週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月18日に東京都港区の自宅マンションで自ら命を絶った俳優の三浦春馬(享年30)。

    自室に残した日記に人生における悩みや葛藤を綴っていたことが取材で分かった。

    自室に残された三浦の日記には何が記されていたのか。

    長年、三浦と親しい関係にあった知人が明かす。

    「亡くなる直前に書かれたものと見られ、『死にたいと考えた』 『どう死ぬべきか』といった自身の死についての考え方が長々と綴られており、遺書というべき内容です。
    これを読めば彼がいかに思い詰めていたか、よく理解できます」


    s


    また8月15日に放送予定のドラマ「太陽の子」(NHK)における役柄に強く影響された様子も記されていたという。

    「(同ドラマは)太平洋戦争の末期、原子爆弾開発を命じられた科学者たちの悲劇の物語で、春馬が演じるのは、肺の療養のため戦地から帰郷した石村裕之役。
    日記には石村の人生を通じて、死に関する思索がQ&A形式で記されていた」(同前)

    三浦は戦時中を生きた石村と自身を重ね合わせ、共通点を見出していた。

    「作中の石村は、神風特攻隊として敵方の空母艦に突っ込む命令が下るのを待っていました。
    仲間が先立っていく光景を目の当たりにする中、作戦が変更になり、戦地から一時帰郷。
    結果的に自分の命の時間が引き延ばされたわけですが、それに対して春馬は遺書で『散る運命を背負いながら、家族の前では気丈に振る舞おうとする気持ちを考え、胸が痛んだ』と切実な想いを書き綴っていた」(同前)


    さらに数年前から精神的な葛藤に苛まれていたことが分かる、次のような記述もあった。

    〈僕の人間性を全否定するような出来事があり、たちまち鬱状態に陥り、自暴自棄になった〉


    三浦春馬に何が起きていたのか。

    7月30日(木)発売の「週刊文春」では、遺書に記された言葉に加え、小栗旬に「あいつは絶対来ます」と言わせた演技力、医療関係者を唸らせた企画・主演のALSドラマなど、友人、恩師、親族らの証言から三浦春馬の「優しさ」と「孤独」の30年を4ページにわたって特集している。


    文春オンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d5a62838040d2c6953b9dea13b16fdba8215db27


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200729-00039351-bunshun-000-2-view.jpg

    所長見解:残念やね・・・
    【【暴露】故・三浦春馬さんの遺書「僕の人間性を全否定するような出来事があり」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    TOKIOの長瀬智也(41)が、来年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所することが「週刊文春」の取材で分かった。

    ファンクラブを通じて今夜にも正式発表する。

    3人となるTOKIOは解散せず、活動を続け続ける方針だという。


    ngs


    かねてから事務所に退所の意向を伝えていた長瀬。

    今年2月に「週刊文春」取材班が退所について直撃すると、「今はちょっと答えられない」と言葉を濁していたが、その時点ですでに意思は固まっていた。


    「2018年5月、女子高生への強制わいせつ事件を起こした山口達也が退所して以来、TOKIOが音楽活動を行えず、そのことに誰よりも不満を抱いていたのが長瀬でした。
    他のメンバーとは別行動を取る機会が増え、レギュラー番組の『鉄腕DASH!』の収録も欠席しがちだった。
    一方で、親族が経営するアバレルブランドの手伝いや友人とのバンド活動、DJイベントなどには積極的に参加し、いずれもジャニーズには報告すらしていなかったといいます」(テレビ局関係者)

     
    すでに来年1月スタートのTBS系の連続ドラマに出演することが内定しているが、そのドラマを最後にいったん俳優活動を休止し、当面は音楽活動や映像関係のクリエイティブな活動に専念する意向だという。

     
    一方、残された3人のメンバーは、長瀬の退所後もTOKIOとしての活動を続ける。

    「来年4月にジャニーズ事務所の傘下に新会社『株式会社TOKIO(仮称)』が設立され、社長にはリーダーの城島茂が就任、国分太一と松岡昌宏も株主になる予定です。
    いわば“社内独立”のような形で、ジャニーズにとっても新しい試みだが、彼らをつなぎとめるための苦肉の策ともいえる」(同前)

     
    ジャニーズでは今年6月に元NEWSの手越祐也が退所、12月末で嵐が活動を休止することも決まっている。

    すでに長瀬以外にも複数のタレントが“辞表”を出しているとの証言もあり、歯止めのきかない人材流出にジャニーズも頭を抱えているという。


    「週刊文春」編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200722-00039181-bunshun-ent


    所長見解:そやろな・・・

    【【ジャニーズ崩壊へ】TOKIO・長瀬以外にも複数のタレントが辞表ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、タレントの木下優樹菜さん(32)が6日に芸能界を引退すると、所属事務所が発表したことを伝えた。

     
    木下は実姉がアルバイトとして働いたタピオカドリンク店の経営者に対する“どう喝騒動”で昨年11月18日から芸能活動を自粛。

    今月1日に活動再開を発表したばかりだった。

     
    番組では、木下さんと大手事務所所属の男性グループの30代メンバー・Aと不倫関係にあったらしいという一部報道を伝えた。


    y

     
    この問題に元「週刊文春」記者でジャーナリストの中村竜太郎氏は「驚きました。
    サッカー選手(との縦読み不倫騒動)であれだけネット上で騒動になり疑惑の目を向けられていたんですけれども」と新たな疑惑に目を丸くした。

    その上で30代男性について「それ以外にも、30代の大手事務所所属のヒップホップグループでラッパー。
    筋トレでガンガン体を鍛えている肉体派。
    身長が180センチぐらい高くて、イケメンなんですよ」と明かし、「裏を取っています」と話した。

    https://hochi.news/articles/20200709-OHT1T50124.html 



    所長見解:たかし・・・

    【【暴露】木下優樹菜さんの不倫疑惑の相手「30代のヒップホップグループでラッパー。筋トレで体を鍛えている肉体派」←これ誰?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春」6月11日発売号が報じた「アンジャッシュ」渡部建(47)の不倫疑惑

    6月16日、渡部が「週刊文春」の取材に応じ、不倫疑惑に加え、妻で女優の佐々木希(32)、相方・児嶋一哉(47)への思いを明かした。


    取材現場に黒いスーツ、ネクタイ姿で現れた渡部。

    時折言葉を詰まらせながらも、NGの質問は一切なく、取材時間は90分に及んだ。


    w

     
    取材に同席した所属事務所「人力舎」の玉川大社長が振り返る。

    「渡部が直撃取材を受けたとマネージャーから聞いて、(不倫スキャンダルを起こした)他の方々がやってきていることと同じようにするしかないと思っていました。
    芸人だからいじられて、なんなら(相方の)児嶋一哉が『俺じゃねえよ!』と言うとか、いろんな形を想像していた。
    その後、事務所に紙(質問状)が届き、『多目的トイレ!? えっ、これ気持ち悪ぃじゃん。種類が違うじゃん』って考えを改めたんです。
    それで自粛という形に腹が固まった」


    渡部は「週刊文春」が報じた複数女性との関係について次のように語った。

    「思い起こせば、独身時代はとにかく独身をとことん謳歌しなくてはと思い、好き勝手に過ごしていました。
    妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、そこから抜け出せなかった。
    彼女たちに対しては気持ちのないまま接していたし、気持ちの上で浮ついたことはありませんでした。
    僕は今でも妻を愛しています」


    佐々木の反応についても明かした。

    「今まで浮気が妻にバレたことは一度もありませんでした。
    記事を見て、妻は失望していましたね。
    怒りもあるし、呆れもあるし。
    仕事も増え、自分の描いたビジョン通りに物事が運んでいったことが慢心を生んでしまった」


    6月25日(木)発売の「週刊文春」では、渡部の独占インタビューを4ページにわたって詳報。

    その中で渡部は、妻・佐々木希から受けた叱責、不倫の“隠蔽工作”を図った理由、相方児嶋に対する複雑な思いなどを語っている。


    画像①


    https://bunshun.jp/articles/-/38615

    所長見解:渡部め・・・
    【【朗報】渡部建「今でも妻を愛しています」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春」6月11日発売号が報じたアンジャッシュ渡部建(47)の不倫疑惑 。

    妻で女優の佐々木希(32)の動向に注目が集まっているが、彼女は「離婚の意思がない」
    「私が支えていく」などと周囲に語っていることが「週刊文春」の取材で分かった。


    佐々木の事務所関係者が明かす。

    「ちょっと意外かもしれませんが、元々家庭内では渡部さんの方が立場は上。
    佐々木さんの方が渡部さんをリスペクトしているのです。
    この騒動の間、彼女は『夫が憔悴しているのでずっと一緒にいます』と付きっ切りの状態。
    彼女を心配する知人には『私が彼を立ち直らせる』と気丈に振る舞っている。
    すでに彼女は『離婚しない』という決断を下しています」


    s


    6月18日(木)発売の「週刊文春」では、小誌取材後、全番組出演自粛に至る過程で何があったのか、佐々木との夫婦関係、渡部の他の女性関係、コンビを組む児嶋一哉(47)との関係性など「渡部不倫」の全内幕を報じる。

    https://bunshun.jp/articles/-/38462

    所長見解:渡部め・・・
    【【渡部不倫】佐々木希「離婚しない」「私が支えていく」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ