ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:逮捕

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「あれから2年半、今もまだ、暗いトンネルの中にいるような感じです。
    それだけ薬物は恐ろしいもので、やめてからの方が壮絶なんだ、ということを今更ながら実感しています・・・・・・
    僕がいま戦っているのは、薬物依存症とその治療にともなう、うつ病です」

    no title


    使用している向精神薬の影響なのか、どこか視点の定まらない様子で、ゆっくりと言葉を探すように心境を明かしたのは、元・プロ野球選手の清原和博氏(50)だ。

    2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、5月に懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決。
    この2年半は極力メディアへの出演を控えてきたが、第100回記念大会となる夏の甲子園開催中のいま『文藝春秋』9月号に、逮捕されてから今日に至るまでの日々を告白した「手記」を寄せた。

    手記には、薬物依存症とうつ病に苦しむ現状に加え、先が見えずに何度も「自殺」を考えたことなど、衝撃的な事実が明かされている。

    さらに清原氏は「今、薬物の誘惑に負けそうになった時には、逮捕されて留置場に入れられた時のことを、今までで一番辛かったあの時のことを思い出すようにしているんです」と語る。
    自分が「清原和博」として生まれてきたことすら後悔した留置場での日々。
    「あれを思えば、次(覚醒剤を)やったら、もう終わりだなという気持ち」になるのだという。

    先の見えない日々が続く中で、今年5月には“33年ぶりの再会”があった。
    85年夏の甲子園決勝、PL学園対宇部商戦で、劇的な連続ホームランを放った時に使っていた金属バットが清原氏のもとへ帰ってきたのだ。
    もともとは甲子園歴史館に展示されていたものだが、覚せい剤事件の後に撤去。
    その後、紆余曲折を経て本人の手に戻ってきた。

    「バットが戻ってきた日、いろんな記憶がよみがえりました。
    こんな重いバットをあんなに軽々と振り回していたのかと、高校時代の自分に驚きました。
    僕は今、筋肉が落ちてしまっていて力がないので、余計にそう感じたんだと思います」

    そして清原氏はバットが戻ってきたその日からある目標を立て、現在はそこへ向かってある努力を続けているという。

    清原氏の人生において、甲子園は特別大きな存在だ。
    この夏の大会に託す「夢」と、薬物との闘いの日々。
    清原氏はそのすべてを「文藝春秋」9月号で明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15135754/


    所長見解:まゆげ・・・

    【【あの人は今】清原和博 何度も「自殺」を考えた「薬物依存症とうつ」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月20日、“ある一報”が、各マスコミを震撼させた。
    超のつく人気俳優Xが逮捕されるという情報が駆け巡ったのだ。

    「NHK大河ドラマに重要な役での出演歴もあるXは、端正な顔立ちで人気上昇中。
    幅広い役をこなす演技力を持ち、現在放送中のものも含めて今年3本のドラマに出演。
    7月だけでも10誌以上の雑誌に登場する売れっ子です」(芸能記者)

    そんな人気俳優に、どんな容疑がかかっているのか。

    警察関係者が証言する。
    「Xは違法賭博に手を染めているんです。
    裏カジノに複数回、出入りしており、7月頭には担当部署が関係先に家宅捜索を行いました。
    現在は行動確認をしていると聞いています」

    t


    早い段階からマークされていたということだが、キー局関係者はこう説明する。
    「7月20日、上からは“Xのキャスティングをしばらく見合わせろ”という指示が出たんです。
    何事かと思ったら、Xが裏カジノにドはまりしていると。
    現場には衝撃が走りました」

    人気芸能人の逮捕情報が“公”になるのは異例だが、それにはワケがある。
    「Xの借金があまりに巨額なんです。
    一時、その額が2000万円にも膨れ、関係者に追い込まれました。
    その際に事務所の先輩俳優が2000万円を現金で渡し、“もう二度と関わるな”と激怒。
    Xは窮地を脱したものの、動いた金額の大きさや周囲を巻き込んだだけに、隠しきれなくなったんです」(芸能事情通)

    同氏によると、「Xが最近の仕事の入れ具合は、金に困っているからではないかとの噂まである」という。
    「実はXには、賭博だけでなく投資詐欺に関わっている疑いもあるんです。
    彼自身は本筋ではなく“客寄せパンダ”としての役割だったそうですが、疑いが複数あることで逮捕が遅れている可能性もあります。
    いずれにせよ、金稼ぎに必死だった」(全国紙記者)

    貧すれば鈍す典型例とも言えるが、賭博に依存して抜け出せなくなるというのは、どこかで叫ばれていたことと重なる――
    そう、7月20日に参議院本会議で成立したカジノ法案だ。

    現在、日本では賭博行為は認められておらず、競馬や競輪のような公営ギャンブルだけが存在しているが、今回の法案成立で、今後、3か所を上限に国内にカジノが設置されることとなる。

    安倍政権は今後の経済成長の大きな目玉としたいが、社会部記者は「ギャンブル依存症を懸念する野党の声を無視する形で強行採決しただけに、人気俳優の事件が表沙汰になれば水を差すこととなる」と語る。

    現在発売中の『週刊大衆』8月13日号では、さらに俳優Xの違法賭博疑惑と裏社会とのつながりを追及する。


    日刊大衆
    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_60471/?ptadid=


    所長見解:誰やの・・・

    【【衝撃情報】超売れっ子人気俳優が違法賭博で逮捕秒読みってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    亜希、清原和博の暴露本出版で不安「甲子園に近寄らないで」

    元夫である清原和博氏(50才)の告白本出版で、モデルの亜希(49才)が不安を抱えているという──。

    最高気温が35℃を超えた7月中旬の日曜日。
    都内の河川敷にあるグラウンドでは、野球少年たちが白球を追いかけていた。
    そのシニア(中学生)チームは都内でも屈指の強豪。
    父母も多く詰めかけていて、ドリンクを渡したり声援を送ったりしながら、わが子の練習に付き添っている。
    その中に、亜希の姿があった。

    「今春、中学1年生になった亜希さんの次男が在籍しているんですよ。
    週に3日は練習していて、保護者が総出でサポートするのがチームの特徴です」(チーム関係者)

    その日の亜希は、ファッション誌で見せるような装いとは異なり、全身を紺でそろえ、えんじ色のキャップを被り、白いスニーカーを履いて完全に“黒子”に徹していた。
    息子のために、という思いからか、クーラーボックスを運ぶ足取りは軽いが、実は心中は穏やかではないという。

    「あの事件以降、彼女たちはずっと苦しめられてきました。
    母子は支え合って、そこから脱却を図り、ようやく穏やかな生活を取り戻しつつあります。なのに、ここへ来て元夫の存在感が増していることに、不安を覚えているそうです」(芸能関係者)

    亜希の元夫とは、2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、有罪判決を受けた清原和博氏だ。

    「逮捕の2年前に離婚していたとはいえ、元夫が犯した罪によって亜希さんの仕事にも影響が出ました。キャンセルになった仕事もあったそうです。
    それまで暮らしていたマンションは家賃50万円以上だったそうですが、家賃をかなり抑えたマンションに引っ越しました」(スポーツ紙記者)

    “家族”に迷惑をかけた清原氏は保釈後、しばらくは沈黙を貫いていたが、1年経った昨年の6月、スポーツ雑誌『Number』で「告白」と題した連載をスタートさせた。
    その1年間にわたる連載を加筆・修正した本が、7月27日に発売される。
    タイトルは『清原和博 告白』(文藝春秋刊)。
    《告白1 岸和田の少年》や《告白2 人生を変えた16の夏》など23章で構成されている。

    書かれているのは清原氏という1人の野球選手が歩んできた軌跡だけではない。
    覚せい剤に手を出したきっかけや、刺青を入れた経緯なども赤裸々に語っている。
    また現在、清原氏がうつ病の治療をしていることや、2週間に1度、薬物の検査を受けていること、気がつくと自殺サイトばかりを見ているなど、衝撃的な内容が掲載された、いわば“暴露本”である。

    亜希たち“家族”に関する記述もある。
    引退試合の後、清原氏が家に帰った後、亜希は寝ていて、彼の帰りを待っていなかったこと。
    2014年3月に“薬物疑惑”が『週刊文春』に報じられた後に、亜希が息子たちを連れて出ていったことなどを告白している。

    《告白23 今もまだ暗闇の中にいる》では、覚せい剤を使用していた時の家族との関係を《まわりが言うような、僕が家族に危害を加えたとか、そういうことは決してなかったと自分では思っています…》と胸中を綴った。

    no title


    ◆100回記念大会に姿を見せる

    しかし「なぜこのタイミングでの出版なのか」と、亜希でなくても思うはずだ。

    「その告白本の発売を機に、清原さんは『元高校球児』として、野球にかかわる仕事に再び取り組みたいという思いがあるそうです。
    あの事件があったにしろ、清原さんが今も甲子園のレジェンドであることには変わりはありません。
    当時テレビ中継していたアナウンサーが叫んだとおり、“甲子園は清原のためにあるのか”と思わされたファンも、まだまだ根強くいます。
    プロ野球界への復帰が絶望的な中、清原さんがそこに活路を見出すのは、自然なことといえるでしょう」(スポーツジャーナリスト)

    その計画は、まもなく始動するという。

    「100回記念大会である今年の夏の甲子園に、ゲリラ的に訪れるという話です。
    アルプススタンドなどで試合を観戦し、それを何かしらの記事にしようとしているようです」(前出・スポーツ紙記者)

    一方、次男もまたその舞台を目指している。

    「次男は、小学生のときはチームのキャプテンで、エースで3番を務めたアスリート。
    今、通っている有名私立中学校の野球部よりも本格的なシニアチームで力をつけようとがんばっています。
    中高一貫校なので将来的にはそのまま高校に進学し、その学校での甲子園出場を目指すそうです。
    それが母子の夢だと聞いています」(前出・チーム関係者)

    (続く)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15063235/


    所長見解:親子やしな・・・

    【【不安深刻】清原和博氏の元妻・亜希さん「甲子園に近寄らないで」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案が19日、参院内閣委員会で与党などの賛成多数で可決された。
    20日の法成立が確実となり、いよいよ日本にカジノができる下地が整った。
    そんなタイミングで、本紙は衝撃情報をキャッチ。

    超人気イケメン俳優が違法の闇カジノに入りびたり「やめられない」とドツボにハマっているというのだ。

    この情報は当局もつかんでいるというから目が離せない。
    すでに仕事にも悪影響が生じており、その周囲では、大スキャンダルを恐れる声が上がっている。

    カジノ法が成立の運びとなり、いよいよ日本にも合法カジノができることになった。
    そんななかで聞こえてきたショッキングな情報とは、スキャンダルとは無縁のイケメン俳優の闇カジノ疑惑。

    確かな演技力で人気作にも多数出演している。
    今やドラマや映画では欠かせない俳優としてブレーク中だ。
    本紙既報の闇カジノに通っているとされる有名人の中にはいなかったが、ここにきて新たに捜査線に浮上した人物だ。

    実は、裏社会ではイケメン俳優の闇カジノ通いは、以前から知られていたという。

    闇カジノといえば、2016年4月、バドミントンの日本代表選手、桃田賢斗(23=NTT東日本)と田児賢一(29)の両選手が東京・錦糸町の店に出入りしていることが報じられ、所属チームの調査で2人が違法カジノ店に複数回通い、多額の現金を賭けていたことが分かった。
    2人はリオデジャネイロ五輪を棒に振ったほか、桃田の資格停止処分は約1年に及んだ。

    昨年2月には、俳優の遠藤要(34)とものまね大御所タレント、清水アキラの三男・清水良太郎(29)が東京・池袋にある違法カジノ店への出入りを報じられ、謹慎するハメになった。

    問題のイケメン俳優も当時、この報道を見て「次は自分か!?」と縮み上がったというが、それでも闇カジノ通いはやめられなかったというから重症だ。

    「捜査当局とのいたちごっこが長年続く裏カジノの収益は暴力団に流れており、20年東京五輪を前に当局は摘発の動きを強めている。
    この俳優の名前を把握したのも、そうした地道な捜査の流れから。
    すでに一部テレビ局の編成会議では、(出演させるにあたって)注意喚起俳優として実名が飛び交っている。
    週刊誌のニュース班も取材に動いているそうです」(事情を知る関係者)

    様々なルートで漏れ伝わった内偵情報によると、逮捕される可能性は十分にあるという。
    それだけに、周囲の関係者の不安は小さくない。
    実際、仕事にも影響が出始めている。

    「今後公開される新作映画で当初、このイケメン俳優は主要キャストに名前が挙がっていたんですが、途中で『警察ざたになるかもしれない』という噂が広まり、キャスティング候補から外されたこともあった」(映画関係者)という。

    最悪の事態を懸念するテレビ局関係者は「逮捕なんてことになれば、彼が出演しているドラマや予定されているイベントも当然中止になるし、その影響は甚大なものになる。
    クライアントへの違約金、局やイベント会社への補償金額等すべて含めれば損害は5億円は下らないでしょう」と指摘した。

    b


    【違法賭博常習者とされる6人】

    本紙が昨年、違法賭博常習者と噂される著名人として匿名で報じたのは以下の6人。
    まずは紅白歌合戦出場経験のある大物歌手だ。

    「東京在住ながら、わざわざ大阪の闇カジノに通っている。
    コンサートがあるわけでもないのに大阪に1週間以上滞在し、毎日のように足を運んでいる。
    ヒット曲を飛ばした年、紅白出場が確実視されながら、NHK側が闇カジノ通いの情報をつかんでオファーしなかったとの情報もある」(芸能プロ関係者)

    ほかに、大御所2世タレントや、さわやか系で人気の若手俳優、日本でも人気の韓流スター、有名格闘家、お笑い芸人。

    この韓流スターは韓国の公営カジノが外国人向けで利用できないため、わざわざ茨城県にある闇カジノに通っていた。

    格闘家にいたっては「本人は帽子を目深にかぶって変装しているつもりでも、見た目が特徴的だけにバレバレ」(事情通)。

    いずれの面々もそのかいわいでは知られた存在だという。

    危ない思いをしたのは人気お笑い芸人。

    「女グセが悪いことで有名だが、新宿の闇カジノでバカラに興じているところを半グレ集団に写真を撮られ、いまだにお金をゆすり取られ続けているといわれる」(同)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000005-tospoweb-ent


    所長見解:誰やねん・・・

    【【警察内定】超人気イケメン俳優 「闇カジノ」 逮捕の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界がにわかにキナくさくなっている。
    サッカーW杯ロシア大会の閉幕と同時に、次々と大物・有名芸能人の薬物逮捕情報が駆け巡っているのだ。
    過去にクスリで逮捕歴のある某タレントや人気アーティストにも再び“マトリ=麻取”や警視庁組対5課が捜査を進めており、いよいよ大詰めを迎えているという。
    連日の酷暑にも負けない大捜査線の末に、逮捕ラッシュがありそうだ。

    y


    W杯決勝トーナメントで日本がベルギーに惜敗した3日以降、水面下で著名人の逮捕情報が続々と流れている。

    警察事情に詳しい関係者によると「当局も国民の関心がW杯に向いている間は動かない。
    日本がベルギーに負けたのを機に、メディアに情報を流し始めた可能性がある」と話す。

    W杯が閉幕したいま、クスリ絡みの捜査は大詰めを迎えているといってよさそうだ。
    そんななか大麻所持の容疑でマークされているのは、有名音楽家X。
    内偵しているのは「マトリ」と呼ばれる厚労省管轄の麻薬取締官だ。

    関係者によれば「彼が頻繁に通っていた施設は、一部で“シャブ抜き専門”と言われている。すでにマトリの行動確認は済んでいるようだ」。

    同じくマトリが狙っているのは、昨年からずっと狙われている人気アーティストY。
    今年に入り近い人物が薬物事犯で逮捕されたことでも話題となった。

    「Yの周辺捜査で、新たに名前が出てきたのは男性芸能人のZ。
    このところ自発的に芸能界から距離を置いているが、それはYからの芋づるを恐れてのこととウワサされている」(芸能関係者)

    事情通は「覚醒剤で逮捕された芸能プロ関係者が、Zの家で遊んでいたことを警察に話したみたい。
    Z周辺は水面下でかなりトラブルになっているようですね。
    そのZの付き人と、逮捕された芸能プロ関係者がもともと友人だった。
    内輪で遊んでいたグループの中から、この関係者が逮捕されてしまったわけだからZはかなり焦っている。
    だから、表に出る芸能の仕事を減らし、目立たないようにしている」と明かす。

    一方、マトリと双璧を成す捜査機関の警視庁組織犯罪対策5課は“薬物界のレジェンド”に狙いを定めている。

    過去に逮捕歴があり、一時は更生したかに見えたが、意志の弱さから再びクスリに手を出しているというのだ。

    「そればかりか、売人のようなこともやっていると聞く。
    これまでは自分でシャブを使用してドン底に落ちるだけだったが、売買に絡んでいるとなると事情が変わってくる。
    違法薬物の拡散を防ぐためにも、当局は捜査に全力を挙げている」とは警察関係者。

    この他、すんでのところで逮捕を免れたのはスポーツ系タレントだ。
    当局は都内にあるクラブのVIPルームで売人から定期的に覚醒剤を購入しているところまではつかんでいたが、タッチの差で現行犯逮捕とはいかなかった。

    「その後、奥さんとの間に子供が生まれたのを機に、シャブから距離を置いているようだが…。
    またいつ手を出すかわからないので、マークは外していない」とは別の捜査関係者。

    連日うだるような暑さが続いているが、今年は芸能マスコミにとっても長く、アツ~イ夏になるかもしれない――。


    【最近薬物逮捕された有名人たち】

    今年も薬物逮捕の有名人は続々と出ている。
    6月にはヒップホップグループ「練マザファッカー」のラッパー、D.Oこと君塚慈容が大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕。

    5月には女子プロレスラーの浜田文子と、仮面ライダーシリーズに出演した俳優の松尾敏伸がそれぞれ覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕。
    同月にはラッパーのRITTOこと前原律仁が大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕。
    2月には覚醒剤取締法違反(所持)の疑いでAV女優の麻生希が逮捕された。

    2017年にはタレントの清水良太郎が覚醒剤取締法違反(使用)容疑で、歌手の田中聖が大麻取締法違反(所持)容疑で、橋爪功の息子で俳優の橋爪遼が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された。

    X、Y、Zらが逮捕された場合、16年に元プロ野球選手の清原和博氏が覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されて以来の薬物による大物逮捕劇となるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000008-tospoweb-ent


    所長見解:誰だ・・・

    【【衝撃情報】大物芸能人5人の薬物逮捕情報がコチラwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ