍する


    画像①

     
    このメールからは、佳代さんがX氏と生計を一にしながら、同時に、亡夫の遺族年金ももらい続け、圭さんを含めた3人で生活していくことを計画していたことが分かる。
     
    だがこれには問題がある。

    遺族年金の制度について、税理士の栁沼隆氏が解説する。

    「遺族年金は、一時期でも再婚したり、入籍せずとも事実婚の関係になると、その時点で受給資格が失われます。
    内縁関係にある人物が、それを隠して受給を続けていたならば、遺族年金の“詐取”にあたります」

     
    また、計画が実現した際の違法性について、佳代さんも十分に認識していた疑いがあることが下記のメールからは読み取れる。


    考えた結果、正式に入籍する時迄は友人や会社には事実婚の事は内密にします(9月6日)


    画像②

     
    さらに翌月、10月16日にも念押しするかのようにこうメールを送っている。


    私達の事実婚はなるべくどなたにも知られたくないのです。

    万が一どなたかが役所に告発すると最悪の事態になりかねません


    画像③


    画像④
    https://bunshun.jp/articles/-/44931



    所長見解:あかんやん・・・

    【【もうアカンやろ】K小室の母、ヤバすぎる問題が流出した模様・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ