ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    主演映画「翔んで埼玉」が大ヒット中の歌手・GACKT(45)。

    仮想通貨「スピンドル」への関与を巡って、資金決済法違反(無登録営業)の疑いがあることが、「週刊文春」が入手した音声データで分かった。


    2017年11月4日、「インターコンチネンタルホテル大阪」28階のクラブラウンジで行われたスピンドルの“商談会”。

    仮想通貨業者の「ブラックスター」は当時、スピンドルを発行し、事業資金を集めるICO(イニシャル・コイン・オファリング)というビジネスを手掛けていたが、2017年10月27日には金融庁がICOには、価格の下落と詐欺のリスクがあると呼びかけていたばかりだった。


    商談会に集まった10数人の出資者候補を前に、ダメージジーンズにブーツを合わせ、サングラス姿で登場したGACKT。

    参加者からの質問に答えていく。



    ――(ブラックスターの)社長と知り合いなの?

    「僕はそのメンバーの中に入っています。ブラックスターの中に入っています」


    ――(まだ)上場してないから株で言えば、インサイダーやんね……

    「法律が来年の1月か2月にインサイダーが適用されるという話が今回っています。
    1月か2月以降は言えないって。今は言える。
    ちょっと今までとは考えられない儲け方なので。
    1000万円を入れたのが2億とかなっているんですよ。
    この前、仮想通貨のフォーラムあったんですけど、皆めちゃくちゃ幸せそうなんです。
    この2年間で急にお金を持っちゃって。
    ただ、馬から車に変わる時代なので」



    終始、スピンドルの魅力を訴えるGACKT。

    商談会は約2時間に及んだという。


    g


    ブラックスター広報担当者の回答。

    「いかなる投資においてもある程度のリスクが生じますので、ご購入いただきました投資家の皆様においてはそれをご承知のうえでこのプロジェクトにご参加いただいております。
    また、我々もそれを超えるリスクを投資するご本人の意思を超えて無理強いをするようなことはいたしません。
    2018年5月21日に仮想通貨取引所にリスティング(上場)されるまでは、そもそもスピンドルは、(ビットコインなどの1号仮想通貨と交換可能な)2号仮想通貨への該当はしないと考えております。
    また併せて資金決済法にも抵触するものではないと考えております」


    だが、仮想通貨に詳しい「早稲田リーガルコモンズ法律事務所」の佐藤亮弁護士はこう指摘する。

    「仮想通貨の売買・交換等を行う事業者は金融庁への登録が必要ですが、ブラックスターはその登録をしていません。
    彼らは、スピンドルは『他人に譲渡することを原則禁止しており、2号仮想通貨ではないため(無登録でも)国内販売できる』という趣旨の意見書を公表している。
    しかしGACKTさんは上場可能性を前提として『お好きなところで売ってもらえれば』と話すなど、『他人に譲渡することを原則禁止』との事業者の主張と矛盾しています。
    また、他人に譲渡できないプログラムの設計になっているといった場合でなければ、規約等で譲渡を禁止しても2号仮想通貨にあたり得るというのが現在の実務上の解釈です。
    そうなると、スピンドルは(2号)仮想通貨と言うことができ、資金決済法(無登録営業)に違反する可能性があります」



    GACKTの所属事務所は「普段は海外に居住している御本人のプライベートに関しては把握しておりません」などと回答。

    GACKTの携帯電話も鳴らしたが、締め切りまでに返事はなかった。


    歌手のみならず、タレントや俳優としても活躍しているGACKTだが、資金決済法に抵触しかねない“営業トーク”音声の存在は、今後、波紋を呼びそうだ。


    3月28日(木)発売の「週刊文春」では、GACKTの“営業トーク”を詳しく取り上げているほか、スピンドルを巡る野田聖子総務相(当時)との関係、スピンドルに出資した被害者の声、金融庁の見解などについて報じている。

    また、「 週刊文春デジタル 」では、GACKTの“営業トーク”音声を同日午前5時より公開する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00011223-bunshun-bus_all

    所長見解:ヤバいの?・・・
    【【違法営業疑惑】GACKTさん「1000万が2億円に」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「LOVEマシーン」の大ヒットから20年。

    二児の母となり、ママドルとして活躍中の後藤真希(33)が、私生活で浮気が夫に露見し、泥沼裁判に突入していることが「週刊文春」の取材で明らかになった。

    2014年に結婚した夫・A氏(30)が、後藤の元恋人で不倫相手のB氏(28・独身)を相手取り、330万円の損害賠償を請求しているのだ。

    小誌取材班はその裁判資料を入手した。

    後藤本人が署名した陳述書にはこうある。

    〈2人でタクシーを拾い、Bさんが宿泊していたアパホテルに遊びに行くことになり、その場でBさんと肉体関係を持ちました。
    (中略)22日の昼と23日の朝の計2回肉体関係を持ってしまいました〉(後藤の陳述書より)

    不倫関係は元カレであるB氏とのインターネット上の再会に端を発している。

    2人は昨年初めから頻繁にSNSなどで連絡をとるようになった。

    後藤はB氏とのLINEのやり取りの中で、夫への不満を爆発させている。

    B氏は、後藤が夫からDVを受けていたとし、「既に婚姻関係が破綻していたので、(損害賠償の前提である)権利侵害行為は認められない」と主張している。

    現在も裁判は継続中だ。

    g


    3月11日、夫と一緒に地元マッサージ店から出てきた後藤を直撃したが、記者の質問に対し、「知らないです」を繰り返した。

    後藤の事務所は「裁判は事実ですが、コメントは控えます」と回答。

    B氏にも話を聞こうと自宅を訪れたが、家人が不在を告げるのみだった。

    3月14日(木)発売の「週刊文春」では、裁判資料に基づき、後藤とB氏の関係を詳報する。

    また、「週刊文春デジタル」では後藤の直撃取材を収めた関連動画を同日朝5時に公開する。


    文春オンライン
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16152620/

    動画
    https://bunshun.jp/articles/-/11034?utm_source=news.livedoor.com&utm_medium=referral&utm_campaign=partnerLink&page=1

    所長見解:モー娘・・・


    【【泥沼裁判】元モー娘・後藤真希の不倫がバレた模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年大みそか、年の瀬の慌ただしい中、ジャニーズ事務所の人気グループ『NEWS』手越祐也の一大スキャンダルが『文春オンライン』にて公開された。

    記事によると、手越は昨年9月、自身を含む男性6人と女性8人でグアム旅行を実施。

    参加者には都内の女子大に通う20歳の女性も含まれ、現地でテキーラの一気飲みゲームに興じていたそうだ。

    しかし、グアムの法律で飲酒が禁止されているのは21歳未満。

    さらに、同法律は提供者にも適用されるため、手越は処罰の対象に当たるという。


    手越の飲酒事件はさらに続き、11月には19歳の女子短大生を交えたパーティーを開催。

    参加女性が真っすぐ歩けない“泥酔状態”に陥るほどのテキーラ一気飲みを行うなど、裏付けが取れている範囲でも2件の“違法飲酒事件”が確認されているという。

    t


    全く反省しない手越に怒りが爆発…

    『NEWS』といえば、昨年6月、メンバー4人中3人に未成年飲酒強要が発覚。

    最初に発覚した小山慶一郎と加藤シゲアキは、それぞれ謹慎処分と厳重注意に処され、小山はその後キャスターを務めていた日本テレビの夕方ニュース番組『news every.』からも降板することとなった。

    この小山と加藤のスキャンダルの翌週には、手越にも未成年飲酒強要の事実が発覚。

    しかし、正式な処分が下った小山と加藤に対し、手越は最後まで“お咎めなし”で、今回の「文春」の質問に対しても事務所は黙殺を貫いている。

    「裏付けが取れているスキャンダルにもかかわらず、手越と他のメンバーで事務所の対応が異なっていることで、ファンの間では相当不満が高まっています。
    また、昨年6月に“タレント全員参加必須”として開催した弁護士同伴のコンプライアンス講習会も全く意味がなかったことを表してしまい、事務所スタッフからも怒りの声が上がっているようです。
    今や、手越を擁護しているのは事務所の上層部と手越ファンのみ。
    完全に総スカンを食らっていて、手越は事務所の“面汚し”と言える状態ですよ」(ジャニーズライター)

    スキャンダルが身を滅ぼすことを一番間近で見ているはずだが、一向に反省する様子を見せない手越。

    活動停止や解雇など、事務所にも厳しい対応が求められるだろう。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-71789/


    所長見解:さすがやね・・・

    【【NEWS】手越祐也、またやらかした模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2018年大晦日のNHK「紅白歌合戦」に初出場したムード歌謡グループ「純烈」。

    そのメンバーの1人、友井雄亮(38)が同棲していた女性に対し、凄惨なDVに及んでいたことがわかった。

    友井がDVの顛末と謝罪の意を記した「誓約書」を、週刊文春が入手した。

    友井が14年頃から同棲を始めたのが、芸能界関係者のA子さん(30代)だ。

    一見仲睦まじいカップルだったが、ある時期から警察沙汰に発展するほどのDVがたびたびあったという。

    「誓約書」で友井はA子さん側に宛てて、こう書いている。

    〈私、牧山雄亮(※友井の本名)はA子さんと結婚を前提に同棲生活をしている間に過激な暴力を振るい、頭、手首、太ももに大怪我を負わせてしまいました。
    (中略)度重なる浮気をし、あげく暴言を吐き(中略)ご両親と結婚するまでは子供を作らないと約束もしたのに、A子さんを妊娠させ、流産させてしまい、その傷ついた体と心に輪をかけるように「逆によかったやん」といたわる事もせず、ひどい言葉で深く傷つけてしまいました〉

    2016年5月に作成された「誓約書」には、友井の署名と指印が押されている。

    紅白出演も無事果たし、年が明けた1月6日に友井本人を直撃したが、A子さんとの交際については「まあ、昔ですけどね」、誓約書にサインしたことは「ないです」と答えた。

    大阪で暮らす友井の母親は「(A子さんに)怪我をさせたことは申し訳ない。
    平謝りせなあかんと思う。
    契約書の存在は聞いている」と話した。

    全国のスーパー銭湯などを中心に地道な営業活動を続け、ついに日の目を見た遅咲きの男性5人組、純烈。

    「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」というのが、グループ名に込められた意味だというが――。

    1月10日(木)発売の「週刊文春」では、A子さんへのDVの実態や、友井が事実婚状態にあった別の女性の貯金3000万円超の使い込み、さらに別の女性との浮気などのトラブルについて詳報。

    「 週刊文春デジタル 」では友井を直撃取材した際の模様を収めた 関連動画 を公開している。


    文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00010318-bunshun-ent

    no title


    【動画】紅白出場「純烈」メンバー「凄惨DV」と「3000万」使い込み《予告編》
    https://youtu.be/illsAC5beMs



    所長見解:あかんな・・・

    【【紅白出場グループ】「純烈」友井雄亮メンバーの凄惨過ぎるDVがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月30日、ファンクラブ会員向けサイト「ジャニーズジュニア情報局」で、ジャニーズJr.内の人気ユニット「Love-tune」のメンバー7人が事務所を退所することが発表されたが、
    その退所に関連して、メンバーと事務所が取り交わす契約書をめぐる齟齬があったことがわかった。

    12月1日(土)に放送されたインターネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」で報じた。

    Love-tuneは2016年5月に結成され、安井謙太郎(27)、真田佑馬(26)、諸星翔希(24)、森田美勇人(23)、萩谷慧悟(22)、阿部顕嵐(21)、長妻怜央(20)ら7名で構成されるジャニーズJr.内の人気ユニット。

    2017年10月にはZeppDivercityで初の単独公演を、2018年3月には単独で横浜アリーナを満席にし、大成功を収めた。

    しかし、順調に見えたLove-tuneだったが、最近では露出がほとんどなく、ジャニーズJr.が活躍するテレビ番組「ザ少年倶楽部」(NHK)でも2018年5月11日以降、出演が途絶えていた。

    きっかけはSMAP騒動も一段落した、2018年1月10日。

    Jr.内ユニットSnow Man、Travis Japan、SixTONES、Love-tune、4グループのメンバーが招集されて行われた、事務所とジャニーズJr.が初めて契約書を取り交わすという説明会だった。

    説明会では「契約をしても、契約をしなくても、給料や今ある仕事に関しては何も変わらない」という説明がなされたという。

    それを受けLove-tuneメンバーだけが契約書のサインを保留し、持ち帰ったという。

    しかしその後、Love-tuneに対する待遇は一変。

    仕事が激減し、テレビや舞台への出演もほとんどなくなった。

    12月1日、取材班がリーダーの安井を直撃したところ、「事務所を通してください」などと話した。

    ジャニーズ事務所に事実確認を求めたが期日までに回答は得られなかった。

    「週刊文春デジタル」では安井直撃取材の様子やメンバーの写真などを収めた関連動画を公開中。

    オリジナル記事でも詳報している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15678200/
     
    no title


    所長見解:怖いね・・・

    【【これは怖い】ジャニーズJr.「Love‐tune」 解散&全員退所の理由がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ