逮捕

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    学校法人「森友学園」を巡る補助金詐欺事件で、詐欺などの罪で起訴された前学園理事長の籠池泰典被告(65)と妻諄子被告(62)が、金融商品取引法違反の疑いで東京拘置所に勾留されている日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)に差し入れを送ったことをスポニチ本紙に明かした。

    g

     
    およそ10カ月勾留され、拘置所の寒さを身をもって知る2人。

    防寒用にユニクロのフリースジャケットを送ったという。

    諄子被告の著書「許せないを許してみる 籠池のおかん『300日』本音獄中記」(双葉社)のPRでスポニチ大阪本社を訪問した両被告。

    ゴーン容疑者逮捕のニュースを知り、面識はないがすぐに差し入れを送付したと語った。

    送ったのは、軽くて暖かいとして人気のユニクロのフリースジャケットとベストの計2着。価格は合計4000円前後~7000円とみられる。

    諄子被告が勾留中に担当弁護士に宛てた400通超の手紙を再編集した「許せないを許してみる」には、差し入れられたユニクロのフリースが重宝したと記されている。
     
    「勾留中の差し入れで人の優しさに触れた。今後は自分が人に優しくしたい」と語った。

    拘置所に詳しい人物によると、差し入れは面識がない一般の人でも送付が可能。

    ただし、ベルトなど自殺に使われる恐れのあるものは受け取らないなどのルールがある。
     
    また、差し入れられた人が受け取りを拒否することもできるという。

    ただ、身の回りの物を入れるプラスチック製の箱があり、そこに入らないサイズのものは受け取ってもらえない。

    諄子被告はゴーン容疑者について「少なからず、つぶれかけの日産を再興させた人。今どんな思いなのか、寒いだろうなと考えると、居ても立ってもいられなくなった」という。

    「主人の名前でフリースを送りました。届いたかなあ」と思いをはせた。

    実際にゴーン容疑者は接見した関係者に「寒い」と話しており、フリースが強い味方になることがあるかもしれない。

    泰典被告は勾留中、指にしもやけやあかぎれができるほど寒さに悩まされた。

    「大阪拘置所は鉄筋造りで、常に換気が必要。送風口から出る風が体を直撃して、11月から凄く冷えた」と回想し「ゴーンさんもフリースを着て」と助言した。

    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/12/02/kiji/20181201s00042000447000c.html


    所長見解:さすが・・・

    【【あの人は今】籠池夫妻、カルロス・ゴーン容疑者にフリースを差し入れた結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「世間がASKAと認知してくれている間は、ASKAとして活動ができるようしっかり音楽を作っていきたい」

    NHKの報道番組『ニュースウオッチ9』の密着取材を受けたASKAは、11月16日に放送された番組内でそう語った。

    「ASKAさんは現在、5年8か月ぶりとなるツアー中なんです。
    作品のリリースはありましたが、ツアーは覚せい剤取締法違反で逮捕されて以来初めて。
    今回はそのツアーに臨む彼の密着取材でした」(音楽誌ライター)

    c


    再結成を望むChage

    「全10公演のほとんどがソールドアウトという人気ぶりです。
    今回のツアーはもちろんソロですが、『SAY YES』など、CHAGE and ASKAのヒット曲も歌っています」(同・音楽誌ライター)

    10代から苦労をともにし後に大ヒットを、そして大騒動を起こした。

    迷惑をかけられた側のChageは今─。

    「ASKAさんの逮捕以降も、年1回ペースのライブツアー、アルバムのリリースなどチャゲアスのようなメジャーな活動ではないとはいえ、マイペースで音楽活動に励んでいますね」(同・音楽誌ライター)

    事実上は解散状態のチャゲアスだが、今回のツアーではなんとASKAがChageについて触れるひと幕も。

    「再結成についてよく聞かれるんだけど、今はお互い好きなことをやっているけど、そのときが来たら……。だから今は触れんといてぇ」

    一方のChageの心境は。

    「チャゲアスは、ひと言でいってしまうとASKAのもの。Chageは立場が弱い。
    '90年代も、ASKAさんの作った曲ばかりが売れました。
    Chageとしては、今もチャゲアスをやりたいと思っているんです。
    現状、ASKAならチャゲアスの曲をソロで歌っても盛り上がりますが、Chageがひとりで歌ってもはあまり世間に需要がない。

    そして、現状ソロでの活動を進めたいASKAにとって、チャゲアスはどうでもいいのではないでしょうか。
    また、Chageは再婚した妻で個人事務所の社長に頭が上がらないんです。
    その妻も、ビジネス的な面でチャゲアスをやってほしいはず」(音楽関係者)

    11月中旬、Chageに話を聞こうと記者が自宅前で本人を直撃したものの、話に応じることなく車で走り去って行った。

    そこで、チャゲアスの所属事務所『ロックダムアーティスツ』代表取締役の林田龍平氏に再結成について話を聞くと、

    「確かにもともとはチャゲアスのプロダクションでしたが、今は2人とも取締役を辞任し、出版、権利関係のみの会社となっております。
    よって、チャゲアス再結成について言える立場ではありません」

    ちなみに、せっかくチャゲアスの名曲を歌っているのだから、今回のツアー公演にChageも誘って……という話はなかったのか。

    ツアーを開催するビルボードクラシックスは、

    「約1年前にご出演を提案させていただきました。
    そして、ASKAさんと作品選定をはじめ、オーケストラ編曲の方向性、指揮者、オーケストラ、ホール会場などを厳選し、ツアー構想を進めました。
    ツアーの構想段階から、ASKAさんソロでオーケストラ公演を実施するというものでした」

    2人の間に、“SAY YES”が流れる日は来るのか

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-00013869-jprime-ent


    所長見解:見たいね・・・

    【【チャゲアス】Chage「再結成がしたい」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    高樹さんが、11月18日に

    神よ何故あなたは地上にに大麻草をお与えになったのでしょうか!

    私達を工口ス、狂乱、錯覚、怠惰に陥らせるためなのでしょうか?

    植物を育て、分かち合い、それを手にすることが如何なる罪か教え給え!

    とツイートを行う。

    no title


    こちらも話題となり、

    「高樹さん、勘違いされるようなツイートはどうかと思います。
    大麻を、禁止しているのは神ではなくて、日本政府なので」

    「なんかアプローチが違う気が。 かえって、印象悪くしてません?」

    「今日も決まってますね!ツイートが」

    「二つの意味で草」

    といったような返信が寄せられていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15615597/


    所長見解:草www

    【【草www】高樹沙耶さんのツイートがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ひき逃げなどの罪で起訴された「モーニング娘。」の元メンバー、吉澤ひとみ被告について、東京都の公安委員会は16日、免許取消の処分を決定した。

    「モーニング娘。」元メンバーの吉澤ひとみ被告は今年9月、東京・中野区で酒を飲んだ状態で車を運転し、赤信号の交差点を直進して2人にけがをさせるなどしたうえ、逃走した罪に問われている。

    16日、警視庁が吉澤被告の代理人から意見を聞いたうえで、東京都の公安委員会が、吉澤被告の運転免許の取消処分を決定した。

    吉澤被告は少なくとも8年間は免許を取得できなくなったという。

    警視庁に対し、代理人は、吉澤被告の意見として「もう乗らない」「反省しており処分に従う」などと伝えたという。

    y


    吉澤被告の初公判は今月29日に東京地裁で開かれる。

    http://www.news24.jp/articles/2018/11/16/07409376.html


    所長見解:飲まない・・・

    【【飲酒ひき逃げ】吉澤ひとみ被告 「もう乗らない」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の酒井法子(47)がネット配信ドラマに出演することが発売中の「週刊女性」で明らかになった。

    ネット配信会社のDMM.comの「蛇の道は蛇」(仮)というドラマで年末から年始に配信予定。

    特別出演という位置づけで、すでに3話まで収録済みだという。

    s


    覚醒剤取締法違反で逮捕されたのは2009年の8月。

    その後、謹慎期間を経て舞台やイベントなどには出演するも、本格的な映像作品に女優として出演するのは10年ぶり。

    芸能評論家の肥留間正明氏は「ヘタレなテレビに追随し、処罰が厳しすぎた」と酒井に同情的だ。


    「執行猶予は3年なのに復帰まで実質10年とはみそぎにしては長い。

    地上波テレビがスポンサーの顔色をうかがうばかりで起用できなかったというのは、テレビが弱腰すぎ。

    彼女には“やり直す権利”があるわけですし、これまでボランティアや子供の学校行事に尽力してきたことを評価すべき。

    忘れた頃に再犯を繰り返す元夫についても責任はないし、凛とした姿を見せることで一線を画すこともできるでしょう」


    中国人ジャーナリストの周来友氏はこう言う。

    「中国ではネット配信と地上波テレビの勢力は同等ですから、中国人のファンの課金を見込んでキャスティングされたのでしょう。

    また酒井さん側もそれを狙っているはず。

    酒井さんの歌唱力と中年になっても変わらない清楚なイメージは人気が高く、ディナーショーや小さなイベントに出演し、中国のファンに忘れられないよう活動していました。

    また、招聘した側が彼女のファンでポンと500万円ほどのチップをはずむスポンサーもいますから、1回の営業で1000万円をくだらないこともあったと思います。

    いずれにしても地道な活動が花開いたといえるでしょう」


    50歳を目前に中国人気とネットを駆使し、のりピーは完全復活。

    もはや日本では狭すぎるというべきか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000004-nkgendai-ent


    所長見解:介護は・・・

    【【のりP】 酒井法子、10年ぶり連ドラ復帰の裏事情・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ