週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    若手弁護士とのダブル不倫疑惑で民進党を離党し、愛知7区から無所属で出馬した山尾志桜里氏(43)が自民前職、鈴木淳司氏(59)の一騎打ちを制した。

    9月初旬に週刊文春に疑惑が報じられ、内定していた党幹事長への起用が見送られた。

    当選を確実にし会見で山尾氏は疑惑について「必要な説明はし、公私のラインを引き、その上で公の山尾志桜里としては消費増税、憲法9条の改憲について自分の意志を明確に示し、一定の信任を得たと思っている」と話した。

    no title


    会見では「文春砲」の直撃を受けた。
    「週刊文春です」と記者が名乗ると、支援者がつめかけた会場はどよめいた。
    「なぜ指輪はされていないのですか?」に選挙事務所は再び、どよめいた。

    https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/201710230000023_m.html?mode=all


    所長見解:当選おめでとう・・・
    【【文春炸裂】山尾氏の当選会見で「なぜ指輪はされていないのですか?」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    関西発のお昼の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(讀賣テレビ)で10年以上にわたり司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(54)が、同番組を降板し、フジテレビの新番組の司会に就く予定であることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

    讀賣テレビ関係者によれば、「来年3月末で『ミヤネ屋』を降板する」という。

    m


    「今年8月に『ミヤネ屋』はスタジオをリニューアルしたばかりですが、去年頃から『ミヤネ屋』に対する宮根さんのモチベーションがなくなってきています。
    元々ほとんど台本なしの進行ですが、マンネリを感じている。
    所属事務所と本人は『視聴率が下がり追い込まれるまでに辞めて、キャスターとしての
    商品価値をキープしたい』と考えています」(番組関係者)

    そんな宮根に接触したのが、フジテレビだった。

    「来年4月から宮根さんにはフジテレビで放送される月~金の夕方帯の新たな報道番組の司会を務めてもらう予定です」(フジテレビ関係者)

    フジテレビにはどうしても宮根を獲得したい事情があった。

    「今の夕方帯の『みんなのニュース』は惨敗の状態です。
    同時間帯の番組では日テレ、テレ朝、TBSに負け続けている。
    10月にリニューアルしましたが、状況に変化は見られません」(同前)

    宮根の電撃移籍によって、フジテレビは復活することができるのか。

    フジテレビ、讀賣テレビに対し移籍について質問したが、共に「そのような事実はございません」と否定した。

    週刊文春10月19日発売号では、宮根本人への直撃取材、電撃移籍が内定した裏事情などについて詳報している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00004594-bunshun-ent


    所長見解:ギャラだろうね・・・
    【【視聴率男】 宮根誠司 「ミヤネ屋降板」 フジ新番組に電撃移籍ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    騙されたと思ってご近所さんに聞いてみ
    噂になってるぞ

    森口博子-4


    所長見解:不倫か?・・・
    【【文春砲撃】文春よ、森口博子をマークしろってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春」9月7日発売号で明らかになった山尾志桜里衆院議員(43)の“禁断愛”。
    お相手のイケメン弁護士、倉持麟太郎氏(34)による婚約不履行事件が明らかになった。

    b


    学生時代から倉持氏を知る人物が語る。

    「若い頃から彼の女癖の悪さは有名でした。
    かつて倉持氏には結婚を約束したAさんという女性がいた。
    交際期間は3年を超えていました」

    2012年に弁護士登録した倉持氏だが、彼の下積み時代を支えていたのが婚約者のAさんだった。

    「お金がない彼のためにお弁当を作ってあげたり、旅行の費用を出してあげていたと聞きました。
    弁護士事務所開設の際には、その準備のため彼女が奔走していました。
    その頃までには、お互いの両親に挨拶も済ませており、2人は結婚を前提に同棲生活をしていました」

    だが2015年、倉持氏は突然の心変わりを見せたという。

    「仕事が忙しいといっては、倉持氏は同棲中の自宅にあまり帰ってこなくなったのです。
    結局、彼から別れを切り出し、婚約は破談。
    実は、倉持氏は航空会社勤務の客室乗務員と浮気をしており、子供まで作っていたのです。その女性と結婚するため、彼は婚約者のAさんを捨てたのです」

    Aさんの母親は本誌の取材に「そういう事はありました」と婚約不履行の事実を認めた。
    倉持氏にも取材を申し込んだが、回答はなかった。

    「週刊文春」9月14日発売号では、倉持氏による「婚約不履行事件」に加え、山尾氏と倉持氏がホテルに宿泊したことを示す“新証拠”の存在などを詳報している。

    http://bunshun.jp/articles/-/4106


    所長見解:イケメン・・・
    【【これはゲスい】山尾志桜里の“お相手弁護士”は「婚約不履行事件」を起こしていたってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月1日の民進党代表選で、新代表となった前原誠司氏(55)に、北朝鮮との不可解な蜜月関係が発覚した。

    小誌は1999年6月3日に北朝鮮を代表する観光地・妙香山で撮影された複数枚のスナップ写真を入手。
    そこには大自然をバックに、親密に身体を寄せ合い、カメラに向かって微笑む当時37歳の前原氏と、北朝鮮美女の姿が写っている。
    中には、前原氏が女性の頬に後ろから手をまわして顔を引き寄せたり、身体を密着させて後ろから女性に下半身を押し付け、ジャレ合っているシーンもある。

    m


    小誌取材班が取材を進めたところ、これらの写真は、当時2回生議員だった前原氏が地元・京都の支援者とともに、訪朝した際に撮影されたものであることがわかった。
    この支援者は次のように語った。

    「(写真は)妙香山の河原でバーベキューをした時。
    (相手の女性は)炭をおこしたり、セッティングしてくれる接待係。
    (中略)あの時もベロベロになるくらいビールや焼酎を飲んだ」


    前原氏を直撃した。

    ――(写真を見せながら)99年に訪朝された時の写真ですが、記憶にありますか?

    「ありますね」

    ――女性とかなり親密な感じだが。

    「外ですし、たくさんの人数の中ですから。北朝鮮の方もたくさんいますから」

    事務所を通じて、ハニートラップの疑いを指摘したが、「やましいことは何もありません」と回答した。

    インテリジェンスが専門の軍事アナリスト、上田篤盛氏はこう指摘する。

    「こうした国で女性と親密になるのは論外ですし、写真撮影などのちょっとした友好関係も後に弱点になると考えるべき。
    (中略)訪問者はあらゆる場所において監視され、弱点を探られているのです」

    YouTubeの「週刊文春公式チャンネル」では問題の写真を含んだ動画を配信中https://youtu.be/M7Rl5Mwp4PE

     

    前原氏と北朝鮮の間に何があったのか。
    疑惑の詳細は、9月14日発売の「週刊文春」9月21日号で報じている。

    http://bunshun.jp/articles/-/4105


    所長見解:ちょっと古いね・・・
    【【これはヤバい】前原誠司民進党代表と北朝鮮美女“親密写真”ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ