ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月1日の民進党代表選で、新代表となった前原誠司氏(55)に、北朝鮮との不可解な蜜月関係が発覚した。

    小誌は1999年6月3日に北朝鮮を代表する観光地・妙香山で撮影された複数枚のスナップ写真を入手。
    そこには大自然をバックに、親密に身体を寄せ合い、カメラに向かって微笑む当時37歳の前原氏と、北朝鮮美女の姿が写っている。
    中には、前原氏が女性の頬に後ろから手をまわして顔を引き寄せたり、身体を密着させて後ろから女性に下半身を押し付け、ジャレ合っているシーンもある。

    m


    小誌取材班が取材を進めたところ、これらの写真は、当時2回生議員だった前原氏が地元・京都の支援者とともに、訪朝した際に撮影されたものであることがわかった。
    この支援者は次のように語った。

    「(写真は)妙香山の河原でバーベキューをした時。
    (相手の女性は)炭をおこしたり、セッティングしてくれる接待係。
    (中略)あの時もベロベロになるくらいビールや焼酎を飲んだ」


    前原氏を直撃した。

    ――(写真を見せながら)99年に訪朝された時の写真ですが、記憶にありますか?

    「ありますね」

    ――女性とかなり親密な感じだが。

    「外ですし、たくさんの人数の中ですから。北朝鮮の方もたくさんいますから」

    事務所を通じて、ハニートラップの疑いを指摘したが、「やましいことは何もありません」と回答した。

    インテリジェンスが専門の軍事アナリスト、上田篤盛氏はこう指摘する。

    「こうした国で女性と親密になるのは論外ですし、写真撮影などのちょっとした友好関係も後に弱点になると考えるべき。
    (中略)訪問者はあらゆる場所において監視され、弱点を探られているのです」

    YouTubeの「週刊文春公式チャンネル」では問題の写真を含んだ動画を配信中https://youtu.be/M7Rl5Mwp4PE

     

    前原氏と北朝鮮の間に何があったのか。
    疑惑の詳細は、9月14日発売の「週刊文春」9月21日号で報じている。

    http://bunshun.jp/articles/-/4105


    所長見解:ちょっと古いね・・・
    【【これはヤバい】前原誠司民進党代表と北朝鮮美女“親密写真”ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上西小百合議員、「今度は前原代表だ」意味深ツイート

    衆議院の上西小百合議員(34)が13日、自身のツイッターを更新し「文春。今度は前原代表だ。民進党も大変だな」とツイートした。

    さらに「しかも北朝鮮美女って…」と連続ツイート。
    今後、民進党の前原誠司代表(55)に何らかの報道があることをうかがわせていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000093-sph-soci

    no title


    所長見解:民進終わるよね・・・
    【【これはヤバい】上西小百合議員、「文春。今度は前原代表だ」意味深ツイートってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    民進党の幹事長就任が内定しながら撤回された山尾志桜里衆院議員(37)が、週刊文春で不倫疑惑を報じられて同党を離党した騒動で、ネット上では騒動を揶揄して「幹事長落ちた、民進党死ね」「不倫ばれた、日本死ね」とプリントされたTシャツ発売をうたうHPも出現した。

    no title


    山尾氏は昨年、匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね」を国会で取り上げて話題となり、同フレーズが「新語・流行語大賞」のトップテン入りし、授章式に出席。
    今回の問題発覚後、日本維新の会の足立康史衆院議員がツイッターに「幹事長落ちた、民進党死ね」、作家の百田尚樹氏も「不倫ばれた、日本死ね」と揶揄的な投稿を行い、ネット上は2年連続流行語大賞と皮肉る書き込みが相次いでいる。

    今回登場したTシャツは、商品説明で、足立議員と百田氏のツイートを出典とした「パロディー」とし、「この勢いで流行語大賞を勝ち取ろう!」と書かれている。

    なお、山尾氏は7日夜の会見で不倫疑惑の相手とされる弁護士との関係を「男女の関係はない」と釈明したが、質疑は行わなかった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13584990/
    デイリースポーツ


    所長見解:ブーメランすぎ・・・
    【【ブーメラン】山尾志桜里不倫疑惑 Tシャツ発売される「不倫ばれた、日本死ね」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能人以上にたった1度のミスが命取りになるのが、政治家だ。
    民進党若手のホープとして期待されていた山尾志桜里衆院議員に“文春砲”が炸裂。
    7日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、山尾氏はイケメン弁護士の倉持麟太郎氏と週に4回も密会、不倫関係が疑われている。
    当人同士は「政治家とブレーンの関係」と言い張り疑惑を否定しているが、結局このスキャンダルが決定打となり、山尾氏は離党するハメになった。

    y


    当初、山尾氏は文春記者に疑惑を直撃されたあとも、党の事情聴取に「不倫ではない」と頑なに主張。
    党執行部から内定していた幹事長ポストを白紙に戻すと告げられるや「何でですか!ワケがわかりません」と逆ギレしたという。
    しかし、翌日回ってきた文春の早刷りを見て、ガク然。
    同誌にはホテルに入る姿や倉持氏の愛車の助手席で満面笑みの山尾氏の写真がバッチリ掲載されていたからだ。
    政界関係者は「山尾さんもまさかここまでビッシリ張られているとは夢にも思わなかった。
    あれを見て観念したのか、強気な姿勢は鳴りを潜め、憔悴しきっていた」と明かす。

    自ら潔白であると言うならば、きちんと説明責任の場を持ち、記者の質問ひとつ1つに真摯に答えればいいだけの話。
    だが、離党後に開いた会見では一方的にペーパーを読み上げるだけで、記者の質問は一切受け付けず。
    この時点で「クロ」と言っているようなものだ。

    さらに山尾氏には思い当たるフシがあった。
    前出の政界関係者が声を潜めて語る。
    「文春側は二の矢、三の矢を用意している。
    一説には山尾さんが熱を上げている男性は1人ではない、と。
    文春があえて『民進党の“肉食”ジャンヌダルク』と表記したのも、登場人物がこれから増えることを示唆している。

    山尾さんは文春を見て、長い期間ベタ張りされていたことを悟り、『まさかあの男とのことも…』と疑心暗鬼に陥っている。
    それが出れば、彼女は今度こそ議員辞職に追い込まれるだろう」。
    第2の男の詳細について、永田町界隈では倉持氏とは別の男性弁護士という情報が駆け巡っている。

    とにもかくにも、山尾氏にとってここ数日間はまさに天国から地獄。
    後悔してもし切れないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1353218/
    トカナ


    所長見解:肉食だね・・・
    【【誰だ?】不倫で民進党離党の山尾志桜里議員に第2の男の存在が浮上ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    26日放送の「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)で、元週刊文春記者の中村竜太郎氏が、雨上がり決死隊・宮迫博之の不倫騒動第2弾となる続報の可能性に言及した。

    d


    番組では、世間を賑わしている政治・芸能ゴシップについて、専門家らを交えて真相に迫っていた。
    そのひとつとして、週刊文春が報じた宮迫の不倫疑惑 が話題にあがる。

    宮迫が女性と密会した際の手口や宮迫本人の後日談などが明かされていくなか、司会の月亭八光が続報の有無について中村氏に質問を飛ばした。

    中村氏は「材料はかなりある」と語る一方、「宮迫さんが完全に白旗を上げている」と、宮迫が週刊文春の取材に敗北宣言している現状を指摘する。
    続けて「意外性がないということもあります」と、話題の新鮮さに欠けるのと相まって「武士の情け」で、これ以上深く追及することはないだろうと推測したのだ。

    芸能リポーターの井上公造氏も、宮迫が取材に誠意ある対応をしていたと指摘し、「ここらへんでという『武士の情け』は…」と同調していた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13524100/


    所長見解:がんばれ文春・・・
    【【これは怖い】宮迫博之への「文春砲第2弾」の可能性ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ