ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    退職

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50)が、今月1日付で所属の吉本興業と「専属エージェント契約」を締結したことが2日、分かった。

    加藤はすでに、同社との「共同確認書」へのサインも済ませており、事実上の残留を選択。

    7月には、自身がMCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜、前8・00)で、退社の覚悟を示して岡本昭彦社長(53)ら経営陣の刷新を求めていたが、最終的には“元サヤ”で決着する形となった。


    k


    吉本興業を揺るがす騒ぎとなっていた“加藤の乱”が、静かに完全終息を迎えていた。

    加藤は10月1日付で、同社の専属エージェント契約を締結した。

    今後の仕事に関しては、従来のマネジャーではなく、自ら雇用する代理人を通じての交渉が可能になる。

    だが、関係者によると、一部の“直営業”は認められる形となったが、当面は従来通り、吉本興業を通して仕事を行うという。

     
    エージェント契約を締結するには、前段階として、同社との間で「共同確認書」を締結する必要があり、加藤もすでに締結済み。

    確認書は吉本興業との専属契約を前提としており、実質的な吉本興業への残留を決めた形となった。

     
    加藤は7月22日に「スッキリ」で、「今の社長、会長体制が続くのならオレは吉本興業を辞める」と爆弾発言。

    雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら、所属芸人による反社会的組織からの金銭授受騒動を受けての同社の対応を批判した。

    翌23日には、大崎洋会長(66)と3時間を超える会談を行ったが、結論は先送りとなった。

     
    8月には「専属エージェント契約」が自身の発案であり、契約を結ぶ方向であることを表明。

    「現状の仕事は吉本というエージェントを通して、やる。
    他の仕事は他のエージェントを通す」とし、「残留」という表現は否定していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000004-dal-ent


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191003-00000004-dal-000-3-view.jpg

    所長見解:なんやねん・・・

    【【加藤の乱】極楽とんぼ・加藤浩次さん、吉本興業を辞め・・・・・・ない。 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■正直スッキリした気持ちです

    「もともとやりたいことがないまま就職したのが悪かったんです。
    次はもっと興味が持てる仕事を探したいですね」

    そう語るのは、2019年都内の私立女子大を卒業し、4月に新卒入社した会社を出社1日目に退職した高岩真里さん(仮名・22歳)だ。

    なんと彼女、入社当日わずか3時間で会社に退職を伝え、そのまま帰宅したという。

    何があったのか。

    j


    その発端は就職活動時に遡る。

    彼女はいろいろな業界を見たというが「面接や筆記試験のために対策しなきゃいけないと聞いてめんどうくさいと思った」という理由で各企業や業界の研究もせず、たまたま内定をもらったアパレル店にスタッフを派遣するアウトソーシングを担う会社に就職した。

    だが……。

    「採用パンフレットでは店舗向けにアウトソーシングの派遣をする側の企業なんだなということくらいしか記憶に残らなかったんです。
    でも、内定者研修に参加し、実態は自分が派遣される側になって働くということがわかりました。
    想定外でした」


    さらに、入社前とのギャップに加え、社員の性格にも違和感を覚えた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00028998-president-bus_all 



    所長見解:やるやん・・・


    【【悲報】新卒女さん「入社3時間で退職したったw」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    反社会的勢力の会合に出席し金銭を受け取った宮迫博之(雨上がり決死隊)らが、所属していた吉本興業の岡本昭彦社長らから圧力を受けたと公表し、吉本芸人が分裂危機に陥っていると報じられている。

     
    会社側と芸人の対立が世間の目に映るかたちで繰り広げられるなか、吉本からの退社を示唆したのが松本人志(ダウンタウン)と加藤浩次(極楽とんぼ)だ。


    松本は7月、自身がMCを務めるテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)内で、「僕はちょっと吉本興業にはいたくないかもって言いました。
    考えさせてくださいと。
    こんな会社じゃ絶対ダメだと思うから」と発言。

    加藤も『スッキリ』(日本テレビ系)内で「この体制、今の社長、会長体制が続くのなら僕は吉本興業を辞める」と断言。

    その翌日、吉本の大崎洋会長と約3時間にわたって面会した。


    「松本に関しては、大崎会長はデビュー当時から長年ダウンタウンのマネージャーを務めていた恩人ということもあり、大崎体制が続くことに異論はない。
    一方、加藤は大崎会長と岡本社長の退任を求めており、両者の間には温度差があります」(週刊誌記者)

     
    そんな加藤の覚悟ある発言だが、社内では意外にも賛同する声は少ないようだ。

    「加藤さんは絶対に吉本を辞めないし、止められるとわかっているからこそ『辞める』発言ができるんですよ。
    レギュラー番組もなく世間に認知されている程度の芸人は、おいそれと『辞める』なんて言えませんよ。
    稼ぎも人脈もあるなら今回の騒動で吉本を辞めたらいいのに、なんて思いますけど。
    加藤さんのやめる発言は“ポーズ”なんで、メディアのほうもわざわざ反応しなくていいと思います」(芸人)

    k


    吉本社内からの意外な反応
     
    吉本の社員たちも、世間の反応とは逆に冷静だ。マネージャーの吉本社員は語る。

    「辞める気なんてさらさらないのに『辞める』って言うのが芸人ですし、ボケとしかとらえてないです。
    吉本のマネージャーはひとりで何組もの芸人を抱えて激務なことで有名ですが、通常業務に加えて騒動の対応もしなければならず、ただただ迷惑。
    加藤も松本も含めて、辞めたい芸人はさっさと辞めればいい。
    加藤なんてあれだけ威勢のいいことを言って、結局辞めてない。
    社内では“辞める辞める詐欺”なんて言われてますよ」


    加藤はその後、『スッキリ』内で、吉本が経営アドバイザリー委員会の設置を発表したことについて触れ、「僕もそこに意見できるんだったら、させてもらいたい。
    どうなるのか、見届けたいという気持ちはある」と発言。

    続けて「僕が発言したことで事が大きくなっているのは、お詫びと謝罪をしたいと思うんです。
    ここまで大きくなってしまっているというのは。
    ただ、会社が良い方向に向かうことに関しては本当に僕も賛成なんですよ」と退所の意思を保留した。

     
    一方、加藤が要求していた岡本社長の退任はあるのだろうか。

    「吉本の関連会社はたくさんありますし、テレビ局とのつながりも多いので、岡本社長は退任しても、受け皿は用意されている。
    辞めようが辞めまいが、身分は保証されているんです。
    でも、大崎会長は絶対に岡本社長を切らないでしょう。
    それはひとえに、大崎会長にとって岡本社長は都合の良い存在だからです。
    大崎会長は、かつて吉本とかかわりの深かった反社勢力との関係を断つために、創業家を排除するところまで徹底的にやって、ものすごい苦労をした。
    その裏の裏まで知っている岡本社長を、大崎会長が手放すことはありません」(吉本関係者)

     
    吉本が変わる日は来るのだろうか。


    https://biz-journal.jp/2019/08/post_114529.html

    所長見解:もうええわ・・・

    【【吉本興業】松本人志と加藤浩次に「さっさと辞めろ」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    闇営業に端を発した“お家騒動”に見舞われた吉本興業で「極楽とんぼ」加藤浩次(50)が10日、MBSラジオ「極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!」(土曜・深夜1時20分)で、今回の一連の騒動を振り返り「残留ではない」と言葉のニュアンスの違いを説明した。


    d


    同社は8日に、第1回経営アドバイザリー委員会を開催し、吉本が専属エージェント契約を導入することを公表。

    相方の山本圭壱(51)から「分かりやすい言葉の方が、世間もちゃんと受け止めれるのは確かじゃないですか」と言われたが「全然残留じゃねーよ」と反論。

    ただその内容について加藤は「残留というと、今まで通りの残留となるじゃないですか。
    吉本にお世話になってる。
    プロフィールにも載るでしょう。
    でも『いちエージェントとして載る。他のエージェントとも僕は仕事していきますよ』という考えを、大崎会長はOKしてくれた」と真意を説明した。


    加藤は海外の芸能人のエージェント契約に注目。

    事務所は営業活動は行うが日程管理や送迎、マネジャー業務などのマネジメントは行わない。

    事務所とタレントの関係は対等で、仕事を選ぶこともできるため自由度が高くなる。

    「今色んなメディアがあり、色んなことができると思う。
    『ユーチューブの部分は他のエージェントとやります』。
    できると思うんだけどな。
    それぞれの考え方、リスクを負う人もいる。
    オレもリスクを負う。
    自由を勝ちとるってそういうことだと思う。
    すべて守ってもらって売れた人間いないからね」と、持論を展開した。
    https://hochi.news/articles/20190811-OHT1T50084.html



    所長見解:なんかね・・・

    【【狂犬】加藤浩次「吉本興業残留ではない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    極楽とんぼ加藤浩次(50)が9日、メインMCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜午前8時)に出演し、吉本興業に残留する意向を明らかにした。

    番組の中で加藤はまず「これまで黙ってきたが全部話します」とし吉本興業の「経営改善」方針を確認した後に「エージェント契約案を提示した」6日には大崎会長と2回目の会談をし「エージェント契約なら残れる」と話した。

    2日の同番組での放送では「自分は(大崎会長と)2回目の会談ができてない。
    1回目の(会談の)平行線のまま」と現状を説明していたが、この日までに会社側との話し合いで決まったとみられる。


    k


    「加藤の乱」の発端は先月22日の「スッキリ」。

    雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が涙ながらに会見したことに憤り、所属する吉本興業を退社すると宣言。

    「(会長の)大崎さんと(社長の)岡本さんを怖がっている。
    この体制が続くなら俺は辞める。
    この取締役が変わらないなら辞める」とまで言い切った。

    同23日には大崎会長に直談判。

    3時間に及んだ会談について、同24日の放送では「芸人サイドの意見として伝えても、会社の考え方があって、平行線でずっと3時間。
    結果として大崎会長が持ち帰らせてくれとなって、今も平行線のままです」と明かしていた。


    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908080000035.html

    【【加藤の乱】加藤浩次、ついに吉本興業を辞め・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ