週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『海老蔵に襲われた』

    小林麻耶の“暴露”に海老蔵が反論

    「誤解を招くようなことがあった」
    「実際、男女関係はない」



    m


    「海老蔵に襲われた」

    小林麻耶の“暴露”に反論も「誤解を招くようなことがあった」弱気否定のワケ



    《仕事や地方に行っている最中…毎回毎回母に子供達の写真をわざわざ撮らせて送らせてるのはもうやめてもらえませんか??(中略)母は写真を撮るのが苦痛です。昔の昔から撮る事が苦手です。写真を撮る事が母には大きなストレスです》

    4月16日に市川海老蔵への苦言を呈したのは義姉の小林麻耶。

    1日に何度も更新される海老蔵のブログに載せるための画像を義母に送らせているとし、強く批判した。



    今年の3月21日に夫の國光吟(あきら)氏とYouTube上に『暴露動画』をアップしてからというもの、動画にブログにと海老蔵への“口撃”が続いている。

    麻耶がブログで海老蔵から謝罪があったことを明かしつつも“許さない”と綴っていることからも、今後も彼女が手を緩めることはなさそうだ。



    そんななか、沈黙を貫いていた海老蔵がついにこの一連について『週刊文春』(4月28日号および電子版)で口を開いたのだった──。


    麻耶の暴露を“認める”ところが多く

    《「墓場までもってくつもりでした」海老蔵 直撃130分》

    海老蔵へのインタビューは5ページにわたり行われた。

    「亡くなった妻・麻央さんの病室で競馬に興じていたこと」

    「麻央さんへ施した気功療法について」

    「インフルエンサーをSNSナンパし、パパ活報道」

    「麻耶に謝罪した日の真相」など──。


    麻耶が暴露したことや、直近にあった女性関係の報道など、さまざまな疑惑について答えるといったかたちで記事は構成されている。


    「4月の頭に尾上菊五郎が取材会で『今年、團十郎が誕生しそうだ』とポロリと漏らしたことからも察せられるように、コロナ禍などで’20年5月から延期になっていた海老蔵さんの“團十郎襲名”が年内に実現する方向で進んでいるそうです。
    このタイミングで『文春』の取材に応じたのには、早く騒動を収束しなくては、という思いがあるのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)



    告白のなかで特筆すべきは、ブログで“小林麻央さんから手紙が届いた”であったり、“神田沙也加さんが降臨と主張”の投稿だったりと、にわかに信じがたい発言を繰り返す小林の暴露内容ついて認める部分も少なくなかったこと。

    「暴露が連発するきっかけとなったのは麻耶さんと夫の國光氏の離婚について、『世間に公表しなくていい』とアドバイスしたにも関わらず、許可もなく離婚を示唆するような『おかえり』とタイトルのつけられたブログを書いたこと。
    この件について海老蔵さんは、誤解を生むような表現だったとし、“勝手な投稿をしてしまった。
    浅はかだった”と認めた。
    病室で競馬の件も、深刻な雰囲気にならないようにという意図でやったと主張。
    “麻耶さんが不快に思われたのなら本当に申し訳なく思っています”としました」(前出・スポーツ紙記者)




    「襲われた」というのは“誤解”

    しかし、記者に『海老蔵に襲われた』と麻耶が主張するブログ投稿について聞かれたときの回答について、さる梨園関係者は「歯切れが悪いような……」と疑問を呈した。

    ここで振り返りたいのが、3月27日に更新された《海老蔵から襲われた時の話》とのタイトルがつけられたブログの中身だ。

    事が起こったとされるのが、麻央さんが亡くなってすぐのこと。


    姪と甥の世話を手伝うために海老蔵の家に寝泊まりしていたときのこと、部屋で寝ていると、


    《上から重たいものが覆いかぶさってきました 目を開けると海老蔵が私の上に覆いかぶさっていました 海老蔵が私の耳元で 愛してるって言って まおがいなくなって寂しいんだ あまりの恐怖に声が声が声が声が出ませんでした》(原文ママ)


    この場から逃れたい恐怖から「好き」と言うしかなかった麻耶。

    “人生最大の嘘をついた”という彼女を海老蔵は解放することなく、そのまま「どこが? どこが好きなの?」と囁いたのだという。

    どうにか「外見」だと絞り出すと、


    《がいけん? うける 麻耶ちゃん俺の外見、好きなんだ ようやく私の上から海老蔵はいなくなり部屋から出ていってくれました 本当に女なら誰でもいいんだなと怒りが込み上げてきました》


    これについて事実か、文春記者に問われると、このような弁明をみせた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d329ef20c02df110cac0261fb4e56a2c5360d33?page=1


    >>2以降に続く
    所長見解:もうな・・・
    【【小林麻耶「海老蔵に襲われた」】 市川海老蔵「誤解を招くようなことがあった」「実際、男女関係はない」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    小林麻耶、週刊文春「今回はごめんなさい」「読む気にならないので買いません!」


    k


    フリーアナウンサーの小林麻耶さん(42)が2022年4月21日、ブログで「週刊文春」に言及した。


    ■「私、19年芸能界にいるので有る程度は察せれます」

    「今回はごめんなさい」というタイトルのエントリーで小林さんは、「文春さんとは仕事をしていた仲なので憧れの連載をさせていただけたので好きなのですが」と前置きしつつ、「今回のインタビューは読む気にならないので買いません!! 」と不買を宣言。

    続けて、「御事情が有った事をお察しします 私、19年芸能界にいるので有る程度は察せれます」と、小林さんなりに思い当たることがあると明かしている。


     
    4月21日発売の週刊文春は、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(44)が小林さんについて話したインタビューを掲載。

    内容は、3月21日のYouTubeでの発言以降、海老蔵さんを批判する小林さんに対し、海老蔵さんが謝罪したというもので、前日の20日には「文春オンライン」でも、そのことが報じられていた。


     
    かつて、小林さんは週刊文春に「小林麻耶のいつまで独身?」というタイトルで連載を持っていた。

    連載は15年4月2日号から始まり、16年3月26日にはブログで、連載が50回に達したことを喜ぶエントリーが投稿された。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/9341b1bb788165fe994245df7f0840bb966ce0d2
    所長見解:なんやな・・・

    【【海老蔵戦】小林麻耶「読む気にならないので買いません!」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小林麻耶「姉が亡くなって海老蔵の家に手伝いで寝泊まりしていた時に海老蔵が襲ってきた」


    m


    「襲われた」というのは“誤解”
     
    しかし、記者に『海老蔵に襲われた』と麻耶が主張するブログ投稿について聞かれたときの回答について、
    さる梨園関係者は「歯切れが悪いような……」と疑問を呈した。

    ここで振り返りたいのが、3月27日に更新された《海老蔵から襲われた時の話》とのタイトルがつけられたブログの中身だ。

    事が起こったとされるのが、麻央さんが亡くなってすぐのこと。

    姪と甥の世話を手伝うために
    海老蔵の家に寝泊まりしていたときのこと、部屋で寝ていると、

    《上から重たいものが覆いかぶさってきました 
    目を開けると海老蔵が私の上に覆いかぶさっていました 

    海老蔵が私の耳元で 
    愛してるって言って 
    まおがいなくなって寂しいんだ 
    あまりの恐怖に声が声が声が声が出ませんでした》(原文ママ)


     
    この場から逃れたい恐怖から「好き」と言うしかなかった麻耶。

    “人生最大の嘘をついた”という彼女を海老蔵は解放することなく、
    そのまま「どこが? どこが好きなの?」と囁いたのだという。

    どうにか「外見」だと絞り出すと、


    《がいけん? うける 麻耶ちゃん俺の外見、好きなんだ 
    ようやく私の上から海老蔵はいなくなり部屋から出ていってくれました 

    本当に女なら誰でもいいんだなと怒りが込み上げてきました》

     
    これについて事実か、文春記者に問われると、このような弁明をみせた。


    「誤解を招くようなことがあったのかもしれませんが、実際にそのようなことはありません」


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d329ef20c02df110cac0261fb4e56a2c5360d33?page=2
    所長見解:もうどうなん・・・

    【【悲報】小林麻耶「姉が亡くなって海老蔵の家に手伝いで寝泊まりしていた時に海老蔵が襲ってきた」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小林麻耶「暴露」全内幕 神田沙也加が降臨と主張


    m


    麻耶が発信する情報にはスピリチュアルな内容も目立つ。

    月額550円の有料ブログ「幸せ数秘MAYA部長」では、昨年12月に亡くなった神田沙也加が“降臨”したと主張し、こう続けている。


    〈神田沙也加です。
    まさかお話でき(ママ)なんて嬉しい!!!!!!!
    麻耶さんありがとうございます。
    麻耶さんがお話を伝え(ママ)くれるってこちらではすごく有名で
    私もすぐにコンタクト取らせてもらったんです〉(3月25日の投稿)


    ▼画像〈神田沙也加ちゃんが、ご挨拶〉(麻耶の有料ブログより)

    https://i.imgur.com/XrVcbSh.png



    http://twitter.com/shukan_bunshun/status/1509003256374370304


    https://bunshun.jp/denshiban/articles/b2779
    所長見解:もうあかんやん・・・

    【【これはヤバい】小林麻耶さん、神田沙也加さんが「降臨した」模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    不倫男の前妻が告白、夫を奪った彼女を許せない 「福原愛の嘘と恐喝事件」


    no title


    5歳年下の男性との不倫疑惑が報じられた卓球元日本代表・福原愛(33)。

    不倫相手の前妻・B子さんが「週刊文春」の取材に応じ、「福原さんは嘘をついている」と告白した。



    福原と5歳年下で商社マンだった男性・Aさんとの“連泊デート”が報じられたのは、「女性セブン」昨年3月18日号。

    福原は「友達の1人」と釈明し、不倫を否定した。


    その後、福原は夫で卓球元台湾代表の江宏傑と離婚。

    Aさんも昨年11月初旬に妻のB子さんとの離婚が成立する。


    程なくして2人は、福原が所有するマンションで同棲を始めた。



    昨年12月22日朝7時には、「NEWSポストセブン」が<福原愛 あのイケメン商社マンと真剣交際スタート「再婚も視野に」>と題した記事を配信。

    福原とAさんが公園で銀杏の木を眺め、談笑する写真などを報じた。


    そこでは、「福原の知人」が以下のように証言している。

    <Aさんも学生時代から交際をしていた女性と結婚はしていましたが、あの頃は別居中で夫婦関係は破綻していたとか。
    お互いに"離婚へ向かっていた"という共通点もあり、あくまで友人として関係が深くなっていきました。
    ただ、(交際が)"疑惑"と報じられたため、2人で会うのは難しい空気に。
    連絡も一時絶っていたそうです>


    B子さんが語る。

    「まるで私と彼の離婚が成立してから、福原さんと彼が交際を始めたかのような記事でした。
    でも〈あの頃は別居中で夫婦関係は破綻していた〉のも、2人が〈連絡を絶っていた〉のも、真っ赤な嘘。
    それだけではありません」


    B子さんは記事を読んで、福原に連絡を取ったという。

    「私は『夫婦間の問題まで事実ではないことが報じられているので(取材に応じるなどして)記事を訂正したい』と伝えました。
    すると、『それはやめて欲しい。
    記事が出ると、報道が過熱し、結果的に巻き込むことにもなる』と。
    最後は福原さん側から迷惑料という形で、当事者間で収めることを提案されました」



    その後、今度は福原から電話がかかり、100万円という迷惑料の提示があったという。

    「福原さんは金額を提示する一方、あくまで週刊誌の報道に対するものという姿勢を変えませんでした。
    12月の(ポストセブンの)記事を踏まえると辻褄の合わないことも多く、言動に誠意が見られなかった。

    これ以上、個人間でのやり取りは無意味だと判断し、私からはわざと5000万円と無理な金額を伝えたんです。
    最後は、今後は代理人を通してご連絡すること、今後は一切個人間でやり取りをしないことをお話しし、会話は終わりました。」



    福原のマネジメント事務所に事実関係の確認を求めたところ、弁護士名で以下のように回答した。

    「貴社の取材元であるB子氏(回答は実名)は、貴社に情報を提供する前である昨年から依頼者(福原)に対し繰り返し架電し、週刊文春にリークされたくなければ、5000万円を支払えなどと法外な要求を行いました。
    B子氏が、恐喝の手段として、貴社を利用していることは明らかである」

    一方、B子さんの代理人弁護士はこう語る。

    「B子さんは事実を訂正して頂くことを強く希望しておりました。
    B子さんは『週刊誌に売るぞ』と恐喝していませんし、事実の訂正を求めることは犯罪ではありません。

    福原さん側の主張は事実無根であり、B子さんの名誉を棄損しています」

    B子さんが言う。

    「『友達の1人』という釈明に始まり、福原さんは影響力のある立場から、嘘を重ねてきました。
    私は最初の不倫疑惑については、福原さんを咎めるつもりは毛頭なかった。

    しかし、昨年12月の報道で一方的に事実を曲げられたこと、そしてその後の対応に耐えられませんでした。
    余りに不誠実と感じましたし、ただただ悲しい想いで一杯です」



    だが、100万円の迷惑料の提示を巡っての会話が、警察も巻き込んだ“恐喝事件”へと発展するのだ――。


    3月16日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」及び3月17日(木)発売の「週刊文春」では、不倫報道直前までは仲睦まじかったAさんとB子さんの結婚生活、手紙を巡るB子さんと福原とのやり取り、福原が既婚者のAさんに送った便箋4枚に及ぶ“ラブレター”の中身、そして、福原が恐喝されたとしてB子さんを刑事告訴する動き、それに対してB子さんが慰謝料請求を検討していることなどを詳報している。


    https://bunshun.jp/articles/-/52728
    所長見解:ややこしな・・・

    【【週刊文春】福原愛の嘘と恐喝事件がコチラ・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ