ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    志村けん(69)が園長を、嵐・相葉雅紀(36)が飼育係を務める「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)に出演中の白井家で、“馬の違法解体”が行われていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

    「白井家」は、子どもたちから“神”と呼ばれる母親の白井由紀子氏が中心となり、家族5人が浜松市にある自宅で約40匹の動物の飼育に悪戦苦闘する様子が人気を博している、「天才!志村どうぶつ園」の準レギュラーコーナーだ。

    なかでも長男・鴻明氏、次男・迅氏は「イケメン大学生兄弟」としてファンも多い。


    白井家に新たに浮かび上がった“愛馬の違法解体”疑惑
     
    しかし今までにも白井家が多くの問題を抱えていることが明らかになっている。「不適切飼育」や「近隣トラブル」、「疑惑の蹄鉄販売」など、その飼育姿勢には疑問を禁じ得ない。

     
    そこで今回持ち上がったのが“愛馬の違法解体”だ。

    白井家をよく知るAさんが、ショックを隠せない様子で語る。

    「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に異臭が漂っていたそうです。
    そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ死体。
    由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです」

     
    その死体は白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートだという。

    「元々競走馬だったのですが、引退して殺処分寸前だったところを10年前に白井家に引き取られました。
    フルハートは30歳で、人間で言うと100歳以上の高齢馬でした。
    白井家の動物の中でも古株で、白井家を象徴するような存在です。
    人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬でした。
    白井家のみなさんも『志村どうぶつ園』で『家族のようだ』とたびたび語り、可愛がっているようにみえました」(同前)

     
    しかしフルハートは転倒して負った複雑骨折が原因で、1月17日に死亡。

    フルハートが天国へ旅立つ様子は、2019年2月16日の「天才!志村どうぶつ園」でも放映された。

    自分たちの成長を家族のように見守ってくれたフルハートの死を、長男の鴻明氏や次男の迅氏がカメラに向かって涙ながらに語っている。

     
    由紀子氏自身も「フル君には相当お世話になった。
    いろんなことがあったときに悩みを聞いてもらってフルの前で泣いたこともある。
    母子家庭だったし、色々決めるのにフルに相談したよね」と、まるで自身のパートナーを亡くしたかのようにその死を悼んでいた。

     
    だが、その愛馬の弔い方に、同家の運営に関わるボランティアから疑問の声が挙がっているという。

    白井家には、動物の飼育や壊れた設備の修繕などを手伝うボランティアが複数人いる。

    彼らは既報の通り、交通費なども支払われず、無償で白井家に尽くしているのだ。

     
    別の白井家の知人Bさんによると、フルハートは馬房で亡くなり、その後、扉を締め切った状態でしばらく放置されていた。

    そして、死後4日が経った頃、白井家を手助けするボランティアに由紀子氏から声がかかったのだという。

    s


    フルハートの傍らで佇む、ナタを手にした年配の男性

    「1月21日、由紀子さんは『フルハートを運びたいので力のある人に手伝ってほしい』とボランティア数人を呼び出しました。
    ボランティアらも生前のフルハートの優しさを知っているし、フルのためならと駆けつけたそうです。
    そこで彼らは衝撃の現場を目の当たりにしました」

     
    ボランティアらが白井家に到着すると、見知らぬ2トントラックが駐車されていた。

    傍らでは素手でナタを持った年配の男性が1人で何やら作業をしていたという。

    「白井家に入ると、あたりには異臭が漂っていました。
    そしてフルハートらがのんびりと歩いていた砂利の庭に、頭や四肢、尻尾が切断された状態の馬の胴体だけが横たわっていたのです」(同前)

     
    ボンティアらは、その現実離れした光景に言葉を失ったという。

    フルハートの生前の姿を知る彼らにとっては耐え難い状況だった。

    「胴体からは、まだ血が滴っていたそうです。
    ボランティアの人々は『まさかそんな状態だとは思ってもみなかった。
    顔も足もないフルハートを直視できなかった』と憔悴した様子で話していました」(同前)


    全文
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17493363/

    白井家の皆さん
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/b/2b589_1386_6db5378812d32aea5f72ac4e199f3116.jpg


    動画①

    動画②

    所長見解:まじか・・・
    【【動画あり】志村どうぶつ園の「白井家」愛馬を庭でバラバラに解体の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    沢尻エリカ、大麻パーティーの夜 “衝撃の現場画像”をバルセロナで入手

     
    11月16日、警視庁は合成麻薬MDMAを所持していたとして女優の沢尻エリカ容疑者(33)を麻薬取り締まり法違反の容疑で緊急逮捕した。

    「週刊文春」は2012年、バルセロナでの大麻パーティーの現場写真を報じていた。

    当時の記事(2012年6月28日号)を再編集のうえ、公開する。


    両手を挙げ、ノリノリの沢尻エリカ。

    小誌が今回入手した写真は一昨年、バルセロナのビーチ沿いにある「ショコ」というセレブ御用達クラブで開かれた“大麻パーティー”でのスナップである。


    「エリカはマリファナを回して吸うのが好き」

    「エリカはマリファナを皆で回して吸うのが好きなんだ。
    自分の分はたいてい紙に巻いて吸うんだけど、そのやり方が女の子らしくて可愛いんだよ。キマってくると目が赤くなって、ニッコリ笑顔になった。
    大麻で狂うってことはなかったね。
    ただ、シャンパンと一緒にやったときは悪酔いして、よくソファーの上でぶっ倒れてたよ。朝方、何度も吐いたこともあった」

     
    そう語るのは、仮にも人妻である沢尻と、昨年まで交際していたというスペイン人セルジオ。

     
    上の写真で沢尻の隣に座っている彼は、現地では有名な「ドラッグディーラー(売人)」であり、小誌に「エリカと会うときは毎回マリファナを吸った」と証言した(2012年5月31日号)。

    “チョコ”と呼ばれる大麻樹脂を手に満面の笑みを浮かべるセルジオの横で、沢尻はそれらしきものを指に挟み、酔ったような表情を見せている。

     
    このパーティーに参加したというスペイン人男性が話す。

    「僕らも大麻をやったしエリカもジョイント(タバコに大麻を混ぜたもの)を吸ってたよ」


    五つ星ホテルでも大麻パーティー

    スペインでは大麻使用は違法ではないが、クラブのような公共の場での使用は禁止。

    だが、沢尻はそんなことを気にする素振りも見せず、朝方まで大騒ぎしていたという。

     
    その後、セルジオと別れた沢尻は、日本人の新恋人でレゲエブランドのディレクターN氏を連れて彼の地を再訪している。

    「五つ星ホテルの温水プール付きのスイートでパーティーをやったんだ。
    もちろん、僕らはマリファナを吸った」(別の友人)

     
    沢尻は現在、体調不良を理由に休業中だが、「欧州にいる」との証言もある。

    再び公の場に現れたとき、一連の薬物使用をどう説明するのだろうか。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00015554-bunshun-soci


    no title

    no title

    no title

    no title

    所長見解:前のな・・・
    【【衝撃現場】沢尻エリカ、大麻パーティーの夜がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    実姉が勤務していたタピオカ店「#ALLRIGHT」のオーナー夫妻に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージを送っていたことが判明し、ネットを中心に大炎上したタレントの木下優樹菜(31)。

    「週刊文春デジタル」の取材で、木下が家族とオーナー夫妻の自宅へ謝罪に訪れていたことがわかった。

    y


    実姉と店長のトラブルに木下が“参戦”

    そもそもは同店で働いていた木下の実姉と、オーナーの妻である店長との間でトラブルがあり、店長の言い分に腹を立てた木下が“参戦”した。

    木下が店長に送ったダイレクトメールには、

    《弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》

    《週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ》

    《覚悟を決めて認めなちゃい(ハートマーク)おばたん(ハートマーク)》

    といった、脅しともとれる乱暴な文言が並んでいた。


    この騒動を受けて、木下が11月2日に出演予定だった神戸学院大学学園祭でのトークショーは中止。

    12月12日にはジャニーズ所属グループ「ふぉ~ゆ~」主演の舞台「ENTA!2 4U.Zeppin de SHOW」にゲスト出演する予定だったが、ゲストは森公美子(60)へと変更になった。 


    木下は実姉とも連絡をとっていない

    「木下は“ヤンキーっぽいけど実はしっかりとしているキャラ”で好感度が高かった分、今回の炎上騒動はかなり痛い。
    ガラの悪い地金が露呈してしまいましたから。
    いまだに炎上が鎮火する気配はなく、イベントだけではなく、テレビ番組出演も騒動がおさまるまでは難しいでしょう。
    人前に出てきていないため、仲のいい仕事関係者らも最近はなにをしているか分からないようです。
    元々店長とトラブルになっていた実姉とも炎上後は連絡を取っていないようです」(業界関係者)


    今、木下は一体何をしているのか。

    木下の知人は「優樹菜は今までにないほど反省して、落ち込んでいます。
    家族のこととはいえ、感情的になりすぎたと話していました」と語る。

    10月9日には、自身のInstagramに謝罪コメントを投稿している。


    続きます

    https://bunshun.jp/articles/-/15348

    所長見解:もうね・・・
    【【トラブル】木下優樹菜さん、夫・フジモンと実母の3人でタピオカ店長宅へ謝罪に行った結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    音楽プロデューサー・小室哲哉氏(60)と妻で歌手のKEIKO(47)が離婚調停中であることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

    今年に入り、東京地裁に関連した書類が提出され、すでに5回の調停が行われている。

     
    小室氏といえば、「週刊文春」(2018年1月25日号)で報じた看護師A子さんとの不倫報道の後、記者会見を行い、引退を宣言。

    妻、KEIKOが音楽への関心をなくし、「小学4年生の漢字ドリル」をやっていること、大人の女性としてのコミュニケーションがなくなったことをあげ、介護疲れを訴えていた。


    k


    ■KEIKOは地元で穏やかに暮らしている

    だが実際、KEIKOの体調は日常生活を自由におくれるほど回復しており、「週刊文春」(2018年7月12日号)では、「私は元気です」というKEIKO本人からのメッセージと、知人から提供された笑顔を見せるKEIKOの近影とともに、「彼の話はほとんど嘘。
    彼は介護らしいことは何もしていません」など会見に憤ったKEIKOの親族や小室氏の元専属運転手の証言を掲載した。

     
    引退会見ではKEIKOと「目を見て話し合いたい」と語っていた小室氏だが、その後もKEIKOは小室氏とは一度も顔を合わせることがないという。

    KEIKOは今でも地元の大分県で穏やかに生活している。

    離婚を切り出したのは小室氏からだった。


    ■年600万円台の収入を主張する小室氏

    「小室さんはKEIKOさんの実家に彼女のサポートを任せ、これまでお金もほとんど入れずに放置してきた。
    婚姻関係は続いているわけだから『生活費を入れてほしい』とKEIKO側が小室に頼むと離婚を切り出した」(2人を知る関係者)

     
    現在は、双方ともに弁護士を立て、「婚姻費用分担請求調停事件」「夫婦関係調整調停事件」について調停が行われている。

    婚姻費用とは別居中の生活費などの費用を指すが、最初、小室氏側がKEIKO側に対して掲示した婚姻費用は「月額8万円」だった。

    「小室さんは毎年楽曲提供などの印税が入り、現在でも1億円以上の総収入があるにもかかわらず、税金や数千万円の経費などを差し引いた600万円台の収入を主張。
    それを根拠に婚姻費用は8万円程度が妥当だと言っています。
    一方のKEIKO側としては、小室さんは音楽制作の活動を引退しており、数千万円の経費は認められないと主張。
    明細の開示も請求していたが、小室側が一向に応じず、のらりくらりとかわされている。
    小室さんの担当弁護士は詐欺事件や金銭トラブブルを担当した長年のパートナーです」(同前)

     
    08年、巨額の著作権譲渡による詐欺事件で大阪地検に逮捕された小室氏は現在も10億円以上の借金があるといわれている。 

    「調停でも小室さんは借金を理由にお金が払えないと主張しています。
    ただ現状、借金返済は利子を払うのみで引き延ばすかたわら、小室さんは家賃が月に100万円近い高級マンションに今でも住み、運転手付きのベンツで移動。
    前妻には慰謝料と養育費で月に130万円払っており、KEIKO側が納得しないのも無理はない。
    お金がどうこうだけでなく、誠意ある対応を周囲が望んでいる」(同前)

     
    KEIKOの所属事務所であり、小室氏の楽曲レーベルの管理をするエイベックスに取材を申し込むと以下の回答がきた。

    「話し合いは行われているようですが、プライベートに関する事ですのでコメントは差し控えさせて頂きます」


    悠々自適な生活を送る小室氏が、この先、KEIKOの目を見て話をする日は来るのだろうか。


    文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00014887-bunshun-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00014887-bunshun-ent&p=2

    所長見解:どないなん・・・
    【【悲報】小室哲哉とKEIKOが離婚ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2016年にフジテレビから独立し、現在はフリーアナウンサーとして活躍する“カトパン”こと加藤綾子(34)。

    彼女が、EXILEのメンバーで三代目J SOUL BROTHERSのリーダーをつとめるNAOTO(36)と交際中であることが「週刊文春」の取材で明らかになった


    「今年に入ってから少なくとも2回、2人でヨーロッパへ旅行に出かけています。
    彼女はストイックなNAOTOの影響を受けており、トレーニングで身体を鍛えたり、私服も黒っぽいものを身に着けたりするようになりました」(フジ関係者)


    k


    加藤とNAOTOの所属事務所に尋ねたところ、両事務所は次のように回答し、交際を認めた。

    「プライベートは本人に任せております。
    いいお付き合いをさせていただいていると聞いております」

     
    これまで「35歳までに結婚したい」と語っていたカトパンの真剣交際。

    9月26日(木)発売の「週刊文春」では、2ショット写真や加藤への直撃取材を交え、ヨーロッパ婚前旅行で訪れたカトパン思い出の地での2人の様子などを詳報している。


    週刊文春
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00014270-bunshun-ent


    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190924-00014270-bunshun-000-2-view.jpg


    所長見解:なんかな・・・
    【【悲報】加藤綾子アナがEXILEと交際中ってよ・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ